呪術廻戦

呪術廻戦ネタバレ151話あらすじ感想考察!真希が禪院家をぶっ壊す

呪術廻戦ネタバレ151話
アース
アース

6月7日発売少年ジャンプ掲載の呪術廻戦話のあらすじ内容と考察です!

151話「葦を啣む― 肆―」。

禪院家をぶっ壊す真希の戦いはとうとう最終局面を迎え、宿命の相手禪院直哉との一騎打ちとなりました。

二人の対決は、どのような展開となったのか?

真希は、どのような戦いを直哉と繰り広げるのか?

さらに、バトルの中にも呪術世界の伏線が!

見て行きましょう!

呪術廻戦ネタバレ150話
呪術廻戦ネタバレ150話あらすじ感想考察!直哉死亡マストと芥見先生が心配と 呪術廻戦150話「葦を啣む―参―」。 タイトルからも分かる通り、禪院家真希の話が続きます。 正直「葦を啣む」というタイト...

呪術廻戦ネタバレ考察|151話あらすじ

伏黒甚爾を思い出す禪院直哉

禪院真希と戦いながら、以前見た伏黒甚爾を思い出す直哉。

全く呪力を持っていない「落ちこぼれ」として聞いていた甚爾ですが、自らの目で確かめた伏黒甚爾は全く落ちこぼれではなく、むしろ大物に見えたよう。

五条悟と「同じ側」にいる、と感じた禪院直哉。

同じ「フィジカルギフテッド」な真希に対し「お前は偽物だ」「お前は違う」と唱えながら、戦います。

禪院真希VS禪院直哉!

投射呪法で戦い続ける直哉に、全く付いていけない真希。

次々と攻撃をくらい続けます。

攻撃をくらいながら「1、2,3」と何かをカウントしながら戦い続けますが、扇との戦いや「炳(へい)」との連戦で出血し、フラフラな真希。

長期決戦は不利と考え、相撲の「不知火型」で構え、真っ向勝負を狙います。

抱いてやるよ

不敵な笑みを浮かべ、直哉につぶやく真希。

その真希に、投射呪法を使い突っ込む直哉。

しかしフェイントを入れ、後方から真希を襲います。

ところがその直哉の動きに、真希が反応します。

カウントをし続けて「1秒に24の動き」を刻んでいるのを、現在の身体になって初めて見えたと語る真希。

なんと、直哉の術式「投射呪法」を目で見切ったのです!

真希は思いっきり、カウンターを食らわせます!

「この偽も(の)!」と言いかける直哉に、皆まで言わせず殴りつける真希。

「悪い」
「もう一回言ってくれ」

殴られ意識のない直哉を見下ろしながら真希が言い、終わります。

152話につづく



呪術廻戦ネタバレ考察|151話の感想

真希をなめ切っていた直哉。

そんな直哉を真希が痛快にぶっ倒し終わる展開となりました。

これはこれで、スッとする展開でしたよね!

ただワンパンだけで済ませる感じの真希から、まだ直哉は生き残り再登場もあるのかも、なんて感じています。

そんなスカッとする展開でしたが、いっぽうで気になる描写もありました。

禪院家を支えるような木の描写です。

禪院家を下から支える木は伏線?

「呪術廻戦」152話より

真希を攻撃する直哉の描写で登場していた禪院家を支えるような木の描写。

これ、天元様の薨星宮(こうせいぐう)にあった木をイメージしますよね!

「呪術廻戦」9巻より

禪院家と天元の関係の伏線なのか?

それとも天元様が日本中に貼り巡られている結界をイメージしている描写なのか?

この辺りも気になるところですよ!

それでは150話時点で予想していた、151話展開予想を自己検証します。



呪術廻戦ネタバレ考察|151話予想を自己検証!

「人の心は真依が持っていったので無い」と、直哉に告げた真希

真希の戦闘内容を見ていた直哉は、真希の強さはスピードにあると見当をつけます。

甚壱や長寿郎を倒した、相手の予想を上回るスピード。

それならば自分の方が利があると踏み、お得意の投射呪法を繰り出します。

真希をフレームにはめ込み、攻撃する直哉。

直哉の攻撃を受け、鼻から血を流す真希。

しかしうっすらを笑みを浮かべ、真希は直哉に言います。

「ずっと抗えなかったお前の術式は、こんなものだったんだな」

「言っておくが、今の私には人の心は無い

「覚悟して次の攻撃をするんだな」

冷たく直哉に言い放つ真希。

その真希の容姿に、直哉は甚爾をダブらせます。

自分を上回る投射呪法の使い手だった父直毘人をも一目置いていた甚爾を重ね、パニックになりながら再び投射呪法で真希を閉じ込めようとします。

フレームに閉じ込められる真希ですが、真依の刀でフレームを砕きそのまま直哉を攻撃します!

一瞬で両腕を落とされ、戦闘不能になる直哉。

地べたに這いつくばり、真希から大嫌いな上から見下されます。

もう「見下ろすな」という気力も無い直哉は、生気を失った表情で真希を見つめます。

予想ここまで!

⇛真希は刀は使っていなかったですね!

ただ最後に直哉を見下ろす真希のイメージは、そのままでした(笑)

直哉は死亡退場するのか予想

禪院直哉が真希に負け、禪院家が消滅するのは間違いないでしょう。

真希は真依の「全部壊して」を実行するでしょうし、それが151話で展開するのは間違いないと予想できます。

イメージとしては、誰もいなくなった禪院家の当主の座に真希が座る描写ですね。

当主は伏黒恵ですが、直毘人がいた座に座る描写が登場するような気がしますよ。

私が禪院家当主になる」という真希の伏線は、全部ぶっ壊した上で回収されるのだろうとイメージしています。

いっぽうで気になるのは直哉が死亡するのか?という点です。

死亡し退場するのか、それとも生き残って再び登場する可能性を残すのか?

なんだかんだで直哉は生き残るのでは、とアースはイメージしています。

死滅回游に参加して、その後死亡するのでは?とも感じてもいます。

伏黒恵と会わずして、そのまま死亡してしまうのも残念な気がしますよね。

死滅回游に参加し恵と会って、その後死亡する展開になるのではとイメージしますよ!

151話の展開を以下のように予想します!

・真希と直哉が対決。
・直哉惨敗。
・命乞いか上手く話をでっち上げて、死亡せずに場を退場。
・真希が禪院家当主の座に座る描写
・死滅回游に参加するために真希がコロニーに向かう描写

さてさて、このような展開となるのか?

151話を楽しみに待ちますよ!\(^o^)/

予想ここまで!

⇛直哉が生き残る展開は、当たってそうでした。

展開予想当たっていましたが、真希が禪院家当主の椅子に座る描写は無かったですね。

70点くらいでしょうか?

ここからは本当に見当が付きませんが、152話も予想して当てたいですよ!\(^o^)/

POSTED COMMENT

  1. 井筒孝庵 より:

    こんにちは。

    こちらでもよろしくお願いしますo(^o^)o

    呪術はまだまだ入門したてですが進撃ファンの視点からだと、半可ですが言わせて頂くと(笑、

    覚醒後の禪院真希は、アッカーマンですね、火傷で美形が損なわれてしまいましたが、ミカサのようなものです。覚醒というフィジカル。

    作中で真希と対比されている伏黒甚爾・・呪力が0であるにもかかわらず、驚異的な身体能力と研ぎ澄まされた五感・・となればそれは・・それはリヴァイ兵長なんです( ̄^ ̄)

    禪院真希は禪院家を滅ぼしましたが、その能力の一端を垣間見せたところです。「竜骨」はその力の一端を直哉への間接的なとどめで示しましたが、まだ全容を示したとは言えませんし、呪具の更にその先には、扇が隠した究極の呪具が残されています(*^ω^*)

    面白い(*≧∀≦*)b 生死の取り扱いも軽々しくないですよね。

    進撃と呪術の異世界を、アース団長の考察サイトで、横断的に、二元中継的に往き来できたらいいなと思っています。

    ーーーーーーーーーーーーーー

    • 管理人アース より:

      >呪具の更にその先には、扇が隠した究極の呪具が残されています
      たしかにですね。
      これから先の死滅回游で登場するのか…どう絡むのか?
      まだまだ先が気になりますよ!

      管理人アース

  2. 井筒孝庵 より:

    こんにちは。

    作品にどハマりしていくきっかけは読者によって様々なんでしょうが、

    自分の場合だと遅れに遅れの遅ればせながらで、今回の148話〜152話の「禪院家殲滅篇」だったということになりそうです(*^ω^*)

    ーーーーーーーーーーーーーー

    • 管理人アース より:

      井筒さん。
      こちらでもありがとうございます!

      >148話〜152話の「禪院家殲滅篇」だった
      「死滅回游@禪院家殲滅編」はヤバいですね!
      アースが「これはヤバい作品だな」と感じたのは脹相が「存在しない記憶」を見た時ですね。
      だけど今回の禪院家殲滅展開は、マジでヤバいですね!

      管理人アース

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です