進撃の巨人

進撃の巨人アニメ23話(82話)感想解説!ストヘス区→トロスト区変更の意味を徹底検証!

アース
アース
2022年2月20日(日)深夜放送の進撃の巨人FinalSeason第23話記事です。

FinalSeason23話「夕焼け」。

これまでの「エレンとジーク」「エレンとマーレ軍」という目線から、「地鳴らしが始まったパラディ島」へと移ります。

久々なアニの再登場!

さらに、フロックを筆頭に立ち上がるイェーガー派と揺れるジャン。

追い詰められながらも必死にもがき動く、アルミンとハンジさん。

地鳴らし発動に翻弄されながらも、自分を見失わずに必死に動く人々が描かれていました。

そんな中でも分かりにくかった「セルフオマージュ」「コニー家族事情について」を取り上げ解説しました。

さらに「ストヘス区→トロスト区変更」についての考察も!

順番に見て行きましょう!

進撃の巨人アニメ23話(82話)のストーリーを解説

セルフオマージュについて

前回に引き続き、過去のシーンを引用し韻を踏むような「セルフオマージュシーン」が、今回もいくつか登場しました。

前回のセルフオマージュについてはアニメ82話セルフオマージュ解説!にて取り上げていますので、見てみてください!

まず、ヒッチが助けた女性が言っていた「エレン・イェーガーのせいで家がぁ」は20巻79話でコニーが言った「エレンの家がー!」の引用ですよね(笑)

コニーの時ように強めに「エレンのせいで家がー!」と言うのかなとイメージしていましたが、怪我をした女性のためさすがに弱めに「エレンのせいで…」と言っていました。
2019-05-20_174206

ちなみにこの女性の声は、次回に登場するコニー母巨人の担当声優さんがされていました。

次にエレン支持派と反対派が言い合うシーンで「死んだ甲斐があったな」と叫ぶシーンは、原作14話でのリコ先輩の「死んだ甲斐があったな」を連想させられますよね!

「進撃の巨人」125話、14話より

これ、本当に懐かしいですし上手い使い方だなと感じましたよ。

そしてガビがカヤに「本当の名前」を言うシーンは、クリスタがユミルに言った「ヒストリアっていうの」の韻を踏んでいますよね。

「進撃の巨人」125話、41話より

両方とも「女の子同士の友人」という関係も似ていますし、ここをかぶせてくる事に何か意味を感じます

本当に上手い演出ですよね(^^)

進撃のセルフオマージュ、大好きです!(^^)

コニーの母親と家族事情まとめ

今回は、最後にコニーがファルコを連れてラガコ村に連れて行く描写があり、終わりました。

「悪魔の子」のインストゥルメンタルをバックに亡くした弟と妹を思うコニーのシーンは、たまんなかったですよね!

このコニーの家族についてのエピソードは、アニメ2期の27話から29話にかけて登場しています。

サニーとマーティンという弟と妹の名前も、この時に登場しています。
2017-04-23_045630

「進撃の巨人」第37話「南西へ」より

ただサニーとマーティンという名前は原作9巻37話以来の登場ですし、アニメでも約5年前に放送されたアニメ2期29話のみの登場となっています。

一瞬、「は?」となってしまいますよね!

ここで、コニーの家族についてまとめておきます。

コニー父

2017-04-09_175108

ラガコ村出身で、4年前に巨人にされた一人。

カヤの母親を捕食した巨人の正体であり、サシャがバトルしています。

コニー母

2017-04-09_175837

4年前に巨人化され唯一の生き残った巨人であり、コニーにとって唯一残された家族。

四肢が弱く自立歩行できないため人を捕食できません。

そのため保護されることとなりました。

ラガコ村で寝たままとなっており、コニーは4年間通い続けています。

サニーとマーティン

2017-04-23_172315

コニーの弟と妹。

やはり4年前に巨人化しており、当時アニメ29話でウトガルド城を襲う子供の巨人の正体ではと考察されましたが、詳細は不明となっています。

コニーの母親は次回でも大活躍しますし最終話まで生き残り伏線として登場するので、押さえておきましょう!

コニーについてはコニー・スプリンガーの母親と伏線まとめ!にてまとめています。


進撃の巨人アニメ23話(82話)感想考察!

冒頭「アニ来たー!」となったファンは、かなりいたのではないでしょうか?

分かってはいたのですが、ヒッチとアニのやり取りはたまんなかったですね(;´Д`)

「よりによってあんたか、ヒッチ」の時のヒッチの表情は原作通り「むちゃ複雑」な心情が表れていて、大好きでした。

ただアニを投げ飛ばしたり後手に拘束される動きはちょっと…と感じました。

諫山先生の原作でイメージしていたよりも「軽いなぁ」と、個人的には感じてしまいました。

ただアニ父のシーンは、最高に良かったですね!

アニのビジュアルも説明も、本当に原作通りのイメージでした。

これがスピンオフ「アニ外伝」から逆輸入された設定と思うと、本当に素晴らしいです。

諫山先生の「人の意見を全て聞く」という姿勢だから誕生した素晴らしいエピソードだな、と感じました。

アニメでも最高なエピソードとなっていました!

そしてラガコ村へ向かうコニーとファルコシーンからの、ハンジさんとリヴァイ兵長の登場!

ピークとマガト元帥のやり取りが良かっただけに、ここの引きが最高になりましたね!

インストゥルメンタルバージョン「悪魔の子」を流しEDロールを先に消化してからのリヴァイ兵長登場END演出は、マジで最高でした。

「おお!」と、思わずつぶやいてしまいましたよ(笑)

さて、次にネット上で騒がれている冒頭の「ストヘス区→トロスト区変更」について考察してみましょう!

ストヘス区からトロスト区への変更

原作ではストヘス区だったのにアニメではトロスト区に舞台が変更されていました、

まず、このテロップに「デカすぎる!」「ダサい」との評価が上がっています。

たしかにもともとのテロップはもっと小さめで、ここまで大きく表示されることはありませんでした。

今回はちょっと大げさすぎましたよね(笑)

いっぽうで、トロスト区に変更された事に何か意味はあったのでしょうか?

原作でなぜストヘス区だったのかというと、女型の巨人アニが拘束されたのがストヘス区だったからです。

そこから4年経っても移動されず、そのまま地下に拘束されていたという事でしょう。

アニメではここからトロスト区に移動されたというのであれば、4年の間でストヘス区からトロスト区にアニを移動したという意味になります。

これはちょっと、あり得ませんよね。

地下に拘束していたのは、アニの巨人化を恐れてです。

地上に出した時点で巨人化されるリスクはあるし、立体機動装置が使えない平地になった時点で巨人化されたら逃げられてしまうでしょう。

そのリスクをおかしてでも、トロスト区に移動する意味があるのか?

あるとしたら中心地であるストヘス区よりもトロスト区の方が巨人化された時に被害が少ないから、という事でしょうが…

やはり移動のリスクを考えると無いような気がしますよね。

では、今後の展開でトロスト区にすると都合が良い事があるのでしょうか?

現在の展開では、シガンシナ区から「コニーとファルコ」がラガコ村に向かっており、「アルミンとガビ」が後を追っています。
2020-01-11_061412

そして「ヒッチとアニ」は、トロスト区から移動していることになります。

この後ラガコ村から移動するコニー・アルミン達とシガンシナ区方面の「どこか」でアニは合流するのですが、「どこなのか」は確定していません。

アースはトロスト区だとイメージしていたのですがアニメでは「トロスト区から出発」しているので、それは違っていたのかもですね!

この合流までに一晩経っているので、それなりに時間は経過します。

そこからも、「ストヘス区のままが良かったのでは」とアースは考えますよ!

それともここからアニメオリジナルの展開となるのか?

次回、要チェックですね!


進撃の巨人アニメ23話(82話)現在公開可能な情報

地鳴らし
約100年間、145代フリッツ王が残した偽りの抑止力によって、
パラディ島の安寧は保たれてきた。
今日まで「不戦の契り」を破る術は見つからず、実質的には
発動出来ないとされていた幾千万の超大型巨人のよる進行が始まった。
パラディ島を囲んでいた3重の壁は全て崩れ去り、
超大型巨人群の向かう先は平らな地表と化している。
地鳴らしが発動された今、世界滅亡までに残された時間は僅かである。

世界滅亡までに残された時間は僅か…

これから登場するハンジさんからのカウントダウンシーンを思い出しましたよ。

重いシーンですが、ここも楽しみですね!(^^)

先週の81話放送後に今回82話の見どころを予想していました。

自己検証してみます!


進撃の巨人アニメ23話(82話)の見どころ予想を自己検証!!

始まった地鳴らしによって、破壊されたストヘス区から始まるでしょう。

硬質化が氷解したアニとヒッチが再会し、そのままストヘス区から出る展開が描かれます。

ここで交わされる二人の会話、特に語られるアニの半生は間違いなく今回の見どころのひとつでしょう!

そしていっぱいいっぱいなアルミンがミカサに叫ぶシーン。

「進撃の巨人」125話「夕焼け」より

ここは非常に悲しいシーンですが、ここも今回の見せ場のひとつになるとイメージできます。

氷解したガビとカヤの打ち解け展開。

さらにエレンの代弁者だと宣言し島を統治すると語るフロック

この辺りも楽しみですし、見逃せないシーンですよね。

そして最も楽しみなのが、FinalSeason2第1話以来に超久々に登場するであろうハンジさんとリヴァイ兵長でしょう。

1ヶ月以上ぶりに登場する二人の再登場は、本当に楽しみですよね!

このように多くの見どころがあるFinalseason23話ですが、やはり注目すべきはアニとヒッチシーンでしょう。

特にアニが語る自身の生い立ちシーンは、超注目です!

予想ここまで!

→いっぱいいっぱいなアルミンが叫ぶシーンは、原作通りなイメージでしたよ!

やっぱり井上麻里奈さんのアルミンは最高ですよね!

「生き返るべきだったのは僕じゃなかった」も最高に絶望感がありましたよ(泣)



進撃の巨人アニメ23話(82話)アニが語るアニパパについて

82話で明かされるアニの生い立ちエピソードでは、アニ父が非常に重要なポジションとなっています。

このアニ父は、アニメ64話「宣戦布告」にて初登場しています。

今回でもエレン放送を聞いたアニ父が冒頭で登場していましたが、もともとは全く謎に包まれていた人物でした。

原作17話で「現実離れした理想を抱いている父」とだけアニから語られており、アニに格闘術を教えた存在とだけ示唆されていました。

そして8巻33話のアニ回想シーンにて、初めて描写され登場しました。
20120510231827

「進撃の巨人」第33話「壁」より

それ以来全く登場せず完全に謎に包まれた存在となっており、原作99話・アニメ64話にて初めて回想ではなくリアルで登場します。

このアニ父がどういう人物なのかが、次回アニメ82話で明らかとなるのです!

アニメでアニから語られる回収が、むっちゃ楽しみですよね!

ちなみに今回の登場では描かれていなかったですが、アニ父は杖をついています。

これはアニメ64話の登場で描かれていましたが、この設定はスピンオフ作品「LostGIRLSアニ外伝」からの逆輸入設定となっています。
2018-04-26_072828

次回のアニメ82話にも関わってくる設定ですので、放送前に見直しておくと良いかもですね!
2018-04-26_072850

「リヴァイ外伝」からのエルヴィンとの出会い設定や「Before the fall」からの氷爆石など、スピンオフから数多くの設定を逆輸入しているところも「進撃の巨人」の大きな特徴ですよね。

こちらでまとめていますので、良かったら見てみてください。

次回も見どころがたくさんある回となっていそうです。

放送が、むっちゃ楽しみですよ!(^^)

消化ペースからのFinalSeason3予想は、進撃の巨人FinalSeasonは4月3日で終わる?にて考察しています。

予想ここまで!

→「アニ外伝」シーンもそのままで登場しましたね。

ここ、今回で一番好きなシーンでした(^^)

さてさて、次回はコニーの神回「矜持」です!

あのオニャンコポンの名言シーンも楽しみ!

次回も見逃せないですよ!\(^o^)/

進撃の巨人アニメ24話(83話)感想解説!リヴァイ包帯とハンジさん影カットを徹底検証 FinalSeason24話「矜持(きょうじ)」。 「自信と誇り」「自負・自尊」という意味のタイトル「矜持」ですが、まさに...
進撃の巨人アニメ22話(81話)感想解説!セルフオマージュシーンとオデンカーク巨人を検証 FinalSeason22話「氷解」。 硬質化が解け「地鳴らし」が始まり「アニの硬質化が解ける」という意味のタイトルとなっ...
進撃の巨人アニメ最終回は2022年1月9日(日)深夜から放送!ファイナルシーズン4を徹底解説 2021年4月に原作最終回を迎え、その物語に幕を降ろした進撃の巨人。 しかしアニメは2020年12月から2021年3月まで...
進撃の巨人
進撃の巨人全シーズンのストーリー解説&重要キャラクターまとめ【伏線考察あり】進撃の巨人には二つの物語がある。 5年以上前に考察サイトを始めた当時、良く使っていた言葉でした。 その二つの物語を詳...
すべてのアニメやマンガ見放題
ワンピース、キングダム、呪術廻戦などを無料で楽しむ方法

ワンピース、キングダム、呪術廻戦などのアニメやマンガを楽しむならU-NEXTがおすすめです!

今だけ31日間の無料トライアルがあるので、ワンピース、キングダム、呪術廻戦などが見放題です!

初回特典でU-NEXTで「600ポイント」が無料でもらえるので、漫画1冊無料で見ることができますよ!

U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

\無料キャンペーンあり/

U-NEXT公式ページ

31日間無料トライアル

POSTED COMMENT

  1. ちえジャン より:

    団長、いつも分かりやすい考察、ありがとうございます(^^)
    私の中でアニちゃん幽閉場所問題にどうもはっきりとした答えがでません。テロップがあんなにデカデカとダサく作られているので、わざとなんでしょうが、これは何かの時に回収されるでしょうか。しいていえばアニちゃんが巨人化したときに、それを封じ込めるのは、知性巨人でないと無理なのではと判断されて、兵団の本部があるトロスト区に移送されたのかな?なんて思ったりしましたが、答えは出ず。アルミンにとってはトロスト区の方がアニちゃんにしょっちゅう会えるから都合がいいだろうけど、それは理由にならないですよね…
    漫画では気づかなかったんですが、アニちゃんのパパは、エルディアの血がまざる外国人の設定で、アニちゃんよりだいぶ肌の色が濃いですね。キックを教えていたあたり、現代の世界でいえば東南アジア系の人なんでしょうか?
    あとはコニーとファルコの乗馬の位置が漫画とは逆になってましたが、この方がいい配置ですね。太陽の方向も漫画と同じ設定で嬉しかった(^^)
    カヤちゃんはガビの名前変っていう時に、漫画では「えー」って伸ばしてたのに、アニメでは「え?」ってびっくりしてましたね。二人の和解、よかったですね。
    あとなんだかフロックが漫画よりムカつくんですよね。アニメでイケメンに修正されてて。

    • >兵団の本部があるトロスト区に移送されたのかな?なんて
      この影響でアニがトロスト区へ移送…という事もありそうですが兵団本部がトロスト区にする必要も感じないんですよね。
      巨人がいなくなり英雄であるアルミン達は、シーナ内かレイス領にいても良い気がします。
      やっぱりこの後の「アルミン・コニー達とアニの再会」展開が距離的にトロスト区の方が自然なためなのかなぁ。

      >キックを教えていたあたり、現代の世界でいえば東南アジア系の人なんでしょうか?
      ですね!
      関節技も得意で最初は東洋系と予想していましたが、キックが主流でキックボクシング系なイメージになっていましたね。

      >フロックが漫画よりムカつく
      今回のジャンとの会話は、アースもむかつきました(笑)むっちゃ力が入った作画でイケメンだったので、よけいに(笑)
      これからの大活躍フロックもむかつくんだろうなぁ(爆)

      次回のアニ・パイが楽しみです!\(^o^)/

      管理人アース

  2. どべの泣き虫ちゃん より:

    混乱しているのですが、アニが幽閉されていたのは兵団本部地下でしたっけ?現兵団本部はトロスト区にあると思っていたのですが…特定されていたのか記憶はありません(–;)
    海での防衛等南側で活動してたであろうアルミンが度々会いに行くにはストヘス区は遠すぎる気がします。
    ストヘス区からわざわざ移動したというより、常時見張れる本部まで移動せざるを得なかったのは自然な流れかと。
    むしろ原作の誤りを正したという意味であの主張強めのデカテロップだったのかなと笑
    「足元を見なよ」のセリフは、超大型巨人を見上げていたアニに街の惨状を見るよう促しただけでストヘス区であることの示唆ではないように感じられました。

    • >アニが幽閉されていたのは兵団本部地下でしたっけ?
      ストヘス区地下だと捕らえていました。原作で「どこどこの地下」とは明記されていなかったと思います。

      >常時見張れる本部まで移動せざるを得なかった
      そのようにも考えましたが、トロスト区に地下があったのかも微妙な気がするんですよ。王都やストヘス区には地下があった表記がありましたがトロスト区ではなかった気がします。オリジナルでトロスト区に地下があった、という設定でも良いですが…
      あとアルミン達の4年間って、常時トロスト区にいたのですかね?英雄になり巨人がいなくなった後は王都やストヘス区勤務でも良かったかも…なんて思ったりもしました。
      この辺りは妄想が広がりますね(笑)

      管理人アース

  3. コダヌキオタヌ より:

     失礼致します。コダヌキでございます。

     記事作成お疲れ様です。

     >今回はちょっと大げさすぎましたよね(笑)
     私はトロスト区のテロップを見た瞬間「デカッ!!」と吹き出していました。これ
    で設定ミスだったらどうするんだ・・・。

     地鳴らし発生後のマリアのシガンシナ区でジャン・ミカサ・ハンジ達とコニー達が
    合流して港へ向かう迄、準備と打ち合わせを含めて2日半は掛かるとします。その間
    に、コニーとファルコがローゼのラガコ村へ向かい、すったもんだの末にアルミン達
    と南へ戻り、アニと合流してパイを貪った後にシガンシナ区のライナーを叩き起こす
    必要があります。

     シーナの壁とローゼの壁の間は約130キロ、ローゼの壁とマリア壁の間は
    約100キロ。ストヘス区からエルミハ区までの壁沿いの距離は、シーナの壁の円周
    を単純に1/4で割っても390キロ以上。壁沿いを馬で進んでも、痩せたアニと
    ヒッチの二人乗りとはいえ、馬を休ませなければなりません。ストヘス区からエルミ
    ハ区まで、最短で一日半は要します。更にエルミハ区からトロスト区まで船で約7~
    8時間といった所でしょうか。更にトロスト区からシガンシナ区まで、船で約5~6
    時間。ストヘス区からシガンシナ区まで2日~2日半は要します。スケジュールとし
    てはかなりキツキツか、ひょっとすると無理かもしれません。

     アニメの設定通り、トロスト区を出たアニが、マリア南部のシガンシナ区寄りの
    何処かでコニー達と合流するなら、何とかシガンシナ区で全員集合が可能です。パイ
    を貪る余裕もありそうです。

     アースさんのご指摘通り、ストヘス区の結晶化アニをトロスト区に移す合理的理由
    はありません。結晶化アニが移動中に巨人化しない保証は無く、上記の距離を移動す
    る際に人目につきます。王都から遠ざけられる利点はあっても、地下牢で機密扱いに
    する意味が無くなります。
     『女型』対『進撃』戦がストヘス区ではなくエルミハ区であったら、キツキツスケ
    ジュールでも何とかなったかもしれませんが・・・。

     カヤの母を襲った『無垢』はコニーの父だったのですね。今迄忘れていました(笑)。
    有難うございます。

     失礼致しました。

    • コダヌキオタヌ より:

       二度目の投稿を失礼致します。毎度肝心な事を書き忘れるコダヌキです。

       上記にある距離と日数の計算についてです。
       馬は速歩で「分速」約200m、船は時速約18km(10ノット位?)で計算
      しています。船の速度はアニメの見た目で判断しているので、かなりいい加減です
      (笑)。

       失礼致しました。

       

    • >トロスト区を出たアニが、マリア南部のシガンシナ区寄りの
      何処かでコニー達と合流するなら、何とかシガンシナ区で全員集合が可能
      なるほどですね~。
      移動時間の計算からトロスト区に変更したかもですね。

      >地下牢で機密扱いにする意味が無くなります。
      ここですよね。
      ただわざわざあそこまで大きくテロップで「トロスト区」と表記されると何か意味があるように感じてしまいます。
      もしかしたらとんでもないアニメオリジナルが…なんて期待しておきましょう(笑)

      >カヤの母を襲った『無垢』はコニーの父だった
      これはたしか原作ではほぼ指摘されず、アニメであまりにもそっくりで「サシャ父とバトった巨人はコニーパパ」ってなった気がします。
      アニメ27話「ただいま」のコメントでコンロガスさんが指摘されていました。

      この頃のアニメはマジでスゴかったですね!(^^)
      記事を見直しているとずっと読んじゃいそうです(笑)

      管理人アース

  4. 巴里の恋人@アース調査兵団分隊 より:

    団長殿、いつも更新お疲れ様です。

    今回はもうちょっと駆け足で話が進むのかと思っていましたが、原作の1話分ペースできっちりと収めてきましたね。
    久々となるアニの登場にすっかりテンションが上がりっぱなしでした。(*^^*)

    団長殿がご指摘されていた原作のストヘス区がトロスト区に変更されていた件ですが、単なるミスなのか明確な意図をもって為された事なのかが気になるところです。
    ヒッチの「その足元も見なよ」と言うセリフからも、今いる場所が女型の巨人捕獲作戦が行われたストへス区である事は明白です。

    ライナーが寝ていた場所はシガンシナ区のどこかだと思うので、おそらくアルミン達も含めて全員がシガンシナ区に集結したものと考えられます。
    なのでトロスト区からさらに内地のストヘス区に移動するのは、話の流れ的にもおかしいですよね。

    丸々すっ飛ばされている「島の悪魔」のエピソードをどこで盛り込んでくるのかも気になるところですが、次回予告を見た限りでは登場の可能性は極めて低い気がします。
    次回で回収されないと言う事は、やっぱり「地鳴らし」の部分をラムジーとのエピソード抜きで編集してくるんでしょうかね?

    • >今いる場所が女型の巨人捕獲作戦が行われたストへス区である事は明白で
      それでもトロスト区なんですよね(・_・;)
      やっぱりケアレスミスっぽいですよね。
      あんなデカデカと表記しながら間違えるってのは、ちょっと考えにくい事ですが。

      >やっぱり「地鳴らし」の部分をラムジーとのエピソード抜きで編集してくる
      もう少し先でラムジーエピソードよりも前には挿れてくると思いますよ。
      ただ今回の「トロスト区」からちょっと心配ですが…(・_・;)
      ちゃんとラムジー登場前に入れて来てほしいです。
      その辺りの予想はこちらで更新しています。
      https://animenb.com/finalseason2-2cours-64697/

      またよろしくです!

      管理人アース

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。