単行本

【進撃の巨人】単行本”最新最終刊”34巻あらすじ感想と考察まとめ!特装版情報も

「5話目@139話あらすじ」と「進撃の巨人単行本34巻特装版特典は1話、2話と最終話ネーム」を追加しました。

2021年6月9日に発売が予想される34巻。

34巻が最終巻になると、2021年1月に発表されました。

2019年抱負での諫山先生の連載完了宣言。

さらに、134話で登場した最後の風景での場面。

これら全てが繋がり収束される34巻が、10年続いた「進撃の巨人」の幕を閉じる事になるのです。

いったい、どのような内容となるのでしょうか?

どのような形で物語は閉じるのか?

1話目の内容を踏まえ、34巻の展開を予想したいと思います!

さらに2話目からも本誌公開後、順次更新していきます。

さらに34巻特装版情報も!

順番に見て行きましょう!

進撃の巨人完結!最終回連載は4月確定から諫山創先生の最終話に向けたコメントも! 進撃の巨人が、4月9日発売の別マガで最終話を迎えると発表がありました。 11年半続いた連載が、とうとう最終回に。 3...
改悪?eBookJapanの評価を評判や口コミから検証!マンガ集めにおすすめのサービスってほんと? ebookjapanは電子書籍サービスとしておすすめしていいのかどうか。 結論からお伝えしてしまうと、ebookj...

進撃の巨人単行本34巻@1話目あらすじ!

「進撃の巨人」第135話「天と地の戦い」より

3頭の豚を逃がす始祖ユミルの描写。

描かれている目に、何か意味がありそう。

エレンまでたどり着いたエレン・ストッパーズ

倒した獣の巨人が、戦鎚の巨人と同じように偽物だった事が判明します。

地鳴らしを止めるため、エレンとジークの居場所を突き止めなければいけないストッパーズ。

アルミンが超大型巨人化し、辺りを吹き飛ばし突き止める作戦に出ます。

しかし、突然現れた巨人に連れ去られるアルミン。

さらに無数の歴代の巨人が登場し、ストッパーズを追い込みます。

そこでピークが単騎行動にて持っていた爆薬をエレン巨人に巻き、吹き飛ばす作戦に出ます!

しかし、ギリギリのところで歴代の巨人の一体である戦鎚の巨人に阻まれます。

さらに無数の巨人に襲われ、リヴァイ兵長やミカサまでが追い込まれることに!

絶体絶命、というところで鳥巨人化し飛行可能になったファルコ巨人に乗ったアニとガビが登場し救出され、終わります。

詳細な内容と考察は、135話「天と地の戦い」あらすじ感想考察!にて行っています。

進撃の巨人ネタバレ135話「天と地の戦い」あらすじ感想考察!ファルコ鳥名前伏線が回収! 進撃の巨人は神話である。 どこかの考察でこのように表現した事がありましたが、まさに今回のタイトルを見た時にも、そのように感...


進撃の巨人単行本34巻@2話目あらすじ!

「進撃の巨人」第136話「心臓を捧げよ」より

アニとガビを乗せたファルコ鳥巨人により、奇跡的に助かったエレン・ストッパーズ

エレンの命を鑑みながらジークの居場所を探すという作戦を失敗したため、エレンを殺すしかないと話し合います。

「エレンを殺す」という決断を受け入れられず、呆然とするミカサ。

アルミンを救出する事だけを考える事にし、気をそらします。

ライナーとジャンで、エレン巨人の首に巻いてある爆薬を起爆する作戦に出ます。

鳥巨人から、エレン巨人の背に飛び降りるジャンとライナー。

鎧の巨人化し、ライナーが歴代巨人を引きつけます。

そのすきにジャンが起爆装置に走りますが、無数に湧き出る歴代巨人に苦戦します。

起爆装置に近づけず、立体機動のワイヤーでぶら下がり呆然とするジャンの描写。

アニとコニー、ミカサは、アルミンを攫ったヌルマゴ巨人=オカピ巨人を追います。

「進撃の巨人」第136話「心臓を捧げよ」より

歴代巨人に邪魔され逃げられそうになりますが、ミカサと女型の巨人のコンビネーションにより追いつきます。

しかし、ベルトルト超大型巨人の近くへ逃げられ手が出せなくなり、3人は逆に追い詰められます。

いっぽうオカピ巨人に拘束され、窒息により意識を失っているアルミン。

「進撃の巨人」第136話「心臓を捧げよ」より

座標近くの「道」で目を覚まし、ジークと出会い終わります。

詳細な内容と考察は、135話「天と地の戦い」あらすじ感想考察!にて行っています。

進撃の巨人ネタバレ136話「心臓を捧げよ」あらすじ感想考察!ジークとアルミンが? 4月9日発売の別マガ5月号にて、最終話を迎えると確定している「進撃の巨人」。 https://animenb.com/la...


進撃の巨人単行本34巻@3話目あらすじ!

「進撃の巨人」第137話「巨人」より

ジークから始祖ユミル誕生の経緯を聞くアルミン。

自分たちがいる場所が始祖ユミルが生んだ世界であり、「生も死も存在しない世界」だと分かります。

外の世界に戻る方法を尋ねるアルミン。

エルディア安楽死計画を持ち出すくらいのジークなので、世界を救おうと必死なアルミンに協力しそうもありません。

アルミンが足元の砂から一枚の枯れ葉を見つけ、「少年時代、落ち葉が舞う時にエレン達としたかけっこ」を語りだします。

そのような何気ない瞬間に感じる「生きる意味」。

ジークはアルミンが持っている枯れ葉にクサヴァーとしたキャッチボールのボールを見ます。

受け取り、生きる意味を感じだすジーク。

意味は無いけれど、ずっとキャッチボールしてるだけでよかったと「生を肯定する発言」をします。

すると、ジークとアルミンの元にクサヴァーやグリシャ、ユミルたちが集まります。

歴代の巨人の主たち。

そんな彼らに協力を求めるジークとアルミン。

場面は、地鳴らしを止めようとするストッパーズに移ります。

大量の歴代巨人たちを前に、大ピンチに陥るアニやライナーたち。

すると、ベルトルト巨人やガリアード巨人、ユミル巨人が歴代巨人を倒しだします!

ピンチから救われるアニやライナー。

そのスキにミカサがオカピ巨人を倒し、アルミンが助かります。

そこに自ら姿を現し、リヴァイ兵長に斬られるジーク。

ジーク死亡により、地鳴らしが止まります。

そしてガリアード巨人やグリシャ巨人、クルーガー巨人が味方になった事により、ジャンが進撃の首に巻かれた爆薬のスイッチを押します。

地面に落ちる、進撃の巨人首。

切断面から飛び出す光るムカデ。

エレンの胴体と首を繋げようとする光るムカデに飛びつくライナー。

ライナーがムカデを抑え込んでいる間にアルミンが巨人化し、辺りが発光し吹き飛ばされ、終わります。

詳細な内容はこちらから確認できます。

進撃の巨人ネタバレ137話「巨人」リヴァイの目標ジーク死亡から地鳴らしストップ【エレン巨人】 進撃の巨人137話「巨人」。 タイトル最高ですね!\(^o^)/ 残り3話となった「進撃の巨人」ですが、巨人の誕生が...


進撃の巨人単行本34巻@4話目あらすじ!

「進撃の巨人」第138話「長い夢」より

世界中で人々を蹂躙していた地鳴らし巨人。

一斉に動きが止まり、地鳴らしが止まった描写が登場します。

スラトア要塞に降り立つファルコ鳥巨人。

ミカサやリヴァイ、アニやピーク達も、地上に降ります。

レベリオ収容区の両親達と再会するガビやピーク、ファルコ。

涙を流して再会を喜びます。

アニ父もいるとカリナに聞き、そちらへ走るアニ。

そこで、突然エレンがいた場所から巨人化の発光が起こります。

超大型巨人級のサイズで現れるエレン巨人。

「進撃の巨人」第138話「長い夢」より

さらに、光るムカデも生きており、煙を発生し始めます。

別のところでマーレのミュラー長官と握手をしているアニ父。

ミュラー長官が銃に込められた全ての弾を空に向け撃ち尽くし、レベリオの人々と和解できたよう。

そこにアニが現れ、アニ父と最高なタイミングでの再会になります。

しかし、光るムカデから発生した煙が辺りを支配します。

アニの目の前で巨人化するアニ父。

「進撃の巨人」第138話「長い夢」より

さらに、ガビ、ジャン、コニー達全てのエルディア人が巨人化します。

それを見たアルミンは涙を流し、エレン巨人に立ち向かいます。

さらに光るムカデに立ち向かうライナー、アニ、ピーク。

ミカサとリヴァイはファルコ鳥巨人に乗り、エレン巨人に向かいます。

エレンを殺さなければいけない状況に、激しく頭痛を起こすミカサ。

突然、if世界の記憶を思い出します。

「俺はお前の何だ」質問から「残りの4年を二人で暮らそう」と答えたミカサのif世界。

スイスにあるような山小屋で二人で暮らしているよう。

そこで「俺が死んだら俺の事は忘れてくれ」とミカサに伝えるエレン。

「進撃の巨人」第138話「長い夢」より

寿命が尽きたのか、巨人化痕が浮き出た顔で目を閉じます。

「いってらっしゃい エレン」と優しげに言うミカサ。

世界は現実に戻ります。

「ごめん」「できない」

「進撃の巨人」第138話「長い夢」より

if世界の「忘れてくれ」の答えを現実で言い、マフラーをギュッと縛ります。

巨人の口の中にエレン本体がいる、と言うミカサ。

リヴァイ兵長達に協力を求めます。

「了解だ」「ミカサ」と答えるリヴァイ。

エレン巨人の歯を雷槍で砕き、ミカサを口の中に行かせるルートを作ります。

そこから口の中に入るミカサ。

エレン本体を見つけます。

ブレードで、エレンの首を斬るミカサ。

そのまま首を抱きかかえ、口づけをして終わります。

詳細な内容と考察は、138話「長い夢」あらすじ感想考察にて、確認できます。

進撃の巨人単行本34巻@5話目あらすじ!

「別冊マガジン」5月号表紙より

少年エレンとアルミンの会話から始まります。

自分からミカサとアルミンを遠ざけるためにウソを言っていた、と告白。

悪かった、とエレンは謝ります。

さらにミカサのことが好きだった、とカミングアウト!

しかしミカサは始祖ユミルが二千年間求めていた、フリッツ王の呪縛から解放する存在だとも説明。

そのためにエレンは全てを犠牲にし進み続けた、と語ります。

エレンとの話し合いが終わり、エレンから記憶を消されるアルミン。

全てが終わったら思い出す、とエレンから語られます。

スラトアでの戦いの場面に戻り、始祖ユミルの呪縛が解け、皆の巨人化が解ける展開となります。

ミカサの選択により、全ての巨人化が解ける展開に。



エレンの首を持ったミカサが登場。

それを見たアルミンは、号泣します。

エレンをキチンと埋葬するために、シガンシナ区へ戻ると語るミカサ。

アルミンは頷き、涙を拭きマーレ兵達がいる場所へと移動します。

目の前で巨人化したアニ父たちエルディア人に恐怖し、銃を向けているマーレ兵たち。

ミュラー長官、は今にも撃つように指示しそう。

そこにアルミンが登場し、説得します。

アルミンの説得を受け入れるミュラー長官。

エルディアとマーレが、分かり合えるようイメージさせる展開。

3年後、パラディ島へ船で向かうアルミンやジャン達の描写。

3年の間、世界へ軍備強化を進めているパラディ島に向け世界の代表かつ平和大使として向かっているよう。

つまりは、ヒストリア女王と世界の間を取り持つために向かっているようです。

島を裏切り仲間を殺して出た自分たちは、今この瞬間に船を爆撃されてもおかしくはない、と語るアニやピークたち。

それでも全ての話をしよう、とアルミンつぶやきます。

世界とパラディ島の未来に平和が期待できるイメージ。

パラディ島で、「丘の上の木の下」にミカサが座っています。

そこにはエレンの墓標があります。

「みんながもうすぐ来るよ」と、嬉しそうに墓に語りかけるミカサ。

しかしすぐに、「あなたに会いたい」とエレンを思い出し、涙を流します。

そこに1羽のカモメがやってきて、落ちかかっていたミカサのマフラーをくちばしで巻き直します。

驚くミカサ。

そのまま飛んでいくカモメに向かい「マフラーを巻いてくれてありがとう」とつぶやき、終わります。

詳細な内容と考察は、139話「あの丘の木に向かって」あらすじ感想考察にて、確認できます。



◆進撃の巨人単行本34巻がどのような巻になるのか予想!

冒頭でも挙げていますが、34巻は「進撃の巨人最終巻」となるでしょう。

1話目となる135話では、まさに地鳴らしを止めるための最終攻防戦が繰り広げられています。

この戦いも136話にて決着が着き、舞台は座標で移るのではと予想できます。

そこで繰り広げられるであろう、エレンと始祖ユミル、アルミン達の舌戦バトル。

最後には、ミカサの愛によりエレンは止まり、世界が救われるという展開になると予想します!

最後のページには希望が持てる「お前は自由だ」というひとコマが。
2018-11-19_000724

そんな34巻になるのでは、というイメージを持っています。

このような最終話を迎えるイメージを持っていますが、いっぽうで回収されるのか気になる伏線もありますよね。

「845年」や「いってらっしゃいエレン」や・・・

これらがどこまで回収されるのか?

ここも、要チェックな34巻となっていますよ!

未回収伏線に関しては、こちらでまとめています。

進撃の巨人最終回の結末と34巻まで伏線まとめ!音の回収と最終コマから予想11月発売の別冊マガジンにて134話まで進んでいる「進撃の巨人」ですが、間違いなく最終盤を迎えていると言えるでしょう。 134話ラ...

さて、34巻が予想通り最終巻となるのか?

であれば、どこまで伏線が回収されるのか?

そして最も気になる、物語の着地点とは?

ここ、要チェックですよね!

この最終終盤まで来ても見えない着地点が確定するであろう34巻。

最後のページ、一コマまで、見逃せないですよ!\(^o^)/



◆進撃の巨人単行本34巻特装版特典は1話、2話と最終話ネーム!

バックさんから、34巻特装版についての発表がありました。

なんと1話、2話と最終話のネームが収録されるとのことです。

これ、まさに始まりと終わりを表しており、最終巻特装版に相応しい特典ですよね!

公式ガイドブック「攻」収録のネームについてはこちらで考察しています。

旅するコミックのネームについてはこちらで考察しています。

アースは公式ガイドブック「攻」は持っていますし、「旅するコミック」も縁があって読ませていただきました。

しかしもちろん「旅するコミック」は次に送っているので手元にないですし、また読みたいと願っています。

34巻は特装版を購入しますよ!

2,3巻は特に内容が違っていますし、コアなファンは絶対に購入をオススメします。

価格が分からないのでオススメし切れませんが、購入する価値は絶対にありますよ!

さらに138話・139話ネームがコンビニ限定販売だとの情報が入ってきました。

これ、気になりますよね!

価格と共に公式からの発表を待たなければ、ですが(・_・;)

セブンネットショッピングにて、予約が受付開始されました!

こちらから「通常版」と「1話、2話」のネームが予約できるようです。

  • 34巻通常版は572円(税込)
  • 34巻特装版「Beginning」(1話・2話ネーム付き)は1,100円(税込)

138話139話ネーム付き「Ending」の情報はまだ入っておりません。

随時更新していきます!

進撃の巨人最新話ネタバレ考察!全伏線を完全網羅【全話】 伏線や謎が多く張り巡らされた作品である進撃の巨人。 進撃の巨人を楽しむためには、あらゆる角度から伏線を考察したりするのが欠...
改悪?eBookJapanの評価を評判や口コミから検証!マンガ集めにおすすめのサービスってほんと? ebookjapanは電子書籍サービスとしておすすめしていいのかどうか。 結論からお伝えしてしまうと、ebookj...
アニメやマンガが見放題
進撃の巨人を無料で楽しむ方法

進撃の巨人のアニメやマンガを楽しむならU-NEXTがおすすめです!

今だけ31日間の無料トライアルがあるので、進撃の巨人のシーズン1、シーズン2、シーズン3、劇場版が見放題です!

初回特典でU-NEXTで「600ポイント」が無料でもらえるので、進撃の巨人の最新刊も無料で見ることができますよ!

U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

\無料キャンペーンあり/

U-NEXT公式ページ

↑タップでコスパ比較↑

POSTED COMMENT

  1. 次列三・伝達 より:

    団長、新記事考察ありがとうございます☆

    未回収伏線は沢山ありますが、今私が最も気になっているのが12話の「トロスト区奪還作戦」での影の二人です。

    エレンとジークの記憶ツアーで話題になった伏線ですが、今思うとエレンが継承する前までしか記憶ツアーに行って無いんですよね。

    エレンが継承したのはベルトルトの壁キックの後のタイミングで、トロスト区奪還作戦は「…よう 5年振りだな…」の後なので継承から5年後です。

    じゃあ誰がエレンとジークが行ってない5年後の136話以降に記憶ツアーに行ったのか?となると、やはり団長の予想通りエレンとアルミンでは無いかなと思っています。

    「…どっちだよ クソ野郎に屈した奴隷は…」「嫌な質問をしてやるよ」のアルミンがトロスト区奪還作戦以来二度目のエレンを起こす役割りなのかなと思っています。

    今思えばヌルマゴも“アルミンを生け捕り”にしてますもんね。

    「なあ アルミン」の座標エレンアルミンシーンもこのエレンアルミン記憶ツアーの伏線では無いでしょうか?

    • >12話の「トロスト区奪還作戦」での影の二人
      これ、実際二人だったのか?
      回収されるべき伏線なのか?
      むちゃ注目ですね!
      エレンとアルミンの記憶ツアーが来たら、激アツです!

      管理人アース

  2. おおぞらバード より:

    『説明不要の超大ヒット作家』とは、本当に
    誰なのでしょうか??
    私は勝手に 諌山先生だと思い込んでしまい
    ましたが…

    今、日本中のマンガ家の中で 老若男女幅広く
    知られ、超大ヒットを飛ばし、新作の準備が
    出来る作者といえば 他に誰がいるでしょう?

    居るとすれば「鬼滅」の大旋風を巻き起こした
    あの吾峠先生か?
    もし、吾峠先生が別マガに電撃参戦!となれば
    全世界が大仰天でしょう。
    夢の展開ですが、流石にそれは ないわ~ ないわ~
    かも。(笑)

    • >『説明不要の超大ヒット作家』とは、本当に
      誰なのでしょうか?
      間違いなく講談社系のマンガ家でしょうし、勝手なイメージですが別マガ系でヒットを出された方でしょう。
      別マガからアニメ化まで進めた作家さんであれば、むちゃいるので分かりませんが…
      諫山先生だったらむちゃ嬉しいですが、しばらく休まれて充電してもらいたい気持ちもあります(*^^*)

      管理人アース

  3. おおぞらバード より:

    先月号から極めて重要な告知がされています。
    それは、
    「2021年 別マガ新企画7弾攻勢」です。
    その第7弾には『説明不要の超大ヒット作家
    参戦!!』とあるのです。
    これは何を意味するのか!?

    そこで数えてみると、進撃が34巻で終わる
    ならば4月号で最終回となります。
    その4月号に 新企画攻勢の第6弾が始まり、
    問題の第7弾は5月号以降となります。つまり、
    進撃の終了後に『説明不要の超大ヒット作家』の
    掲載がスタートする事になるのです。

    さあ『説明不要の超大ヒット作家』とは誰なのか?
    別マガ読者なら、あの人しかいないでしょう。
    そう、諌山先生です!

    つまり、「4月号で進撃は終了し、5月号以降に
    諌山先生の新連載がスタートする。」
    この告知から、そう読み取れるのではと思います。
    これは極めて重要な告知であり、皆様のご意見を
    聞かせてほしいです。

    • >「4月号で進撃は終了し、5月号以降に諌山先生の新連載がスタートする。」
      これ来たらヤバいですね!
      ただ諫山先生が進撃連載を終えすぐ描き始めるのかが、気になりますね。

      管理人アース

  4. 巴里の恋人@アース調査兵団分隊長 より:

    団長殿、いつも更新お疲れ様です。

    泣いても笑っても残りあと3話なんですね。
    以前に団長様が仰っておられましたが、最終話はエピローグにして欲しいので、136話で地上での戦いは決着をつけて欲しいところです。

    気になるのは地鳴らし停止の可否とエレンの生死ですね。
    そのカギを握っているのはミカサだと思います。

    最後のケリはミカサ自身がつけ、その上で「いってらっしゃい」に繋がるのかなぁと漠然と考えていますが、これらの要素がどう結びついてくるのか、イマイチ着地点が掴み切れないでいます。
    ただ、ここまで来るのに残酷な事が起き過ぎているので、最後はハッピーエンドで終わってくれれば、死んでいったみんなも報われると思うんですよね。

    • >ミカサ自身がつけ、その上で「いってらっしゃい」に繋がるのかなぁ
      アースもこのイメージです。
      ほんとハッピーエンドで全てが報われてくれると嬉しいですよ(泣)

      管理人アース

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です