あらすじ&感想

進撃の巨人ネタバレ136話「心臓を捧げよ」あらすじ感想考察!ジークとアルミンが?

アース
アース
別マガ2月号最新話です!

4月9日発売の別マガ5月号にて、最終話を迎えると確定している「進撃の巨人」

進撃の巨人完結!最終回連載は4月確定から諫山創先生の最終話に向けたコメントも! 進撃の巨人が、4月9日発売の別マガで最終話を迎えると発表がありました。 11年半続いた連載が、とうとう最終回に。 3...

現在、残り4話というカウントダウンが始まっています。

その1話目となる、136話「心臓を捧げよ」の内容が明らかとなりました!

ファルコ鳥巨人が登場し、大ピンチから救われたエレン・ストッパーズでしたが、ここからどのような展開となるのか?

ヌルマゴ豚巨人に攫われたまま年を越したアルミンは、どうなったのか?

戦鎚に串刺しのまま年を越したピークちゃんは、まだ刺さったままなのか?

「進撃の巨人」136話の内容を見て行きましょう!

進撃ネタバレ135話
進撃の巨人ネタバレ135話「天と地の戦い」あらすじ感想考察!ファルコ鳥名前伏線が回収! 進撃の巨人は神話である。 どこかの考察でこのように表現した事がありましたが、まさに今回のタイトルを見た時にも、そのように感...
無料漫画・マンガ集めのおすすめ

33巻

アース
アース
漫画集めはebookjapanがおすすめです!

現在進撃の巨人の単行本の最新巻33巻が発売中です!
電子書籍でまとめ買いするならebookjapanがおすすめです!

改悪?eBookJapanの評価を評判や口コミから検証!マンガ集めにおすすめのサービスってほんと? ebookjapanは電子書籍サービスとしておすすめしていいのかどうか。 結論からお伝えしてしまうと、ebookj...

進撃の巨人ネタバレ136話「心臓を捧げよ」のあらすじ!

ファルコ鳥巨人を確認するレベリオ収容区の人々

飛行艇を操縦し、アルミン達をエレン巨人の背まで届けたオニャンコポン。

そのままスラトア要塞の辺りで不時着し、意識を失っていました。

未だ意識を取り戻していない様子のオニャンコポン。

スラトア要塞にて、レベリオ収容区の人々に手当してもらっているよう。

オニャンコポンの近くにいるアニ父。

エレン巨人の上空に飛ぶ、鳥巨人を眺めています。

同じくスラトア要塞にいるマーレ将校たち。

ミカサ達を乗せた鳥巨人を眺めています。

スラトア要塞の上空にまで旋回しながら飛ぶ、ファルコ鳥巨人。

ものスゴく雄大で大きな翼の描写。

ファルコ鳥巨人の背での作戦会議

ミカサ達とファルコ鳥巨人の背で再会するアニとガビ。

ガビまで戦場に連れてきた事について、ライナーがアニを非難します。

ファルコ巨人化に船が耐えられずキヨミ様の船が沈んだのだ、と答えるアニ。

沈む事を承知で飛ぶ保証も無いファルコ巨人化を推したキヨミ様に報いなければいけない、と叫ぶガビ。

地鳴らしを止める!と、決意を語ります。

そんなガビの決意を聞くライナー。

言い返せないながらも、ファルコに闇夜の列車でした約束を覚えているか、と確認します。

ライナーとのやり取りを終え、現在の状況を確認するアニ。

アルミンが囚われエレン巨人の尾骨側へ連れ去られ、ピークが頭骨側でエレンのうなじに爆薬を巻きながらも戦鎚に串刺しされている、と説明されます。

聞いたアニは「アルミンを取り戻す」とキッチリ発言。

状況を整理したエレン・ストッパーズに、リヴァイ兵長が作戦を示します。

尾骨側のアルミンを助けるチームと爆薬を爆発させるチームとに分かれ、同時に決行すると説明するリヴァイ兵長。

「うなじを爆発させる=エレンを殺す」という作戦に、ミカサが怪訝な表情を見せます。

ファルコ鳥巨人が登場しなかったら、間違いなく全滅していたストッパーズ。

リヴァイ兵長は、もうエレンの命に気にかける余裕は無い、と断言します。

それでも迷うようなミカサ。



そんなミカサに、「エレンを…殺そう」と苦しげに告げるジャン。

さらにアニから「アルミンを救うことだけを考えろ」と言われ、ミカサは何とか自分を納得させます。

リヴァイ兵長の作戦で一致したストッパーズ。

最後にガビからエレンの首を対巨人ライフルで吹っ飛ばした時に、光るムカデが登場した事が語られ、場面が変わります。

スラトア要塞で銃を向け合うレベリオ収容区の人々とマーレ軍

スラトア要塞にて、レベリオ収容区の人々がマーレ軍の兵に話しかけます。

アニ父が先頭に立ち、負傷したオニャンコポンの手当を頼む描写。

しかし、アニ父達がエルディア人だと分かると銃を向けるマーレ兵達。

それを受け、レベリオ収容区の人々もライフルを向けます。

とても話合いなどできそうも無い感じに。

そこに、マーレ軍将校が登場。

ミュラー長官、という名前だと分かります。

ミュラー長官が銃に弾を装填し辺りに発砲音が鳴り響き、場面が変わります。

エレンVSストッパーズ再戦!

ジャンとライナーが「うなじ爆破チーム」となり、エレンのうなじを目指します。

ライナーとジャン、ピークチーム

鎧の巨人となり、巨人達を引き受けるライナー。

その隙に、ジャンが立体機動装置にてうなじを目指します。

しかし、大量に湧いて出る巨人になかなか進めないジャン。

そんな中、戦鎚の巨人に串刺しになっていた車力の巨人から、ピークが出てきます。

人間になり、車力のうなじから飛び出て再び巨人化するピーク。

そのまま戦鎚のうなじにかぶりつき、倒します。

さらにジャンを襲う巨人のうなじにかぶりつき、援護する車力。

しかし、他の巨人にやられてしまいます。

その直前にうなじから飛び出ていたピーク。

再び巨人化し、巨人のうなじにブチブチっと噛みつき倒します。

何百回でも巨人化できるピーク。

本体であるピークがやられない限り、勝つまで戦えると言い切ります。

しかし、無限に湧いてくる巨人たち。

ジャンもピークも、中々うなじまでたどり着け無さそう。



ミカサ、アニ、コニーチーム

アルミンを攫った豚巨人を探すアニ達。

コニーが見つけ、指差します。

アルミンを攫った巨人が「オカピ巨人」だと判明し、確認する3人。

オカピ巨人を目指します。

しかし速い速力を持っているオカピ巨人。

他の巨人達に邪魔され、逃げられそうになります。

女型の巨人の手にアンカーを刺すミカサ。

そのまま女型の巨人に投げられ、ものすごいスピードでオカピ巨人にまで到着します。

「止まれオカピ!」

叫びながらオカピ巨人のうなじにブレードを向けるミカサ。

しかし他の巨人に邪魔され、やはり倒せません。

そして、ベルトルト超大型巨人の下にまで逃げられてしまいます。

大量に沸く、歴代巨人と超大型巨人を前に立ち止まってしまう女型の巨人とミカサ、コニー。

ベルトルト超大型巨人と戦う事になるのか、というところで場面が変わります。

ジークを探すリヴァイ兵長

ファルコ鳥巨人の背に残されたリヴァイ兵長とガビ。

兵長は目視でジークを探しますが、見つけられません。

このままでは「獣の巨人を倒す」というエルヴィンとの約束を果たせそうにない、と感じる兵長。

これまで一度もエルヴィンの命令をしくじった事が無いのに最後の命令だけなぜ…と考えます。

自分たちの世代の役割は終わったのでは、と察する兵長。

海に到着するまでが役目だったのでは、と考えます。

しかし、海に到着した結果が地鳴らしとなっている今。

この結果と、海に到着するまでに捧げてきた心臓とでは見合わないと判断します。

まだ終われない、とブレードを握り締める兵長の描写。

コニーを助けるために怪我をし動けない兵長ですが、まだ目は死んでいません。



座標へ到着するアルミン

死体のように寝ているアルミンに、「動け」叫ぶ魂状態のアルミン。

皆が戦っているのに動けない自分に向け、「動いてくれ」「起きろよクズ」「ゲス野郎!!」と叫びます。

しかし、全くの無反応な死体アルミン。

絶望に暮れているアルミンですが、手に砂が付いている事に気付きます。

死んでいるなら考える事すらできないのでは、と気付くアルミン。

死体に向け叫んでいる自分は、夢でも幻でも死後の世界でもない、と考えます。

そして砂を見ながら、「ここは道」であり「現実だ」と行き着くアルミン。

すると、目の前に座標が現れます。

さらにアルミンの後ろに登場するジーク。

座り込んで、砂で山を作っています。

驚くアルミン。

しかし決心し、ジークに話しかけます。

「…こんにちは ジークさん」

座っているジークの前に膝を付き、話しかけるアルミン。

「こんにちは エレンの友達」

「君もユミルに食われたか…」

答え、アルミンに目を向けるジーク。

初対面の二人が目線を交わし、終わります。

「あきらめない」

それが最後の希望

137話につづく

【進撃の巨人 アニメ】シーズン4(FinalSeason)4期7話(66話)【ネタバレ】超大型アルミン登場! まさにレベリオの攻防戦真っ只中となるFinal第7話。 獣の巨人も登場しますし、さらにアルミンの超大型巨人も登場するでしょ...
進撃の巨人完結!最終回連載は4月確定から諫山創先生の最終話に向けたコメントも! 進撃の巨人が、4月9日発売の別マガで最終話を迎えると発表がありました。 11年半続いた連載が、とうとう最終回に。 3...
進撃の巨人ネタバレ137話!アルミンのハンジが当たる発言と残り3話の予想も「ジャンが起爆!ガビのライフル展開を予想」を追加しました! 北欧神話に登場する、神々と巨人の戦い。 それを連想させるような歴...



進撃の巨人136話での諫山先生巻末コメント!

別マガで年を越すこと11回。人生の約3分の1…

4月で連載が終了すると確定しているので、これまでを振り返っている感じのコメントになっていますね。

別マガ創刊号から続いている作品は、「進撃の巨人」だけです。

別マガで最も多く年を越した作品…

これが「進撃の巨人」の最後の年越しだと思うと、グッと来ちゃいますよ(泣)

そう考えると、たまんないコメントですね!

今月の別マガにはリヴァイ兵長の特製缶バッヂが付いてきました。

33巻特装版には、ジャンとライナーの缶バッヂが付いてきますね。

そして来月3月号からフルカラー版の掲載が決定!

全12話って事は、12ヶ月間掲載するということでしょうか?

これもスゴイ企画ですね!

1作目は46話「開口」と決定!

巨大樹でのライナーとエレンの叫び合いをカラーで見られるのは、むちゃ楽しみですね(*^^*)

アニメとは違い、原作画のカラーで見られるというのは本当に嬉しいですよ!

【注目!】
進撃の巨人が4月9日発売別マガ139話で完結と発表がありました!



進撃の巨人第136話「心臓を捧げよ」の感想!

「別冊マガジン」2月号表紙より

タイトル「心臓を捧げよ」。

まさに、最後の心臓を捧げる展開が繰り広げられた136話となっていました。

そのためほとんどが戦闘シーンとなっていましたが、最も印象に残ったシーンはジャンの「エレンを殺そう」発言を受けてのミカサの表情でした。

この時のキョトンというか、理解できない感じのミカサの表情には、ハッとさせられました。

そこからジワジワと…(泣)

ここから残りの3話には、もっとミカサにとって辛いキツいシーンが登場するでしょう。

この描写だけで泣きそうになっていたら4月まで心が持たないぞ、と思いながら読み進めました(泣)

さて、エレンと再決戦となったストッパーズですが、熱いバトルシーンがいくつも登場していました。

ミカサとアニの共闘シーンは、良かったですね!

歴代の鎧の巨人にブレードを折られてしまったミカサを、得意の蹴りでフォローする女型。

むちゃ熱かったです!

ジャンとピークのやり取りも良かった!

135話の考察の予想通り、やっぱり103話エレンのように抜け出して戦う展開が来ましたね。

もしかしたらピークが車力からコソッと抜け出しスイッチを入れるのかも、なんてイメージしました。

「進撃の巨人」第103話「強襲」より

この時のピークは大活躍でしたし、「私も立体機動…できたらな」発言も好きです(笑)

さらにファルコ鳥巨人の飛行シーンやリヴァイ兵長の回想シーンも含め、アニメで観られるとスゴく映えるだろうなと予想できる名シーンが、数多く登場した回ですよね!!

また放送が始まるアニメFinalSeasonが楽しみだな、と思わせくれる素晴らしい136話でした。

続けて考察に移ります!



進撃の巨人136話の伏線ポイントと考察

今回の考察ポイントは、このようになっています。

  • イェレナの再登場
  • ファルコとライナーの闇夜の列車での約束
  • 光るムカデ ハルキゲニア
  • ミュラー長官の発砲
  • アルミンを攫った巨人はオカピ巨人
  • エルヴィンの命令はノーミスだったリヴァイ兵長
  • 道でジークと出会ったアルミン
  • 今月の擬音 ムンズ ザコシ
  • 順番に見て行きましょう!

    イェレナの再登場

    ファルコの巨人化の代償にて、船が沈没し小型ボートに乗っているキヨミ様の描写が登場しました。

    そこで、不貞腐れたようなイェレナが乗っているのが確認できました!

    進撃の巨人132話「自由の翼」以来登場の無かったイェレナでしたが、久々な登場となりました。

    何だかんだで生き残りそうですね。


    ファルコとライナーの闇夜の列車での約束

    アニに付いて来てしまったガビ。

    ガビが心配なライナーは、ファルコに「お前がガビを救い出すんだ」という約束を覚えているかと確認しました。

    この約束をここで登場させるということは、間違いなく伏線でしょう。

    ピンチとなるガビをファルコが救い出す展開が今後登場するのでは、と予想できます。

    要チェックですね!

    光るムカデ ハルキゲニア

    2019-10-10_064202

    ガビから、122話でエレンの首と胴体を繋げるハルキゲニアについての説明が登場しました。

    「光るムカデ」と表現したガビ。

    あの時の骨のようなハルキゲニアは、光っていたんですね!

    今回のガビの証言から明らかとなった新事実なので、アニメ放送に向けても覚えておかなきゃですよね。

    さらに続けて「首を落としたらまた出てくるかも」とガビが予想しています。

    これも伏線と思われるので、押さえておかなきゃですよ!


    ミュラー長官の発砲

    進撃の巨人134話にて「私達の怪物」とエレン巨人を称したマーレ軍将校の名前が、ミュラー長官だと判明しました。

    元FBI長官であるミュラー長官を連想しましたが、関係あるのか…

    そして今回彼の登場は、最後に発砲した感じで終わりました。

    おそらく発砲していないだろうと思われますが、どのような展開となるのか…

    ミュラー長官とレベリオ収容区の人々との展開は、137話でも要チェックですね!

    アルミンを攫った巨人はオカピ巨人

    135話で「アルミンを攫った巨人が何の巨人なのか?」という考察については、けっこう議論がありました。

    進撃の「ヌルマゴ」アルミン展開を豚巨人から予想!ベルトルト・ユミルと対決しアルアニか【135話】「進撃の巨人」には「エレン奪還」が目的となる展開が数多く見られました。 ライナー・ベルトルトから奪還、ロッド・レイスから奪還… ...

    今回も作中で「豚か何かの巨人」など議論がありましたが、「オカピ巨人」と確定しました(笑)

    オカピとはキリンの仲間で、アフリカ大陸中部に生息している動物です。

    微妙に豚の巨人ではなかったですが、ミカサが「豚か何かの」と言っていたので嬉しかったです(*^^*)

    エルヴィンの命令はノーミスだったリヴァイ兵長

    今回熱かった、リヴァイ兵長の回想シーン。

    エルヴィンやハンジを思い出すリヴァイ兵長の回想シーンは、本当にたまんなかったですよね!

    ここで、リヴァイ兵長がエルヴィン団長の命令を一度もしくじった事が無かった、と回想しています。

    これは新事実なので、かなり多くみえるであろうリヴァイ兵長ファンの皆様は、要チェックですね!

    巨大樹の森で女型の巨人をうなじから出せなかったのはエルヴィンの命令を叶えられなかった訳ではない…です。


    道でジークと出会ったアルミン

    136話最後に道で邂逅したアルミンとジーク。

    これ、かなり意外な展開でしたよね!

    次にアルミンが座標に行くとしたらエレンとの対峙展開だろうと予想していたのですが、まさかのジークとの対峙。

    ここからどのような展開になるのか?

    アースはジークから体がある場所を聞いてエレン巨人から乖離⇛地鳴らしストップになるのかな、とのイメージを持っています。

    それとも、全く違う展開への伏線なのか?

    また考察したいですよ!

    今月の擬音

    今回、アニがミカサの襟首を掴む効果音にて、まさかの「ムンズ」が登場しました。

    これはもともと57話でのエルヴィンが掴む擬音で使われていましたね!
    2018-10-09_082200

    「進撃の巨人」第57話「切り裂きケニー」より

    さらに110話でのエレンでも使われていました。
    2018-10-09_062748

    「進撃の巨人」第110話「偽り者」より

    まさかのアニがミカサを掴むシーンでムンズが見られるとは(笑)

    さらにピークが巨人の攻撃を躱す効果音が「ザコシ」となっていました。

    まさかのザコシシショウ擬音(笑)

    諫山先生は、ハリウッドザコシショウのファンなのかもですね(笑)

    緊迫したシーンで、敢えて入れてくる諫山先生の擬音遊び。

    今回も笑わせていただきました(笑)

    135話発表時に136話の展開を予想していました。

    自己検証してみます!



    進撃の巨人136話展開予想を自己検証!

    始祖ユミルと3頭の豚

    3頭の豚を逃がそうとする始祖ユミルちゃん。

    逃がす場面を、他のユミルの民が見ています。

    彼らに指さされ、エルディア人に片目を奪われて追いかけられる始祖ユミルちゃんの描写。

    それらの記憶を思い出し、憎しみの籠もった目で歴代の巨人を操っています。

    囚われていた豚を自由にした代償で自分が不幸になった、と思っているユミルちゃん。

    自由を求め戦うストッパーズに憎しみを向ける描写が登場します。

    予想ここまで!

    ⇛始祖ユミルちゃんは登場しませんでしたね。

    次の登場が気になるところですよ。

    窒息アルミンとエレン

    口に舌を入れられたまま拘束されているアルミン。

    意識を失ないつつあるアルミンを、座標でエレンが見ています。

    窒息し死にそうなアルミンを助けるよう、始祖ユミルに言うエレン。

    しかしそのままアルミンを窒息死させようと、ユミルちゃんは止まりません。

    死にそうなアルミンを見捨てられず、エレンは始祖ユミルに怒鳴ります。

    「止めろ!始祖ユミル!」

    ビクッと、震える始祖ユミル。

    その瞬間、全ての歴代巨人たちの動きが止まります。

    予想ここまで!

    ⇛エレンが激昂している展開は登場しませんでしたね。

    これも外した展開となりました。



    エレン・ストッパーズ側の展開

    67b69b425b710de466236dbf5734bfed

    「進撃の巨人」第50話「叫び」より

    ファルコ鳥巨人に乗ったエレン・ストッパーズ。

    エレン始祖巨人の上を飛んでいます。

    突然、巨人化能力を持ったファルコ、アニ、ライナー達に「ビリ」っと稲妻が走ります。

    エレンと始祖ユミルの間に、何かがあった事を悟るアニとライナー。

    再びエレン始祖巨人に向かうように、ライナーがファルコ巨人に伝えます。

    すると、エレン始祖巨人の骨にジーク獣の巨人、そばかすユミル巨人とグリシャ巨人が現れます!

    さらに、ベルトルト超大型とガリアード巨人も!

    彼らが戦鎚の巨人を拘束し、ピーク巨人を助けようとする描写。

    このような展開が登場すると予想します!

    アルミンを死亡させるかで始祖ユミルともめるエレン。

    その影響で歴代巨人の意識が戻り、ストッパーズに協力するのではと予想しますよ!

    この予想には、ツクシさんの考察を使わせてもらっています。

    ツクシさん!

    いつもありがとうございます!m(_ _)m

    136話で、ユミルやベルトルトがストッパーズと再会する展開も見られるのでは?

    そうなったら、むちゃ熱いですよね!

    135話での歴代巨人登場は、ユミルやベルトルトの再登場への伏線かなと。

    期待を込めて、このような展開を予想しました。

    熱い136話を期待しますよ!\(^o^)/

    予想ここまで!

    ⇛ベルトルト巨人が覚醒する展開はまだ残っていますよね!

    アニと再会してベルトルト巨人が覚醒する展開が見たいです!



    エレン巨人首に巻かれた爆薬マフラー

    135話では、エレン巨人の首にピークが爆薬マフラーを巻く展開が登場しました。

    ギリギリで戦鎚が止めているところから、この爆薬がエレンの致命傷になる可能性があると察せられます。

    となると、この爆薬マフラーは非常に重要な伏線であり136話で展開するかもですよね。

    アースは何だかんだでピークちゃんが止めると、こちらで予想しています。

    進撃の巨人エレン首に巻かれた爆薬マフラーの展開は?起爆装置はミスリードか考察【135話】135話「天と地の戦い」にて、エレンの首にマフラーが巻かれる展開となりました。 こう書くとむちゃ衝撃な展開ですが、エレン始祖巨人の...

    もちろんスラトアの3門の砲撃で起爆する可能性もあり、可能性は五分五分だとイメージしますよ。

    どちらの展開にしろ、136話最後で爆発するのではと予想します!

    136話で爆発し137話から地鳴らし編終息に向かうのか?

    要注目ですよ!\(^o^)/

    予想ここまで!

    ⇛ここの展開はまだ分かりませんね。

    今回の展開を見るとジャンが起爆させるのかな、とか思ったりもしました。

    それともスラトアの3門が撃つのか?

    ここも要チェックですね!

    今回の予想は0点でしたね。

    終盤に向けて具体的な展開を予想するのが難しくなってきました(;´Д`)

    でも、次回は当てたいですよ!(*^^*)

    【追記】

    4月9日発売別マガ139話にて、進撃の巨人が最終回を迎えると発表がありました。

    進撃の巨人完結!最終回連載は4月確定から諫山創先生の最終話に向けたコメントも! 進撃の巨人が、4月9日発売の別マガで最終話を迎えると発表がありました。 11年半続いた連載が、とうとう最終回に。 3...
    進撃の巨人ネタバレ137話!アルミンのハンジが当たる発言と残り3話の予想も「ジャンが起爆!ガビのライフル展開を予想」を追加しました! 北欧神話に登場する、神々と巨人の戦い。 それを連想させるような歴...
    進撃の巨人最新話ネタバレ考察!全伏線を完全網羅【全話】 伏線や謎が多く張り巡らされた作品である進撃の巨人。 進撃の巨人を楽しむためには、あらゆる角度から伏線を考察したりするのが欠...
    アニメやマンガが見放題
    進撃の巨人を無料で楽しむ方法

    進撃の巨人のアニメやマンガを楽しむならU-NEXTがおすすめです!

    今だけ31日間の無料トライアルがあるので、進撃の巨人のシーズン1、シーズン2、シーズン3、劇場版が見放題です!

    初回特典でU-NEXTで「600ポイント」が無料でもらえるので、進撃の巨人の最新刊も無料で見ることができますよ!

    U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

    \無料キャンペーンあり/

    U-NEXT公式ページ

    ↑タップでコスパ比較↑

    POSTED COMMENT

    1. カト より:

      地ならしは止まらないと宣言しているエレンが、素直に本体をうなじに置くとは思えないのです。
      上半身を守るように防衛線を構築してるのは、本体の位置を 誤認させるための作戦だとしたら?

      • >素直に本体をうなじに置くとは思えない
        そうかもですね。
        ただ残り3話なんですよね。
        この辺りは137話でバトルをどこまで引っ張るかが分かると思うので、確認しなきゃですね。

        管理人アース

    2. 悪化人 より:

      ユミルの解放 
      巨人の力を捨て去るために 
      自由を求める進撃の巨人 
      エレンはユミルの意思かユミルを解放しようとした男の生まれ変わりか 
      余りにも強大な力の前には無力な人類 
      僅かな違いでいがみ合い憎み合い殺し合うことなど意味がない 
      生死をかけて共に戦う 
      人種身分階級全て無価値に  
      生命が最重要 
      進撃の巨人の力で始祖の巨人諸共 
      全ての価値判断基準差別意識の源を破壊してすべでを平らかに 
      全ての巨人の力を吸収しユミルは奴隷から解放される 
      巨人の力は消滅し 
      その時点で巨人の力を有していた者も解放される十三年縛りからも 
      アッカーマンもまた 
      ユミルの生まれ変わりが自由な世界に

    3. 悪化人 より:

      進撃の巨人 
      ユミルの真の気持ちを引き継いだ巨人 
      隷属からの自由 
      エレンはユミル 
      自由を追い求めて 
      グリシャが引き継いだ時に子供をと 
      継承者が十三年縛りにとらわれず家族を持ち子供をもうけ継承させることによりユミルの生まれ変わりに 
      王家から権力から階級制度奴隷の身分から巨人の力からの解放を願って 
      進撃の巨人で始祖の巨人を巨人に頼る巨人の力に囚われ弄ばれている世界中の人々を 
      自分自身を解放することこそが真の望み 
      巨人の力 
      脊椎神経型の生物 
      昆虫にしろ 
      宇宙から来たものか 
      古代文明の遺産兵器か 
      凡ゆるものからの解放 
      エレンに生まれ変わり自由を

    4.   より:

      失礼ながら書き込ませていただきます。
      「何々をした、誰々。何々をした、誰々」という文体が連続し過ぎて、箇条書きだと割り切ってもなお読みにくさを感じます。
      偉そうなことを言って申し訳ありませんが、読者のいち意見として。この作品も残りわずかですがこれからも更新頑張ってください。

    5. うお より:

      アースさんこんにちは。
      リヴァイがアルミンのアイデアでジークに砂で体を作ってもらえたら、最後に見せ場をつくれそうですがどうでしょう。そもそも無理な設定かな・・
      巨人化できる人しか作れない感はしますが、こんな満身創痍で先生がリヴァイをまだ生かしている意味がどこかにあるような感じはします。
      どうせ外れる予想ですが。

      • >リヴァイがアルミンのアイデアでジークに砂で体を作って
        アッカーマンも復活できるのか分かりませんが、願いたくなっちゃいますね(泣)
        これからのリヴァイがどうなるのか?
        最後まで見届けなきゃですね!

        管理人アース

    6. PAMDA より:

      ご無沙汰しております!
      PANDAのような名前で投稿してましたものです。
      そして、あけましておめでとうございますm(_ _)m

      最新刊を読みまして、久しぶりに考察サイトにお邪魔させて頂きました!
      ほんと色々感慨深いですね…

      残り僅かですが、その後も急激なロスではなく、楽しみが満載のようで嬉しいです!!

      それよりなにより、アルミンとアニがコミックスでくっつきそうでめっちゃめちゃ嬉しかったです(笑)

    7. キース(傍観者) より:

      アースさん、こんにちは。

      ジークの「こんにちは、エレンの友達」がとても気になりました。

      そもそもジークはアルミンの事をどの経緯で知っていたのでしょうか?
      エレンがわざわざ2人を合わせて、「こいつアルミン、俺の友達」と紹介する事はないと思いますし、記憶ツアーで知ったのであれば脳が記憶しているので「こんにちはアルミン」との返答になるような気がします。
      作者さんがあえて「友達」と表現したのであれば、以降にアルミンの友情が何かを起こすフリではないですかね?

      進撃の登場人物は今まで、同じ志・尊敬・信頼でのつながりがほとんどで、友情でつながっているのはエレンとアルミンだけだったような気がします。さらに恋愛表現も最近までほとんどなかった作品でもあります。

      作者さんが「友情」と「愛情」を最後のとっておきに残しておいたのであれば、世界を救うのは友情(アルミン)であり、物語を閉めるのは愛情(ミカサ)、やはり3人の物語なのですかね?

      • ユミル・イェーガー より:

        キースさん
        こんにちは。
        ここにミカサも呼ばれて
        「こんにちは。エレンの恋人」
        ってジークが言えば・・・
        ドンピシャですね(笑)

        • キース(傍観者) より:

          ユミル・イェーガーさん
          ご反応ありがとうございました。
          ループ肯定派のため、どうしても最期はミカサの「いってらっしゃい」に結びつけてしまう思考回路なもので(笑)

      • キース(傍観者) より:

        道ツアー ⇒ 記憶ツアー
        間違えました。

      • >以降にアルミンの友情が何かを起こすフリでは
        なるほどですね!
        ここからジークから、エレンとアルミンの友情について突っ込んでくる展開もありそうですね。
        「エレン、ミカサ、アルミン」幼馴染み3人の物語として始まったので、そのように閉じるとアースも感じています。
        ここからの展開、楽しみですね!

        管理人アース

    8. ユミル・イェーガー より:

      団長、記事更新お疲れ様です。

      元旦から8日までの連勤と連日の雪かきで疲労困憊・・・
      やっと136話の記事について投稿いたします。

      次巻が最終巻!残り4話!
      4話なので敢えて「起・承・転・結」で考えてみました。
      136話「起」
      9つの巨人が集結。地ならしに応戦するも大苦戦。そんな中、当初の作戦目標であったジークをアルミンが発見(まぁ発見というより出会えたって感じですが)
      137話「承」
      ジークから事のいきさつと過去の真実が語られる。
      138話「転」
      アニメFinalのED曲「衝撃」が回収されるような衝撃の展開。
      139話「結」
      文字通り結びの一番。物語の終焉とエピローグ。
      こんな感じかなと・・・。

      衝撃の告知後、そのラスト4話の1話目にあたる136話。
      なんとタイトルが「心臓を捧げよ」
      こりゃあ間違いなく132話「自由の翼」と対になっていて、リヴァイが・・・
      って思いましたよ。無事でなによりでした(笑)
      順に考察というより感想を。

      ガビの発言「巨人の力の正体」はまさしく「ハルキゲニア」を指していると思われますが、決してそれがラスボスで、起爆⇒首落ち⇒ニョロニョロ出現⇒やっつける⇒一件落着・・・とはならないと思ってマス(笑)
      進撃の物語がそんな単純に終焉を迎える訳がない!

      ピークちゃん大活躍でした。
      「ヒェエエエ~」と戦槌の槍を駆け降りるシーンはサシャをイメージしました。
      「私が雑用係の巨人だと思ったら大間違いだよ」この台詞
      「私がただの大飯喰らいの兵士だと思ったら大間違いだよ」っていうサシャの声が聞こえてきましたよ。

      アニパパ軍とミュラー軍から聞こえた4発の銃声・・・
      コレはどうなったことやら・・
      運命の扉を叩く4発の音・・
      ジャンがオニャンコポンに向かって外した銃声音と同じですね。
      マーレ人とエルディア人の戦いの「終結の合図」と思ってマス。

      アルミンがジークに遭遇。
      過去の真実の語りべはエレンだと思ってましたが
      次回、ジークによって何かが語られますね。

      アルミンの発言「ここは現実だ」
      この台詞は『過去と未来の記憶ツアー』説を唱えているユミル・イェーガーとしては、キヨミ様「失う前に気付けないものか」ピーク「消え失せろ悪夢」ED歌詞「一秒前に戻して、彼が消え去る前に」「一秒前の瞬き、取り残された世界」OP歌詞「真の敵はあなた」ハルキゲニアの語源「夢・夢想・幻覚」に続く、『過去と未来の記憶ツアー』の最中である伏線になり得る台詞だと勝手に勝手に、誠に勝手に解釈しております(笑)

      失礼いたしました。

      • ユミル・イェーガー より:

        訂正

        ジャンがイェレナに向かって⇒ジャンがオニャンコポンに向かって

      • >『過去と未来の記憶ツアー』の最中である伏線になり得る台詞だと勝手に勝手に、誠に勝手に解釈しております
        最後まで諦めずに推していきましょう!(笑)
        アースも「いってらしゃい」ループ展開を最後まで信じています(*^^*)
        139話まで推して追いかけなきゃですね!

        管理人アース

    9. 冷烏賊 より:

      再度、失礼します。

      「最後の1コマ」からすると、だだループして終わりは、まずないですよね(汗)。
      投稿してから「しまった」と思いました。

      しかし、今まで重要な伏線の取りこぼしがなかったことを考えると、ミカサの頭痛やキズは回収されると信じています。

      これも、考察ではないですね。
      今まで団員の皆様に気後れして投稿できなかった理由が、露呈しております。
      もう、寝るのは諦めて、明日の準備します・・・。

      • >「最後の1コマ」
        これはあくまでも最後の一コマの「イメージ」ですので、分かりませんよ。
        「いってらしゃい」は回収されると思っているので、ループはあるかもとまだ感じています。

        管理人アース

    10. 冷烏賊 より:

      初コメントさせて頂きます。

      子供エレン、初出時は純粋な自由への憧れの象徴として表出した。
      この時は、始祖ユミル捕らわれておらず、アルミンを呼べた(一瞬だけど)。
      今は始祖ユミルに捕らわれている。
      青年エレンは敢えて(罪悪感から?)意識を閉ざしている。
      道に居るアルミンが、青年エレンを覚醒させることが出来れば何か・・・例えば始祖ユミルを止めるとか?光るムカデを倒すとか?歴代の巨人の意識を覚醒させるとか?が起こるかもしれない。

      誰でも分かっていることかもしれないと思いつつ、呟きたくなったのですが、Twitterではネタバレになることに気付きまして。
      今更ですが、投稿してみることにしました。
      投稿出来る機会も、残り僅かですし!

      それから、初期からのループ伏線は、長い連載の中で意味合いが変わったのではないかと勝手に解釈していますが、ここまで来て「まんまループして終了」はお願いだから勘弁して欲しいのが本音です。
      ただ、回収はして欲しい。
      ループ「エンド」として、解釈出来るラストなら最高だなと思います。

      最後は考察ではなくなってしまい、長々と申し訳ありませんでした。
      考え出したら眠れなくなりましたが、書いて放出したので、寝られそうです。

      • >ループ「エンド」として、解釈出来るラストなら最高だな
        全てをループで終わり、ではなくループも回収して終わってほしいなと感じていますよ。
        「いってらしゃい」をどう回収するのか?
        ここ必見ですね!

        管理人アース

    11. ジー子 より:

      光るムカデへの言及が入ったことで、落とし所が見えてきたような感じですね。

      ここまで来るとエレンの言っていた「あの景色」というのは地鳴らし巨人が一斉に消し去られていく景色なのかもという気がしてきました。

      その景色を見たエレンとしてはそれでも地鳴らしは不可避なことを知り、当然反対するであろうハンジ派やミカサアルミンを突き放しフロックを懐柔し進み続けたのかなと思います。

      エレンがジークとの記憶の旅の中でグリシャジークの和解を見守っていたように映ったのは、のちの巨人消滅にジークが関わることをあらかじめ知っていたため、ジークに安楽死ではないもう一つの道(巨人消滅)への目的意識を父の愛という方法を通じて持たせたかったからではないでしょうか?

      フリーダのところへ向かったグリシャのシーンでグリシャの葛藤が後に明らかになったりもあったので、ジークの服装も変わっていることからエレンがあすなろ抱きしてるところから光るムカデ発生の間に描かれていない何か(エレンとユミルが光るムカデに魂を支配されるとか)が今後でるような気がしてます。

      全てのユミルの民は道を通じて繋がっているというのが実は光るムカデに魂を支配されて動けない状態なのだとしたら、そりゃあベルトルさんも誰か僕らを見つけてくれって泣くしかないですよね。。

      • >エレンとユミルが光るムカデに魂を支配されるとか)が今後でるような
        なるほどですね!
        ただエレンは自分の意志で地鳴らししてるっぽいような気もするので、どうなのか…
        このまま闇落ちしたままのエレンで終わるような気もして、ちょっとドキドキ不安です(;´Д`)

        管理人アース

    12. ズコチャン より:

      こんばんは!
      136話も良かったです!
      136話ではアニがアルミンに指輪を渡していて、それで巨人化する展開があるのではないかと思ってたけど、それはありませんでした。
      でも、136話ではアニの右手の指は描かれてなかったし、読み返してみて気づいたんですけど、131話の2人の会話シーンでは、最初はアニの右手の人差し指にあった指輪が、途中からなくなっているので、やっぱありかなと思います。

    13. 馬来熊 より:

      ミカサたちがオカピを知らないシーン
      パラディ島にはいなかったけど、マーレではアニも見てすぐわかるくらいよく知られた動物だったんですね
      過去の壁内にはいないはずのニシンを、なぜかユミルが知ってたとか
      「あの猿はなんだ?」「さる…?」(おそらく壁内に猿はいない)といった場面があったのを思い出します

      過去には「海がないのになんでニシンを知ってるんだ…?」とか、未確認の壁外人類の存在をにおわせるために使われましたが
      今回は急拵えチーム、とくに口下手そうなミカサとアニの、焦ってやり取りするもどかしさがよく現れていました

      • >「さる…?」(おそらく壁内に猿はいない)といった場面があったのを思い出します
        >過去には「海がないのになんでニシンを知ってるんだ…?」とか

        懐かしいですね。
        この頃、必死に考察していた頃を思い出します。
        まさかのオカピ登場でしたが、こういう考察を連想させるところも演出のひとつかもですね(*^^*)

        管理人アース

    14. 次列三・伝達 より:

      団長、新記事考察ありがとうございます☆

      前話135話と136話とW掲載でしたね!
      両方読んでいたら頭がごちゃごちゃになってしまい136話の感想がまだ整理が付きません。

      ヌルマゴ巨人や光るムカデ、各方面作戦の行く末、タイトル等の考察はこれからしますが一つだけ気になった…というかお尋ねしたいのが、歴代巨人がファルコ不死鳥やストッパーズに向かい弓を放ったり槍を投げたり投擲した時の“擬音”です。

      「ヒュンヒュンヒュン」と読んでいましたが「ヒンュヒンュヒンュ」となってますよね?
      これだけでは単なるミスにも思えますが、ミスなら「ザコシ」等擬音一つの場合に限ると思います。
      擬音に拘る諫山先生なのでミスでは無いと思いますが、過去には訂正された擬音等あるのでしょうか?

      • >過去には訂正された擬音等
        擬音で訂正は聞いた事が無いですね。
        「ヒンユ」で正解という事でしょう。
        少し検索したら俳優「ツァン・ヒンユ(Tsang Hing Yu,Tsang Hing Yu)」という人を確認しました。
        これ、関係あるのかなぁ?(汗)

        管理人アース

    15. 巴里の恋人@アース調査兵団分隊長 より:

      団長殿、いつも更新お疲れ様です。

      諫山先生は最後の最後まで焦らしてくれますね。
      残りあと4話と言う事で、物語がもう少し分かりやすい方向に向かってくると思っていたのですが、余計に混沌としてきました(汗)

      一番気掛かりな点はガビの示唆していた「光るムカデ」ですね。
      始祖ユミルとエレンを説得して終わりだと考えていただけに、この展開は思い切り意表を突かれました。

      ただ、エレノサウルスの首と胴体を切り離す事で、ハルキゲニアがラスボスとして登場するなら、ガビの巨人ライフルがカギを握ってくるような気もします。
      出来ればエレンと始祖ユミルが、ハルキゲニアに乗っ取られていたと言うオチは見たくないところですが…。

      そしてもう一点、道で邂逅したアルミンとジークが、ここからどう関わってくるかです。
      ジークのあの惚けた顔を見ていると、この状況から脱する事を諦めているようにも見えます。

      仲間達を守る為に最後まで考える事を諦めないアルミンの友情が、この絶望的状況を打破してくれると信じていますが、始祖の巨人の内と外で出来る事ってなにがあるだろう?
      兵長の心情を考えると、なんだか来月号は怖いですね。

    16. セリヌンティウス より:

       今回ガビの証言である、「そしたらエレンの背骨のあたりから、光るムカデみたいなのが飛び出して、エレンの首と繋がった」が気になりました。 あのシーン、光るムカデはエレンの「首から」出てきて「体に」つながったのだと思い込んでいました。 なぜなら、ジークと接触を果たしたのはエレンの「首」だったからです。 始祖の巨人継承者と王家の血筋の巨人能力者の接触した点こそが特異な点だと思えるからであり、光るムカデは唯一一匹しか存在しないと思い込んでたからです。 しかし事実は接触を果たしていない体の方から光るムカデが出てきた。 これはひょっとするとすべてのエルディア人の体の中に光るムカデがいる可能性を示唆している様にも思えます。 ユミルの子孫であるエルディア民族すべてが巨人化能力を有している。これは、この寄生生物である光るムカデを身に宿しているからなのかもしれません。 そしてこれが生物である光るムカデの子孫繁栄方法だったのかも?? 勇者ライナーの奥義である、意識を体の神経細胞に移す技もこの光るムカデを利用したものだった可能性もありそうです。 だとするとガビの目論見である、首を落として光るムカデが出てきたところを撃ったとしても解決しないかも??? 巨人能力、座標世界の封印方法は別にあるのではないかと思った次第です。

    17. 普通の東洋人。 より:

      アース団長、今月も更新お疲れ様です。 その今月号、
      「面白い! 面白いに決まってるけど、ここへきても諫山先生、まだ面白くすることを諦めない!」
      「結末は決まっているけれど 心情が決まっていない」とおっしゃった昨年のインタビューを裏付けるような、今月の進撃でした…。
      ※船が沈没したのに涼しい表情のキヨミ様
      ※コニーの方がミカサより語彙力が上だったという『悲報』
      ※可愛すぎかアニちゃんミカサ「夢のカード」ならぬ「夢のタッグ」
      ※ピークちゃんのトリッキーな動きとアクション
      ※ファルコ初めてのカッコ良さ! ジャン&ライナー安定のカッコ良さ!
      ※現実なら通報されてる、砂遊びしている中年男性ジーク
      ※覚醒アルミンの「ゲス野郎‼」…自覚あったんですね…
      エルヴィンへのコンプレックス、生かされたことへのひけめ、エレンと戦う事への躊躇に悩んでいたアルミン。
      そんな自分を奮い立たせるような「考えろ!」。
      エレンの「戦え!」とは対極的な言葉を口にしたアルミン。
      ようやく、エレンやエルヴィンの影響下から脱し、自分だけがなしえる使命を果たそうとしている。
      そのアルミンに未来を託したリヴァイの悲願を叶える、彼なら出来る! そう思います!

    18. HN忘れた より:

      アース団長

      残り3話に心臓を捧げます!

      エレンの生首から下が、ハルキゲニアだったとは・・・
      ロッド巨人の変身の時には、なんの疑いもなく脊椎だと思っていたので・・・
      この辺も、ミスリードの伏線になっていたのですね。すごいです。

      私の妄想ですが

      ① ガビが対巨人ライフルで爆弾を撃つ
      ② エレン巨人の首が飛び、ハルキゲニアが出現
      ③ ファルコ鳥巨人がハルキゲニアを喰う

      という展開は、いかがでしょうか。

      ファルコは「ジークの脊髄液」を飲んでいて「王家の血」を持っていますので、ファイナルウェポンになるのではないかな・・・と思います。

      始祖の力と王家の血を手に入れて、どうなるか・・・
      まだ、考えが追い付いていませんが。

      • >③ ファルコ鳥巨人がハルキゲニアを喰う
        この展開はすごいですね!
        ライナーとの約束からファルコにはガビを助ける展開が待っているような気がしますよ。

        管理人アース

    19. 恥垢種 より:

      アース団長殿、更新お疲れ様です。
      ミカサとアニのやりとり、笑ってしまいました。真面目にやって!やってる!あれ?あれはオカピでしょ!オカピは知らない!
      まあ、知らんわな、猿を知らんくらいやしね。と思いながら、まさかのオカピですね、また、マニアックな獣出しますね。ていうか、歴代巨人にオカピいたの?余り使えんと思いますけどね。大体、獣はどうやって、獣を選択するんでしょうね、また、新たな謎です。オカピはクサヴァーさんあたりかもしれないですね。彼は役に立たない めいたことを語ってるので。
      タイトル、心臓を捧げよは、兵長のくだりのあたりからでしょうか。確かに、捧げた心臓の見返りが、これでは報われないですね。ただ、兵長にここまでジークに拘らせるということは、ジークがキーマンであることの示唆かもと、思わされますね。ミスリードも否定できないですが。
      そして、久々にハルキゲニア君に言及されましたね。まあ、それが巨人化の正体であることは始祖ユミルの話で我々は知ってるのですが、、、ただ、私はあの生命体を9つの巨人継承者全てが宿していて、元々の本体が始祖の巨人にいると見ています。下等な生物は分裂して世代継承しますが、その分裂にも限界があります。それがあの生命体では9つだったのでは?そして、それより少ないレベルでユミルの民が取り込むと無垢の巨人、かな?と妄想します。
      まあ、とにかく首が落ちてムカデが飛び出して、名スナイパーガビ(かなりの狙撃技術ですからね、ファルコに邪魔された以外は外してない)が再び切断するか?の展開がありそうですね。
      最後にジーク&アルミンの邂逅、ここは道、現実だ!と、アルミンは語りますが、ここでいう現実とは、現実世界と言う意味でしょうか?現実にはまだ生きていると言う意味でしょうか?私は後者と解釈しましたが。道を通して何をする気でしょう。あと、ジークはユミルに飲み込まれたと言ってるのは、座標を通して現実世界の自分を支配されてしまったと考えますが、如何でしょう。座標は見えてますが、アルミン達は何もできないのでしょうね。ただ、道は繋がってるので現実世界のユミルの民と交信は可能ということかな?そして、ジークの本体位置を本人から聞き出し、道から連絡、からの兵長出動!と妄想します。長々失礼しました。

      • >猿を知らんくらいやしね
        懐かしいですね(笑)
        アースもガビのライフルからの展開を期待しています!

        管理人アース

    20. よう より:

      はじめまして。
      最終巻にむけて少し残念です。
      私はエレン擁護派閥ですが、ライナーの行動は理解できる。自分の置かれた環境や、守りたい人の為に忠実。ただ、ハンジ達の行動は理解できない。もし、地ならしが発動せずに、連合軍が島を攻めきたら、島の為に戦うだろう。彼女達の行動はただ、自分達の行動の罪を償う為、救世主になりたい為嶽に戦っている。エルビィア人の滅亡に同調したのだから。ただ、エルビィア人が滅亡しても第2のエルビィア人は出てくる。多分敵国の移民。彼らが今度、戦争の最前線に行かされ、犬に食われ、拷問される。
      ただミカサだけはエレンの為だけに行動してる。
      私の希望の最終回は地ならしは全てにされ、
      又、神がアダムをつくり、その骨からイヴをつくり、果樹を食べる。そしてエレンの寝落ちでエレンとミカサの物語でエンド。希望です。

    21. 進撃のデブ より:

      こんにちは!

      多分誰も触れてないので、書いてみます。
      オカピ巨人のことを、ミカサが獣か顎か車力と言っていましたが、ひょっとしたらエレンのように3種類の巨人の力を持っている巨人なのかなと思いました。
      もしこの仮説があってるなら、オカピ巨人はローゼかマリアかシーナかもしれません。

      ここからは完全な妄想なのですが、獣と車力と顎は完璧な組み合わせだと思いました。
      獣と言えば、車力のような四速歩行のタイプも多いですし、顎のように爪や牙が鋭いタイプも多いと思います。
      ですので、獣×車力×顎は獣の巨人の完成形だと思いました。

      また始祖ユミルはローゼ、マリア、シーナの3人に3つずつ力を継承したのだと思いますが、力を託すなら獣と車力と顎のような完璧な組み合わせで託すと思いますので、自分が考えた完璧な組み合わせを妄想と考察半々で書いていきます。

      始祖×女型×進撃
      始祖の持つ力に女型の容姿と進撃の持つ強い意志が加わり、九つ全ての力がある訳では無いので、始祖の巨人の一応の完成形になると思いました。

      超大型×鎧×戦鎚
      鈍い超大型に鎧の肉体の力が加わったことによりうなじを狙われても保護でき、鎧にも熱が伝わり近づくことが困難。また戦鎚の力で武器を生成することにより、遠距離戦にも強くなるため、超大型巨人の完成形になると思いました。

    22. パウサニアス より:

      ユミル「私はエレンの様子見てくるから、あんた巨人作って」
      ジーク「…はい」

      ガビのセリフから見るに始祖の継承者が食われずにまた脊髄を損傷して死ぬとハルキゲニアが出てくるって感じですかね、こいつと対話するのか破壊するのか、少なくとも最終話で巨人の力はなくなってそう。ジークが君もユミルに食われたのか?ってセリフから巨人の継承者は間接的にユミルに食われているってことかな、例えばベルトルトはアルミンに食われたけどそのアルミンの体を作ったのはユミルだから巨人の力は食った人とユミルで折半、だからユミルが求めたら歴代の巨人を呼び出せる。って考えたけどジークとアルミンを見るに単純に巨大エレンに取り込まれたのをユミルに食われたって言ってるのかな。

    23. へっぽこ訓練兵 より:

      どーもご無沙汰してます。へっぽこです。
      アルミン救出チームもエレン討伐チームも歴代の継承巨人達に対して多勢で無勢で成し遂げられるのか気になるところですが、ピークちゃんが1番覚悟が決まっている感じでカッコよくて惚れました笑
      あっ安心してください、ワタシはミカサ推しデスから^_^
      やっぱ、マーレ側の戦士達は巨人継承までに実戦訓練してるので、気持ちの作り方が違うのかななんて思いました。
      それとガビの目撃証言から察するに、ハルキゲニアは本体全部をエレンの頭部に移動できたんですかね?
      キャパ的に無理な感じが笑
      もしかしたら、始祖ユミルにハルキゲニアが取り憑いた感じ的に、エレンの頭に入りきれなかった部分はジークの体に取り憑いたのかなと想像(絵的にキモい笑)しましたが、ジークの最後の発言から察すると、エレンの頭がちぎれたて巨人化した際に、そのまま食われた(表現的には飲み込まれたの方が合ってるかな)のかなと思います。なので、アルミンも食われたってよりも舌に絡みつかれて飲み込まれたって感じなので、座標にたどり着いたのだと思いました。
      残り3話、3ヶ月後には結末が待っていると思うとやはり寂しいですね。

    24. 蒼雪 より:

      前回の引きから。私の予想したようなキヨミ様からの具体的な作戦はなかったですが、「皆さん、どうか世界を頼みましたよ」という祈りは伝わってきた気がしました。
      エレン1人が世界の敵となり犠牲者になって世界が平和になるようなディストピアは何としても防がなくては、ですね。ハンジさんのもはや遺言になってしまった「虐殺はダメだ!」という願いもあります。
      仮に、ここでミカサたちがエレンに負けたとしても、エレンは巨人を世界中に進撃させるうちに他の国の近代兵器に撃たれて死んでしまうしかないように思うんです。巨人のチカラは太陽がある限り無尽蔵なのかいまいち不明ですが、少なくとも夜は活動能力が若干なりとも落ちはするはずなので、いずれは。なので、ミカサたちの勝敗に関わらず、このままではエレンは死ぬしかないような……。
      となると、始祖ユミルに導かれたのかは分かりませんが、道に着いちゃったアルミンがエレンの予想を超えるようなトリックプレイをするしかないです。頭が良すぎて能力の割に自己評価が異常に低いアルミンも、もうそんなことを言っている場合ではない。
      今回、終わりから3コマ目のアルミンの顔が、他のどんな戦闘シーンよりも印象的でした。歴戦の勇者そのものでした。この長い長い物語でエレンとは別の成長を見せたアルミン。今や世界の智将となった彼なら、もしかしたら世界の謎をここで解き明かすだけでなく、巨人そのものを終わらせることができるかもしれません。
      そういえば、道の中心に巨大な樹が生えているのが前から気になっていました。北欧神話でいう世界樹、ユグドラシルにイメージが重なるものですが、もしも、あれを切り倒したらどうなるのかな、と。現場に斧とか無いですし、そんなことができるのかは不明ですが。もし切ってしまったら、世界中のエルディア人が巨人になれなくなるのかな、という気がします。今の時点で巨人になっている人は除くとしても、今後は。
      そうなれば、ジークがかなり昔言っていた、子どもを産まないことでのエルディア人滅亡とは別ルートで、同じことができそうに思います。そうすると、あの、情熱大陸で描いていたラストシーンっぽいラフにもつながりそうです。巨人のチカラを持たないエルディア人は、巨人のチカラから自由になれたということなのかもしれません。
      次回、あの樹が鍵になりそうに思うのです。

      • 蒼雪 より:

        自己レスすみません。さっきのを書いてから気がついたのですが、巨人が意外に軽くて、基本的に日中しか活動できず、あと、巨人だらけだった島に巨大樹の森があるのに、島の外には植物はあっても森が少ないことを思い出したのです。
        もしかして、巨人の肉体はあの巨大樹からの構成要素で出来ている? 島に巨人を構成するためのエレメンツが集中したため、島外にはあのレベルの森は少ない? そんな気がしてきました。だからやっぱり、いずれ巨大樹を切るのかなと。

        • ツクシ より:

          蒼雪さんの考察を拝見して一つ思い付いた事があります
          ハルキゲニアが始祖ユミルと接触したことで、エルディア人に巨大化能力が付与される事になりましたが、ハルキゲニアは本来有機生命の起源なわけですから、他の有機生命体との接触でも同じような変化をもたらす可能性はあるはずですよね?
          ここで思ったのが、元々ハルキゲニアは木の虚のようなところに潜んでいたという点です
          もしハルキゲニアが始祖ユミルと接触する前に、木々との間で有機生命の起源に迫る接触を果たしていたとしたら、島の巨大樹にも説明が付くのではないでしょうか?
          つまりあの巨大樹は普通の木が長い年月を掛けて大きく成長したものではなく、大地の悪魔との契約で巨大化能力に目覚めた木々なのではないか?という事です
          始祖ユミルがハルキゲニアと接触した場所は明らかにされていませんが、何となくエルディア帝国が栄えた大陸側だと思っていましたが、もしかしたら元はパラディ島で暮らしていて、そこで巨大樹の虚に潜んでいたハルキゲニアと接触したのかも?
          なんて思いました。駄考察失礼しました~

      • >あの樹が鍵になりそうに思うのです。
        ありがとうございます!
        また別記事で考察したいです!

        管理人アース

    25. 動物好きの巨人 より:

      どうも、まさかアレがオカピとはなぁ…と思っている動物好きの巨人でございます。

      豚だのカメレオンだの、色々考えていましたけど、たしかにキリン科の仲間であるオカピの舌って長い上に器用に動くので、納得できました。

      オカピは世界三大珍獣の一種で、コビトカバやジャイアントパンダと同格扱いされています。20世紀に発見された元UMAでもあり、「森の貴婦人」とかいう二つ名もありますね。弱点らしい弱点は知りませんが、視野の広い草食動物共通の死角である真後ろからの攻撃には弱いかな、と。

      あと、オカピについてはWikipediaにも、「進撃の巨人にも出演」とか書かれているそうです。よければ、ぜひチェックしてください。

      それにしても、一体何体の巨人を生み出せるというのか…。ウサギ面とか個性的な巨人達を見れるのは嬉しい限りですけど、アレで打ち止め無しとかチートかよ!?って思います。まぁ、ピークの無限巨人化もそこそこチートですけど。正に今が“ピーク”って感じで、大好きですけど。

      アニが鎧の首を蹴り飛ばした時は、ライナーにもああしたかったんだろうなって思いましたね。理由のある暴力がライナーを襲う!なんてね。女型の叫びで過去の巨人達を呼び寄せられないか考えていましたが、無理そうですよねベルトルト以外。なんなら周りにいる超大型を招集して、骨山エレンを攻撃させても面白そうなんですけどね。

      リヴァイの独白は胸に響きましたよね。たしかに、彼らが死んだ意味が他の命を踏み潰すためだったとか、私でも断じて許容できません。私の中にあったモヤモヤがハッキリした感じで心地良いと共に、切なさを感じましたね。なんかもう、リヴァイまで楽になってしまいそうで不安です。

      アルミンが自分をゲスと言うとは思いませんでしたが、彼も自分に対して嫌気が差していたんだろうなと悲しくなりました。まぁ、次回あたりで砂をコネコネしてるジークと話すんでしょうし、挽回を期待しますがね!

      進撃の巨人の閉幕が近しくなってきたわけですが、パッピーであれバッドであれ、その終わりまで私はこの作品を愛し続ける所存です。今回は笑いどころ満載でしたが、その分次回あたりが凄惨なことになりそうなので、覚悟しておきたいと思います。

      それではまた。

      • おおぞらバード より:

        動物好きの巨人 殿 お久しぶりです。

        オカピという動物ですが、首から上が鹿で
        胴体が馬(シマウマ)。
        つまり、馬と鹿で「馬鹿」なんですか?

        実際、アジアの奥地に 頭が鹿で 胴が馬と
        いう動物が実在していて、それが「馬鹿」の
        語源になったのでは という話を聞いた事が
        あります。
        オカピもその系統なのでしょうか?
        オカピの祖先はアジア原産で、それが日本
        にも渡って「馬鹿」が居たとしたら楽しい
        話です。(笑)

      • >パッピーであれバッドであれ、その終わりまで私はこの作品を愛し続ける所存
        同感です!
        リヴァイの独白もオカピ巨人も含めて愛し続け閉幕を迎えますよ!

        管理人アース

    26. コダヌキオタヌ より:

       失礼致します。コダヌキでございます。

       記事作成お疲れ様です。寒さが厳しくなっていますので、アースさんも皆さんも
      どうかお大事になさって下さい。

       ガビに撃たれたエレンの頭部と胴を繋ぐ光るアレは巨大化した脊髄だと思い込ん
      でいましたが、ハルキゲニアだったのですね!

       始祖ユミルが初めて巨人化した際、彼女とハルキゲニアは一体化したのだと考え
      ています。ハルキゲニアが始祖ユミルを宿主にして寄生した、という感じです。
       ただ、ハルキゲニアを『有機生物の起源』とすると、あの外見は既に数ある有機
      生物の一つに進化した状態ですから、『起源』とは少し違います。無の状態からあの
      ムカデ状生物がポッと現れたとは考えにくいです。始祖ユミルより以前に巨人化し
      ていた人物の成れの果ての姿があのハルキゲニアか、と考えていまいしたが・・・
      三話では回収されないですね。
       話を一体化に戻します。エレンがあすなろ抱きで始祖ユミルを覚醒させた瞬間、
      ユミルと彼女の中のハルキゲニアとエレン、三者の意識が一体化したのでしょうか?
      そしてユミルの中のハルキゲニアが、クサヴァーの説明による『地鳴らし』実行の
      『鍵』=電源プラグとしてジークを取り込み、いわゆる「ユミルに食われた」状態
      となった。エレンとユミルとハルキゲニアの意識が『座標』で一体化した事により、
      地上でエレンの首からハルキゲニアが出現した。ハルキゲニアと共に始祖ユミルも
      地上に現れるようになった。そういう事で良いのでしょうか。
       ストッパーズ達の意識が『座標』に呼び寄せられた際、エレンとユミルは独立し
      て存在していたので、二人は意識だけが繋げて身体がそれぞれ独立しているのだと
      考えています。

       シガンシナ区で雷槍を受けたライナーの意識移動の話から、ユミルの民が『座標』
      に呼び寄せられる際には、身体が地上に残ったまま脳内の意識だけが『座標』に連
      れて行かれるのだと考えています。

       失礼致しました。

      • コダヌキオタヌ より:

         夜分に度々失礼致します。コダヌキです。
         済みません。上記コメントに誤表記がありました。

        誤表記→エレンとユミルとハルキゲニアの意識が『座標』で一体化した事により、
            地上で《エレンの首》からハルキゲニアが出現した。
                  ↓
        正表記→   《エレンの背骨》でした。

         エレンの首では、意味が通じませんでした。済みません。

         木の洞から落ちたユミルと一体化したであろうハルキゲニアの中に、『大地の悪
        魔』が納まっていたのではないでしょうか。ハルキゲニア(大地の悪魔)はユミル
        の背中から彼女の体内に入り込み、背骨の中の脊髄へと侵入したのでしょう。そし
        て、脊髄と脳の周囲を循環する脊髄液(脳脊髄液か髄液と呼ぶそうですが、原作に
        沿って脊髄液と表記します)に落ち着き、そこに寄生したのではないでしょうか。
        その為、ユミルの背中から抱きついたエレンが彼女やハルキゲニアと一体化し易
        かったとも考えられます。『大地の悪魔』が寄生している巨人か巨人化能力者の脊
        髄液を摂取すれば、ユミルの民は巨人化するのだと考えています。俄か仕込みの知
        識であり医学に無知故、上手く説明出来ず済みません。

         失礼致しました。

      • >『起源』とは少し違います。
        そうなんですよね。しかしハルキゲニアと有機生物の起源は繋がっているイメージを持っています。仰る通り進化した形なのか?

        >身体が地上に残ったまま脳内の意識だけが『座標』に連
        れて行かれるのだと
        面白いですね!
        巨人の脳と「道」も繋がっているでしょうから、脳機能の移行と道への移行もほぼ「=」かもですね。

        管理人アース

    27. つんでれよっし~♪ より:

      アース団長、お疲れ様です
      戸惑うミカサちゃんのアップ、めっちゃ可愛いなぁ~と思いました
      (*^^*)

      ファルコ鳥巨人ですが、始祖鳥に似ていると思いました
      始祖鳥と始祖の巨人、何か今後絡んで来るのかなぁ?と考えています

      アルミンの道到着が楽しみです
      今後、ジークだけでなく、ベルトルトやユミル、ポルコ等々、顔だけでも出てきて欲しいと思いました
      (*^ー^)ノ♪

    28. おおぞらバード より:

      別マガを買いに行きたいのですが、
      大雪のため身動きがとれません。
      そもそも 書店にも届いていない
      でしょう。
      動画で内容は見ていますが、それでも
      紙の質感から伝わる感触にはかないま
      せん。
      晴れ間を見て、夕方までには是非とも
      別マガで進撃を鑑賞したいです。

      皆様も 大雪での交通被害や怪我には
      お気を付けください。

    29. knight より:

      兵長、次話で退場しそう…。
      ここにきてのモノローグは、死亡フラグにしか見えないです…。

    30. ツクシ より:

      今回気になった点は二つ。攫われたアルミンの運ばれる先にベルトルト超大型が待ち構えている点、そしてオカピの巨人。この二点です

      一点目ですが、私はアルミンが道を介してベルトルト巨人に乗り移る展開が来るのでは?と睨んでいます
      道で目覚めたアルミンは思考するアルミンAと横たわるアルミンBに分裂していました。これは肉体と精神を表しているものと思います。アルミンの肉体はオカピ巨人に捕らえられ巨人化出来ませんが、精神は道にたどり着きました
      九つの巨人の継承者は記憶を共有する運命共同体です。それぞれ肉体は別の人間でも精神は一つに繋がっている。つまり肉体を離れ精神だけとなった今のアルミンならば、道を遡り他の継承者の肉体へアクセスが出来るのではないでしょうか?
      そして今現実世界で具現化されている超大型はベルトルトのもののみ。アルミンは動けない自分の肉体を捨て、ベルトルト巨人に意識を移して現実世界に戻ってくるのではないか?というのが1つ目の考察です
      またアルミンと同じくユミルに飲み込まれて囚われの身となっているジークさんも、同じ方法で外に出る展開が来ると予想します
      獣の巨人は数多く出現していますが、今回で特に目立った活躍を見せたオカピの巨人に乗り移るのではないかと睨んでいます
      そして現実世界に戻り、リヴァイの為に獣の巨人となりわざと討たれる。その際、アルミンと会うまでコネコネしていた自信作をリヴァイに渡し、リヴァイの欠損部位が修復、エレンを救ってくれと言い残しリヴァイの刃を自ら受ける展開を希望です

      おまけですが、アルミンの中で最も(というか唯一)影響力を持つ継承者はベルトルトでした。アルミンがベルトルトを思い浮かべベルトルト巨人にたどり着くように、ジークもまた誰かを思い浮かべる必要があると思ったのですが、そんな人はクサヴァーさんしかいませんでした
      なのでオカピの巨人の元の変身者はクサヴァーさんという事にさせてくださいww
      巨人学会が獣の巨人を過小評価してしまったのはオカピ、猿という順に発現してしまったからという伏線回収も可能です

      もしかしたら精神となったベルトルトとクサヴァーさんが道に現れ、アルミン、ジークとそれぞれ一言二言、言葉を交わす展開が見られるかも?なんて期待しています

      • >なのでオカピの巨人の元の変身者はクサヴァーさんという事に
        たしかにオカピ巨人は戦闘には向か無さそうですよね(笑)
        アルミンがベルトルト巨人に乗り移る展開は面白いですね!
        熱い展開がで見たいですよ!

        管理人アース

    31. エレンを妬むジャン より:

      こんばんは。

      タイトルで誰か死亡すると思いましたが、誰も死ななかったので、137話か138話で一気に死亡する展開になるのではないかと不安です。

      アニとミカサのやりとりをアニメで見たいです。特に、アニは目覚めてから、女の子っぽくなって可愛いので、楽しみです。

      アルミンがジークと協力して、どんな展開になるのか気になります。

      光るムカデが巨人の力の正体なら、うなじの爆発後、ガビが生首エレンとムカデの切断をして、ムカデにとどめを刺すと思います。それで地ならしが止まり、道と巨人の力は無くなると予想します。

      あと3話で終わりと思うと、とても寂しいですね。

      • >タイトルで誰か死亡すると思いましたが、誰も死ななかったので、
        たしかに一瞬兵長死亡か、と思っちゃいました汗
        それだけに次回からの死亡展開が怖いですね(泣)

        >ガビが生首エレンとムカデの切断をして、ムカデにとどめを刺すと思います。
        ガビのライフルが伏線っぽいですよね!
        誰かが光るムカデを倒しそう。

        管理人アース

    32. 猫背こな より:

      まさかフルカラー版途中から話が分岐とかないですかね…。
      シンエヴァみたいに。
      そこで本当の真実というか結末が描かれるみたいな。
      カラーのチョイスもループの分岐とかだったりして。

    33. 古参の兵士 より:

      ジークとユミルは立場が入れ替わったということなのですかね?
      次回はジークの口からこれまでのすべてが語られるのではと思っています。
      これまで最も衝撃的で核心的な話が来そうで楽しみです

      • >ジークとユミルは立場が入れ替わった
        ジークは「地鳴らしストップ派」なので、もし入れ替わったのなら地鳴らし止めると思うんですよね。
        それが無いということは…幽閉されているイメージ?
        次回137話必見ですね!

        管理人アース

    34. セリヌンティウス より:

      とりあえず初見で思ったことは、ジークとエレンは始祖の巨人と王家の血の力で到達した座標にアルミンはどうやってたどり着いたのか? 王家とユミルちゃんの契約切れでエルディア人なら誰でもたどり着ける状態なのかも? 謎です。 なんにしても何か起死回生の行動を起こしそうです。 いったい何ができるのか? 座標には過去から現在、ひょっとすると未来までの記憶と意思が詰まっています。 ひょっとしてですが、ベルトルトに協力をお願いする? あそこで叫ぶとベルトルトに届くかもしれないですね。 アニやライナーを救うために傀儡の超大型を操って、オカピからアルミンを! なんて妄想してみました。 ジークが座標で再登場した意味も重要だと思うんですけど、考え中です。 ユミルちゃんに食べられたと言っていますが。。。

    35. 和銀 より:

      こんばんは🌓アース団長
      またコメント消えました お約束
      長い文章だったのでコンパクトに
      まだ二回ほどしか読んでなくてほぼ初見
      兵長のアルミンを選んだ理由と後悔してない事に涙ぐみ
      帰って来たアニちゃんのミカサへの気づかい アルミンと言いかけてピークと言っちゃう 可愛さ 今だから分かるミカサの気持ちとアルミンの想い伝わりました💕
      自答自問のアルミンぐっと来て共感涙ぐみました
      あとオカピ三大珍獣だったと思うのですが(また調べて見ます)進撃ではアニが知っているくらいなのであまり珍しい動物ではないのかも知れませんね マニアックな動物が多いのは偶然なのか必然の設定なのか?
      エレンはやっぱり首だけの肉体なのか?戻れるのかエレミカ的には心配です😭ジークは意志を保てているなか?も知りたいとこです 頑張れアルミン💦
      な今月号でした 兵長同様言いたいことはいっぱいあるのですが とりあえず感想です😅考察お待ちしています
      兎に角寒いので 明日お仕事であれば気をつけて
      お出かけ下さいね💦お休みならゆっくり体力とメンタルを回復して下さいね🍊
      はっ!(^^ゞ

      • 和銀 より:

        追記です オカピはピグミー語で「森の馬」という意味みたいです‼️意味深い💦はっ!(^^ゞ

      • >アルミンの想い伝わりました
        ゲス野郎発言には笑っちゃいましたが(まさに自問自答)気持ち伝わりましたよね!
        来月からアルミンの活躍必至っぽいですが、要注目ですね!

        管理人アース

    36. ぽんず より:

      首が取れてもエレンは死なないと思う

      あれは進撃の巨人ではなく

      エレンも道のどこかに幽閉されている

      • >エレンも道のどこかに幽閉されている
        まだ自由ではない、ということですね。
        首が取れても死亡しない、はあるかもですね!

        管理人アース

    37. くまこ より:

      起爆装置で首を落とし、光るムカデみたいなものが出てきたところをガビがライフルで狙い撃つような展開があるのでしょうかね。(でもそれだと、エレンは首が切れて死んでしまうので、ミカサはもうエレンとは道でしか会えなくなっちゃいますかね。。)

      • >ガビがライフルで狙い撃つような展開
        ガビのライフル気になりますよね。
        光るムカデがライフルで死亡するのか…この辺りも気になりますよ!
        ただあり得る展開な気もします!

        管理人アース

    38. 井筒孝庵 より:

      こんばんは。

      振り返ってみて、次列三・伝達さんの「豚巨人」のご指摘、ズバリ的を射ていて素晴らしい(*^ω^*)

      ダイナミックに、同時に粛々と戦闘が進んだ136話でしたが、豚巨人と光るムカデ、最終話に向けての謎解きと決着の伏線がしっかりと張られているよう。

      エレン巨人のは前後での爆発を経て、(ジャンと兵長が心臓を捧げるのか・・悲しい) 剥き出しになったハルキゲニアをアニがあのカマキリのように踏み潰すのかなぁ(´∀`; )

      ーーーーーーーーーーーーーー

      • >エレン巨人のは前後での爆発を経て、(ジャンと兵長が心臓を捧げるのか
        兵長は何ともですが、ジャンが起爆装置を押したら巻き込まれそうですよね(;´Д`)

        >ハルキゲニアをアニがあのカマキリのように踏み潰すのかなぁ
        これ、良いですね!
        ただそれで死亡したら呆気ない気もしますが(笑)
        この展開見たいなぁ。

        管理人アース

      • 次列三・伝達 より:

        井筒さん、お褒めに預かり光栄です☆

        でも「豚巨人」では無く「オカピ巨人」とは…“んなもん分かるか!!”って叫びたくなりましたよ笑

        私は諫山先生が我々読者に何を見て欲しいのか?どんなメッセージを伝えたいのか?の観点からいつも見ています。

        まだ本誌は未読ですがオカピ巨人やハルキゲニア的存在、ファルコ始祖鳥等のピースが集まって来たので、私は巨人学の観点からアプローチしてみたいと思います。

        本年も御指導御鞭撻の程、宜しくお願い致します☆

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です