呪術廻戦

【呪術廻戦】単行本「最新刊」17巻あらすじ感想・伏線をまとめ解説!「 葦を啣む 」

長きに渡り続いた「渋谷事変」後、となっている「呪術廻戦」17巻。

大きく、本当に大きく展開していきます。

明らかとなる乙骨の真の目的。

何よりショッキングだった、虎杖出生描写。

さらに天元様から語られる羂索という呪術師について。

この辺りは物語の展開として、かなり重要な内容となっていました。

そして呪術廻戦史上、もっともグッと来た真希さん禪院家物語(泣)

個人的に、17巻は「呪術廻戦」で最も濃い内容であり感動する1冊だと感じています。

そんな17巻を概略から、順番に見て行きましょう!

呪術廻戦17巻発売日からのコミックス情報!

発売日:2021年10月4日(月)

価格:474円

表紙は禪院直哉となっています。

やっぱりイケメンですが、不気味でゲスい感じも出ていますね(*^^*)



呪術廻戦ネタバレ17巻のあらすじ内容(予想)

明かされる乙骨の目的

禪院直哉を反転術式で治し、上には虎杖を殺したと報告してもらうよう話を付ける乙骨。

虎杖については一度本当に殺し、ギリギリで反転術式で復活させたよう。

乙骨の目的は、公には虎杖を殺した事にして実際は守り、五条先生救出に協力することのよう。

まだ虎杖の意識は、戻っていません。

虎杖出生描写

虎杖が見ている夢の描写。

赤子を抱く「仁」という男性。

虎杖の祖父を「父さん」と呼んでいます。

息子の仁に、結婚を反対する虎杖祖父

「あの女だけは止めておけ」「死ぬぞ」と、警告しています。

そこに「何の話ですか?お義父さん」額に縫い目のある女性が登場。

そこで、虎杖が夢から覚めます。

呪術廻戦ネタバレ143話
呪術廻戦ネタバレ143話あらすじ感想考察!虎杖誕生の謎回収から脹相弟が確定か 143話「もう一度」。 禪院直哉と脹相の戦いが脹相勝利に決着。 しかし突然現れた乙骨にワンパンで脹相がやられ、展開は...

伏黒登場から高専に戻る虎杖

目を覚ました虎杖に、もともと五条先生から虎杖を気にしておいてくれと頼まれていた、と事情を説明する乙骨。

実際は五条先生と虎杖の味方である、と説明します。

そこに伏黒も登場。

姉津美紀がニセ夏油のマーキング対象になっており、「死滅回游」での殺し合いに強制参加させられると告白します。

「お前の力が必要だ」と、虎杖に協力を求めます。

そして天元様と接触し「獄門彊の封印の解き方」「ニセ夏油の目的と今後の出方」を聞く、と説明する伏黒。

虎杖は高専に戻る事を決断します。

「宿儺に体を乗っ取られたら殺してくれ」と乙骨に頼み、承諾する乙骨。

釘崎はどうなった?」と虎杖が聞きますが、目を伏せる伏黒を見て「分かった」と、それ以上聞かずに答える虎杖。

呪術廻戦ネタバレ144話
呪術廻戦ネタバレ144話あらすじ感想考察!釘崎死亡確定?真希生存と天元様の登場 五条に頼まれ虎杖の事を気にしていた、と明かす乙骨。 虎杖を助ける為に来た、と明かします。 さらに伏黒が登場し、姉津美...

禪院真希・九十九由基と合流から天元様登場!

乙骨・伏黒と共に高専に戻る虎杖。

脹相も同行しています。

そこで九十九由基と禪院真希と再会する虎杖。

顔に大やけどの痕がある真希ですが、体調は万全そう。

そのメンバーで天元様のいる薨星宮(こうせいぐう)に移動します。

そこで天元様と会う、虎杖・伏黒・脹相・乙骨・九十九由基・禪院真希。

天元様に、 「獄門彊の封印の解き方」「ニセ夏油の目的と今後の出方」 を聞くメンバー。

まずは、ニセ夏油の正体が羂索という名の呪術師である事が明かされます。



羂索の目的と五条先生救出方法が明らかに

羂索の目的は「人類と天元の同化」だと語る天元様。

11年前に天内理子と同化していなかった天元様は進化が進み、人類とも同化できる状態になっているよう。

もし人類全体と同化したら1億人分の穢れが溢れ出し、現在の東京の状態が世界中に起こるのでは、と予想します。

それが、羂索の目的のよう。

進化により既に呪霊の状態に近くなった天元様は、羂索の「呪霊操術の対象」であるとも告白。

その言葉に、メンバーは息を呑みます。

さらに、現在羂索が行っている死滅回游のルールが説明されます。

津美紀を助ける為に、死滅回游に参加するという伏黒。

さらに、その死滅回游に五条先生を獄門彊から解放できる呪術師がいるとも明らかとなります。

羂索が直接天元様を狙いに来る事も考えられ、九十九由基と脹相が護衛で残る事を決めます。

乙骨は死滅回游に参加。

禪院真希は呪具をゲットするために移動。

虎杖と伏黒が呪術高専3年の秤に協力を求めるために、 薨星宮(こうせいぐう) を後にします。

呪術廻戦ネタバレ145話
呪術廻戦ネタバレ145話「裏」あらすじ感想考察!獄門彊開け方と乙骨の海外伏線が回収 「獄門彊の封印の解き方」「ニセ夏油の目的と今後の出方」を聞くため、 薨星宮(こうせいぐう)で天元と会った虎杖たち。 ...
呪術廻戦ネタバレ146話
呪術廻戦ネタバレ146話「死滅回游について」あらすじ感想考察!ケンコバ登場と秤に注目 天元から五条復活の条件を聞いた虎杖、九十九たち。 伏黒姉 津美紀を助けるためにも、死滅回游に参加することを決めます。 ...

呪術高専学長 夜蛾物語

渋谷事変の罪を着せられたため、死罪を言い渡されている夜蛾学長

夜蛾学長の、高専時代の話が描かれます。

高専時代の夜蛾学長が、パンダを生んだ事を拘束されている場面が登場。

「あれは何だ?」と楽巌寺学長から問われています。

完全自立型の呪骸であるパンダの誕生に、楽巌寺は非常に危険な存在だと認識しているよう。

呪骸部隊を無限に作れる、という事にもなり夜蛾は危険な術師と認識されたようです。

もしパンダのような完全自立型呪骸を自由に作れるなら、「上は夜蛾を特級に認定し無期限拘束することを考えている」と語る楽巌寺学長。

「作り方は知らない」と夜蛾は返答します。

そこでパンダは「突然変異呪骸」となったよう。

どこかの森へ向かう高専時代の夜蛾。

そこの森には大量の完全自立型呪骸が住んでいます。

その呪骸達に、別れを告げる夜蛾。

そして時が経ち、学長となった夜蛾。

「タケル」という犬のような呪骸を連れ、日下部と話をしています。

そこに車椅子に乗った日下部の妹が登場。

呪骸タケルを見て、妹は「タケル!」と叫びながら抱きしめます。

タケルも日下部妹を母親と認識しているよう。

タケルという呪骸は、日下部妹の魂を宿した呪骸だったようです。

話は、現代に戻ります。

一人、夜道を歩く夜蛾正道学長。

そこに楽巌寺学長が登場し「完全自立型呪骸の作り方を教えたら助かる」と伝えます。

しかし夜蛾は答えなかったのか、楽巌寺に血だらけにされます。

死亡直前に、今更ながら呪骸の作成方法を告げ「私からあなたへの呪いですよ」と楽巌寺学長に告げ、そのまま死亡してしまいす。

そこに駆けつけたパンダ。

夜蛾に抱きつき「うおおおお」と泣くパンダの描写があり、終わります。

呪術廻戦ネタバレ147話
呪術廻戦ネタバレ147話「パンダだって」あらすじ感想考察!夜蛾学長死亡で過去が明らかに 147話「パンダだって」は、呪術高専学長 夜蛾正道(やがまさみち)の話となっていました。 ここ最近「死滅回游」の話が時系列...



禪院家物語

死滅回游参加前に、呪具を手に入れるため禪院家本家に戻る真希。

忌庫に入り呪具をゲットしようとしますが、そこで待ち伏せをしていた父が登場します。

その横には扇に倒された真依が横たわっています。

それを見て、父と斬り合う真希。

「出来損ない」と真希を侮辱しながら、扇は真希を斬りつけます。

斬られ、血を流し倒れる真希。

そのまま大量の呪霊が飼われえている呪霊部屋に、二人はを放り込まれます。

失った意識の中で、夢を見る真希。

海辺に立っている、妹真依が登場します。

双子が凶兆なのは二人で一人と認識されるからであり、二人いるとずっと中途半端になる、と説明する真依。

そのまま、海に入って行きます。

「約束して…全部壊して」と、真希に伝え海に入っていく真依。

真希は目を覚まし、場面は呪霊部屋に戻ります。

真依の構築術式で具現化した刀を握った状態で、目を覚ます真希。

呪霊部屋の呪霊を、全て斬り倒します。

真依がいなくなった事により、禪院甚爾と同じフィジカルギフテッドとなった真希。

加えて真依の刀もあり、無敵な存在となります。

気配を感じた父扇をも斬り殺し、「全部壊す」という真依との約束に向け、真希は動きます。

そのまま禪院家の呪術部隊を全て倒し、最後に禪院直哉を倒して終わります。

呪術廻戦ネタバレ148話
呪術廻戦ネタバレ148話「葦を啣む」あらすじ感想考察!禪院家骨肉の争い展開で真希退場? 148話「葦(あし)を啣(ふく)む」。 天元様の元から呪具を集めに禪院家の忌庫へと向かった、禪院真希の話となります。 忌庫に...
呪術廻戦ネタバレ149話
呪術廻戦ネタバレ149話「葦を啣む-弐-」あらすじ感想考察!真依死亡から真希双子伏線回収が 呪術廻戦149話「葦を啣む-弐」。 前回に続き「準備万端」みたいな意味のタイトルとなっていますが、読み終わった結論から言うと1...
呪術廻戦ネタバレ150話
呪術廻戦ネタバレ150話あらすじ感想考察!直哉死亡マストと芥見先生が心配と 呪術廻戦150話「葦を啣む―参―」。 タイトルからも分かる通り、禪院家真希の話が続きます。 正直「葦を啣む」というタイト...
呪術廻戦ネタバレ151話
呪術廻戦ネタバレ151話あらすじ感想考察!真希が禪院家をぶっ壊す 151話「葦を啣む―肆―」。 禪院家をぶっ壊す真希の戦いはとうとう最終局面を迎え、宿命の相手禪院直哉との一騎打ちとなりまし...
呪術廻戦ネタバレ152話
呪術廻戦ネタバレ152話あらすじ感想考察!真希ママが禪院直哉死亡か 152話「葦を啣むー跋(ばつ)ー」。 現在の禪院家で最も強いと思われる禪院直哉を倒した真希。 ここからどのような展開が待...

呪術廻戦17巻は何話?

143話から152話となっています。



呪術廻戦ネタバレ17巻の感想

本当に濃い内容が詰め込まれた1冊だな、というのが率直な感想です。

序盤での「虎杖出生エピソード」は、本当にヤバい伏線です。

そこからの天元様から明かされる羂索の話も、もの凄い衝撃ですよね!

呪霊操術の範囲内になる、という天元様から明かされた事実はかなり衝撃でした(;´Д`)

あ、乙骨と真希さんの再会した瞬間も、かなりの衝撃でしたが(笑)

もっとドキドキ❤するような描写を期待していました(・_・;)

そして、夜蛾学長死亡でのタケルのエピソードとパンダの号泣シーン。

ここはもう、涙ナシでは読めませんでした…

そこからの禪院家物語「葦を啣む」シリーズ。

「呪術廻戦」149話より

真希と真依の物語。

話としても本当にグッと来ましたし、伏線回収としてもかなりヤバいレベルの展開となっていました。

扇の登場すら「おお!」と思いましたし、「全部壊して」のところなんてもう…

真依が呪具となり「絶対離さないでよ」が伏線だったと分かった時には、感動と衝撃が同時に襲ってきました!

「呪術廻戦」5巻より

このレベルの感動は、ちょっと出会えないのではないかなと。

それくらいヤバいレベルの話でしたし、素晴らしい伏線回収だったと感じました。

それでは順番に伏線と回収を取り上げ、考察していきましょう。



呪術廻戦ネタバレ17巻の伏線と考察

虎杖の出生秘話描写

「呪術廻戦」143話より

ある意味17巻で最も衝撃な伏線回収でした。

虎杖の母親がニセ夏油=羂索だった、という描写。

つまりは脹相のお兄ちゃん発言をも回収していますよね!

この辺りは虎杖のプロフィール記事143話記事にて考察しています。

釘崎の安否

「呪術廻戦」144話より

15巻125話にて死亡したとされる釘崎。

17巻でも少し触れられていますが、死亡したっぽい感じのままスルーされてしまいました。

ただ今回乙骨がギリギリで虎杖を死亡から復活させていたところからも、釘崎も反転術式で助けられているのではと期待しちゃいますよ!

釘崎のプロフィール記事でも取り上げていますが、釘崎は「死にたてのほやほや」な状態で止められていました。

そこから乙骨の反転術式が加われば…

釘崎は生き残っている!と信じたいです!(願)

羂索と天元と九十九由基

「呪術廻戦」145話より

羂索の目的が「天元と人類との同化」にあると分かりました。

この時の天元の説明で羂索の事を「その子」と呼んでいたとこからも、二人の関係が師弟だったようにも感じられますよね!

今回明らかとなった天元様の情報をまとめました。

  • 2006年に登場した星漿体「天内理子」が死亡してから、別の星漿体との同化は無かった。
  • 12年間同化していないため高次元の存在へと「進化」し、姿は怪物のようになった。
  • 高次元へと進化した天元は、「老化が進み自我が消え、天地そのものが自我となった」と語っている。
  • ニセ夏油こと羂索の目的「天元と人類の同化」。
  • これがコンプすると天元と「個」の境界が無くなり、一億人分の穢れが世界中に流れる。
  • 高次元へと進化した天元は、羂索の呪霊操術の術式対象
  • 過去に二度「六眼」の術師に敗れている羂索は五条を獄門彊に封印している。
  • 六眼持ちの五条を解放するため、所持している裏獄門彊を取り出す。

もの凄い情報量ですし、天元と九十九由基の関係も気になるところです。

これは天元様のプロフィール記事にて触れていますので、見てみてください!

もともと天元様が九十九由基を拒絶していたという事実と九十九由基が他のキャラとは違い「天元」と呼び捨てにしているところは要チェックです。

今回護衛にまわっていますが、九十九由基は天元に対してあまり良い関係ではないように感じられます。



本当は特級だった夜蛾学長

「呪術廻戦」147話より

夜蛾学長の半生が描かれた147話。

1級術師とされていた夜蛾学長が、実際は特級レベルの術師だったというのは驚きでしたよね!

夜蛾学長を特級たらしめた「完全自立型呪骸の作り方」をここにまとめておきます。

  1. 肉体の情報から魂の情報を複製。
  2. その情報を呪骸の核に入力。
  3. 相性の良い三つの魂を一つの呪骸に宿し、互いを観測させる。
  4. 自我が芽生え3ヶ月過ぎで呪力の自己補完が始まる。

さて、ここで死亡退場した夜蛾学長展開からどのような展開が生まれるのか?

この辺りは147話記事にてまとめていますので、見てみてください!

アースは息子の魂が宿るパンダに夜蛾学長の能力が継承されるような気がしますよ。

真希と真依の禪院家物語

「呪術廻戦」

17巻後半に続いた「葦を啣む」シリーズ。

真依に全てを託し死亡退場した真依のシーンは、もう涙ナシでは見られない展開でした。

この時に登場した概略と伏線関係をまとめてみました。

  • 真希と真依は特別なMMツインズという双子
  • 伏黒恵が禪院家当主に
  • 真依の構築術式が術式解除後も残る、は今回の刀の為だった
  • 真依が真希にキスしたジャンプ発売日は5月23日「キスの日」の次の日。
  • イニシャル「MM]と「真の希望」の真希と、真の依(よりすがる、助ける)」の真依 回収。
  • これで二人はずっと一緒にいることになり、5巻の「離さないでよ」回収。
  • 「葦を啣む 」の意味。

まだまだあるかもですが、ざっくりとこんな感じかなと。

読み返してもたまらない「 葦を啣む 」。

「 葦を啣む 」 はあと1話だけ18巻に登場しますが、これも見逃せないですね!

次の18巻が今から楽しみですよ(*^^*)

「呪術廻戦」を名作から神作へと昇華させた17巻。

これからの展開も見逃せないですよ!\(^o^)/



呪術廻戦17巻扉絵が公開!

「呪術廻戦」17巻より

10月4日に発売された17巻から、扉絵の描写が明らかとなりました。

これ、やはり4巻の扉絵と対比されていますね。

「呪術廻戦」4巻17巻より

4巻には呪霊っぽいのがいましたが五条先生が祓った、ということでしょうか?

この辺りは扉絵考察記事にてまとめていますので、見てみてください!

ちなみにコミックスカバーしたのじゅじゅさんぽ?は、楽巌寺学長のワクチン接種描写でした(笑)

「呪術廻戦17巻より

17巻を読み終わった後にこれを見るとシュールです(泣)

ただ、これは扉絵とは関係なさそう(笑)

アース
アース

…それはそうと、棘はいつ登場するんだろう(汗)

【呪術廻戦】単行本「最新刊」18巻は12月25日(土)発売!秤(はかり)登場のネタバレ表紙と扉絵考察を徹底検証!12月24日(金)に映画公開が予定されている「呪術廻戦」。 なんと、映画が公開された次の日となる25日(土)に18巻が発売される予...
【呪術廻戦】単行本「最新刊」16巻あらすじ感想・伏線をまとめ解説!最大章となった「渋谷事変編」から、新たな章へと移行する16巻。 かなり濃い内容となっており、さらに驚くべきキャラが登場する巻ともな...
【呪術廻戦】扉絵伏線を考察!対比まとめから27巻完結を予想 14巻で明らかとなった「呪術廻戦」の扉絵伏線。 コミックスの表紙をめくり1枚目に登場する扉絵に仕掛けがされていると分かった...
呪術廻戦ネタバレと全ストーリーあらすじと重要伏線まとめ&簡単解説呪術廻戦ネタバレ...
【呪術廻戦考察】現在まで未回収伏線と未解明の謎まとめ【随時更新】呪術廻戦伏線考察...
【呪術廻戦考察】釘崎野薔薇の幼馴染みの「沙織ちゃん」の正体が判明!【伏線】 釘崎野薔薇には度々回想で登場する幼なじみの女性「沙織ちゃん」がいます。 釘崎がピンチに陥ったり、戦闘で窮地を打開しようとす...
【呪術廻戦最終回ネタバレ】作者が死亡確定の結末を大暴露!その内容とは?【最終話】 呪術廻戦の最終回では「誰かが死亡」することが確定してしまっています。 ジャンフェスでの芥見先生の発言などを踏まえながら最終...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

error: このコンテンツのコピーは禁止されています