進撃の巨人の壁の中に巨人がいた理由は?座標や超大型巨人が関係?

第34話「戦士は踊る」に、て壁の中に巨人がいることが発覚しました。

いったいなぜ、壁の中に巨人がいたのでしょうか?

この理由を考察していきましょう!

Sponsored Link

◆第34話にて分かった「壁の中の巨人」の事実!

s-f6ff424237cd46753ab0b9757331ae3f

アニが壁を登ったことにより破損した部分から壁の中が見え、そこから「超大型巨人」の顔が現れました。

これは壁の中に超大型巨人がいるのではなく、超大型巨人によって壁が出来ている事を表しています。

超大型巨人が硬質化し、壁になっているのです。

この事実は、第37話のハンジが持っていた、アニが硬質化した石の分析により分かっています。

これにより、人類を巨人から守っていた壁が、巨人により出来ていることが判明しました。

しかしなぜ、超大型巨人が硬質化し人類を守る壁になっているのでしょうか?


◆「ウォール・マリア」、「ウォール・ローゼ」、「ウォール・シーナ」の概要

924b9506375d3af5d9c85d5c441e4b17
「進撃の巨人」第2話「その日」より


まず壁が、どれほどの大きさなのかを調べてみました。

もっとも大きいウォール・マリアの直径が、960kmとなっています。

この大きさは、津軽海峡から大阪までをすっぽりと包むくらいの大きさの壁になります。

さらに、ウォール・ローゼ、ウォール・シーナもあります。

これが、全て超大型巨人で出来ているとしたら、とんでもない数の巨人が必要になるでしょう。

それぞれの外周から計算すると、超大型巨人はざっと。合計50万体ほど必要になってしまいます。

これほどの数の超大型巨人を、誰がどのようにして、硬質化させた状態で壁にしたのでしょうか?

そして壁の高さが、50mとなっています。

超大型巨人は60mですから、10m埋まっていることになります。

これにより、地下を掘っても出入り出来ないということになるのでしょう。

どうやって、このような壁を作ったのでしょうか?


◆壁の中の巨人がどうやって壁になったのかを考察!!

IMG_0501
「進撃の巨人」第34話「戦士は踊る」より


まず、壁の中の巨人がどのような状態で並んでいるのかを考えると、超大型巨人同士が腕を組みながら立っていると思われます。

これは第33話で、ウォール教の信者たちが壁に祈りを捧げている時の形が、両隣の人と腕を組み円になっていることから推測できます。

ここからは想像ですが、50万体の超大型巨人が10mの穴を掘り、そこに入り腕を組み合いながら直立不動の状態で硬質化し、そのまま眠りについたということになります。

作業している所を想像するとすごい光景ですね(笑)

しかし、いつ誰がどうやってこんな事をしたのでしょうか?

いつ誰がどうやって、超大型巨人で壁を作ったのか?

考察してみましょう!


◆三つの壁はいつから存在したのか?

129284769581116304038
「進撃の巨人」第1巻より


「進撃の巨人」のカバー裏には、地図とともに逆さまになったカタカナの字で、この世界の歴史が書かれています。

そこには「新天地にはもともと長大な壁が用意されていた」と書かれています。

カバー裏の地図は、この世界の教科書という設定になっているため、王政の記憶改ざんが明らかになった今では鵜呑みには出来ませんが、もしこれが事実なら人類の手によって壁が作られたわけではなく、もともとそこにあったということになります。

そうなると、人類が壁の中で暮らし始めた、107年前よりも以前からそこにあったということです。

さらにそこから考えられるのは、第1話タイトル「二千年後の君へ」の意味です。

「君」とは壁の中の巨人の事で、もしかしたら壁の中の巨人は二千年前から壁として立ち続け眠りについているのでしょうか?

ただ第64話にて、ロッド・レイスから約100年前に初代王により人類を守るために壁は作られたと説明されています。

この説明が正しければ、107年前に作られたということになります。


◆三つの壁はどうやって作られたのか?

2015-06-03_080413
「進撃の巨人」第50話「叫び」より


どうやって50万体の超大型巨人に10mの穴を掘らせ、そこに入れ直立不動の状態で腕を組ませながら硬質化させ、眠りにつかせたか?

これも第64話にロッド・レイスから「巨人の力」によって作られたと説明がありました。

「座標」の力があれば可能でしょう。

第50話で、エレンが「座標」の力を発動させた時には、巨人たちは全てエレンの望み通りの動きをしました。

ただライナー、ベルトルト、ユミルには、「座標」の力に反応はしましたが、強制力は無かったようです。

「座標」の力には熟練度があり、熟練すれば知性巨人も操れるようになるのか、「壁の中の巨人」たちが無知性巨人なのかは分かりませんが、「座標」の力を使って壁を作った事は間違いないでしょう。

Sponsored Link


◆三つの壁は誰が作ったのか?

e850395c
「進撃の巨人」第64話「歓迎会」より


第64話にてロッド・レイスにより、初代王の「巨人の力」により三つの壁は作られたと説明されています。

それとは別で、三つの壁の名前が気になります。

ウォール・マリア、ウォール・ローゼ、ウォール・シーナという名前は壁を作った初代王の名前ではないのでしょうか?

もしそうならば、マリア、ローゼ、シーナが、初代王の名前であり三人いたのでしょうか?

この「三つの壁」は「進撃の巨人」を象徴する存在です。

この謎が明かされる時は、全ての謎が解かれる時だと思われます。


壁の中の巨人は超大型巨人であり、超大型巨人が硬質化して壁を作っていると分かりました。

超大型巨人と言えば、ベルトルト・フーバーを思い出します。

ここで「壁の中の巨人」と「超大型巨人」ベルトルト・フーバーの関係を考察してみましょう!


◆「超大型巨人」ベルトルト・フーバーの「誰か僕らを見つけてくれ」「悪魔の末裔が!!」

o0480058912661332829
「進撃の巨人」第48話「誰か」より


超大型巨人の正体であるベルトルトは、第48話にて「誰か僕らを見つけてくれ」「悪魔の末裔が!!」など、数々の伏線となる名言を残しています。

これらの謎となっている名言を壁の中の巨人である、「超大型巨人」と同じ巨人の正体であるベルトルトが言っているというのは何か意味があるのではないでしょうか?

「誰か僕らを見つけてくれ」の「僕ら」とはこの時はライナーやアニなどの「巨人化できる仲間たち」と管理人アースは解釈していました。

しかしベルトルトは超大型巨人の正体です。

そして最近の話でレイス家の「巨人の力」の世襲制を見ると、ベルトルトの超大型巨人化の能力も世襲制の可能性があります。

となると、壁の中の巨人はベルトルトの先祖ということになります。

この「僕ら」は「壁の中の巨人」達のことではないでしょうか?

ロッド・レイスの話では、能力と同じように記憶も受け継がれていくようなので、ベルトルトには先祖の記憶が受け継がれており「壁の中の巨人」の記憶があり「誰か僕らを(壁の中から)見つけてくれ」とこぼしたのではないでしょうか?

そして、壁の中の巨人たちが自分の意志ではなく「座標」の力で操られ、無理やり何百年、何千年も壁内人類のために壁にさせられ、ベルトルトにその記憶があるとしたら「悪魔の末裔が!!」と壁内人類たちに叫びたくなる気持ちも分かります。

このように考えると、ベルトルトの名言の意味は全て解明できます。

やはり巨人の能力は基本的に「世襲制」なのかもしれません。


◆「超大型巨人」ベルトルトの名前に隠された伏線の考察!!

46_03
「進撃の巨人」第46話「開口」より


第46話で、エレンはベルトルトの事を「腰巾着野郎」と言いました。

管理人アースはこの時に、ベルトルトという名前はライナーの腰巾着だからであり、腰に付ける「ベルト」からベルトルトというネーミングにしたのかと思い、作者諫山創先生のネーミングの仕方に「上手いな~」感心したものでした。

しかしベルトルトが壁の中の巨人の子孫だとするならば、人類を囲っている円で「ベルト」の巨人という意味で「ベルトルト」なのかもしれません。もちろん両方の意味で「ベルトルト」という名前かも知れません。

どちらにしても作者諫山創先生のネーミングは上手いですね。

【追記】

この記事の時点では座標=叫びの力と考察していますが、現在の管理人アースは座標≠叫びの力と考えています。

【猿の巨人が座標を求める真の理由とは?獣の巨人の目的を検証!】で考察していますので、見てみてください!

この記事中の「座標」は、「叫びの力」という意味で使用しています。

【エレンがベルトルトとライナーと再戦するか検証!】
【進撃の巨人のベルトルトが超大型巨人の伏線を検証!!】


Sponsored Link

8 Responses to “進撃の巨人の壁の中に巨人がいた理由は?座標や超大型巨人が関係?”

  1. すまきだ より:

    すまきだは、座標は「誰が壁のどこに巨人化されているかの記憶」と考えています。そうすると、『座標』という呼び名もうなずけませんか?ベルトルトは、現時間を生きているのは仮の姿で、どこか壁の中に本当の身体が隠されているのかもしれません。

    • 管理人アース より:

      すまきださん!

      コメントありがとうございます!

      では、本当のベルトルトは壁の中にいるのですね!
      となると第1話で壁ドンした時は壁の中から出て来ていたのでしょうか?


      管理人アース

  2. はじめさんふぁん より:

    ぼくは、壁の中にベルトルトの父等色々な関係のある人の巨人の体だと思います。(2千年もあるから)

    • 管理人アース より:

      はじめさんふぁんさん!

      コメントありがとうございます!

      壁が二千年前から存在するのかどうかは、謎ですね。
      おそらく、105年前にできたと思いますが…これも分かっていません。

      またよろしくです!


      管理人アース

  3. ゆかり より:

    三つの壁はいつから存在したのか?の所の「二千年後の君へ」が二千円後の君へになっています…!

    • 管理人アース より:

      ゆかりさん!

      コメントありがとうございます!
      本当ですね(・_・;)
      これは…恥ずかしいです(;´Д`)
      ご指摘ありがとうございます!

      またよろしくです!


      管理人アース

  4. 歩生 より:

    どうやって腕を組んでいるのだろうか

  5. 歩生 より:

    いつも大変お世話になっております。これからもよろしくお願いします

コメントを残す

このページの先頭へ