ワンピース

【ワンピース考察】黒ひげは悪魔の実の能力を既に3つ得ている!最初の能力は「ケルベロス」!

アース
アース
「黒ひげ海賊団」の三つ首ドクロ。気になりますね・・・。

ワンピースと言う物語で、もっとも重要な役割を担う人物の1人

「黒ひげ」マーシャル・D・ティーチ

彼は過去、「白ひげ海賊団」の影に隠れて、無名の海賊でした。

その海賊が、「白ひげ海賊団2番隊隊長」ポートガス・D・エースの収監と引き換えに「王下七武海」の椅子を獲得しました。

そして、頂上戦争での“グラグラの実の能力の獲得”と言う暴挙を経て今や「四皇」の1人に数えられています。

そんなティーチの謎の中で“1つの体に複数の悪魔の実の能力”と言う謎が気になっているものだと思います!

今回はそんな“1つの体に複数の悪魔の実の能力”の謎を徹底考察していこうと思います!

ワンピース考察|「黒ひげ海賊団」の海賊団が三つ首の意味

「黒ひげ海賊団」の海賊旗が「三つ首」なのはご存知だと思います。

シーンの1つ1つに意味を持たせているワンピースと言う作品。

その中でも“異質”と言う印象がある「黒ひげ海賊団」の“三つ首ドクロ”の意味を様々な情報から紐解いていきます!

「黒ひげ」の不思議

「黒ひげ」マーシャル・D・ティーチには様々な考察があります。

例えば、「三つ子説」「タコの魚人説」などが存在しますね。

「三つ子説」はこれまで謎だった“ドラム王国襲撃”の謎が説明できます。

また、「タコの魚人説」“タコ本来の生体から複数の悪魔の実の能力を得る事が可能”だと考察できますね。

ですが、今回は違う視点から考察していきます!



ワンピース考察|その1つに「ケルベロス」説がある

「三つ子説」「タコの魚人説」の他に「ケルベロス説」と言う考えがあります。

ワンピースではこれまで、「ケルベロス」と言う単語や存在が仄めかされているシーンが多数存在します。

例えば、「ウソップ海賊団が犬を追いかけているシーン」

「ケルベロスだ!追い払え!」

と言うセリフがあるようにワンピースには「ケルベロス」の伝説がある事が分かります。

また、スリラーバークで登場した「ケルベロスを模したゾンビ」

「ケルベロス」の伝説は“東の海”だけではなく、世界共通の伝説であるようですね。

そして、ワンピースには「ゾオン系”幻獣種”」と言う悪魔の実がありますよね。

マルコの「トリトリの実”幻獣種”モデル 不死鳥」

カタリーナ・デボンの「イヌイヌの実”幻獣種”モデル 九尾の狐」が有名です。

現実には存在しない、伝説の生き物」がモチーフとなっている“幻獣種”なので、「ケルベロス」があってもおかしくありません。

ティーチは実は「ケルベロス」の”幻獣種”の悪魔の実の能力者なのではないか。

と言う可能性について話していきます!

SBSで描かれた「黒ひげ」の幼少期

以前、単行本のSBSにて“王下七武海”の幼少期の姿が描かれました。

そこには、当時”王下七武海”の1人だったティーチも描かれたのです。

その姿は、「月が登る夜に膝を抱え、涙するティーチ」が描かれていました。

また、“バロナ島の決闘”時にエースが言っていた

「人の倍の人生」と言う言葉。

光月おでんの過去編でバギーとシャンクスが話していた

「眠った事がない」と言う話からティーチは“眠らない”と言う事が分かります。

描かれた幼少期では、涙を流している事から自身では望んでいない事の様に思います。

“眠らない”と言う部分で考えると、ケルベロスと重なりますね。

「ケルベロス」と言えば”冥府の番犬”

眠らず、冥府を守っているとされています。

自身でも予期せぬ内に「ケルベロス」の能力者になってしまったティーチには、“メリット”“デメリット”が現れます。

その“デメリット”の部分が、“眠れない”事で夜に1人になる事を決定付られたのではないでしょうか?

“メリット”は言わずもがな「複数の悪魔の実の能力を得られる」部分でしょうね!

1つ体に複数の悪魔の実の能力

ティーチは現在分かっている物だけで、「ヤミヤミの実」「グラグラの実」の能力を有しています。

この状態は通常では有り得ない状態であり、ティーチだからこそ為せる技です。

通常「悪魔の実は2つ食べる事が出来ない」と言われております。

なぜ、ティーチは「複数の悪魔の実の能力を得る事ができた」のでしょうか?

それは“悪魔の実の能力の伝達メカニズム”に関わってくるのだと考えられます。

未だに「悪魔の実は体のどこに宿るのか」は分かっていません。

“心臓”に宿ると考える説もありましたが、ブルックには現在その“心臓”はありません

では、どこに宿るのでしょう。

考えられるのは、“細胞”や”遺伝子”などの存在するもの“心”などの不確定な存在です。

ブルックにも骨や毛髪に“細胞”“遺伝子”は残っています。

また、一喜一憂している事から“心”の存在も確認できますよね!

そう考えると、「ケルベロス」の能力を最初に食べているとすると、

「ケルベロス」の能力の頭

「ヤミヤミ」の能力の頭

「グラグラ」の能力の頭

と、それぞれ“心”が違うので考え方が違う”細胞”や”遺伝子”もバラバラな首に宿っていると考えられます!

それが、先ほどお話した「ケルベロスの能力の”メリット”」に当たる部分だと思います。

シャンクスと左目の3本傷

 

「四皇」赤髪のシャンクスの左目の傷は過去にティーチに付けられた物だと分かっています。

ですが、光月おでんの過去編でも付けられた瞬間は描かれませんでした。

詳しく描かれていない事や「獣に引っ掻かれた様な傷」なので、更にティーチの「ケルベロス説」が濃厚になりましたよね!

同じく光月おでんの過去編でティーチが「鉤爪」を使って戦っていた事が判明しました。

なのでシャンクスの傷も鉤爪で付けられたのでは?と言う意見が多くなったのです。

ですか、シャンクスの左目の傷の形が刃物で切られたにしては少し歪な印象を受けます。

刃物で切られたなら、ゾロの左目の傷の様に綺麗な直線になるはずです。

この事から、まだまだ「ケルベロスの爪で付けた傷」と言う説は拭いきれませんね!



ワンピース考察|「黒ひげのケルベロスの能力」説まとめ!

今回は、「黒ひげ」マーシャル・D・ティーチが最初に口にした悪魔の実が

「イヌイヌの実”幻獣種”モデル ケルベロス」と言う可能性を考察していきました!

ティーチには不可解な行動が多く見られ、「ドラム王国を襲撃した理由」に関しても明らかになっていません。

ですが、今回は「海賊旗が三つ首」と言う点に観点を置いて考察してみました。

カタリーナ・デボンの「イヌイヌの実”幻獣種”モデル 九尾の狐」やマルコの「トリトリの実”幻獣種”モデル 不死鳥」の様な

“変身能力”“再生の炎”などの能力。

「ゾオン系”幻獣種”」には“特殊能力”が備わっている事が多いです。

でしたら、「イヌイヌの実”幻獣種”モデル ケルベロス」にも“特殊能力”が備わっている可能性は大いにありますよね!

その“特殊能力”というのが、「複数の悪魔の実の能力を得る」力なのではないでしょうか。

そう考えるとティーチがどんどん「最強」になっていきますよね・・・!

ワンピースネタバレ考察!全ストーリーあらすじと重要伏線、簡単まとめ解説!ワンピースネタバレ考察...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です