ネタバレ考察

進撃の巨人ネタバレ40話の考察!「ユミル」の伏線ポイントまとめ!

獣の巨人と巨人たちの攻勢により調査兵団が大ピンチの第40話にも伏線は施されているのでしょうか?

検証してみましょう!

◆第40話「ユミル」の見どころ!

ウトガルド城にて無数の巨人の攻勢により、ゲルガーとナナバの立体機動装置のガスと刃の底が尽き、とうとう巨人に捕食されてしまいます。

ゲルガーが死に際に望んでいた酒を見つけ「神…様…」と言い飲もうとしたら中身は空で「誰だよ!!これ全部飲みやがった奴わ!?」というシーンは何とも不憫です!(泣)

しかも酒を空にしたのは「女神」ヒストリアなのが何とも…(・_・;)

ひどい神様ですね(笑)

そして日が昇り、生き残っていた104期生もとうとう絶体絶命です!

その時、ユミルがコニーからナイフをもらい巨人の群れの中に飛び込みます!

飛び込む前にヒストリアに向かって「お前…胸張って生きろよ」と言うシーンは個人的に気に入っています!

ナイフで手に傷を作りユミルは巨人化しながら巨人の群れに飛び込みます!

その巨人化したユミルを見てライナーとベルトルトが仲間マルセルを捕食した巨人であると気付いて終わります!

◆第40話の伏線と「伏線らしき」ポイントまとめ!

第40話の伏線ポイントはこのようになっていま。

  • 壁を掴みながら壁外へ行く獣の巨人
  • ヒストリアの「何か…武器があればいいのに…」のセリフの後に描かれている立体機動装置
  • 訓練兵時代に体調管理が出来なくヒストリアとユミルに助けられたダズ
  • 存在するだけで世界に憎まれていたユミル
  • ユミルが仲間マルセルを捕食した巨人だと気付くライナーとベルトルト
  • それではそれぞれ見て行きましょう!

    ◆ポイントから見る伏線考察!

    冒頭で手と足の両方を硬質化して壁に穴を空け、獣の巨人は壁外へ降りて行きます。

    硬質化出来るという伏線考察は39話でしましたが、今回のシーンでは壁を掴んでいる場所を取り上げてみましょう!

    壁本体に穴を開けているのではなく、出っ張った所を掴み、穴を空けています。

    これはアニが壁を登った時のように、中にいる巨人をむき出しにしてしまわないように気を遣っているのではないでしょうか?

    となると、獣の巨人は壁が超大型巨人で出来ていることを知っていることになりますね!

    獣の巨人が壁の出っ張りを掴んでいるシーンは獣の巨人が壁の中に超大型巨人がいることを知っているという伏線になっています!

    ヒストリアの「私も…戦いたい」「何か…武器があればいいのに」というセリフの後ろに団員二人の遺体の横に立体機動装置が描かれています。

    次のコマには小さいながらも立体機動装置が単独アップで描かれています。

    このコマは何なのでしょうか?

    立体機動装置と一緒に描かれていた二人の遺体は39話で獣の巨人が投げてきた岩により殺された団員でした。

    もしかしたらこの立体機動装置は獣の巨人が投げつけてきた物なのでしょうか?

    第35話で獣の巨人はミケから立体機動装置を奪っています。

    もしかしたら馬や岩を投げつけていた時にミケの立体機動装置を投げつけていたのでしょうか?

    もしそうだとしたら【ミケの再登場を考察!獣の巨人が奪った立体機動装置から再登場を検証!!】で予想したミケの再登場のシーンは無くなってしまいますね(―_―;)

    ただ、38話で獣の巨人が再登場した時点でミケの立体機動装置は獣の巨人の手にはありません。

    おそらく中の男が持っていると思われます。

    この辺りに事については【進撃の巨人ネタバレ28話の考察!巨人は口から入れた物を保存できるか検証!】で考察しています。

    知性巨人は口から入れたものを中の人が持っていることが出来るという考察です。

    つまり、ミケの立体機動装置はこの時点で獣の巨人の中の男が持っているということになります。

    となると、獣の巨人はそれをワザワザ投げつけることはしないでしょう!

    それにこの場面で死亡した団員の立体機動装置が外れています。

    この外れた立体機動装置がこのコマの立体機動装置ではないでしょうか?

    では、この立体機動装置にコマを割いてアップにする意味は何なのでしょうか?

    管理人アースは、これは今の考察のように、「これはミケの立体機動装置ではないか?」と読者に思わせる作者のミスリードのためのコマではないかと考察します!

    裏を返せば、ミケの立体機動装置は獣の巨人が持って帰っており、再登場するという伏線になっている可能性があります!

    この立体機動装置のコマは読者にミスリードさせるためであり、逆にミケの立体機動装置がどこかで再登場する伏線になっていると思われます!

    このシーンの後にユミルとヒストリアの訓練兵時代の回想シーンとなります。

    その時に体調管理が出来なかったダズが登場します。

    このダズが11話、12話に登場していることをご存知ですか?

    これは、伏線では無いのですが、11話ではマルコになだめられていたのですが、
    2015-09-11_175416

    「進撃の巨人」第11話「応える」より

    サシャの「負傷者にしてもらっていいですか!?」と言うセリフで「もう…ダメだ!!」」とキレてしまったり(笑)
    2015-09-11_175332
    「進撃の巨人」第11話「応える」より

    12話では恐怖のあまり「…いやだ!!死にたくねえ!!」「家族に会わせてくれ!!」と大声でいい、
    2015-09-11_175310
    「進撃の巨人】第12話「偶像」より

    上官に注意された後も逆らい「巨人に食い殺されるよりも100倍いい…」と巨人に対する恐怖を見事に演出していた彼が、ダズです!
    2015-09-11_175243
    「進撃の巨人】第12話「偶像」より

    おそらくユミルとヒストリアに助けられた後には体調管理も頑張って訓練兵を卒業出来たのでしょう!(笑)

    しかし、卒業直後にトロスト区攻防戦を経験し、巨人への恐怖が植え付けられてしまったようですね(―_―;)

    作者は11話、12話でこのような役を与えていたキャラを覚えていてまた40話の回想シーンで使ったのですね!

    この辺りのキャラ把握能力はスゴイと感心します!

    この回想シーンが終わった後、ユミルは巨人化し巨人の群れに飛び込みます。

    このシーンでユミルは「ただ存在するだけで世界に憎まれたんだ」「私は大勢の人の幸せのために死んであげた」と言っています。

    これはどのような意味があるのでしょう?

    この辺りの考察は【進撃の巨人のユミルの正体は?高貴な身分の真相も!】でしていますので、良かったら見てください!

    最後にライナーとベルトルトは、ユミルがマルセルを捕食した巨人だと気付きます。

    これは39話でのライナーの回想シーンで登場した巨人がユミルだと分かるシーンとなりますね。

    しかし、このシーンがどのような意味を持つシーンか分かるのはまだ先で、47話にて回収されます。

    ユミルがマルセルを捕食した巨人であると気付いたシーンは、第39話でのライナーの回想シーンの部分的な伏線回収のシーンとなっていますね!

    今回も大きな伏線、小さな伏線、伏線回収といろいろな仕掛けが施されている回となっていました!

    そして物語としてもユミルが巨人化し、さらに謎が深まった回でもありました!

    ユミル考察においても重要な回となっています!

    【進撃の巨人ネタバレ41話考察!「ヒストリア」の伏線ポイントまとめ!】
    【進撃の巨人ネタバレ39話考察!「兵士」の伏線ポイント考察!】
    【進撃の巨人の現時点までの未回収となってる伏線まとめ!】

    アニメやマンガが見放題
    進撃の巨人を無料で楽しむ方法

    進撃の巨人のアニメやマンガを楽しむならU-NEXTがおすすめです!

    今だけ31日間の無料トライアルがあるので、進撃の巨人のシーズン1、シーズン2、シーズン3、劇場版が見放題です!

    初回特典でU-NEXTで「600ポイント」が無料でもらえるので、進撃の巨人の最新刊も無料で見ることができますよ!

    U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

    \無料キャンペーンあり/

    U-NEXT公式ページ

    ↑タップでコスパ比較↑

    POSTED COMMENT

    1. ごく普通の奇行種 より:

      ユミルはマルセルの記憶を継いでるからナイフで巨人化するんですかね?

    2. ネコねこ より:

      ありがとうございます。

      50話でユミルが、おまえらが壁を壊しに来なければ、ずっと覚めない悪夢を見ていた、とありますね。

      壁ドンのあとにマルセル捕食。

      おかげさまで少しずつ、すっきりしてきました。とはいえ、まだまだ謎はたくさんありすぎます。個人的願望としては、戦いシーンは最小限でいいので、早く話しを進めていただきたい!ものです(^-^ゞ

      • 管理人アース より:

        ネコねこさん!

        コメントありがとうございます!

        >おかげさまで少しずつ、すっきりしてきました。
        それは良かったです!
        これがまた「進撃の巨人」の楽しみですよね!(^^)

        >戦いシーンは最小限でいいので、早く話しを進めていただきたい!ものです(^-^ゞ
        戦闘シーンもストーリー展開も、両方進めて欲しいですよ!(笑)

        またコメントください!
        よろしくです!

        管理人アース

    3. ネコねこ より:

      お忙しい中、レスありがとうございます。

      どこかで、エピ年表を見て、ライベルとユミル初遭遇がどこだったか思い出そうとしていたのですが、まだ確定ではないんですね。
      もやもや(  ̄▽ ̄)

      自分の妄想では、ライベル達が語る故郷、から、巨人化能力を持ったマルセルに連れられて、伝説?の猿巨人を目指して、旅の途中でユミルに会ったのではないかと。

      この時ライベル達が巨人化能力を持っていたら、ユミルをやっつけられたはずなのに、していないのは、まだ普通の人間だったんですね~。成る程。

      その後、猿巨人の指令か、故郷の使命をおびて、巨人能力を得て、巨人練度を上げて、壁ドンに至る、、。ライベルの人間年令が、エレンと同じだと、どうも無理やりですね(((((((・・;)

      スミマセン。

      『悔いなき選択』は、既読です♪

      小説はまだですが、画風の違いとか気にならなくて、いいのかな、と思いました。

      • 管理人アース より:

        ネコねこさん!

        コメントありがとうございます!

        >この時ライベル達が巨人化能力を持っていたら、ユミルをやっつけられたはずなのに、していないのは、まだ普通の人間だったんですね~。
        いえ、ユミルとの初遭遇の時にはライベルも巨人化能力を持っていたと思いますよ。
        おそらくは、壁ドンした後にユミルと遭遇し、マルセルは捕食されたと思います。
        ただ、それがシガンシナ区の扉をベルトルト@超大型巨人が蹴破った壁ドンなのか、ウォールマリアをライナーがタックルで壊した後なのかなどのタイミングが分からないということです。
        巨人化能力を駆使し、壁を壊した直後だったのでライベル達は巨人化出来なかったのではないかと思っています。

        またコメントください!
        よろしくです!

        管理人アース

    4. ネコねこ より:

      こんばんは、お疲れさまです。

      読み込みがまだ浅くて申し訳ないのですが、

      ライベル達が巨人ユミルと遭遇し、巨人化能力を持った仲間を喰われた、、のは、壁ドンのあとか、前か?いまいち、わからないので、お暇がありましたら、教えてください。

      また、場所は、壁ドンのあとならば、マリア内、前ならば、マリア外ですよね?

      今日は、Beforethe fallを6巻まで読みました。なかなかこちらも壮絶です。
      絵柄が繊細で、美しいです。

      しかし、諫山巨人のほうがなぜかぶきみで怖い((T_T))

      • 管理人アース より:

        ネコねこさん!

        コメントありがとうございます!

        >巨人化能力を持った仲間を喰われた、、のは、壁ドンのあとか、前か?
        マルセルがユミルに捕食されたタイミングは、明らかにはなっていません。
        ただ、ライベルの壁ドンで、ユミルは壁内に入れたので、壁ドンの時なのでしょう。
        おそらくシガンシナ区の中だと思われますが(ライナーが巨人化して助けていないので)マリア内だとは決定できませんね。

        >Beforethe fallを6巻まで読みました
        おー、スピンオフも手を出しているのですね!(^^)
        「Before the fall」は個人的には小説版をお勧めしますよ。
        コミカライズとは、かなり違う印象となっています!
        小説を読むことに抵抗がないのであれば、良かったらどうぞ!
        漫画であれば「悔いなき選択」は、けっこう秀逸です!

        またコメントください!
        よろしくです!

        管理人アース

    5. 進撃の巨人もどき より:

      文字の間違いが多くてすみません。
      追記
      ゲルガーが読めなかったので壁外の文字が書かれている可能性が高いと思います。

      • 管理人アース より:

        進撃の巨人もどきさん!

        コメントありがとうございます!

        ニシンはライナーも読めなかったですしね!
        この辺りは謎ですよね!

        またコメントください!
        よろしくです!

        管理人アース

    6. 進撃の巨人もどき より:

      進撃の巨人を読み返してみて思ったのですか、9巻の最後の方で「最近まで誰かが住んでいた跡があるぞ…」とあったのですが、その「誰か」とは獣の巨人の正体(ジーク戦士長)ではないでしょうか。
      もしこれが正しいとするとニシンの缶詰はジーク戦士長が持ってきたことになります。さらにゲルガーが酒にをみて「ん…何て書いてんだ?」と言っているので、これも戦士長が持ってきたことになります。そして40話の立体機動装置、あれは戦士長がウトガルド城に忘れて行ったミケの立体機動装置ではないでしょうか?そうなるとミケが再登場する可能性が低くなってしまうのですが…
      考察お疲れ様です。

      • 管理人アース より:

        進撃の巨人もどきさん!

        コメントありがとうございます!

        >(ジーク戦士長)ではないでしょうか。
        これは確か、管理人アースも、どこかの考察で同じような予想をしていたと思います!
        この考察は同意です!(^^)

        >そうなるとミケが再登場する可能性が低くなってしまうのですが…
        ミケは、ちょこっと再登場しましたよね!
        2015-12-08_024609

        「進撃の巨人」第76話「雷槍」より

        これで満足します!(笑)

        またコメントください!
        よろしくです!

        管理人アース

    7. ネコねこ より:

      ユミル、あんたもか!の衝撃の回でした

      あまり関係ないですが、ダズさんが同期生には見えず、中年のおじさんだとばかり思っていました(T-T)

      そうか、同期だったのね。

      ユミルの名前に上司達が気づかない?、にはなるほどと思いました。読者には名前がふせられていましたから、、。読み返すとさりげなく登場していて、びっくりです。

      さらに、びっくり、60年壁外をさまよっていたユミルさん、どうやって戸籍捏造して、104期と同年齢として訓練生に?

      または、親は?
      出身地は?とエルヴィンは調べなかったのでしょう。

      • 管理人アース より:

        ネコねこさん!

        コメントありがとうございます!

        >どうやって戸籍捏造して
        この辺りはライベルと同じで捏造したのかもですね。

        >エルヴィンは調べなかったのでしょう。
        おそらく調べるのは訓練兵団管轄になるのではと。
        となると、キースの仕事になるのかな?
        どこまで調べているのかは分からないですが、戸籍が捏造できるのなら親、出身も簡単に出来るのかもですね。
        やはり、壁ドンから、このウォール・マリア領の戸籍はウヤムヤになっているのかもですね。

        またコメントください!
        よろしくです!

        管理人アース

    8. くろめ より:

      こんばんは!
      連投すみません!

      クリスタ(この時点ではこの名前なので)の「何か武器があればいいのに」の次のコマの立体起動装置のアップのコマですが。

      あれは、猿の投石で死んだ先輩の立体起動装置で、それが転がっている事にクリスタは気づいてないのです。

      で、気づいているのはユミルです。

      クリスタがそれに気づいてしまったら、本当に装備して自殺しかねないので、ユミルはクリスタに説教を始めます。

      と、いう流れだと思ってました!

      ミケさんは超おもしろいキャラで好きですが、進撃の巨人のメインストーリーに深く関わる人では無いと思います。

      作者の言葉を借りれば、役目が終わった人になるかと。

      しかしユミルの大勢の人の幸せの為に死んであげた、の意味は何なんでしょうね。

      死んであげた=巨人になって壁の外をうろついてた、なのでしょうか?

      かつては海の魚を色々食べられて、缶詰めの逆さま文字(あれはライナーが持っていた向きが逆なのではないかと)が普通な所にいたようなユミルですが、ユミルが言っていた「ヒストリアをあっち側に送る」という、あっち側にユミルも住んでいたって事なんでしょうかね?

      しかし生まれ変わっても結局誰かの為に命を投げ出すユミルは、そういう生き方が彼女の本質なんでしょうね。

      「女神様になるのも悪くないね」このセリフの女神様は、かつてのクリスタと対になっていて、本当に胸が熱くなるものでした。

      しかしコメントでもありますように、ユミルがユミルと名乗っていたのに、ハンジさん達は気づかなかったのでしょうか?

      新入り兵士のひとりひとりまでチェックして無かったと言えばそれまでですが、気になるポイントですね!

      • 管理人アース より:

        くろめさん!

        コメントありがとうございます!

        >「ヒストリアをあっち側に送る」という、あっち側にユミルも住んでいたって事なんでしょうかね?
        「あっち側」はライベル達の故郷を指していると思いますが、明らかにユミルがそこを知っているという言い方ですよね。
        ユミルがそこに住んでいたのかは分かりませんが、知っているのは間違いないでしょう!

        ユミルの名前に気付いていないのは苦しい展開だと思います(笑)
        何かしらの伏線なのかもしれませんが…分かりませんね。

        またコメントください!
        よろしくです!

        管理人アース

    9. ユミルは、現作者の特別な思いが詰まったキャラでは
      ないかと思います。
      何しろ、序盤の第5話から さり気なく登場し、ここでもう
      コニーやヒストリアとの関係が出来ています。
      特筆すべきは、ヒストリアに言った
      「この作戦が終わったら、結婚してくれ」
      一見ジョークのようで、読み飛ばしてしまうコマですが、
      これは 二人の背負った運命を考えると、すごいセリフ
      なのです。
      ユミルとヒストリアの結婚 即ち、同盟。これは物語の
      重要な伏線ではないかと思います。

      その後に、特別編のイルゼの手帳で 「ユミルの民」と
      名前が登場。 ところが、本人の名前は“不詳”という、
      思わせぶりな扱いです。

      さらには、「女リヴァイ」とも呼ぶべき、その歯に衣着せぬ
      言動です。
      不思議なことに、リヴァイとユミル、直接対話がこれまで
      有りそうで無いのです。
      リヴァイとユミルが対話したら、どんな鋭い言葉が飛び交う
      だろうか? 密かに楽しみなのです。
      (ユミルには、そんな隠れファンが多いのでは…?)

      • 管理人アース より:

        おおぞらバードさん!

        コメントありがとうございます!

        >何しろ、序盤の第5話から さり気なく登場し
        そうなんですよね!

        ユミルは本当に初期から登場しています。
        ちなみに当初の予定の現行では第3話での例のジャンとのケンカのシーンで登場しています!
        この辺りをまた書く機会があったら書きますね!

        >ユミルとヒストリアの結婚 即ち、同盟。これは物語の重要な伏線ではないかと思います。
        これ面白い考察ですね!
        そしてユミルの再登場にも繋がる考察ですね!
        そうすればユミルとリヴァイの会話シーンも…(笑)

        ユミル再登場が楽しみです!
        またコメントよろしくです!

        管理人アース

        • 第40話とは直接関係ないようですが、ユミルとリヴァイ
          について、書き漏らしてしまった 重大な謎があります。
          そもそも リヴァイは イルゼの手帳を見ていて、ユミル
          という名に覚えがあるはずです。
          調査団員の中に ユミルという人物がいて、何も思わな
          かったのだろうか?
          普通なら、ユミルの素性を取り調べ、その正体を明かす
          はずです。 なのに、そんな場面が出てこない。
          イルゼの手帳は、ユミルについての大きな伏線なのに
          その事にあまり触れられていません。
          リヴァイのみならず、ハンジも知っているし、軍の上層部
          にも報告されているはずです。

          もしや、軍はユミルを怪しいと知りながらも、あえて泳がせ
          ていたのではないだろうか? それは何故か?
          軍部と“ユミルの民”との間に、只ならぬ関係があるのか??
          イルゼの手帳は、“特別編”として登場しているだけに、
          今後の展開に 大きく係わって来るものと思います。

          (ブログを更新しました。「進撃の巨人」について、いろいろと
           のたもうておりますので、宜しければご覧になって下さい。)

          • 管理人アース より:

            おおぞらバードさん!

            コメントありがとうございます!

            >調査団員の中に ユミルという人物がいて、何も思わなかったのだろうか?
            【進撃の巨人ネタバレ37話の考察!「南西へ」の伏線ポイントまとめ!】でも書きましたが、ハンジもリヴァイもユミルの名前を把握してなかったのはおかしいですよね。

            >軍部と“ユミルの民”との間に、只ならぬ関係があるのか??
            ユミルを知らなかったのではなく、もともと調査兵団と何か関わりがあったのではという考察は面白いですね!
            これは考えつかなかったです(笑)
            もしそうであれば、ユミル再登場後に明らかになる可能性がありますね!
            ユミル再登場後の楽しみが増えました!

            ブログ拝見しました!
            まだ全巻読み終えたばっかりなんですね!
            それで、これだけの考察をしているのには驚きました!
            すごい読解力ですね!

            またコメントよろしくです!

            管理人アース

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です