進撃の巨人

【進撃の巨人 ネタバレ】86話「あの日」あらすじ考察と感想!

「初登場の語句の意味」を追加しました!

21巻最終話となる86話の内容が、とうとう明らかになりました!

86話予想を大きく逸脱するその内容は、ことごとく読者を愕然とさせるのではないでしょうか?

「失われた世界の記憶」の全容が明らかに!!!

グリシャに妹が存在した!?

それでは、86話の内容を見て行きましょう!

進撃の巨人のアニメシーズン3はU-NEXTなどの動画配信サービスで公開されています。

\31日間無料で見放題/

U-NEXT【公式】

↑タップで公式サイトへ↑

U-NEXTの無料トライアルをすでに使ってしまった方はHuluの2週間無料キャンペーンかdアニメストアの1か月無料キャンペーンを使えばシーズン1?シーズン3までを無料で視聴できます。

Hulu公式dアニメストア

◆別マガ11月号!諫山先生の一問一答!

2016-10-07_032051

「別冊マガジン11月号」より

Q、キャラクターのデザインはどうやって考えていますか?
A、自分の脳だけで考えてしまわないように、画像などを見て考えます。

諫山先生は、非常に謙虚な方で、周りの意見を真剣に聞き取り入れる人だと何かで読んだことがあります。

この答えからも、そのような性格が窺えますね!

◆第86話「あの日」の感想!

2016-10-07_033414

「進撃の巨人」第86話「あの日」より

まず、驚きました!

「ここで、こう来るのか!」と誰もが思ったのではないでしょうか?

そして、次に「やられた~(・_・;)」という気持ちですね(笑)

諫山先生の、予想を斜め上に行く展開が、今回もオオアリでした!

タイトル「あの日」は、第2話「その日」を踏まえていますよね。

エレンにとって、その後の人生を決める壁ドンがあった「その日」に対し、グリシャのその後を決める妹の理不尽な死を経験した「あの日」…上手いですね!

ユミルの民がどう、フリッツ王家がどうなどは、ポイント考察で行うとして、やはり目を引いたのはジークの幼少期ですよね。

グリシャからエルディアの誇りを教えられ、敵国マーレの戦士にされるというのは、まさにライナー、ベルトルト、アニと同じ境遇ということになるのではないでしょうか?

ましてや、彼らよりもさらに幼くして…察するに余りあります…(・_・;)

両親を密告したジーク…この時の気持ちはどのような物だったのでしょうか?

今回は、グリシャの半生と失われた歴史が判明する、大きな謎の解明が行われた回となっていました!

しかし、そこで感じたのは「被害者としてのジーク」でしたね。

もちろん、妹を理不尽に殺されたグリシャの気持ちも分かりますが…まさに負のスパイラルでした。

いろいろな意味で、「たまらない」回となっていました!

◆86話伏線ポイント考察!

86話の伏線ポイントほど、絞り切るのが難しい回はありませんでした(笑)

このようになっております!

  • 判明したグリシャの謎と、残っている謎
  • ジ―クの素性が確定
  • ユミル・フリッツ
  • 九つの巨人と七つの巨人
  • 壁の場所パラディ島と楽園
  • 「二千年後」を匂わす1820年前
  • フクロウの正体
  • エルディア復権派メンバーの顔ぶれ
  • 壁のある島 パラディ島
  • 初登場の語句の意味

それではそれぞれ考察して行きましょう!

◆ポイントから伏線考察!

2016-10-07_032852

「進撃の巨人」第86話「あの日」より

まず、今回グリシャの半生が明らかになりましたね。

グリシャはマーレ帝国に支配されている世界でエルディア人として生まれ、差別されながら育ったようでした。

その差別から生まれた迫害から妹を亡くした経験があり、それがきっかけとなって「エルディア復権派」に入り、解放活動を行っていたようです。

しかし、息子ジ―クをマーレに入りこませた事が裏目に出て、マーレ治安当局に捕まり、グリシャは無知性巨人化されたようです。

グリシャイエガーの経歴プロフィールまとめ!にて考察していた「グリシャには無知性巨人時代がある」という考察は当たっていましたね!

しかし、「グリシャは巨人化注射開発に関わっている」という考察は外れたようです!(-_-;)

全体的には、予想が当たったほうかなと感じており、満足しています(笑)

今回最後にグリシャは無知性巨人にされ、「楽園」と呼ばれる「進撃の巨人」の世界、三重の壁があるパラディ島に流され終わっています。
2016-10-07_033457

「進撃の巨人」第86話「あの日」より

おそらく無知性巨人にされた後、何かが起き人間に戻り、71話「傍観者」でキースに出会ったという事になると思われます。

ここで、なぜグリシャが人間に戻れたのか?

これが残された謎ですよね。

そして、グリシャが無知性巨人化にされたのは、エレン達がいる時代から見て、どれくらいの時差があるのでしょうか?

まず、マーレ戦士募集の後、フクロウからの手紙が届いた場面で、巨人大戦が80年にあり、壁ができたと説明があります。
2016-10-12_051210

「進撃の巨人」第86話「あの日」より

エレン達がいる壁が出来たのが107年前なので、このとは27年の誤差があり、この時が27年前だと分かりますね。

そして、ジークを戦士に応募させると言っているので、この時ジークは5,6歳となります。

そして、その後数ヶ月か数年後(この時7歳位?)ジークから告発され、グリシャは壁外を彷徨う巨人となります。

グリシャが人間に戻り、壁内に入ったのが現在より20年前とキースが言っていたので、27年―20年となると、最大で7年くらい壁外を彷徨っていたと考えられます。

ジークが告発した時期が応募から2年以内とすれば、5~7年くらいでしょうか?

つまりグリシャが壁外を彷徨っていたのは、5~7年くらいというということになりますね!

そうなると、ジークは32歳から35歳くらいかなと思われます。

この考察は、微知性巨人さんのコメントから作成しました!

微知性巨人さん!

ありがとうございました!

本当に、大変助かりました(笑)

そして、ジ―クの出生が確定されました。
2016-10-07_033136

「進撃の巨人」第86話「あの日」より

ジークの父親がグリシャか発言から検証で考察していましたが、ギリギリ当たったかなという感じですね。

前回登場した写真からも、記事内でジ―クの父親はグリシャと書きましたが、「これは目の描き方からグリシャではないのでは」「この子供はジ―クではないのでは」との考察も見受けられました。

結果としては、Flügel der Freiheit兵長のコメントでの「自分の出身のことを述べている以上、写真の中にグリシャが映っているはずです。」という考察が当たっていましたね!

管理人アースもジ―ク&グリシャと考えていましたが、確定して良かったです!

さらに、ジ―クの母がフリッツ王家の末裔であることが判明しました。
2016-10-07_033004

「進撃の巨人」第86話「あの日」より

確定して良いと思うのですが、フリッツ王家=レイス家と考えられます。

ということは、ジ―クはエレンの異母兄弟であり、ヒストリアとは遠いですが、血縁関係があるという事になりますね!

これは、大きな伏線になるのではと思われます!

そして、フリッツ王家という言葉とともに、「ユミル・フリッツ」という人物が登場しました。
2016-10-07_032549

「進撃の巨人」第86話「あの日」より

現在存在している巨人化能力の元は、全て1820年前にユミル・フリッツが「大地の悪魔」と契約して手に入れたとされ、それをユミル・フリッツが死後、「九つの巨人の力」に分けたと説明されています。

まず、考えるべきはユミル・フリッツ=ユミルかどうかですね。

これと、「九つの巨人」とその後に登場した「七つの巨人」については、別記事にて考察したいと思います。

そして、今回「壁の場所」が島内に存在することが分かりましたね!
2016-10-07_032624

「進撃の巨人」第86話「あの日」より

これですと海に囲まれており、アルミンは近々海が見られそうな感じです(笑)

そして、この地図からすると、赤丸で囲ってある、グリシャとジ―クの出身地である「マーレ帝国」もそれほど遠くないように見えます。

ここがマーレ帝国であることは、逆さまにするとカタカナで「マーレ」と読めるので間違いないかなと思われます。

そして、おそらくはこの「マーレ帝国」がライナー、ベルトルトの言う「故郷」かなと感じました。

これまで、「グリシャ&ジ―クの出身地とライベルの故郷は違う」と考えて来ましたが、これは、「九つの巨人、七つの巨人」の考察時に考えたいと思います。

そして今回「1820年前」という言葉が登場し、「二千年以上続くフリッツ王家」に続く「二千年後の君へ」の二千年後に近い数字が登場しました。

この1820年前は、シガンシナ区の壁ドンから考えると、二千年前になると思われます。

ということは、この時のユミル・フリッツの「大地の悪魔の契約」が、何か第1話タイトルと関係があるのでしょうか?

これは気になりますね!

これ以上は、もう少し情報が無いと考察出来ませんが…

まさか二千年後の「君」とはユミルなのか…(-_-;)

今回エルディア復権派に協力していた「フクロウ」はクルーガーではないかと思ったのですが、どうでしょうか?

全くの想像ですが、そんな気がしたので、最後に書いておきます!

ちなみに、りゔたんさんも「フクロウはクルーガーでは?」とメッセージをくれました。

当たってそうな気がします(笑)

そして、今回登場したエルディア派復権派ですが、そのメンバーの顔ぶれが「トロスト区襲撃時の巨人」と同じではないかと、生き残れなかった兵士さん、ベルトルト大好きさん他、多くの方からコメントをいただきました!
2016-10-07_032852

「進撃の巨人」第86話「あの日」より

その中でもベルトルト大好きさんからは、具体的にご指摘いただきました。

まず、グリシャの右にいるこの男の人は、ミーナ・イーター
2016-10-08_060740-horz

「進撃の巨人」第86話、第4話より

その後ろにいる人が、エレンを丸呑みにした巨人
2016-10-08_060918-horz

「進撃の巨人」第86話、第4話より

で、グリシャの左側にいる、グリシャを誘った患者の男は、ミカサに倒された奇行種で
2016-10-08_061411-horz

「進撃の巨人」第86話、第5話より

その左にいるのが、トーマス・イーターで
2016-10-08_060555-horz

「進撃の巨人」第86話、第4話より

その後ろにいる男が、エレンの右足を齧った巨人ではないかとコメントいただきました!
2016-10-08_061316-horz

「進撃の巨人」第86話、第4話より

スゴイですね!

本当にその通りだと感じました!

ベルトルト大好きさん!

ありがとうございました!

ちなみに、グリシャを復権派に誘った男性は、イルゼ・イーターではというコメントをサンディさんを初め、いくつかいただきました!
2016-10-11_201430-horz

「進撃の巨人」第86話、特別編「イルゼの手帳」より

たしかに似ています!

この男性は、イルゼ・イーターかもですね!

そして、今回最後にジークの密告により、エルディア復権派メンバーは「楽園」送りとなったとなりました。

つまり、無知性巨人になり、壁外へ放逐されたということになります。

そして、そこから約22年程度壁外を彷徨い、シガンシナ区に入り、さらに5年経ちトロスト区に入ったのだと考えられますね。

第4話でのトロスト区襲撃に登場した巨人と、エルディア復権派メンバーの顔ぶれが同じなのは、次回に描かれるであろう復権派メンバー全員の「楽園送り」の伏線と言えますね!

非常に上手い仕掛けだと感じられました!

そして最後の考察となりますが、「進撃の巨人」の舞台となっている壁が、パラディ島という島に存在することが判明しました。

このパラディ島ですが、アフリカ大陸にあるマダガスカルがモデルではないかと、進撃の一般市民さんを始め、いくつかコメントをいただきました。

その中で、りゔたんさんからは画像付きでご指摘頂きました。
2016-10-08_130842-horz

このようになっています。

そっくりですよね?

間違いなくマダガスカルがパラディ島の舞台でしょう!

しかし、壁の中では雪が降ったりする場面がありましたが、マダガスカルで雪は降りません。

この辺りは実際のマダガスカルとは違うから…ということでしょうか?

それとも、「西から昇る太陽」が関係するのか…

この辺りは、まだちょっと分かりませんね!

ちなみに、「パラディ=パラダイスの古代ペルシャ語の語源は『壁に囲まれた』『壁を巡らせた』とする説が存在するようです。」と生き残れなかった兵士さんからコメントでいただきました。

パラディにはパラダイスの「楽園」だけではなく、「壁」という意味も含まれていそうですね!

進撃の一般市民さん、りゔたんさん、生き残れなかった兵士さん!

ありがとうございました!

そして、「パラディ島」も含め、今回は初登場の語句が数多く登場しました!

ここで、その語句を紹介し、意味をまとめてみました!

フェイ

2016-10-07_032229

「進撃の巨人」86話「あの日」より

グリシャの妹です。

名前のフェイ(菲、飛)、黒髪からグリシャの両親に東洋の一族の流れを感じさせます。

ただ、名前としては、「Fey,fay,Fayeなどのスペルで英語やフランス語で女性の名前として普通にあるようです。」とイザベルさんからのコメントで明らかになっています。

イザベルさん、ありがとうございます!

なお、ソフィさんからは「ドイツ語で妖精という意味があるようです。Feeという綴りです。」とコメントを頂いていおります。

ソフィさん!ありがとうございます!

ダイナ・フリッツ

2016-10-07_033004

「進撃の巨人」86話「あの日」より

マーレに残った王家の末裔です。

ヒストリアとは遠いですが、血縁関係があると思われます。

エルディア復権派に所属し、グリシャと結婚し、ジークを産んでいます。

フクロウ

マーレ政府に入り込み、エルディア復権派に情報を流している内通者とされますが、誰も顔を見ておらず、正体不明となっています。

復権派を思い通りに操っている可能性もある人物です。

現在、フクロウ=クルーガー説、フクロウ知性巨人説を良く見かけます。

クルーガー

2016-10-10_042249

「進撃の巨人」86話「あの日」より

マーレ治安当局員で、幼いグリシャが無許可で市内に入った際に制裁を加えた人物です。

しかし、妹が死亡した事を同僚が嘘の供述をしている際に、グリシャを見つめる表情から、「もしかしたら良い奴なのかも」感を感
じさせられ、名前も登場していることからフクロウ正体説が登場しています。

マーレ

古代より存在する大国で、巨人を手に入れたエルディアに一時期滅ぼされ、1700年間エルディアに支配されています。

その後、エルディアの9つの巨人の力のうち7つを手駒とし、80年前の「巨人戦争」に勝ち、現在はエルディアを支配しています。

ただ、あくまでマーレ側から見た歴史であり、改ざんされている可能性があります。

語源はイタリア語mare「海」と思われます。

エルディア

ユミル・フリッツが手に入れた巨人の力を、死後九つに分けて築かれた帝国です。

マーレを滅ぼし大陸の支配者となりますが、マーレに滅ぼされ、現在はマーレに支配されています。

エレン達の壁の中のほとんどが、マーレに滅ぼされる際に壁の中に逃げ込んだエルディア人と思われます。

スペイン語の「el dia」(男性名詞定冠詞+「日」)で「その日」「あの日」と言う意味と、フランス語のerdier→同じ意味の英語のgreenyから「間抜け、だまされやすい人」という意味では、という説があります。

ユミル・フリッツ

2016-10-07_032549

「進撃の巨人」86話「あの日」より

現在の知性巨人の元となる、「9つの巨人」を生んだ人物です。

104期生のユミルと同一人物なのかは、現在不明です。

エルディア人の祖先であり、そのためエルディア人は「ユミルの民」とも呼ばれています。

楽園

エレン達がいる壁の世界が存在するパラディ島を指します。

エルディア復権派のようなマーレでクーデターを起こそうとする人物が無知性巨人化され、このパラディ島に送り込まれる事を「楽園送り」と呼ばれています。

つまり、壁外で彷徨う巨人は、全てマーレでクーデターを起こそうとしたエルディア人である可能性が高いと思われます。

パラディ島

2016-10-07_033318

「進撃の巨人」86話「あの日」より

エレンたちがいる壁の世界がある島です。

現在マダガスカル説、スリランカ説、レス島説が存在します。

語源はパラダイスの元である古代ペルシャ語の「壁に囲まれた」からだと思われます。

大地の悪魔

2016-10-07_032549

「進撃の巨人」86話「あの日」より

エルディア人の祖先ユミル・フリッツに巨人の力を与えた存在です。

正体は全くの不明です。

7つの巨人

エルディア人の始祖ユミルが生んだ「9つの巨人」内の「7つ」を指します。

9つの巨人はエルディア帝国を築いたのですが、その内7つの巨人はマーレに寝返り、マーレ側に付きます。

その理由は不明です。

9つの巨人は現在

エレン
アルミン
ライナー
アニ
ジーク
ユミル
四足歩行型(ユミルを捕食していなければ)
レイス(グリシャに捕食され、現在はエレンが保有)

と、8体まで分かっています。

残り一体は不明であり、もし四足歩行型がユミルを捕食して巨人化したのであれば、2体不明ということになります。

いろいろ考察しましたが、今回はかなりの予想外の展開であり、かなりの謎の解明がされました!

まだまだ考察すべき事柄がありそうな気もしますが、別記事にて考察しますね!

◆第86話の展開予想を自己検証!

2016-07-08_035101

「進撃の巨人」第83話「大鉈」より

84話「白夜」最新のあらすじの最後「シガンシナ区決戦編残りの展開を予想!」にて予想していますが、「85話で地下室到着と中身の判明、86話で壁内に撤退、エピソード」「85話~88話で終わる」という展開を予想していました。

実際85話にて地下室到着、中身判明という展開が起き、100点満点予想となっていました(笑)

ということは、86話では「その後のエピローグ」が描かれるではと考えられます。

そして、「シガンシナ区決戦編」は86話で終わり、次章へと繋がっていくと予想できます。

つまり、第86話では、「シガンシナ区決戦編エピローグと、次章への展開」が起きると予想します!

具体的に見て行きましょう!

予想ここまで!!

■検証結果その1
次章へと繋がる回という予想は当たっていますよね!

具体的な予想の方は、どうでしょうか?

◆第86話の展開予想!

2016-09-08_044909

「進撃の巨人」第85話「地下室」より

壁内に戻ったハンジ、リヴァイ、エレン達はザックレー総統、ピクシス司令、ナイル・ドーク師団長、ヒストリア女王と面会し、ウォール・マリア奪還の成功と、エルヴィン団長死亡をはじめとする、シガンシナ区決戦の経過説明を報告すると思われます。

ここでのシーンは、85話最後のエレンのナレーションと繋がっているのではと予想します。

そこでマリア奪還と並ぶ戦果のひとつである、「グリシャ・ノート」が公開されます。
2016-09-08_045008

「進撃の巨人」第85話「地下室」より

その内容には、巨人誕生と世界の秘密、故郷と戦士たち等について書かれていると思われます。

そこから、壁内人類が攻撃される理由、エレンが持っている座標を奪おうとする理由も明らかになります!

「グリシャ・ノート」については、新調査兵団団長となるハンジが保管することになり、情報を共有した時点で報告は終わりになります。

解散した直後、ハンジはヒストリア女王を呼び止めます。

ハンジとヒストリアは別室に移り、他の104期生も共に移動します。

そこで、ヒストリア女王は、女王としてではなく、同期としてエレンたちに声をかけます。

「よかった…みんな」「最悪なことにならなくて 本当に良かった」と、エルヴィン、マルロファンから総スカンをくらうような発言があるのではないかと予想します(笑)
2016-09-08_155753

「進撃の巨人」第24話「巨大樹の森」より

その部屋にて、ハンジはヒストリアに、ユミルの手紙を渡します。

その手紙の内容も明らかになり、それについては83話ネタバレ考察!ユミルの手紙を考察!にも書きましたが、グリシャ・ノートの裏付ける事柄と、「ユミルのせー」の謎の回収と、ヒストリアを励ます内容となっていると思われます。

ただ、第50話でユミルは「座標」について知識があるように感じられました。

つまり、「レイス家の巨人の力」について、知識があるということになります。

そこから手紙には、ヒストリアには人に触れると記憶を呼び覚ます力があると書かれており、ハンジはヒストリアにアルミンに触れ、ベルトルトの記憶を呼び起こそうと提案するのではないかと予想します!

その提案を受け入れ、覚悟を決めたヒストリアとアルミンの表情が描写され、終わります。

このように、86話を予想します!

今回の予想は、かなり難しいですね(・_・;)

予想ここまで!!

■検証結果その2
全く外れましたね!(・_・;)

今回の展開予想は、当てられなくてもしょうがないでしょう!(苦笑)

◆なぜアルミンがベルトルトを捕食する展開が起きたのかを検証!

2016-08-08_040514

「進撃の巨人」第84話「白夜」より

85話でキリが付いた気配を感じるシガンシナ区決戦編ですが、いろいろな展開がありました。

エルヴィン、マルロの死亡やジ―ク戦士長のエレン兄弟説浮上…

その中でも、アルミンによるベルトルト捕食という展開には、本当に驚きました!

「まさか、アルミンが巨人化能力者になるとは…」

そう思った方も多いのではないでしょうか?

管理人アースも、その一人です。

なぜ、アルミンが巨人化能力者にならなければいけなかったのか?

その理由が、あるはずです。

そこで管理人アースは、アルミンが巨人化能力者にならなければいけなかった訳ではなく、ベルトルトを捕食しなければいけない理由があったのではないのかと、考えました。

それは、ベルトルトの「悪魔の末裔発言」です。

管理人アースは、ジ―ク戦士長の出身と、ライベルの故郷は別の場所だと考えています。

となると、85話にて登場した、グリシャ・ノートやユミルの手紙には、ライベルの故郷の歴史が書かれていないのではないかと思ったのです。

では、ライベルの故郷に関する「悪魔の末裔」の回収は、どのようにされるのか?

ライベルが、自ら語る展開と言うのも難しそうです。

そこで、ベルトルトが捕食され、その記憶を継承された者に語らせるという展開があるのでは?と考えました。

つまり、アルミンはベルトルトの「悪魔の末裔発言」の回収のために巨人化能力者のなったと考えられます!

そのため、次回以降にアルミンがベルトルトの記憶を思い出す展開があるのではと予想し、今回の86話展開予想となりました!

一部である、エレンのフリーダの記憶、グリシャの記憶のフラッシュバックは、「座標」という受け皿があって起きる現象である、という考察を棚に上げての予想ですが、このような展開も面白いのではと思い予想しました!

このような理由で、第86話にはアルミンの「ビリ!」が来ると予想します!

かすってくれたら、嬉しいです\(^o^)/

■検証結果その3
アルミンのビリ!っという展開はありませんでしたね!

今回の予想は、「次章への繋がりを表す回」という予想だけが当たり、10点というところでしょうか?

87話の予想も、かなり難しくなりそうですよね(・_・;)

しかし何とか、かすりたいです!!

※コメントには全て返信することが難しくなってしまいました><
アースからの返信を待っていた方申し訳ございません。コメントには全て目を通してますので、何かしらの形で反映したいと思います。

【注目!】
87話最新画バレ「境界線」あらすじ考察と感想!

シガンシナ区決戦編名場面&伏線まとめ!
86話ネタバレ考察!ユミルがユミル・フリッツなのか検証!
86話ネタバレ考察!パラディ島のモデルから文字を検証!
別ナマにてジ―ク戦士長が28歳と判明か!?
フクロウの正体はクルーガーかアニ父親の真相
86話ネタバレ考察!「9つの巨人」と「7つの巨人」の正体を検証!
86話ネタバレ考察!巨人化がエルディア人のみなのか検証!
86話ネタバレ考察!人種から巨人の耳の伏線を検証!
86話ネタバレ考察!グリシャの巨人時期から「二千年後の君」を検証!
85話最新画バレ「地下室」考察あらすじ感想!
21巻最新刊あらすじ感想と考察まとめ!
アニメ2期放送日が2017年4月1日又は4月8日放送か検証!

POSTED COMMENT

  1. 巨猫 より:

    即出かもしれませんが、グリシャ達が門の外を走っている中に黒服サングラスがいてグリシャ達を監視しているのを見つけました。
    グリシャは子供の頃から既に黒服たちに
    監視されていたのでしょうか?

    • 管理人アース より:

      それは無いと思いますが…
      グリシャとフェイが歩いている場面ですかね?
      「ブロロロロ」という擬音がコマですか?

      管理人アース

  2. ゲレゲレ より:

    同胞の証の十字の切り傷って何の意味があるのか考えていたが立体起動装置のアンカー跡しか思いつかなかった。

    • 管理人アース より:

      これ、始祖の巨人の手から出ている光?に似ていますよね。
      もしくはエルディア人の腕章のマークとか。

      管理人アース

  3. より:

    初めましてですがコメント失礼します。

    もしパラディ島のモデルが本当にマダガスカルだとしたらなんですが。。

    マダガスカルは南半球にあるので、太陽の動きが(実際には東→西に動いているのが)反対に見えるのでは?
    もしそうであれば、太陽が西から東に沈むような描写も納得がいくのかなと思いました。

  4. ミカサン より:

    初めまして、いつも考察わくわくしながら拝見しております。
    ずいぶん前の記事にコメントさせていただきますが、ずっと引っかかっている事があります。

    グリシャが歴史資料の事で「いいやまだ殆ど解読できてないんだ」と言ってます。グライスになぜ真実がわかったのかと問われ「?そんな事すぐわかるだろ?」と答えます。

    これって、ひょっとして物凄い勘違いしてる可能性はないですか?

    単にこれがクルーガーの言う、マーレとエルディアで語られてる歴史の極端な差異を示しているという事ってだけかもしれませんが、いつか本編で”真実”が明かされる日が楽しみです。あの歴史資料には一体なんて書いてあったのか…これから先も目が離せませんね!

    今後もアースさんの考察を楽しみにしています!

    • 管理人アース より:

      この可能性は十分ありますね。
      クルーガーが言っていた「1700年の人類浄化が本当ならマーレ人の髪の毛一本残っていない」「始祖ユミルがもたらした物が富だけだとしたら、俺が知る人間とはだいぶかけ離れている」みたいなセリフに繋がってる場面ですよね。

      またよろしくです!

      管理人アース

  5. さえこ より:

    はじめまして。いつも楽しく読まさせていただいています。今更なお話ですが気になりましたので初書き込みいたします。

    マーレですが、イタリア語でMareでは「海」ですが、Maleですと「悪い、災い、苦痛」といった意味になります。Maledire「呪う、恨む」Maledettismo「反体制の態度」Maleficio「魔術、妖術」といった負のイメージになります。

    わざわざ自国の名前にそのような意味の名前をつけるとも思えませんが…。

    これからも楽しみに読ませていただきます。
    がんばってください。

    • 管理人アース より:

      >Maleですと「悪い、災い、苦痛」といった意味に
      これ、スゴイですね!
      諫山先生はダブル・ミーニングを良くされるので、これをかけて「マーレ」にしたかもですね!
      面白い考察、ありがとうございます!

      またよろしくです!

      管理人アース

  6. あしゅけ より:

    マーレの戦士募集の要項で、五歳から七歳の健康な男子と女子とありましたが、この募集時から七年前に、マーレの持つ七つの巨人能力者のうちの一人が行方をくらましたのではないかと考えてみました。
    例えば巨人能力者が継承せずに不慮の事故などで死んだのだとしたら、赤子出現の時期も見当がついて、「集え、〇歳の健康な男子、女子」となるのでしょう。
    しかし行方不明になって生死の判断が出来ないものの、ユミルの呪いで寿命13年は確実ですから、継承して11年で消息不明になり、二年後には多分死んだだろうということで、二歳の幅を持たせて募集をかけ、赤子継承している子を探し出そうとしたのでは?という仮説です。
    結局マーレ帝国の収容所内では見つからず、壁内の赤子に継承されているのかも知れません。

    • 管理人アース より:

      あしゅけさん!

      コメントありがとうございます!

      >壁内の赤子に継承されているのかも知れません。
      おお、最後の一体が存在し、その予想ですね!
      たしかに、あの戦士募集には、何か意味がありそうですよね。
      ただ継承するだけなのであれば、それまでにも行っていたはずです。
      しかし、あの募集は初めての感じだったので、何か別の意味がありそうですよね!

      またよろしくです!

      管理人アース

  7. UKnight より:

    蛇足で
    それぞれの巨人の種類別特殊能力ですが

    座標=王家の血と合わせ記憶改竄、全巨人操り
    完全に王家の血と能力が一緒になってしまうと(フリーダ、ウーリ)始祖王の思想で攻撃面には使えなくなる

    超大型=皮膚なし、大きい、熱波

    鎧=鎧標準装備、硬質化、神経に脳機能(意識)移動⇐これは他巨人の能力、あるいは全巨人が可能なのかも

    女型=皮膚なし、叫びの力(無知性巨人操り)

    獣=テナガザルorオランウータンのような見た目、呼び覚ましの力(エルディア人の無知性巨人化)

    ユミル=不明、ライベル達と共にいたマルセルからのものなので何かしらあるのは確か

    超々大型=超大型の能力の規模拡大版、デメリットとして奇行化か?(これには諸要因あり)
    超大型の亜種として片付けることもできそうだ

    クルーガー=進撃の巨人、不明

    四足歩行型=不明、ただの四つん這いの可能性

    89話まで見ての個人的なまとめです
    ここにまとめて載せることをお許しください。

  8. UKnight より:

    付け忘れました

    「獣の巨人」を紹介で省いたところと

    もう一つ、「超々大型」は壁内で出たので、これがもう一つの巨人の可能性もありますが
    鎧の巨人(ヨロイ・ブラウン)が同じく壁内で見つかったことから

    壁外の7つの巨人は何らかの取引で壁内に持ち寄られてる様子であり
    もともとは超々大型は壁外の7つに含まれる
    もしくは奇行種の可能性もあることから、この壁内2つの巨人からは除外されるとの見方です。

    「無知性」とその亜種である「奇行種」を除いてもこれで10種類となりますが、素直に自論の「時空」を除けばいいのかもしれません。

    上に書いた出てきた巨人のどれが9つの内訳になるのか、まだまだわからないところが多いです。

  9. UKnight より:

    皆さんのコメントは読んでませんので重複すると思いますが、

    9つ(9種類)ある巨人、出てきているものを洗いざらい出すと
    「座標」「超大型」「鎧」「女型(=叫び)」
    大地の悪魔に似たユミルのもとに渡った「元マルセル・ユミル」
    ロッド・レイスが成った、奇行種の状態でもあった「超々大型」
    四つん這いになっているだけにも見える「四足歩行型」
    クルーガーが成った「通常種?」
    含まれるかわからない「無知性」分けるべきか「奇行種」とが出てきています

    私はこれと「時間(空間?)巨人」という、エレンがトリガーとなる「ミカサ=巨人説」がまだ隠されていると思います。基本は”ミカサ=ループ説”を基礎としています。

    壁外はわかりませんが、壁内に残された2つはおそらく「座標」とこの「時空」だろうと思います。

    獣の巨人が”硬質化”や”叫び”、座標のエレンが”硬質化”を使えることから、9種類の巨人の能力は、おそらく始祖ユミルがそうであったように重複できるようです。

    私の予想だと、これでエレン・ミカサ・アルミンはそれぞれ3つ(重複除く)の巨人になれることになりますが

    今回出てきた描写「壁に潜む巨人が大地を平らにならすだろう」で超大型が出ている描写から

    最終面で3つの壁の中の超大型巨人達を、座標のエレンが王家の血筋であるクリスタと共同で指揮し、アルミンがその先導を担う展開が来るとまで予想しました。

    説明も少なく時期もずれており、飛躍した考えではありますが
    2月14日、私の妄想を載せておきます。

    • 管理人アース より:

      UKnightさん!

      コメントありがとうございます!

      9つの巨人は知性巨人を表していると思うので、無知性巨人、奇行種、ロッドレイス巨人は含まないと思いますよ。
      またよろしくです!

      管理人アース

  10. 第一話のブラウン より:

    はじめまして 初コメです。
    今回は長い進撃の巨人の歴史の中でも特にインパクトの強い回でしたね。
    で、自分が気になったのはユミルの所在なのですが、彼女を食ったのはジークなのではないでしょうか?というのも、シガンシナの戦いの前後で獣の爪の色が違うんですよね。初登場時は無色だったのが岩を投げる時には黒に染まっています。そしてこれはユミル巨人の特徴と一致します。まあ根拠としてはそれだけなんですが。マーレ側としても初代フリッツかその子孫の力は一戦士より戦士長が保持する方が都合がいいのかも。おそらくマルセルの能力しか入ってなさそうですが。
    後はフリッツ家とレイス家の関係ですね。壁内に入った時にレイスと名を変え偽物のフリッツを王としたのか始祖の巨人ごと政権を譲ったのか。これも管理者さんの考えの方が有力ですかね。以上、長文失礼しました。

    • 管理人アース より:

      第一話のブラウンさん!

      コメントありがとうございます!

      >彼女を食ったのはジークなのではないでしょうか?
      この考察は、どこかの記事にてしましたが、十分あり得る展開だと考えています。
      が、これは予想でも考察でもないのですが、「希望」としてユミル再登場を管理人アースは掲げています(笑)

      >フリッツ家とレイス家の関係ですね
      これ、管理人アースも現在最も気になっているところです。

      またよろしくです!

      管理人アース

  11. おちゃ より:

    アースさんこんにちは!

    86話を読み返して、ふと疑問に思うことがありました!

    壁内にこもった王が残したというこの言葉、「今後我々に干渉するなら、壁に潜む幾千万の巨人が地上のすべてを平らにならすだろう」

    この言葉はきっとライナー達も知ってますよね。

    なのに何故、845年のシガンシナ区を派手に攻撃したのでしょう?干渉しているとみなされ、壁の巨人達発動になっても構わなかったのでしょうか?

    壁内に入るには、やはりああいう方法(超大型で扉部分を蹴り穴を開ける)をとるしかなかったのでしょうか?

    それとも、あの時点で、王は壁巨人達を動かす力を失っている、若しくは動かせない理由があることを知っていたのでしょうか。

    または、何かトラブルがあり、本当は違う方法で壁内に侵入する筈だったが、変更せざるを得ないなにかが起こったのか、、、?

    とすると、考えられるのはユミルによるマルセル捕食です。

    マルセル巨人はユミル巨人から想像するに、
    硬質化能力
    動きが敏捷
    小型(これはユミル巨人のみの特性かも知れませんが)
    の特徴があると考えられます。

    警備の手薄な夜間にマルセル巨人にライベルが乗り、爪硬質化を使って壁を登り、こっそり侵入するつもりだったのでしょうか。。。

    マルセル捕食後に人間に戻ったユミルの事を考えると、(壁の外で捕食した場合、ユミルが人間に戻った後壁内に入るのは大変かなと思いました)マルセルが捕食されたのは、シガンシナ区か、ウォールマリア内かなと思っていましたが、86話で、もしかしたら壁内に入る前に捕食された可能性もあるのかなぁと思いました。

    しかし、マルセルはなぜ捕食されてしまったのでしょうか?巨人になって戦うことは出来なかったのでしょうか。巨人化直後で巨人になれないのだったなら、顔にあの模様があるはずですし、、、突然の事で、どうすることも出来なかったんですかね、、、。

    と、考えれば考えるほど次々と新たな疑問がでてきてしまい、最初の疑問点からずれてしまいました、、、
    ( ^ ^ 😉

    この後の話の中で、ライナー達の最初の計画がどうだったのか、アニはどの辺りから参加していたのかが明らかになれば良いなと思いました!

  12. より:

    グライス、イルゼを食べた巨人に似てる気がします。
    診察を受けてるとこの顔が、イルゼに責められてるときの顔に似てる気が……。

  13. かいね より:

    マダガスカル島はインド洋の「楽園」と呼ばれているようです。

    また、地球の地図を「反転」すると一致する→だから太陽は西から昇る のではないでしょうか?

    • 管理人アース より:

      かいねさん!

      コメントありがとうございます!

      >インド洋の「楽園」と
      おお、素晴らしい情報ですね!
      ありがとうございます!

      >だから太陽は西から昇る
      そうなのかもですね…
      いえ、あまりにも単純すぎて…(・_・;)
      地球が反転しているのに、太陽はそのままなのかなとか…
      「なぜ世界が反転しているのか」という理由は登場しないのかなとか(笑)

      またよろしくです!

      管理人アース

  14. ベアー より:

    初投稿させていただきます!

    だいぶ歴史が明らかになってきていますね!

    別マガ11月号で145代目の王がパラディ島に移り住んだことに対し「争いから目を背け、役目を放棄した」とダイナが言っていますが、
    私は王がパラディ島に移り住んだ理由がずっと気になっていました。
    その後に単行本表紙の裏に書かれている文字の存在を知りました。

    そこに書かれているのがその理由なんだろうと思います。

    そう理解したらウーリーが死ぬ前にケニーに語った「楽園を築けなかった」という言葉にも納得ができました。

    なんかいろいろ繋がってきて練山先生マジでスゲー!

    • 管理人アース より:

      ベアーさん!

      コメントありがとうございます!

      >単行本表紙の裏に書かれている文字の存在を知りました。
      ありますね!
      1巻から存在するので、最初から決めていたのは間違いないでしょう!

      >「楽園を築けなかった」
      とくに、ケニーの祖先であるアッカーマンには意見の違いから、ひどい迫害を行っていたようなので、さらに納得できますよね!
      諫山先生の伏線回収が、本当にスゴイですよ!

      またよろしくです!

      管理人アース

  15. 馬面 より:

    以前エレンは半裸のまま巨人化したことありますが、今思えばジークとの関わりを示唆する伏線でもあったんでしょうか? ジークも何故か巨人化するときは半裸野郎ですから。

    それとエレンとリヴァイが二人で共闘するとこってまだ描かれていませんが、実現するとしたら、ジークと再会したときでしょうか?

    • 管理人アース より:

      馬面さん!

      コメントありがとうございます!

      >エレンとリヴァイが二人で共闘するとこって
      そう言えばそうですね。
      これはミカサと共闘することが多かったためと、リヴァイが戦った場合、彼だけで最強だからでしょう。
      ジーク再戦で、この二人が共闘するとなったら、最高ですよね!(^^)
      見てみたいです!

      管理人アース

  16. 稀な人 より:

    大地の悪魔の描写ですが、クリスタが子供のころフリーダと呼んでいた絵と構図が似ていませんか?

    悪魔の部分が魔女のような絵で、フリーダはこの絵の女の子のようにやさしくetcいってます。今後関連が出てくるのかも。

  17. さとう より:

    一話の冒頭では誰の記憶を見ていたんでしょうか
    まだグリシャを喰う前ですよね。

  18. マルロとヒッチの息子 より:

    連投すいません
    87話の予想です

    楽園送りのシーンが出てくると思います
    拘束されたグリシャたちに銃を向けながら注射を打って楽園へ流す
    だと思います!
    参考程度に!

  19. マルロとヒッチの息子 より:

    無駄話になりますが聞いてください

    グリシャ先生は調査兵団食べて知性を手に入れたんですよね
    抵抗出来なかったのかな…

    でも一体、誰が知性巨人の能力を持っていたのだろう

    知性を持つ巨人がいる
    更に、人間に戻ったり巨人になったりできる能力を持つ者が存在することが明らかになったのはエレンがきっかけ

    エレンが生まれる前に、既に壁内に知性巨人がいたのに、誰にも気付かれることはなかった
    →その人は自分の能力に気付いてない

    だから何?という話でしたが、読んでいただきありがとうございます

  20. ギラ より:

    アースさん
    お久しぶりです!

    86話が公開されてから約1ヶ月が過ぎました。
    あまりに大きな新展開だけに、これまでコメント出来ずにいました。

    一つだけ言える事は、進撃の巨人は、海外ドラマ風に言えば、セカンドシーズンに突入したなという事です。

    85話で地下室にたどり着くまでが、ファーストシーズンで、86話からが新しいセカンドシーズンです。

    なので、今は全くこれからの事は予想する事は出来ないです。

    ワクワクしながら、楽しみに展開を見守りたい気持ちです。

    来年もドキドキハラハラさせてくれそうな諫山先生に感謝ですね。

    • 管理人アース より:

      ギラさん!

      コメントありがとうございます!

      >セカンドシーズンに突入したなという事です。
      そうですね~。
      これまでは、伏線を貼ること、謎を提示する事がメインでしたが、これからは回収がメインというようになったのかなと感じです。
      広げていた風呂敷を畳みだしたような…
      87話が楽しみですね!

      またよろしくです!

      管理人アース

  21. 1m級の獣の巨人 より:

    ずっと気になっていた事なんですが54話のフリーダとヒストリアが読んでいた本がヒストリアが記憶を消される前は絵があったのに消された後は文字だけになってるんです。
    これはどうゆう事でしょうか。

    • 管理人アース より:

      1m級の獣の巨人さん!

      コメントありがとうございます!

      たしかにそうですね。
      これは、たまたまなのかもしれませんが、11月4日のスマパス・ショートストーリーに出てきました。
      文字だけになっていたという話ではありませんが、具体的な文字も登場したので、今度記事にして公開しようと思っています。

      考えられるのは、「たまたま捲れて見えたページが字だけだった」くらいでしょうか?
      ただ、管理人アースは、この絵本は王政によって内容を改ざんされており、大地の悪魔と契約したユミル・フリッツの話の内容とは変わっているのかもと思っています。

      またよろしくです!

      管理人アース

  22. tomo より:

    こんばんは、9つ目の巨人の謎推測です。既出だったらごめんなさい。
    9つ目はアッカーマン家ではないでしょうか。
    リヴァイやミカサが超人的な力を持つのも、巨人の力を人間のまま発揮出来ているのかも知れません。
    ミカサの頭痛は巨人の力がひとつだった頃の名残でエレンが近くにいることにより力同士が共鳴していのではないでしょうか。
    きっと大昔の話でミカサの両親も知らない話かも知れません。
    リヴァイに頭痛がないのはミカサの方に巨人の力が色濃く出ているからだと思います。
    始祖の巨人の影響(記憶の改ざん)を受けないのも、元々はひとつの巨人だったからかも知れません。

  23. エレン可愛い より:

    既出だとは思いますが、ダイナが巨人化しているとしたら、座標が発動したしっかけはエレンがダイナと接触したことなのでしょうか。ヒストリアとエレンが揃えば最強!!!(・∀・)人(・∀・)

    • Flügel der Freiheit(管理人代理) より:

      エレン可愛いさん、コメントありがとうございます(^^)

      ヒストリアはレイス家出身ですが、レイス家がエルディア人であるかマーレ人であるかは、現段階では釈然としないと私は感じています。このことは、かなり重要なポイントだと思います。

  24. 恥性巨珍 より:

    他の人の考察にありましたが、四足歩行の巨人の正体はやはりクルーガーではないでしょうか。
    決め手は鉤鼻の形です。で、同じ鼻の形をした人物がいます。それはアニです。クルーガーの虚ろな表情もアニと一致しています。
    つまりクルーガーとアニは親子ではないかと思います。
    また、クルーガーの面長の顔立ちは王様と貴族の特徴を得ている気がします。
    他に気が付いた事は、憲兵団が骨抜き集団なのはマーレの内部工作が成功したからではないでしょうか。
    あと、ウトガルト城にあったニシンの缶詰めも、大陸から持ち込んだ物でしょう。
    よってニシンの文字が読めたライベルは海を渡ってやって来たのは間違いないと思います。

  25. まつ より:

    ネタバレありがとうございます
    考察楽しく拝見してます

    今回の話でジークがグリシャを楽園に送った訳ですが、ジークは楽園をさまよっているはずのグリシャが知性巨人化していたことにもっと驚いたり困惑してもいいと思うのですが、あっさり過ぎな気がします
    1話の時点ではベルトルト等はエレンの存在すら知らなかったと思いますし、エレンとライナー達が知り合う前にグリシャは食われて死んでいるのでグリシャとも面識はないはず
    いったいジークはいつエレンの存在=グリシャが知性化していた事実を知ったのか
    最初から知っていてグリシャがいるところを狙わせたのなら、知性化させた件に絡んでいるはずです
    そうなると、グリシャが食ったのがレイス家側の2体目ではなくマーレ側の謎になっている7体目って可能性も残っているのかなと

    もし矛盾しているところがあったらすみません

    • 管理人アース より:

      まつさん!

      コメントありがとうございます!

      >ジークはいつエレンの存在=グリシャが知性化していた事実を知ったのか
      これはライベルから聞いたのでしょう。
      50話以降にジークとライベルは会いシガンシナ区決戦まで2ヶ月以上の間があります。
      その間に座標保持者は「エレン・イェーガー」だとライベルから聞いているはずです。
      この「イェーガー」という姓から、グリシャが人間に戻り壁内に侵入まで察し、さらにエレンが座標持ちという事実から、「グリシャがレイス王捕食→エレンがグリシャ捕食」までの筋書きを予想出来たのではないかと考えられます。

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  26. 大地の佐久間 より:

    もしかしてダイナフリッツってカルラを喰った巨人じゃないですか??

    • 南から より:

      初コメント失礼します。
      気になっていた点で、自分も同じ考えです。また最初の方に戻るとハンネスさんがカルラを食った巨人を見ると何か見覚えのあるような感じだったので、「流行り病を患った妻をグリシャに助けてもらった」ということはグリシャに助けてもらったとき何かしらダイナ巨人か人間版ダイナと関わったことあるのかもしれないと思うのですが… 何よりダイナがカルライーターにそっくりな気がして。新しい登場人物が多発したので管理人アースさんはどう思いますか?

    • アルカ より:

      自分もそう思いました、似てますよね

  27. 第4住宅 より:

    既出でしたらすみません。

    壁の外には常にうじゃうじゃ巨人がいるわけです。

    845年の「その日」にシガンシナ区に多くの無知性巨人が入ってきましたが、それらは偶然その日に偶然シガンシナの近くに居たものだと思っていました。そして、それらがランダムに居合わせた人を襲ったのだと思いました。しかし実は、他でもないカルラを食べた巨人は他でもないダイナである可能性があります。

    また、5年後にも多数の無知性巨人がトロスト区に入ってきましたが、それらも偶然近くをうろついていたものが入ってきて、ランダムに居合わせた人を襲ったのだと思っていました。しかし、中でもエレンの周りにやってきた巨人は、他でもなく、グリシャがエルディア復権派に入る儀式を行ったその日に周りに居たメンバーばかりでした。

    これらが偶然とは思えません。

    ライナーとベルトルトは、エルディア擁護派のうちグリシャと関係の深い人物が無知性巨人となったものを意図的に引き連れてきて、しかもそれらがグリシャと関係の深い壁内の人物を襲うように仕向けたのでしょうか。しかし、そのためには、ライナーとベルトルトが845年の時点でグリシャとカルラの関係、850年の時点でグリシャとエレンとの関係を知っていた必要がありますが、それは難しいように思われます。

    あるいは、グリシャをよく知るエルディア復権派の人たちがなった無知性巨人は、グリシャに関係の深い人物を探し当て、襲うという目的と能力を持っていたのでしょうか。もしもそうだとすれば第50話でカルライーターがエレンのところに再び現れたことの説明が付きますが…。(これは、「ビリビリ」にライナーらが驚いたことから、ライナーらが意図したことではなかったはずです。)

    • Flügel der Freiheit(管理人代理) より:

      第4住宅さん、コメントありがとうございます(^^)

      今回、マーレ政府に反対するエルディア人は巨人化させられることが判明しました。

      しかし、壁外を歩く巨人の数は、極めて多いはずです。エルディア人の反マーレ政府派は、おそらく少数派でしょうから、そもそも数が合わないとも思っています。

      つまり、エルディア人に反マーレ政府派以外で、巨人化させられた人たちがいるだろうと私は推測しています。

      そんな中で、トロスト区を襲った巨人たちは、なぜエルディア復権派だらけだったのか。不思議ですよね。あえて想像すれば、元エルディア復権派と、そうでない巨人とでは、巨人の種類が違う可能性があるのかな…とは思います。

      いずれにせよ、エルディア復権派が第86話の後どうなるのか、とても気になりますね!

  28. ゆうたろー より:

    大地の悪魔も出てきそうですね

  29. ニッグ より:

    いつも面白い記事をありがとうございます。
    初コメント失礼します。
    グリシャの妻のフリッツってもしかしてエレンのお母さんやハンネスさんを食べた因縁の巨人ではないでしょうか?
    根拠は単に似ているっていうだけですがw

  30. 東の海 より:

    アースさん、こんにちは。

    【重要なお知らせ】読みました。
    『進撃の巨人』好きなアースさんや皆様と考察、意見交換出来るこちらのサイトが無理なく続いてほしいので、団長、兵長、調査兵団団員のみなさんで盛り上げていきましょう!

  31. ベルなんとかさん より:

    初めまして!
    いつも楽しく拝見させて頂いてます。

    今回の話で、もしかしたら奇行種にはまだ巨人化させられる前の人間としての意識があるのではないかと考えました。
    巨人化出来るのはエルディア人のみということを前提にして、同じエルディア人同士でも僅かながらに巨人化能力の適性の差があって、普通のエルディア人の場合、巨人化してすぐに肉体が巨人体に取り込まれ意識も失い無知性巨人になってしまうところを、少し適性の高いエルディア人の場合ほんの僅かではあるが理性が残った状態となり、他の無知性巨人とは違う行動をとる「奇行種」となってしまうのではないのでしょうか。

    それからもう一つ気になったことが、なぜ初代王は壁内に記憶の改ざんが効かない東洋人とアッカーマン家も連れていったのかということです。
    壁内に着いてからから記憶の改ざんが効かないことを知ったのでしょうか。
    そもそも東洋人の一族には今まででもあまり触れられてません。
    なにか巨人の謎と深い関わりがあるのでしょうか。
    マーレ人やエルディア人とは人種が全く違うわけですから、元々は違う国、あるいは大陸から来たと考えてもおかしくはないですよね?

  32. 進撃 より:

    今回の記事等とは一切関係無
    ミカサが幼い頃母親に伝統的
    な?傷ぽい物をつけていた事
    についてですが、今のミカサ
    その傷消えてますよね?
    そこってイェーガー家に
    引き取られた時に、もう
    アッカーマンとして、
    いらないと思ったから
    消してしまったのでしょうか?

  33. ゆゆゆーゆゆ より:

    アースさんこんにちは。
    以前も1度コメントした事がある者です。

    皆さんの色々な考察や意見を拝見してただただ脱帽するばかりです。

    さて、私はまた少し離れて且つゆるく考えたのですが、86話の若き日のグリシャの横にいる仲間が、コニーに似ていると思いました。

    気になる点と言えば
    ①兵士達が皆負傷しているにも関わらず、コニーはほぼ無傷である事。

    ②瀕死の状態に陥ったアルミンの場面で、リヴァイが注射を打つためにその場から離れる際、ジャン達はアルミンとはこのままもう会えない(死亡すると考えているから)というリアクションだったにも関わらず、コニーだけは「またな」的な言葉を掛けていて、まるでアルミンが死なない事を知っているかのような態度であった事。

    ③若き日のグリシャが仲間達の前で自ら肩にナイフを突き立てているシーンで、グリシャの後方にいる仲間(コニーに似ている人物)が、心臓を捧げよ にどこか似ているようなポーズをとっているが、その手が左手で、コニーがいつも同様に左手でそのポーズをとりキースに叱られている。それが何らかの影響によりコニーもその癖みたいなものがあるのではないか という事。

    ④コニーの名前であるSpringerは、意味としては「バネ、お調子者」といったものがありますが、それらの他に「ジャンプする者」というような意味もあるようです。それも上記と同様にお調子者という部類に入るのですが、考え方によっては「時を超える、行き来する」という意味にもなる事。

    他にもちょいちょいコニーの言動に対して引っかかる事はあるのですが……。

    考察すればキリがありませんが、諌山先生が1巻から素晴らしい伏線や演出を施しているのでこの事も含まれているのかなと考えました。

    • Flügel der Freiheit(管理人代理) より:

      ゆゆゆーゆゆさん、コメントありがとうございます(^^)

      グリシャを勧誘した人物が、コニーの父親である可能性も考えてみました。しかし…。グリシャの父親は、おそらく第51話の肖像画でコニーの母親の隣にいる人物でしょうから、違う人だと思われます。

      とはいえ、たとえコニーの家族ではなくても、ジークがラガコ村の住民を巨人化させたのは明確な理由があるような気もします。ラガコ村の住民がグリシャの仲間だったとすれば、話としては成り立ちそうですよね。

      今後、コニーと何か関係がないか、よく注目したいところです!

  34. 壁内農家 より:

    グリシャの妻、ダイナ・フリッツがカルライーターに似ている気が…。

  35. ある民 より:

    難しく考えずユミルの「せー」は「外の世界が敵」って予想しましたが早計でしょうか
    文明が発達していく外の世界からの攻撃で壁内は滅ぼされる…で話の辻褄は合うと思いますが。
    ミスリードに掛かってるかもしれませんけどね(ノ´∀`*)

    • Flügel der Freiheit(管理人代理) より:

      ある民さん、コメントありがとうございます(^^)

      「せかい」の「せ」でしょうか。

      少なくとも、「世界」という言葉は作品のキーワードだとは感じますね!考えられると思いますよ。

  36. アース団長のブログには初期から拝見させていただいております。『進撃の巨人』の考察の楽しさを教えていただき、本当に感謝致しております。
    今回、アース団長を少しでも支えられればと思い、時間の許す範囲でお手伝いさせていただくことにしました。
    もちろん多くのコメントに返信することは大変でしょうし、今までのような質や頻度を維持することは非常に難しいとも思います。しかし、より良い返信ができるように少しずつ進歩していきたいと思います。皆様からも忌憚なきご意見をくだされば幸いに思います。
    ふつつか者ではありますが、今後より一層精進する所存ですので宜しくお願い致します。

    • 管理人アース より:

      Flügel der Freiheit兵長!

      これからよろしくお願いします!

      アース調査兵団兵長であるFlügel der Freiheitさんにコメント返信のご協力をお願いしました!
      みなさん、よろしくお願いします!

      管理人アース

  37. トランキーロ より:

    壁の中から巨人を操ることができる力(座標)を奪うという流れでしたけど、それは誰から奪うつもりだったのか?それはエレンが産まれる前のことだと思うのですが。そもそもエレンはなぜ巨人を操る(座標)ことができる力を持っているのでしょうか?
    間違っていたらすみません(_ _)

    • Flügel der Freiheit (管理人代理) より:

      トランキーロさん、コメントありがとうございます(^^)

      座標は、もともとは真の王家であるレイス家が代々所有してきたのだと思われます。

      ところが第63話で、グリシャが、レイス家のフリーダから座標を強奪したことが明らかになりました。そしてグリシャは、息子のエレンを巨人化させて自らを食べさせたことも明らかになりました。これを整理すると、座標の在り処は

      レイス家(代々所有)→レイス家のフリーダ→グリシャ→エレン(現在)

      となります。

      このあたりの事情について、少し昔の考察ですが、ここに載っていますので、ご覧いただければと思います。
      http://animenb.com/gurisya_syotai-35

      またのコメントをお待ちしています!

      管理人アースさん代理 Flügel der Freiheit

  38. ブタウサギ より:

    少女が悪魔にリンゴを渡す描写もしくは悪魔からリンゴを受け取る少女の描写でクリスタ(ヒストリア)が51話で出てきた「子どもの頃に読んだ本の女の子」に少し似ている気がします。もう出ていたらすみません。

    • Flügel der Freiheit (管理人代理) より:

      ブタウサギさん、コメントありがとうございます(^^)

      御指摘の絵は、54話でも描かれているものですよね。

      同じ場面の描写であるのか。それとも、51話・54話の絵は描写は、ユミルが死後9人に魂を分け与えているシーンであるのか。そこが気になるところではあります。

      またのコメントをお待ちしています!

      管理人アースさん代理 Flügel der Freiheit

  39. ミカサ信者 より:

    アース団長、初めまして!
    いつも楽しく記事やみなさんのコメント考察を拝見しています(*^_^*)

    エレンたちと同じ15歳のときに進撃にどハマりし…3年経った今でもアース団長の記事を読むのが毎月の楽しみです!
    私はみなさんのように素晴らしい考察はできませんが、、、
    これからも記事を楽しみにしています!!

    お体に気をつけて頑張ってください(*^_^*)

    考察等じゃなくてすいません(^_^;)

  40. 山田さん より:

    こんにちは!

    クルーガーについてです

    フクロウじゃないでしょうか?

    脇役に名前をつけると言うことは何か意味があるはずです!      フロックみたいに

    • Flügel der Freiheit (管理人代理) より:

      山田さん、コメントありがとうございます(^^)

      山田さんも、クルーガーがフクロウとお考えですか!

      「アニの父=フクロウ」説もありますが、現在クルーガー説が有力のようですね!

      >脇役に名前をつけると言うことは何か意味があるはずです!
      きっとそうだと思います。今までも、名前に暗示があることが非常に多いですね。一見、ドイツ人などヨーロッパ人の普通の名前のように思えるのですが。

      またのコメントをお待ちしています!

      管理人アースさん代理 Flügel der Freiheit

    • Flügel der Freiheit (管理人代理) より:

      “山田さん”さんと呼ぶべきでした。失礼しました。

      管理人アースさん代理 Flügel der Freiheit

  41. キース@鬘が欲しい より:

    初コメ失礼します。アースさんの記事日頃拝見させて貰ってます。パラディ島=エレン達が住んでいる世界で、今回の話で海がある事も確定しましたね。グリシャが楽園送りにされた場所はパラディ島の璧外何ですかね……そして知性巨人を食べて人間に戻り、キースに出会ったと。ジークからしたら自分を道具の様に扱うグリシャ達が許せなかったから密告したんでしょうね…7歳なのに凄いなあ(笑)ジーク達は璧内であった内政の革命の事を知った所で壁内への攻撃を辞めようとしないですかね…
    ベルトルさんの悪魔の末裔発言から璧の中の人はエルディア人という事になりますよね。璧内の人間の殆どは壁が築かれたときに記憶を改ざんされてますが、マーレ帝国側にはそれと似たようなことは無かったのかな?と思います。単純に昔からエルディア人が弾圧を行っていたことが語り継がれていただけかも知れませんが…長文失礼しましたm(_ _)m

    • 管理人アース より:

      キース@鬘が欲しいさん!

      コメントありがとうございます!

      >グリシャが楽園送りにされた場所はパラディ島の璧外何ですかね
      その通りでしょう!

      >ジークからしたら自分を道具の様に扱うグリシャ達が許せなかったから密告
      これは、マーレが洗脳して、エルディア復権派の事を罪人と教え込み、密告せざるを得ないようになったのかなと思っています。

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  42. 巨人が頭から離れてくれない より:

    初めまして、あまりの衝撃展開で初めての投稿です。

    一人で考えていてもんもんとしてきたのでアースさんのご意見もお聞きしたいです^_^

    ・フリッツ王とレイス王は別ではないでしょうか?
    81話でジークが「レイス王によって『世界の記憶』を奪われたことは悲劇だ」と言っていました。
    また145代(フリッツ)王、と初代レイス王とが区別されているような気がします。
    これはフリッツ王家から始祖の巨人をレイス初代王が奪ってしまったのではないでしょうか?
    そうすると、9つの巨人のうち2つをレイス王が持っていた?と仮説をたてました!
    フリーダがうなされていたのはフリッツ王を食べてしまったからでは…

    ・幼いジークが遊んでいた人形は9つの巨人の力の象徴の人形では?
    ジークの遊んでいた人形は猿と、馬と、鎧×2とみうけられました。古代の歴史が子供用に絵本にされているなら、人形にもされているのではないかと。
    猿→獣の巨人
    馬→四足歩行巨人
    鎧→ライナー
    もしかしたら鎧の巨人は他にもいるかも??
    人形に関しては伏せんが回収されそうにはないですが、9つの巨人の力のヒントかもと思いました

    やや矛盾していますが2つの仮説でした!

    • 管理人アース より:

      巨人が頭から離れてくれないさん!

      コメントありがとうございます!

      >フリッツ王とレイス王は別ではないでしょうか?
      86話ネタバレ考察!「9つの巨人」と「7つの巨人」の正体を検証!にて考察していますので、見てみてください!
      そして、まだ記事にしていないですが、レイス王がフリッツ王を捕食した可能性は高いと思っています。
      それは69話にてウーリが言っていた「壁内は近いうちに滅びる」と言う言葉からも察せられます。
      フリッツ王を捕食し、「始祖の巨人」「座標」を手に入れたレイス王ですが、それを使用できません。
      なので、壁の中の超大型巨人も操れないですし、知性巨人も操れません。
      つまりマーレの戦士に攻め込まれたら、間違いなく滅びるということだったのでしょう。
      ここからも、レイス王がフリッツ王を捕食したという考察は繋がると思われます!

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  43. 秘密結社おしなり より:

    いつも考察楽しんで読ませてもらっています。

     現在エレンが持っている座標ですが、カルライーターに触れた時に移動したと思います。

     理由を箇条書きにします。

    1.エレンペチン前のミカサの驚いた表情。(おそらくカルライーターから亡霊のようにダイナフリッツが現れエレンに座標を移す何らかの発信を見てしまった。)

    2.ライナーの「最悪の奴に座標が渡ってしまった。」の台詞から、その時初めてエレンが座標を持っていることが分かった。

    3.カルライーターの顔は作者をモデルにしているから(重要キャラクターの証拠?)

    • 管理人アース より:

      秘密結社おしなりさん!

      コメントありがとうございます!

      エレンの座標は、おそらくフリーダ・レイスが持っており、それをグリシャ巨人が捕食→エレンが捕食でエレンに移動したのだと思います。
      ただ、この時に発動したので、ライナーも気付いたのでしょう。

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  44. レイフェル より:

    アース団長こんにちは! 今回もお疲れ様です。
    今回はあまりにも情報量が多すぎて、未だに混乱しています……
    一話でこれほどまでの情報を詰め込んでくるということは、作者さんも風呂敷を畳みにかかってる(=終わりに近づいている)ということなのでしょうね。
    私自身がすべての情報を整理できていないので、とりあえず現時点で私がまとめた考察をお話しします。

    ①フクロウについて
    この「フクロウ」という単語にちょっと違和感を覚えまして、自分なりに調べてみたところ、ちょっと興味深い内容が出てきました。
    フクロウはフランスでは「スパイ」の暗喩、首をクルクルと回転させる特性から「どっちつかず=二重スパイ」という意味で使われることもあるそうです。
    ドイツに近い世界観の中にフランス関連が混じるのも違和感がありますが、「フクロウ」とは「二重スパイ」なのかもしれません。
    フクロウ=マーレとエルディアの二重スパイ説を踏まえると、怪しいのはフクロウが遣わしたダイナ=フリッツ。
    (なんとなく、ダイナはヒストリアのお母さんに似てる気がしますが、多分気のせいですw)
    ジークが両親を密告するよう仕向けたのは、もしかしたらダイナの差し金では?
    復権派の両親の間に生まれた子どもが、両親の思想に染まらずにわずか7歳で両親を告発するなんて不自然だと思います。
    実の息子をマーレの戦士に、なんて、とんでもないじゃないですか。自分たちの理想の実現の為に犠牲になれ、と言っているようなものですよ。
    キースの回想の中でカルラが「特別である必要はない。生きているだけで偉いんですよ」と発言しています。
    ダイナもカルラと同じ考えを持っており、息子の未来を思って自分たちを告発するように仕向けたのではないでしょうか?
    そうだとしたら、ジークがエレンに言った「父親に洗脳されている」「救い出してやる」の意味も見えてくるのではないかと思います。
    フクロウ=二重スパイ説でもう一つ。
    貴族たちが「奴隷用の血」と発言していることから、壁内にもマーレ人がいることを仮定すると当然壁内にもフクロウが潜んでいることになります。
    憲兵団との戦いの中で、調査兵団側の情報が漏れていたことがありましたよね。これがフクロウの仕業なのではないでしょうか?
    このことから調査兵団側の人間に一人、フクロウが紛れ込んでいると考えます。私の主観ですが、これはピクシスなのではないかと考えています。
    弟が全巻持っていってしまっているので確認ができないのですが、ところどころピクシスの発言や行動に違和感というか疑問を感じていたんです。
    それが何なのか上手く説明できないのですが……。
    フクロウの目的はエルディアの復権でも、マーレの勝利でもなく、世界の傍観。
    鋼の錬金術師におけるキンブリーのように「どちらが勝つのか見てみたい」という第3者目線なのかもしれません。
    そして、東洋人もフクロウの一味ではないか、と考えています。完全に妄想の範囲ですが(笑)
    長くなってしまったので、一旦ここで切ります。続きはまた後程。

    • 管理人アース より:

      レイフェルさん!

      コメントありがとうございます!

      >首をクルクルと回転させる特性から「どっちつかず=二重スパイ」
      そうなんですね!
      ただ、ギリシャ神話でのフクロウは、「知恵を授ける存在」となっており、そういう意味ではストレートに「内通者」かなと思っていました。

      >ピクシスの発言や行動に違和感というか疑問を
      これは、失われたはずの歴史を知っていたからでしょう。
      ところどころで、そのような発言をしています。
      2016-10-15_192356

      「進撃の巨人」第12話「偶像」より

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  45. あかさ より:

    51話のヒストリアが読んでたと言ってた本の絵が大地の悪魔と契約してる時の絵と似てる気がします

    • 管理人アース より:

      あかささん!

      コメントありがとうございます!

      ですね!
      2016-10-13_152904-horz

      というか、少女は同一人物っぽいですよね!
      名前が「クリスタ・レンズ」と「ユミル・フリッツ」と違っているのが気になりますが…

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  46. 深読みしてみました より:

    大地の悪魔の話とかがやけに稚拙だと感じました。
    起源から民族浄化の話はマーレがエルディア人を管理するための作り話ではないかと思いました

    以下は、勝手に想像してみました
    ————————-
    その昔、エルディア人はパラディ島で平和に暮らしていました。
    ・エルディア人は全員が無知性巨人になることができる
    ・ごく一部の特殊な力を持つものは、他人のエルディア人を巨人化させ、巨人化させたエルディア人に指示を与えることが出来る
    ・無知性巨人になったエルディア人は受けた指示を忠実に守り続ける
    彼らは基本争いは好きではなく、島の外に進攻するような野望は持っていない。

    一方、マーレは地球の様々な地域に進攻をすすめており、ついにパラディ島も支配しようと進攻したが、巨人化したエルディア人には勝てず一度は撤退。
    マーレはその後もパラディ島の獲得を諦めず、エルディア人を観測、特殊力を持つ巨人の一部の買収に成功する。

    一般エルディア人を拉致し、買収した巨人によって巨人化させ、フリッツの殺害を命ずることでマーレの刺客とする。この刺客を継続的に投入すべく、マーレはエルディア人を拉致し、マーレ領のレベリオで繁殖させる。
    そう、エルディア人は、マーレによりレベリオで養殖されていたのだ。
    エルディア人が悪党であるかのような偽の歴史を教育したのは、拉致したエルディア人が逃げ出したりしないようにするためである。
    この辺りは映画アイランドみたいなイメージ。

    フリッツは、継続的に押し寄せる刺客となった無知性巨人対策として、国民に壁になってくれる人、壁の建設をやってくれる人を募ったうえ、集まったエルディア人を巨人化し、壁となること、壁や扉を建設することを指示することで3重の壁を築いた。

    壁により戦いは硬直状態となったので、マーレは買収した巨人を軸に戦士を育て、ジーク、ライナー、ベルトルト、アニからなる部隊を突入させ、壁を壊し進攻を開始した。

    レベリオ以外にも収容所があるというのはマーレの嘘で、全員レベリオから集めたエルディア人だと思う。

    ————————-

    • 管理人アース より:

      深読みしてみましたさん!

      コメントありがとうございます!

      >マーレがエルディア人を管理するための作り話ではないかと思いました
      全く同感ですよ。
      おそらくは捏造なのではないかと。

      面白い考察ですね。
      管理人アースは、買収というところは洗脳かなとも思いました。
      7つの巨人を取り込むことが出来たのは、マーレに洗脳の能力があるのかなと。

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  47. booちゃん より:

    壁の中は資源に恵まれていて〜 みたいなことが書いてあったけど、それも伏線だったのか

    • 管理人アース より:

      booちゃんさん!

      コメントありがとうございます!

      ああ、そうですね。
      細かい伏線回収ですよ!(笑)

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  48. コブー より:

    はじめまして。考察いつも楽しみにしております。

    7つの巨人=マーレの戦士ですが

    ジーク
    四足歩行
    ライナー
    ベルトルト
    アニ
    ?→グリシャ
    ?→ユミル

    無知性巨人のグリシャとユミルは偶然マーレの戦士を食し知性巨人として人に戻れたはいかがでしょうか?

    また、ジークは王家の血を引いているため、エルディア人の巨人のみ操る事ができる

    コメントがダブったいたらすみません。

    • 管理人アース より:

      コブーさん!

      コメントありがとうございます!

      マルセル→ユミルですね。
      グリシャは、そうなのかなと管理人アースは思っていますが、まだ未確定です。
      もしかしたら、フリッツ以外の7つに含まれていない巨人が、グリシャ巨人かもしれません。

      >ジークは王家の血を引いているため、エルディア人の巨人のみ操る事ができる
      これは考えましたが、となるとウトガルド城、エレン争奪戦の際に、ユミル巨人も無知性を操れなかったのは何故かなと。
      エルディア人ではなかった?

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  49. どすこい巨人 より:

    アース団長こんにちは、ついていけなくなってきたので、一巻から読み始めてみました。まだ3巻ですが、あらためて読むと伏線がすごいことにきずいて驚嘆しています。

    既出なら申し訳ないのですが、また疑問が出てきました。
    壁を壊したのは5年前のベルトルトとライナー、二人がエレンと同世代なら、つまり10歳くらいで実行したと言うことでしょうか?
    幼い頃から戦士として鍛えられていたならそれもありかもですが、ちょっと無理を感じました。
    そして、普通に兵士になっていますが、壁外からどうやってこっそり潜入したのか?元々壁内の身元があると言うことなのか…5年前のどさくさで戸籍とか白紙になって入り込める状態だった?一回大陸に帰ったかもですが、ただでは帰れない状態と言っていたし手段も無さげなので、気になりました。
    グリシャがキースに見つかったとき、身元がない云々で上に報告するしないの下りがありましたので、兵士という役目はその辺しらべるのではないかと思いました。

    • 管理人アース より:

      どすこい巨人さん!

      コメントありがとうございます!

      >伏線がすごいことにきずいて驚嘆しています。
      これが「進撃の巨人」の真骨頂ですよね!
      本当にスゴイと思います!

      >10歳くらいで実行したと言うことでしょうか?
      そうですよ。
      今回のマーレ戦士募集が5歳から7歳というところからも、10歳位で一人前の戦士ということになるのでしょう!

      >壁外からどうやってこっそり潜入したのか?元々壁内の身元があると言うことなのか
      これは10巻42話でハンジが「5年前の混乱で」と言っており、管理もずさんだったとのことなので、何とかなったのでしょう。
      壁を壊した時に、壁内に入ったのでしょうね。

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  50. グレムリン より:

    こんにちは、久しぶりにアニメ見てたら気になったことが!

    アニメのアニとアルミンって瞳から髪色までほぼ同じで、アニが巨人になれば髪型も同じです。似すぎなような~実はジークとエレンみたいに、異母兄弟だったとか?アニはどう見ても恋心なら、エレンだと思うのですが見ようによっては、アルミンに対しても含むところがありそう?まさか弟に追いつめられるとはーとか、弟は殺せなかったとか?

    まあ、さすがにあり得ないですね!!
    でも、エレンとユミルが血縁者で、ジークとヒストリアも遠い親戚(本家と傍流みたいな)かもってなるとイエガー家の親戚付き合い結構大変そうwミカサも家族と考えると人類最強兵長も親戚ですよね!

    あと、ユミルって結局、生まれ変わっても常に自分よりも人助けのために生きてますよね。昔の女神さまのようなユミルの過去も出て来るかも、楽しみです。

    • 管理人アース より:

      グレムリンさん!

      コメントありがとうございます!

      >イエガー家の親戚付き合い結構大変そうw
      本当にそうですよね!
      むちゃくちゃな血縁関係ですよw

      >ユミルの過去も出て来るかも、楽しみです。
      ユミルの手紙で明らかになると思います!
      楽しみですよね!

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  51. リュー より:

    初めまして。鋭い考察いつも楽しみにしています。

    既出でしたらすいません。
    今回の話で思ったのは「なぜこのタイミングでアルミンを知性巨人化させたのか」ということです。
    私が想像したのは「9つの知性巨人化能力をエレンの元に集約させて真の始祖の巨人の能力を手に入れさせる上での悲劇を演出させる為なのではないかな」ということです。
    エレンは現在知性巨人化能力を二つ持っているようですし、おそらく残りの7つもパラディス島内に集まっているんじゃないかなと思いまして。諫山先生のドラマのエグさからも十分ありうるんじゃないかなーと思います。

    「ユミルフリッツの力」を得たエレンが壁中の幾千の超大型巨人を連れて海を渡りマーレに攻め込むのか、それとも更なる超常的な力を得て悲劇を回避させるのかは分かりませんが、進撃の巨人のラストが一気に近づいてきた気がします。
    第一話のタイムリープした様なエレンやアッカーマン家、東洋人の謎など、まだまだ伏線が張り巡らされていて目が離せません。

    • 管理人アース より:

      リューさん!

      コメントありがとうございます!

      >諫山先生のドラマのエグさからも十分ありうるんじゃないかなーと思います。
      たしかにありそうですよね。
      アルミンを捕食するエレン…
      これはキツイですね(・_・;)

      超大型を操るエレンは、見てみたいですね!
      そのようなラストがあるのか…まだまだこれから楽しみですよ!

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  52. ゆう より:

    お疲れ様です☆

    コメント全てを見ていないので被っていたらすみません。

    もし、マーレ側が座標を奪還したとしても、
    真の王家しか真の力を発揮できないなら、
    ジークしか使えないですよね??

    ジークはエレンにここから救いだしてやると言いました。
    エレンが言うことを聞くようになると思って言ったのか、
    マーレに連れていけば、
    食い殺す事になるにも関わらず、
    好意的に救いだすなんて言うかが、
    不思議でした。

    それにライベル達に、この地獄を終わらせようとも言っています。

    ジークは、
    真の王家じゃないと真の力は発揮できない事を知らないのでしょうか??

    ジークもただ、
    マーレの指示で動いている訳ではなく、
    対マーレで、
    座標奪取をしようとしているのかもしれませんね。

    • 管理人アース より:

      ゆうさん!

      コメントありがとうございます!

      >真の王家しか真の力を発揮できないなら、ジークしか使えないですよね??
      その通りですね。
      ただ、もしかしたら真の王家はレイス家ではないのかもと思いました。
      あと、ユミル、エレン、グリシャ。ジークが真の王家の直系なのかもとも感じています。

      >対マーレで、座標奪取をしようとしているのかもしれませんね。
      これもそうですよね。
      ただ、そうだとするとライベルアニもジークに賛同したのか、それとも利用されただけなのか。
      また謎が増えますね(笑)
      ただ、面白いですが!

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  53. ロヒデヒ より:

    はじめまして。

    数か月前から進撃の巨人にハマった新参中年です。
    コチラのサイトを毎日のように拝見し勉強しております。

    さて、今回出てきたマーレなる国。
    実は昔ルーマニア語を勉強してたことがあったので思ったのですが、ルーマニア語の「mare」には形容詞としての”大きい”、”偉大な”、そして、”巨大な”という意味があります。
    また、ルーマニア語はイタリア語と同じ系統でして、同じ綴り「mare」で名詞の”海”もあります。

    この壮大な物語に果たしてルーマニアが絡むのかは疑問ですし、私の考え過ぎとも思いますが、一応、ご参考までに。

    • 管理人アース より:

      ロヒデヒさん!

      コメントありがとうございます!

      >ルーマニア語の「mare」には形容詞としての”大きい”、”偉大な”、そして、”巨大な”という意味があります。
      面白いですね!
      たしかに大陸の国に対して「海」という意味の名前に違和感がありました。
      ただ、「大きな」という意味でしたらシックリ来ますね!
      作者はどこまで考えて名前を付けているのか…怖ろしいです(笑)

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

      • ロヒデヒ より:

        管理人さま

        ご返信ありがとうございます。
        もう一つ思ったことがあるのですが、他の方も指摘していましたが、マーレ帝国=ローマ帝国。そして、そのローマ帝国と長らく覇権を争ったパルティア王国がパラディに名前が似ているということです。

        ローマとパルティアは約270年間、8次にも渡る戦争を繰り返しました。

        パルティアは現在のイランにあたり、管理人さまの指摘するパラディの語源が古ペルシア語に由来するという点からも、何かしらの関係があるのでは?と思った次第です。

        • 管理人アース より:

          ロヒデヒさん!

          コメントありがとうございます!

          >ローマとパルティアは約270年間、8次にも渡る戦争を繰り返しました
          これは知らなかったですね!
          素晴らしい情報、ありがとうございます!
          ローマとパルティアかぁ。
          諫山先生って、どこまで考えてネーミングしているのでしょう(笑)
          Wミーニングではなく、トリプルミーニングくらい、ありますよね!(笑)

          またコメントください!
          よろしくです!

          管理人アース

  54. さとう より:

    後半の巨人対戦の絵で後ろの方に巨大な馬がいるのが気になります。
    子供のジークが遊んでいる絵にも似たような馬がいます。

    • 管理人アース より:

      さとうさん!

      コメントありがとうございます!
      そうなんですよね。
      この馬、巨人の可能性もありますよね。
      猿がいるので、馬がいてもおかしくないかなと(笑)
      最後の1体は馬?…(・_・;)

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  55. 巨大樹の森 より:

    はじめまして。初投稿ですがよろしくお願いします。

    話の流れと少し変わりますが上の方でどなたかがエレンがフリッツ王家の血筋であるカルライーターに触れたから座標の力?を使えたという話がありました。そこで疑問に思いました。いままで記憶を呼び覚ますためにヒストリアに触れていましたが例えばエレンが巨人化した状態でヒストリアに触れたら座標の力に完全に目覚めるなんてこととかはないですかね?

    • 管理人アース より:

      巨大樹の森さん!

      コメントありがとうございます!

      >ヒストリアに触れていましたが例えばエレンが巨人化した状態でヒストリアに触れたら座標の力に完全に
      もし、カルラ・イーターがダイナであったために、それに触れて座標が発動したとするなら、そうかもしれませんね。
      ただ、座標発動には巨人化は必要ないと思われます。
      50話のエレンは人間時で発動していたので!

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

      • 巨大樹の森 より:

        早速の返信ありがとうございます。
        もうひとつの疑問なんですが巨人化の注射って脊髄液由来ですよね?進撃世界の医療技術がどこまでのものなのかはわかりませんが例えばヒストリアの脊髄液をエレンが摂取した場合やエレンの脊髄液をアルミンが摂取した場合はどうなりますかね?壁内の技術だと難しいかもしれませんがもしかしたらマーレの技術なら予想外のことが起きたりしないかななんて思いました。

        • 管理人アース より:

          巨大樹の森さん!

          コメントありがとうございます!

          壁内の技術では無理でしょうね。
          マーレの技術がどうなのかは、分かりませんよね。
          巨人化注射がマーレで作られたのかも分かりませんし…
          エレンがアルミンの脊髄液を…とかも分かりませんが、何かしらの変化が起きるかもですね!

          またコメントください!
          よろしくです!

          管理人アース

  56. 新劇の読者 より:

    初投稿です。
    「大地の悪魔」について記載されている本のページの構図が、ヒストリアがフリーダによんでもらっていたほんによくにていないですか?

    • 管理人アース より:

      新劇の読者さん!

      コメントありがとうございます!

      54話の絵本ですね。
      2015-10-05_044157

      「進撃の巨人」第54話「反撃の場所」より

      この絵本の少女については、【進撃の巨人ネタバレ54話の考察!「反撃の場所」の伏線ポイントまとめ!】にて考察していますので、見てみてください!
      ちなみにこの絵本の少女の名前は「クリスタ・レンズ」です。
      そして、今回は「ユミル・フリッツ」です。
      どういう事なのでしょうか?

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  57. きよぴぃ より:

    わぁ!!!すみません、中途半端なものを送信してしまいましたm(_ _)m
    でも長くなりましたし、とりあえず、またレイス家とフリッツ家のこととか、考えて見ます(笑)

    先に送信してしまったものは、きちんと文面を見直してないので、変なところが多々あると思います。恥ずかしい限りです。申し訳ないです。

  58. きよぴぃ より:

    アース団長!!!お久しぶりです。先月はエルヴィンが死んでしまい、エルヴィンロスで泣きくれておりました…
    そして、今月はやはりみなさんすごい考察の量ですね!!!(笑)上の方たちの分は途中までしか読めていません、すみませんm(_ _)m

    概出ならすみません…

    無知性は年を食わない→不死身
    知性は早く年を食う→早死に
    なんですよね。
    ユーリがそうだったように、ジークもですね。
    疑問なのですが、知性巨人の数は決まって入る…のでしょうかね?いわゆる、9つの巨人しか知性はいないことになるのですかね?今現在は…
    ユミル=フリッツは魂を分けたとありますが、始祖の巨人なら知性巨人を増やすことが可能なのか?!
    そして、『巨人になる力を持った「ユミルの民」』と書かれています。『エルディア人は他民族に無理矢理子を産ませユミルの民を増やした…』ともあります。え、巨人になる力を持ってる人種と持ってない人種のハーフで巨人になれる子(無知性)が産まれるってことですか?!
    マーレがエルディア人を生かしておくメリットは、エルディア人が元々巨人になれるなら、生かしておいて、第二次巨人大戦をエルディア人同士でさせるということでしょうね。楽園行きなのがパラディ島の壁の外のことだから、エルディア人はいつでも巨人(無知性)にさせることができる?マーレ人は巨人に(無知性も知性も)なれないから、エルディア人を生かしておいたのではと考えました。それともただ、エルディア人の人口を増やしたいだけ?(笑)

    壁の中の貴族や政府の人たちは、他の人達と血筋が違うとかつてのブタの方が言ってました。それは貴族や政府の人たちはマーレ人ってこと?エルディア人ではないからってことですか?始祖の巨人の力で記憶の改竄ができるのも、他の巨人のすべてを支配し操る力というのも、巨人になる血筋のエルディア人にしか効果がないのなら、政府のブタさん達や東洋の人達に効かないのは理解できるかと思うのですが。
    戦うことを拒否したレイス家とマーレ人とが結束して壁の中のルールを決めた…とか。(私はフリッツイコールレイスとはなんとなく思えなくて…)

    • 管理人アース より:

      きよぴぃさん!

      コメントありがとうございます!

      >9つの巨人しか知性はいないことになるのですかね?今現在は…
      ということだと思います!

      >『エルディア人は他民族に無理矢理子を産ませユミルの民を増やした…』ともあります
      管理人アースは、他民族を無知性巨人にしたという意味かと思ったのですが、分かりませんね。
      「民族浄化」は「巨人になれる人種となれない人種の選別」かなとか。

      >貴族や政府の人たちはマーレ人ってこと?
      これですよね。
      なぜ、マーレ人を側近や貴族としているのか?
      もしかしたら、レイス家はマーレ人?
      そうなると、レイス≠フリッツ決定ですよね?
      これを証明できれば…

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  59. アースさんの記事は神 より:

    単刀直入で失礼しますがユミルの話していた『せー』は、マーレの戦士なのでしょうか?
    あとヴィレッジという映画の世界構成でおもしろいことがあるので映画の落ちだけでも少し見てほしいです。(無理にとは言えないです)
    返信お待ちしています

    • 管理人アース より:

      アースさんの記事は神さん!

      コメントありがとうございます!

      ユミルの「せー」が「戦士」なのではということですね。
      あり得ると思いますよ。

      ヴィレッジの内容は知っていますが、さすがにそのオチが「進撃の巨人」であるとは思えませんが(・_・;)

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  60. 綾瀬 より:

    お初にお目にかかります。綾瀬ともうします。いつも考察楽しく読ませてもらってます。
    今回すごい展開でしたね。でももう二つ疑問があるように思われるのですが。
    疑問1「故郷組がマーレの戦士だとしたら、ジークと年の差ありすぎじゃない?」
    ジーク7つ以下で戦士に。そして既におっしゃっている通り、ジークは三十代以上と思われます。なら、十そこそこで壁に来たこきょうぐみは?仮説としてはジークは生き残り初代戦士。実験?で死んだ戦士の代わりに戦士計画続行で徴収されたのが故郷組と思われますが以下がでしょうか?
    2「ユミルの民という言葉がグリシャ時代にはマーレにも残っている。のに、ユミルに故郷組反応なしおかしくない?」
    これは本気で分かりません。ライナーもベルもユミル巨人とは気がつかず、知っても丁重に扱う、問いただす等のはんのうなし。分かりません。記憶障害とも思えませんが(^^;)
    以上です。これから真実が気になりますね‼ユミルの動向に注目です‼生きて‼と願ってます。

    • 管理人アース より:

      綾瀬さん!

      コメントありがとうございます!

      >ジークと年の差ありすぎじゃない?
      そうですね。これには理由があると思いますよ。
      ジークがマーレの戦士に応募してから20年以上壁内を攻めるのに時間が経過している理由が…
      ライベルアニは、壁ドンを起こした時10歳位だったはずです。
      つまり、応募を開始してから10年以上、戦士の適格者が現れなかったとか。
      もしくは、その間にも攻めたのだけれど失敗しているとか。
      そのような理由が考えられますね。
      ユミルという名前に、なぜライベルアニが反応しなかったのかは、分かりませんね。
      知らないということでしょうか?(・_・;)
      この辺りは、ユミルの手紙が開示されると、何か分かるのかもしれませんね!

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  61. トーカイ地区出身 時帰呼 より:

    こんばんは。
    はじめまして。

    今回、どうしても 私の考えを陳べたくて、コメントさせていただきます。

    ① 《パラディ島とは》

    劇中に出てきた地図は 現実の北半球に住む私たち日本人が使っている地図を逆さまに見た地図ではないかと思います。

    エレンたちの住む3重の壁は かなりの広さがあり 小さな島に収まる物ではないのではと考察します。

    さらに 今回の劇中で語られたマーレ政府が 収容所のエルディア人に教え込んだ『歴史』は 自分達の都合のよいように改竄されたものであることは間違いないと思います。

    私には、現実世界の某国が 国民に教育している歴史と憎しみを想起させずにはいられません。

    その某国は 自分達の住む半島を大きく地図に記し、先の大戦で 自国を植民地にした国を自国より小さく記していると言います。

    したがって、マーレの他の国(あるいは マーレのような自治政府)がある大陸は アジア大陸である。

    地図にある大きな面積を持つマーレ政府がある地域はは 半島にある一国であり、パラディ島は日本であると推察します。

    日本は かつて鎖国をしていました。 これが 壁を築き壁内に立て籠ったレイス家とイメージが重なります。

    ②《資源とは》

    私も 他の方が 考察しているように 巨人化出来るのはエルディア人のみだと思います。

    そして エルディア人とは 東洋人と東洋人の血をひく人間の事ではないかと推察します。

    マーレ政府は 地下資源目的などと言っていますが、それは方便で、資源とは パラディ島の壁内に籠っているエルディア人と 全ての巨人を意のままにあやつり 巨人化させる『叫び』の力を持つ 始祖の巨人の末裔である王家の『座標』の事ではないでしょうか?

    『座標』と より多くのエルディア人を手に入れれば、マーレは 近々起こると考えられる他国との巨人戦争において、資源量と最強の巨人の力『座標』を持つことで 圧倒的優位に立てるので それを欲しているのでしょう。

    収容所は 複数あると劇中で語られていました。

    つまり現在は 各国が持つエルディア人の量が 各国の軍事バランスを保つ『核仰止力』となっているのでは?

    そして、勿論 各国も それぞれパラディ島を手に入れようと考えているだろうことは間違いないでしょう。

    「近いうちに 壁内が地獄になる」とは そういう意味だったのでは?

    ③《マーレ政府の思惑》

    壁内のフリッツ王家が 偽の王家であったように、ダイナ・フリッツも 偽の王家の人間なのではないでしょうか。

    エルディア復興派の人間は フクロウの情報とフクロウが差し向けたダイナの証言を照らし合わせて 盛り上がっていましたが、考えてみれば 両方とも偽の情報で フクロウの策略ではないでしょうか?

    そして、そもそも フクロウなどという人間は存在せず、全てはマーレ政府の陰謀なのでは?

    つまり 王家の血を引いていたのは ダイナ・フリッツではなく グリシャ・イェーガーだったのではないでしょうか?

    グリシャが 古語を なんとなく読み解けたことが それを暗示していると 私は考えます。

    では何故、グリシャの家系が 巨人の力を持っていると判明したかと言えば、フェイの死が関係しているのではないかなと思います。

    グリシャが王家の血筋だと知ったマーレ政府は フクロウという人物をでっち上げ、意図的に エルディ派を組織させ、グリシャを 組織に引き込むことに成功。

    名誉マーレ人という餌を巻けば、グリシャは その餌を利用して マーレ政府を出し抜こうと考えるだろうと予想し フクロウの情報で誘導した。

    マーレ政府は 計画通り グリシャの家系の血をひく適齢期の少年ジークを手にいれたので グリシャ自身は用済みになり、マーレ政府に害をなす人間を フクロウの情報で操り 一ヶ所に集めて エルディア復興派を 一網打尽にすることを 最初から計画していたのかもしれません。

    私としては、幼いジークが 両親を密告し告発したのは マーレ政府による洗脳だと 思いたいです。

    壁外の各国には 始祖の巨人が残した9つ巨人の力のうち 7つ存在していると言われているので、それが本当だとしたら 壁外の世界には巨人の力の総数は7つ。

    壁内の『座標』を持つ真の王家のレイス家が一つ。

    そして、新たに マーレの収容所の中で発見された巨人の力を持つのが グリシャの家系だった…。

    これで、9つになります。

    今までは 各国が エルディア人の数で 危うい均衡を保っていたが、マーレ政府は 新たに 巨人の力を持つグリシャの血統から ジーク手に入れ、幼い頃から周到に洗脳し 壁内の『座標』奪取の尖兵を指揮する戦士長に育て上げたのだと推察します。

    ④《フクロウとは》

    これらを 全て計画できるのは、ずる賢く立ち回り 強い出世欲を持つ頭の切れる人間だとだと思います。

    その人物は マーレ政府側で 唯一 名前の判明しているクルーガーの可能性が高いような気がします。

    ⑤《ユミルとは》

    そうとは知らずに 他国が 楽園へ送り込んだ 未発見の知性巨人だったのでは?

    だから、ライベルの故郷であるマーレに 他国の知性巨人であるユミルを連れ帰れば ユミルは マーレの戦力増強のために巨人化の贄にされる=殺される。

    以上が 私の考えですが、如何でしょうか?

    かなり コメントが長くなってしまい 申し訳ありません。

    • 管理人アース より:

      トーカイ地区出身 時帰呼さん!

      コメントありがとうございます!
      ちなみに管理人アースはトーカイ地区在住です(^^)

      >パラディ島は日本であると推察します。
      たしかにマダガスカルだと壁が入り切らないですが、日本なら入りますね。
      う~ん、とすると東洋の一族=日本人はかなり迫害されてしまったことになりますね。
      ただ、鎖国のイメージは良く分かります。
      モチーフとして日本が用いられたとも考えられますね。

      > 各国の軍事バランスを保つ『核仰止力』となっているのでは?
      これ、面白い考察ですね!
      他の方からも資源が「放射性物質では」というコメントを頂いているので、よく分かります。
      ただ、エルディア人が抑止力という考察は新しいですよ!

      >巨人の力を持つのが グリシャの家系だった…
      管理人アースは、87話でグリシャが無知性巨人となり壁外を彷徨うという展開になると予想しています。
      ただ、もしグリシャが王家の血を継承しており、巨人の力を持っているのなら無知性巨人にはなりませんよね。
      そして、86話最後の場面までにグリシャ父か母を捕食して巨人の力を継承しているということになるはずです。
      この展開はちょっと厳しいかもですが、しかしゼロではないかなと思います。

      > マーレ政府側で 唯一 名前の判明しているクルーガーの可能性が高いような気がします。
      フクロウ=クルーガー説はあり得るかなと思います。
      もしくはアニ父かなとか。

      面白い考察をありがとうございます!
      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  62. 足のサイズが巨人の女 より:

    こんばんは、アース団長(*`・ω・)ゞ
    こちら拝見させていただき、いつも未だ描かれない物語を空想し楽しんでましたが…今回物語が一気に広がりましたね。

    ユミルは、やっぱりやんごとない血筋だった。だったらマーレ側の戦士候補に喰われることはない。(耳の形とか共通点から)事情知るのは現時点ジークのみ、いずれはエルディア王族の血統を遺す目的で留置されてるだろう。
    ところで、パラディ常駐戦士団の最高指揮官はジークなのかな?上級士官もいるのか。航空機飛ばしてるってことは無線くらい使ってそう。
    壁内の貴族はレイスの記憶操作無効ゆえ、純血マーレ人だろう。無線くらい持ち込んでマーレ政府とやりとりしてそうだ。

    エルディアが巨人の力で平定し1700年もあれば混血も進んで純血マーレやエルディアの血統をもたない民のほうが希少。1700年あれば平定も乱れ、対外に新たな争いを生じてるだろう。勿論、巨人の力は軍事力に。争いがなければ、土木建築機械として。
    巨人の力が及ばない「希少の民」にすれば、記憶操作の力を使えば大半のエルディア血統に自虐史観を植えつけることで彼らを支配し奴隷化できるわけ。
    マーレはフリッツ王家に工作を仕掛け、始祖の力を簒奪しパラディにエルディア民を「閉じ込め」た、だから壁の巨人は内を向いている。(兵器)巨人生産拠点にした。エレンにしてみれば「家畜」。
    その工作のなかで、ユミルが言う「存在するだけで憎まれた…」王家が疎まれ、王の交代が成されたのだろう。
    フリッツに仕掛けられたマーレ側の工作員が、王家の血をわけたレイス。

    ジークがレイスを目の敵にするような文言あるのは、そのためじゃないか。
    だから、ジークはユミルを殺さない。むしろ妃として迎え入れていると推測します。

    • 管理人アース より:

      足のサイズが巨人の女さん!

      コメントありがとうございます!

      >無線くらい持ち込んでマーレ政府とやりとりしてそうだ。
      もしこの展開があったら衝撃ですね!
      ただ、もしそうならライベルアニに教えてあげれば壁内のどこに座標があったのかをもっと早くに知れたように思います。

      >だから、ジークはユミルを殺さない。むしろ妃として迎え入れていると推測します。
      そう、ユミルという名前を聞いたら丁重に扱いそうですよね。
      それとも、エルディアの元凶として、真逆な対応を取るでしょうか?
      う~ん、難しいですね。

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  63. 東の海 より:

    アースさん、こんばんは。更新ありがとうございます。

    私が86話で気になるのはグリシャの眼です。
    先月号の写真のグリシャを見たとき眼が黒目だったので、あれ?と思ったのですが今月のグリシャの幼少期から成人にかけての描写でも黒目のように見えます。でも第1話のグリシャの眼は色素が薄いように見えるのですが・・。
    眼の色が食べた知性巨人の人の眼の色に変化するのかなと思うのですが。もしそうであればグリシャはクルーガー(知性巨人と仮定して)を食べて知性巨人化したのかも・・。(私もクルーガーはフクロウだと思います。)

    衝撃の展開でコメント数が凄いですね。アースさんの記事楽しみにしていますがアースさんの体調が心配です。無理なさらずに、ご自愛ください。長文失礼しました。

    • 管理人アース より:

      東の海さん!

      コメントありがとうございます!

      >眼の色が食べた知性巨人の人の眼の色に変化するのかなと思うのですが
      これ、Wir sind die Jagerさんのコメントで同じ内容の物がありましたね。
      そして、そこでは「ダイナ色素が薄く知性巨人では」と指摘されていました。
      管理人アースは、この考察を読んで、リヴァイに斬り付けられて脳機能の移行をするライナーを思い浮かべましたよ。
      2015-10-08_032055

      「進撃の巨人」第74話「作戦成功条件」より

      このような目は、知性巨人固有のものなのでしょうか?
      しかし、アルミンの目や、エレンの目は変わっていないように感じるのですが…

      >ご自愛ください
      ありがとうございます!
      気を付けて、日々更新しますね!

      あと、「東の海」というHNは、物語の最後の最後で重要なキーになるような気がします。
      先見の明を感じさせる名前ですよね!(^^)

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  64. ソルトミル より:

    いつも鋭い考察楽しみにしてます。

    てっきり壁の中にいる多数の超大型巨人も知性巨人かなと想像してたのですが、9つの巨人しか知性巨人は存在しないのでしょうか。

    • 管理人アース より:

      ソルトミルさん!

      コメントありがとうございます!

      そうですね。
      光を遮ることにより、活動を停止している所からも無知性っぽいですしね。
      そして9つしか知性巨人は存在しないと思われます!

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  65. STAEDTLER より:

    団長様、早速の返信ありがとうございます♪*゚

    なるほど、ガイドブックまではチェックしていませんでした!
    しかも諫山先生、後悔されているのですね…
    ここまで連載が進んでしまった今となっては訂正も不可能ですし、私も「単なる固有名詞」として読み流す事にします(笑)

    諫山先生が企画の段階で私に相談してくれていれば「東方」をオススメしたんですけどねー(笑)

    それと、2つ目の投稿
    考察@主題歌で誤字を見つけましたのでこの場を借りて訂正させて下さい。

    ✕「紅蓮の空」→〇「斜陽の空」の間違いでした。
    恥ずかしくてたまらないSTAEDTLERより…

    P.S.
    「STAEDTLER」の発音をカタカナ表記にすると
    「「ステッッドラァ」」が近いです。アクセントはae(発音記号が表示できません)にかかるのですがTは発音せずDが詰まり気味にやや強くなります。
    心の中で呼んで下さい(^^♪

    • 管理人アース より:

      STAEDTLERさん!

      コメントありがとうございます!

      >✕「紅蓮の空」→〇「斜陽の空」
      これ、修正しておきましたよ!

      >諫山先生が企画の段階で私に相談してくれていれば
      もし管理人アースに相談してもらえていれば、全ての謎を教えてもらいます(笑)
      いえ、実際はそんなもったいないことはしませんが!(笑)

      >「「ステッッドラァ」」が近いです
      おー、そうなんですね。
      ドイツ語の発音は分からないですね~。
      第2外国語はドイツ語ではなかったので(・_・;)

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  66. ミント より:

    私も先ほど読み終えました。
    が、こうなってくると
    どうしてもアニについてが
    説明できんないんですよね。
    アニは巨人を呼び寄せ
    自分を食べさせていました。
    つまり巨人を
    操れるということに…
    巨人を操るのが
    始祖の巨人、つまり
    エレンの力のはずなのに
    そのような力を
    アニも持っているのは
    どういうことなんでしょうね?

    • 管理人アース より:

      ミントさん!

      コメントありがとうございます!

      >始祖の巨人、つまり
      エレンの力のはずなのに
      そのような力を
      アニも持っているのは

      つまり「始祖の巨人」=「巨人を操れる」という意味ですよね?
      おそらくですが、「始祖の巨人」は「知性巨人も操れる」能力だと思われます。
      今回の話にもありましたが、「8つの家同士の争いも、始祖の巨人で争いを諌めていた」という説明があったと思います。
      なので、「始祖の巨人」は全ての巨人を操れるのでしょう!
      アニの「叫びの力」は無知性巨人だけ操れるのだと思います。

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

      • ミント より:

        そ、そうか!
        知性巨人まで操れたら
        相当なチート能力ですね(笑)
        鎧巨人、超大型巨人、
        猿の巨人に叫びの巨人、
        マーレ戦士の巨人達は
        個性に溢れてますねー

        それとこれから
        もしかしたら
        アニが味方になって
        くれるかも?みたいな
        期待を抱いてます。
        アニのお父さんが
        復権派だった可能性は
        高いので
        そこからうまく
        つながってくれないかなー
        なんて考えてます。

        • 管理人アース より:

          ミントさん!

          コメントありがとうございます!

          >アニが味方になってくれるかも?
          この展開が来るかもしれませんが、ストヘス区での大量の被害、そして調査兵の大量殺害など女型の巨人アニは、かなりの罪を犯しています。
          この罪は償わなければ壁内の人々の感情が許さないと思われますよ。

          またコメントください!
          よろしくです!

          管理人アース

  67. リコ次長 より:

    いつも楽しく拝見しております。
    今回で一気に進撃の世界の謎解明に近ずいてきたように思います。
    一つ気になったのは、エレンの巨人駆逐への怒りが逓減してきていることが何によるものなのか?
    巨人の正体が同胞である事に気付きつつあるのか、故郷組の心情に理解をしてきたのか、罪人の意識が芽生えてきたのか。
    それとも・・・・・

    まだまだ楽しみですね。

    • 管理人アース より:

      リコ次長さん!

      コメントありがとうございます!

      >エレンの巨人駆逐への怒りが逓減してきていることが何によるものなのか?
      2016-09-15_042824

      「進撃の巨人」第85話「地下室」より

      エレンだけではなく、他のメンバーもちょっと気持ちが沈んでいるようにも感じますよね!
      これは、グリシャ・ノートを読み、世界の歴史を知った影響によるものかなと。
      87話もグリシャ・ノートの内容が続くと思いますが、その後のハンジ、リヴァイ、エレン達の動きが楽しみですよね!

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  68. los dias より:

    アースさんはじめまして。
    いつも楽しく読ませていただいてます。

    気になったのですが、巨人を引き継ぐためにはエルディア人である必要があるからこそ、マーレ政府はエルディア人からマーレの戦士を集った訳ですよね。

    となるとライベルアニもエルディア人ということになると思いますが、
    ベルトルトがエレン達を、悪魔の末裔が!と罵るのが腑に落ちないですね。

    洗脳のためか、すっかり自分はマーレ人のつもりなんでしょうか 笑

    • 管理人アース より:

      los diasさん!

      コメントありがとうございます!

      驚きました!
      全く同じ考えですよ!
      数日後にこの考察記事を公開する予定ですので、ぜひ見てみて下さい!
      7つの巨人を手駒にしたように、マーレには「洗脳」の能力があるのではないかと。

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  69. Risingゼルト より:

    アースさんお疲れ様です!そしてお久しぶりです!w(そんな関わっていませんがw)
    僕も個人的にいろいろ考えてみましたが、いくつか思うことがあります。
    1、ユミルどこいった?w
    2、こっちの壁を破壊する理由は?
    3、ベルトルト、ライナー、アニの故郷は同じ?もしくは同胞? 
    4、アニの父は反政府組織の生き残り??
    5、巨人が南から来る理由は?(南じゃない気がします)
     この5つです。(上のひとつは無視のほうがいいかもw)
    1、シガンシナ区等の壁を奪還する際に唯一出てきていないのがユミルですがどこへ行ったのかなぁ(アニは例外でw)
    2、ベルトルト達が手を組んでいる=人類を滅ぼすのが目的?というふうに思っていましたがその可能性がなくなったように思います。壁の中=全人類 ではなくなったからですね
    じゃあなぜ攻撃するのかそれは壁の中、王政、貴族の中にマーレの生き残りがいたから、もしくは別の目的かとなります。そこらへんがどうなるのか楽しみですw
    3、以前ベルトルさんが「ライナーは昔は戦士だった」みたいなことを言っていたのを思い出しました。戦士=第何回目のマーレの戦士?だと思います まずなぜ第何回目なのかというとジークを第1期だとすると明らかにジークとライナー、ベルトルさんの顔年齢差がおかしくなるからですね。そしてライナーが戦士だった時を知っているということは、もしかすると同期のマーレの戦士だったのではと考えました。アニはどういった経路でなったのかイマイチわからないけどもしかするとライナーたちと同じ戦士だったのか、もしくはフクロウだったのか・・・
    4、アニが全身硬質化?するときの回想で(記憶が曖昧なので若干予想です)「すまないアニ、全部父さんが悪いんだ。ーーすべてを敵に回しても、父さんだけはお前の味方だ」みたいなことをいっていました。つまりアニの父さんはグリシャたちと同じ反政府組織でたまたま生き残っていたけど身元がバレたとか・・・だから謝っていたのではないかな・・・もしくはアニを戦士にしようとしていたのかも・・・戦闘技術を教えてもらったのは政府に対抗する力をつけるためかも知れない。(いつ政府の人たちが来ても大丈夫にと・・・)
    5、なぜ巨人が南から来るのか?ということですが、巨人化させられた人たちが来る方向が南ではないのかな・・・=ベルトルさん達の故郷はいまエレンたちがいるところから南に数キロ離れたところにあるのではないのかなと思います。(少し自分がわからなくなってきたのでここらへんで手をとめますw)
    あとはライナーたちが故郷に帰るぞとか言っていたけど故郷に帰る鍵がここにあるのか、座標=エレンが必要なのかそれも気になります。
    長文失礼しました。毎回予想も楽しみにしていますので、お疲れの出ませんようにしてください!!w

    • Risingゼルト より:

      後々思ったのですが、エレン=座標必要=巨人をコントロールする必要があるのではないのかなと思います。もしかすると故郷が巨人によってすごいことになっているのかもw
      以上ですw。

      • 管理人アース より:

        Risingゼルトさん!

        コメントありがとうございます!

        今回の話では、壁の世界=パラディ島の地下に存在する資源が必要だからという理由でしたね。
        そのためには、フリッツ王の「始祖の巨人」を奪わなければ…ということでしょう。

        またよろしくです!

        管理人アース

    • 管理人アース より:

      Risingゼルトさん!

      コメントありがとうございます!

      >人類を滅ぼすのが目的?というふうに思っていましたが
      もともと壁を攻撃していたのは、座標を求め、どこにあるのかを探る為だったのかなと思っています。
      そして、今も座標奪還が目的でしょう。

      >ジークを第1期だとすると明らかにジークとライナー、ベルトルさんの顔年齢差がおかしくなるからですね。
      今回の話で登場した「マーレ戦士募集」はエレン達の時代とは30年程度前の話のはずです。
      なので、ジークとライベルはかなりの年数差があるでしょう。

      >アニの父は反政府組織の生き残り??
      あり得ると思います。

      このアニのセリフである「理想に酔いしれる」というのも、何か感じますよね?
      anititi

      「進撃の巨人」第17話「武力幻想」より

      アニ父は、エルディア復権派だったのでしょうか?

      >なぜ巨人が南から来るのか?
      これは、上手くすると87話で分かるかなと思っています。
      おそらくは、マーレがエルディア人を無知性巨人化させる場所が壁から南側の位置で行うからかなと考えています。

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  70. STAEDTLER より:

    前略、団長様。

    多くの団員の方々が「耳の形」についての考察をしておられますので私も連投したいと思います!

    本編、単行本、アニメで追いかけてきましたが、エレンの初の巨人化から「おお、とんがってるなぁ」と思った記憶はありながらも初期は時系列が子供時代に戻ったり、それ以上に息をつく暇もないほどの怒涛の展開から「尖り耳」の事はしばらく忘れていました。

    というのも、能力はさておきエレンゲリオンは他の巨人と比較してもビジュアル面のカッコ良さは格別でしたし、「尖ってる方が断然カッコイイ」ぐらいに思っていました。

    初めて「あれ?これ、何か意味がある」と感じたのはアニメ1期のOP、紅蓮の弓矢を聴いた時で、それから確信へと変わりました。

    「家畜の安寧」「虚偽の繁栄」、そして
    「死せる餓狼の自由」!!
    これですよ!

    「うん、オオカミの耳って尖ってる(立ち耳)もんな!」と妙に納得したのを覚えています(笑)

    本来の純血種のオオカミは絶滅したと言われていますし、エレンは絶滅した(少なくともそう思われている)か、極端に少ない種族なのだろう、さすがREVO陛下は上手いなぁと感じたものです。
    他、自由の翼や紅蓮の座標にも同様のネタバレ的キーワードがたくさん散りばめられており、宝の山状態ですからね。

    まだエレンは「進撃の嚆矢」を「座標めがけて」「斜陽の空」を貫いていませんし、主題歌から今後の展開を考察していくのも面白いのではないかとずっと考えていました。

    もちろんミスリードされてしまう可能性もありますが、それも含めての考察かと思いますので頭の片隅にでも置いて頂ければ幸いです^^*

    STAEDTLER

  71. ひつじのリヴァイアサン より:

    こんにちはー!

    すっごいコメント数ですね。
    追加しちゃいますが^^;

    グリシャの手記の話はまだ続きそうですね。

    しっかし重たかったですねえ。。。
    初っ端に少年グリシャがボコられてますが、それ以上の衝撃でした。

    既出でかぶせてすみませんが、おそらくフクロウは「あの男(名前がわかりません)」だと思います。帰ろうとするグリシャを引き止め飛行船を見させたのはフェイが何をされているか見させないため、また、腕章を外さずにいた「賢さ」に目をつけたのではと考えます。長い付き合いになったようですね。

    ダイナがエレンのお母さんを食べたのも間違いなさそうですね、エレンのグーパンチを受け止めただけだったのはグリシャの子供とわかっているから。これも既出ですね。

    ジークが密告したのは、おそらくやりたくないことをやらされていたからでしょう。猿の人形がそっくりで笑ってしまいました。

    皮肉が多いというか、巨人というモチーフでいつの世からもいつまで経っても変わらない人間社会の普遍的な理不尽さやどうしようもなさを描いている作品だと思います。

    ユミルは本人か末裔か…ちょっとわからないですが、クリスタに固執するのも納得できました。

    • 管理人アース より:

      ひつじのリヴァイアサンさん!

      コメントありがとうございます!

      >フクロウは「あの男(名前がわかりません)」だと思います
      フクロウ=クルーガー説ですね。
      これはあり得そうですね。

      >ダイナがエレンのお母さんを食べたのも間違いなさそうですね
      これ、どうですかね?
      あり得ますが、まだ確定かは分かりませんよ!(^^)

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  72. グレムリン より:

    追加ですいません><

    あと、初代王が築きたかった楽園って「差別がない世界」じゃないでしょうか?

    壁の中は記憶改ざんで、自分のルーツがわかんないから確かに人種の差別はほぼないですよね。

    だけど、結局は差別されることになったアッカーマンのケニーにあやまる+彼と友達になれたことに特別の意味があったのかも?マーレでは絶対に考えられないことだったとか

    • 管理人アース より:

      グレムリンさん!

      コメントありがとうございます!

      >「差別がない世界」じゃないでしょうか?
      しかし、アッカーマン、東洋の一族にはひどい迫害をしていましたよね。
      う~ん、一部を排除して、自分たちだけ幸せみたいな政策を行おうとしていたのでしょうか?(・_・;)

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  73. グレムリン より:

    アース団長、返信ありがとうございます!嬉しかったです!!

    ミカサの入れ墨について予想ですが、やっぱり東洋人は戦争で一度滅びかけたと思います。なので、同胞がたくさん死んだ日付が刻まれているのではないでしょうか?イメージ的に原爆の日とか9.11のテロとかと同じで、哀悼の意味として記憶消されるかもだけど刻んでおけば後に残せるという意味で。

    記憶や歴史の改ざんが横行する世界で真実はどう残せばいいのか、難しいですね・・

    • 管理人アース より:

      グレムリンさん!

      コメントありがとうございます!

      う~ん、管理人アースは失われた世界の歴史が刻まれているのだと思っているのですが。
      日付も面白い考察です!

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  74. STAEDTLER より:

    アース団長様、更新お疲れ様です。
    今回のコメントの伸び率、尋常じゃないですね!
    そしてその全てに返信されている団長様の行動力、精神力、考察力並びにお心遣い…
    毎回本当に頭が下がります!

    しばらくご無沙汰してしまいましたので、今回は私のルーツについて少しだけ語らせて下さい。
    まずは私のハンドルネーム、STAEDTLER。。。
    母方の祖父の名前です。
    お察しの通り、ドイツ系です。
    ドイツでは過去の過ちを認め、そして二度と繰り返さぬようにと幼少期から徹底的にナチズムとその残酷で残虐極まりない歴史を学びます。
    (各国からの難民を多く受け容れているのもその影響と言われています)
    私は日本で生まれ育ちましたが、あの壁…グリシャとフェイが飛行船を追いかけて飛び出したあの壁が祖父から何度となく聞かされた「ユダヤ人ゲットー」を彷彿とさせ、今回の進撃はいつにも増して(私にとって)辛いものになるだろうと予感し、そしてその通りの展開となりました。

    今回は多くの団員の方々が考察されていますが、「マーレ」「パラディ」「フェイ」等の語句はすぐにピンときました。
    ドイツ、イタリア、日本は同盟国であった歴史もありますし、祖父も流暢とまではいかないものの日常会話程度のイタリア語は理解出来たようです。

    島と大陸については私も「マダカスカル!!」と直感したものの、形からのイメージであり考察として説明出来るだけの材料は揃っていないのが現状です^^;

    七人の巨人は概ね皆さんの考察の通りで間違いないでしょう。
    大どんでん返しがない限りは…
    カルライーターの件も、私も「似過ぎている」と感じました。しかし情報や面識が無いため「偶然では?」という考えも多く見受けられます(団長様もそうですよね?)。
    ここで私は「女の勘」説を唱えたいと思います!
    カルライーターが後々エレンを襲ったのも(ハンネスさんの尊い犠牲で回避されましたが)たとえ無知性であっても原始的レベルでの本能、女の勘が働いたのではないかと。

    ここしばらく温めていたネタはまだまだあるのですが、今日は三国同盟について触れましたのであと1点。
    ミカサの血筋について前々から(それこそ連載当初から)気になっていた疑問を投じてみたいと思います。

    今でこそアルレルト家所蔵の書物や今回の地下室の秘密が明らかになった事により兵団や上層部など一部の壁内人類も「未確認ながら海なるものの存在」または「かつては海というものがあったかも知れない」程度の認識は持っていますが…

    壁ドン以前の壁内世界ではその存在を示す物は秘匿または処分され、所持していた者も罰せられていたはずでしたよね?
    なのになぜ誰も疑問を持たずに「東洋の」「東洋人」といった単語を使うのでしょう?

    あのアルミンでさえ想像がつかず「湖」と呼び一般人には認知されているはずもない外洋を感じさせる「東洋」という言葉…

    なぜ「東方」ではいけないんでしょうか?
    壁内人類の古い古いDNAには海や火山、砂漠の記憶が眠っているのでしょうか?
    連綿と営まれ紡いで行く命の記憶、血脈。
    それすらも否定するほどの強大な洗脳、そしてその元凶。

    今回の感想、次回予想とは少しズレているとは思いますが、作中での説明が無い事、私の見る限りこのサイト内でも同様の投稿や考察が無かったように思いますので団長様に提言させて頂きました。
    (もし既出でしたら…削除願います)

    STAEDTLER

    • 管理人アース より:

      STAEDTLERさん!

      コメントありがとうございます!

      >お察しの通り、ドイツ系です。
      そうだったんですね。
      カッコいいHNだと思っていましたが、まさかお祖父さんのお名前だったとは…
      となると、たしかに今回の展開は、一般読者とは違った感慨があるでしょうね…

      >、「マーレ」「パラディ」「フェイ」等の語句はすぐにピンときました。
      おー、さすがですね(^^)
      こういう語句がすぐに理解出来るのは、羨ましいですよ!
      管理人アースは、頂いたコメントで気付くくらいで…(・_・;)

      マダガスカルは、サイズ的に壁が入り切らないので、モチーフとして、だけかもですね。

      >なぜ「東方」ではいけないんでしょうか?
      作者は「東洋」という言葉にしたことを後悔していると公式ガイドブック「Answer」にてコメントしていました。
      これは、「東の海」という意味を表現したかったようで、いわゆる「東洋」という場所を表したかった訳ではないようです。
      どちらにしろ、海という表現の言葉のようですが…
      たしかになぜ不思議に思わないのか、ですね。
      もしかしたら、固有名詞として捉えているのかもですね!
      「海」という意味ではなく「東洋」という名前で捉えているのかもですよ。

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  75. 名無しの巨人 より:

    はじめまして、名無しの巨人と申します。

    既出かもしれませんが、ダイナ・フリッツがエレンの母親を食べた女型の巨人に似ていると思い、コメントしました。

  76. てんげつ より:

    今回の話的に、グリシャがなぜ始祖の巨人を奪い、エレンに託したかが見えてきた気がします。

    まず一つに、グリシャは外の世界の事情を知っていることから、壁を破壊された時に、レイス家を襲い始祖の力ゆ奪い、誰が持っているか分からなくした。と考えられます。

    二つ目にエレンに託した理由としては、巨人(自分の仲間)がカルラを喰った事から、自分の家族を自分の仲間が殺したと受け止め、エレンに自分を喰わせ力をさずけた。

    もしくは、自分の力でカルラを喰った巨人(自分の仲間)を、仇として殺す事が出来ないからだと思います。

    • 管理人アース より:

      てんげつさん!

      コメントありがとうございます!

      >誰が持っているか分からなくした。と考えられます。
      面白いですね!
      ただ、フリッツではなくレイス家が持っている、そしてフリッツ王という影武者をおいていても意味がなかったということになりますね。
      たしかに、グリシャは突き止められているので…そういうことになるかもですね。

      >自分の力でカルラを喰った巨人(自分の仲間)を、仇として殺す事が出来ないからだと思います。
      ああ、これも面白いです。
      壁外の巨人はグリシャから見たら同志ですからですね。
      その巨人がカルラを捕食したと考えたらたまらないですね!
      しかし、それでエレンに丸投げはちょっといただけないですが(-_-;)
      ただ、筋の通った考察だと思います!
      面白い考察、ありがとうございます!

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  77. センクウ より:

    アース団長、お忙しい所お返事ありがとうございます!

    また別の話になりますが、
    エルディア人がエルディア人を食べる悲劇、
    そして調査兵団がコレまでやってた巨人を倒す行為も同じ民族の殺し合いだったんですが、

    そんな残酷な話の中、唯一巨人とコミニュケーションを取ろうとしたハンジさんは凄いですね。
    変人扱いされていましたが、最も正しい行動を取っていたんですね。
    まあ痛感のテストとかもやってましたが(笑)

    • 管理人アース より:

      センクウさん!

      コメントありがとうございます!

      >唯一巨人とコミニュケーションを取ろうとしたハンジさんは凄いですね。
      そういう見方をすると、確かにそうですね(笑)
      ただ、この内容を知ったハンジ、リヴァイの気持ちは「巨人の正体が人間だった」と分かった時と同等のショックでしょうね。
      同じ人間だったどころか、同じ民族だった。
      さらには、自分達は彼らを見捨てて壁に逃げ込んできた人々の子孫だった。
      その上、巨人になった彼らを駆逐していた…
      どういう気持ちになるでしょうか…(・_・;)
      ハンジさんが、これまで通り痛感テストができるのか、これも見どころかもです(-_-;)

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  78. ななし より:

    管理人さんお疲れ様です。
    今回も怒涛の展開でしたね。

    一つ考えたのは、「2000年後の君へ〜」という言葉の、「君」とは「貴方」という意味でなく「君主」といういみの「君」ではないかと思います。

    凄惨な歴史を経た上で、王の力を持った君は、どのような世界を作るのか?
    そういう問いではないかと思います。
    様々な王の姿が描かれてきた為、不自然な話では無いと考えます

    • 管理人アース より:

      ななしさん!

      コメントありがとうございます!

      >「君」とは「貴方」という意味でなく「君主」といういみの「君」ではないかと
      となると、誰を指しているのでしょうか?
      レイス?
      まだ判明していないフリッツ?
      ヒストリア?
      それとも、今後エレンが・・・(・_・;)
      面白い考察ですね!
      ありがとうございます!

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

      • ななし より:

        管理人さん、返信ありがとうございます。
        2000年後の「君」は、王の力を手に入れたエレンのことだと考えます。
        レイス家の力と、硬質化の力、そして、親友が超大型巨人の力を手にしました。
        エレンは王になる資格を持っていると思われます。
        進撃の巨人はエレンが王の力を手に入れる迄の話だと考えます。
        もっとも、エレンは王にはならずに自由を選択すると思いますが。

        • 管理人アース より:

          ななしさん!

          コメントありがとうございます!

          おお、面白い考察ですね!
          となると、「二千年前」に「エレンに向けてメッセージ」を送っている人がいる訳ですね。
          これは、ユミル・フリッツなのか、初代フリッツ王なのか…この二人が同一人物なのかは分かりませんが。

          またコメントください!
          よろしくです!

          管理人アース

  79. くろめ より:

    こんばんはー、いつも考察楽しく拝見させていただいております。

    最新話はすごかったですね。コメント数もとんでもない事になってますね!

    ユミル大好きな自分としては、早く手紙の内容が公開されて欲しいです。

    さて今回の話で…

    壁内でレイス家が王家を名乗らず傀儡政治を操っていたのは、マーレ側からの攻撃や内偵があった場合に備えての事なのかなと考えました。

    確実にマーレ側は行動を起こすでしょうし、実際起こしています。

    次にユミルなのですが、例えユミルフリッツがユミルの事を指していたとしても、レイス家の面々とは全く容貌が異なっており、ユミルがレイス家の始祖だとは思えません。

    フクロウが持ってきた文献では始祖ユミルは治水工事をしたり、農工で豊かな恵みを与えたりと、あれはグリシャの適当翻訳ですがw、元々の北欧神話に出てくるユーユミルのイメージに近く、まんざら正解なのかもしれません。

    さらに神話のユーユミルは、殺されてその体をバラバラにされ、大地を潤し森や川になったんですね。

    その事と、ユミルが塔から飛び降りる時に言っていた「皆の幸せの為に死んであげた」という言葉が繋がるのではと思いました。

    まとめると、巨人能力を持っていたユミルからレイス家がその力を簒奪し、王家を名乗り民族浄化を始めたのではないか、という考察です。

    進撃の巨人の世界では(現実世界でも)国によって歴史の解釈や捏造改ざんは当たり前ですし、自分達の都合の良いように歴史を作っていってます。

    ユミルといういかにも北欧風な名前に、フリッツと言う名字は違和感がありますし、簒奪を隠す為のレイス家の捏造ではと感じました。

    ただ、挿し絵の少女自体はユミルその人かもしれません。

    アニメでひっそりと発表されたユミルの少女時代の姿とそっくりな事、ヒストリアが見ていた本では巨人の姿もユミル巨人と似ている事、そしてその少女がヒストリア曰く、「いつも他人の事を思いやる優しい女の子」であるという事…。

    これらの事からやはり挿し絵の少女は、ユミルなのではと考えます。

    ユミルはユミルが本名、もしくは彼女の本質的なものである事には違いないので、あの本や、伝承とは無関係とは考えにくいですから。

    存在そのものが世界から憎まれ、皆の為に死んであげた、というユミルの言葉は、今後大きな謎を解き明かす鍵となるのではないでしょうか?

    • 管理人アース より:

      くろめさん!

      コメントありがとうございます!

      >マーレ側からの攻撃や内偵があった場合に備えての事なのかなと考えました。
      この可能性はありますよね!
      あのフリッツ爺さんが、ユミル・フリッツの末裔だったら大笑いですが(笑)
      ただ、他の可能性もあるかなとも考えています。
      今日公開した86話ネタバレ考察!「9つの巨人」と「7つの巨人」の正体を検証!にて考察していますので見てみてください!

      >、ユミルが塔から飛び降りる時に言っていた「皆の幸せの為に死んであげた」という言葉が繋がるのではと思いました。
      ただ北欧神話のユミルは、子どもである三人の神に殺されていますよね?
      そして、その遺体から世界が出来た。
      この辺りがどのように反映されるのかも楽しみです!(^^)

      >挿し絵の少女自体はユミルその人かもしれません
      管理人アースもそう思っています!

      >ユミルはユミルが本名、もしくは彼女の本質的なものである事には違いないので
      これも間違いないでしょう!
      ユミルの手紙でどこまで明らかになるのか、何話で明らかになるのかが気になります!
      ものすごく楽しみですよ!\(^o^)/

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  80. グレムリン より:

    こんばんわ、初めまして!いつも考察楽しみに見ています。

    私は、フクロウ=アルミン父母かなと思ったのですが。
    最初の始まりにグリシャが飛行船を見に壁を越えてしまったってのが気になります。アルミン父母ってアニメ設定で飛行船の事故で死んだ?本当に死んでいるのか怪しいです。

    恐らく、グリシャはジークの二の舞にならないよう相当気を使ってエレンの教育を計画していたはず。将来エレンを守る盾としてアッカーマンミカサ(+東洋)と何かしらの理由があってアルミンをそばに置いていたのではないかと思います。

    あと、東洋人はマーレでも絶滅危惧種なのか気になります。

    • 管理人アース より:

      グレムリンさん!

      コメントありがとうございます!

      >東洋人はマーレでも絶滅危惧種なのか
      絶滅危惧種は吹きました(笑)
      超マイノリティの可能性はありますが、グリシャの母親が東洋人っぽく、さらにフェイという名前も中国っぽく気になっています。

      >アルミン父母ってアニメ設定で飛行船の事故で死んだ?本当に死んでいるのか怪しいです。
      そうですね。アニメではそのような設定でした。
      ただ、原作では「口減らし作戦」で死亡しているは事実なので、本当に死亡していると思われます。

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  81. H.T より:

    あ!!
    本当に何度もごめんなさい!

    尖った耳ですけど

    フリッツ王家(過去を遡るとフリッツ=ユミル民)の血を使用した巨人は尖った耳

    だから、エレン、ユミル、ジーク、グリシャはそもそも注射器の血がダイナフリッツのものだったから。

    あ、だからグリシャが注射器もってた?

    そんで耳の丸いのは元がフリッツ王家意外の王家の血を使用したものだから…
    楽園に送られた人々に使用された血もレイスや、他の7人の王家の血だから耳がまるい
    =ある意味で悪魔と契約したユミルフリッツの血が濃い?

    だから、耳が尖ってるのは悪魔の血が濃いとか?

    ここを読めば読むほど疑問が生まれますね!
    ユミルが缶詰をツクレタ時代の人なんだな?

    なんだか読めば読むほど考えが浮かびますね!
    来月号でかすってるかなぁ

    返信ありがとうございます。
    いつも楽しみに読んでいます!

    • 管理人アース より:

      H.Tさん!

      コメントありがとうございます!

      まず、巨人化液、巨人化注射は「脊髄液由来」の成分から出来ています。

      >エレン、ユミル、ジーク、グリシャはそもそも注射器の血がダイナフリッツのものだったから。
      このダイナ・フリッツの物というのが、よく分からないですね。
      ユミルが巨人化した理由は、おそらくですが60年前に「楽園送り」にされたからかなと想像でき、グリシャも同様です。
      エレンはグリシャの巨人化注射で巨人化しており、これがダイナから受け取ったのかどうかは不明です。
      レイス家から奪ってきた可能性もあります。

      管理人アース

  82. H.T より:

    ここの投稿を読んで気がつきましたが…

    妹フェイの殺され方と、
    確か拷問が趣味の将軍いましたよね。

    その将軍がマーレのスパイだったとして、それを関連付けるための演出ですかね。

    だとすると、これからエレン達が報告に行きますが変態将軍もいるから内情が筒抜けバレバレですよね…

    ユミルの手紙でヒストリアにマーレのスパイの事を知らせて→エレン達に伝えて→違う方向に進むのかな…

    あの、ユミルって本名はもしかして違ったりして。ユミルの民の王家の意味でユミルとか?

    あ、でも違う番外編でユミル様なんだもんね…
    もしかしてユミルが無知性巨人なのと、ダイナフリッツが無知性巨人なのは、

    王族の血族ってだけで、あくまでも9人の巨人を食さないと知性巨人にはならないのでは?

    レイス家も例外でなく。

    あと、色々な巨人がいますが
    九つの巨人…さるとか、四足歩行とか、色々と、

    それってさ、
    九つの巨人のうちの7人を捕獲して奴隷にして人間じゃなくて動物実験の一貫で動物に食わせたとか?

    その動物巨人を7人の子供戦士に食わせた。

    よく考えれば、人間巨人だったら相手の気持ちとかもあるし操るときに面倒だよね。
    動物だったら…捕まえておけばいいし。

    だからジークとか、猿なんじゃないか。

    耳が丸いのは人間が元の巨人とか。
    耳が尖ってるのは悪魔の遺伝子が、コウモリとか?

    • 管理人アース より:

      H.Tさん!

      コメントありがとうございます!

      ザックレー総統の事ですね。
      ザックレー総統がマーレ人の可能性は難しいかなと思いますよ。
      レイス初代王の記憶改ざんの影響を受けない可能性があります。

      管理人アース

  83. 兵長のブーツ より:

    こんにちは!

    9つの巨人は
    今、エレンが2つ分の力を持ってるんじゃないでしょうか??

    フリーダVSグリシャの戦いがあったので
    この2人は2人とも知性持ってる状態で戦ってるんだと思います。
    で、グリシャが勝ったので
    グリシャが2つ分力を持ってたのではないでしょうか!

    そのグリシャをエレンが食ったという流れだと思います。

    ・エレン(2つ分の力)
    ・アニ
    ・ライナー
    ・アルミン
    ・ジーク
    ・ユミル(生きていれば)
    ・4足歩行巨人

    なのであと1人は誰だ?という話になるかと私は考えました!
    ジークがエレンのように2つ分の力を既に持ってる可能性もあるかもしれません!

    • 管理人アース より:

      兵長のブーツさん!

      コメントありがとうございます!

      >ジークがエレンのように2つ分の力を既に持ってる可能性もあるかもしれません!
      この可能性は十分ありますね。
      本日公開した記事にも書きましたので、良かったら見てみてください!

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  84. H.T より:

    再投稿すみません。
    他のかたと意見がかぶっているかもしれませんがご容赦ください。

    色々と考えをまとめましたが

    そもそも王家がレイスではなく始祖の巨人→りんごの少女はユミルの祖先でユミルが元の巨人の祖先では?
    もともとユミルの民に座標があったが巨人対戦でレイス家に奪われて、レイス家はその座標をもってパラディ島に逃げ込んだ。だから籠ってる。

    地図に記載されている地名がマーレを覗いて8か、9あります。

    もしかしてドラクエみたいな感じ?

    ユミルの民(純血)とエルディア(混合)は違うとする。

    ユミルの民に伝わるんだかなんかで悪魔と契約して力をつけて帝国を築く。

    ユミルは9人子供を生んで力と各国を統治させてマーレを
    滅ぼす→だからダイナが言う王家がいたときも巨人家々の争いがあったが王家が逃げた事でヤバくなる。

    それだったら王家のよくある争いでマーレに利用されたとかわかる気がする。

    巨人の争いのときにフリッツとレイス家が味方でもともとフリッツに座標があったが、
    巨人戦争のときフリッツ王家が身代わりになるからレイス王家にマーレと裏切り巨人から座標を守るためにパラディ島を築いて身を潜めるように計画→そのときに座標をレイスに譲り渡した。

    だからレイスは座標を誰にも渡したくない腹黒さあり?

    レイスがパラディ島を築いている間に攻められないようにフリッツ王家が食い止めていたが、後からフリッツ一族を
    受け入れる予定だったがレイス家が裏切った。

    という感じで、ダイナフリッツが現れてレイスに復讐という話では?

    アニの父親の発言ですが、マーレの研究員で注射で巨人にするというのを発見してエルディア→またはユミルの民?
    だからエルディア巨人とは別の意味?→だからライベルとは違う。
    の母親と計画結婚して娘を戦士巨人にしたとか?
    研究員の娘だから?

    いかがでしょう。

    • 管理人アース より:

      H.Tさん!

      コメントありがとうございます!

      >もともとユミルの民に座標があったが巨人対戦でレイス家に奪われて、レイス家はその座標をもってパラディ島に逃げ込んだ。
      これが145代王の事になりますね。
      この考察、管理人アースも考えていました。
      あり得ると思いますよ。

      >ユミルの民(純血)とエルディア(混合)は違うとする。
      ただ、ユミルの民もエルディア人なんですよね。
      この差は何から生まれるのかという所ですね。

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  85. 進撃の青メガネ より:

    お久しぶりです。
    結局ヨロイブラウンはなんだったのでしょうか?

    • 管理人アース より:

      進撃の青メガネさん!

      コメントありがとうございます!
      これについては近々簡単にですが考察していみようと思っています!

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  86. ヤナガワ より:

    初めまして。
    いつもROMでしたが、今回は衝撃的過ぎてこうしてコメントする次第です。

    「9つの巨人=知性巨人」という説の根拠について本文中に書かれていると、「どうして?」とこの沢山のコメント欄を漁らずに納得できると思います……。

    と、私がコメントしたいのはそんなことではなく、これからの展開についてです。
    「物語の完結」という観点からすると、『進撃の巨人』はどのようなラストを迎えることを念頭に作られているのでしょうか?
    連載初期はエレンの言った通り「巨人を駆逐する」という終わり方を想定していて、それから人気と同時に連載が伸びることで想定を変えていった、今も変えている途中だしそうできるよう予め(無駄になる可能性を承知の上で)様々な伏線を張り巡らせていたのかなぁと思いました。
    現段階でのラストは「マーレ」との争いがどう結末を迎えるかだと思われますが、その後は……?
    もしかすると彼らが「パラディ」に進撃するのを急いだ、決断した理由の背景には大陸上の他の国々が関わっていて、そことの戦い(巨人化の力を使った)が始まるとか?
    あるいは「大地の悪魔」に関わるストーリーが始まる?

    何にしても、今伏線に見えるようなものでも今後の展開に依っては使われなかったり、或いは今伏線に見えなくても使われたりするものがあるのかも知れません。
    というか、これだけ上手く物語を進めているのを見ると、「本当に最初から全て計算して書いている」のか「ミスなどから伏線として後付けし使えそうな物を利用している」のかわかりませんね。
    その両方という可能性もありますが、ともかく言えることは、この作品は有り得ない程完成度が高く、作者も天才的であるということでしょうw

    • 管理人アース より:

      ヤナガワさん!

      コメントありがとうございます!

      >「9つの巨人=知性巨人」という説の根拠について本文中に書かれていると、「どうして?」とこの沢山のコメント欄を漁らずに
      その通りですね。
      考察部分に入れるつもりでしたが、別記事にて書きたかったので…
      明日、公開予定ですので、良かったら見てみてください!

      >「本当に最初から全て計算して書いている」のか「ミスなどから伏線として後付けし使えそうな物を利用している」のかわかりませんね
      同感です。
      ただ、具体的な言葉は忘れましたが「当初のラスト予定は誰もいなくなった、のようなアンハッピーエンドの予定だったが、あまりにも人気が出すぎたのでラストに責任を感じ…変更する予定」みたいなコメントを読んだことがあります。
      おそらく当初はエレンが目的を達成できず104期生がほとんど死亡し、エレン自身瀕死になり、そこをミカサがループ能力を発動し、「いってらっしゃいエレン」で1話に戻る…みたいな展開だったのではと思います。
      104期生ほとんど死亡という予想は、背表紙に104期生トップ10が描かれており、リタイアすると消えていくという所から、そういう予定だったことが察せられます。
      ただ、予定を変えるということなので、どうなるか…
      楽しみですよね!

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  87. センクウ より:

    アース団長お疲れ様です。

    すごい展開ですね、これまで散々引っ張った「地下室」が大抵の事じゃ読者は納得しないだろと思ってましたが、想像以上の衝撃でした。
    考察大変でしょうしコメントも多くて大変かと思いますが、全ての謎駆逐まであと一息じゃないでしょうか?がんばって下さい!

    さて、今回いろんな謎の回答が出た訳ですが、
    逆に腑に落ちない点が2点ほどあります。
    いや、他の方も書いてるんですが、

    1つはマーレはフリッツ王を刺激しない様に始祖の巨人の力を手に入れたい・・って言う割に壁ドンは刺激的過ぎるのと、
    もう1つはグリシャは手に入れた座標の能力を何故エレンに託したのか。

    前者は既にある程度マーレ人の壁内工作が済んでいたのでは無いでしょうか?(フリッツ王の側近がマーレ人説)
    後者はやっぱりカルラ・レイス説という事で既に団長と皆様で考察されてしまっていますが・・・

    いずれにしても、レイス家が本当の王家の力を継承していて、フリッツ家が影武者で王様をやってる事はサネスが口を割っちゃったんですが、その理由まで明らかにされていません。
    ニックやサネスが自分の命を懸けてまで守りたかった真実がまだ何かあるのでしょう。
    例えば、フリッツ王がエルディア人の平和の為に壁を作ったって話自体がマーレ人が作った嘘だとか?

    で、少し話は変わりますが、
    既に皆様考察されてますが、アニはエルディア人説濃厚だと思いますが、自分はライナーもエルディア人では無いかと考えております。

    これまで戦士ライナーが本当のライナーで、兵士ライナーが2重人格のもう1つの人格とされていましたが、実は戦士ライナーの方が洗脳されて生まれた人格ではないでしょうか?
    10巻の「俺達はガキで・・・何一つ知らなかったんだよ」あの辺りのセリフが気になります。

    7歳ジークも洗脳されてそうな目をしてるし。

    そうなるとあと1人、えっとベルなんとかさんもエルディア人な気がします。

    • 管理人アース より:

      センクウさん!

      コメントありがとうございます!

      今は亡き「ベルなんとかさん」に吹きました!
      ちょっと懐かしいです(笑)

      >1つはマーレはフリッツ王を刺激しない様に始祖の巨人の力を手に入れたい
      これは本当は、マルセルがユミル的巨人でライベルアニを乗せ、壁を登って忍び込むという作戦だったのではないでしょうか?
      ところがマルセルはユミル巨人に捕食されリタイア。
      で、急遽、幼い彼らが立てた作戦が壁ドンだったのではないでしょうか?
      こう考えると、いちおう辻褄が合います。

      >フリッツ王がエルディア人の平和の為に壁を作ったって話自体が
      これはいちおう69話でウーリ初代王が「楽園を作りたかった」と言っているので本当なのかなと思っています。

      >兵士ライナーが2重人格のもう1つの人格とされていましたが、実は戦士ライナーの方が洗脳されて生まれた人格ではないでしょうか?
      彼らがエルディア人で、ライナー洗脳は、別記事にて書こうと思っていたネタです(・_・;)
      言われちゃいましたが、書いた時にまたコメントください!(笑)

      またよろしくです!

      管理人アース

  88. ミカサスキー より:

    初めまして。いつも更新楽しみにしています!
    ついに謎がどっと明かされましたね!

    これは私の友達が言っていたことなのですが、
    最新話を見て、かつてのユダヤ人迫害を思い出したそうです。なんでも、以前見たユダヤ人迫害をテーマとした映画に最新話と似たような腕章、収容所が出てきたそうです。
    これに私はなるほどなと思いました。
    (歴史について浅学なので間違っているかもしれませんが)ユダヤ人は頭の良さを恐れられ、迫害をされてきましたが、人より優れた能力がある→迫害の流れが今回の展開と似ていませんか?
    今まで舞台はドイツ説が有力でしたが、地図のようなものが公開され、どうやら別の土地であることが判明しました。(島国と聞くとイギリスを思い出しますがこれも違いますよね。そもそも地球かどうかも分かりませんが)
    しかし、ユダヤ人迫害をモデルにしているなら、やはりドイツが地盤にあるのでしょうか?
    また、もしこの考察が当たっているなら、ラスボスか何かでヒトラー的な絶対権力がある支配者のサイコパス系カリスマキャラが出てくるんじゃないかと予想します!
    9人の内のまだ明かされていない謎の巨人がそのキャラだったりとも妄想してますw

    また、最新話でこれはこういうことなのかも?というのが他にも色々明かされましたね。
    1話の外の世界を憧れるエレンを見て地下室を見せる約束をした時のグリシャはかつての自分を思い出していたのかも~とか、
    グリシャがレイス家惨殺したのは、マーレの侵略に対抗したかったのにレイス家がそれを断ったから、お前らなんかにもう頼まねえよ!とキレて座標の力を奪うために?とか
    ユミルフリッツの絵がヒストリアが読んでいた絵本の挿絵と似ているなとか
    故郷組はやっぱり洗脳されてたんだな、とか、
    ベルトルトの誰か僕らを~の台詞はエルディア人としての、救いを請うた言葉(この台詞の考察はもっと深くしないといけないと思いますが)なのかもとか・・・

    誰か僕らを~といえば、作者よりベルトルトのイメソンとして死にたい季節という曲が紹介されていましたが、伏線がかなり回収された今、改めて聞いてみると更に考察が進みます。
    このブログでこの歌を考察していらっしゃるかは把握しておりませんが、考察済みでしたら再度記事にしてほしいです!
    あとフリッツ王は結局本当の王の血統者だったんですか?

    また、北欧神話がモデルになっているようですが、キリスト教の聖書も多少モデルになっているようですね?(どこかで見かけただけなのでソースはわかりません)
    イメソンの歌詞にも聖書的ワードが出てきますし、
    作中にも林檎(知恵の実というイメージが定着してますよね)、楽園などが出てきて聖書感を感じました。
    あとエルディアとギリシャ神話のエリュシオンて似てるなと思いましたがちょっと無理矢理ですねw
    (多分関係ないですがサンホラにElysionというアルバムがあります)

    まだ最近の記事をちゃんとじっくり見れていないので同じような考察や上の考察を否定するような考察が既にされていたらすみません。
    また、歴史や聖書についても素人なので色々勘違いがあるかもしれません。
    長々しく失礼しました!これからも更新楽しみにしています!

    • 管理人アース より:

      ミカサスキーさん!

      コメントありがとうございます!
      管理人アースも、ミカサもオフロスキーも大好きですよ(^^)

      いや、上手く読後の感想をまとめられていますね。
      「進撃の巨人」の楽しみ方、まさにここにあり!という感じです!
      逆に言えば、諫山先生の思惑通りということですよね(笑)
      管理人アースとともに、諫山先生の策にハマりましょう!
      二度と出られなくなると思われますが!

      ナチスドイツの件、北欧神話の件、グリシャの地下室の件、管理人アースも感じました。
      何度も読み返したくなる作品ですよね!

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  89. ゲレゲレ より:

    「ダイナ・フリッツ」の登場で王家の本体がフリッツ家からレイス家に移った時期にまた疑問が。ジークがレイス王と記憶の改竄を知っていたという事は壁内に移住する以前からレイス家が本体だという事になるが、そうなるとダイナの素性に疑問。「王家の…」とちょっと言葉を選ぶような間は何を意味するのか。

    • 管理人アース より:

      ゲレゲレさん!

      コメントありがとうございます!

      そうなんですよね。
      レイス家がフリッツ家の影武者だとしたら、何故ジークがレイス家の記憶改ざんの事実を知っているのかが疑問になります。
      まだまだ謎が存在します・・・

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  90. 1.5メートル級 より:

    はじめまして。
    息子の影響で最近「進撃の巨人」に興味を持った者です。
    大地の悪魔との契約ですが、見るからに悪魔のような左側が「ユミル・フリッツ」で、右側の少女が「大地の悪魔」という可能性はないでしょうか。
    「大地の悪魔」から知恵の実を受け取り、それによって知性巨人化し、さらには「人化」することもできるようになったのではないかと思いました。
    無理がありすぎでしょうか?

    • 管理人アース より:

      1.5メートル級さん!

      コメントありがとうございます!

      いえ、これは考えましたよ。
      ただ、13巻54話にて、レイス家の絵本にこの少女が登場することから、素直にこの少女がユミル・フリッツの可能性が高いかなと思っています。
      ただ、一見悪魔の方がユミルという可能性もゼロではないとも思っています。

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  91. エルノア より:

    突拍子もない考えですが、ミカサが幼い頃に入れられた刺青らしきものは、ひょっとしたらエルディア復権派の印かもしれませんね。
    あるいは、マーレにもエルディアにも与しない、他の派閥の印かも…。

    • 管理人アース より:

      エルノアさん!

      コメントありがとうございます!

      東洋の一族とエルディア人は、良好な関係だったのでしょうか?
      捏造されているでしょうが、エルディア人は他民族に子どもを産ませていたとされており、これが本当なら東洋の一族も…(・_・;)
      他の派閥の印はあるかもですね!

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  92. クロ より:

    いつも考察お疲れ様です。
    既出かもしれませんが、グリシャが子供のころに見に行った飛行船は、楽園送りのエルディア人が乗せられるためのものでは…と思ったりしました。
    諫山先生が、フェイに「いつか私もお金持ちになったらあの飛行船に乗れるかなぁ」と言わせているあたり…裏があるのではと思ってしまいますw
    単なる深読みかもしれませんが。

    • 管理人アース より:

      クロさん!

      コメントありがとうございます!

      >飛行船は、楽園送りのエルディア人が乗せられるためのものでは
      おー、これはりゔたんさんと同じ意見ですね。
      りゔたんさんは巨人化注射を打ち、飛行船から落とすのではという恐ろしい予想をしていました(笑)
      ただ、「あり得るな」と感じましたが。

      管理人アースは、南から巨人が来るという謎の解明を合わせて船を予想しましたが!

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  93. より:

    フリッツが影武者だったのは、対マーレ対策だったのだと思います。
    だから本当の王家の姓を名乗ってたのだと、、壁内の人は記憶操作でどうにでもなるので、姓が本当でも嘘でもどちらでも良い。
    なので、レイスは本当はフリッツで、フリッツ王は単なる影武者

    • 管理人アース より:

      のさん!

      コメントありがとうございます!

      >なので、レイスは本当はフリッツで、フリッツ王は単なる影武者
      管理人アースもそう思います。
      ただ、もしかしたら…という別の可能性も感じます。
      この辺りは別記事にて書きたいと思っています!

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  94. 進撃の一般市民 より:

    アース団長、お疲れ様です。
    コメントの多さが今回の急展開の凄まじさを表していますね。

    さて、ロッドレイスがなり損ねた超超大型巨人は、9人の巨人に含まれないのでしょうか?巨人自体は今までのところ実在していませんが、サイキョウノキョジンの脊髄液は存在しており、実在していた時期があるのではと思います。

    • 管理人アース より:

      進撃の一般市民さん!

      コメントありがとうございます!

      9つの巨人は知性巨人の数、巨人化能力者の数を表していると思います。
      巨人化注射の「サイキョウノキョジン」「ヨロイ・ブラウン」「フツウノキョジン」がどのように作られたのか、知性巨人との関係は、ちょっと分かりませんね。
      ただ、「ヨロイ・ブラウン」は姓が書いてあり、「サイキョウノキョジン」「フツウノキョジン」は違いますよね。
      もしかしたら、「フツウノキョジン」「サイキョウノキョジン」は、実在した巨人ではなく、誰かが開発した巨人化液かもしれませんね。

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  95. 楽園は歴史的に使われてた言葉 より:

    はじめまして。
    クルーガーにエルヴィンの面影を感じます。
    それと彼は腕章をとると楽園行きだと知っていたのはなぜでしょうか?
    ひょっとして元エルディア人のフクロウとか思っちゃいます。
    外に出たら腕章以外判別つかないなら紛れ込むこと
    可能だと思うんですよね。

    • 管理人アース より:

      楽園は歴史的に使われてた言葉さん!

      コメントありがとうございます!

      ああ、腕章が無かったら、エルディア人かマーレ人かの区別が出来なくなりますよね。
      たしかにそうですね!

      >彼は腕章をとると楽園行きだと知っていたのはなぜでしょうか?
      それは治安当局員だかなかなと思います。

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  96. とおりすがり より:

    すいません、グリシャは2ひき、たべたのですか?

    • 管理人アース より:

      とおりすがりさん!

      コメントありがとうございます!

      無知性巨人から人間に戻る際に一体、フリーダ・レイス巨人を捕食しているので、2体食べているはずです。

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  97. まんまみぃや より:

    知性巨人が9人しかいないこと、2000年近く9人が9人のままだったことを考えると、知性巨人が知性巨人を食べちゃいけない(食べても意味ない?)んじゃないかなと思ってきました。翻ってグリシャがフリーダを倒したところを見てみると、アニがエレンを削いだときみたいに、脊髄部分ごと取り出してる感じがします。また、始祖でない知性巨人も(ジークの無知性巨人発生やアニの無知性巨人集合など)始祖に次ぐある程度の能力を持ってるので、グリシャの知性巨人にはフリーダのような「記憶に干渉する力」がある程度あってもおかしくないかと。
    つまり、
    ・グリシャはフリーダを食べておらず、脊髄部分を持って来てた
    ・グリシャは自分の記憶や自分がエレンに食べられる感じの映像を断片的にエレン脳内に入れ、「エレンがグリシャを食べた」とエレンに誤認させた
    ・エレンにはフリーダを食べさせた(なので鏡に映ったフリーダの映像記憶は本物だし、ヒストリアもエレンに触れたら記憶が戻る)
    というわけで、グリシャはまだどこかで何かしています。また子作りかな?w
    “9人”以外は前からあった情報からの考察なので、既出だったらすみません。

    あとは、なんか1人が9人に分かれてそれぞれの家で管理されてるとかNARUTOっぽいなぁと思って、知性巨人が他8人全員食べたら本当の始祖の巨人(ユミル・フリッツもしくはユミルに力を渡した元凶)が出現して、それがラスボス、とかw

    • 管理人アース より:

      まんまみぃやさん!

      コメントありがとうございます!

      >グリシャはまだどこかで何かしています。
      これは面白いですね!
      誤認記憶だったという考察ですね。

      >知性巨人が他8人全員食べたら本当の始祖の巨人(ユミル・フリッツもしくはユミルに力を渡した元凶)が出現して
      こちらが最近良く見かける考察ですね。
      エレンの胃袋が心配になりますよ(・_・;)

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  98. ミーヤ・イーター より:

    今回の内容が、あまりに衝撃的で、初めて投稿します。

    グリシャの知性巨人化ですが、
    フクロウの手引きにより、
    マーレ側の7つの巨人のうちの1つを奪ったとは考えられないでしょうか?
    もしそうなら、
    マーレ側
    ⒈獣 ジーク
    ⒉鎧 ライナー
    ⒊超大型 ベルトルト(現アルミン)
    ⒋女型 アニ
    ⒌マルセル巨人(ユミル)
    ⒍四足(ユミル巨人と同じでなければ)
    ⒎グリシャ巨人(→エレン)

    エルディア側
    ⒏レイス家(フリーダ→グリシャ→エレン)
    ⒐??

    となります。

    ただ、ユミルが楽園に送られ、
    パラディ島で彷徨っていた事を踏まえると、
    ユミルはマーレ政府に反抗するエルディア人であったと思われるので、
    マルセル巨人の力を得て、マーレへ帰還したところで
    生きていられる事はないのかなと考えます。
    なので、ユミル=四足の可能性もありそうです。
    そうなると、マーレ側の巨人が1つ不明のままです。

    そしてエルディア側ですが、
    レイス家巨人ともう1つをアッカーマン家と考えると、迫害の理由になりませんか?
    例えば、壁を作る巨人がアッカーマン家の先祖で、記憶操作が効かなかった、とか…

    とにかく、いずれにせよ
    次号が楽しみです!

    • 管理人アース より:

      ミーヤ・イーターさん!

      コメントありがとうございます!

      >ユミル=四足の可能性もありそうです
      その可能性もゼロではないですよね。
      ただ、やっぱり別かなとも思えます。
      グリシャの元となった巨人が気になりますね。

      >レイス家巨人ともう1つをアッカーマン家と考えると
      ただ、マーレに従わなかった巨人(唯一味方となった)に迫害しますかね?
      アッカーマン=巨人説は、たまに見かけますが、これも巨人の力を一族全員に分けたということでしょうか?
      捕食なしで継承できるというのも、ちょっと巨人の力とは違うかなとか。

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  99. ノルン より:

    人種について考えてみたのですが、座標(始祖の巨人)で操れるのはユミルの血が入っているユミルの民(壁内人類、巨人、エルディア人)だけで他(マーレ人、東洋人、アッカーマン)には効かない
    巨人になれるのはエルディア人だけ、だから戦士にはマーレではなくエルディア人を選んだ、ということですかね?
    気づいたのはイルゼの件は勘違いではなくイルゼ自信ユミルの民だったと言うことぐらいです

    • 管理人アース より:

      ノルンさん!

      コメントありがとうございます!

      >イルゼの件は勘違いではなくイルゼ自信ユミルの民だったと言うこと
      そうなると、そばかすはミスリードだったということですね。
      やられました…(・_・;)
      ということは、壁内人類の誰でも良く、たまたまイルゼだったということですかね?
      ただ、エルディア人でなければ巨人化できないというのは、そうなのかなとも思えます。

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  100. ライム より:

    管理人さん返信いただきありがとうございます。
    記憶の改ざんができる壁内王家、ジークの何度も人が犠牲になるやり方を繰り返すと言うセリフ(岩を握りつぶすところ)、ライベルの年齢と、ジークの年齢差、マーレの戦士の募集からかなりの月日が経っていると考えられることから以下を妄想してみました。
    ・ジーク達マーレの戦士は何度かパラディ島に攻めている。
    ・最初は壁内王を怒らせないように忍び込む作戦だったが、繰り返す人々の犠牲、記憶の改ざんがあり、ジークがこれで終わらせるために派手にベルライに壁を壊させ、多くの民衆に人しかさせるようにした。
    ・ジーク、ライベルは今回の襲撃でこの戦いを終わらせようとしている。

    ループ(記憶の改ざん)してるのは壁内だけで、壁外は普通に月日がたってるとか
    どうでしょう。

    • 管理人アース より:

      ライムさん!

      コメントありがとうございます!

      >ループ(記憶の改ざん)してるのは壁内だけで、壁外は普通に月日がたってるとか
      どうでしょう
      これ、あり得る展開だと思います。
      ただ、アッカーマン、東洋の一族は記憶の改ざんは効かないはずなので、「また攻めて来てるよ…(うんざり)」とならないのかなと。
      リヴァイ辺りが気付きそうな。
      ただ、「初めてではない」という展開は、ありそうな気がします。

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  101. さいとう より:

    はじめまして!
    いつも楽しく拝見しています。

    文脈から、ジークの密告は復権派の計画だったのかなと思います。
    復権派「全員」が楽園送りになったなんてどんな密告の仕方をしたのか分かりませんが、全員で行く必要があったかもしれないし、ジークが7歳になるのを待っていたのかなとも感じました。
    その時「フクロウ」がどうなったかも気になります!

    あとエルディアが島国なことに関しては、壁の中央に行くにつれて標高が高くなったり、北に温泉があるかも?ということから火山もありえるのかな~と以前から思っていました。
    南から巨人が攻めてくるのもマーレが南側にあったからなんでしょうね。

    • 管理人アース より:

      さいとうさん!

      コメントありがとうございます!

      >ジークの密告は復権派の計画だったのかなと思います。
      この展開もあるかもですね!
      しかし、実際全員無知性巨人になり彷徨っているわけで、かなりリスキーな計画ですよね(・_・;)

      >マーレが南側にあったからなんでしょうね。
      パラディ島の南側に船着き場があったからかなとか。
      そこで、皆を巨人化させていたのかなと

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  102. ホタル より:

    グリシャの大陸での妻(なんとかフリッツ)が1巻でエレンの母親を食ったあの巨人じゃないでしょうか?
    だからエレンがライナーたちに連れ去られた時に、その(フリッツの血を引いた)巨人に触れたからこそ、直後に叫びの能力が使えたのでは?
    ほとんど思いつきなので矛盾もあると思います笑

    フリッツ家の瞳とレイス家の瞳が全然違うので、その辺りの関係も気になりますね

  103. コメント数500越えが 迫ってきました。
    この大幅増加の 一番の理由は、何度も
    コメントされる “リピーター”の多さです。

    それだけ今回は、過去の謎と 新たな謎、
    それらが ごった煮状態ながらも、絶妙に
    調合され、良い刺激を漂わせているから
    かと思います。
    私にとっても、良い脳トレーニングになって
    おります。(笑)

    • 管理人アース より:

      おおぞらバードさん!

      コメントありがとうございます!

      ホント、悩ませる展開ですよ。
      謎が謎を呼んでいます。

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  104. ハナビ より:

    こんばんわアースさん!

    これを思いついたのは、なぜ逃げた王家が作った壁内に東洋人とアッカーマンの一族もいるのか?からです。

    そもそもアッカーマンは身体能力に優れたパラディ島の先住民で、王家に乗っ取られた民族。記憶の改ざんはユミルの血縁のみにしかできない。

    では東洋人は?と考えてみました。
    9っの巨人は、巨人の力を操れる人間の数とすると、8人はほぼ判明してます。(ユミルを四足が食った場合7人ですが…)
    そこで、最後の一つですが、東洋人の血縁に隠されたのではないでしょうか?つまりミカサには巨人の力があるが、何かの目的のために代々、封印の刺繍により抑えつけられている。無意識に巨人の力を解放しようとすると、封印の抑えが頭痛となるのではないでしょうか?

    9つに別れた力を1っの場所(座標)に戻すのに必要な何かしらの能力か役割があり、バレないよう側にいなくてはいけないため壁内で暮らしているのではないでしょうか?
    (まだたくさん東洋人がいた時代は全員に巨人化の資格があるが、1人が巨人化すると他は資格を失うとか)

    無理があるとは思うのですが、メインの3人の巨人が真実にむかって進撃するなんて展開なんてどうでしょう。

    • 管理人アース より:

      ハナビさん!

      コメントありがとうございます!

      東洋の一族=巨人の力という考察ですね。
      ここで気になるのは、ミカサ母は人買いに殺されており、ミカサが捕食した訳ではないということです。
      東洋の一族の巨人の力が、刺青をすることで継承されるのであれば、あり得るかもですが。
      管理人アースは、今のところアッカーマン家も東洋の一族も巨人の力を有してはいないと考えています。

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  105. おちゃ より:

    アース様、こんばんは!

    巨人の耳の形について考えてみました。

    86話を読むまでは、トンガリ耳=壁外人、丸耳=壁内人と考えていました。(ライベルは壁内を追放された元壁内人で作った壁外の街ナラカ出身だと思っていました。)

    しかし、86話でこの考えが当てはまらなくなってしまったので、色々と考察してみました。

    現在分かっている巨人の耳の形は、

    トンガリ耳:エレン、グリシャ、ジーク、ユミル

    丸耳:レイス家のフリーダとウーリ、ライナー、ベルトルト、アニ、四足歩行、壁外をうろつく無知性巨人、ラカゴ村の無知性巨人

    不明:アルミン(髪の毛でよくわからない)

    無知性巨人は、考察から外すべきかとも思いましたが、回想の子供エレン無知性巨人がトンガリ耳だったので、無知性巨人の丸耳も意味のあるものと考え考察に加えました。

    考察①
    ユミルの民=エルディア人=トンガリ耳

    調査兵団のユミルはユミル・フリッツもしくはその末裔と考える

    これですと、トンガリ耳の4巨人についてはクリア出来るのですが、エルディア人の可能性の高いレイス家のフリーダとウーリ、ラカゴ村の無知性巨人、ほぼ確実にエルディア人であろう壁外をうろつく無知性巨人もトンガリ耳になるはずなので違うかなと。

    考察②
    フリッツ家の血筋=トンガリ耳

    ※この場合、フリッツ家とレイス家は別の家柄であると考える

    調査兵団のユミルはユミル・フリッツ本人かその末裔、ジークはダイナ・フリッツの子供なのでクリアです。

    ただ、グリシャとエレンがこのままだと当てはまらないので、グリシャは丸耳の無知性巨人になった後ダイナを捕食し、トンガリ耳知性巨人となる。エレンはそのグリシャの子供なので、若しくはカルラがフリッツ家の血をひいているためトンガリ耳である。

    この考察だと、グリシャ無知性巨人がダイナ知性巨人捕食説に繋がるかなと思います。

    但し、丸耳がトンガリ耳を捕食するとトンガリ耳になるかは不明なので、この考察だとグリシャが少し引っかかります。

    あ、でもこの考察だと、ユミルは四足歩行巨人に捕食されていないことになりますね!嬉しい!

    考察③
    イェーガー家=フリッツ家

    トンガリ耳の4巨人のうち、3巨人がイェーガーなので考えました。

    この考察はかなり妄想が入ります(^^;;

    大陸に残ったフリッツ家は、その出身を隠すためイェーガー家と名乗る。

    グリシャ父が娘を殺されてもマーレ人にへり下っていたのは、逆らって目を付けられ楽園送りにされると血が途絶えると考え耐えていた。グリシャは自分の出自を知らされていない。

    イェーガー家がフリッツ家であることをどこからか掴んだフクロウが、エルディア復建派を利用しグリシャを復建派へ取り込む。

    女工作員ダイナをダイナ・フリッツと名乗らせ復建派へ送り込み、グリシャとの間に子を設ける。

    グリシャを上手く操り、息子ジークをマーレの戦士にさせる。

    王家の血族がマーレの手に入ったので、用済みとなったグリシャ、ダイナ、エルディア復建派を楽園送りとする。

    この考察だと、グリシャもジークもエレンも無理なくトンガリ耳になるかなと思いました。

    また、この考察だと、ダイナが無知性のまま壁外に残るのでダイナ=カルラ・イーター説に繋がるかなと思います。

    ただ、フクロウに裏切られて楽園送りにされるダイナが黙ってるわけないですよね、、、(^^;;

    と色々と考察をしてみましたが、はっきり言ってどれもまったく自信がありません、、、考察③に至っては何の確証もない妄想ですし、、、しかも性格の良さそうなダイナを悪者扱いしてますし(T . T)

    アース様の耳についての考察をお伺いしたいです。
    (^o^)

    • おちゃ より:

      すみません、、、。
      考察③だと無知性ダイナ=カルラ・イーターになると書きましたが、なったところでダイナがフリッツ王家じゃなければエレンのパチンから座標発動にならないですよね(^^;;

      耳考察で混乱中です。中途半端な考察をしてしまい、申し訳ないです!

      そうするとシンプルに、考察④として、
      ダイナは本物のダイナ・フリッツで、イェーガー家はユミルの直系の家系だったため、ユミル・エレン・グリシャ・ジークのみトンガリ耳となる

      というのも考えてみました。考察、難しいです、、、

      • 管理人アース より:

        おちゃさん!

        コメントありがとうございます!

        >ダイナは本物のダイナ・フリッツで、イェーガー家はユミルの直系の家系だったため、ユミル・エレン・グリシャ・ジークのみトンガリ耳となる
        そうですね!
        この考察は現在の所、最良かなと思います。
        管理人アースも、今のところこの考察推しですね。
        ただ、フリッツ家、レイス家も「ユミル直系」じゃないのかな感じるので、何とも…です。

        またコメントください!
        よろしくです!

        管理人アース

    • 管理人アース より:

      おちゃさん!

      コメントありがとうございます!

      面白い考察ありがとうございます!
      耳の考察については、未だ納得のいく考えは浮かんでいません。
      この考察は素晴らしいですね!

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  106. さすらいのモブ巨人No,5267 より:

    初めまして。日々の更新お疲れ様です

    壁外世界も、我々の世界と技術レベルを察するに第1次世界大戦ちょっと前?くらいですよね。

    巨人化技術を人類の手だけで生み出せそうな技は見当たりません。どうやら遺伝的な制約もこの物語は重要なようですし。

    巨人化の基は「大地の悪魔」からもらったと記されてますが、この「大地の悪魔」が超テクノロジーを保有していたのか?とも考えてしまう今日この頃です。巨人化薬を生産できる団体が出てくるのかなぁ。

    • 管理人アース より:

      さすらいのモブ巨人No,5267さん!

      コメントありがとうございます!

      >「大地の悪魔」が超テクノロジーを保有していたのか?
      これ、気になりますよね。
      知性巨人の基を作ったのですから!
      未だ、これは9つだけしか無いわけですし…
      超テクノロジーか、東洋の一族の呪術か…(笑)

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  107. テッド より:

    ダイナ・フリッツって、エレン母を捕食した巨人に似てませんか?

  108. なみ より:

    はじめまして
    いつも楽しみにしてます
    既知なら申し訳ありませんが、今回の内容を読んでふと思いました。

    グリシャの最初の妻「ダイナ・フィリッツ」とエレンの母カルラを捕食した「カルライーター」は同一人物ではないでしょうか?
    ダイナの絵を見て似てるなと思いました。

    もしそうなら、グリシャは現妻を元妻に捕食されたということです。
    そしてエレンは座標の力を使いカルライーターを巨人に殺させ母の仇をとりました。

    なんというか…壮大な仮説だな〜と思いました (ー ー;)
    「世界は残酷」が進撃の巨人のテーマならこの仮説は有りかも?と思いました。

  109. ミカサのミカタ より:

    地下室に写真が有りましたが、グリシャは巨人化能力を使って自由にパラディ島とマーレ本島を行き来してたんでしょうか?アース様どう思われます??

  110. bun より:

    アースさんお疲れ様です

    イルゼイーターは青年グリシャを誘った青年説に一票。かなり面影があると思うんですが。それにユミル信仰もグリシャ日記と一致します。イルゼの戦果を発見した時にハンジが一年前だと言ってるので年代的な支障もないです。彼が強烈なユミル信仰の持ち主だったとして、巨人化後もかすかに意識が残っていてイルゼへのあの行動だったのかなと。そう考えると、巨人化能力がない場合(通常はない)、目的意識も信仰もない(または弱い)人間が巨人化すると無知性になり、強烈な信仰や目的があると意識が大なり小なり残存して奇行種と呼ばれる(壁内人類に)のかも、と思ったりしました。

    巨人化能力にしても、年齢、人種の適正の以外にも精神力と強い目的意識が必要なんでしょうね。

    • 管理人アース より:

      bunさん!

      コメントありがとうございます!

      >イルゼイーターは青年グリシャを誘った青年説に一票。
      面白いですね!
      ひとつ気になるのは、あの本だけでは「ユミルにそばかす」があるのかどうかは分からないかなと。
      今管理人アースが気になっているのは、「ユミル=ユミル・フリッツの可能性」「イルゼ・イーターはユミル・フリッツと会っていたのか」です。
      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  111. 田舎の巨人 より:

    アースさん
    はじめまして、ROM専でしたが初めて投稿します。
    ジークが老けて見えるのは巨人化の力を酷使したためではないでしょうか?(練度を高める為とか)
    また、ライベルの年齢はエレンとそんなに違わないことを考えるとグリシャは無知性巨人の期間は殆ど無いのでは無いでしょうか?ライベルとジークの歳の差を考えると、おそらく戦士は数年かけて集められたのでしょうが、グリシャが無知性巨人いた時間が、長ければ長いほどライベル何歳?となってしまいます。
    グリシャはパラディ島に着いた時点で知性巨人の力を有しており、叫びの力を使いシガンシナ近傍まで辿り着いたとは考えられないでしょうか?裏付けになるか分かりませんが、キースがグリシャと初めて会ったとき巨人の遭遇率が低かったとか言ってませんでした?

    • 管理人アース より:

      田舎の巨人さん!

      コメントありがとうございます!

      >キースがグリシャと初めて会ったとき巨人の遭遇率が低かったとか言ってませんでした?
      87話あらすじ展開予想!グリシャが人間に戻れた理由が判明!にて、その展開の予想をしています。
      ダイナが知性巨人だったのではないかなと。

      >長ければ長いほどライベル何歳?となってしまいます。
      そうですね。
      ただ、ライベルがジークよりもかなり年下に見えるので、ある程度は年数の差があったのかなとは思います。

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  112. 生産者(主に紅茶) より:

    はじめて投稿させていただきます。
    いつも皆様の考察を楽しく拝見しております。

    ざっとコメントを拝見してた中で、二点だけ考察ではないのですが、是非ご一考いただければという史実、感想などを。
    既出でしたらすみません。

    ●ナチスにはマダガスカル計画というものがあった

    これはユダヤ人をマダガスカルへ移送する計画です。

    以下wikiのマダガスカル計画より一部抜粋

    1940年5月、ハインリヒ・ヒムラーは彼の「東方の異人種の取り扱いについての意見」に基づき、次のように宣言した。「全てのユダヤ人をアフリカやその他植民地に大規模に移住させるという可能性を持ってして、ユダヤ人の存在証明は完全に消え去るだろうと私は望んでいる。」

    以上抜粋

    この辺りは、今回の話に絡んでいるのかな?と

    ●知性巨人の人種について
    みなさまの考察を読んで「知性巨人化=エルディア人の血(混血可)」で、血が薄くなると耳の形が尖ったものでなく丸くなるのかな?と

    ただ、「汚れた血」発言を考慮すると、ライベルに関しては、マーレ人だが、親族で政治犯が出た家庭の子供なのかな?ということも頭を過りました。

    とりとめのない雑記で、お目汚し失礼しました。今後の考察も楽しみにしています。

    • 管理人アース より:

      生産者(主に紅茶)さん!

      コメントありがとうございます!

      >マダガスカル計画というものがあった
      これ、スゴイですね!
      となると、やはりパラディ島のマダガスカルがモデルでしょうか?

      面白い情報をありがとうございます!
      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  113. 世界観 より:

    管理人アースさん。
    年表を投稿したものです。
    一部訂正します。
    *グリシャの壁内期間20年ですが、彼の死5年後の回想ですので、15年に訂正します。
    そうすると、年表の細部は最大5年動きますが、グリシャの島内期間20年>壁内期間15年の差が出ますね。
    やはり、無知性巨人時代が5年ほど存在していたかもしれません。
    来月号を確認するしか、ないようです。
    失礼しました。

    • 管理人アース より:

      世界観さん!

      コメントありがとうございます!

      >やはり、無知性巨人時代が5年ほど存在していたかもしれません。
      なるほど!
      ありがとうございます!
      壁内機関15年はそうですね!
      ありがとうございます!

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  114. ぴのっこ より:

    こんにちは、いつも楽しく読ませていただいております。

    実は、先ほど過去の記事を拝見してて気付いたのですが、、、(もう他にも気付いておられた方がいるかもですが)エレンの母を食べた巨人って、ジークの母でグリシャの妻だった女性、、、じゃないですか、、、?顔も髪型も、凄く似てると思うんです、、、、

    カルラを食べたのも、自分の愛する夫が自分以外で愛した女やからという無意識の嫉妬とか故なんじゃ、、、と、そこまで考え、ちょっとゾッと寒くなりました、、、

    凄い漫画だなと思います。本当に。

    • 管理人アース より:

      ぴのっこさん!

      コメントありがとうございます!

      >ジークの母でグリシャの妻だった女性、、、じゃないですか
      ダイナ=カルラ・イーター説ですね。
      87話あらすじ展開予想!グリシャが人間に戻れた理由が判明!で触れているので、見てみてください!

      >無意識の嫉妬とか故なんじゃ
      いや、ダイナはカルラを知らないと思うので、もしそうだったとしたら、偶然なんじゃないかなと(・_・;)

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  115. みづあ より:

    毎回投稿ありがどうございます。九つの巨人のことで質問なのですが九つの巨人の能力にベルトルトたちも入っているのは確定だと思いますが、だとするとヒストリア家が持っていた巨人化の薬は別物になるんでしょうか?あと壁の中に潜む巨人は全部超大型巨人ということなのでしょうかだとすれば超大型巨人の大きさにも個体差があるということですか?

    • 管理人アース より:

      みづあさん!

      コメントありがとうございます!

      >ヒストリア家が持っていた巨人化の薬は別物になるんでしょうか?
      9つの巨人とは知性巨人の事だと考えられます。
      レイス家の巨人化注射では、無知性巨人にしかなれないので。

      >全部超大型巨人ということなのでしょうかだとすれば超大型巨人の大きさにも個体差があるということですか?
      全部超大型巨人でしょうが、個体差があるのかは分かりませんね。
      硬質化の高さは同じになっていますが…

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  116. T より:

    54話のヒストリアが読んでいた絵本の意味が解明されましたね…!

    • 管理人アース より:

      Tさん!

      コメントありがとうございます!

      絵本が登場しましたね!
      2015-10-05_044339

      「進撃の巨人」第54話「反撃の場所」より

      ただ、この画像のように54話での女の子は優しい女の子でした。
      今回の女の子は「大地の悪魔と契約する女の子」です。
      だいぶイメージが変わっていますね!
      この辺りは、また伏線回収されると思います!

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  117. どすこい巨人 より:

    アース様、普通の東洋人様、レスありがとうございます。名前に伏線はないので気にしないでください…笑

    歴史とリンクしているのか?と考えると、オアシス様がコメントしてるように登場する国のモデルは大戦中の日本、中国、満州もあると思えてきました。台湾も?マーレの敵国はアメリカの可能性、ですね。
    ですがドイツが舞台と考えると、もちろんユダヤ人収容区等も考えられるし、わからないですね。それにしても進撃の世界観に民族紛争、何だか違和感があります…

    フクロウの信憑性はどうなのか?とも思います。
    資源戦争になるのでパラディを攻めると言うのはフクロウからの情報のみ。(資源云々はマーレ側からのミスリード?)
    ダイナフリッツが王家の血筋の生き残りと言うのもフクロウと本人の自己申告のみ。いくら同志でもそんなに急に結婚するだろうか…という素朴な疑問も。
    復権派メンバーの会合は大声で叫んだりしていて周囲にばれないのでしょうか?(グリシャの家は壁が薄いと言っていたので気になった)
    グリシャはどうして18歳で「何の感慨もなく」父の診療所を継いだのか(両親はどこにいった?
    普通の東洋人様が仰るように、壁が本当に島にあるのか?確かに地図で見ただけですし、壁が直径1000km以上あるので、+回りにかなり広大な広さがないと…壁外調査で海岸に辿り着きそうなもんです。
    エルディアが巨人大戦で破れてパラディ島に引きこもっていると言うのも真実でない気がしてきました。

    関係ないかもですが、実写映画の冒頭でレトロなアメリカっぽい絵柄の描かれた飛行船?気球?のような物の残骸?のところで話をしてた…気がします。うろ覚えですが…

    • 管理人アース より:

      どすこい巨人さん!

      コメントありがとうございます!

      >名前に伏線はないので気にしないでください…笑
      そうでしたか!
      超大型巨人が相撲をしている場面を想像してしまいました(笑)

      >いくら同志でもそんなに急に結婚するだろうか…という素朴な疑問も。
      グリシャの若気の至りでしょうね(笑)
      やはり、興信所で相手の家柄が本当かどうかを調べるくらいはしないとですね(笑)

      >実写映画の冒頭でレトロなアメリカっぽい絵柄の描かれた飛行船?気球?
      あれは爆弾かなにかでは…すみません。記憶がかなり薄れています(・_・;)
      ただ、壁の所に墜落した飛行機などがあったような気がします。

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

      • どすこい巨人 より:

        ふと思ったのですが、今たくさん言われている、ダイナはカルラを食べた巨人説…(エレン子供時代)
        そしてあの日シガンシナに攻め込んだ巨人たちが復権派メンバーに酷似(エレン初陣)
        知性がなくモブ巨人として島中をさ迷ってるのですよね。そんなに都合よく元復権派があそこで集結するだろうか?と…
        もしかして、ダイナは元から巨人化能力と座標を持っててわざと復権派を集めていたとか(ダイナはマーレ側)、グリシャは分かっていてわざとダイナと結婚してジークを産ませ、フクロウはグリシャとも繋がっていたwスパイ(クルーガー?)わざとダイナを復権派に送り込ませていた…とか…ダイナがカルラを補食したのもわざと…
        と言うところまで考えてしまいました。
        飛躍しすぎでしょうか?

        • 管理人アース より:

          どすこい巨人さん!

          コメントありがとうございます!

          >わざとダイナを復権派に送り込ませていた…とか…ダイナがカルラを補食したのもわざと…
          いえ、これは無いと思いますよ。
          カルラ・イーターが知性巨人だったのなら、第50話でカルラ・イーターの脊髄を捕食した巨人が人間に戻っているはずです。
          しかし、そのような描写も無かったです。
          ということは、カルラ・イーターは無知性巨人のはずです。

          またコメントください!
          よろしくです!

          管理人アース

  118. 巨人の方のコニー より:

    ・九『つ』の巨人に『分けた』魂が、
    「鎧」や「結晶化」などのそれぞれの特性になっているのでは?

    ・大地の悪魔とは、東洋の印(リンゴ?)を受け継ぐ血統のことでは?

    ・血統と巨人の特性がマッチしないと、座標の力を使えないのでは?

    ・印の一族は、巨人の力の因子を生まれながらに備えていて、アッカーマンの血によって「リミッター」という特性として発動したのでは?

    ・九つの特性を全て備えることで、始祖の全てをコントロールする力になるのでは?

    ・グリシャは、それぞれの血と特性因子を集めていたのでは?

    ・エレン巨人の特性は、花が咲いた時のような、生命を与えるものでは? また巨大樹の森もそれに関係があるのでは?

    全くまとまってなくてすみません。

    次回も楽しみにしてます☆

    • 管理人アース より:

      巨人の方のコニーさん!

      コメントありがとうございます!

      >それぞれの特性になっているのでは?
      その通りだと思います。
      しかし、全部まとまったユミル・フリッツ巨人は、どんな巨人だったのだろう…(・_・;)

      >東洋の印(リンゴ?)を受け継ぐ血統のことでは?
      大地の悪魔が東洋の一族という考えは、管理人アースの中にもあります。
      しかし、何でそのような存在なのに壁の中に逃げないといけなかったのか…

      >血統と巨人の特性がマッチしないと、座標の力を使えないのでは?
      そう思います!

      >九つの特性を全て備えることで、始祖の全てをコントロールする力になるのでは?
      その考察もありますね!
      ただ、そうだとすると、エレンのお腹は破裂するでしょう!(笑)

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  119. ソーリ より:

    アースさんこんにちは!
    ラスボス、ジーク戦士長かと思ってましたが、今回新たにでてきた「大地の悪魔」の可能性はないでしょうか?
    まだ正体不明にも関わらず、全ての始まり、元凶と思われ、諫山先生がこれを放置したままにするとは思えないからです。

    • 管理人アース より:

      ソーリさん!

      コメントありがとうございます!

      いえ、管理人アースはラスボス獣の巨人で推します!(笑)
      あと、「大地の悪魔」が敵なのかどうかは分かりません。
      マーレ側の言い分ですし…

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  120. 9つの巨人の力の再統合 より:

    はじめてコメントさせていただきます。

    ゆっきーさんの「9つの巨人の力の再統合=始祖の巨人の力」という説が面白いなと思いました。

    そこから着想を得たのですが、私の読み飛ばしがあるかもしれませんが、まだ出ていない可能性を1つコメントさせていただきます。

    知性巨人の力は9つで、現在わかっているのが、エレン(グリシャ経由、レイス家経由)、アルミン、ライナー、アニ、ジーク、四足歩行、ユミルの8つでもう1つが謎というのが定説だと思います。

    まだ出ていない可能性ですが、エレンのように2つの巨人の力を持っている知性巨人がいるというものです。エレンが3つという可能性もありますが、その場合、レイス家がもともと2つの知性巨人の力を集約していたと考えられますね。あるとすれば、ジークか四足歩行でしょうか?

    ジークが座標の奪取を目標にしていることはわかっていますが、最終目標が、「9つの巨人の力の再統合=始祖の巨人の力」というのも面白いなあと思いました。

    もちろんまだ登場していない人物が残り1つの巨人の力を持っていることの方が可能性としては高いと思いますが、こうやっていろいろと考察するのも楽しいですね。

    • 管理人アース より:

      9つの巨人の力の再統合さん!

      コメントありがとうございます!

      >エレンのように2つの巨人の力を持っている知性巨人がいるというものです。
      これ、面白い考察ですね!
      素晴らしい考察です!
      そして、最終的にはエレンが全ての巨人を・・・ゲップ(・_・;)

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  121. ゲレゲレ より:

    あの家族写真を見る限りでは優雅な生活してそうな雰囲気だったが、実際は優雅とは程遠いグリシャの生活。
    ジークとライナー達との年齢差を考えても始祖巨人奪還計画が実行されるまでにまだ何かがありそう。単なる奪還から壁内人類の全滅まで求めるようになる何かが。
    そもそも重要な戦力である七つの巨人の力をエルディア人に預けてそれを制御する方法があったのだろうか?家族や故郷を人質にされていると考えるのが妥当だが、それは親を売ったジークには通用しない。
    1820年前という数字が出てきてふと思ったが、エレン達の壁内歴史の850年とは何を基準にして始まった物なのか?フリッツ王家が二千年以上続いているなら二千以上の数字になるのが妥当な訳だし。もしかしたら「座標」の記憶改竄や全ての巨人を操る力は副次的な物で、そこを中心に一定範囲の時間の進み方を遅くする能力があるのでは?それなら「座標」という言い方も納得できなくもない。

    • 管理人アース より:

      ゲレゲレさん!

      コメントありがとうございます!

      >エルディア人に預けてそれを制御する方法があったのだろうか?
      これ、エルディア人でなければ巨人化できないのではという考察の元となるファクターですね。
      しかし、制御する方法は…どうやっているのでしょうか?
      そういう能力をマーレ人は持っているのでしょうか?
      まだ、謎ですね。

      >850年とは何を基準にして始まった物なのか?
      これ、何かの伏線ですよね。
      壁に入ったのが107年前ですし。

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  122. 微知性巨人 より:

    アースさん、こんにちは。

    グリシャ父の言っていた巨人大戦が80年前というのは本誌の設定ミスではないでしょうか?

    フクロウからのメッセージの中でフリッツ王が言葉を残したのも80年前となっています。この時グリシャが20代後半だとすると、子ども時代から20年弱経っています。巨人大戦の年とフリッツ王が言葉を残した年にそれだけズレがあるとも考えられますが、グリシャ父の言う80年前というのが誤りで、巨人大戦の年=壁ができた年=フリッツ王が言葉を残した年、と考えるのが自然なような気がします。
    フクロウがメッセージをよこした年と現在の時差が27年だとすると全て辻褄が合うような気がするのですがどうでしょうか?

    • 9つの巨人の力の再統合 より:

      これ私も思いました。

      グリシャ父がグリシャに話しをした時は、グリシャは少年で10歳くらいでしたが、フクロウからメッセージを読んだ時は、グリシャはすでに結婚し、子供(ジーク)もいたので、最低でも10年の差はあると思います。

      75年前も85年前も約80年前といえばそうなので、10年は誤差とも考えられますがw

      個人的には、ただ設定ミスだと面白みがないので、なにか理由があると考えたいですね。

      • 管理人アース より:

        9つの巨人の力の再統合さん!

        コメントありがとうございます!

        >10年は誤差とも考えられますがw
        これ、本当に混乱しましたよ(・_・;)
        何かの伏線なら面白いですけど…(笑)

        またコメントください!
        よろしくです!

        管理人アース

    • 管理人アース より:

      微知性巨人さん!

      コメントありがとうございます!

      これ、混乱しましたよ。
      つまり、グリシャが20代後半時点から「80年前」に「巨人大戦=壁ができた年」ということでしょうか?

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

      • 微知性巨人 より:

        アースさん、こんにちは。

        マーレ戦士の募集が開始され、フクロウから手紙が届いた時(仮に「A」とします。この時グリシャは20代後半くらい)から80年前に巨人大戦があり、壁が出来たと考えています。

        グリシャ父が言っていた80年前というのが誤りで、正しくは60〜70年前。
        壁が出来たのが現在から107年前だとすると、Aと現在の時差は27年あることになります。

        Aのとき、ジークはマーレ戦士の募集要件に合致し、7歳になる前なので5歳か6歳?(マーレ戦士の募集がこの後も継続的になされていたとすればもう少し幼い可能性あり。)

        Aから暫く(数ヶ月〜2年)経ってジークが7歳になり、ジークの告発により復権派がパラディ島に送られ、数年間無知性巨人として彷徨ったのち、なんらかの理由によりグリシャが人間に戻れた。

        現在から20年前にグリシャはキースと出会っているので、彷徨った期間は5〜7年くらい。ジークは現在32歳前後。

        こう考えれば辻褄が合うと思うのですが、どうでしょうか?

        • 管理人アース より:

          微知性巨人さん!

          コメントありがとうございます!

          なるほどですね!
          やはり、グリシャ父が言っていることが間違いだったのですね。
          これを踏まえ、記事を更新しますね!
          ありがとうございます!

          またコメントください!
          よろしくです!

          管理人アース

  123. 世界観 より:

    管理人アースさん。
    初めて投稿します。年表を考察いたしました。

    既出の情報から:
    ①あの日:   a.c 1820年
     グリシャ10歳と仮定
    ②ジーク誕生: a.c 1830年
     グリシャ20歳(18歳でダイナと 出会い、翌年結婚後出産)
    ③マーレの戦士に決意:a.c1835 年。ジーク5歳(教育機関へ)
    ④密告:  a.c 1837年
     ジーク7歳。
    ⑤壁の完成: a.c 1755年
     ③の時点の話で初代王が80年 前の警告を披歴。よって、壁は 大戦の15年後完成。
    ⑥現在: a.c 1862年
     壁完成から107年後。
    ⑦現在時グリシャの年齢:52歳
     死亡は47歳(5年前に死亡)
    ⑧グリシャの無知性巨人期間:0 年。27歳で島流し。壁内の在住期間はキースの話で15年。よって、グリシャはアースさんの考察の通りと推察します。15mの巨人が20km/hで10時間/日歩けば、5日で直線1000km可能。
    なお、以上からジークは現在32歳
    (グリシャ20歳の子供)

    長文失礼しました。

    • 管理人アース より:

      世界観さん!

      コメントありがとうございます!

      素晴らしい考察ですね!
      ありがとうございます!

      >壁内の在住期間はキースの話で15年
      ただ、エレンが15歳で壁内在住期間が15年というのは、ちょっと合わないかもですね。

      >③の時点の話で初代王が80年 前の警告を披歴。よって、壁は 大戦の15年後完成。
      本当は、この時に「95年前に言い残した言葉がある」というべきだったということですかね?
      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  124. ソフィ より:

    アースさん、お疲れ様です。
    ものすごい反響ですね。

    上でイザベルさんも書かれていますが、フェイという名前には、ドイツ語で妖精という意味があるようです。Feeという綴りです。グリシャをノーリターンの道に導いた妖精、と考えると切なくなります。
    また、フェイの名を見て往年の名画、俺たちに明日はないの主演、フェイ ダナウェイを最初に思い出しました。Faye Dunawayです。映画好きの諌山先生なら、知らないはずはないように思います。
    中国語のことは知りませんでした。ダブルミーニングの仕掛けがあるかもしれませんね。

    • 管理人アース より:

      ソフィさん!

      コメントありがとうございます!

      >ドイツ語で妖精という意味があるようです。Feeという綴りです。
      ありがとうございます!
      記事の考察部分に反映させてもらっています!

      >ダブルミーニングの仕掛けがあるかもしれませんね。
      諫山先生の伏線では、多くありますよね!

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  125. より:

    既出でしたらすみません。
    ふと思ったのですが何故ジークはグリシャに息子がいる事、そしてその息子が「エレン」という名前だという事を知っているんですかね?
    息子がいるという事を把握してるって事はグリシャが生きている(生きていた)という事も知ってる訳ですよね。
    ジークが楽園送り=無知性巨人化されるという事を知っていればグリシャは無知性巨人のまま彷徨っているか、壁内の人間に殺されていると考え付くのが普通で壁内に内通者がいない限りグリシャが生きている事やエレンの存在も知り得ないと思うのですが…

    それとカルラ・イーター=ダイナでは?という考察が多く見受けられますが、仮にその考察が正しければジークがカルラ・イーターを操りカルラを食べさせた気がしてならないです。
    リヴァイと戦った時に「”あいつ”を殺せ」と命令し無知性巨人がリヴァイに向かっていったように、「グリシャの後妻(カルラ)を殺せ」とカルラ・イーターに命令すれば不可能ではないと思います。ジークのグリシャに対する憎しみを見てもあり得るかなーと…w

    • 管理人アース より:

      秋さん!

      コメントありがとうございます!

      >カルラ・イーター=ダイナでは?という考察が多く見受けられますが
      これについては、87話あらすじ展開予想!グリシャが人間に戻れた理由が判明!にて考察していますので、見てみてください!

      >ふと思ったのですが何故ジークはグリシャに息子がいる事、そしてその息子が「エレン」という名前だという事を知っているんですかね?
      ライベルから、「座標を発動した人物がおり、それはエレン・イェーガーだ」と聞いて、全てを悟ったのではないでしょうか?

      >「グリシャの後妻(カルラ)を殺せ」
      怖い!(笑)
      これ、怖すぎですよ!(・_・;)

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  126. 進撃の馬券師 より:

    管理人アースさん
    お初になります。

    私は皆様と少し違う考えで、グリシャ黒幕説を書きたいかと思います。コメントのレスを見ると、管理人様もそれに近いものを感じてるような…気のせいですね(笑)

    疑問1.巨人を操る能力をジークも持っている。

    座標以外、獣も言葉で巨人を動かしてたことから、ダイナの血を受け継いだことに関係があるのか。それとも戦士長という位から、上位の巨人の力を最初から得ていたのか。

    疑問2.グリシャに対するジークの怒り

    マーレに親を売ったのはジーク。なのにあの異常な怒りは何故に。もしかしたらジークに密告させたのはグリシャの意思で、ダイナもろともグリシャに利用されていたのではないか。そのグリシャの思惑に気がついたことによる怒りか。実はエレンすらグリシャのエルディア復権に利用されているのでは。

    疑問3.グリシャを捕食したエレンの記憶にフリーダは出てくるが、グリシャの記憶描写がない

    グリシャの記憶は、エレンと生活していたことで多くの共通があるので描写がないのか、あるいは故意に描写しないのか。それとも。

    疑問4.エレンは本当にグリシャを捕食したのか。

    実はグリシャが食いちぎったフリーダの脊髄だけ捕食し、グリシャは捕食されず生きていて、今もエルディア復権計画を実行してるのではないか。

    ちょっと飛躍し過ぎのコメントですみません。

    • 管理人アース より:

      進撃の馬券師さん!

      コメントありがとうございます!

      >コメントのレスを見ると、管理人様もそれに近いものを感じてるような…
      そのような考えはあるのですが、気持ちとしては違う展開が嬉しいなと思っている感じです(笑)

      >グリシャに対するジークの怒り
      これ、気になりますよね。
      これは単にマーレの「教育」によるものなのか…
      裏がありそうな気がします。

      >グリシャの記憶描写がない
      これは、ロッドに背中を触れられてフラッシュバックした際に、思い出していますよね。
      フリーダと戦ったグリシャ巨人の記憶です。
      後は、キースと会ったことを思い出していますので、やはりグリシャを捕食しているのかなと。

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  127. ゆっきー より:

    蛇足かもしれませんが、マーレの戦士の募集で5歳から7歳はいくらなんでも若すぎますよね。選別及び訓練期間を考慮しても。ただ、グリシャがエレンにすべてを託したのも、成人してからでは、始祖の巨人の器としては不適格ということが情報として入っていたからかもしれません。グリシャが第1話で「帰ってきたら地下室を見せよう」と言っていたのもその覚悟を決めたということだったのかも。シガンシナ襲撃があろうがなかろうが、レイス家襲撃は行ったのでしょうね。

    さて、9つの巨人にも位階がありそうです。
    絵的に9人の配置をみると、女型の始祖の巨人をとりまく3人と、下段にいる小さめの5人というのをみると、始祖、大巨人3人、小巨人5人という3階層になるのでは?
    ライナーがあっさりジークに負けたのは、ジークが上位階層だからかもしれません。
    またグリシャがフリーダに勝てたのも、下位でなく上位階層だから、かろうじて勝てた可能性もありますよね。
    思いつきばかりですみません。

    • 管理人アース より:

      ゆっきーさん!

      コメントありがとうございます!

      >シガンシナ襲撃があろうがなかろうが、レイス家襲撃は行ったのでしょうね。
      そうだと管理人アースも思います。
      2つ上の街=シーナ@レイス領だったのかなと。

      >9つの巨人にも位階がありそうです。
      これ、面白いですね!
      超大型は、上位階層だったのでしょうか?

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  128. tonoma より:

    たびたびすみません、参考として巨人画像のURL貼ったのですが見えないようになってるんですね。。失礼しました。

  129. tonoma より:

    2回目の投稿です。
    以下既出だったらすみませんが、、

    ・巨人の耳の形で、エルディア人かその他民族か区別できるとおもってたのですがどうなんでしょうか?

    普通(その他)=ライナー、ベルトルト、フリーダ
    尖ってる(エルディア)=エレン、ユミル、アニ、ジーク、グリシャ
    参考

    じつはフリーダ(≒レイス家)って耳が尖っていないのでエルディア人ではないとおもいます。
    始祖から奪い取ったor託された??
    グリシャが地下礼拝堂で怒りに震えていたのは、そういった顛末を聞いたからですかね?

    アニは髪で隠れてわかりにくいですが(あえてそうしてるんでしょうが)、尖ってると判断しました。

    ・グリシャ父の説明絵で出てくる悪魔はバフォメットですよね。これはキリスト教絡みですが、ユダヤ人とリンクしてるって伏線ですかね?

    ・マーレ政府が7つの巨人を持っているなら、人間の姿のまま壁に潜入させればいいのに、なんでエルディア人に継承させたんですかね?マーレ人でも巨人化できるけど、エルディア人じゃないと本来の力が出ないため?

    • 管理人アース より:

      tonomaさん!

      コメントありがとうございます!

      女型の耳は丸いです。
      鎧の巨人-horz

      「進撃の巨人」第63話、第29話、第42話より

      つまり、ユミル、エレン、グリシャ、ジーク以外は皆、丸いんですね。
      そしてグリシャ、エレン、ジークがエルディア人の血を引いていることが分かっています。
      さらに、エルディア人であるはずの、無知性巨人達も全て耳が丸いです。
      となると、エルディア人の耳が尖っているという考察は間違いではないのかと今は考えています。
      これ以上は、まだ考察中で、分かりませんが・・・

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  130. y調査兵 より:

    その日、人類は思い出した
    奴らに支配されていた恐怖を
    鳥かごの中にとらわれていた屈辱を

    その日=845年
     →奴ら=巨人
      鳥かご=壁(50m)
    あの日=フェイ死去
     →奴ら=マーレ人
      鳥かご=壁(小)

    という二つの意味を持っていたのかも・・・
    もしこの後「この日」という話があれば
    鳥かご=海になるのかな・・・
    とにかく、諌山さんが「巨人」ではなく「奴ら」と表記したのはこのためかな・・・
    とか考えてみたり^^

    更新ありがとうございます、次の考察待ってます

    • 管理人アース より:

      y調査兵さん!

      コメントありがとうございます!

      >あの日=フェイ死去
       →奴ら=マーレ人
        鳥かご=壁(小)
      素晴らしい考察ですね!
      上手いです!
      第1話から今回の展開を考えていたということですよね!
      怖い!(笑)

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  131. ゆっきー より:

    すみません、ちょっと仮説の修正をしたいです。
    私はエレンがレイス家でないのに座標を操れる理由を考えて、いわゆるカルラ=レイス説に乗ったのですが、それは必要ないのではと気がつきました。
    原初状態の巨人、ユミル=フリッツが身に宿した本当の始祖の巨人を、同じく身に宿せばいいのではと。
    これは北欧神話にそのヒントがあります。
    始原の巨人=ユミルの身が分かれて世界が作られたが、ラグナロクにおいては、ムスペルからきた炎の巨人スルトに世界を焼き尽くされます。
    ユミル=フリッツはユミルであり、スルトはエレンになります。
    ではエレンがスルトになるためにはどうすればいいのか?
    ラグナロクでは、ほとんどの神々と巨人が死滅したあとに一人残ったスルトが炎の剣を世界樹に刺して燃やし、その後に世界が再生されます。

    では進撃の世界です。
    ここで神々と巨人(エルディアとマーレ?)が殺しあった場合、決着はどうつくのでしょうか?
    喰うしかないでしょう。
    互いに食い合って、最後に残った一人が世界を再生するのです。
    その一人は、9つの巨人の力を再統合して身に宿しているはずです。
    新しい世界ではユミルの民ではなく、「エレンの民」、あるいは「アルミンの民」、ひょっとすると「ジークの民」かもしれませんが、そのような民族が主流派の世界になるでしょう。

    グリシャは、エレンが再統合された「始祖の巨人」たることを望んで力を託したのでしょう。次号か次次号の予想になりますが、レイス=フリッツ家の血をひいていなくても、すべての巨人の力を統合して一つ身に収めれば、それが新たな王家になるという情報をどうにかしてグリシャが手に入れたという展開になるのではないでしょうか?

    ただ、このままだと、仮に壁内、エルディア人が勝利しても、エレンとアルミンのどちらかがどちらかを喰うことになります。
    その悲劇を演出したくて、諌山先生はエルヴィンでなくてアルミンを巨人化したのではないでしょうか?

    • 管理人アース より:

      ゆっきーさん!

      コメントありがとうございます!

      >喰うしかないでしょう。
      18号、19号を取り入れたセルのような感じですね(笑)
      全ての巨人を食って、ユミル・フリッツ状態というのは考えましたが、その演出のためにアルミンの巨人化展開があったのではという考察には驚きました!
      素晴らしい展開ですね!
      となると、ライナーもアニも…という事になりますね。
      これは、エレンは辛いですね…
      しかし、ありそうです!(^^)

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  132. イザベル より:

    アースさんこんばんは!ご無沙汰してしまっています。

    今回は濃すぎる内容で頭の中が整理つきません(^^;

    気になったことをいくつか。

    ●フェイという名前

    Fey,fay,Fayeなどのスペルで
    英語やフランス語で女性の名前として普通にあるようです。
    私も欧米の小説か映画でフェイという名前の登場人物見た記憶あります。

    妖精、信頼、信仰といった意味があるようです。

    ●「民族浄化が1700年続いた」はありえないのでは

    「エルディア人は他民族に無理矢理子を産ませユミルの民を増やした」とあります。
    胸の悪くなる残虐行為ですが残念なことに今でも行われていますね。
    ただこれを1700年のとても長い間続けるのは余程の数の他民族の存在がないと成り立たないですし
    何よりアイデンティティーの問題があると思います。
    メキシコのそういったことについての本を読んだことがありますが、さすがに1700年恨み続けるのは無理な気がします。自分自身を否定することにつながるので。

    1700年では祖先が何人だったかわからないくらい混血が進むでしょうから
    血統でエルディア人を定義つけると
    マーレ人は1700年もの間全くエルディア人の血が入っていないとは考えにくい気がします。

    なので壁内の王政だけでなくマーレも歴史を捏造していると思いました。

    ●アフリカ大陸南部周辺に似ていること

    ドイツ舞台ということからまずナチスのユダヤ人迫害の黄色の星腕章などを私も連想しました。
    腕章をつけなければ見た目では判断が難しいのであれば人種的な大きな差異はないということでしょうか。
    繊細すぎる話題なので扱うのは難しいでしょうが、人種で居住地が区切られていたのがアパルトヘイトです。
    アフリカ南部といえばまずそれを思い浮かべてしまいます。

    壁内の気候や広さがマダガスカルやアフリカ南部と一致しないのに似た地図を出してくたのは
    南アフリカ共和国やかつてのローデシアでつい最近まで行われていたアパルトヘイトのことも、
    同じ問題だと捉えているということをメッセージとして発信しているのかなとも思いました。

    わかりにくい長文で申し訳ないです。

    • 管理人アース より:

      イザベルさん!

      コメントありがとうございます!
      お久しぶりですね!(^^)

      >●フェイという名前
      情報ありがとうございます!
      考察部分の「フェイ」の所に使用させてもらいました!m(_ _)m

      >壁内の王政だけでなくマーレも歴史を捏造していると思いました。
      記憶改ざんではないでしょうが、対エルディアへの教育で、マーレにとって都合の良い捏造をしていそうですよね。
      レイス家の絵本では「優しい女の子」がマーレの本では「大地の悪魔と契約する女の子」であることからも察せられます。

      >アフリカ大陸南部周辺に似ていること
      ナチスドイツの歴史、そしてアパルトヘイトなどもそうですが、優生思想はどこの国の歴史でもありそうですよね。
      ただ、今回の展開で取り入れたのも「メッセージとして発信しているのかな」と管理人アースも感じました。

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  133. さまよう巨人 より:

    ダイナフリッツ、エレンの母(カルラ)を食べた巨人に似ていませんか…?

  134. TAKUMA より:

    被ってたらすいません
    ダイナとカルライーターって似ている気がする。
    エレンの持つ座標の力は王家の人間でないとうまく発動しない。
    この2つの点から考えるとエレンがカルライーターにパンチして座標の力が発揮できたようにエレンがヒストリアと触れていれば座標の力が発揮できる気がするのですがどうですかね?

  135. 兵長の馬 より:

    今朝、超大型巨人がどうやって海を越えて侵攻するのかと投稿した兵長の馬です。アース様、お返事ありがとうございました。平泳ぎも笑えますが、バタフライも衝撃的ですね

    ロッド・レイスが、壁は100年くらい前に作られたと発言したことは完全に忘れておりました。失礼しました。

    パラディ島のモデルについて、マダガスカルかスリランカか、はたまたレス島か、と盛り上がっていてワクワクしています。マダガスカルとスリランカには野生の猿がいますね。先の尖った岬を持つ大陸または巨大な島と、隣(私たちの地図から見て南東)にある比較的小さな島、という位置関係だけ見ると、グリーンランドとアイスランドも多少似ているかなと思いましたが、ウォールマリアの直径より小さいので何とも…

    申し訳ありませんが、リヴァイの馬班は何の成果もあげられなさそうです。アース様と皆様の考察を楽しみにしております。ご武運を!

    • 管理人アース より:

      兵長の馬さん!

      コメントありがとうございます!

      >マダガスカルとスリランカには野生の猿がいますね
      おー、とすると厳しいかもですね。
      ただ、雪が降らないという時点で、何か違う気もしています。
      しかし、南北が逆だったら…ややこしいですね!(笑)

      これからも考察よろしくですよ!(^^)
      共に、謎を駆逐していきましょう!
      よろしくです!

      管理人アース

  136. 初心者巨人 より:

    連投すみません。
    あとライベルアニと4足全員エルディア人残党ではないかなと思います。
    もし知性巨人の力を継承するのが誰でも可能ならわざわざ反乱の危険性あるエルディア人から選ぶでしょうか。

    考えられるのは死と隣り合わせの危険な任務だからマーレ人にはさせたくないから、罪人かエルディア人から選ぼうという考えか。

    知性巨人を継承出来るのはエルディア人の血筋だけかのどっちかではないかなと思います。

    • 管理人アース より:

      初心者巨人さん!

      コメントありがとうございます!

      >ライベルアニと4足全員エルディア人残党ではないかなと
      管理人アースもそう思うのですが、となるとライナーがアニに向けていった「穢れた民族」発言が気になりますよね。
      ライナーはエルディア人ではない?

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  137. 普通の東洋人。 より:

     どすこい巨人様、名前で笑わせるのはおやめくださいww。
     それはさておき、マーレ国が戦おうとしている相手は『アメリカ』でしょうか。
     ジークがコーヒーや野球を知っていたのは、マーレ国の敗戦後に流入した戦勝国の文化に触れたから?

     変なこと思いついたんですが、『3重の壁』は本当に島にあるのかと。
     調査兵団も見たことがない。
     故郷組は来るときはともかく、帰るときはどうする気なのか、いつ終わるともわからぬ作戦なのに迎えが来るとは思えないですし。
     グリシャもずっと収容区で、地図でしか世界を知らない。
     実際はバラディ島(壁)が大陸にあって、マーレ国がちっさい島国だったりして…。
     またはマーレ国、ひっそりと壁の北側にあったりして…。

    • 管理人アース より:

      普通の東洋人。さん!

      コメントありがとうございます!

      >マーレ国の敗戦後に流入した戦勝国の文化に触れたから?
      面白いですね!
      現実の歴史を踏まえている感じはしますよね!

      >またはマーレ国、ひっそりと壁の北側にあったりして…。
      まさかのマーレ=ナラカ!(笑)
      さすがにこれは…ありますかね?(・_・;)

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  138. あじしお より:

    パラディ島のモデルですが、カムチャッカ半島説を推しますw マーレはロシアw
    なんか似てません?

    https://www.google.co.jp/maps/@68.9778204,159.0429871,15870316a,20y,90h/data=!3m1!1e3

    • 管理人アース より:

      あじしおさん!

      コメントありがとうございます!

      カムチャッカ半島は、大陸と繋がっているのと、左右の位置が逆になりませんかね?
      たしかに、形は似ていますが!

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  139. 初心者巨人 より:

    更新ありがとうございます。
    争いの大元は民族紛争だったんですね、これは難しい問題ですね。

    グリシアがどのように巨人能力者を捕食する経緯になったか気になりますね。マーレが持っている7つではないと思うので元祖ではない残り1つの巨人化能力。

    ユミルの件も気になります、彼女は60年壁外を彷徨ってたと言ってたのでこの言葉に偽りがなければ
    ジークが20中後半と仮定した場合、ユミルが無知性巨人になった時期は
    巨人大戦の数十年後、グリシアが子供の頃よりも数十年前になるでしょうから何か裏技がない限りはユミル=ユミル・フリッツでは無いかなと思います。
    しかし「大勢の人の幸せの為に死んであげた〜」という発言からユミル・フリッツと関係はあると思います、実はユミルという名前は世襲制、王家でも重要なポジションで
    エルディア人残党が生かされているのはユミルの楽園行きと引き換えとか‥‥‥

    最後に皆さん予想されてる様にカルライーター=ダイナだとしたら
    グリシアは失った最愛の人によってもう1人の最愛の人を失う事に
    そしてダイナからしたら最愛の人の血を引く者によってとどめをさされる‥‥
    なんとも‥‥悲劇という言葉では収まらないですね。

    何はともあれ今回は衝撃的でした。
    長文失礼しました。

    • 管理人アース より:

      初心者巨人さん!

      コメントありがとうございます!

      >ユミル=ユミル・フリッツでは無いかなと思います。
      そうなりますよね。
      しかし、イルゼの手帳での「ユミル様」は、始祖を崇めているっぽいですよね!
      まだ、何かありそうです!

      >カルライーター=ダイナだとしたら
      これもこれでたまらないですよね…
      ただ、「進撃の巨人」っぽい残酷さでもあります…(・_・;)

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  140. ヨホミン より:

    ん?通知解除したはずが延々メールがやまないのでテスト送信(苦笑

  141. あかとら より:

    アースさんこんばんわ!初コメントです!
    毎回楽しみに考察を拝見させてもらっています!

    私はエルディア復権派を楽園送りにする際の一斉巨人化のやり方は現ジークの能力でパパパンとやったのではないかと思っています。なにしろ数十人なので能力がマーレ側にあるならここで使わないと!と感じたからです。
    現ジーク能力ですが、その時はフクロウが知性巨人で保持していた能力ではないかと勝手に想像しています!

    あと今回の無知性巨人となって楽園行きということで考えさせられたのは、
    壁外の巨人たちが人間を捕食するのは殺戮が目的なんかではなく、
    「巨人化できる人間を探し自分が人間に戻るために本能的に捕食行為を繰り返していた」
    のかな、と見ると悲しくなりますね。

    あと耳の形はとっても重要だと思っています!アルミンの耳の形も髪の毛で隠れてましたが、とても気になりました(笑)
    次回も考察楽しみにしております!

    • 管理人アース より:

      あかとらさん!

      コメントありがとうございます!

      >現ジークの能力でパパパンとやったのではないかと
      もし、能力で巨人化が可能なのであれば、戻すことも可能なのでしょうか?
      となると…希望が見えてきますね!

      >あと耳の形はとっても重要だと思っています!
      意味があると思いますよね!
      ただ、エルディア人とマーレ人の違いであるとすると、食い違ってしまうんですよね…

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  142. インペル より:

    アースさん、はじめまして。
    インペルと申します。初コメです。

    物語のかなり前ですが、エレン達104期たちがなだ訓練兵だった頃に寄宿舎でエレン、アルミンとライベルが夢を語っていた(?)ところです。
    エレンが「巨人を駆逐する」と言った後、ライベルは「帰れなくなった故郷に帰る」と言っています。
    そこでライベル達は「自分達の故郷は南にある」と言っていました。
    それが本当なら確かにライベルの故郷はマーレにあると思います。
    まさか海を隔てたところだとは…。
    今まで「進撃の巨人」
    は20巻くらいで終わってしまうのか、とか考えてなんか怯えてましたけど、全然これからですね!
    エレン達が戦っていた3重の
    壁がまさかあれほどちっぽけなところだっただなんて…。

    今もマーレの大陸では、かなり現代に近い文化ができていて、多くの人間がいるということですよね?

    エレン達はかなり速い段階で海を見れてしまうのでしょう
    か?
    というか、海を渡ってしまうのでしょうか??

    今後の展開が楽しみですね^ ^

    • 管理人アース より:

      インペルさん!

      コメントありがとうございます!

      >まさか海を隔てたところだとは…。
      確定ではないですが、そうだと思いますよ!
      本当に、驚きですよね!

      >今もマーレの大陸では、かなり現代に近い文化ができていて、多くの人間がいるということですよね?
      グリシャの話は20年以上前の話となっています。
      現在も、そうだと思いますが…

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  143. 蒼雪 より:

    返信ありがとうございます。
    別件で気になったことが。

    8巻の100ページにある通り、
    壁教のお祈りの際はみんなで内側を向いて腕を組んで三列の輪になりますね。あれは今となっては、壁内巨人を模した儀式だと思われますよね?

    同巻150ページあたりでミカサが実際に壁内巨人を見つけた時も、内側を向いていました。

    しかし、今回掲載分の挿し絵では、壁内巨人は町に背を向けて外側を向いていました。

    そして、壁外勢力侵攻を想定した大ゴマでは(当然ながら)町の外側へ巨人は動いていました。

    この違いに、何か意味はあるのでしょうか?

    壁外人には壁内巨人には外側を向かれているはずと思っていて実際には内側を向いていた、ということなのか、単に演出やコマが描きやすかっただけなのか。

    確かに壁に巨人が埋まってるなんて、顔が見えた方がインパクトがありますし、お祈りにしてもみんなの顔が見える向きの方が宗教っぽいです。それに巨人が壁内人類を守っているという説明なら、外側を向いた絵の方がより分かりやすい。構図の都合という説明はつきます。しかし。

    壁内の状況について、壁外には情報が少し誤って伝わっているという暗示なのかも? と。

    考え過ぎでしょうかねぇ?

    壁内状況を意図的に誤って壁外に伝えた何者かがいる? とかも妄想してしまいました。その彼? が、壁外に伝えた表向きの設計図では外側を向かせて描いたのだけど、実際には内側向きにさせていた。そのことは壁教には密かに伝わっていた…とか?

    向きを変えるということで、ここにいる巨人たちの意味がかなり変わってしまい得るので、何かありそうにも思えるのですが。町を守るためなのか、町を攻めるためなのかっていう風に。

    • 管理人アース より:

      蒼雪さん!

      コメントありがとうございます!

      壁の巨人の向きに関しては、管理人アースも気になりました。

      今のところは、シーナ(女型の時の壁)は内向きで、マリアは外向きなのかもしれないと思っています。
      その違いに意味は、分かりませんが…
      じゃあ、ローゼはどっちなんだとかになりますしね(笑)
      これはちょっと、まだ答えが出そうにないです。

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  144. どすこい巨人 より:

    はじめまして、今回の話の展開から、皆様の考察を拝見して自分的に気になったことをコメントさせていただきます。

    私はエルディア人の収容区=第二次世界大戦のアメリカでの日本人収容区が近いと感じました。
    収容区に隔離して労働させて、志願兵を募っているのも同じで捕虜みたいな扱いです。ドイツのナチスのユダヤ人の収容区では、普通に労働と言うよりは最終的に排除、しているので、それだとエルディア人を生かしている状況と違うなと…。
    それで歴史と照らし合わせて考えると、マーレはエルディアとは別の国と戦っているもしくは戦おうとしていて(侵略されそうとか)そこは資源豊富で対抗するためにパラディの資源が欲しい。エルディア人のみが巨人化できるとしたら、その力を利用したい。
    パラディの資源とは核的なもので引きこもって干渉するなと言ったフリッツは、それを知っていた(王家だけが知っている情報?)。壁を作ったのは放射線が漏れないようにで、壁内のエルディア人の記憶を改竄したのは核を有していてることや放射線の驚異にきずかせないため…世界を平らにする発言は、いざとなったら核を送り込んで核戦争を起こす、と言う意味で巨人の力はあまり使いたくなくて引きこもってた、が、内部にマーレのスパイがいて核の存在がばれ戦士を送り込まれたとか…
    何となく、平らにするイメージ画(大型巨人がぞろぞろ)がナウシカの巨神兵を連想したのですが、あれも巨神兵は兵器でしたよね…
    そして東洋の一族、グリシャの両親は黒髪に見えます、グリシャに東洋の血が入っている可能性、どうでしょう?グリシャが読めた?古代文字は、実は東洋の文字なら実はグリシャ両親は東洋人で密かに日常の中でその字を使っていてグリシャは幼少期にほんのり覚えていた。鰊と同じ文字なら巨人の能力は元々、東洋からもたらされたものであり、大地の悪魔の契約は、ユミル初代が東洋の国と取引か何かしてこの土地に入れてしまったもの。(フリッツは知っているので巨人の力をもう封じたい?)
    マーレが戦おうとしているのが東洋の国(実は超大国)だとしたら、アッカーマンは東洋の一族で代々密かに巨人の力の監視をするためにこの土地に住んでる一族(だから辺鄙な場所に住んでいた)、ミカサは知らず知らずエキスパートの血を引いていて強いとか。

    長い上にトンチンカンだったらすみません!

    • 管理人アース より:

      どすこい巨人さん!

      コメントありがとうございます!
      どすこいってお相撲さんですか?(^o^)

      日本人収容所という考察は面白いですね。
      世界の歴史に、どれだけの収容所が存在するのか…今回のコメントで思い知らされております(・_・;)

      >ナウシカの巨神兵を連想したのですが
      同じですよ!
      同時に最後のオームの進撃シーンも思い出しました。

      >グリシャに東洋の血が入っている可能性、どうでしょう?
      これ、妹の名前フェイ(菲)or(飛)からも感じますよね!
      あり得ると思います!

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  145. 進撃の巨人もどき より:

    知性巨人が9体しか存在しないとなると、かなりわかっていると思います。
    ここでは、ダイナが知性巨人で、ユミル巨人=四足歩行ではないという説で進めて行きます。

    鎧-ライナー
    超大型-ベルトルト→アルミン
    女型-アニ
    ?-マルセル→ユミル
    始祖-フリッツ家→レイス家→グリシャ→エレン
    ?-ダイナ→グリシャ→エレン
    獣-ジーク
    四足歩行?-?
    ?-?

    と、あと一体が分かっていません。最後が真のラスボスなのか…

    • 管理人アース より:

      進撃の巨人もどきさん!

      コメントありがとうございます!

      そうですね。
      あと一体が謎です。
      もし、ユミル→四足なら2体謎ですよね。
      既に登場しているキャラだとは思うのですが…

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  146. 蒼雪 より:

    大きな大陸がそばにある島国で、色々と犠牲を払って鎖国しながらも中はそこそこ平和。エレンたちは実はそういう国にいた。ちょっと江戸時代の頃の日本に似ていませんか?
    そして、その大きな大陸では民族紛争が続いているのも。
    こちらの掲示板の途中に張ってあった、紛争体験録も読みました。半事実の創作エッセイと思いますが、説得力がありましたね。どちらが最初に敵の民族を殴ったのかなんて、今となっては分からない。でも、殴られたからには殴りかえす、そのことの脈々した流れ自体は現実にもあることなんでしょう。何百年もの積み重ねで、彼ら自身では平和になりたくてもなれない。まるで負の歴史を背負うこと自体にトランス状態になって「酔っ払わなければやってられない」ように、戦いを繰り返してしまう。グリシャも解読しきれていない古文書なんて不確かなものを根拠に、自分たちを正当化して戦っていた。
    と、なれば、ある程度距離を置いたところにいる別の民族や国家などが、冷静な視点で停戦と和平の仲介役をするべきなのかも。
    これから先のエレンたちには、もしかしたら壁外世界の争いを止める仲介者としての戦いがあるのではないか、と、期待しています。その役割もまた、現代の日本にも被る気がするのです。
    かつて戦争中の日本では、平和を求める行動をすれば非国民扱いされたと言います。『君死にたまうことなかれ』など、反戦文学もありましたけど、そういうことを言うのは命懸けだった。今の私たちは、それが明らかな間違いだったと知っていますよね?
    同じように、エレンたちの国でも、かつての王家の元では、歴史に疑問を持つと処刑すらされた。しかし偽りの王家を打倒したことで、報道が自由化され、情報を共有してみんなで考えることが肯定されました。
    今の彼らなら、きっと外の世界をも変えるための何かをしてくれそうです。
    そう、牛飼いの女王様の行動にも期待ですね。彼女、そろそろお話に出てきてくれないかな。画面にいるだけで和むんですけれども。

    • 管理人アース より:

      蒼雪さん!

      コメントありがとうございます!

      >その役割もまた、現代の日本にも被る気がするのです。
      鎖国状態を見ると、日本がモデルのように感じますよね。
      しかし、ナチス時代のドイツにも見える…
      ひとつ感じるのは、どこの国も同じような紛争時代を踏まえてきているのかなと思いました。

      >牛飼いの女王様の行動にも期待ですね。
      今章で、必ず登場するでしょう!
      そして、活躍すると思いますよ!
      楽しみですよね!

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  147. ryruss より:

    連投になって申し訳ないです。

    mare はフランス語では 「池」でした。
    同じ綴りで、イタリア語だと「海」でした。
    すいません。。。

    パラディ島について、マダガスカルやスリランカ説が出ているようですが、私はデンマークの東に浮かぶレス島だと思います。

    レス島は北欧神話の舞台の1つで、北欧神話ではフレスエイ島として出てきます。
    マーレ大陸はデンマーク。

    形状も位置関係も「雪が降って来た」という描写も合致すると思います。

    https://www.google.co.jp/maps/place/57%C2%B016'17.6%22N+10%C2%B059'03.7%22E/@57.2308793,10.776883,11z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d57.271541!4d10.984368

    何にせよ、これからの展開が楽しみですね!

    • 管理人アース より:

      ryrussさん!

      コメントありがとうございます!

      おー!素晴らしい情報ありがとうございます!
      パラディ島はマダガスカルだと思っていましたが、雪は降らないんですよね。それに小さいです。
      また、記事にて使わせてもらいますね!

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

      • ryruss より:

        作中の語源についても、色々考えてみました。

        ①エルディア人

        パラディがフランス語なので、フランス語で考えてみると erdier かな、と。

        erdier は、「アオカワラヒ」という鳥の名前らしいのですが、英語だと greenfinch 。
        略称で greeny と言うこともありようです。

        greeny には、別の意味で「間抜け、だまされやすい人」の意味があり、作られた歴史を信じ込んでいる壁内の人たちのイメージにピッタリです。

        ②フリッツ王
        綴りは Fritz だと思います。

        Fritz は Friedrich(フリードリッヒ)の略語でもありますが、他に、
        ・故障している
        ・ドイツ人(蔑称)
        という意味もあるようです。

        現フリッツ王は故障している感じなので、個人的にはピッタリです(笑)

        本作には、イエーガーやアッカーマンなどのドイツ系名字が多いので、王族もドイツ系なのかもしれないですね。

        • 管理人アース より:

          ryrussさん!

          コメントありがとうございます!
          面白いですね!

          >①エルディア人
          みなづきさんからのコメントで「エルディア人は、スペイン語の「el dia」(男性名詞定冠詞+「日」)ですかね。英語にすると、the dayとなるので、タイトルの「その日」や「あの日」を思い起こさせるような。」というのも頂いております。
          深いですね!
          ただパラディは、パラダイス(楽園)の語源である、パラディは古代ペルシャ語で「壁に囲まれた」からの可能性が高いかなと。

          >現フリッツ王は故障している感じなので、個人的にはピッタリです(笑)
          面白い!(笑)

          またコメントください!
          よろしくです!

          管理人アース

  148. bambooky より:

    軍事的な側面から

    P447: ユミル・フリッツと対決する軍人
    ローマ軍と思われる 
     中心の短剣所有者
      剣:グラディウス
      兜:カッシウス,縦型羽飾りから一般軍団兵
      盾:パルマ(円形の小盾)
     左右の槍兵
      槍:ピルム(投槍)
     共通
      腕:マニカ(腕当て)
      足:グレアウェ(脛当て)

    したがって,マーレとはローマではないかと推測される.
    (さかさまに読むという慣習?)

    年代としては,帝政ローマ期,つまり紀元数年から400年程度ではないかと思われる.
    いずれの場合も,ローマのアフリカにおける版図は地中海沿岸の,モロッコ,アルジェリア,チュニジア,リビア,エジプトまでであり,アフリカ大陸全体には勢力は及ばない.
    再びさかさまということを考えれば,作中におけるアフリカ大陸が現実のヨーロッパ大陸に相当し,作中のマダガスカル島が現実の北欧神話を擁する地域に相当するのではないかと考えられる.

    P471:船
     形状からアメリカ南北戦争で登場した装甲艦のバージニアを彷彿させる.
    艦歴は1862年進水,同年自沈.

    P471:飛行機
     初飛行は有名なライト兄弟の1903年.戦争での利用は第一次世界大戦(1914-1917年)である.図中の三葉機もライト兄弟の複葉機から遅れること1908年には実用され,同じく第一次世界大戦に投入されている.前項の船との時代背景はやや異なる.

    いずれにしても,ユミル・フリッツが大地の悪魔と契約した直後に巨人が紀元100年前後のローマ軍と戦い,1820年後にグリシャが10歳前後であり,グリシャが25歳前後に紀元1900年前後になっているというおおよその現実歴史と符合するのではなかろうか.

    • 管理人アース より:

      bambookyさん!

      コメントありがとうございます!

      現実の年代、さらに歴史を踏まえているのではという考察ですね!
      となると、パラディ島もやはりヨーロッパの方面なのでしょうか?
      う~ん、面白いですね!

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  149. ryruss より:

    今回の話は、地図中の文字とか、古文書中の文字を解読すると、更に色々なことが分かりそうですね。

    地図の方は、まだ見切れていませんが、パラディ島の中心部には「エルディア」と書いてあるように見えます。

    巨人同士が戦っている古文書には、「シソノキョジン・・・マシタ」などの文字が書いてあるように見えます。

    あと、今回明らかになった、パラディ島、マーレ大陸の語源ですが、どちらもフランス語だと思います。

    パラディは paradis、マーレは mare 。

    それぞれの意味は、paradis が 「楽園」。
    そして、mare は 「海」です。

    アルミンが見たがっている「海」は、実は私たちが考えている水を湛える海ではなく、マーレ大陸のことだ、という意味を隠してあるのかな、と思いました。

    • 管理人アース より:

      ryrussさん!

      コメントありがとうございます!

      >巨人同士が戦っている古文書には、「シソノキョジン・・・マシタ」などの文字が書いてあるように見えます
      これ、読みにくいですよね。
      治安当局がエルディア人に戦士を募集している場面のノボリには「ツドエ マーレノセンシ」と書いてありましたね(笑)
      「集え」って…(笑)

      >アルミンが見たがっている「海」は、実は私たちが考えている水を湛える海ではなく、マーレ大陸のことだ、
      おお、この考察は素晴らしいですね!
      ただ、アルミンなら、この内容のグリシャ・ノートを読んだら行きたがるでしょうね(^^)

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  150. talence より:

    アース様 はじめまして
    いつも楽しく拝読しています。

    今回の展開に衝撃を受けて,素人ながら考えてみました。

    「大地の悪魔」との契約は,巨人の力と引き換えに,2000年後に大地の一部を悪魔に差し出すことであった。しかし,悪魔の真の望みは「人類滅亡への最終戦争」であった。

    それに気づいた145代フリッツ王は,争いのない島に壁をつくり人類を匿うことを選択した。同時に,最終戦争を引き起こす強大なチカラの一部である2人の巨人を壁内に隠蔽した。

    強大なチカラが復活するためには,9人の巨人が一度に会することが必要で,座標(いまはエレン)がその集合場所となる。座標は,フリッツ家,レイス家いずれかの家系にランダム発生するので,状況に応じてアッカーマン家が守護にあたってきた。

    歴代のフリッツ王は,強大なチカラの復活が人類滅亡につながると考えていた。しかし,フクロウ(おそらくマーレの統治者)は,悪魔との戦いに勝ち,人類が永遠にチカラを存続できると考え,強大なチカラの復活を目指し,2人の巨人を手に入れるべく進撃を開始した。
    巨人化能力者を捕食した巨人がマーレ人であるのがベストだが,マーレ側のエルディア人でもよいので,グリシャたちは利用されていた。

    なお,エルディア人によるとされる民族浄化は,マーレ人がエルディア人から巨人化能力を獲得するためのものであったが,いまだマーレ人の巨人化率はエルディア人より低いままである。エルディア人の隔離政策は,巨人化薬を製造するために,純血を残しておく必要があったため。

    ここまで書いておきながら,9人目の巨人やグリシャが捕食した相手が誰なのか,座標の発動するきかっけが何なのか思い当たりません。
    アース様お助けを〜〜

    • 管理人アース より:

      talenceさん!

      コメントありがとうございます!

      いやいや、面白いですね!
      >それに気づいた145代フリッツ王は,争いのない島に壁をつくり人類を匿うことを選択した
      この動機も面白いです!
      しかし、マーレがエルディア人に巨人化をさせる理由が、難しいですよね。
      エルディア人しか巨人になれないとのコメントも多いですが、どうでしょうか?

      >9人目の巨人やグリシャが捕食した相手が誰なのか,座標の発動するきかっけが何なのか
      これ、難しいですよ!
      グリシャが捕食したのはダイナだと管理人アースは考えています!

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  151. チクリス より:

    初コメントです。いつもコメントも含め楽しく読ませてもらってます!

    もう言われているかもしれませんが、今回の「悪魔と少女の絵」ですがヒストリアが本名を明かしたときに話していた時(何話か忘れました)「昔絵本に出てきた女の子の名前」に出てきた挿絵と同じですね。
    ヒストリアの回想での挿絵には文字が書かれていましたが、今回の絵には文字が描いてありませんでしたので別の書物だと思われますが、当時有名な昔話だったのでしょうか。
    記憶を改竄し、過去の歴史に関する書物は禁じられている中でなぜあの絵本をヒストリアが持っていたのか・・考えすぎかな?

    ここも伏線として扱われるのでしょうか!?

    もういろいろな思想がぶつかり合いすぎて、何が正しいのか分からなくなってきていますw
    グリシャはただ妹を殺された復讐心に駆られて盲目になってしまっている気もしますし、「フクロウ」なる不確かな存在に踊らされている印象も受けます。

    自分だけで読んでいてもここまでの考察は出来ないので、アースさんや読者の方々のコメントにかなり助けられております。

    また更新楽しみにしてますね!

    • 管理人アース より:

      チクリスさん!

      コメントありがとうございます!

      >今回の「悪魔と少女の絵」ですがヒストリアが本名を明かしたときに話していた時(何話か忘れました)「昔絵本に出てきた女の子の名前」に出てきた挿絵と同じですね。

      これですよね。
      2015-10-05_044157

      「進撃の巨人」第54話「反撃の場所」より

      間違いなく伏線でしょう!
      フリーダは、この時の女の子は優しい子と言っていましたが、今回は「悪魔と契約するユミル」となっています。
      真逆ですよね!
      これは、間違いなく何かしらの伏線だと思われます!
      エルディアから見れば正しいが、マーレから見れば悪…そんな感じですよね!

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

      • チクリス より:

        お返事ありがとうございます!

        51話での、「クリスタは私が生きるために与えられた役で・・・

        たしか・・・子供の頃読んだ本の女の子

        だった・・・はず」
        の所のコマの挿絵を想像していたのですが、確認してみると文字入ってました!失礼しました~;;

        そしてアースさんが示してくれたところも同じ絵本があったの、全然気付きませんでした><

        ブリーダが持っていた本だったんですね。もしかするとレイス家にもエレンの地下室的な感じで秘密の書庫的な場所があったりするのだろうか・・・

        来月が待ち遠しいです!

        • 管理人アース より:

          チクリスさん!

          コメントありがとうございます!

          >レイス家にもエレンの地下室的な感じで秘密の書庫的な場所があったりするのだろうか・・・
          あったかもですね!
          これを調べれば、グリシャ・ノート的な書籍も登場するかもですよね!

          またコメントください!
          よろしくです!

          管理人アース

  152. 地下室の謎が知りたい より:

    地図で逆カタカナでマーレ帝国の読み方が右読みでしたね。現在の右読み、左読みは

    右読み
    ①マーレの地図(86話)
    ②缶詰のニシン(38話)
    ③イルゼの手帳(OVA)
    左読み
    ①ヒストリアの本(54話)
    ②オオイワの看板(12話)
    ③ドウグヤの看板(1話)
    ④単行本の表紙裏

    確かこれぐらいだったかな?
    イルゼの手帳の件はわからないのですが、
    左右読みの違いで考察すると

    右読み=マーレ帝国=マーレ語
    左読み=エルディア人(エルディア帝国)
         =エルディア語

    ①古代マーレ国からエルディア帝国へ
    グリシャ父や復権派の歴史主張がどちらが正しいのかは不明。1700年間エルディア語。
    ②145代フリッツ王とエルディア人パラディ島へ
    (エレン達がいる島)エルディア語。
    ③エルディア帝国崩壊。マーレ帝国復権。
    マーレ帝国内はマーレ語(巨人大戦後)
    ④マーレ帝国内エルディア人(特に復権派)
    バイリンガル(誇りや言語文化を捨てないため)
    ジーク密告。復権派楽園流し。

    マーレ側の歴史正しい?政府の改ざんでマーレ人は偽りの歴史を学ぶ?状況ならエルディア帝国で使った言語は使用しない気がします。弾圧や差別などしてきた悪魔のエルディアですから。

    漫画に言語通じる通じない演出は考察しなくてもいいのですかね?

    この設定ならグリシャとキースの初対面なら話せますし、右、左の読み方で時期、生まれ、人種、国々の言語を表せれるのかなーと思いました。

    ニシンの件はライナーが嘘ついたのかな?
    ただ一番問題なイルゼの手帳の件が(汗)

    長文大変失礼致しました。

    • 管理人アース より:

      地下室の謎が知りたいさん1

      コメントありがとうございます!

      >漫画に言語通じる通じない演出は考察しなくてもいいのですかね?
      作中で右から左、左から右と描き分けているので、これは考慮すべきかなと思います。
      獣の巨人初登場でも、ミケに話をする時、「同じ言語のはずなんだが」とワザワザ言っていました。
      彼がエルディア語もマーレ語も話せられる理由は、今回分かりましたね!
      イルゼは、とりあえず置いときましょう(笑)

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース