進撃の巨人最新話考察

進撃の巨人-13-「いってらっしゃい」伏線の意味を解説!「845」数字考察も

「進撃の巨人」にとって、「13」は特別な数字です。

2016年に考察したナンバリング考察でも取り上げていましたが、いかに13が特別なのかが分かる内容となっていました。

その「13」の中で最も大きな伏線が、なんと最新話138話回収がされたのでは、とネット上で大騒ぎとなっていました。

1巻13ページの「-13-」伏線が、138話で回収されたという内容は?

さらに、これまでの「13」伏線を紹介。

そして、139話でも「13」伏線が回収されると予想!

まずは最新話138話の「-13-」伏線回収から見て行きましょう!

◆進撃の巨人-13-「いってらっしゃい」伏線が138話で回収か

2016-02-22_192250

「進撃の巨人」第1話「二千年後の君へ」より

第1話の「いってらっしゃい エレン」シーンにのみ表記されている「ー13ー」というページ数表示。

「進撃の巨人」コミックスにこのようなページ数が記されているのは、ここだけです。

そして138話にて、「いってらっしゃい エレン」が登場しました。

「進撃の巨人」138話「長い夢」より

この場面、138話の45ページ目となっています。

1巻13ページと「845」という数字から、13845→138話45ページにて「いってらっしゃいエレン」回収となり、「-13-」伏線が回収されたのではとネット上ではかなり盛り上がっていました。

これを受けてネット上では、「1巻時点で138話の45ページ目でいってらっしゃいを回収すると、諫山先生は最初から決めていた」と考察されている人がいました。

たしかに諫山先生は意識して、138話の45ページ目にこのシーンを持ってきたのは間違いないでしょう。

偶然にしては出来すぎていますし。

ただ、1巻13ページ目にそれを決めていたというのはさすがに無いかなと。

もともと諫山先生は「16巻で連載終了する」など、ここまで話を続ける予定ではなかったと発言されています。

どの時点で「138話45ページ回収」を意識したのかは分かりませんが、1巻からというのまず無い、と考えられます。

ただ、「845」をこのように使うというのは、さすがに諫山先生ですね!

そして、「進撃の巨人」にとって「13」というのは特別な数字です。

次は「進撃の巨人にとっての13の意味」を解説していきます!


◆進撃の巨人-13-の特別な意味を解説

「進撃の巨人」の「13」というと、まず9つの巨人継承者の寿命「13年」を連想しますね。

「ユミルの呪い」と呼ばれる13年寿命ですが、それ以外にも「進撃の巨人」にとって「13」という数字は各所に散りばめられ意味をもたされています。

これらを当サイトのコメントやネットから集め、ざっとまとめてみました。

  1. 1巻13ページだけページ下に表記がある(いってらっしゃいエレンのシーン)
  2. 845が13の倍数
  3. 104が13の倍数
  4. エルヴィンは13代目調査兵団団長
  5. 9つの巨人の継承者は13年で死ぬ(ユミルの呪い)
  6. エレンの身長は13cm伸びている
  7. 始祖ユミルちゃんが大地の悪魔と契約した「1820年前」も13で割り切れる
  8. エジプトの古代象形文字ではフクロウが13を表していた
  9. 英語題の「Attack on titan」の文字数も「13」

けっこう細かく仕掛けられている「13」ですが、これだけあると諫山先生が意識して「13」を散りばめられていたのは間違いないでしょう。

そして13もそうですが、おそらく諫山先生は数字遊びが好きなのかなと思われます。

これもコメントからですが、エレンの誕生日とベルトルトの誕生日を足すと、エレン巨人とベルトルト巨人の身長になる、という考察があります。

エレンの誕生日は「3/30」でベルトルトの誕生は「12/30」です。

エレン巨人15m/ベルトルト巨人60m。

これ、面白いですよね!

「なんでエレンとベルトルトなの?」と感じる方は、ナンバリング考察を見ていただけると分かります。

「13」という数字を使ったナンバリング考察を過去に行っているので、良かったら見てみてください。



◆進撃の巨人13年後の「858年」で終わると予想!

2017-04-03_035700

今回の当初の考察である138話45ページでの「いってらっしゃい」回収。

では、「845」がここで使われたということで845年という意味での回収はもう無いのでしょうか?

最終話139話だけで「845年前に何かがあった」と回収される展開は、けっこう厳しいですよね。

もしくは「845」が年号ではなく、全く違う何かとして回収される展開もあるかもですが(・_・;)

ちなみにこれまで登場した年号は

  1. 1巻第1話 845
  2. 1巻第2話 850
  3. 2巻第5話 844
  4. 4巻第15話 847

の4回となっています。

作中で「年号」とは確定されていませんが、さすがにこれは年数を表していると思われます。

最終話が1話タイトルから「二千年後」で終わると考えると、「858年」に終わる事になります。

これももちろん13の倍数ですし、ありそうですよね!

「858年」とサラリと登場し、「845」が年号であると回収されるのでは、とイメージしますよ。

今回は進撃の巨人の「13伏線」について察し、最終話での「845年回収」を予想しました。

最終話139話で、845が回収されるのかは要注目ですよね!

もしかしたら、34巻139話で再び-13-表記が登場したりするかもですし。

139話はコミックス化まで要注目ですね!

アース
アース
34巻の「いってらっしゃい」ページに-13-が表記されているかもチェックしなきゃですね
進撃の巨人全シーズンのストーリー解説&重要キャラクターまとめ【伏線考察あり】進撃の巨人には二つの物語がある。 5年以上前に考察サイトを始めた当時、良く使っていた言葉でした。 その二つの物語を詳...
進撃の巨人最新話ネタバレ考察!全伏線を完全網羅【全話】 伏線や謎が多く張り巡らされた作品である進撃の巨人。 進撃の巨人を楽しむためには、あらゆる角度から伏線を考察したりするのが欠...
アニメやマンガが見放題
進撃の巨人を無料で楽しむ方法

進撃の巨人のアニメやマンガを楽しむならU-NEXTがおすすめです!

今だけ31日間の無料トライアルがあるので、進撃の巨人のシーズン1、シーズン2、シーズン3、劇場版が見放題です!

初回特典でU-NEXTで「600ポイント」が無料でもらえるので、進撃の巨人の最新刊も無料で見ることができますよ!

U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

\無料キャンペーンあり/

U-NEXT公式ページ

↑タップでコスパ比較↑

POSTED COMMENT

  1. おおぞらバード より:

    大胆仮説ですが、私は全ての始まりが
    パラディ島からと思っています。
    世界のどこにもない鉱物資源や、巨大樹
    の森のような特殊な生態系を持つ島。
    始祖ユミルが巨人の力を得たのもこの島
    であり、フリッツ王家はパラディ島から
    スタートしたと考えています。

    その後、パラディ島だけでは巨人の力を
    もて余すことになったのでしょう。
    そこで、巨人の力が大陸に向かったのは
    自然の成り行きと考えられます。

    つまり845年前にパラディ島から大陸
    への進出が始まり、大陸に新たな王都が
    置かれた。
    この年を紀元0年と定め、暦がスタート
    したのではないかと思います。

    • >845年前にパラディ島から大陸
      への進出が始まり、

      巨人の力に関係しそうではありますよね。
      ただ1700年間民族浄化を行った、とマーレでは言われています。
      これが全て嘘だったとしても、845年前だと差がありすぎるかなと。
      あと始祖の巨人誕生が約2千年前とするなら、やはり1000年とか1500年レベルでは世界を蹂躙してそうですよね。
      そうなると…845年って思いっきり9つの巨人が暴れまわっている時代のような気がしますよ。
      845が年数なのかも含めて、この辺りが回収されると…嬉しいです!\(^o^)/

      管理人アース

  2. 巴里の恋人@アース調査兵団分隊長 より:

    団長殿、いつも更新お疲れ様です。

    この作品は本当に数字にまつわるギミックが凝らされています。
    138話でミカサの「いってらっしゃい」が回収されたので、あとは団長殿が前から考察されていた「845」と言う数字にまつわる謎がどう回収されるかですね。

    しかし138話の45ページ目に「いってらっしゃい」が登場するなんて本当に驚きです。
    122話で始祖ユミルの生涯が13ページで描かれていたので、諫山先生がページ割りを意識しているのは間違い無いでしょう。

    ここまでくると単なる偶然では無いと思うし、仕掛ける方も発見する方も凄いです(感心)
    数字に関する謎解きが不得手な自分は、ただただ感心しながら皆様の考察を見ています。

    なので来月号は1話で登場した「13」のようなノンブルにも注意しながら読みたいと思います。
    ロジックアートのように数字をヒントにマス目を埋めていくと、隠された真実が浮かび上がってきたら面白いですね。

    • >数字をヒントにマス目を埋めていくと、隠された真実が浮かび上がってきたら面白い
      コナン君みたいになりそう(笑)
      ただ34巻は本当にこの辺り楽しみですよね。
      最終巻を待つ楽しみがひとつ増えましたよ\(^o^)/

      管理人アース

  3. 普通の東洋人。 より:

    【-13-】の謎についてです。
    エレンがループにより経験した世界の数ではないか?と思いました。
    アース団長は
    『進撃の巨人ミカサが頭痛の意味は?結末がループ説の真相を検証!』
    にて『ミカサの頭痛はループの前兆である』と考察されています。
    また同記事で、ミカサの頭痛の状況と回数が記されていますが、直近の138話までで計11回。
    記録上最初の頭痛は、①カルラ死亡直後の避難中でした。
    ①が初めてのループ発動であった場合、①を挟み
    ※本線ともいえる【エレン現実の世界】
    ※夢の中の出来事【エレン2回目の世界】がそれぞれ存在。
    『現実からの逃避をきっかけに始まるループ世界は、エレンの死によって終了後、本線である現実の世界が何事も無かったように進行する』なら。
    「駆逐してやる」は【2回目の世界】体験後という事になるでしょうか。

    最後の⑪回目の頭痛「私達の家に帰りたい」は、⑪を挟み
    ※本線ともいえる【エレン現実の世界】
    ※夢で愛に満ちた山小屋ライフ【エレン12回目の世界】がそれぞれ存在。
    ところが「いってらっしゃいエレン」の直後、エレンはダイレクトに、第1話の始まりの場面に戻されている。
    ミカサの頭痛は無かったが、ループは連続して発動され、エレンは【エレン13回目の世界】を、あの【-13-】の場面から生き直していた。
    というわけで、最終回は【-14-】ページも気になります。
    第1話の構図と同じ木の下で、ミカサに起こされるエレンの下に【-14-】だったら。
    でもこの【-13-】、エレンの寿命説が根強いので、それなら最後のページで「お前は自由だ」と、ミカサとの子供を抱き上げたエレンの姿の下に【-47-】。
    …自分の予想が当たるより、そっちの方が嬉しいです☺️。

    • >最終回は【-14-】ページも気になります。
      これ、ありそうですよね!
      ループの数を示した13だったら…来そうな予想です!

      >最後のページで「お前は自由だ」と、ミカサとの子供を抱き上げたエレンの姿の下に【-47-】
      これも見たいな~(笑)
      来月の展開はもちろんですが、34巻発売日まで気になる伏線になりそうです(笑)

      管理人アース

  4. 和銀 より:

    こんばんは🌓アース団長
    13 843 数字考察お疲れさまです
    アニメでは845は年とアルミンがナレーションしているので間違いないと思いますが
    13と言う数字はキリスト教圏では嫌われている数字日本では4とか9になります 私は強迫性性格で結構不吉な数字がとても気になるので なぜ先生はこの数字を好んでお使いになるのか?不思議でした(104期卒団生など) でも昔逆に4の背番号をつける野球選手がいて上手くは言えませんがそういう数字をわざと背負うような感じだったと思います ハンジさんも第4分隊長で14代団長です 縁起を気にする人間には考えられないんです
    でも最後の団長アルミンは15代団長なので13代から受け継いだ14代15代は13を越える数字であり何かしらの先に進む(例えばループ世界から)数字で世界はこの13を巡るループ世界から外に出ることを意味しているのかな?とかだから いってらっしゃい は繰り返しの13なので今回のページ数になったのかも‼️
    ですからコミック楽しみです 多分13にまつわる数字が来ると思います✨でもなぜ13なのかは分からないので
    諫山先生の質問の中にエレンがいつからミカサが好きだったかといっしょに聞いてみたいです‼️質問募集して豪華副読本出してくれないかなぁと思います
    私は数字に弱いのでこういう考察は助かります💦
    あと少しなのにまだまだなぞだらけですね💦だからこそ楽しいのですが 今日は桜の花のツイートありがとうございました🌸ゆっくりお花見したいですね🍡🍵💦
    今年も行けそうにないですが🌸🍡今年も家で楽しみます 団長もお元気で寒暖差花冷えキツいので気をつけて下さいね はっ!(^^ゞ

    • >なぜ先生はこの数字を好んでお使いになるのか?不思議でした
      12がやはり特別な数字で、それに1を足した数字って印象に残るからでしょうね。
      和銀さんの「とても気になる」が諫山先生の狙いかなと。
      たしかに104とか845も印象に残るので。
      やはり狙って13を使っているのだろうな、と感じますよ!
      副読本、いずれ出ると思いますよ!

      管理人アース

      • 和銀 より:

        おはようございます☀️アース団長
        成る程です( ;∀;)
        諫山先生に脳をやられちゃってるかもですね💦
        確かに印象に残るし海外の人の感想はどうか聞きたいですね✨

  5. ユミル・イェーガー より:

    13ページめにヒストリア出産⇒始祖ユミル転生に1票!!!

    845年は、元年に東洋の血と進撃もしくは始祖の血が交わった年に1票!!!

    • >13ページめにヒストリア出産⇒始祖ユミル転生
      なるほど。これもありそう!
      138話の「いってらっしゃい」シーンにも来そうな気がします。
      34巻楽しみですね(*^^*)

      管理人アース

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です