進撃の巨人

進撃の巨人アニメ総集編第6夜は12月12日(日)深夜放送!フロックの「シー」を見逃すな

10月から始まったFinalSeason2へ向けてのアニメ総集編も、とうとう最終回となる第6夜となりました。

タイトルが「未来の選択」となっており、これはけっこう深いタイトルとなっていますよね。

おそらくガビやピーク、イェレナ達の選択を指して表しているのでしょうが、どちらかと言うとこれは来年から放送するFinalSeason2に向けたタイトルではないかと感じます。

「エレンの未来の選択」という意味な気がしてしょうがないですよ。

さて、そんな総集編第6夜「未来の選択」とは、どのような内容となっているのでしょうか?

ざっくりとまとめました。

見てみましょう!

進撃の巨人アニメ総集編第6夜「未来の選択」情報まとめ

  • 放送日程:12月12日(月)午前0:05よりNHK総合にて
  • 相応回:アニメ4期第68話「義勇兵」から75話「天地」まで
  • 原作相応回:原作26巻第106話から29巻116話まで

5日(深夜)の第5夜では「鬼滅の刃遊郭編」と重なり、困った録画組も多かったのではないでしょうか?

鬼滅アニメが初回1時間放送となり第5夜と重なり、録画組で両方見たいアースは非常に困り鬼滅を見逃し配信で見る事になってしまいました(汗)

しかし次の第6夜では重ならないので、両方録画予約できて嬉しいです!(^^)

さて、そんな第6夜はパラディ島に帰島したアルミンのアニ参りシーンから始まるであろうと思われます。

そして、「パラディの3年間」が登場する流れになるはずです。

イェレナ・オニャンコポンが登場し、キヨミ様も登場。

ここで登場する夕日シーンは、要チェックですね!(^^)

そしてエレンとジークの動きが物語の中心となっていく「イェーガー編」へと向かっていくでしょう。

この辺り、どのようにまとめてくるのか注目ですね!

印象深く残っているのがアニメ70話「偽り者」アニメ71話「導く者」タイトルが逆だったところですね。

アニメ70話の内容は原作109話「導く者」なのにタイトルを「偽り者」とし、アニメ71話は「偽り者」の内容なのにタイトルを「導く者」となっていました。

ここ、かなり意味深な改変だなと感じて今でも覚えています。

総集編には関係は無いでしょうが、そのような改変もしてくるMAPPAさんなので、総集編のまとめ方も注目ですよね!

とりあえずは、絶対カットされないであろうフロックの「シー」が見られるのを楽しみにしています(笑)

12月12日は、「進撃」と「鬼滅」両方要チェックですよ!\(^o^)/


進撃の巨人アニメ総集編第6夜「未来の選択」感想と考察!

予定通り、総集編第6夜が12日深夜に放送されました。

まず、観た直後の感想を一言…

「フロックのシーは、カットするんかい!」

あの名シーンをカットするとは、MAPPA編集は何を基準で編集しているのか…(汗)

そう思いながら観ましたが、それ以上の名場面はキチンと入れ込まれていました。

104期生達の夕日シーン。

エレン・ミカサ・アルミン・ガビの4者会談。

ジークとクサヴァーさんのキャッチボール。

ピークちゃんの「そこ」。

フロックの「シー」こそ無かったですが、もう本当にキッチリと見逃してはいけない名場面が盛り込まれていました。

特にピークちゃんのシーンは、良かったですね~。

このように見直すと、ピークちゃんの作画と沼倉愛美さんの演技がどれだけ素晴らしいかが良く分かります。

そしてアニメオリジナル伏線もキッチリと盛り込まれていました。

原作勢には分かる、羊の意味(笑)

そして難解な展開を上手くまとめ、ここから見始める人達にも内容が分かるように編集されているな、と感じました。

ポイントポイントでキチンと年数が表示されているのにも、感心しましたよ。

現在の時系列で854年と書かれたり、キヨミ様来訪の時に「マーレ襲撃から2年前」と書かれていたり…

この辺りが特に来年から見始める人達にも分かりやすいだろうな、と思いました。

さらに最後の予告で「ミカサはどうしたいの?」というセリフが追加されていましたね。

ここ、本当に最高ですよね!

最終話を迎えるFinalSeason2らしい、PVになっていると感じました。

それでは最後に、今回登場した「進撃のトリビア」について考察していきましょう!

第6夜進撃のトリビア

地鳴らしと不戦の契り

約100年前の145代フリッツ王によって誕生した「地鳴らし」と「不戦の契り」。

王家血統しか本領を発揮できない「始祖の巨人」が、王家血統者が継承したら本領を発揮できなくする「不戦の契り」。

パラディ島の壁の巨人を始祖の巨人の力で動かし、世界を平らにしてしまう「地鳴らし」。

この辺りはFinalSeason2では、メインテーマになってくるポイントですよね!

ここで取り上げてくるのはさすがだと感じました。

要チェックポイントです!

獣の巨人ジークの特別な力

ジークの脊髄液を取り込んだエルディア人を、叫びで巨人化し操る事ができるジークの能力。

ここも大事なポイントですが、ジークがフリッツ王家血統者だからとアニメでも明らかになっているのにそこを指摘しないことに違和感を覚えました。

最後に「その能力はコルトに継承されるかは分かっていない」というのも…

継承されないのは、分かっていますよね(笑)

だって、コルトは王家血統ではないですから。

ここ、ちょっと謎なトリビアでした。

しかし、全体としてはストーリーが分かりやすくまとめられていました。

来年からのFinalSeason2が、本当に楽しみになりましたよね!

今一度最後のアニメ放送に「心臓を捧げよ!」\(^o^)/

進撃の巨人アニメ総集編第5夜は12月5日(日)深夜放送!進み続けた者にしか分からないエレン見逃すな!1月9日深夜より放送のFinalSeason2に向けたアニメ総集編。 12月5日放送の第5夜は、とうとうFinalSeason1の...
進撃の巨人アニメ総集編第1夜は10月24日深夜放送!あらすじ感想解説10月24日深夜24時05分より放送の「進撃の巨人」アニメ総集編第1夜。 5本にまとめられ放送される総集編は、リヴァイ・アニ・ミカ...
進撃の巨人アニメ最終回は2022年1月9日(日)深夜から放送!ファイナルシーズン4を徹底解説 2021年4月に原作最終回を迎え、その物語に幕を降ろした進撃の巨人。 しかしアニメは2020年12月から2021年3月まで...
進撃の巨人全シーズンのストーリー解説&重要キャラクターまとめ【伏線考察あり】進撃の巨人には二つの物語がある。 5年以上前に考察サイトを始めた当時、良く使っていた言葉でした。 その二つの物語を詳...

POSTED COMMENT

  1. 巴里の恋人@アース調査兵団分隊長 より:

    団長殿、いつも更新お疲れ様です。

    フロック最大の見せ場とも言える「シー」はカットでしたね。
    ただ、107話から116話までを1時間枠に凝縮すると、どうしても森の中で迷子になったファルコとガビ、そしてジークのエルディア人安楽死計画に至った経緯は避けて通れないテーマなのだとも感じました。

    エレンの真意を測り取る事が出来ずに、間に挟まれて苦悩するハンジさんをはじめミカサやアルミンの心情が実によくまとめられていましたね。
    ジークがエルディア人の安楽死を計画した事は、悲劇の歴史を繰り返さない為にはああするしかなかったのだと、今なら理解出来なくもないと思える自分がいます。

    そんな中、自分の心に一番突き刺さったのは、やっぱりあの夕陽のシーンでした。
    あれはfinal seasonの中でも屈指の美しい名場面だと思います。

    エレンは苦楽を共にした104期生の仲間達が、他の誰よりも一番大事だったんですよね。
    あの場面が掲載された当時、エレンの言葉を疑心暗鬼で聞いていた自分が恥ずかしいです。

    • >あの場面が掲載された当時、エレンの言葉を疑心暗鬼で聞いていた
      どうしても考察上そのように考えなければいけないところがあるので、アースもそうでした(汗)
      もしくは、後のイェレナとの密会で何かあったのか、とか。
      ただ今見直すと仰る通り、素直に美しいシーンですよね!
      完結後だから改めて素直に受け取れるシーンになったのかなと。
      これからのFINAL2でも、そのような目線で見直せるかもですね(^^)

      管理人アース

  2. コダヌキオタヌ より:

     失礼致します。コダヌキでございます。

     記事作成お疲れ様です。

     さて総集編第6夜ですが・・・

     >「フロックのシーは、カットするんかい!」
     確かに・・・。お労しやアース団長・・・。
     小野賢章さんの演技力がこれでもかと発揮された名場面なのに(泣)。
     先日テレビで【ハリーポッター】をチラリと観ました。ハリーを演じた小野さん
    は、物凄い努力をなさって現在の演技力を身に付けられたのでしょう。変声期前と
    いう事を除いても、ハリーとフロックを同じ人物が演じたとは思えない程です。フ
    ロックが只の悪役で終わらないのは小野さんのお陰ですね。

     【鬼滅の刃】も総集編第5夜の直前に終盤を少しですが観ました。
     何と言うか、あの背景に度肝を抜かれました。建築物も美しいですが、自然の景
    色はまるで実写です。

     失礼致しました。

     

     

    • >【鬼滅の刃】も総集編第5夜の直前に終盤を少しですが観ました。
      鬼滅のクオリティもハンパないですよね!間違いなく神作だと感じています。
      原作での遊郭編はそれほど好みな話では無かったのですが、アニメではむっちゃ楽しんでいます(笑)

      管理人アース

  3. ユミル・イェーガー より:

    団長 記事更新お疲れ様です!

    >「エレンの未来の選択」という意味な気がしてしょうがない

    同感です。。。。。

    このタイトル『(エレンの)未来の選択』・・・

    原作でも是非使って欲しかった。

    そして、ソコをもっともっと深く深く描いて欲しかったです。

    アニオリ神改変を大いに期待!!!!

    • >このタイトル『(エレンの)未来の選択』・・・
      原作でも是非使って欲しかった

      これ使うとなると最終話になりそうですよね。
      最終話にこのタイトル…それもありかもですね!
      アニメで使ってほしいですよ(^^)

      管理人アース

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

error: このコンテンツのコピーは禁止されています