東京リベンジャーズ

東京リベンジャーズ263話ネタバレ【最新】爆発する「黒い衝動」!マイキーを止めるのはタケミチ?

東京リベンジャーズネタバレ263話
アース
アース
こんにちは進撃のアースです
少年マガジン33号の内容です。

前回、まさかの「黒い衝動」に駆られたマイキーが敵味方関係なく一掃してしまうと言う展開となりました。

マイキーを助けると誓ったタケミチは、はたして立つことができるのでしょうか?

更に、気合いで立ち上がった「二代目東京卍會」の主力メンバーはこのまま倒れてしまうのでしょうか?

第263話へ続きます!

東京リベンジャーズネタバレ262話
東京リベンジャーズ262話ネタバレ【最新】「二代目東京卍會」反撃開始!タケミチvsマイキー始まる! 前回は、瀕死の状態だった春千夜が近づいていることに気が付かず、大寿は背中を斬られてしまいました。 タケミチは対峙していたマ...

東京リベンジャーズネタバレ考察|263話展開予想

次回263話では、どんな展開となったいくのでしょうか?

考えられる展開の可能性を考えて行きましょう!

東京リベンジャーズ263話ネタバレ考察|「二代目東京卍會」は倒れない

前回、「黒い衝動」に囚われたマイキーによって、「関東卍會」と「二代目東京卍會」共に蹴り倒されてしまいました。

「二代目東京卍會」のメンバーが全員立ち上がり、反撃開始かと思われた矢先の出来事。

ですが、全員再び立ち上がると考えられます。

理由は、「二代目東京卍會」のメンバーのほとんどが”マイキーを倒したい”や”マイキーを助けたい”と考えている人物ばかりだからです。

その姿にマイキーは驚愕し、気持ちの変動が現れるのではないでしょうか?

東京リベンジャーズ263話ネタバレ考察|マイキーを止めるのはタケミチ?

マイキーが暴走し始めた時、「蹴られる」のではなく、「殴られた」人物が1人います。

それは、紛れもないタケミチです。

これまでずっと、マイキーは「蹴り」でトドメを刺してきました。

ですが、今回タケミチは殴られています。

立ち上がれる可能性があるとすると、タケミチだけでしょうね!

東京リベンジャーズ263話ネタバレ考察|マイキーを止めるのは春千夜?

マイキーを止めるもう1つの可能性。

それは、春千夜の行動です。

マイキーにのめり込んでいる春千夜は、まさかのマイキーに蹴り倒されました。

そんなマイキーの行動が理解できず、「自分の理想のマイキーでは無い」と判断します。

そうなると春千夜は、マイキーでも消しにかかるでしょうね。

最悪の場合、マイキーを後ろから斬り倒してしまうかもしれませんね・・・。



東京リベンジャーズネタバレ考察|263話あらすじ【最新確定】

今週の東京リベンジャーズの情報が明らかとなりましたので、あらすじを紹介します!

東京リベンジャーズ263話ネタバレ考察|明らかになる「マイキーの過去」

前回、想像を絶する強さを誇ったマイキー。

今回は、まさかの「マイキーの過去」について語られました。

マイキーが「人を頼らなくなった理由」。

そして、「人前で泣かなくなった理由」について明らかとなります!

春千夜が狂酔する理由もここにありそうですね。

東京リベンジャーズ263話ネタバレ考察|親父の記憶

あまり父親や母親が登場しない「東京リベンジャーズ」。

これまで登場したのを考えても数える程ですね。

そんな中、今回はマイキーの家族について語られました。

まず、マイキーの「父親」。

マイキーが覚えているのは1つだけだそうです。

「アメリカのヒーローは強くてかっこいいんだぜ!!」と話すマイキーの父親は優しい笑顔をマイキーに向けていました。

そんな父親も「3才の時に交通事故で亡くなります」。

そんな記憶に薄い父親がマイキーのルーツになっているのでしょうね。

東京リベンジャーズ263話ネタバレ考察|弱いやつが大嫌い

時は経ち、マイキーが小学校に上がった頃。

帰り道でしょうか、渋谷の頭を自称する男の子に突然飛びかかり、そのまま蹴りを一撃。

その男の子は卒倒してしまいます。

マイキーはその頃から強く、「弱い奴がキライ」だったようですね。

一撃で沈んだ男の子を見て「なんだ・・・たいしたことねぇじゃん」と呟くのでした。

東京リベンジャーズ263話ネタバレ考察|泣かない理由

マイキーは病院で嬉々としてその話をします。

その話を聞いているのは、「マイキーの母親」。

「万次郎は強いわね」と微笑む母親は、仲間思いであった頃のマイキーによく似ていました。

「お父さんにそっくり」と楽しそうに自分の話を聞いてくれる母親との面会が何よりの楽しみだったとマイキーは語ります。

そんな夏のある日。

週に1度の面会に来ていたマイキーが母親に問いかけます。

みんな負けるとすぐに泣くんだ

「子供はすぐ泣くものよ?」と当たり前のようにマイキーに答えますが、マイキーは「父ちゃんもすぐ泣いた?」と聞き返します。

マイキーの母親は、お父さんの話をする時だけ「いつもとは違う笑顔」を見せていたそうです。

その顔を見て、マイキーは「母ちゃんは父ちゃんが好きなんだな」と嬉しそうに話し、無垢な笑顔を向けるのでした。

東京リベンジャーズ263話ネタバレ考察|最後の涙

ある冬の日。

マイキーの兄、真一郎が慌ただしく走り込んできます。

母ちゃんが危篤だって!!

そう言う真一郎の顔は強ばっており、急いで病院へ向かう一同。

マイキーは「最後の会話」になるかもしれないと、母親と思う存分話します。

話す内容はいつもと同じ。

オレは泣かないよ。だから母ちゃん、オレが守るからさ帰ってきてよ」と静かに無理だと分かっている願いをするマイキー。

そんなマイキーに、母親は「泣かないから強いんじゃないの」と”本当の強さ“について話します。

マイキーも赤ちゃんの頃は泣き虫だったと話す母親は、マイキーの事を「天使」と呼びながら涙をながしていました。

それから3日後、母親は亡くなってしまいます。

それからです。

マイキーが「涙」に敏感になり、「弱い奴はすぐ泣く」事に固執し始めたのは・・・。

東京リベンジャーズ263話ネタバレ考察|運命の出会い

年上の中学生に喧嘩を売られた時も、春千夜の口を割いた時も「弱い奴はすぐ泣く」と嫌い、春千夜には「笑えよ」と強要したのでした。

それから場地と春千夜と共に歩く日々が続きます。

そんな時、カツアゲに会いそうだった小学生を同じ小学4年の少年が助けたという噂を聞きます。

「カッケェじゃん」と興味を示すマイキー。

その少年は「こめかみにドラゴンのタトゥーを彫っている」という特徴と「ドラケン」という名前が広がっていました。

そんなある日、マイキーはドラケンとの「運命の出会い」を果たしたのでした。

第264話へ続きます!

東京リベンジャーズネタバレ考察|263話感想まとめ!

今回は、「東京リベンジャーズ」第263話のあらすじをまとめて紹介しました。

前回の続きから描かれ、マイキーとタケミチの戦いが始まると思いきや、突然始まった「マイキーの過去」。

そこには、マイキーが弱音を吐かない理由や春千夜に強要した「笑えよ」の真意が描かれていました。

春千夜は、この時どう考えたのでしょうか?

そして、これからどのようにマイキーは堕ちていくのでしょうか?

次回も必見です!

すべてのアニメやマンガ見放題
ワンピース、キングダム、呪術廻戦などを無料で楽しむ方法

ワンピース、キングダム、呪術廻戦などのアニメやマンガを楽しむならU-NEXTがおすすめです!

今だけ31日間の無料トライアルがあるので、ワンピース、キングダム、呪術廻戦などが見放題です!

初回特典でU-NEXTで「600ポイント」が無料でもらえるので、漫画1冊無料で見ることができますよ!

U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

\無料キャンペーンあり/

U-NEXT公式ページ

31日間無料トライアル

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。