ワンピース

【ワンピース】最終章での活躍はほぼ確定!?最悪の世代一の問題児、ユースタス・キャプテン・キッドの能力と今後の活躍を徹底解説

ユースタス・キッド

大人気漫画「ワンピース」にて、主人公「モンキー・D・ルフィ」の同期として登場し
作中でも活躍の場が多い『最悪の世代』。

敵同士でありながら、時には協力関係を結んだり、裏切ったりと物語の節々でそれぞれ活躍を見せている『最悪の世代』のメンバーですが、

今回はその中でも、最も活躍の場面が多く、今後の物語完結に向けてさらなる登場が期待できるキャラクター『ユースタス・キャプテン・キッド』について紹介していきます。

ルフィと同様に覇王色を持ち、四皇撃破の立役者となったキッドとはどのような人物なのか?また今後の物語にどのように関わってくるのかなど考察も含め徹底解説していきます。

 

ワンピース|キッドの悪魔の実・能力について

 

ユースタス・キャプテン・キッド』はルフィたちと同時期にシャボンディ諸島に集まった11人の超新星(最悪の世代)の一人で、初登場時はルフィよりも懸賞金が高く、超新星の中でも格上キャラとして登場しました。

ジキジキの実」の能力者で、磁気を使いまわりの金属類の物質を自由自在に操ることができます。

現在は同じく最悪の世代の「トラファルガー・ロー」とともに四皇「ビッグ・マム」を破り、ルフィと同額の30億ベリーという破格の懸賞金をかけられています。

一般人にも容赦無く被害を加える残虐性と自身の強さを疑わず強敵にも立ち向かっていく勇敢さを持ち合わせており今後もますます活躍が期待されるキャラクターの一人です。

 

ワンピース|キッドのプロフィール

名前
ユースタス・キャプテン・キッド
所属
キッド海賊団
  所属船 ヴィクトリアパンク号
   出身 南の海(サウスブルー)
年齢
23歳
  懸賞金 30億ベリー
身長
203㎝
誕生日
1月10日
能力
ジキジキの実
覇気
武装色、見聞色、覇王色
初登場
第498話 「11人の超新星」
  好きな食べ物 ロールキャベツ
  嫌いな食べ物 カレーうどん
声優
浪川大輔

 

ワンピース | キッド海賊団について

 

キッドが船長を務めるキッド海賊団は全員がビジュアル系バンドのような派手な服装が特徴です。

メンバーは全て南の海(サウスブルー)出身で、キッドが知り合いの悪友を誘い結成された海賊団です。

ワンピース|キッド海賊団の構成

構成員は、船長「ユースタス・キャプテン・キッド」と「No.2 殺戮武人キラー」「ヒート」「ワイヤー」など総勢31名で構成されています。

「最悪の世代」に数えられる「ユースタス・キャプテン・キッド」「殺戮武人キラー」以外は名前しか紹介されておらず未だ謎の多い海賊団になっています。

ワンピース|キッド海賊団No.2 殺戮武人キラー

 

キッド海賊団の中心メンバーとして最悪の世代の一角に数えられている「殺戮武人キラー」。白と水色のフルフェイスのマスクを被り、両手に「パニッシャー」という鎌のような武器を装着しているのが特徴です。

懸賞金は現在、2億ベリーでワノ国遍では最悪の世代の一人「バジル・ホーキンス」を倒すなどその実力は懸賞金以上のものを秘めていると思われます。

また感情的になりやすい船長キッドを止める冷静な一面も持ち合わせています。

ロジャー海賊団の「シルバーズ・レイリー」や白ひげ海賊団「不死鳥マルコ」のように名の通った海賊団には強力なNo.2が存在することから、

キラーはキッド海賊団にとって大きな存在であることは間違いないでしょう。

 

ワンピース | キッドはDの一族?

 

ワンピースの世界で『Dの一族』といえば、世界を支配する「天竜人」の天敵とされる存在ですが、その全貌は未だ謎に包まれています。

主人公の「モンキー・D・ルフィ」や海賊王「ゴール・D・ロジャー」など、物語の重要人物に共通する『Dの一族』ですが、実はコアなワンピースファンの間では、「キッドもDの一族なのではないか?」という声が上がっています。

ワンピース | 『Dの一族』の共通点

 

現在もまだ謎に包まれている『Dの一族』ですが、
実は物語を詳しく読んでいく中でいくつかの共通点があります。

 

Dの一族』の共通点
・死ぬ時に笑う
・死の窮地を脱する幸運を持っている
・世間で名が知られるほどの大物ばかり

 

ワンピース | 『Dの一族』の共通点

結論として、キッドは『Dの一族』である可能性が極めて高いと考えられます。
理由としては、上記3つの共通点のうち2つに該当しているからです。

インペルダウンでマゼランの毒をくらい瀕死状態になった際、偶然シリュウに救われた黒ひげこと「マーシャル・D・ティーチ」然り、処刑台にてバギーに首を切り落とされる直前で、雷が落ち偶然助かった「モンキー・D・ルフィ」然りと

Dの一族』と確定しているキャラクターは「確実に死を迎える場面」と「それを脱する幸運」が同時に描かれることが多々あります。

実際にキッドもワノ国遍にて相棒の「キラー」とともに水責めの刑にあい死を迎える手前で、偶然四皇「ビックマム」の暴走により助かっていることや懸賞金がルフィと並び世間からの注目度も高いことから条件に大きく当てはまります。

また、最悪の世代の中で「ルフィ・ロー・キッド」の3人はシャボンディー諸島遍やワノ国遍で同等に描かれる場面が多いため、残りの2人同様にキッドも『Dの一族』である可能性は極めて高いです。

 

ワンピース | キッドの技について

 

キッドの食べた「ジキジキの実」の能力は磁力を使い、金属類を引き寄せたり反発させることができます。

集めた金属類を武器として使うことで広範囲の攻撃を繰り出すことができます。

また、磁力で集めた武器を盾に使ったり、ピストルや大砲を反発させ逆に敵に当てたりと防御面も厚い能力になっています。

 

ワンピース | ジキジキの実の通常時の技について

キッドの戦闘は磁力を応用した派手な攻撃技が多く、基本的に攻めを重視した戦闘スタイルが多く描かれています。

では実際にキッドが使っていた技を見ていきましょう。

ワンピース|反発(リペル)

 

第504話にて海軍に囲まれた際に用いた技になります。

砲弾や銃弾などを磁力で反発させ敵に跳ね返す技です。

敵の攻撃を利用したカウンター技になっており、自身の防御としても使える技になっています。

ワンピース | 磁気魔人(パンクロットン)

 

金属類の武器を磁気で集め、全身に武装し攻撃を繰り出す技になっています。

集めた武器の量だけ攻撃の威力は増し、また全身に纏うことで防御力もあげる万能な技になっています。

 

ワンピース | 破壊弦(スラムギブソン)

 

磁気で集めた金属の拳で敵を掴み、叩きつける技になっています。

第980話でこの技をくらった同じく最悪の世代の「スクラッチメン・アプー」が壁に頭からめり込んでいたことからその威力は相当なものだと考えられます。

 

ワンピース | 磁気万力(パンクヴァイス)

 

磁気魔人(パンクロットン)の状態で両腕部分で敵を挟み込み圧死させる技です。

初披露した相手が四皇「カイドウ」ということもあり効いている感じはありませんでしたが、

強者との戦いを求めるカイドウが笑いながら感心していたことからその威力は高かったのではないかと考えられます。

 

ワンピース | ジキジキの実の覚醒時の技について

自身の力が悪魔の実に追いついた際に起こると言われる「悪魔の実の覚醒」ですが
四皇と同等に戦うキッドはもちろん能力を覚醒させています。

それにより自身以外にも磁気を付与することができるためさらに応用のきいた攻撃を繰り出すことができます。

 

ワンピース | 付与(アサイン)

 

自身以外の対象者、対象物に磁気を付与できる技です。

磁気により相手の身動きを抑えたり、逆に引き寄せて攻撃をくらわせたりと、

考え方次第でかなり応用が効く技になっています。

 

ワンピース | 磁気激突(パンククラッシュ)

 

第1039話にて四皇「ビックマム」との激闘時に能力の覚醒と同時に見せた技になります。

磁気を付与した敵に大量の鉄骨や武器を衝突させる技になっており、

能力を解くまで永遠と武器を衝突させることができる回避不可のチート攻撃です。

 

ワンピース | 磁気大魔牛(パンクコルナ・ディオ)

 

同じく第1039話にて四皇「ビックマム」との激闘時に登場した技です。

磁気で集めた金属で巨大な闘牛を作り、磁力を付与した相手に衝突する技になっており

巨大な闘牛はインパクトのある形をしており、個人的に最も好きな技です。

 

ワンピース | 電磁砲(ダムドパンク)

 

磁気で集めた金属で巨大なレールガンを作り、金属の塊を高速で発射する技です。

ビックマムを倒す際に用いた、最後の必殺技であり四皇一人を撃退できるほどの威力を秘めた最強必殺技になります。

 

ワンピース | キッドの声優について

 

キッドの声優を務めるのは「浪川大輔さん」です。
浪川大輔さんの低いハスキーボイスはキッドのヤンキャさと我の強さを完璧に表現しています。

そんな「浪川大輔さん」ですが、2010年に第4回声優アワードで助演男優賞に選ばれた実力者で、

キッド以外にも「ルパン三世の3代目石川五エ門」や「HUNTER✖️HUNTERのヒソカ」など数多くの有名作品に出演する声優さんです。

 

ワンピース | キッドの名言について

 

キッドは「最悪の世代」の中でも比較的『海賊王』に対する執着が強く、
自分の意思を変えない頑固さを持っていることから、作中で数多くの名言を残しています。

その中でも今回は個人的にキッドという人物像が際立って感じられる名言を2つ紹介していきます。

 

ワンピース | キッドの名言 / 「”新世界”で会おうぜ」

 

52巻 505話にてシャボンディ諸島で「ワンピースはおれが見つけるぞ!」と発言したルフィに対して言い放った名言になります。

「おれ達の通って来た航路じゃあ”そんな事”口にすると大口開けて笑われたモンだ」
「その度におれは…笑った奴らを皆殺しにして来たがな…!!」
「だが“この先”は…それを口にする度胸のねェ奴が死ぬ海だ…!」
「“新世界”で会おうぜ」

ワンピースに対するキッドへの思いと「新世界」に対する期待が感じられる名言でした。
また、キッド自身シャボンディ諸島までの航海では本気でワンピースを目指す強者に出会わなかった悲しみと、新世界での強者との遭遇の期待がこもったセリフだったのではないかと思います。

普段はふざけているルフィが真剣な眼差しで聞いていたことから、今後強大な敵となることをお互いが認めているあたりもこの名言の良い点です。

 

ワンピース | キッドの名言 / 「死ぬか生きるか!!そんな覚悟もねェ奴らが!!この海に来るんじゃねェよ!!」

 

「“楽園”に帰してくれ」と訴える敵海賊に対して発言した名言になります。

「死ぬか生きるか!!」
「そんな覚悟もねェ奴らが!!この海に来るんじゃねェよ!!」

新世界に対するキッドの覚悟がわかる名言でした。

また、命乞いをする海賊たちに対して容赦無くトドメを刺すところから本来のキッド
の非情さも表現されたシーンになります。

 

ワンピース | キッドの現在と今後の考察

 

現在の最新話でキッド海賊団は長年名前は出てくるものの、その詳細は謎に包まれてきた巨人族が住む島「エルバフ」へ到達したことがわかっています。

一見、キッドとエルバフは何も関わりのないように感じますが、
実は過去の戦いから大きな関わりがある島であると考えています。

ここからは、エルバフへ到達したキッド海賊団の今後の展開を考察していきましょう。

 

ワンピース | エルバフで待ち受ける結末とは

結論、キッド海賊団はエルバフの巨人族と同盟を組むなどの友好関係を築くのではないかと考察しています。

理由は”キッドが四皇「ビックマム」を倒した張本人”であることです。

ビックマムは幼少期をエルバフで過ごし、「食いわずらい」という自身の暴走により村を半壊させてしまった過去を持っています。

また自身の娘であるローラが逃げたことによるエルバフの王子「ロキ」との婚約破棄もあり巨人族とは大きな確執があったことは間違いないでしょう。

そんな巨人族に憎まれる存在であるビックマムを倒した張本人であるキッドはおそらく巨人族には歓迎され配下に着けるまではいかないものの何かしらの友好関係が築かれるのではないかと考えています。

おそらくそこで、最重要キャラクターであるエルバフの王子「ロキの回収や
サウロとの遭遇も描かれるのではないでしょうか。

いずれ訪れる麦わら大船団の大事件に巨人族を率いたキッド海賊団が加わり
ワノ国以来の麦わら海賊団、キッド海賊団の共闘が描かれる展開も熱いですね!

 

ワンピース | キッドのまとめ

 

今回は「最悪の世代」の一人
ユースタス・キャプテン・キッド』について解説していきました。

ルフィと同様、真っ直ぐに海賊王を目指す姿や自分の強さに絶対の自信を持ち、どんな強敵相手にも怯まない男気溢れる姿に惹かれる男性読者も多いのではないでしょうか。

また、物語の最重要拠点であるエルバフに到着していることから今後も何かしらの活躍が描かれることは確定しています。

今後もキッドの活躍には目が離せないですね!

ワンピースネタバレ考察!全話ストーリーあらすじと重要伏線、簡単まとめ解説!ワンピースネタバレ考察...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です