単行本

【進撃の巨人】単行本”最新刊”33巻あらすじ感想と考察まとめ!

2021年1月9日発売が予想される33巻ですが(あくまで予想)、いったいどのような巻となるのでしょうか?

32巻は地鳴らしが始まりイェーガー派を倒し、ハンジ達エレン・ストッパーズが地鳴らしに向かって行く巻となっていました。

おそらく地鳴らしを起こしたエレンとエレン・ストッパーズが向かい合う章となる「地鳴らし編(当サイト呼称)」の中では、序盤に当たる展開だったと思われます。

ここから33巻はどのような巻となるのか?

イメージでは「地鳴らし編・真っ只中」という感じになりそうですが(笑)

1話目の内容を踏まえ、33巻を予想したいと思います!

さらに2話目からも本誌公開後、順次更新していきます。

◆33巻@1話目あらすじ!

スリ少年ラムジーと弟らしき人ハリルが、スリで集めたお金を山の中に埋めている場面から始まります。

苦しい難民の生活から皆が脱却するためにスリをしてお金を貯めているよう。

そこに大勢の街の人々が、泣きながら逃げてきます。

地面が揺れ、山のふもとに地鳴らし巨人たちが進軍して来るのをラムジーが確認します。

エレンの回想シーンに移ります。

マーレの港街を歩くエレン。

街の人々を見ながら、自分が近い将来に全ての人を地鳴らしで殺す事に、心が揺れています。

そこでスリ少年ラムジーが街の人に暴力を振るわれているのを見つけ、助けます。

助けながらも、いずれラムジー自身を地鳴らしで殺す事を思い、葛藤するエレン。

助けた後のラムジーに「ごめん」「ごめん」と、謝ります。

地鳴らし巨人に進軍されるラムジーとハリルの展開に移ります。

スリで貯めたお金を握りしめながら逃げるラムジーとハリル。

しかし速い地鳴らし巨人からは逃げられず、踏み潰され死亡します。

場面は変わり、地鳴らし巨人を率いているエレン始祖巨人の目線で「自由」を感じている、少年エレンの描写。

瞬間、座標に移りアルミンと出会う少年エレン。

場面は、エレン・ストッパーズを乗せた船の甲板で、話をするアニとアルミンに移ります。

話の流れから、アニに「会いたかった」と告白するアルミン。

アニは逡巡しながらも、ちょっと嬉しそう。

エレンと壁の向こう側を旅する事が夢であり、エレンと「まだ知らない壁の向こう側」を旅する事を望んでいるとアルミンが発言し、131話は終わります。

詳細な内容と考察は131話「地鳴らし」あらすじ感想考察!に記載されています。

◆33巻がどのような巻になるのか予想!

31巻は「イェーガー編(当サイト呼称)・終盤」であり、32巻が「地鳴らし編(当サイト呼称)・序章」と言えるでしょう。

では、33巻はどのような巻となるのでしょうか?

やはり「地鳴らし編(当サイト呼称)・中盤」という感じになるのではないでしょうか?

おそらく2話目の132話でエレン・ストッパーズはオディハで到着し飛行艇修理が完了、そこからエレン始祖巨人を目指すことになるでしょう。

もしかしたら、その途中でファルコが鳥巨人になり飛べる事が判明するかもしれません。

そこから133話、134話の33巻3話目・4話目で座標に舞台が移り、エレン・ストッパーズがエレンと対峙するところまで話が展開するのではとイメージしています。

座標に舞台が移り…辺りからは完全に妄想ですが(笑)

管理人アースは34巻で「進撃の巨人」が終わると考えています。

そこからも、33巻は「地鳴らし編・中盤」に位置しながらもかなり佳境に近づくのでは、とイメージしています!

エレン・ストッパーズとエレンが対峙するまで展開するのか?

33巻は、一コマも目が離せませんよ!\(^o^)/

進撃の巨人最新話ネタバレ考察!全伏線を完全網羅【全話】 伏線や謎が多く張り巡らされた作品である進撃の巨人。 進撃の巨人を楽しむためには、あらゆる角度から伏線を考察したりするのが欠...
アニメやマンガが見放題
進撃の巨人を無料で楽しむ方法

進撃の巨人のアニメやマンガを楽しむならU-NEXTがおすすめです!

今だけ31日間の無料トライアルがあるので、進撃の巨人のシーズン1、シーズン2、シーズン3、劇場版が見放題です!

初回特典でU-NEXTで「600ポイント」が無料でもらえるので、進撃の巨人の最新刊も無料で見ることができますよ!

U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

評判&口コミ公式ページ

\無料キャンペーンあり/

VODランキングはコチラ

↑タップでコスパ比較↑

POSTED COMMENT

  1. 巴里の恋人@アース調査兵団分隊長 より:

    団長殿、いつも更新お疲れ様です。

    まさにそうですね。
    132話以降の展開予想は自分もほぼ同じイメージです。

    そうしていかないと残された伏線の数々を回収する事が出来なくなってしまいます。
    最終話を136話と仮定すれば、136話は未回収だった伏線を効率的に回収しながらの戦後処理。

    いや135話からこの流れにならなければ、136話で読者が納得のいく終わらせ方は出来ないでしょうね。
    と考えれば、33巻ラストとなる134話あたりで物語の方向性が出る可能性もなきにしもあらずです。

    ここから先は瞬き厳禁の展開が続く事でしょう。
    しかし、物語が残りあと5話程度で終わってしまうと言う現実感が、イマイチ湧いてこない自分がいます。

    • >物語が残りあと5話程度で終わってしまうと言う現実感が、イマイチ湧いてこない
      ホントそうですね。アースも同感です。
      まだ展開の中での落とし所が見えていないのでそう感じるところもあるのかなと。
      座標に舞台が移ったら…たぶん湧いてくるかもですよ(泣)

      管理人アース

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です