ワンピース

【ワンピース1049話ネタバレ】ついに決着!ルフィが作る「目指すべき世界」とは?

ワンピースネタバレ1049話
アース
アース
こんにちは進撃のアースです
少年ジャンプ23号掲載分ワンピースです。

1049話「目指すべき世界」。

前回では、激しさを増しているルフィvs.カイドウがメインで描かれました。

更に、日和に迫るオロチの魔の手を遮断したのは、鬼ヶ島に突入してから行方をくらましていた「傳ジロー」だしたね!

「修羅場でござる・・・」の一言で、オロチの最後の首を一刀両断する姿はカッコイイとしか言いようがありませんでした。

さて、「火龍」と化したカイドウと「ギア5のルフィ」の強烈な一撃がぶつかり合い、これまでにないほどの覇気が衝突しました。

この戦いはどのような展開になるのでしょうか・・・?

第1049話へ続きます。

ワンピースネタバレ1048話
【ワンピース1048話ネタバレ】姿を消していた「彼」が登場!ルフィvs.カイドウ最終局面へ 1048話「二十年」。 合併号となった前回では、様々な視点から展開が描かれました。 激しさを増す「ルフィvs...

ワンピ―ス1049話ネタバレ【最新確定】

第1049話の情報が明らかとなりましたので、あらすじをまとめて紹介します!

ぶつかる覇気!

今回は、前回に引き続き、「火龍」と化し、超高熱の炎を纏ったカイドウと超巨大化させた拳を振り下ろそうとするルフィから始まりました。

鬼ヶ島上空で、かつてない「覇気のぶつかり合い」を見せるルフィとカイドウ。

触れてしまえば溶けてしまうほどの超高熱のカイドウに対し、ルフィはヒョウ五郎親分から習った「武装色の覇気」の応用である“流桜”で対抗します。

直接触れずに攻撃できる“流桜”を纏っていたのですが、熟練度が低すぎたせいか、カイドウの灼熱の牙がルフィの拳に届きます。

瞬く間に炎が全身に回り、豪火に襲われるルフィ。

ですが、ルフィの目はまだ死んでいませんでした。

「解放の戦士」vs.「火龍」

「お前はよくやった」とここにきてルフィを称賛するカイドウ。

ですが、続けて「お前では世界は変えられない」と力不足だとルフィに現実を叩きつけたのでした。

カイドウ自身が「未だに変えられていない」この世界を、自分に勝てないルフィは変えることは不可能だと話したのです。

これまで、自分が如何に「“武力”だけで生きて来たのか」、「この世界は、見えない“力”が蔓延っているのか」をルフィに分からせるためように話したのでした。



「48年前」

カイドウが幼い頃、当時10歳だったカイドウはすでに兵器として完成していました

自分の破壊衝動を満たすために戦い、壊してきたカイドウは現在から48年前に「天竜人」について知ります。

更に、国の政治の賄賂として“徴兵”という形で、カイドウは海軍へ売られてしまいます。

全ては数多くある国の中でも選ばれた国しか参加できない「世界会議(レヴェリー)」への参加権のためだったのです。

カイドウは「政府のいぬになるのなら」と逃亡を図ったのでした。

その後は、言うまでも無く追われる身となり、度々捕まっては、提供されたご飯を食べて逃亡する。

これを繰り返してどんどんと名を上げていったのでした。

「44年前」

海軍に追われ始めた頃で、すでに“7000万ベリー”の賞金首となっており、その強さがうかがえます。

それから4年後、現在より「44年前」に、海賊島「ハチノス」へ到達し、当時居座っていた“ロックス海賊団”の船員と戦っています。

名だたる海賊が所属していた“ロックス海賊団”の船員の1人をボコボコにし、弱冠15歳でそこらの海賊の比ではない強さを誇っていました。

その場には後の“白ひげ”であるエドワード・ニューゲートが居て、「ロックスが会いたがっている」とカイドウに伝えていました。

そうして、カイドウは“ロックス海賊団”の海賊見習いとして、本格的に「海賊」を始めたのです。



「それから10年」

それから、「ゴッド・バレー事件」などの大事件を経て、“ロックス海賊団”が解散となり、カイドウは自分の海賊団を立ち上げました。

それから10年の月日を経て、キングと共に大きくしてきた“百獣海賊団”は「黒炭ひぐらし」の入れ知恵でワノ国を目指したのです。

平和ボケした貴族共を戦場へひきずり落とせ」と叫び、「それが“平等”と“自由”だ」と言って船員たちを鼓舞していました。

それが、カイドウの「目指した世界」であり、貴族も何もない「武力」がモノを言う世界にしたかったのでしょうね。

ジョイボーイ

カイドウはキングとの会話で、幼いヤマトが「ジョイボーイ」について話していたことを明らかにします。

光月おでんが目指した“開国”はジョイボーイを迎えるためだと、ヤマトの話から知りました。

そして、カイドウは「ジョイボーイの正体が分かった」とキングに言ったのです。

本当のジョイボーイじゃなくても、カイドウが自分のジョイボーイだと言ったキングは何とも言えない表情でした。

「・・・誰です・・・?」とキングが問いかけたところで、場面は現実に戻ったのでした。

ライブフロアに溢れる「水」

絶望的な状況でも、懸命に戦うルフィを見て、“ルフィの勝利”を疑わないモモの助。

「出ろ焔雲。拙者の意のままに」と力みながら、必死にあがくモモの助とヤマトでした。

一方、ライブフロアでは、「ギャー」と叫び声が響き、瞬く間に“大量すぎる水”が押し寄せてきました。

水の中にはロビンやブルックのような能力者もいれば、ウソップが連れている重症者まで流れてきています。

城の各地へ流れている“大量の水”は、フランキーがいる場所やサンジのいる遊郭。

そしてオロチを倒し、悲願に震える日和と傳ジローの所にも流れていました。

よくぞ耐え忍びましたね。長い長い歳月を・・・日和様

悲願を叶えても、戻らない父と母に悲しみの涙を浮かべながら日和と傳ジローは濡れるのでした。



消えてしまった「焔雲」

城の火を消す為に放った“大量の水”は、城の外へと流れだし、カイドウの焔雲までも消してしまっていました。

中の状況が全く読めていないモモの助たちは、突然水が溢れてきて焔雲を消してしまったように見えるでしょうね。

「焔雲が消えてしまった!ダメだ!鬼ヶ島が落ちるぞ!」

ヤマトのその声に、慌てふためくモモの助。

突然の展開に発展して、猶予がなくなったモモの助は、焔雲を出して、ワノ国の民と鬼ヶ島の中にいる海賊や侍たちの命を救うことができるのでしょうか?

頑張れ!モモの助!!

一気に展開が進みんでいる中、ルフィとカイドウは未だに拮抗状態のままでした。

「いったいお前はどんな世界を作れる」とカイドウが望む“武力”で作り上げられる「平等な世界」を掲げながら、ルフィに問います。

ルフィは「おれは・・・」と灼熱に苦しみながらも、カイドウの炎に抗うのでした。

鬼ヶ島の墜落を防ぐために、無我夢中で焔雲を出そうとするモモの助。

その時、突然これまでの物とは比較にならない位の焔雲がモモの助の手から発射されたのです。

驚くヤマトを超えるほど驚愕している焔雲を出した当の本人、モモの助。

思わぬところで出た焔雲を引っ張り、鬼ヶ島の墜落と移動に成功したモモの助は、そのまま鬼ヶ島を安全な場所に引いていくのでした。

“目指すべき世界”

カイドウに問われた、ルフィが思う「目指すべき世界」。

それは、ごくごく簡単なことでした。

友達が、腹いっぱい、メシを食える世界!!!

その言葉の勢いでルフィはカイドウの覇気を上回り、カイドウの攻撃を跳ね除けてルフィの拳がカイドウを捕えたのでした。

「ドッカァン!!!」とこれまでに無かったほどの音を出し、殴られたカイドウはもの凄いスピードで地面の中へとめり込んでいきます。

地中にめり込みながら、カイドウはキングとの話を思い出します。

「ジョイボーイが誰か分かった」そういうカイドウに、キングは「誰です?」と問います。

「この先、おれを倒した奴だ」というカイドウに、キングは「じゃあ・・・現れそうにないな・・・」と笑うのでした。

そんなことを思い出し、カイドウは“ルフィがジョイボーイ”だと確信したのでしょうか。



ついに“決着”!!

ルフィは丸焦げになりながらもカイドウを倒しました。

ですが、もともと「ギア5」に“覚醒”する前から死にかけていたルフィは、そのまま力なく落下していきます。

モモの助も鬼ヶ島を「花の都」から離して、安全な場所に移動させてから「ふわ」っと慎重に鬼ヶ島を置くことに成功していました。

目まぐるしい「数時間」にモモの助も限界を迎えたのか、龍の姿のまま疲労困憊と言った感じで倒れ込むのでした。

ついに「鬼ヶ島の決戦」が決着し、ワノ国に平和が訪れようとしています!

第1050話へ続きます。

ワンピースネタバレ考察|1049話感想まとめ

今回は「ワンピース」第1049話のあらすじをまとめて紹介しました。

長きに渡ったカイドウとの「鬼ヶ島の決戦」に終止符が打たれたと思われる今回。

これで、ワノ国に平和が戻ってくるといいのですが・・・。

ですが、これまで「ゾロ」・「サンジ」・「トラファルガー・ロー&ユースタス・“キャプテン”・キッド」は「勝者」と報告がありました。

未だにルフィはその文字が見当たりません。

これは、まだカイドウを倒しきれていないことに繋がりかねませんので、油断せずに注目していきましょう!



ワンピースネタバレ考察|1050話展開予想

それでは、次回の1050話ではどのような展開になっていくのでしょうか!

今回は、いよいよ決着したと思われる「最終決戦」。

これからどんな展開を迎えるのでしょうか?

次回の展開予想では、様々な視点から展開を予想していきましょう。

ここまでに残った謎が一気に回収される可能性が高い

次回は、戦闘という戦闘は無く、これまでに残っている謎が回収されると思われます。

まず、「モモの助の現在の姿」。

しのぶに成長させてもらった姿に、しのぶが「そのお姿は・・・」と驚いていました。

なので、光月おでんに酷似している姿が描かれるのではないでしょうか?

そして「SMILEの治療法」。

ワノ国に平和が戻っても「SMILEの副作用」で笑顔だけの民がいることはなんだか不自然になってしまいます。

また、キラーもそのままの状態で今後が描かれるとも思えませんね。

なので、チョッパー・マルコ・ミヤギで「SMILEの治療薬」を作り上げるのではないでしょうか?

ルフィとゾロの回復にワノ国には、まだ滞在しないと思われるので、妥当な線かと思います。

正式にヤマトが「麦わらの一味」へ

次回では正式にヤマトが「麦わらの一味」に加入する流れが描かれる可能性も高いです。

燃えているルフィを氷の狼の姿で、受け止めて冷やし、チョッパーたちの下へ連れていく。

そこで、ルフィがヤマトを正式に一味へ勧誘する展開に発展する可能性もありますよね。

映画「ONEPIECE FILM RED」でも、ヤマトの登場が仄めかされています。

なので、「麦わらの一味」に加入することは間違いないと思われます!

ズニーシャが「世界政府」の船を蹂躙する

残っていると言うと多数ワノ国へ進行している「世界政府」の船ですよね。

この問題は、ズニーシャが解決すると思われます。

少し前にジャックの船を沈めたように、次々に船を沈めて、撤退せざるを得ない状況に追い込むのでしょうね。

去っていった“CP0”の真意とは

実は今回、カイドウの敗北が濃厚となった時に“CP0”のエージェントが鬼ヶ島を後にしていました。

瀕死の状態のルフィを抹殺するわけでもなく、そのまま帰還していったのです。

五老星からの勅命でルフィの抹殺を受けたにも関わらず、瀕死のルフィを目の前に去っていった真意がいまいち分かりません。

考えられるとすれば、このエージェントは「革命軍」の一員で、影ながら「麦わらの一味」を助けていた存在なのかもしれませんね!

次週も注目していきましょう。

ワンピース ネタバレ
ワンピースネタバレ考察!全ストーリーあらすじと重要伏線、簡単まとめ解説!ワンピースネタバレ考察...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

error: このコンテンツのコピーは禁止されています