ワンピース

【ワンピース考察】密かに伝わる「悪魔の実の継承条件」!アラバスタや魚人島に伝わる条件や理由は?

アース
アース
謎に包まれている「悪魔の実」。
その継承条件について考察します!

人気漫画「ワンピース」に登場する、「悪魔の実」という存在。

物語が始まった最初から登場していましたね。

主人公モンキー・D・ルフィが「デザート代わりに食べた」奇妙な果実が“ゴムゴムの実”でした。

ワノ国編が白熱している中で、ルフィが食べた“ゴムゴムの実”について新情報が明らかとなり、「悪魔の実」の存在に再注目され始めたのです。

再注目を集めている悪魔の実ですが、残された伏線が数多く残っています。

どこに実っているのか

誰が創ったのか

能力は身体のどこに宿っているのかなど、分かっていることはほとんど無い状態です。

今回はそんな、「謎が多い果実」である、悪魔の実の“能力の継承”について考察していこうと思います!

【ワンピース考察】悪魔の実の正体とはいったい何なのか!?どこから来たのか?みなさんこんにちは! 大人気漫画である「ONE PIECE」にて第1話より登場し、 現在もなお明らかとなって...

ワンピース考察|悪魔の実を「継承している能力」

これまで、あまり触れられてこなかったのですが、「悪魔の実の能力を得るための方法が2つ」あります。

まず、1つが「普通に悪魔の実を食べる」ことです。

その描写があるのが、ルフィの「ゴムゴムの実」。

そして、“ウォーターセブン編”での当時の「CP-9」の構成員であったカリファの「アワアワの実」とカクの「ウシウシの実 モデル ジラフ」。

“ドレスローザ編”でのサボの「メラメラの実」くらいではないでしょうか。

この紹介した人物たちは、「悪魔の実を食べて能力を発現させている」ことになります。

次に、あまり触れられてこなかった伏線の1つ。

悪魔の実を食べる事以外で能力を得る方法があると思われる要因。

悪魔の実の能力の『継承』」です。

どうやって能力の継承を行っているのかは、現在明らかになっていません。

今回は「悪魔の実の能力の継承条件」について考えていきましょう。

まず、“能力を継承している”と思われる人物たちを紹介していきます!

魚人島「バンダー・デッケン9世」“マトマトの実”

最初に紹介するのは魚人島に登場する“猫鮫”の魚人「バンダー・デッケン9世」です。

この人物は魚人島の姫であるしらほし姫を付け狙い、巨大な武器をしらほしに向けて投擲してきていました。

どうやって遠くにいるしらほし姫をピンポイントで狙う事ができたかというと、「悪魔の実の能力」が関係してきます。

バンダー・デッケン9世の悪魔の実の能力は“マトマトの実”の能力。

素手で触れた者を「的」として記憶し、投げた物が自動的に“的に飛んでいく”というどこまで逃げても当たるまでついて来る能力です。

投擲された物を止める方法はいくつか存在します。

まず、投擲された物と「的」との間に“破壊不可”な遮蔽物が存在する。

砲弾や巨大な斧を投擲されても強固な壁などに当たってに当たってしまうとそれ以上先に進みません。

もう1つが、「能力者」もしくは「的」が死亡する、という条件。

この条件は、戦闘中や投擲物が「的」に命中して亡くなってしまった場合に適用されます。

最後に「能力者」が意識を失う、という条件。

投擲された物が「的」に向かって飛んで行っている時に、能力者本人が何らかの形で意識を失うと、効果が切れてしまいます。

この条件で「方舟ノア」は“しらほし姫を追尾する”という効果が切れ、魚人島へ落ちてしまいましたね。

こんな恐ろしい能力について、バンダー・デッケン9世本人は「マトマトの呪い」と話しており、自身が望んで得た能力では無いようです。

「バンダー・デッケン」は襲名制となっており、現在は9代目。

その都度“マトマトの実”の能力は受け継がれていっている形となっているみたいです。

【ワンピース考察】魚人島編のストーリーと重要伏線まとめ ワンピース<魚人島>編のストーリー 一目でわかる<魚人島>編のあらすじ <魚人島>編の新登場のキャラクター ...



黒ひげ「マーシャル・D・ティーチ」“グラグラの実”

次に紹介するのが、皆さんお馴染み「黒ひげ」マーシャル・D・ティーチです。

ティーチの能力は“ヤミヤミの実”でしたが、頂上戦争で白ひげの“グラグラの実”の能力を奪っています

どうやって奪ったのかは明らかとなっていませんが、何らかの方法があることは明確ですよね。

ティーチは、「インペルダウンからlevel.6の囚人たちを仲間にする」こと。

そして、「悪魔の実の伝達条件」を知る為に“王下七武海”として政府側へ潜り込んだのだと考えられます。

元々狡猾で頭の切れる人物であるティーチはこれらを全て計画し、「世界の王」への道を突き進んでいるのですね。

ティーチが奪った“グラグラの実”の能力ですが、説明が不要なほどのインパクトがある能力でした。

当時の海軍元帥であったセンゴクに「世界を滅ぼすことができる能力」と言わしめ、その能力を頂上戦争ではいかんなく発揮しました。

そんな能力を奪い「全てを飲み込む“闇”」の能力と「全てを破壊する“地震”」の能力。

「最凶」と「最強」の能力を得たティーチに勝てる人物はいるのでしょうか…。

【ワンピース考察】黒ひげは悪魔の実の能力を既に3つ得ている!最初の能力は「ケルベロス」! ワンピースと言う物語で、もっとも重要な役割を担う人物の1人。 「黒ひげ」マーシャル・D・ティーチ。 彼は過去、「白ひ...
【ワンピース考察】黒ひげは1つの体に複数の人格がある!「三つ子説」は本当なのか?様々な考察が飛び交う「黒ひげ」マーシャル・D・ティーチ。 気になる情報が多いですよね! 今回はその中でも黒ひげは「三つ子」で...
【ワンピース考察】黒ひげに勝てるやつはもう居ない!?強さの秘密とは 作中主人公モンキー・D・ルフィと対極的に描かれている「黒ひげ」マーシャル・D・ティーチ。 名前が初めて登場したのは、チョッ...

黒ひげ海賊団「雨のシリュウ」“スケスケの実”

続いて、ティーチと同じく「黒ひげ海賊団」の“10人の巨漢船長”の1人に数えられている「元インペルダウン看守長“雨のシリュウ”」です。

2年前、インペルダウンでの初登場時は「無能力者」だったのですが、2年後の“世界会議編”では“スケスケの実”の能力を得ています。

この“スケスケの実”ですが、元は「スリラーバーク海賊団」のアブサロムが得ていた能力でしたね。

“海賊島”ハチノスにモリアがアブサロムを探しに来た時に奪われたことが判明しました。

その時にアブサロムは殺害されている模様です。

依然として「能力の強奪条件」に関しては不明なのですが、ティーチと同じ方法を取ったものと考えられます。

「麦わらの一味」との戦いの時は、ゾロとの戦闘になると思われる人物です。

透明人間で姿が見えない状態で、インペルダウンで見せた「斬捨て御免」のような早斬りが来ると考えると脅威ですよね。

「見聞色の覇気」でも読み取って躱せる速度では無いように思います。

しかも持っている物さえも透明にする能力なので、刀の太刀筋が見えません。

そう考えると「百獣海賊団」のキングより苦戦を強いられそうな相手となってしまったように感じます…。

はたしてゾロは大丈夫なのでしょうか…!

【ワンピース考察】インペルダウン編のストーリーと重要伏線まとめ ワンピース<インペルダウン>編のストーリー 一目でわかる<インペルダウン>編のあらすじ <インペルダウン>編の新登場のキ...



アラバスタ王国「チャカ」“イヌイヌの実 モデル ”ジャッカル“

続いて紹介するのが、皆さん忘れているかもしれませんが、「偉大なる航路(グランドライン)」に突入してすぐに向かった「アラバスタ王国」。

この「アラバスタ王国」にも“継承されている能力”と思われる悪魔の実の能力が存在します。

その1つが、“イヌイヌの実 モデル ジャッカル”の能力者だった「チャカ」です。

「アラバスタ王国護衛隊副官」として国王であるネフェルタリ・コブラやビビを護る立場にある人物で、正義感の強い頼れる兄貴的存在となっています。

そんな彼は、「肉食系の“動物系(ゾオン)”悪魔の実の能力者は凶暴性が増す」と言われていますが、その強い正義感で抑えているようです。

ここまででは、「普通にジャッカルの悪魔の実を食べただけなのでは?」と思われるかもしれません。

ですが、チャカのセリフの中に気になるものがあるのです。

我…アラバスタの守護神ジャッカル!!!王家の敵を討ち滅ぼすものなり……!!!

このセリフから、アラバスタ王国には“守護神”として代々伝えられているようですし、石像にもジャッカルと思われる物があります。

このことから、“イヌイヌの実 モデル ジャッカル”の能力は代々アラバスタ王国で受け継がれている能力だと考えられますよね。

アラバスタ王国には様々な謎が残されていますが、どれも物語の核心に近い物のような気がします…。

【ワンピース考察】ネフェルタリ家は「空白の100年」の重大な秘密を知っている!? 作中でも、屈指の人気を誇るエピソードの1つ。 「アラバスタ編」で最も重要な人物である「ビビ」の家系 「ネフェルタリ家」は...

アラバスタ王国「ペル」“トリトリの実 モデル ”ファルコン“

続いては、同じく「アラバスタ王国」から“トリトリの実 モデル ”ファルコン“の能力者「ペル」です。

ペルはビビが幼少期の頃から、そばに寄り添い成長を見守ってきました。

「王女に対して本気で注意し、怒る事ができる人格者」として王国でも貴重な存在として重宝されています。

チャカと同様「アラバスタ王国護衛隊副官」の1人として、王国を支え、尽力してきました。

「守る為に強くなろう」という信念の持ち主で、心優しい武人ですね。

バロックワークスとの戦闘中に爆弾を抱え、空へ飛び立ち、空中で爆発し死亡した。

と思われていましたが、実は生存しており、扉絵連載で無事にアラバスタ王国に帰還しました。

このペルの能力もチャカと同様、「アラバスタ王国の“守護神”として伝えられた動物」の能力です。

ジャッカルと同じく石像も造られている所から、“トリトリの実 モデル ”ファルコン“の能力も継承されている能力なのではないでしょうか!

【ワンピース考察】アラバスタ編のストーリーと重要伏線まとめ ワンピース<アラバスタ>編のストーリー 一目でわかる<アラバスタ>編のあらすじ <アラバスタ>編の新登場のキャラクタ...



能力の継承方法について考察

これまで紹介してきた人物たちが、「能力を継承されたと思われる人物」ですね。

ここからは「どうやって能力を継承しているか」について考えていきたいと思います。

私個人の考えなのですが、「アラバスタ王国」と「黒ひげ海賊団」が行っている継承方法は別のもののような気がします…。

能力の継承方法は多岐に渡る?

先ほど話した、「アラバスタ王国」と「黒ひげ海賊団」が行っている方法は別物説を今回は掘り下げていきたいと思います。

もしも、「黒ひげ海賊団」が行っているものが卑劣なやり方なら、「アラバスタ王国」が同じことをしているとは思えませんよね。

また、魚人島での継承は現在「バンダー・デッケン」の家系にしか伝わっておりません。

魚人島全体に浸透している方法なら、ホーディが手を出さなかった点が不可解となります。

もしくはバンダー・デッケン9世に方法を聞いていた可能性もありますよね。

ですが、手を出さなかった理由は、それほどまでに危険を伴う可能性があるからとも考えられます。

ここからは、各場所での「悪魔の実の能力の継承方法」について深堀りしていきましょう!

魚人島での継承方法について

最初に「魚人島」での継承方法について。

先ほど話した通り、現在魚人島で継承方法を知っているのは「バンダー・デッケン」の家系しか無いと思われます。

「バンダー・デッケン」の家系はどうやって能力を継承してきたのでしょうか…?

現在の「バンダー・デッケン9世」が“猫鮫の魚人”だった点から、「前任者の何かを体に取り込む」ことで、継承できるのではないでしょうか!

現状では「身体のここの部分!」と断言する事は難しいのですが、「悪魔の実を食べているので、身体のいずれかには宿っている」。

と考えるのが妥当だと思っております。

「バンダー・デッケン」の家系が全員“猫鮫の魚人”の家系だったら、一応肉食なのであり得なくはないと考えております。

ホーディが同じ肉食鮫なのにも関わらず、手を出さなかったのは「手を出すにはリスクが高すぎた」。

そう考えるのか「泳げなくなるデメリットが大きすぎた」と考えるのか、可能性は多様にあります。

ですが、前者だとすれば、いったいどんなリスクがあったのでしょうか?

「悪魔の実のリスク」といえば、「人造悪魔の実“SMILE”」ですよね。

SMILEを食すと、能力を得られればいいのですが、“笑う”以外の感情を奪われてしまう可能性もあります。

これに似たリスクがあったのかもしれないですね!



アラバスタ王国が隠している継承方法について

続いて、「アラバスタ王国」で受け継がれている継承方法ですが、魚人島のものとは違う方法がとられていると考えております。

アラバスタ王国は意外にも“科学”の分野に長けている節があります。

そう考えられる要因が、「ダンスパウダー」です。

このダンスパウダーは、意図的に雨雲を操作し、雨を降らせなくすることが出来る粉ですね。

雨が弱点であったクロコダイルは、これを使用し、負け筋を減らしていました。

アラバスタ王国にあったこの「ダンスパウダー」。

まさにナミが2年間修業した「ウェザリア」の“天候の科学”そのものだと思いませんか?

このことから、多方面の“科学”に長けていると仮定すると、“血統因子”の科学にも精通している可能性もあります。

そう考えると、パンクハザードでシーザーがやってのけた「任意の果実に“悪魔の実の能力”を宿らせて新しい悪魔の実とする」こともできるかもしれません。

ですが、その“悪魔の実の血統因子”が伝わったのが、“ジャッカル”と“ファルコン”だけだったのでしょう。

なので、昔の人々はこの2つの動物を“守護神”として、受け継いでいったのだと考えます。

また、ドラム王国には「万能薬になりうるキノコがある」という伝説があります。

そのキノコが、チョッパーの食べた「ヒトヒトの実」のミスリードとなっていたのですが、伝説が伝わっているということは「ヒトヒトの実はドラム王国にしかできない果実」。

そう考えることもできます。

だとすると、チャカとペルの能力も「アラバスタ王国にしかできない果実」という可能性も無きにしもあらずですね!

黒ひげ海賊団が行っている「能力者狩り」について

最後に、「黒ひげ海賊団」が行っている「能力者狩り」についてですが、これはティーチありきの方法だと考えています。

どういうことかというと、ティーチは幼少期から“ヤミヤミの実”を狙っていました。

それは、「最強に至るに必要不可欠な悪魔の実だった」からだそうです。

白ひげ海賊団に長らく乗船していた理由が「“ヤミヤミの実”が転がり込んでくる可能性が1番高かったから」と言っていました。

わざわざ“王下七武海”に加入したのも「インペルダウンからlevel.6の囚人たちを仲間にする」こともあったのでしょう。

ですが、1番は「悪魔の実の伝達条件」を知る為だと考えられるのです。

ティーチが元々悪魔の実は継承できることを知っていたのだとすると、長いこと白ひげ海賊団にいる必要はありませんよね。

いつ付けたか定かではありませんが、「四皇」の1人、“赤髪”のシャンクスにキズを付ける程の実力者です。

自立して仲間を集めることが出来れば、すぐに“王下七武海”への勧誘が来そうですね。

実際にそうしなかったのには理由があると考えています。

その理由とは「“ヤミヤミの実に能力の取り出しの秘密が隠されていることを知っていたから」だと思います。

全てを飲み込む“闇”と言われていましたが、吐き出すこともできますよね。

しかも、能力者の“実体”を正確に引き寄せ、無効化する。

というチート能力まであります。

この能力者の“実体”という部分が重要となってきます。

“実体”を引き寄せると言っていたのは「自然系(ロギア)」に対抗できるという比喩表現かと考えていました。

ですが、“実体”ということは「能力者にはそれ以外の存在が隠れている」と考えられますよね。

なので、ティーチの「闇水(くろうず)」は「能力者の実体を残し、隠れた存在を飲み込む」。

「close」という意味が隠されていると考えています。

そう考えると、「闇水」で捕えた状態で能力者を殺害すると「能力者の中に隠れていた能力の部分」が行き場を無くし、少しの間ティーチの中に留まる。

そしてそれを任意の人物に付与すると考えるとシリュウに“スケスケの実”の能力が移っていた事にも納得できますよね!

身体の構造が異常だからこそできるパワープレーのような気もします…。

悪魔の実の能力の継承についてまとめ!

今回は、「それぞれの悪魔の実の能力の継承方法」について、考察していきました。

この考察に関しては、考察界を常に賑わせておりますが、ワノ国編で再注目されましたね。

“ゴムゴムの実”に隠された秘密や能力の“覚醒”に関しての詳細。

そして、1つの身体に2つの能力の謎など、まだまだ分からない事だらけで、憶測が飛び交っている状態ですね!

早めの「Dr.ベガパンク」の登場に期待しておきましょう。

「革命軍」やバーソロミュー・くまの件で登場しそうな気もしますよね!

私は、それぞれの地域でそれぞれの伝承方法が伝わっていると考えましたが、皆さんはどうお考えになりますか?

ワンピースネタバレ考察
ワンピースネタバレ考察!全ストーリーあらすじと重要伏線、簡単まとめ解説!ワンピースネタバレ考察...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

error: このコンテンツのコピーは禁止されています