進撃の巨人ネタバレ3話の考察!伏線ポイントまとめ!

「進撃の巨人」は「読み返すと違う意味が見えてくる」という作品となっています。

「進撃の巨人」第3話には、どのような伏線が描かれているのでしょうか?

第3話を読み返し、気になるポイント取り上げ考察してみましょう!

Sponsored Link


◆第3話「解散式の夜」のみどころ!

erenraina

第3話ではエレン、ミカサ、アルミン、ジャンのキャラが色濃く出ている回となっています。

エレンとジャンの考え方の違い、ミカサのエレンへの気持ち、アルミンの性格、最後にはコニーの正義感と単純さ、サシャの食いしん坊と馬鹿さ加減も出ています(笑)

レギュラー達のキャラ紹介、と言ったところでしょうか?

彼らのキャラが上手く描かれており、今読み返すと最新話の彼らの成長も感じられます!


◆第3話の伏線と「伏線らしき」ポイントまとめ!

第3話のポイントは、このようになっています。

  • この時点で、ベルトルトが憲兵団を志願している
  • ベルトルトとアニが隣同士で座っているが、アニはそっぽを向いている
  • 「忘れたのかジャン!?エレンの対人格闘成績は」の吹き出しの左側にいる謎の人物
  • ミカサの「人生が続く限り…」「一度死んだ私を再び生き返らせた…」のセリフ
  • グリシャがエレンに注射を打つ記憶

  • それでは、それぞれのポイントを考察して行きましょう!


    ◆ポイントから見る伏線考察!

    2015-07-04_042047

    解散式後の「送別会」にて、ベルトルトがちゃっかりアニの横に座っているのは「アニが好き」だからでしょうか?

    もし、そうだとすると第3話にて「ベルトルトはアニが好き」という設定が出来ていたことになりますね。

    ただ、アニがそっぽを向いているところから、脈は無さそうです(^_^;)

    この時点でベルトルトが憲兵団を志願していることは見逃せません。

    ここから、当初はアニ、ベルトルト、そしておそらくライナーも憲兵団に入団する予定だったと思われます。

    おそらく憲兵団に入団し、ウォール・シーナ内から人類を全滅させる予定だったのでしょう。

    Sponsored Link


    もちろんライナーとベルトルトが調査兵団へ入団したのは周知の通りで、この後にエレンが巨人化能力を持っている事が分かり、二人はエレンを拉致するために調査兵団に入団することにしたということだと思われます。

    この辺りにも、作者のキメ細やかな物語の組み立て方が垣間見えます。

    ライナーの「忘れたのかジャン!?エレンの対人格闘成績はという吹き出しの左側にいる謎の人物は何なのでしょう。

    話は変わりますがコミックス巻末に「ウソ予告」が毎回載っています。

    作者のオフザケというか「遊び」のコーナーですが、作者は元来「遊び」が好きなのだと思います。

    この「謎の人物」も作者の若き日の「遊び」だと思われますが不思議な人物です…(-_-;)

    ミカサの「人生が続く限り…」「一度死んだ私を再び生き返らせた…」というセリフは一見エレンと一緒にいる為の動機を話しているように見えますが、ループを思わせるセリフにも見えますね。

    ミカサがループを起こしている自覚があるのかとも思わせます。

    グリシャがエレンに注射を打つ記憶の場面があるのはスゴイですね!

    この時点で巨人化は注射によって起きること、グリシャがそれを持っていることなどから、最初から全て設定されていたことが分かりますね!

    この作者は最初から現在の最新話70話まで計算して物語を作っていたのかと思わせられます!(^_^;)

    「進撃の巨人ネタバレ4話の考察!伏線ポイントまとめ!」
    「進撃の巨人ネタバレ2話の考察!伏線ポイントまとめ!」
    「進撃の巨人の現時点までの未回収となってる伏線まとめ!」


    Sponsored Link

    この考察記事を読まれた方には、こちらの記事にも進撃して頂いてます。

    3 Responses to “進撃の巨人ネタバレ3話の考察!伏線ポイントまとめ!”

    1. 進撃の青メガネ より:

      >ウォールシーナ内から人類を絶滅させるため
      彼らの目的が「座標」と分かった今、これはちょっと厳しいと思います。
      レイス家が喰われたことを知らないならレイス家と会えるようにするため(巨人の力を使えばいけるでしょうが壁内での立場を失うのは避けたいと考えた)
      知ってるなら壁内に行った奴で巨人化できる奴はグリシャ位しか思いつかないでしょうが、彼は優秀な医師ですからここに住んでいるか最低でも通っていると考えたからだと思います。
      まあ全てレイス家の力=座標という前提ですがねw

    2. 巴里の恋人 より:

      団長殿、いつも更新お疲れ様です。

      コミック(電子版)を再読していて今頃気付いたのですが、2度目の壁ドンの時(3話)に超大型巨人が骨格も残さず一瞬にして消えるシーンがあります。

      超大型巨人はこれまでに4回登場していますが、3回共に巨人化解除後は骨格は残っています。
      超大型巨人は熱風の時間や温度まで調節出来るようですが、骨格まで瞬時に消し去る事が出来るのでしょうか?

      気になって前後を読んでいたらエレンが超大型巨人の右腕にアンカーを打ち込んで移動する際、マンホールの蓋のようなものでグラっと躓き、それを踏み台にしているシーンを発見しました。
      はじめは固定砲の破片かと思いましたが、どう見ても超大型巨人の体の一部のように見えます。

      もしかすると経絡秘孔みたいなモノがあって、それを押す事で瞬時に消える事が出来るのかも。
      ベルトルト亡き後ではこの謎は検証出来ませんが、アルミンの超大型巨人化で解明されるかもしれませんね。

      • 管理人アース より:

        一瞬に蒸発して消えた…のでしょうけどこの能力はここでのみ登場していますね。
        「一瞬にして蒸気を発し、その熱量で全て蒸発して消えた」という事なのでしょうが、骨格までというのはシガンシナ区決戦でのアルミンの作戦とは辻褄が合わなくなりますね(・_・;)
        アルミン巨人で何かしらと解明、期待したいですね!


        管理人アース

    コメントを残す

    このページの先頭へ