ワンピース

【ワンピース1055話ネタバレ】緑牛を止めるのは、シャンクス!麦わらの一味に宣戦布告?

ワンピースネタバレ1055話
アース
アース
週刊少年ジャンプ」ワンピース1055話のあらすじ内容と考察です!

前回、ワノ国の侍達と対峙した緑牛。

その能力はまさかの「自然(ロギア)系”モリモリの実」の能力者で、緑牛曰く「ロギアそのもの」。

樹木や花々を咲かせながら、森を展開して、捕縛した人物の水分や養分を奪っています。

回避不可避。

捕縛後即死。

どう見ても「最強種の一角」である能力の前に、侍達は対抗できるのでしょうか?

そして、サボの行動の真意と各事件の謎についても注目していきたいですね!

第1055話へ続きます。

ワンピースネタバレ1054話
【ワンピース1054話ネタバレ】"緑牛"がワノ国再建のカギになる!? 前回、圧倒的な強さを見せつけた海軍大将"緑牛"。 そんな"緑牛"はゆっくりと歩みを進めながら、ルフィらが行っている大宴会の...

目次はこちら

ワンピース1055話ネタバレ予想考察

カイドウとビック・マムの陥落で救われたワノ国の民。

宴の最中に、招かれざる客である緑牛が登場しました。

ルフィ達の下へ行かせまいと、侍達は奮闘しますが、相手は海軍大将。

勢いは止まりませんでした。

そんなワノ国には、もう1組客が来ていました。

その客とは、シャンクス率いる「赤髪海賊団」。

ルフィとシャンクスの再会かと思いきや、シャンクスは「ルフィには会わない」と決断したのです。

ならどうして「赤髪海賊団」はワノ国に来たのでしょうか?

サボ達革命軍の動向にも目を傾けていきましょう!

ワンピース1055話ネタバレ考察|緑牛を止めるのはシャンクス?

侍達である「赤鞘九人男」でもなかなかモリモリの実の包囲網を突破できずにいました。

相手はやはり海軍大将。

ヤマトを込みで考えても、なかなか勝てるイメーシが湧きません。

そこで、対等以上に戦える人物と言えば誰でしょう?

それは、ワノ国近海へ来ていた「“赤髪”のシャンクス」です。

「四皇」と「海軍大将」の戦いも面白そうですね!

ワンピース1055話ネタバレ考察|シャンクスは麦わらの一味に宣戦布告をしに来た

シャンクスがワノ国に来た理由。

それは、2つの可能性が考えられます。

ここでは、まず1つの可能性を考えて行きます!

シャンクスは前回、ルフィに会わない理由は「赤髪の海賊旗」を燃やして、「麦わらの海賊旗」に替えた人物がいました。

そうです!バルトロメオです。

その落とし前もつけていないのに面向かって再会は、シャンクスの威厳に関わります。

なので、ここは「再会」では無く「宣戦布告」として、モモの助達に手紙を渡すのではないでしょうか?

そうすると、次の相手は「赤髪海賊団」ということになりそうです。



ワンピース1055話ネタバレ考察|「古代兵器プルトン」がある場所とは

シャンクスがワノ国に来た理由。

2つ目の可能性としては、「古代兵器プルトン」の入手ですね。

シャンクスは、ロジャーの船に乗り、上陸はしていないものの「ラフテル」へ到達しています。

なので、道中「古代兵器」の重要性などは把握していると考えられるのです。

ということは、ワノ国に「古代兵器プルトン」がある事も分かっているでしょう。

そして、前回の「取りに行こうか”ひとつなぎの大秘宝”」というセリフから、残った後1つのロード・ポーネグリフはシャンクスが所持していると考えられます。

カイドウ、ビック・マムが保有していたロード・ポーネグリフと「古代兵器プルトン」。

その2つがシャンクスの目的なのかも知れませんね!

ワンピース1055話ネタバレ考察|これからの革命軍はどう動く?

さて、前回世界中の注目の的となっていた「革命軍」。

サボや他の幹部達の存命なのは確認でき、バーソロミュー・くまも救出できたと話されていました。

ですが、肝心の本人達の動向が分からないのです。

そして、「サボによるコブラ殺害」。

革命軍が関与していると思われる「ビビ失踪」。

この辺りの事件が、次回どのように絡んで来るのかに注目があつまるでしょうね!



ワンピ―ス1055話ネタバレ【最新確定】

第1055話の情報が確定しましたので、あらすじをまとめて紹介します!

ワンピース1055話ネタバレ考察|侍vs緑牛

前回に引き続き、侍達が緑牛を食い止めている場面から始まります。

モモの助は緑牛に巻き付かれて捕まっていました。

そんな状態で、モモの助はヤマトに「戦ってはならぬ」と未だに引き止めているのでした。

ヤマトは意味が分からず、モモの助に説明を求めます。

そんな状況を緑牛は知ったこっちゃないと言わんばかりに攻撃を続けるのでした。

ワンピース1055話ネタバレ考察|戦ってはいけない理由

雷ぞうが「マキマキの実」の能力で巻物に封印していた”炎”を解放し、緑牛に火をつけます。

木や森は”火で燃える”事から、雷ぞうは弱点と考えたのですね!

「グァアア〜!!」と悲鳴を上げる緑牛。

効いたかと思ったのですが、緑牛はすぐに「なんつって・・・」と、ちゃんと行っていた”炎対策”で防火するのでした。

雷ぞうは緑牛の根に突き刺され、干からびてしまいます。

斬っても斬っても生えてくる緑牛の森に苦戦する一同。

ヤマトは余計に「戦ってはいけない理由」が分からないのでした。



ワンピース1055話ネタバレ考察|城内地下の「その下」

場面は変わってロビンとスキヤキが話していた「スキヤキの秘密部屋」の「その下」。

長い長い階段を降りているロビン・スキヤキ・ロー。

スキヤキはカイドウにもオロチにもこの階段を教えていないとの事でした。

教えていませんでしたが、ポーネグリフ自体はすぐに見つかってしまいます。

その理由は、”大看板”ジャックが「魚人族」だったため。

なぜ魚人族だから見つかってしまったのかをロビンは問いかけます。

スキヤキは「見るのが1番・・・!!」とロビンとローに”はめ込まれたガラスの向こう側“を見るように呼びかけたのでした。

ワンピース1055話ネタバレ考察|ワノ国の成り立ち

ロビンとローが見た”ガラスの向こう側”はすでに海底にたどり着いており、そこにはなぜか「ワノ国」が広がっていたのです。

海底に沈んだ「ワノ国」

なぜそうなったのかですが、それは”現在のワノ国の成り立ち“が関わっているのでした。

それは昔、”海底に沈んだワノ国”が栄えていた時代、突然ワノ国を囲むように高い高い壁ができました。

なぜできたのか分からない壁“が原因で、ワノ国には雨水が溜まり、やがて浸水します。

そんな中、当時の住民は「藤の山」を上り、壁と同じ高さの所に再び国を築いたのです。

それが”現在のワノ国“。

それが現在のワノ国の成り立ちであり、長い長い階段を降りている理由なのでした。



ワンピース1055話ネタバレ考察|ワノ国の開国=プルトン解放

階段を降り続け、旧ワノ国の祭壇へ辿り着いた一同。

そこには、赤いポーネグリフ、「ロード・ポーネグリフ」がありました。

3つ目のロード・ポーネグリフの発見に息を飲むロビン。

更にスキヤキの口から「この更に下に『古代兵器プルトン』が眠っている」事が話されたのでした。

プルトンを取り出すにはワノ国を囲った壁を壊す必要があります。

なので、「ワノ国の開国」とは「古代兵器プルトンを解放する」事を意味していたのです!

ロビンはその事実を知り、おでんはなぜそんな事をしようとしたのかとスキヤキに問います。

ですが、スキヤキもおでんが外海で「何を見て、何を知ったのか」が分からず、答えが出せずにいたのでした。

ワンピース1055話ネタバレ考察|熱息

場面は戻って、侍達vs緑牛。

緑牛は諦めない侍達に「人間ごとき”大自然”には勝てない」と豪語し、カイドウが外海の抑止力となっていたことを話します。

ヤマトは、モモの助にルフィ達を頼ろうと叫びます。

ですが、モモの助はそれを断固拒否。

理由は「旅立つ者に頼っていたら、この先ワノ国を護っていけないから」でした。

モモの助がそんな事まで考えていたとは知らず、ヤマトは少し感動しているようでした。

そんな想いが自身の体に響いたのか、「出てゆけェ!!」と口を開けたら”ピカッ”と光り、「熱線(ボロブレス)」を吐いたのでした。



ワンピース1055話ネタバレ考察|次元が違う「覇王色の覇気」

これには流石の緑牛もダメージを負ったようで、何度も吐き続けた結果、緑牛は丸焼けになったのでした。

燃える緑牛の背後から、芽が生えたのです。

そこから出てくる緑牛。

これからが本気だと言わんばかりに緑牛が身構えたその時。

遠くのほうから、離れていても強烈に感じる程の「覇王色の覇気」を飛ばしてきました。

それを飛ばしたのは、“赤髪”のシャンクス

離れていて、海軍大将が動けなくなる程の覇気。

次元が違いますね・・・!

ワンピース1055話ネタバレ考察|「新時代」

シャンクスは緑牛に向かって「覇気のテレパシー」のようなものを飛ばします。

それで会話が可能となり、シャンクスは緑牛に言います。

海賊の歴史を変えて疲れきった”新緑”達に・・・。そりゃあちょっとヤボじゃないか?

「そんなに恐いか?『新時代』が!!!」

その威圧で、シャンクスは緑牛を退け、再びワノ国に平穏が戻ります。

当然、ルフィ達もこの騒動は知っており、「出番無しか」と笑っていました。

最後の覇気を感じた一同は少し驚いていましたが、ルフィだけが「懐かしい顔が浮かんだ」と満面の笑みを見せていたのでした。

第1056話へ続きます!



ワンピースネタバレ考察|1055話感想まとめ

今回は「ワンピース」第1055話のあらすじをまとめて紹介しました。

「ワノ国開国」=「古代兵器プルトン解放」と大きな伏線が回収されて、また謎が深まった今回。

更に、次元の違いを見せたシャンクスの覇気。

覇気でテレパシーのような事ができていたこと。

多くの謎が出てきた1055話でしたが、ワノ国に再び平穏が戻り、やっと一件落着ですね!

はたしてプルトンとはどんな物なのでしょうか?

そして、プルトンは世界にどんな影響を及ぼすのでしょうか?

これからの展開に注目ですね!



ワンピース1055話ネタバレ考察|ワノ国編で残っている伏線

ワノ国編が終結に向かっている中、まだ回収されていない伏線が存在しています。

1055話で回収されるかもしれない伏線や、これから終盤になるまで回収されない伏線もあると思いますので、確認しておきましょう!

更に、その伏線がどのように繋がっていくのかを考察していきます。

ワンピース1055話ネタバレ考察|ワノ国で作り続けられていた武器

カイドウとオロチによって作り続けられていた「大量の武器」はこれからどうするのでしょうか?

「最終決戦」では、侍たちは刀を使っていましたし、百獣海賊団の兵士たちも剣や銃を使っていました。

これまでも見たことがあるものばかりで、これといって特別な武器はビックマムと共に落ちて行った「鬼ヶ島をも破壊する爆弾」くらいです。

カイドウとオロチが堕ちた今でも、ワノ国には“ワノ国の職人”が作った「大量の武器」があると思われます。

これらは、これから“世界政府”という強大な力に対抗するために使うのだと考えられますね!



ワンピース1055話ネタバレ考察|忘れていた「カリブー」

みなさん、ワノ国編には「カリブー」という男がいたのを忘れてはいないでしょうか?

自然系でも“最強種”の一角とされる「ヌマヌマの実」の能力者である、“濡れ髪のカリブー”。

底なし沼人間であるカリブーが裏で暗躍し、先ほど話した「大量の武器」を身体の中に入れることも予想できます。

そして、カリブーが言っていた「あの方」に届けるという可能性が高いですよね!



ワンピース1055話ネタバレ考察|ビックマムの発言と各大名の名前の謎

ワノ国編が始まり、大名の名前を目にすることは多々ありました。

ですが、その中でもスポットが当たっていたのは「光月」・「黒炭」・「霜月」の3家のみ。

トキ様が登場した時に一瞬「天月」に触れたくらいで、他の「雨月」・「風月」には一切登場していませんよね。

名前が出ていない大剣豪の内2人が「雨月」と「風月」だと考えられますが、定かではありません。

それに、「黒炭」以外の全ての大名家に「月」の文字が入っている事にも違和感を感じます。

これは、ビックマムが地中に落ちていく際に放った言葉「どこにある?何がある?この国にもあるんだろ?」に繋がってくると思われます。

光月家をはじめとした“将軍・大名家”の名前は「ワノ国にある“ひとつなぎの大秘宝”にまつわる何か」に繋がって来そうな予感ですね!



ワンピース1055話ネタバレ考察|ワノ国編後の展開予想!

多くの伏線や重要点が散りばめられたワノ国編でしたが、これから先の物語はどのようになっていくのでしょうか?

大盛り上がりしたワノ国編を超えるエピソードとなるのか期待が膨らみますね!

ここからは、ワノ国編以降の展開について考察していきます。

ワンピース1055話ネタバレ考察|大宴会が終わった後は「世界政府編」?

ルフィが「最終決戦」前に話していた「これが終わったら今までで1番大きな宴をしよう!」というセリフ。

この事から、過去最大級の大宴会が行われることは間違いありませんよね!

ワノ国編のエピローグである大宴会が終わった後は、どのような展開になっていくのでしょうか?

これからルフィたちが向かう先はどこになるのでしょうか?

まず、考えられるのが、ワノ国編で“麦わらの一味”に深く関わってきた“世界政府”に直接喧嘩を売りに行く展開。

いわゆる「世界政府編」がスタートするかもしれません。

喧嘩を売りにいかずとも、世界政府によって巻き起こされる重大な事件に巻き込まれる可能性も高いです。

「ヒトヒトの実 幻獣種 モデル“ニカ”」の悪魔の実が“覚醒”したことによって、世界政府は強硬手段に出るかもしれませんね!



ワンピース1055話ネタバレ考察|次の目的地は「エルバフ」?

続いて、必ず“麦わらの一味”が訪れる島「エルバフ」に向かう展開を考えます。

新世界に入り、「パンクハザード」・「ドレスローザ」・「ゾウ」・「ホールケーキアイランド」・「ワノ国」と冒険してきました。

そこそこな航海をしている様にも見えますが、「エルバフ」には巨人族の村よりも大きなそびえ立つ壁が存在します。

これがもし「赤い土の大地」なら、さすがに早すぎますよね。

別の説で言うと「宝樹アダム」でも登場するには早い気もします。

なので、「エルバフ」に行くのはもう少し先になるのではないでしょうか?



ワンピース1055話ネタバレ考察|再び「空島」へ?

“麦わらの一味”が次に向かう先として「空島」という可能性もあります。

空島には、多くの伏線や謎が残されています。

「“ビルカ”という島がエネルの雷によって消滅した」とされており、同じ名前である「月の古代都市“ビルカ”」への繋がりもあります。

「月」と深く関係しているワノ国に続き、「古代兵器」の謎に迫るべく、空島に赴き、エネルと再対面を果たす展開になると熱すぎますよね!



ワンピース1055話ネタバレ考察|CP-0の謎の行動について

ワノ国編終盤でCP-0が取った不可解な行動。

ドレークの「おれの正義だ」という言葉に「うらやましいよ」と呟いたり、瀕死のルフィを前に鬼ヶ島を後にしたりしています。

五老星からの勅命であるはずの「ルフィの抹殺」。

それを放棄して、ワノ国を去る理由が見つかりません。

これは「CP-0エージェントの中でも、世界政府に反発する者がいる」ことの裏付けではないでしょうか。

来たる「vs.世界政府」の時には、世界政府直轄の“海軍大将”や“サイファーポール”が相手になります。

“麦わら大船団”だけでは黄猿や藤虎、ルッチやカクを相手にするのは厳しい戦いになりそうですよね。

そこで起こるのが「CP-0の反乱」。

一部のエージェントが反乱を起こし、戦力を削いでくれるのではないかと予想しております。

トップエージェントなら、数人がかりで“海軍大将”を止めることができると思われますし、とてつもなく強力な助っ人ですね!

ワンピース1055話ネタバレ考察|ルフィはずっと「ギア5」状態のままなのか?

五老星たちの会話から、「動物(ゾオン)系の悪魔の実には”意思”が宿る」ことが分かっています。

ルフィの「ヒトヒトの実 幻獣種 モデル”ニカ”」にも”ニカの意思”が宿っているのでしょう。

戦闘中もルフィは、訳もわからず「楽しく」なっていました。

もしかすると、ルフィが”ニカの意思”に呑まれるのも時間の問題かも知れませんね!

1055話の内容が確定し次第、追記して参ります。

ワンピースネタバレ考察!全ストーリーあらすじと重要伏線、簡単まとめ解説!ワンピースネタバレ考察...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です