進撃の巨人ネタバレ22話の考察!「長距離索敵陣形」の伏線ポイントまとめ!

一コマも気を抜く事が出来ないほどの伏線が張り巡らせられている作品「進撃の巨人」の22話にはどのような仕掛けがあるのでしょうか?

検証してみましょう!

Sponsored Link

◆第22話「長距離索敵陣形」の見どころ!

2015-06-23_184600
「進撃の巨人」第22話「長距離索敵陣形」より


エレンの回想から、エルヴィン団長が考案した長距離索敵陣形の説明から始まります。

巨人といかに戦わないかを軸に考えられた陣形と説明があり、その後104期生とエレンの久しぶりの邂逅シーンがあります。

エレンの巨人化能力に対する期待を感じるエレンのプレッシャーはいかほどなのだろうと思わせられるシーンでした!

第57回壁外調査での場面に戻り、新兵のアルミンを気遣いながら奇行種を倒すネス班長はカッコ良かったです!

しかし女型の巨人の登場により、ネス班長を初め調査兵団員は簡単に殺されてしまいます。

その光景を見たアルミンは瞬時に「エレンと同じ知性を持った巨人だ」と判断します!

「女型の巨人編」の幕開けとなりましす!!

◆22話の伏線と「伏線らしき」ポイントまとめ!

22話の伏線ポイントはこのようになっています。

  • 「あのチビは調子に乗りすぎた」「いつか然るべき報いを」というミカサ
  • 奇行種の巨人はアニが連れてきたのか?

  • それではそれぞれ見て行きましょう!


    ◆ポイントから見る伏線考察!

    2015-08-05_194047

    エレンと104期生の久しぶりの邂逅でミカサはまずエレンの体を気にします。

    エレンがリヴァイに暴行をされたことを根に持っており、仕返しをたくらんでいるミカサには笑えます。

    この後の女型の巨人との格闘でミカサはリヴァイ兵長に借りを作ってしまい、現在でも仕返しはお預けになっているといったところでしょうか。

    もちろんリヴァイ兵長の戦闘力の高さを目の当たりにし、仕返しが出来なくなっているのかもしれません。

    リヴァイに仕返しと言えば第69話の最後でヒストリアがリヴァイに仕返しの為ボコっと殴るシーンがあります。

    そのシーンを見た104期生は全員「おおっ!」とどよめく中ミカサだけはニヤっと笑っていました。

    もしかしたらミカサは「私の代わりにヒストリアが仕返しをしてくれた」と思っていたのかもしれません(笑)

    ある意味、今回のミカサの「いつか然るべき報いを」は69話でのミカサの「ニヤっ」の伏線と言えるかもしれません(笑)
    Sponsored Link

    女型の巨人の登場の前に奇行種が一体登場しました。

    ネス班長の見事な攻撃で倒しましたが、この奇行種が登場したのは偶然でしょうか?

    22話の最後には大量の巨人の出現により壊滅した左翼班の姿が描かれており「女型の巨人が大量の巨人を連れてきた」と巨人に食われながら語る団員の姿も登場しています。

    この場面から「女型の巨人アニには【叫びの力】=【巨人を操る力】がある」という伏線も考えられないでしょうか?

    つまり女型の巨人が登場する前にネス班長に倒された奇行種も女型の巨人操られ走っていたのではないでしょうか?

    そう考えて行くと奇行種というのは「叫びの力で操られている通常種」とも考えられます。

    話を戻しますが、今回の伏線から、やはりアニには「叫びの力」があると考えて良いと思われます!

    そうなると気になるのは70話で「アニ救出よりも座標奪取優先」と言った獣の巨人の言葉です。

    アニに「叫びの力」があるとするならば、この言葉から「座標≠叫びの力」という事になりますね。

    これは非常に重要な考察となります!!

    今回の奇行種の伏線からはいろいろな可能性が考えられますね!

    しかしこの辺りの意味が解明されるのはまだまだ先になりそうです。

    これからも気を抜かずに作品を楽しもうと思った管理人アースでした!

    【進撃の巨人用語集まとめ】
    【進撃の巨人ネタバレ23話の考察!「女型の巨人」の伏線ポイントまとめ!】
    【進撃の巨人ネタバレ21話の考察!「開門」の伏線ポイントまとめ!】
    【進撃の巨人の現時点までの未回収となってる伏線まとめ!】


    Sponsored Link

    6 Responses to “進撃の巨人ネタバレ22話の考察!「長距離索敵陣形」の伏線ポイントまとめ!”

    1. Flügel der Freiheit より:

      22話で詳しく扱われている長距離索敵陣形は、無駄に巨人と戦って兵力を酷使するのを回避し、人類の活動範囲を広げていこうという発想に基づいていて、従来のやり方よりも優れていると思います。

      この陣形をエルヴィン団長が考案したのは、彼の発想力・判断力の高さによるのかもしれませんが…。巨人を駆逐することよりも、世界を把握することを追求するエルヴィンらしい作戦だとも言えるかもしれませんね。

      さて、調査兵団というと対巨人戦闘・領土奪還のイメージが強いですが、あくまで調査兵団は”調査”兵団ですからね。壁外世界を調査するのが第一義なのでしょう。それはエルヴィンの目的と合致すると言えそうです。

      しかし実際には、調査兵団の兵士たちが命を賭して戦えるのは、それが人類の栄光のためだからでしょう。だからエルヴィン自身も、「人類の勝利のためだ」と訴えることで作戦に協力させ、多くの兵士を戦死させてきたのだと思います。彼自身、その責任は感じているらしく、団長という立場でありながら危険を顧みず戦っています。戦死したら、「世界の真実」など知り得ないにも関わらず…。

      エルヴィンが、本来の目的ではない「人類の勝利」という使命感を強く抱くようになった理由は、明確には分かっていないと思いますが、単純に「調査兵団の環境によって意識を変えさせられた」という理由かと私は予想しています。

      • 管理人アース より:

        Flügel der Freiheitさん!

        コメントありがとうございます!

        エルヴィンの目的についての考察ですね。
        エルヴィンの夢は初代王の記憶の改竄が行われたことを証明することでしたが、それはすでに叶っています。
        なので、現在の目的が何なのかは不明ですが・・・もしかしたら巨人化することかもしれません(笑)
        http://animenb.com/?p=1624


        最新話72話「奪還作戦の夜」ではエルヴィンが人類の勝利よりも世界に真実が明かされる場に自分がいることが優先だとも話しています。
        エルヴィンの本音はまだまだ分かりませんね(・_・;)
        http://animenb.com/?p=2658


        私としてはエルヴィンには裏がないカリスマ団長でいて欲しいのですが現在のところ微妙です(笑)

        またコメントよろしくお願いします!


        管理人アース

    2. より:

      初めまして

      最近、ハマってこのサイトにたどり着きました

      壁外人類が107年の沈黙を破りウォールシーナに攻めてきた理由は長距離索敵陣形にあるのではないでしょうか?
      この陣形の練度が上がれば壁外人類の拠点(有るとして)が発見される恐れがありますし、ウォールシーナを壁外人類が占領している限り壁内人類の行動はローゼの死守、シーナの奪還に重点が置かれウォールシーナの外を探索することがとても難しくなると思います

      • 管理人アース より:

        零さん!

        コメントありがとうございます!

        >ウォールシーナに攻めてきた理由は長距離索敵陣形にあるのではないでしょうか?
        ん~、どうでしょうか?
        攻めてきたボスは、獣の巨人@ジーク戦士長です。
        ジーク戦士長は初登場の時に立体機動装置じたい知らなかったようです。
        となると、長距離索敵陣形も知らないと思われます。

        ぜひ、当サイトをいろいろ見ていただき、「進撃の巨人」の伏線の広さと深さを実感してもらいたいと思います1
        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

        • より:

          ごめんなさい

          シーナとマリア勘違いして書いちゃいました
          書きたかったのは壁外人類がマリアを超巨人と鎧巨人を使って侵略した原因は長距離索敵陣形に対する警戒でわってことです

          でも言われるように立体起動装置を知らなければ長距離索敵陣形も知らないと考えるほうが普通ですね

          • 管理人アース より:

            零さん!

            どうもです。

            だと思います。
            なぜこのタイミングだったのかというのは、いろいろな要素が絡んできますよね。
            グリシャとの関係もあるかもですし。

            またコメントください!
            よろしくです!


            管理人アース

    コメントを残す

    このページの先頭へ