ワンピース

ワンピース1056話ネタバレ【最新】とうとうワノ国最終面!バギー四皇入りの理由が明らかに?

ワンピースネタバレ1056話
アース
アース
週刊少年ジャンプ」ワンピース1056話のあらすじ内容と考察です!

前回、モモの助率いるワノ国の侍達とシャンクスのお陰で緑牛を追い返しました。

再びワノ国に平穏が戻る中、「古代兵器プルトン」の詳細やワノ国の成り立ちについて語た回になりました。

これからは、ルフィ達の次の目的地や「革命軍」の動き、外海で何が起こっていたのかが明らかとなりそうですね!

それでは詳しく見ていきましょう。

ワンピースネタバレ1055話
ワンピース1055話ネタバレ【最新】緑牛を止めるのは、シャンクス!麦わらの一味に宣戦布告? 前回、ワノ国の侍達と対峙した緑牛。 その能力はまさかの「自然(ロギア)系"モリモリの実」の能力者で、緑牛曰く「ロギアそのも...

目次はこちら

ワンピース1056話ネタバレ予想考察

今週明らかになりそうな「古代兵器プルトン」の正体。

サボ達「革命軍」の動向。

バギー達外海の動きの解説などに注目する話になりそうですね!

ワンピース1056話ネタバレ考察|カイドウとビック・マムが行き着いた先に「古代兵器プルトン」が?

キッドとロー、そしてルフィによって地中深くのマグマへ落ちて行ったカイドウとビック・マム。

マグマ溜まりまで落ちて行ったところを見ると、前回ロビン達が下りて行った「旧ワノ国」より下だと思われます。

そして、スキヤキから話された「旧ワノ国」の下に眠っていると言われる「古代兵器プルトン」。

カイドウとビック・マムが落ちて行った場所から「古代兵器プルトン」の在り処までたどり着く事ができる可能性があります。

ですが、カイドウもビック・マムも瀕死の状態で落ちていきました。

カイドウ達が辿り着いたところで何もできないでしょうが、「プルトンの正体」が明らかになるかもしれませんね!

ワンピース1056話ネタバレ考察|麦わらの一味は出発の準備へ

無事に緑牛を追い払ったワノ国。

このままいくと、麦わらの一味はヤマトを正式に迎えて出航の準備を整えていく流れですよね。

出航の準備期間でチョッパーの手によってカイドウ達やモモの助が持っている「タフすぎる身体」の正体も突き止められそうですね!

ワンピース1056話ネタバレ考察|革命軍にスポットが当たる?

ワノ国がひと段落ついたところで、ルフィ達は少しフェードアウト。

次回から「革命軍」にフォーカスが当たると考えています。

サボによるネフェルタリ・コブラ殺害

ネフェルタリ・ビビ失踪

チャルロス聖殺人未遂

現状この3つの大事件の全容が見えそうで全く分からない状態です。

なので、少しづつこの大事件と革命軍が関わってくるのではないでしょうか?

そして、ルフィ達の下へ事件の詳細が届く頃、サボ達の動向でルフィ達の「これから」が決まりそうですね!



ワンピース1056話ネタバレ考察|第4の「覇気」の存在

緑牛をシャンクスが止めた時、とてつもない「覇王色の覇気」が飛ばされました。

それと同時に「キイィィィン」という効果音と共にシャンクスの思念も飛ばされたのです。

それを感じ取って緑牛はシャンクスと会話している様でした。

ルフィ達も「覇王色の覇気」は感じ取っていましたが、緑牛へのテレパシーは感じ取れていない感じでしたね。

これは、「第4の覇気」につながる伏線なのではないでしょうか?

見聞色の覇気や武装色の覇気など、これまで登場している覇気は「受け」に近い覇気ですよね。

覇王色の覇気だけ、他者へ気迫を飛ばす「送り」の覇気でした。

シャンクスが使用したテレパシーのような覇気は「送り」の覇気で、見聞色の覇気と似て非なる「第4の覇気」ではないでしょうか?

ワンピース1056話ネタバレ考察|麦わらの一味が「ビビ救出」に向かう先は?

少し先になると思うのですが、麦わらの一味は確実に「ビビ救出」に向かうと考えられます。

その向かう先と言うのが、「海賊島ハチノス」もしくは「旧ゴッド・バレー島」ではないでしょうか?

ゴッド・バレー島があった場所は現在は跡形も無く消し去られていると考えられます。

なのに、なぜルフィ達がそこに向かうかと言うと、理由は「黒ひげ海賊団」。

聖地マリージョアにいたのにも関わらず、痕跡を一切残さずに失踪したビビ。

それを可能にするのが“ゲッコー・モリア”の「カゲカゲの実」の能力ですね!

カゲカゲの実の能力でビビを誘拐。

ロックスが引き起こした「ゴッド・バレー事件」を再現しようと企んでいるのではないかと考えています。

そんな黒ひげことマーシャル・D・ティーチに立ち位置は違いますが、ルフィとサボが共闘して戦うのではないでしょうか?



ワンピ―ス1056話ネタバレ【最新確定】

第1056話の情報が確定しましたので、あらすじをまとめて紹介します!

ワンピース1056話ネタバレ考察|ミイラになってしまった雷ぞうとしのぶ

緑牛の攻撃で、水分を抜かれて萎れてしまった雷ぞうとしのぶ。

忍者2人は見るも無惨な姿になっていました。

そんな大事件が起こっていたとはいざ知らず、「九里」でイゾウ達を弔っていた錦えもんは深く頭を下げます。

錦えもんに「モモの助様の活躍もあって大丈夫だった」と話す赤鞘達。

錦えもんは、ついでに嫁のお鶴の所に行って来た事を話、破顔させながらのろけ話を語っていました。

その時に、雷ぞうがポツリと「モテたい・・・」と呟いたのを、イヌアラシが早く治せと咎めます。

意外と元気そうですね!

ワンピース1056話ネタバレ考察|次代のモコモ公国の”王”

そんなやり取りをしている所に来たのはミンク族のキャロット。

キャロットを見つけたイヌアラシとネコマムシは、唐突に「モコモ公国の王になれ」と提案します。

唐突な提案にキャロットは、「王様!?いいよ!」と即答しますが、すぐさま訂正。

「自分より強い人なんていっぱいいる」と反論しますが、三銃士は国の守護は我らの仕事とキャロットに言い聞かせます。

なんと言ってもキャロットには、”ペドロの意思”が受け継がれているとミンク族の皆はキャロットを推し、キャロットが次代の王になったのでした。

ワンピース1056話ネタバレ考察|事情を話すスキヤキ

次に明かされたのが、スキヤキの正体。

親族であるモモの助と日和には正体を明かしたスキヤキ。

家臣である、河松と菊之丞は察していた中、錦えもんは心の中で大驚愕。

正体を知り、心臓が飛び出る思いをしていました。

ですが、策士と呼ばれる錦えもん。

心の声を顔に出さずに、「生きていて頂けるだけで”力”でござる!」ともっとも良い言葉をかけたのでした。

ワンピース1056話ネタバレ考察|プルトン

その頃麦わらの一味は、ロビンが得た情報を共有していました。

「ワノ国の地下深くに”古代兵器プルトン”がある」

ロビンはルフィに「プルトンを復活させるか」を聞きますが、ルフィは「いらない」と即答します。

ルフィがそう答える事はロビンは想定していましたが、ロビンが理解できないのはそこではありません。

ロビンが理解できないのは”光月おでんがプルトンの復活を求めていたこと”。

その事について、分かる時が来るのでしょうか?

その事実や考えが分かる時は、きっと「ワンピースの根源を知る」時なのでしょうね!

ワンピース1056話ネタバレ考察|ルフィ達出発!

宴も落ち着き、ワノ国がどんどんと復興のムードに差し掛かって行く中、モモの助は「将軍」と呼ばれて少し不慣れ感が・・・。

そんな将軍モモの助が、逃げる様にゾロに剣術を教えて貰いにいきました。

ですが、いつもルフィ達がいた空間には誰もいませんでした。

モモの助は慌ててみんなを探します。

城のどこを探しても麦わらの一味はいません。

三味線を弾いていた日和にモモの助はルフィ達の居場所を聞きます。

日和はルフィ達が今しがた皆に挨拶をして回って出発した事をモモの助に話しました。

ワンピース1056話ネタバレ考察|進路決め

一方、海岸では海賊達が集まっていました。

横並びになった「麦わらの一味」「ハート海賊団」「ユースタス海賊団」。

またここではいざこざが起こっていました。

たまたま出航日が被った3人。

ローは諦めているのですが、ルフィとキッドはいがみ合っていました。

3人は次の進路を決めていました。

ログポースには3つ指針。

ローは冷静に考え、「北東」を選び、ルフィとキッドは何も考えずに「真ん中(東)」を選びます。

結果、「北東」を選んだローが1番最初に行先を決め、ルフィとキッドはくじ引きで決めることに。

くじ引きの結果は、ルフィが負けてキッドが「東」、ルフィは「南東」へ向かう事になりました!

その時、ルフィはキッドに「四皇になったのにくじ引きは負けた」と煽るのでした。

ワンピース1056話ネタバレ考察|「四皇」バギー

「四皇」と言えば、ルフィと共に「四皇」と呼ばれだした男がいます。

それは「バギー」。

シャンクスと海賊見習いとしてロジャー海賊団に乗船していました。

ですが、その実力はシャンクスには遠く及ばず、覇気を習得しているのかも微妙なレベル。

なぜ、そんなバギーが「四皇」と呼ばれる様になったのかは、バギーが運営している会社に隠されていました。

バギーの会社の幹部として、まさかの「クロコダイル」と「鷹の目のミホーク」が描かれていたのです!

ルフィも驚いたのですが、もっと疑問を抱いたのはゾロ。

「鷹の目に限ってそれはありえない」と断言していました。

仮に、「元王下七武海」であるクロコダイルとミホークを従えていると言うのであれば、「四皇」と呼ばれるのも納得がいきますね!

ワンピース1056話ネタバレ考察|”火の傷”の男

出航の時が差し迫っていた時に、ローはキッドに大きな紙を渡します。

それは、「ロード・ポーネグリフの写し」でした!

共にビック・マムを討った同士なので、ローは抜けがけせずに、「キッドもそれを受け取る資格がある」と渡したのです。

キラーはそれを見て、本格的に参戦するなら、ラフテルの情報収集に本腰を入れなければならないと指摘します。

キッドはキラーの指摘に、「”火の傷”の男を探せってのか?」とアテがない事に時間を割くのが嫌いな様子。

ルフィはキッドの”火の傷”の男に疑問が湧き、キッドに聞きますが、教えてくれません。

ロビンも「?」と疑問に思っていたのですが、ローは何だか意味深な雰囲気で描かれていました。

ローはこの”火の傷”の男を知っているのかも知れませんね!

ワンピース1056話ネタバレ考察|ヤマト出発!

城のあらゆる場所を探し回っているモモの助と錦えもん。

ルフィ達を呼ぶ中、ヤマトの名前も呼びながら探していました。

そんなモモの助の呼び声にヤマトは「僕はここだよー!」と返事をし、ヤマトはいつもの屋上で考えをまとめていたのでした。

「さて!!決めたぞ!!ルフィ達の所へ行くか!!」

「僕は!!!光月おでんの様に生きる!!!」

第1057話へ続きます!

ワンピースネタバレ考察|1056話感想まとめ

今回は「ワンピース」第1056話のあらすじをまとめて紹介しました!

いよいよ出航の時!

ヤマトの言う「おでんの様に生きる」とは、どう言った生き方なのでしょうか?

ルフィ達の仲間に入るのでしょうか?

ここまで引っ張られると、少し不安になってきますね。

さらに「古代兵器プルトン」の話を盗み聞きしていたカリブー。

カリブーの言う”あの人”とは一体誰なのでしょうか?

カイドウという説もあったのですが、今となってはその可能性もゼロです。

カイドウよりもっと上の存在なのでしょうね。

もしかすると、「イム様」かもしれません!

ワンピース1056話ネタバレ考察|ワノ国編で残っている伏線

ワノ国編が終結に向かっている中、まだ回収されていない伏線が存在しています。

1055話で回収されるかもしれない伏線や、これから終盤になるまで回収されない伏線もあると思いますので、確認しておきましょう!

更に、その伏線がどのように繋がっていくのかを考察していきます。

ワンピース1056話ネタバレ考察|ワノ国で作り続けられていた武器

カイドウとオロチによって作り続けられていた「大量の武器」はこれからどうするのでしょうか?

「最終決戦」では、侍たちは刀を使っていましたし、百獣海賊団の兵士たちも剣や銃を使っていました。

これまでも見たことがあるものばかりで、これといって特別な武器はビックマムと共に落ちて行った「鬼ヶ島をも破壊する爆弾」くらいです。

カイドウとオロチが堕ちた今でも、ワノ国には“ワノ国の職人”が作った「大量の武器」があると思われます。

これらは、これから“世界政府”という強大な力に対抗するために使うのだと考えられますね!

ワンピース1056話ネタバレ考察|忘れていた「カリブー」

みなさん、ワノ国編には「カリブー」という男がいたのを忘れてはいないでしょうか?

自然系でも“最強種”の一角とされる「ヌマヌマの実」の能力者である、“濡れ髪のカリブー”。

底なし沼人間であるカリブーが裏で暗躍し、先ほど話した「大量の武器」を身体の中に入れることも予想できます。

そして、カリブーが言っていた「あの方」に届けるという可能性が高いですよね!



ワンピース1056話ネタバレ考察|ビックマムの発言と各大名の名前の謎

ワノ国編が始まり、大名の名前を目にすることは多々ありました。

ですが、その中でもスポットが当たっていたのは「光月」・「黒炭」・「霜月」の3家のみ。

トキ様が登場した時に一瞬「天月」に触れたくらいで、他の「雨月」・「風月」には一切登場していませんよね。

名前が出ていない大剣豪の内2人が「雨月」と「風月」だと考えられますが、定かではありません。

それに、「黒炭」以外の全ての大名家に「月」の文字が入っている事にも違和感を感じます。

これは、ビックマムが地中に落ちていく際に放った言葉「どこにある?何がある?この国にもあるんだろ?」に繋がってくると思われます。

光月家をはじめとした“将軍・大名家”の名前は「ワノ国にある“ひとつなぎの大秘宝”にまつわる何か」に繋がって来そうな予感ですね!



ワンピース1056話ネタバレ考察|ワノ国編後の展開予想!

多くの伏線や重要点が散りばめられたワノ国編でしたが、これから先の物語はどのようになっていくのでしょうか?

大盛り上がりしたワノ国編を超えるエピソードとなるのか期待が膨らみますね!

ここからは、ワノ国編以降の展開について考察していきます。

ワンピース1056話ネタバレ考察|大宴会が終わった後は「世界政府編」?

ルフィが「最終決戦」前に話していた「これが終わったら今までで1番大きな宴をしよう!」というセリフ。

この事から、過去最大級の大宴会が行われることは間違いありませんよね!

ワノ国編のエピローグである大宴会が終わった後は、どのような展開になっていくのでしょうか?

これからルフィたちが向かう先はどこになるのでしょうか?

まず、考えられるのが、ワノ国編で“麦わらの一味”に深く関わってきた“世界政府”に直接喧嘩を売りに行く展開。

いわゆる「世界政府編」がスタートするかもしれません。

喧嘩を売りにいかずとも、世界政府によって巻き起こされる重大な事件に巻き込まれる可能性も高いです。

「ヒトヒトの実 幻獣種 モデル“ニカ”」の悪魔の実が“覚醒”したことによって、世界政府は強硬手段に出るかもしれませんね!



ワンピース1056話ネタバレ考察|次の目的地は「エルバフ」?

続いて、必ず“麦わらの一味”が訪れる島「エルバフ」に向かう展開を考えます。

新世界に入り、「パンクハザード」・「ドレスローザ」・「ゾウ」・「ホールケーキアイランド」・「ワノ国」と冒険してきました。

そこそこな航海をしている様にも見えますが、「エルバフ」には巨人族の村よりも大きなそびえ立つ壁が存在します。

これがもし「赤い土の大地」なら、さすがに早すぎますよね。

別の説で言うと「宝樹アダム」でも登場するには早い気もします。

なので、「エルバフ」に行くのはもう少し先になるのではないでしょうか?

ワンピース1056話ネタバレ考察|再び「空島」へ?

“麦わらの一味”が次に向かう先として「空島」という可能性もあります。

空島には、多くの伏線や謎が残されています。

「“ビルカ”という島がエネルの雷によって消滅した」とされており、同じ名前である「月の古代都市“ビルカ”」への繋がりもあります。

「月」と深く関係しているワノ国に続き、「古代兵器」の謎に迫るべく、空島に赴き、エネルと再対面を果たす展開になると熱すぎますよね!



ワンピース1056話ネタバレ考察|CP-0の謎の行動について

ワノ国編終盤でCP-0が取った不可解な行動。

ドレークの「おれの正義だ」という言葉に「うらやましいよ」と呟いたり、瀕死のルフィを前に鬼ヶ島を後にしたりしています。

五老星からの勅命であるはずの「ルフィの抹殺」。

それを放棄して、ワノ国を去る理由が見つかりません。

これは「CP-0エージェントの中でも、世界政府に反発する者がいる」ことの裏付けではないでしょうか。

来たる「vs.世界政府」の時には、世界政府直轄の“海軍大将”や“サイファーポール”が相手になります。

“麦わら大船団”だけでは黄猿や藤虎、ルッチやカクを相手にするのは厳しい戦いになりそうですよね。

そこで起こるのが「CP-0の反乱」。

一部のエージェントが反乱を起こし、戦力を削いでくれるのではないかと予想しております。

トップエージェントなら、数人がかりで“海軍大将”を止めることができると思われますし、とてつもなく強力な助っ人ですね!

1056話の内容が確定し次第、追記して参ります。

ワンピースネタバレ
ワンピースネタバレ考察!全ストーリーあらすじと重要伏線、簡単まとめ解説!ワンピースネタバレ考察...
すべてのアニメやマンガ見放題
ワンピース、キングダム、呪術廻戦などを無料で楽しむ方法

ワンピース、キングダム、呪術廻戦などのアニメやマンガを楽しむならU-NEXTがおすすめです!

今だけ31日間の無料トライアルがあるので、ワンピース、キングダム、呪術廻戦などが見放題です!

初回特典でU-NEXTで「600ポイント」が無料でもらえるので、漫画1冊無料で見ることができますよ!

U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

\無料キャンペーンあり/

U-NEXT公式ページ

31日間無料トライアル

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。