ワンピース

【ワンピース1066話ネタバレ】やはりサウロは生きていた!ベガパンクから語られる「空白の100年」!

ワンピースネタバレ1066話
アース
アース
ベガパンクから語られる「空白の100年」

前回、「S-シャーク」と呼ばれる『ジンベエのセラフィム』と交戦したフランキー達。

その戦闘を止めに来たのも、なんとベガパンクでした。

各個人のベガパンクがそれぞれの思想や意思で動いていると感じられる展開に驚きを隠せませんね!

そして、ベガパンク「正」から語られる『900年前に実在した王国』について。

さらなる謎が明かされそうな予感です!

ワンピースネタバレ1065話
【ワンピース1065話ネタバレ】エッグ・ヘッドは900年前に滅んだ王国の模造品? 前回、"未来島"エッグ・ヘッドに上陸したフランキーサイド。 こちらは、ベガパンク自身に招かれる形で上陸しましたね! ...

ワンピース1066話ネタバレ【最新確定】

第1066話の情報が確定しましたので、あらすじをまとめて紹介します!

ワンピース1066話ネタバレ考察|ある王国

「エッグヘッドは過去だ」と言い切ったベガパンク「正」。

フランキーが驚きのあまり声を荒げますが、ベガパンク「正」は「あくまで仮説だ」とシャットアウト。

ですが、その時期に造られた兵器の情報とスクラップ場にある兵器の情報の年号が一致するそうです。

ロビンはすかさず「空白の100年」についてといます。

ベガパンク「正」は、ロビンに「思い出すのも辛いだろうが」と前置き、話しだします。

私は、オハラが「その王国」の存在に気付いてしまった事が原因だと考えている』。

ワンピース1066話ネタバレ考察|オハラの意志は生きている

それからと言うもの、ベガパンク「正」は超重要かつ、知れば世界政府に狙われる可能性がある事実を語ります。

『空白の100年』とは、超高度文明の『ある王国』と『20の王国』の戦いの歴史

その戦いの勝者である『20の王国』が現代の世界政府を作り、『ある王国』の思想を誰にも継がせない為に、歴史から消し去った・・・。

初めて聞かされる仮説ですが、考察界隈では有名な話ですね!

それでも、ナミ達は違います。

驚きを隠せないナミやウソップ。

超高度文明に心を躍らせるフランキー。

この先の事を案ずるサンジ。

サンジがそんな話を聞いてただで済むはずがないとベガパンク「正」に問いますが、ベガパンク「正」も当たり前の様に「当然、消される」と一言。

ロビンが「どの立場から発言しているの?」とベガパンク「正」に問いますが、ベガパンク「正」も「私とて消される」と話します。

ロビンは「ならなぜその話をするのか」「どこで調べたのか」を聞くと、ベガパンク「正」は驚きの発言をしました。

オハラの意志は生きている

ワンピース1066話ネタバレ考察|オハラの勝利

ロビンがオハラを大切な物ともども焼き払われたあの日から数日後。

世界で最も有名な考古学者であったクローバー博士と面識があったベガパンクは、オハラの跡地へ赴きました。

考古学の聖地・オハラの象徴とも呼べる「全知の樹」をも焼け落ちてしまい、見るも無残な風景と化してしまった戦場跡。

旧知の仲であるクローバー博士に花を手向けたベガパンクは驚きの状況を目にします。

島の中心にある湖に「大量の文献」が沈んでいたのです。

燃えていく島の中に学者達は踏みとどまり、自身の命を引き換えに「未来へ残すべき財産」を守ったのでした。

その事実を知ったベガパンクは「無知な兵士がそれを見ても価値に気づくまい。『オハラの勝利だ』」と断言したのです。

ワンピース1066話ネタバレ考察|ベガパンクとドラゴン

ベガパンクはその事実を知り、涙していると、なんと湖に沈んでいる文献を引き上げる「巨人族の姿」がありました。

近づこうとも中々難しい状況の中、背後から話しかけて来る声が1つ。

久しぶりだな!!ベガパンク!!相変わらず目立つ頭だ一目でわかる

その声の主は、なんと『モンキー・D・ドラゴン』。

ドラゴンもたまたま同日にクローバー博士に花を手向けにやってきていたのです。

ドラゴンは、ベガパンクより先に巨人族達に気づいていたらしく、先に事情の聴取を行っていました。

お前達世界政府がこれに気づいて破棄されなくて良かった」と嫌みの様にベガパンクにいうドラゴン。

ドラゴンの勧誘を蹴り、世界政府のイヌになったベガパンクは「お前達の様な貧乏軍隊で何を造れる!?」と憤ります。

「相変わらず正直者だな」と呆れるドラゴンは、クローバー博士達の墓に花を手向け、「暴力に叩き潰された」現状に決意するのです。

俺は戦える軍隊を作る!」と「戦争嫌い」で有名だったドラゴンが宣言したその年の内に、イワンコフとバーソロミュー・くまと共に「革命軍」を組織したのでした。

ワンピース1066話ネタバレ考察|この脳に受け継ぎ研究を続けて来た

そして、ベガパンクは自分の興味から、エルバフへ赴き、文献に目を通させてもらいました。

つまり、『オハラの読み解いた世界の謎は、私が全てこの脳に受け継ぎ研究を進めていた!

決して学問を無碍にはしないベガパンク「正」は、ロビンにとって大きな存在になったのでしょうね!

ワンピース1066話ネタバレ考察|サウロはやはり生きていた

ロビンは涙を流しながら、「そのオハラの文献を守ってくれた巨人族の船長」の名前を問います。

その巨人族の船長の名前は、サウロよね?

その問いにベガパンク「正」は、断言しませんでしたが、「彼は今身を潜めているのだ、誰であろうと口外し兼ねる」と答えます。

十中八九『ハグワール・D・サウロ』ですよね!

ロビンはその答えに「子供の頃のような笑顔」でベガパンク「正」に感謝を告げます。

そして、ベガパンク「正」は強制的にフランキー達を誘導し、「見せたいものがある」と言いながら別の場所へ進んでいくのでした。

ワンピース1066話ネタバレ考察|スクラップ兵器に沈む老人

一方その頃、スクラップ場にて兵器を動かそうとするルフィとチョッパー。

2人は何か「起動時の掛け声」の様なものを試していました。

ボニーは、「動くはずがない」とあきれ果てていましたが、スクラップ兵器が突然「ボワン!」と爆発したのです。

直後、「助けてクエーサー!誰か助けてクエーサー!」と助けを求める声がします。

ルフィはすぐさま助けますが、ボニーの表情が一変。

兵器に沈んでいく老人を助け、礼を述べられた後、ボニーに向かって「大きくなったな!」と親せきのおじさんの様な反応を見せます。

ボニーは変わらず表情を強張らせ、「ベガパンク!!」と敵意をむき出しにしていますが、ルフィはそれどころではありません。

浮いているベガパンクに興味津々。

DOMシューズでホバーする方法を教えてもらい、ルフィ・チョッパー・ベガパンクは空高く飛び上がるのでした。

第1067話へ続きます!

ワンピースネタバレ考察|1066話感想まとめ!

今回は、『ワンピース』第1066話にあらすじをまとめて紹介しました。

少々長くなってしまいましたが、確実に「オハラの研究」と「空白の100年」。

そして、「エルバフにあるオハラの文献」や「それを守り抜いたサウロの存在」が明らかとなりました!

どんどんと熱い展開になっていくワンピースですが、「空白の100年」の真相は、もっともっと深い物なのでしょうね。

今回は、ロビンの笑顔に心が撃たれたアースでした!

ワンピースネタバレ考察|次回の展開予想!

ワンピースネタバレ考察|オリジナルのベガパンクは過去の修復をしている?

ベガパンク「正」が『空白の100年の研究』。

他のベガパンクが『世界に対抗するための新兵器の開発』を携わっているのであれば、今回登場した、頭がリンゴになっていたオリジナルは何をしているのでしょうか?

結論から言うと、『900年前に開発された兵器の復元』。

いわゆる『過去の修復』を担っているのだと考えています。

なので、オリジナルのベガパンクはルフィ達のいた「スクラップ場」に居たのではないでしょうか?

ワンピースネタバレ考察|エッグ・ヘッドに敵襲?

「研究所」のフランキー達に大きな進展があり、ルフィ達もオリジナルと出会いました。

そろそろ、ゾロとブルックサイドに動きがあってもおかしくありません。

なので、考えられるとすると『敵襲』。

ゾロとブルックは「中で皆が襲われた時のため」に残りましたが、逆に『みんなを襲わせない為に戦闘になる』のではないでしょうか?

もうすぐ「CP-0」も到着し、ルフィ達と戦闘になると思われます。

ゾロvsカクの再戦にも期待したいですね!

ワンピースネタバレ考察!全ストーリーあらすじと重要伏線、簡単まとめ解説!ワンピースネタバレ考察...
【ワンピース考察】アマゾンリリー「先々代」「先代」女帝は一体誰なのか!これまでの登場人物の中に? 人気漫画「ワンピース」に登場する“王下七武海”の一角、ボア・ハンコックと呼ばれる人物がいます。 ハンコックはルフィに惚れて...
【ワンピース考察】海軍元帥より「もっと上」の存在にモリアはなぜ狙われたのか? 人気漫画「ワンピース」に登場する、最強の海賊たち「四皇」を抑えるため。 そして、世界政府が発足した「海賊を抑制するための海...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です