呪術廻戦

呪術廻戦ネタバレ143話あらすじ感想考察!虎杖誕生の謎回収から脹相弟が確定か

アース
アース
3月22日発売少年ジャンプ掲載の呪術廻戦143話のあらすじ内容と考察です!

143話「もう一度」。

禪院直哉と脹相の戦いが脹相勝利に決着。

しかし突然現れた乙骨にワンパンで脹相がやられ、展開は混沌とする。

唐突に現れた乙骨の目的は?

脹相も虎杖も危ない!?

すると、まさかのとんでもない虎杖新情報が明らかに!

143話の展開を見て行きましょう!

呪術廻戦ネタバレ142話あらすじ感想考察!お兄ちゃん脹相勝利から乙骨が 虎杖を追う乙骨と禪院直哉。 虎杖を逃がそうとする脹相と禪院直哉が激突。 虎杖に追いついた乙骨と、それぞれがバトル展開...

呪術廻戦ネタバレ考察|143話あらすじ

禪院直哉を助ける乙骨

脹相の赤血操術により、毒が回り苦しんでいる禪院直哉。

そんな直哉に乙骨は「反転術式で治しましょうか」と提案します。

その代わり虎杖が死亡したと上に報告してください、と持ちかける乙骨。

虎杖は本当に死んでいるように、動きません。

虎杖誕生の回想シーン

赤子を抱く男性の描写。

仁と呼ばれた男性は、ものすごく愛おしそうに抱いた赤子を見つめています。

若き虎杖祖父を父さんと呼ぶ仁は、虎杖祖父から結婚を反対されているよう。

「あの女だけは止めておけ」「死ぬぞ」と、警告されています。

警告する虎杖祖父に「何の話ですか?お義父さん」と声をかける女性。

額に縫い目がある女性が登場し、虎杖が夢から目を覚まします。

乙骨の真の目的

目を覚ました虎杖を見て、むっちゃホッとしている乙骨。

一度本当に虎杖を殺し反転術式で戻したと語る乙骨は、以前から虎杖には目をかけておいてくれと五条先生に頼まれていたと明かします。

さらに自分の境遇と虎杖の境遇が似ていながらも君は自分とは違うと語り、「君は悪くない」と虎杖に言い切る乙骨。

しかし、虎杖は納得できないよう。

伏黒登場

乙骨の話を聞いても「自分が人を殺した」事を消化しきれない虎杖。

そこに、伏黒が登場します。

高専に帰るぞ、と言う伏黒。

しかし自分が人を殺している事を無いものにはできない、と断ります。

しかし「俺たちのせいだ」と、虎杖個人の罪ではないと説明する伏黒は、「まず俺を助けろ」と虎杖をまっすぐ見て頼みます。

加茂憲倫が仕組んだ呪術を与えられた者同士が殺し合う、「死滅回遊」に姉津美紀が巻き込まれている、と続ける伏黒。

「頼む」「お前の力が必要だ」と虎杖が断れないような形で結び、終わります。

>>呪術廻戦ネタバレ144話

呪術廻戦ネタバレ144話あらすじ感想考察!釘崎死亡確定?真希生存と天元様の登場 五条に頼まれ虎杖の事を気にしていた、と明かす乙骨。 虎杖を助ける為に来た、と明かします。 さらに伏黒が登場し、姉津美...



呪術廻戦ネタバレ|143話の感想&考察

とうとう明かされた乙骨の真の目的。

やはり、「フリをしていた」展開でしたね!

乙骨が本編初登場した137話から「フリをしているだけでは」と予想(期待)していたアースとしては、むっちゃ嬉しい展開です(笑)

そして衝撃だったのは、「虎杖の過去描写」ですね。

これ、もう「脹相お兄ちゃん確定」じゃないですか!

さらに「釘崎が生き残る伏線では」と感じた描写も。

それぞれ見て行きましょう!

虎杖誕生秘話

虎杖が思い出した赤子の時の記憶。

これ、実際に一度死んでいる虎杖だけに走馬灯描写として、ここで思い出すのは素晴らしい仕掛けだなと感じました。

そこで登場した額に縫い目のある虎杖母の描写。

これが加茂憲倫であることは間違いないでしょう!

虎杖が脹相の弟で受胎九相図の最終形ではと予想していたアースとしては、これも嬉しい展開ですよ!\(^o^)/

さらに、それを察したお爺ちゃんにもまだ何かありそうな気がしますね。

釘崎の生き残り伏線か

一度死んだ虎杖を生き返らせた乙骨の反転術式。

これ、死にたてのホヤホヤ状態で新田弟の術式で悪化を止められていた釘崎がすぐに乙骨に助けられていれば…

釘崎が生きている可能性が、かなり高くなりましたよね!

これ、むちゃ期待しちゃいますよ!

次回、釘崎の生き残り描写が登場するのか?

超期待です!\(^o^)/

アース
アース
高専側の展開は次くらいに来る!?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。