【進撃の巨人】ネタバレ106話107話あらすじ考察!パラディ島の3年間編に突入か?

サシャ死亡、アゴ髭マーレ兵の正体、ジークの裏切り展開、ガビとファルコの飛行船同乗展開などなど、105話では一気に様々な展開が起こりました。

そしてこの展開は同時に「マーレ編終了」を表しているようにも察せられました。

次話106話からは、新たな章の幕開けとなるのでしょうか?

では次章からは、これまで空白となっているパラディ島の3年間を埋める展開が始まるのか?

106話の展開を予想してみましょう!

Sponsored Link

◆106話展開予想!

2018-05-08_144119
「進撃の巨人」第106話「凶弾」より


調査兵団を乗せ大陸マーレから離脱した飛行船は、海を渡りパラディ島近くまで到着します。

飛行船の中では、「パラディ側の大勝利」で沸いていたフロック達もサシャが死亡した事により、静かになっています。

各々が船内のアチラコチラでしゃがみこみ、休んでいます。

その一角ではサシャの遺体が横たわっていますが、調査兵団のマントで顔から覆われています。
2016-09-08_044058
「進撃の巨人」第85話「地下室」より


リヴァイ兵長のマントのようです。

そのような調査兵団の様子を見ながら、拘束され座っているファルコは思います。

ファルコ
”さっきのハンジと呼ばれていた眼帯の人とジークさんやエレン・イェーガーとの会話…”

”ジークさんは捕まった訳ではない。全てジークさん自身の計画通りで、パラディ島と繋がっていた…”

”そしてパラディ島の人達も独断専行したエレン・イェーガーに振り回されて仕方なく戦った…”


”これまで気付かなかったけれど、ジークさんのイェーガーという姓とエレン・イェーガーの姓は同じ…”

”まさか…”

これまでの経緯から、エレンとジークが血縁者であることに行き着くファルコ

その隣では同じように拘束され座らされているガビも様々な事を考えています。

ジークに裏切られていた事が分かり、かなりのショックを受けているようです。

ガビ
”ジークさんが裏切っていた…そんな…”

”だけどやることはひとつ”

”一人でも多くのパラディの悪魔どもを葬るのみ”

”それためにも、パラディ島に行って少しでも多くの悪魔を道連れにしてやる”


その時、自分が殺したサシャのために泣いていたコニーやアルミン、ミカサ、ジャンを思い出します。
2018-05-08_051202
「進撃の巨人」第105話「凶弾」より


さらにファルコから言われた言葉も…
2018-05-08_153908
「進撃の巨人」第105話「凶弾」より


ガビ
”コイツらが私の故郷を踏みにじったのは、自分たちの故郷を蹂躙されたからで…”

”仕返しで私がコイツらの仲間を殺したから悲しみ、その仕返しで私やファルコを殺したらまたその仕返しでライナー達がパラディを襲撃する…”

”その繰り返しがずっと続いているのでは…”


”その繰り返しの為に私達エルディア人はひどい目にあっているとも考えられる…”

ガビは全ての元凶が「怨嗟の連鎖」なのではと気付き始めます。

しかし、そこで考えるのを打ち切ります。

ガビ
”いや、そんな事を考えてもしょうがない!”

”今は悪魔の島に着いたらスキを見て武器を調達し、一人でも多くの悪魔を道連れにすることを考えるのみ!”

飛行船はパラディ島に到着します。

着陸した飛行船のすぐ近くには、多くの兵や年をとったザックレー総統、ピクシス司令、そしてヒストリア女王自らが出迎えてくれています。

降りてきたハンジ、リヴァイ兵長がザックレー、ピクシスとあいさつし、そして拘束されたエレンとジークが降りてきます。

エレンを確認したヒストリア女王はエレンに近付き、嬉しそうに話しかけます。

ヒストリア
「エレン、無事だったのね!」

「一人でマーレに行ったと聞いた時には驚いたし、心配したのよ」

「でも、最悪な事にならなくて良かった…」
2015-08-10_080357

うっすらと涙を浮かべ喜ぶヒストリア

そこで、エレンの表情が暗いこと、後から降りてきたジャン達の表情が暗い事に気付きます。

ヒストリア
「どうしたの?みんな」

「サシャは?」

サシャが降りてこない事に気付きます。

そして新兵達がリヴァイのマントにくるまれたサシャの遺体を運び降ろす場面を見て、真っ青になります。

ジャン
「サシャは…死んだ」

その言葉を聞いたヒストリアは、訓練兵団時代でのサシャとの思い出がフラッシュバックします!
2018-05-08_160045
「進撃の巨人」第15話「個々」より


このような展開が106話にて起こるのでは、と予想します!
Sponsored Link

◆106話から新章突入するのか?

2018-05-08_051115
「進撃の巨人」第105話「凶弾」より


23巻91話から続いていた「マーレ編」ですが、105話でいったんキリが付きそうに感じられました。

次話106話から、舞台はパラディ島に移りそうですよね!

ここから現在のパラディ島が明らかとなり、順に22巻以降から空白となっているパラディの3年間が登場し、オニャンコポンやイェレナがパラディ側に協力する経緯やジークとエレンがどのように繋がったのか等が明らかとなっていくのではと思われます。

そしてその後、マガト隊長やライナーが率いるマーレ軍と再びぶつかる…という展開になるのではないでしょうか?

つまり106話から「パラディ島の3年間編」が始まり、その後「マーレ決着編」みたいな感じに進んでいくのかなと考えられます!

とりあえずは、待ちに待ったパラディ島舞台の展開になりそうなので嬉しいですよね!

パラディの3年間…

もう、本当に楽しみですよ!\(^o^)/

【進撃の巨人】105話「凶弾」あらすじ感想考察!
105話考察!「マーレ編」のまとめ!時系列で検証!
105話考察!マーレ大戦とエレンの強硬策と誤算を検証!
105話考察!サシャ死亡!哀悼を込め伏線を検証!
105話考察!気まずいミカサがマフラーを脱いだ理由を検証!
105話考察!イェレナの意味とは?ジーク信奉者を検証!
105話考察!ロボフ師団長は過去に登場していたか検証!
105話考察!ピークの個人的興味とは?
102話考察!ジークとエレンは繋がっているのか検証!
103話考察!ピーク死亡か?諫山先生サイン会コメントを考察!
97話考察!エレンの手紙からの展開を予想!
99話考察!アゴ髭マーレ兵の正体を考察!
101話考察!ミカサの「帰ってきて」発言を検証!


Sponsored Link

63 Responses to “【進撃の巨人】ネタバレ106話107話あらすじ考察!パラディ島の3年間編に突入か?”

  1. 物好きなる巨人 より:

    どうも、物好きなる巨人でございます。

    パラディ島の空白の3年間、見てみたいですよ。なんだかみたことのあるツラの新兵がいますし、なによりエレンが海を渡るシーンを見たいですから。そこでミカサが「いってらっしゃい、エレン」なんて言ったら嬉しいですよ。

    あとミカサが泣いていた件に関しての考察(どうでも良さそう)ですが、あの海の一件以降エレン、アルミン、ミカサの関係がおかしくなった。エレンやアルミンはともかく、ミカサはその状況に対し孤独を感じそうです。具体的な根拠はありませんが、なんとなくミカサは私と同じところがありそうですのでね。私なら、その孤独感から逃れるべく、新たな温もりを求めます。ミカサにおけるそれが、同期であり同性でありそこそこ仲の良かったサシャだったのではないかなと。サシャも優しいですからね、そういう状態のミカサを慰めたりとか、元気づけてやってたんじゃありませんかね。

    今までのミカサは、あそこまで死人を相手に泣くことはなかったですよね。これまでと違って、目の前に亡骸があるからかもしれませんが、それにしたって取り乱しようがこれまでと違いすぎるように感じました。

    アース団長はコニーが心配と言われてましたが、私的にはミカサも心配です。それではまた。

    • 管理人アース より:

      サシャ死亡の影響はミカサにまでありそうですね!
      次回のミカサには、いろいろ注目しなきゃですよ❗


      管理人アース

  2. 青い戦鎚 より:

    105話は、単行本でいうと26巻の最後にあたってたりしますかね?
    もしそうなら106話は、飛行船の中での様子や飛行船がパラディに到着する場面等は全部ぶん投げて、いきなり空白の3年間の描写から始まるような気もします。
    例えば、マーレがパラディに送った最初の船団を捕獲するところとか…。
    そこからオニャンコポンやエィレナがパラディ側に寝返る経緯や、エレン、ミカサ、アルミンの間に溝ができていく過程が描かれていくとか…。
    単行本的にキリが良ければそうなりそうな気がします。中途半端なら、アース団長の考察のように、パラディに戻る途中や、到着後の描写だと思います。

    • 管理人アース より:

      106話が26巻最終話ですね。107話から3年間に移行するかもですね❗



      管理人アース

      • 青い戦鎚 より:

        あ、でしたら106話はマーレ編の最終話で、飛行船の中でのやりとり、もしくはパラディに到着したところからですね。
        息巻くガビに、パラディでマーレがどんなことをしたのかを説明し、その流れでそのまま回想シーンとして空白の3年間編へ、なんて感じかな、と思います。

  3. ギラ より:

    アースさん お疲れ様です。

    今の飛行船の中の状況は見方によっては、とてもヤバい状況下にあると言っても良いですね。

    何故なら、王家血統のジークと、始祖を有するエレンが同じ室内に居るんですよ。

    下手したら、始祖の力を使って、ミカサやリヴァイなどの一部の人間を除いて、記憶操作すら出来てしまう状況です。

    それに、ジーク信奉者のイェレナも側にいますし。
    更に言うと、パラディ側の現調査兵団上層部とエレンは考えが違いにより離反している状況下にあります。

    飛行船がパラディ島に着く前に、まさかエレン&ジークによって記憶操作などは無いとは思いますが、それにしても、ジークとエレンとイェレナを同じ部屋に同席させている状況は、調査兵団は不用心過ぎると思います。

    • 物好きなる巨人 より:

      いやいや、リヴァイはアッカーマン家の血筋ですよ。つまり「記憶操作が効かない人種」です。

      彼を見張りにつけておけば、何かしそうになった時にそいつを蹴り飛ばすでしょうよ。

    • 管理人アース より:

      仰る通りですね!
      ただ、その辺りはリヴァイ兵長がいるからという安心感があるのでしょうか?
      ハンジ団長の考えを聞きたいですね(笑)



      管理人アース

    • 管理人アース より:

      あ、あとガビがサシャを撃つという予想、当たりましたね❗スゴいです❗
      おめでとうございます❗🎉


      管理人アース

      • ギラ より:

        アースさん 御丁寧にありがとうございます。

        予想が当たったとはいえ・・正直喜べません。
        本当はハズれて欲しかったです。
        サシャロス中で胸が締め付けられる思いです。

        マンガやアニメの中のキャラクターだというのに
        何故だか大事な友達を奪われた喪失感で一杯です。
        いつのまにか自分も104期生のつもりでいたようです。

        • 管理人アース より:

          予想していても実際にその展開が起こると、やはりキツいですよね( ̄▽ ̄;)
          次回からはホノボノとした3年間が始まると嬉しいですが・・・
          そうはいかないかもですね(泣)




          管理人アース

  4. 寸劇の個人 より:

    自分もサシャ死亡時のミカサの反応を見てアレッ?と思いました。。こんなに感情を表に出すなんて意外だな、と。人間性を失いつつある主人公と反比例してる感じですかね。

    自分は以前、エレンはこの前の虐殺により主人公としての資格を剥奪された(→ファルコに交代)のではないか?と思っていたのですが、少し考え直しました。
    この物語がエレンの成長の物語でもあるなら、過ちを犯し、それを認めて受け入れるという過程なのかも・・。サシャ死亡の反応からみると、まだチャンスはありそうな気がします。

    空白期間の描写は、大人になっていくなかでの人間関係の変化とエレンが荒んでいく過程が描かれるのかなと。今後は猪突猛進のガビ&エレンと癒やしのファルコが軸になり、ギリギリで踏みとどまる、または止まれずに破滅するエレンが見られると想像します。ジークは誘惑者というか、やはり誤った道へ誘う者だと思います。リヴァイとの対決は避けられないかと。
    以上、長いくせに言ってることはかなりザックリでスミマセン・・。

  5. 次回106話は、コミックス第26巻の
    最終話となります。
    ので、次回で マーレ編の一区切りだと
    思います。

    そして 忘れてならないのが、世界がこの
    マーレとエルディアの戦いを どう見てい
    るか? という事です。
    各国にとっても 要人に多大な被害が及び、
    この襲撃事件は間違いなく 世界を震撼させる
    大事件、トップニュースです。

    ので、マーレ編の後は 一気に “世界編”に
    突入し、世界を動かしている 各国の顔ぶれ
    などが登場するのでは?

    • 管理人アース より:

      管理人アースはパラディの3年間が登場してから再戦かなと考えています。
      この辺りどう展開するか、楽しみですね❗



      管理人アース

      • 普通の東洋人。 より:

        作品を精読した上で、諫山先生の思考のクセを読みきったと思われる、ギラ様の予想適中がお見事でした。 単にハナシをつくる・盛るだけのワタシとは、こういう所で適中率に差が出るのでしょう(。-ω-)
        それでも106話予想を…。
        【鉄板】ガビちゃんアイデンティティーの崩壊危機
        アース様も予想されてますが、真実を目の当たりにし、より強烈な立ち直れないほどの精神的打撃を受けそうな気がします。 あのライナーのいとこですから…。 ジークは、エレンを敵対視する彼女に非情で冷淡な態度を取るでしょうし、パラディ島には壁の穴を塞いだエレン巨人&大岩と物証もある。 マガトとヴィリーたちが襲撃されるのを見越して、収容区で祭典を開催した事にも気づいてしまう。 信じたもの全てが瓦解し、失意の底に沈むガビちゃんを気遣うファルコとエレン。
        エレンがふたりに、これまでのパラディ島の出来事を語りだし、物語は3年前へ…。

        【おさえ】ジークの過去が明らかに?
        グリシャたちを密告したとき、側にいた眼鏡の男性や、イェレナとの関わりがわかりそう…彼にはまだ謎が多いので、この辺りで幾らか回収が行われるのでは。

        【大穴】エレン、兵長に「汚ぇナリだから」という理由で、入浴&散髪を強制される
        意外にコレが一番当たりそうな気がします…(-“”-;)

        • 管理人アース より:

          >エレン、兵長に「汚ぇナリだから」という理由で、入浴&散髪を強制される
          これ、面白いですね!
          重い展開なので、こういうところでちょっとほっこり展開が欲しいですね!(*^^*)




          管理人アース

  6. 住吉チンチン物語 より:

    団長、記事更新有難うございます。

    そうですね。マーレ編も終わり、パラディ島の3年間編になりそうですね。
    まだマーレ側が飛行船を攻撃する可能性もありますが…。その場合はマーレ陸軍砲撃部隊の登場ですかね。ただ、双方とも巨人が使えない状況なので…。展開上、可能性は低いですかね。

    さて、パラディ島の3年間編の後は、他のコメントにもありますが、「世界編」に突入だと思っています。
    元々、世界はパラディ島を脅威だと認識しており、それが今回の襲撃により、危機が身近に迫っていると感じたはずです。
    世界はマーレを含めた連合軍を結成し、パラディ島へ侵攻する可能性が高いです。もちろんエルディア人に対する迫害も増すはずです。
    世界を相手に奮闘する新生エルディア帝国と、
    苦悩する各国の収容エルディア人達(ライナーは特に…)という展開になるのでは、と妄想しています。
    そこでヒィルズ国の登場なら、もう物語も終わりに近づいたという事でしょう。

    でも今後も、私の妄想をブチ破る展開になってくれれば、めっちゃ嬉しいのですが…。

  7. 馬来熊 より:

    祭事の会場が狙われていることをタイバー家が知ってて囮にしたことがバレたらまたパラディVSその他という単純な構造でなくなる線もありそうですね

    • 物好きなる巨人 より:

      ヒィズル国にそれをバラされることがありそうですねぇ。そうなると、マーレの国際的信用は地に堕ちるわけです。

  8. miyavim より:

     考察いつも楽しみにしています。考えてみるとジークが父親と復権派を売ったのもフクロウの計画の一部だったかもしれませんね。フクロウは復権派ともジークとも繋がっていて、フクロウが復権派の何かをジークに隠さすために敢えて裏切るように仕向けた。今回の誤算のように不可抗力で売ったように見えてしまっっていた。そしてイェレナもフクロウと同じニセマーレ人でクルーガーの血族なのではないでしょうか、イェレナとエレン(フクロウ)って字面が似ていませんか❓w考察お願いします。106話は島の地下深くの牢獄に入れられ、壁越しからの会話でスタートしそうですね。その牢獄にはアニも結晶のままいて、ガビ、コルトは一緒の牢獄、、、
    ジークは、ガビに本当の歴史を話す。ガビは世界を燃えつくさん瞳でエレンを睨む、エレンはその瞳にかつての自分、少年の頃のグリシャ、クルーガーの瞳を感じるのでは、、、、来月が楽しみですぎます。

  9. にこ より:

    アース団長、わからなくなってきました。
    始祖の巨人はジークが持っていたのでしょうか。
    ジークがわーって叫んだ時、ラガコ村も飛行船の人々も無垢の巨人にできたってことは始祖の巨人なのでは???

    記憶の改ざんができる王家の力を手に入れたエレンと始祖の力をもったジークが手を組めば地ならしができるということでしょうか?
    ジークの隣にいたメガネのおじさんが、ループできる人?アッカーマンだったのかな?フクロウの親玉だったのかな?
    それをジークは何も知らない子供の時にこのような形で計画を実行し始めたのでしょうか?
    でもそれならば、二人が手を組んだ3年前とかもっと前に、地ならしとかできたとおもうんだけど・・・
    座標の位置とかタイミングとかがあるのでしょうか?
    ちょっとわからなくなってきました。
    メガネ、マフラー、鍵(三種の神器)かな?

    • 物好きなる巨人 より:

      ジークは「獣の巨人」の継承者で間違いありません。ただジークは母親が王家の血筋であったため、自分の脊髄液で巨人化させた「月光の巨人」を操れるのです。そんな能力はこれまでの獣の継承者にはなかったとコルトが言っていました。

      エレンが今の「始祖の巨人」の継承者です。正確に言えば、「進撃の巨人」「始祖の巨人」「戦鎚の巨人」の継承者ですがね。

      本来、始祖の特殊能力は王家の血筋である者にしか使えない、しかし王家の血筋が継承すると「不戦の契り」が発動し、壁の初代王カール・フリッツの思想に囚われる。つまり誰にも、その力は使えないということです。その特殊能力とは、全ての巨人を操れるというものとエルディア人の記憶を操作できるというもの。そのうち「巨人を操る力」が使えなくなっていると思われる。

      しかしエレンは王家の血筋ではないのに、「無垢の巨人」を操れた。それはなぜか?多くの方が、ある巨人に触れたからであると考えています。

      その巨人とは、エレンの母親カルラやハンネスを食った巨人であり、ジークの母親ダイナの巨人です。つまり「王家の血筋の巨人」だったわけです。

      それでエレンは、王家の血筋の巨人に触れれば始祖の力が使えると考えているわけです。ジークがその巨人というわけです。

      長々と書いてすみませんでしたが、ご満足いただけたでしょうか?

      • にこ より:

        ありがとうございました。
        王家もれなく特殊な能力のおまけが付いてくるのかもなって思いました。
        それならばこのタイミングでダイバー家を取り込んで、壁みたいなのを作れるダイバーの能力も必要なのかなって思いました。
        フリッツ、タイバー、レイスが揃わないと始祖の巨人の能力は発揮できないのかも。
        なんて思いまし。
        ありがとうございます。

    • 管理人アース より:

      王家血統であるジークの脊髄液で誕生した無垢の巨人はジークが操れます。
      ラガコ村巨人しかり、シガンシナ決戦の巨人しかり。
      それらの巨人はジークが叫べば巨人化するし月光でも動けるとのこと。
      始祖の巨人は、巨人であればすべて操れるのだと想われます。知性巨人でさえも。
      エレンがジークに接触して座標発動したら、他の巨人がエレンかジークかどちらに従うのか気になるところです。



      管理人アース

      • にこ より:

        そうですね。
        2人だけでもダメだったのかもしれませんね。
        戦槌の耳が尖り耳ならば、マリア、シーナ、ローゼと同じになったのに。
        やっぱり、エレンがジークを呑みこみ(命はあと一年しかないし)壁は普通の人間に戻し、これぞ新生エルディア帝国を作るのでしょうか。
        そして他の6つの巨人も記憶を改ざんして、巨人の世界を終わらせるのかもしれませんね。
        凄いすっとぼけた妄想ですみません。
        ありがとうございました。

  10. knight より:

    パンツァー隊の生き残りの一人が出てきて、ピークやマガトに、ジーくの不振な行動を報告するシーンも書かれるのではないかなと思いました。
    あとは、ファルコ、ガビが飛行船に乗ってしまったことをコルトが報告するシーンとか。
    また、ライナーやガリアードも登場するのではないでしょうか。ガリアードは自らの失態を悔いてライナーと似たような鬱状態になってしまうのでないかと妄想しています。

    • 管理人アース より:

      ポルコやコルトはジークロスになるかもですね( ̄▽ ̄;)



      管理人アース

  11. マキ より:

    リヴァイとの会話やらサシャの死の反応やら
    エレンはわざと兵団から距離を置こうとしてるように思いますね。
    以前からアルミンと対立する展開は予想されてましたが、もっと大きくエレンはジーク側について兵団と対立するのかもしれませんね。

    ハンジやリヴァイはもちろん
    ジャンやコニーは今回でかなりエレンに嫌悪感を感じてる様子でしたし(最後のエレンの表情は見てませんし)一方でフロック辺りはエレンを支持するでしょうから、兵団の中でも割れるかもしれません。

    そういう展開になった場合
    問題はエレンの真意ですが
    汚れ役を全部自分で受け入れる気なのかもしれませんね。
    ジークが胡散臭さ過ぎるので
    ジーク側につくのが本心なのかどうかは
    解りませんが・・・

  12. ダダ より:

    アース団長、考察更新ありがとうございます!!

    妄想というより願望なのですが、捕虜となったガビ&ファルコのお世話(ごはんを運ぶ、とか)係に、モーゼス・ブラウンのおかあさんが出てきたらなあ、と思います。
    100年前のパラディ島移住のとき、たとえばブラウン家の本家と分家が移住と大陸残留に分かれた、とか、なにかわかってきて、あれほど妄信的に”島の悪魔ども”と、まるで自分たちとは別の生き物扱いだったところに”血縁者が?!”となれば、彼女にもたらされる混乱は、少しは落ち着いて物事を考える助けにならないかと・・。

    目先のことだけで考えナシに猪突猛進するところなど、ガビは昔のエレンと似ていますが、エレンには耳を引っぱって”少しはこらえてみせな”と叱ってくれるおかあさんや、”私たちにはなんの力もない”とブン殴ってくれるミカサがいました。
    でもガビにそれは無く、それどころか、戦争でのへたな成功体験や、彼女の”私、スペシャル!”感を”そうよ、あなたスペシャル!”ともてはやす環境の中でしか育っていません。
    この違いが今後、ガビの選択する行動に影響するのではと、気になります。

    進撃の世界では、選択をミスるとどえらいしっぺ返しがきて、それは”なにも知らない子供だった”んだろうとなんだろうとおかまいナシにやって来るから、現在のエレンの行動(選択)についてもどうなのか、パラディの3年間でわかってくるのではと、楽しみでもあり、不安でもあります。

  13. 考察初心者🔰 より:

    管理人様♪更新ありがとうございます😊

    そうですね、自分もヒストリアが自らの意思でエレン達を迎える展開になると予想してます✨

    ヒストリアが調査兵団とエレンの間に生じた、不信感を払拭する役目になる事を期待してます✨

    ガビですが…
    ジークの口からライナーの姪である事実が語られて、104期生のガビを見る目に変化が起こる❗️

    なんて展開も期待してます😆

  14. ラカンカ より:

    今回の作戦がエレンの単独計画(少なくともパラディ側は望んでなかった)だと分かったわけですが、そのきっかけになったのは、恐らく90話のヒストリアの手の甲にキスした時に見たグリシャの記憶なのではないでしょうか?

    我々が認識している情報の中で、パラディ側の人間が知らずにエレンだけが知っている情報はあれだけです(他の情報はグリシャの書物から分かっているはず)。

    だから二者が別々の行動をとるとすれば、原因はあのグリシャの記憶にあるはず。

    ですから106話以降では、なぜエレンが単独行動に出たのか。
    つまり、あの手の甲にキスした時に見たグリシャの記憶の回収があると予測します。

    • ラカンカ より:

      あ、あと一つありました。
      エレンだけが知っている情報は、あの時の巨人がグリシャの元妻で王家の血を引いた巨人だったこと。
      これもエレンだけが知り得る情報でしたね。

      そのことも、エレンの単独行動につながっているかもしれません。

  15. 考察初心者🔰 より:

    連投失礼致しますm(_ _)m

    ガビはライナーの姪じゃなくてイトコでしたね😅

    仕事の休憩中に慌てて書き込んだので間違えてしまいました😆

    ジャン辺りから「エレン❗️ライナーに会ったのか❓」的な台詞があって…

    104期生間のライナーに関する会話を聞いて、ガビが複雑な心境になる❗️

    てな展開を期待してます✨

  16. コロダイ より:

    アースさん更新お疲れ様です!

    105話の最後のコマに描かれているのはパラディ島でしょうか?
    飛行船の進行方向に描かれているので、そうかなと。
    だとすると106話では帰還中の飛行船内でのやりとりは省かれて、時間がとんだところから、もしくは過去から始まる可能性があると思いました。

    それにしてもジャンがサシャに晩ご飯を待つように言っていたりして、思いのほかパラディ島とマーレ大陸は近いのかも、と今話を読んでおもいました

  17. リヴァイ大好き より:

     こんばんわ。
     サシャ殉職が、考察を読ませていただいてショックを受けた時よりもジワジワ効いてきています。
     サシャがいなければ、もう軽いノリの会話は出て来ない。今までも悲劇的なシーンは山ほど出てきましたが、切り返しの明るい話題も多くでてきました。
     でももうそれもおしまい。その区切りのサシャの死なんだろうと思うと溜息しかでてきません。
     「ああ、はじまっちゃったんだな」そんな感じです。
     カツオとかの擬音は、なんでそんなおふざけするんだろ。と、苦々しく思っていましたが、きっと諌山先生が、これは物語だから、あまり深刻にならないように。とのメッセージなんだろうな。
     でも溜息です。

  18. 次列三・伝達 より:

    更新お疲れ様です☆


    106話以降の展開は頭の中でまとまっていませんが、考察を語りたいと思います。


    調査兵団というより、パラディ島側から考察したいと思います。


    パラディ島はエレンが単独でマーレに渡った行為自体を「脱走兵」として扱っていると思います。


    リヴァイ兵長の「拘束する。」からそう読みました。


    となればパラディ帰還後は通常の「軍事裁判」ならぬ、「兵事裁判」となると思います。


    調査兵団のエレン合流後、ミカサがエレンに着きました。


    拘束が目的の一部で、その「監視役」だったと思います。


    ジークの「監視役」はリヴァイ兵長以外居ないので、幼馴染みのミカサが指名されたと思います。



    そのジークは、「協力者」であり、「戦犯」でも有ります。



    軍事裁判が行われれば、エレンとジークは共に「有罪」は免れません。


    しかし、「情状酌量の余地」として、“座標・地ならし発動”が課せられると思う為、直ぐには処刑されないと思います。


    無論、主犯はジークでしょうが、最初の接触はエレンからでしょう。


    父親グリシャの記憶でジークの居場所は分かりますし、戦士隊潜入期間中に行動パターンも読める筈です。


    決め手はマーレvs中東連合の戦場に戦士隊800人の中に紛れ込めば偽装もバレません。



    そして、エレン=クルーガーの記憶により、ジークは実はフクロウの協力者だった事を知った上での行動だったと思います。



    おそらくパラディ島在住中からこの作戦を練っていたと思います。



    調査船を迎撃せず、拿捕させたのはエレンであり、その最終目的は「マーレ潜入の為の船」だったと思います。



    フクロウをはじめ、「エルディア復権派」の計画をエレンとジークが協力して叶えようとしたと思います。


    今回のマーレ急襲〜裏切りのプランは、パラディ島の動きはエレン、マーレの動きはジークが参謀したと思います。



    問題は、次回に明らかになるであろうパラディ島帰還後です。


    冒頭に話した様に拘束されたまま軍事裁判にかけられる事はエレンもジークも分かっています。



    おそらく、エレンとジークは巨人化するのかな?と最悪の考察をしました。




    目的は、拘束からの離脱、巨人化薬使用による始祖・進撃・獣の巨人化能力の奪取阻止。
    そして“記憶改竄”だと思います!



    罪状破棄が目的ですが、パラディ復権派の思想にパラディ勢を染めるのが主目的かな?思います。



    地ならしは出来ないと思います。



    フリッツ王の地ならし発言はただの脅しであり、グリシャが境界線で聞いた「巨人は海の方に向かわない」発言から、地ならしを発動しても巨人は海を泳げない為海を越えれず、パラディ島全滅しかないと思います。



    パラディ島全滅なら、兄弟はわざわざパラディ島へ向かいません。



    記憶改竄は無いかな〜?



    全く当たらないと思いながらよく分からない考察でした。



    長くなってすみません汗




    家族、サシャを失ったコニーが不憫です泣

  19. 次列三・伝達 より:

    またすみません!


    ナンバリング絡みで、“裏メンバー”での生き残りが、ついにライナーだけとなってしまいましたね。



    やはりライナーは…。




    もうマーレはパラディ島を侵攻するどころか、いつ他国に占領されてもおかしくない為、ライナー単独でパラディ島へ行き、ファルコに鎧を継承してくれないかな〜?


    でもピークもジークを恨んでいるし、ガリアードもイェレナを恨んでいるし…3巨人だけで?パラディ島飲み込み?


    パラディ島に全巨人が集まるんですかね?

  20. 蒼雪 より:

    小さな捕虜二人組に事情をフォローしてあげないと。
    特にガビは何をしでかすか分かりませんよね。サシャを撃ってしまったし。
    彼女からすればジークは裏切ったようにしか見えないので、情報共有してあげるのは大人の責任でしょうね。
    現実を受け入れてもらうには時間がなさすぎかもしれませんけど。

  21. モブリッティ より:

    アースさん、お忙しいなか更新ありがとうございます!
    パラディ島に着いたガビを宥める役はオニャンコポンかヒストリアがやるんじゃないかという希望的予想をします。
    オニャンコポンはマーレ→パラディに乗り換えた理由も含めてガビに語ってくれそう、というイメージで、ヒストリアは孤児院を運営していたことや彼女自身がマーレで育ったエルディア人の子どもに関心を寄せるのではないか、というイメージで考えました。
    26巻はパラディの過去3年間をガビとファルコに説明し始める導入部まで、って感じかな?

    あとすみません、自分で「マガトはエルディア人根絶を公言していた気がする」と他でコメントしましたが、改めて確認した限り発言を見つけられませんでした。
    ただ、ふと思ったのですが、もしかしてマガト隊長って、あのグロス曹長の息子達のひとりってことないでしょうか?
    マガト隊長は他のマーレ人とはちょっと違ったエルディア人に対する目線を持っていますが、その根っこにはグロス曹長の趣味に付き合わされたトラウマがあったりして?なんて想像が膨らんでます。

  22. 二度目の投稿 より:

    こんばんは。二度目の投稿です。
    私も次回はマーレ編の最終話だと思ってますが。。
    今回は飛行船の様子が中心だったので、マーレの様子、特にライナーとガリアードの会話は描いて欲しいなと思います。そこにマガドが合流し、ジークの裏切りを告げる。
    怒りを露わにするガリアードの側で、何をかを想うライナー。。みたいな。
    かたや、島に帰ったエレンはいきなりヒストリアにビンタを食らうシーンもありかと(笑)
    そうそう、最初は何気にスルーしてたのですが、ジークの発言の「王家の血を引く巨人」って、気になりますよね。
    王家の血であれば、ヒストリアの方が直系であるし、巨人である事に意味があるとすると、やはりペチンによる座標の力の発動を求めて?

  23. 進撃の巨人にやられっぱなし より:

    妄想が止まらずにいます。脳内が進撃の巨人にやられっぱなしです。
    世界がパラディ島に報復「世界大戦に突入」ってなんだか、第二次世界大戦中の「島国日本対世界」の構図のように感じました。
    ヒィズル国がどのように援助してくれるのか、気になるところです。
    ガビにどう、真実をわからせるのか。彼女が真実の歴史を知りギャフンと苦しみ、成長するところがみたいです。でも女王ヒストリアに会わせる、お世話させるのは危険。スナイパ-ガビに襲われてしまうのを阻止すべく、強力なガ-ドマンをつけないと。
    アッカ-マン家はもともと王家に忠実な血統。今はリィバイはジ-クを目の敵に思い、いつか殺してやると思いつつ、協力していますが、将来的にケニ-とウィリ-のような関係に発展するのではないかな-と妄想。
    私もサシャが104話では今までの中で一番美しく描かれていると思いました。作者のサシャへの思いと進撃ファンに向けての思いが感じられました。

  24. 進撃の巨人にやられっぱなし より:

    追加です。
    ケニ-はウィリ-に忠実でしたが、真の王のヒストリアの父には全くなしでしたね。
    リヴァィはヒストリアとジ-クの両方に忠実になるか? エルヴィンとの約束もあるし、ジ-クに忠実になるのは難しいか?でもケニ-とウィ-リ-のような関係に発展するところあるような気もしますというより、見てみたいです。

  25. レイジ より:

    こんばんは、お忙しい中更新ありがとうございます。
    もしかするとエレンとジークは本当に地ならしを発動させてパラディ島以外の全てを滅ぼすつもりなのではないでしょうか
    それも復讐心や自暴自棄といった感情任せの行動ではなく、「こうした方が世界がより良い方向に向かう」という冷徹な論理によって

    元々パラディ島ではつい数年前まで壁の外の人類は滅んだと教えられ、壁の中の人間だけで肩を寄せ合って生きてきました
    無論実際にはマーレを始めとした人類の国家が多数あり、壁内はちっぽけな箱庭に過ぎません
    エレンとジークはパラディ島以外の人類全てを地ならしによって全滅させ、「壁の外の人類は滅んだ」を現実のものにしようとしているのかもしれません
    言い方を変えれば世界のリセット、とも言えます

    これまでマーレ編ではエルディア人とマーレ人、その他の民族による人種差別がこれでもかと言わんばかりに描写されてきました
    ですがパラディ島では既に都市伝説化したアッカーマンの迫害を除けば人種差別と呼べるものはありません
    幼い頃から人種差別を身近に感じてきたジークにとってこれだけの事実がどれほど素晴らしいことに映ったか、想像に難くありません
    エレンとジークはこれに目を付け、人種差別のない壁内人類を人間という種のスタンダードにするために壁の外にいる人類全てを駆逐する目論見があるようにも思えます

    普通なら人類全体に対するジェノサイドは国家の生存戦略としては成立しません
    しかしパラディ島は100年以上もの間大きな戦争もなく壁の中で自給自足してきた実績があります
    今さら本当に壁の外の人類が絶滅したとしても今すぐ困ることにはならないのです
    もちろんまっとうな神経の持ち主ならこんな手段には反発するでしょう
    ですが上でも他の方が仰るようにエレンとジークが揃っている以上記憶の改竄が発動可能な状況にあります
    記憶操作を受け付けないミカサとリヴァイ兵長に対処する算段さえつけばいつでも反対する人間を黙らせることができる状態です

    あとは九つの巨人の力を破棄、ないし封印する手段さえあれば人種差別の歴史には強制的に終止符が打たれ、壁の中の人々は島で暮らしていくも外の世界を開拓するも自由になります
    幸いにも巨人の力は専用の薬物を使わなければ発現することはありませんし、パラディ島にその薬を開発するノウハウもありません
    九つの巨人の封印さえ叶えば世界から文字通り巨人を駆逐することができます

    エレンとジークは利害の一致によってこの計画を実現させようとしているのではないでしょうか?

  26. 進撃の巨人にやられっぱなし より:

    そういえば、アニの父はどうなったのでしょうか?さんざん期待させられていましたがその後でてきていませんね。でも実はイェレナあたりの手引きで飛行船に乗り込んでいたりして。なおかつ実は彼は巨人学会に関連する人で、アニの結晶化も解くことができ、今までなぞだった巨人化の薬のことも解明することが、そして巨人化を解くこともできたりして。コニ-の母も元にもどれたらいいですね。その後ハンジと協力し研究して知性巨人を解く方法や寿命リミットがなくなる方法もひそかに開発されたらいいですね。妄想が止まりません。

  27. 巨人化学毛根再生術研究員 より:

    私は記憶の改ざんを最終的にするのではないかと思います。
    改ざんというより、失われた真実の歴史を伝える、ヒストリアがかつて言っていた、「記憶をお返しする」のと同じ事をやろうとするのかなと思います。
    しかし、そのためには自国の安全が第一であり、それは地下資源を交渉材料に外交手段を持ち、国際社会に出ること、壁外エルディア人の移住等問題があります。

  28. 恥垢種 より:

    アース団長、お疲れ様です。
    空白期間、悩ましいですが、妄想を掻き立てられますね。この期間についてリヴァイの「クソ野郎のツラ」から妄想してみます。
    地下街のどうしょうも無い連中のそれと同じだとリヴァイは言いたいようですが、この連中はどんな連中なのかというと、自分の為だけに勝手気ままに生きてる連中を指しているのかと推定します。
    今回の行動は恐らくジークに導かれての行動と見ますが、パラディ側とすればエレンを失えば、全てを失う(滅亡)わけで、当然、敵地のど真ん中に、しかもリヴァイのような護衛も伴わず、調査兵団を壊滅させた張本人のところに送れる訳など無いということだと推定します。それを強硬に実行したエレンの行動はパラディにとっては背信行為であり、身勝手であり、許されるものではない、と言いたいのでしょうね。最大の目的はジークの回収でしたが、エレンは渡航時に「座標」発動条件をハンジ達に話さず出たのかもしれないですね。それが、あの「手紙に書いたとおり、ご理解できたのでは?」かもしれないですね。エレンにしてみれば、勝手な行動かもしれないが、パラディの為「座標」発動は絶対必要だから仕方ないでしょ、だし、ハンジ達にすれば、もっとリスクの少ない作戦を計画できた、何よりも上官の指示に従わないのは許容できないなんでしょう。とりあえず、独房入りですかね。
    さて、信頼は失ったにせよ、私はエレンの行動は想定内と思いますよ(狂気じみているという方もいらっしゃいますが、住民虐殺はトロスト区でやってるので抵抗感は無いしょう)、やっぱりエレンはヒストリアの巨人化だけは避けたかったんでしょう。(これを知れば、一番リスクが低いし、上層部から巨人化させて飼えなどと言う輩が出かねないですからね。)葛藤はあったと思いますが、自らジーク回収の道を選んだということだと、妄想します。
    それと、私個人としては、リヴァイはそれほど怒ってないような気がしますね。過去にも「結果は誰にもわかんねえ」、エレンに「選べ」と言った人間ですよ。体裁のための蹴りと私は見てます。しかも、エルヴィンの仇がネギ背負って来たんですからね。拘束具も縄でゆるゆるだし。
    長々と失礼しました。

  29. 兵長の寝室掃除係 より:

    アース隊長、更新お疲れ様です。

    今月号は、サシャが死亡した衝撃もなのですが……。
    私はここで新キャラが出て来た事にも驚いています。
    ジーク信奉者のイェレナですね。
    顎髭=男性というミスリードにまんまとやられてしまいました。
    誰が女性新キャラだと予想出来たのか……!!

    ピーク→ジーク←イェレナ

    という三角関係も気になりますが、ジークはイェレナやオニャンコポンの一団に、パラディ島への伝言を頼んでいたのでしょうね。

    そして一番気になっているのは……ライナーです。
    不完全な巨人化をして、既にボロボロのライナーが、またマーレに残ってしまいました。
    獣を継承するはずだったコルトが臨時的に鎧を継承しないのであれば、ライナーはまだ副戦士長として戦わなければなりません……。
    王家血統と始祖の力が揃い、実質パラディ側の勝ちが確定したようなこの状況で、今度はライナーが自由を求めて戦わなければならなくなってしまうとは……。

    • 管理人アース より:

      今度の再戦はマガト隊長とライナー、ピーク、ポルコでパラディに攻め込むのかなと妄想しています。
      コルトの今後が気になりますよ( ̄▽ ̄;)



      管理人アース

    • 進撃の臣 より:

      ジークが裏切ったのであれば、むしろ戦士長にされてしまうかもしれませんね…。

  30. ゆっきー より:

    アース団長
    御無沙汰しています。
    次回は空白のパラディ島側の三年間のことが述べられると思いますが、調査兵団内部のヒストリアの扱いに関する対立が鮮明になるのかと。

    調査兵団の会議
    ハンジ「その話は結論が出たのではないのかな」
    エレン「ヒストリアの犠牲は避けられません。そして何も死ねと言っているわけではありません」
    ジャン「アニを喰わせる話は、却下されたんじゃないのか」
    ハンジ「王家はそう簡単に取り換えられるもんじゃない。現在のところ王家の血筋をひくものはヒストリアだけだ」
    エレン「ジークがいます」
    アルミン「イェレナの情報だけでは、彼を信用できない。王家の血筋を絶やすリスクはおかせない」
    フロック「勝つためにはリスクを侵さないとだめだろう。俺はエレンに賛成だ。」
    エレン「王家が大事と言いながら、ヒストリアに子供を産ませる準備もない」
    ハンジ「王配の決定は最重要問題だ。ザックレー総統も頭を悩ませている。高度の政治問題に我々が口を出すべきではない。」
    リヴァイ「どこの種馬でいいってわけじゃねえぞ。てめえが馬の糞よりもましで、乗っかりたいのなら話が別だがな。」
    ミカサが顔色を変える。
    コニー「俺は・・・ヒストリアを犠牲にはできない。」
    サシャ「ヒストリアに子ども産ませるとか、馬じゃないんだし、勝手に決めたら・・・」
    フロック「勝つためには悪魔が必要だ。また私情で判断を誤るのか」
    リヴァイ「おい、出すぎるな」
    ハンジ「フロック、君がエルヴィンを助けようとした判断は正しかったと思う。だが、今の判断が正しいとは限らない。」
    アルミン「エレン、君は僕がエルヴィン団長よりも人類を助けられると思ったんだろう。だったらここは僕の判断を信用してくれないか?」
    エレン「俺には時間がない・・・・・」

    その後、エレンは逃亡する。調査兵団はその行方の捜索をしつつ、ミカサを通じてヒィズル国と接触する。

    という感じかなと勝手に思っています。

    • 管理人アース より:

      ヒストリアをめぐる対立があったのではという考察、面白いですよ❗
      皆のキャラが反映した会話は最高でした!😆
      パラディの3年間が気になりますね!
      早く明らかになって欲しいです❗(*^^*)



      管理人アース

  31. 進撃のおさかな より:

    以前のマガトの、「使える柱」「その者共」発言が気になっています。
    複数形なとこから、マガトとつながっているのはジークとピーク?と思っていましたが…今や、ジークとイェレナ?
    マガトが今のままでは全く立つ瀬がないのですが、そこまで無能野郎には思えないんですよねえ。
    ということは、やっぱりジークは二重スパイなのか?
    イェレナはマーレ人としても、ジークの子を宿すことはできるわけですよね。
    …しっかし、ピークちゃんを裏切って。ほんと、とんでもない野郎ですね。ジーク。
    エレンもだまされてるのかも。

    • 管理人アース より:

      マガトはこれから大活躍する事になるのではと思っております。
      それこそ本物の英雄へーロスみたいになるのではないかなと!

      >イェレナはマーレ人としても、
      イェレナがマーレ人である可能性は高いと思われますが、まだエルディア人である可能性もあるかなと思います。
      これはオニャンコポンがマーレ人なのか?と絡んできそうですよ!


      管理人アース

  32. コンロガス より:

    「空白の三年間ないし四年間」をどれくらいがっつり振り返るか、はかりかねています。時計の針を進めながらライナー過去回想をしたマーレ編や、初期の頃の訓練兵団時代のエピソードよりは過去回想の比重は大きいのでしょうけど、やはり「現在の話」も同時並行的に進めて行くと思うのですよね。そして、それは、次の編にもかかわってきます。単にマーレとの決着という話になるのか、世界連合軍によるパラディ島攻撃という話になるのか、世界を二分三分した世界大戦になるのか、、、

    今は「空白の三年間(ないし四年間)編」と呼ぶのがふさわしいとは思いますが、ここからの10数話が最終的に何編と呼ばれるようになるのか、今から楽しみです。

    • 管理人アース より:

      >ここからの10数話が最終的に何編と呼ばれるようになるのか、
      ですよね!
      ガッツリと振り返ってもらいたいというのが多くの読者の希望だと感じますが、どのように進めていくのかは分かりません。
      何編的な展開となるのか、本当に楽しみですよ!\(^o^)/



      管理人アース

  33. みやきょう より:

    次回からの場面はもっと時間を遡り、フクロウが能力を得た頃になると推測します。
    東洋、アッカーマン、進撃の能力を回収含めて明らかにして、パラディ3年間に移行するのではないでしょうか。

    • 管理人アース より:

      クルーガーが進撃を継承した場面は見たいですよ!
      106話、楽しみですね!



      管理人アース

  34. リヴァイ大好き より:

     このところ辛い展開が続いていますので、和やかな話が読みたいです。
     後になってそれが悲劇性を高めることになっても仕方ないし、一時の平和でいいから楽しい数話、難しいなら会話からのエピソードだけでも希望しています。
     例えばピクシス爺ちゃんが、傍についていた女兵士さんと結婚したとか、キースの子どもがまた生まれてエルヴィンって名付けたとか、ジャンの母ちゃんが、ヒストリアの孤児院の院長になって慕われているとか、地下街の子どもたちが茶畑の開墾に精を出して、美味しい紅茶を兵長に渡したとか…。
     どこかにちょっとでも希望の持てる話をお願いしたいです。

    • 管理人アース より:

      ナイル・ドークの子どもですね!
      エルヴィンって名前は泣ける…(;´Д`)
      ジャンの母ちゃん登場は良いですね!(*^^*)



      管理人アース

  35. kazatoki より:

    キヨミ様が気になります。ミカサの入れ墨が回収されるのでは
    ガビに訪れるのは、駆逐すべき悪魔のいる地獄じゃなくて、自分の罪に対する地獄でしょう。
    あるとしたら、ファルコとガビとエレンが同じ懲罰房にぶっこまれ、ある日「なんだ、お前ずいぶん純粋だな」「お前をひどい目に合わせてやる」てファルコが意図に気づいてやめろって必死に喚くけど無視してガビだけ連れ出すやつ。

    連れて行った先は犠牲になった調査兵団の墓とか。あとはアニのとことか。シガンシナの母親の墓とか

    • 管理人アース より:

      ガビが悔い改める展開が登場するのか、楽しみですね!
      要チェックですよ!



      管理人アース

  36. kazatoki より:

    そうだ、この4年で誰かしらは子供こさえてんじゃないかなって思いましたが、最大に必要なのは血筋を遺す必要のあるヒストリアとアッカーマン二人では?
    ミカサは戦線離脱の必要があるので難しいしリヴァイも難色を示しそうですが
    あとヒストリアもユミル以外とは結婚しないだろうし、父親になってくれて結婚しないことも了承してくれるとなると……
    最初からヒストリアの本質を見抜いて最終的に心を通わせたエレンでは?

    • 管理人アース より:

      ミカサとエレンの子どもがいる説は一時期多かったですね!
      ヒストリアも含め、ある展開だと思いますよ!



      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ