【進撃の巨人】伏線の検証

【進撃の巨人】最新刊34巻の発売日6月9日(確定)までに抑えるべき考察まとめ!

進撃の巨人最終巻。

歴史に残る物語「進撃の巨人」の幕が閉じるあろう巻が、34巻になると思われます。

最終巻が34巻という予想は、こちらで行っているので見てみてください!

進撃の巨人最終回の結末と34巻まで伏線まとめ!音の回収と最終コマから予想11月発売の別冊マガジンにて134話まで進んでいる「進撃の巨人」ですが、間違いなく最終盤を迎えていると言えるでしょう。 134話ラ...

さて、そんな最終巻となる34巻の発売日は、6月9日と確定しています。

進撃の巨人完結!最終回連載は4月確定から諫山創先生の最終話に向けたコメントも! 進撃の巨人が、4月9日発売の別マガで最終話を迎えると発表がありました。 11年半続いた連載が、とうとう最終回に。 3...

しかしやはり特別な巻なので通常よりも発売が延び、6月になりましたね!

それまでにやっておかなければいけない、34巻を読む前にしておくべきことは「伏線のおさらい」です。

34巻を読む前におさえておくべき伏線とは、何か?

進撃の巨人作者 諫山先生が仕掛けた伏線回収を見落とさないように、読み直しておくべきシーンとはどこか?

まとめてみました!

34巻発売日までに、おさえておきましょう!

◆1話目!135話の伏線とおさえるべきポイントまとめ!

始祖ユミルのエピソードをおさらい

2019-10-08_033242

「進撃の巨人」第122話「二千年前の君から」より

始祖ユミルは、なぜ巨人の力を得る事になったのか?

そのエピソードは、30巻122話「二千年前の君から」にて明らかとなっています。

34巻1話目となる135話では、このエピソードを想起させる描写が登場します。

その描写を見た時にパッと意味が分かるように、34巻発売日までに30巻を読み直しおさえておきましょう!

今すぐ135話の内容を知りたい方は135話「天と地の戦い」あらすじ感想考察!にてまとめてありますので、見てみてください。

戦鎚の巨人の能力をおさらい

硬質化物質で、巨人すらも生み出す戦鎚の巨人。

レベリオ収容区強襲時にエレンに捕食されたため、現在はエレンが保有しています。

この戦鎚の巨人をおさえておくべきシーンが、35巻にて登場します。

「戦鎚の巨人って、どんなやつだっけ?」

「戦鎚の巨人って、どうやってエレンと戦ってた?」という人は、戦鎚の巨人が登場した25巻を読み直しておきましょう!

今すぐ135話の戦鎚をおさえておくべきシーンを知りたい方は135話「天と地の戦い」あらすじ感想考察!にてまとめてありますので、見てみてください。

涙の超大型巨人を再確認

2016-12-05_200243

「涙の超大型巨人」と聞いて、何を指しているのか分かるでしょうか?

アースは、21巻の着せ替えカバーデザインを連想します。

よく見ると、涙は流していないので間違っているかもですが(笑)

この超大型巨人は、アルミンが超大型巨人を継承した際に登場した巨人です。

その巨人は、片目から涙を流していました。

この超大型巨人をおさえておくべきシーンが、35巻にて登場します。

35巻発売日までに、21巻を読み直し涙の超大型巨人をおさえておきましょう!

今すぐ135話の内容を知りたい方は135話「天と地の戦い」あらすじ感想考察!にてまとめてありますので、見てみてください。

ミカサの名場面の見直し!

2015-11-26_040715

「進撃の巨人」第7話「小さな刃」より

ミカサの名場面と言うと、色々ありすぎて困りますよね(笑)

今回おさえておくべきミカサの名場面は、本当に初期の2巻に登場した名場面です。

「私は強い」「あなた達より…スゴく強い」というシーンは、本当に心に残る名シーンです。

ちなみにアースが進撃の巨人を追いかけようと決めたシーンがこれなのですが、この名シーンをおさえておくべき場面が35巻に登場します。

その場面を見てパッと2巻7話のシーンを想起できるように、発売日までに2巻を読み直しておきましょう!

135話のミカサのシーンを今すぐ知りたい方は135話「天と地の戦い」あらすじ感想考察!にてまとめてありますので、見てみてください。

進撃の巨人ネタバレ135話「天と地の戦い」あらすじ感想考察!ファルコ鳥名前伏線が回収! 進撃の巨人は神話である。 どこかの考察でこのように表現した事がありましたが、まさに今回のタイトルを見た時にも、そのように感...
進撃の巨人最新話ネタバレ考察!全伏線を完全網羅【全話】 伏線や謎が多く張り巡らされた作品である進撃の巨人。 進撃の巨人を楽しむためには、あらゆる角度から伏線を考察したりするのが欠...
アニメやマンガが見放題
進撃の巨人を無料で楽しむ方法

進撃の巨人のアニメやマンガを楽しむならU-NEXTがおすすめです!

今だけ31日間の無料トライアルがあるので、進撃の巨人のシーズン1、シーズン2、シーズン3、劇場版が見放題です!

初回特典でU-NEXTで「600ポイント」が無料でもらえるので、進撃の巨人の最新刊も無料で見ることができますよ!

U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

\無料キャンペーンあり/

U-NEXT公式ページ

↑タップでコスパ比較↑

POSTED COMMENT

  1. 次列三・伝達 より:

    団長、新記事考察にお餅つきお疲れ様です☆

    巴里さんが語った130話の二度目のフラッシュバックについて私も。

    「どこからが始まりだろう あそこか? いや」の部分で135話の“三匹の豚”が登場していたんですね!
    目線も始祖ユミルちゃんからだと思います。

    その後の「どこでもいい」のグリシャだけ登場していないのかな?
    何となく「お前は自由だ」の男性に見えるのは私だけでしょうか?

    • >「どこからが始まりだろう あそこか? いや」の部分で135話の“三匹の豚”が
      たしかに!
      となると135話の3匹の豚は、やはり逃したのだろうと思われますね。

      >「どこでもいい」のグリシャだけ
      アースもグリシャだと見ています。
      やはり「お前が始めた物語」のグリシャという意味で「始めた」のかなと。
      面白い考察をありがとうございます!

      管理人アース

  2. 巴里の恋人@アース調査兵団分隊長 より:

    団長殿、いつも更新お疲れ様です。

    ミカサのこの場面は見ていて本当に熱かったです。
    にもかかわらず、せっかくの感動シーンを「あんた…ちょっと邪魔」で、あっさりかっさらっていったアニのキャラの濃さに驚かされました(笑)

    アニが戻ってきてくれた事は心強い材料ですが、アルミンへの想いが変な方向に向くのではと危惧しています。
    なんと言うか…これまでのアニって、どこか女ターミネーターみたいな部分がありましたからね。

    そして34巻を読むにあたって、おさらいしておきたい点が自分にはもう1箇所あります。
    それは130話で登場したエレンの2度目のフラッシュバックシーンです。

    「すべては…この先にある」とありますが、エレンが見た未来の記憶及び最終目標は逃げ惑う人々を踏み鳴らすところで終わっているんでしょうかね?
    自分にはもっと別の悲劇的な未来があり、そのフラグをヘシ折る為に地鳴らしの道を選んだのではないかと考えたいんです。

    この物語が最後にどんな顛末を迎えるのかは未知数ですが、最後まで読み終えた時点で「やっぱりエレンのした事は間違いではなかった」と思えるエンディングを期待したいです。

    • >「やっぱりエレンのした事は間違いではなかった」と思えるエンディングを期待
      これ、期待したいですがこの展開からこう思わせる展開って、かなり厳しいですよね。
      でも諫山先生ならやりかねない…と思わせられるのも事実です。
      期待したいですよ!(*^^*)

      管理人アース

  3. おおぞらバード より:

    進撃の終了後は、よもや諌山先生の新作かと
    期待しております。

    ただ、いきなり連載スタートと行かなくても、
    短編の読み切りで充分だと思います。
    それが好評なら、後に連載化もあるからです。
    第34巻には、そんな次への告知やヒントが
    あるのではと楽しみにしております。

    発っ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です