【進撃の巨人アニメ4期】Season4(シーズン4)

「進撃の巨人」Final Season スタッフ兵団座談会#1まとめ!1話ファルコの発言は諫山先生案だったと確定

12月18日夜、You Tubeにて生配信された進撃の巨人FinalSeasonスタッフによる座談会。

編集担当のバック氏、林監督、CG担当プロデューサー淡輪雄介さん、音楽担当KOHTA YAMAMOTOさんという、豪華メンバーによるイベントが開催されました。

見逃した方もアーカイブに残っているので、ぜひ見てみてください!

ここではアースが観て印象に残った場面を取り上げ、まとめています。

どのような座談会が繰り広げられたのか?

見てみましょう!

◆Final Season放送記念生放送 スタッフ兵団座談会#1まとめ

生配信されたスタッフ兵団座談会ですが、20日(日)現在アーカイブで残っています。

未視聴の方はぜひ、見てみてください!

個人的に印象に残ったポイントをまとめてみました!

諫山先生のリアクション

WIT STUDIOさんからMAPPAさん変更となったFinalSeason。

これまでとはガラッと変わったアニメを見た諫山先生の反応は、どうだったのでしょうか?

バックさんから諫山先生は「全ての物事を楽しむ性分」との前置きがありながらも、「2話まで見て喜んでいた」と明かされます。

さらに既に3話を観た諫山先生から「3話むちゃくちゃ素晴らしかった」と、バックさんにラインが入ったそうです。

わざわざラインで感想を言うって、かなり良かったのでしょう!

その3話は、本日深夜に放送されます。

諫山先生の反応を聞いて、むっちゃ楽しみになりましたよ!\(^o^)/


講談社に毎日来るMAPPAさんからのメール

FinalSeasonからアニメを引き継いだMAPPAさん。

やはり、これまでに積み上げられたアニメ進撃の巨人について確認しなければいけないことが山のようにあるようです。

様々な質問メールがMAPPAさんから毎日来る、とバックさんから明かされます。

その質問の内容について例をあげており、「これとこれは同じ人物か」というような質問が来るとの事でした。

中には「バックさんも言われて気付いた人」もあったようです。

たしかにマーレ編に入ってからルイーゼを始め、「この人ってもしかして?」という人が多く登場しましたよね。

ルイーゼという名前が判明していない初登場の時には、「真ん中分けの調査兵」とネーミングして考察した覚えがあります。
2018-02-08_041103

「進撃の巨人」第102話「後の祭り」より

102話考察!最後の真ん中分けの調査兵を考察!

懐かしい(笑)

ガビに撃たれて死亡したロボフ師団長が、17巻67話に登場した「オルブド区駐屯兵団団長ではないか」というのもありましたね。
2018-05-15_075337

「進撃の巨人」第68話「壁の王」より

追いかけている考察ファンですらそうなので、マーレ編から引き継いで制作する林監督達は、とんでもない事になっているでしょう!(;´Д`)

「とんでもない物量」と連呼する林監督の言葉が、耳に残っています。

進撃のアフレコは重い?とバックさんから

講談社の編集担当であるバックさん。

アニメのアフレコ現場はそれほど経験していない、と前置きし「進撃の巨人のアフレコの雰囲気は重いのでは?」と、林監督に質問します。

やはり他のアフレコ現場と比べても「緊張感がある」と林監督。

「音響監督の三間さんの醸し出す緊張感がピリッとさせる」と、その理由を三間音響監督にあると説明します。

ただその緊張感は「三間監督が真剣にキャラに向き合っている」からであり、それが声優さんや他のスタッフにも伝播しているとのこと。

進撃の巨人のキャラが生きているのは、ここに原因があるようですね!

声優さんの素晴らしい演技を生んでいる理由が垣間見えた、納得なエピソードでした。

中毒的なOPの誕生秘話

この「登場人物が一切登場しない」「独特なOP」と称されるOPが、どのように誕生したのか?

OPの絵コンテ監督もされている林監督から、その制作過程が明かされました。

まず、神聖かまってちゃんの曲があり、そこから生まれたと語られます。

そしてその時点で、「最初からほぼ完成作品が頭にあった」とも。

神聖かまってちゃんの曲から林監督がイメージし生まれた、という事でしょう。

さらに「中毒性が生まれるよう意識して作っている」とも説明されていました。

その狙いは間違いなく達成されているでしょう!(^^)

このエピソードを聞いて毎日OPを聴いているアースは、深く頷きました(笑)

1話ファルコのメタ発言は諫山先生からの提案だった!

放送時にもネット上を大いに賑わせた1話ファルコのメタ発言。

当サイトでも記事に取り上げ、考察しました。

進撃の巨人シーズン4ネタバレ考察!1話ファルコのアニメオリジナル発言の意味を検証!とうとう始まったアニメ「進撃の巨人」FinalSeason! 第1話は高いクオリティを誇る作品に仕上がっており、高い評価を得ていま...

このファルコの発言は「諫山先生からの提案だった」と林監督から明かされています。

さらに2話のガビとピークのシーンを足したのも、諫山先生からの戦士側の絆感を深めるための提案だったそうです。

この辺りはこちらにて考察しています。

【進撃の巨人アニメシーズン4】61話カット場面まとめ3つのオリジナル改変を検証!MAPPAの狙いとはFinalSeason2話目となるアニメ61話が放送されてました。 当サイトのコメントやTwitterにて、様々な意見や評判が確認...

これも、諫山先生からのオーダーだったんですね。

さらに今後もチョコチョコと入ってくるとのこと!

今後も要チェックですね!(*^^*)

PVの画はPV用制作だった

公開時に大騒然とさせたFinalSeasonPV。

制作会社がMAPPAさん変更と同時に明かされたため、かなり話題を呼んだPVとなりました。

特に驚かされたのは、その画の内容です。

座標や始祖ユミルちゃんも登場しており「そこまで制作は進んでいるのか!」と、かなり驚かされる内容となっていました。

しかし制作がそこまで進んでいる訳ではなく「PV用で作った画」だと説明がありました。

つまり、このシーンの画が完成している訳ではなく、このPVのシーンは「2回制作する」事になる、との事です。

これを聞いて納得したのが、1話にPVの鳥のシーンが無かったことですね。

1話記事でも指摘していますが、PVに登場していた鳥が1話シーンで登場していなかったので、「あれ?」と感じました。

【進撃の巨人 アニメシーズン4】FinalSeason1話(60話)「海の向こう側」あらすじ感想考察!OPは神聖かまってちゃん ついに始まったアニメ「進撃の巨人」シーズン4! FinalSeasonとも呼ばれ文字通り「Final」になると予想されるア...

あの鳥は原作とはかなり違っており違和感があったのですが、やはりPV用だったのですね。

進撃の巨人アニメFinalSeason(シーズン4)PVの鳥は隼(ファルコ)か検証!ファイナルシーズンPVが公開されてはや4日。 緊急事態宣言も解除され、世の中も少しづつ動いてきているように感じます。 さらに...

納得なエピソードでした!


座談会視聴の総括

まだまだ「2話のウドの動きはロトスコープ」や、音楽担当KOHTA YAMAMOTOさんの「曲の依頼のされ方と納品の仕方」など、面白いエピソードがたくさん詰まった座談会となっています。

ぜひぜひ、視聴できる方は観ておきましょう!

損は無い内容です!

そして「座談会#1」ということは#2や#3もあるかも、という事ですよね?

ぜひまたやって欲しいな、と希望しますよ。

もしかして、どこかで諫山先生登場なんて事もあるのか?

いや、それは願い過ぎかもですがバックさんと林監督の話は非常に面白いので、また観たいですよね。

「#2」を期待しながら、まずは第3話。

諫山先生が思わずバックさんにラインした、第3話。

楽しみに観なきゃですよ!\(^o^)/

進撃の巨人全シーズンのストーリー解説&重要キャラクターまとめ【伏線考察あり】進撃の巨人には二つの物語がある。 5年以上前に考察サイトを始めた当時、良く使っていた言葉でした。 その二つの物語を詳...
【進撃の巨人アニメシーズン4】ネタバレ3話(62話)あらすじ感想考察!【FinalSeason4期】ライナー祭り! 先日のスタッフ兵団座談会で諫山先生から「良かった」と、高い評価を得ていると明らかになっているFinalSeason3話。 ...
進撃の巨人シーズン4歌を検証!OPとEDに仕掛けられた9つの巨人とファルコ鳥場面の意味はFinalSeasonと銘打ち始まったシーズン4。 オープニング曲は、まさかの神聖かまってちゃんによる「僕の戦争」でした。 ...
進撃の巨人最新話ネタバレ考察!全伏線を完全網羅【全話】 伏線や謎が多く張り巡らされた作品である進撃の巨人。 進撃の巨人を楽しむためには、あらゆる角度から伏線を考察したりするのが欠...
アニメやマンガが見放題
進撃の巨人を無料で楽しむ方法

進撃の巨人のアニメやマンガを楽しむならU-NEXTがおすすめです!

今だけ31日間の無料トライアルがあるので、進撃の巨人のシーズン1、シーズン2、シーズン3、劇場版が見放題です!

初回特典でU-NEXTで「600ポイント」が無料でもらえるので、進撃の巨人の最新刊も無料で見ることができますよ!

U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

\無料キャンペーンあり/

U-NEXT公式ページ

↑タップでコスパ比較↑

POSTED COMMENT

  1. 井筒孝庵 より:

    こんにちは。

    ファルコのメタ発言、とても気に入った改変の一つです(*^ω^*)

    本編ではエレンも始祖ユミルもダークヒーロー/ダークヒロインであることが確定し、一方で空飛ぶファルコ巨人が出現するに至っているので、

    ファルコの「主人公格」(普通の意味でのヒーロー像)をより鮮明にする上で必要な改変なのかなぁと。同時に、背景となるパラディ・マーレの取り扱いも、マーレ側の描写に厚みを持たせることでバランスを取り、「相対化」してきているのかなぁと。

    マーレ編の入り口では、エレンが主人公というイメージがどうしてもつきまとうというかデフォルトですが、極端な言い方をすると実はファルコが主人公だった見立てると、マーレ編が違って見えてきて、アニオリはそれに即しているように思われました。

    補足:エレンもファルコも主人公。エレンは現行世代の、ファルコは次世代の。現行世代と次世代の対照。(← 親子の関係よりも広い)

    ーーーーーーーーーーーーーー

    • >エレンもファルコも主人公。
      これ、本当にそうですよね。
      エレンとファルコの関係は原作からアニメでもキチンと表されているなと。
      本当に嬉しいですよ!(*^^*)

      管理人アース

  2. おおぞらバード より:

    同じアニメ繋がりですが、本日TV放映される
    鬼滅の刃 特別編集版「柱合会議・蝶屋敷編」
    これが非常に楽しみなのです。

    これは 那田蜘蛛山編と無限列車編、二つの激闘
    エピソードの合間となります。
    ここには派手な戦闘アクションとかありません。
    が、名セリフで惹き付けたり、表情の機微で魅せ
    たり、ギャグパートで笑わせたりと、とにかく
    引き込まれていくのです。

    また、無限列車編への橋渡しが絶妙!
    これを観たら、無現列車編をもう一度観に行き
    たくなるはずです。
    私は 今回の特別編集が決まった瞬間、興行成績
    第一位は確定した!そう感じました。
    入場特典やらで小細工するよりも、作品の良さを
    改めて認識し観に行きたくなる。これぞ真っ当な
    戦略だと思います。

    話を進撃に戻すと、現在のマーレ編も派手な戦闘
    場面はなく、次の山場への橋渡し回なのです。
    この一見地味な回を、どう盛り上げ 視聴者を惹き
    付けられるか、それが作品の肝であると強く思うの
    です。

    覇っ!

    • >一見地味な回を、どう盛り上げ 視聴者を惹き
      付けられるか

      これは進撃の永遠のテーマですよね。
      なかなか難しい所業ですよ(・_・;)

      管理人アース

  3. 巴里の恋人@アース調査兵団分隊長 より:

    団長殿、いつも更新お疲れ様です。

    アーガイブが残っていたので、自分も無事に視聴する事が出来ました♪
    印象に残ったポイントがほとんど団長殿の感想と丸かぶりになってしまいますが、1話目のファルコのセリフ改変が、諫山先生のリクエストだった事には驚きました。

    この後もちょくちょく出てくると言う事なので、これはめちゃくちゃこの先が楽しみです。
    そして新作の制作秘話がリアルタイムで聴けると言う事は滅多に無い事なので、この企画はこの先もずっと続けて欲しいです。

    そして諫山先生が大絶賛していたと言う、今夜の内容が気になるところです。
    やっぱり巷のウワサ通りで、ライナーは諫山先生から愛されているんだろうなぁ。

    • >ライナーは諫山先生から愛されているんだろうなぁ
      これは間違い無さそうですよね!(笑)
      人気なリヴァイ兵長とかよりライナーのようなキャラが好きそうですよね。

      管理人アース

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です