ワンピース

ワンピースネタバレ1032話!キングが強い!そして暴走する「閻魔」!

ワンピースネタバレ1032話
アース
アース
みなさんこんにちは進撃のアースです
少年ジャンプ51号の内容です
複雑になっていく戦場!麦わらの一味は大丈夫でしょうか?

まずは先週のあらすじをおさらいしましょう!

キッドとローの「覚醒した能力」で大ダメージを負ったビック・マムが

とうとう“本気モード”に切り替わり、戦いも終盤戦に差し掛かりました!

一方ではアプーとドレーク“CP0”の様な

カイドウやビック・マム、侍海賊ミンク同盟以外「第三勢力」

動きが大きくなってきましたね!

別格と噂である“CP0″の「マスクを被った構成員」はどれほどの実力なのでしょうか?

ロビンとブルックは無事に逃げ切る事は出来るのでしょうか!

そして、先週もっとも気になったのが「サンジの心の行方」

考え事をしていたとは言え、レディーを傷つけてしまった“かもしれない”サンジ。

「―なァルフィ・・・。お前はどっちがいい?」

はたしてサンジはどうなってしまうのでしょうか!?

今週で更なるサンジの「心」の変化はあるのでしょうか?

気になる続きは第1032話へ続きます!

ワンピースネタバレ1031話
ワンピースネタバレ1031話!マムの本気!サンジの「心」の異変はどうなる!? ワンピース前話第1030話あらすじ 前回の話では、各々の「勢力」が入り乱れ、まさに「戦争」と呼べる展開へ。 そして最も気にな...

ワンピース1032話ネタバレ考察|あらすじ

今週は、主に「第三勢力」たちの戦いとゾロvsキングの戦いにフォーカスが当たりました。

混戦に混戦が重なる様な展開となってきた鬼ヶ島の決戦。

それぞれの展開を追うのが大変になって来ましたね!

それでは今週の第1032話を詳しく見ていきましょう!

“火の妖怪”

話はマルコとイゾウから始まります。

ライブフロア上空を飛ぶ”不死鳥”とイゾウが”火の妖怪”を探していました。

「どうしたんだよいイゾウ、ケガ人を飛ばせて・・・!!」

満身創痍のマルコに頼んで、通信から聞こえた「巨大な妖怪」の言葉に

胸がザワついたと言うイゾウ。

そう“不安感”を抱いたイゾウを乗せ、マルコは

ビック・マムのすぐ近くを飛ぶのでした。

「城内は火事らしい。気ィ抜くなよい!!」

ビック・マムはキッドとローに夢中でマルコたちに気づいていない様ですね!

煙で見えませんが、キッドとローは大丈夫なのでしょうか?

そして場面はヤマトサイド。

「ヤマト坊ちゃん聞いてくれー!!」

「忙しいんだって!!ついて来るな!!」

「アプー!!性懲りもなく・・・!!」

三者三様に「ヤマトを追いかけるアプー」と

アプーを追いかけるドレーク

そして、「武器庫に急ぐヤマト」が描かれます。

ヤマトの隣を走る「ナンバーズ」の”二牙”

その頭の上から落下してくる人影がありました。

2つの人影はちょうど二牙の頭の上に落ちてきました。

その人影とは、突然の出来事に驚くブルックと冷静に分析するロビンだったのです!

2人を追う様に降りてくる「CP0」のエージェントたち。

「来ますね!!」

と戦闘を避けられないと身構える2人でしたが

CP0の後ろから辺り一面を燃やしながら迫る「火の妖怪」の姿が。

突然の事に流石のCP0でも避けきれず、燃やされてしまいます。

「火の妖怪」を見たヤマトは

「何アレ壁をすり抜けてる!!下へ・・・!?」

壁や地面をすり抜け、そのまま下に突き進む「火の妖怪」に危機感を抱き

「島が空中爆発しちゃう!!フーガ!!手伝って欲しい事が!!」

そう二牙に助けを求め、ヤマトは二牙と一緒に走って行くのでした。

そんなヤマトの背中では

「すぐに追ってきますよ、急ぎましょう!!」

とCP0から逃走するブルックとロビン。

そんなブルックとロビンを助けた訳ではないのですが

CP0の足を止めた人物が。

ブルックとロビンは誰に窮地を救われたのでしょうか?

「第三勢力」同士の戦い

「パシャ!パシャ!パシャ!」と記録用の電伝虫で写真を撮るのは

「アッパッパッパッパ!!」と笑う”スクラッチメン・アプー“。

「「カイドウの城に天竜人の狗!!」スク〜〜プ!!モルガンズにでも売ってやろうか!!」

「仲買人ドフラミンゴを失った政府はついに・・・・・・」

そんな気になる情報を口にしたアプーに対してCP0は

「首を突っ込みすぎだ」

と口にした瞬間、目にも止まらないスピードでアプーに“指銃”を繰り出します。

その攻撃をモロに喰らい、思わず「ヴェ!!!」と苦痛の表情を浮かべるアプー。

アプーはそのまま倒れてしまいます。

そこに追いついたドレーク。

CP0はドレークに対しても、お前の正体を知っているのだぞと脅しかけます。

CP0の情報力は相当な物のようで、海軍内部にすら漏れていない情報である

海軍秘密部隊「Sword」の存在も知っている様でした。

海軍の組織であるにも関わらず「不都合」と呼ばれたドレークにCP0は襲いかかります!

そしてアプーを倒した凄まじい”指銃”を繰り出したのです。

ですが、その攻撃はドレークへ届きませんでした!

「”爆”♪」

CP0とドレークの間で起こった「爆発」。

CP0の攻撃を止めたのは、さっきやられたアプー。

攻撃を止めたアプーに対し、「生きていたのか」と

少し残念そうにドレークは言うのでした。

「”武装色”くらい使ったわアホンダラ。許さんあいつら、お前やっぱ海兵だろ!!」

「黙れ、やるのか?やらないのか?」

アプーの言い分を「黙れ」の一言で済ましたドレークは逆に聞き返します。

「売られたケンカだ・・・!!!」

「買うに決まってんだろォ!!!」

「別格」と噂の”マスクを着けたCP0″ドレーク&アプーの戦いが始まりました!

ゾロvsキング

そして場面は変わり、ドーム外の「ゾロvsキング」

プテラノドンの姿で空を飛ぶキングに苦戦を強いられるゾロ。

上空を飛ぶキングはトサカを持ち、「ぐぐぐ・・・!!」っと自分で引っ張り始めます。

「あのトサカは引っぱるとああなるのか」

始めて見るプテラノドンの生態にゾロは興味の目を向けるのでした。

有り得ない所まで伸びたプテラノドンの顔。

「”貂自尊皇”」

伸ばしきった所で「ぱっ」と手を離し、何か凄まじい衝撃波の様な物を飛ばしたのです!

その衝撃波にゾロは吹っ飛び

「防御不可!?まるでレーザーだ・・・!!」

と感想を零すのでした。

「太古の昔プテラノドンはこうやって狩りをしていたんだ!!」

クイーンと言い、キングと言い、最近は「そんなバカな」と言うような出来事が

頻発するワンピース。

プテラノドンをよく知らないゾロは

「くそ・・・!!そうだったのか!!」

と素直に関心してしまいます。

上空を飛ばれ、手も足も出ないゾロは“三百六十煩悩鳳”で攻撃を仕掛けますが

余裕で避けられてしまいます。

「何とか当てねェとこっちは消耗するばっかりだ・・・!!」

キングが”貂自尊皇”を乱れ打ち、それを避けるだけの防戦一方のゾロ。

その最中、1つの疑問が浮かびます。

「まさかあの燃えてる背中もプテラノドンの特徴なのか!?」

「違う」

「違うのかよ!!」

キングが一言で答え、ゾロがツッコミを入れます。

意外と余裕そうですよね。

そして、ゾロは空中に飛び続けるキングに対し、埒が明かないと技を繰り出します!

「”三刀流 黒縄大龍巻”!!!」

「ズババン!!ズバァン!!」と切り刻まれる龍巻に巻き込まれるキング。

ですがその龍巻の斬撃を全て羽根で受け止めていたのです!

これは、キングの強度が「鋼鉄以上」な事を意味し

「結局”龍”も”恐竜”も頑丈さが売りなのか!!?」

果てしない頑丈さにゾロは驚愕するしかありませんでした。

「そうだが・・・おれはそれ以上!!少し特殊かもな!!」

そう言いながら人の姿に戻り、ゾロに刀で勝負を仕掛けてきたのです!

「斬撃は何度か入れたーだが血も出ねェ・・・!!」

「翼は動く・・・飾りじゃないが「飛行」は未確認」

「炎は背中で燃え続けてる”能力”の一部と思ったがそれも違う様だ」

ゾロはそう分析しながらも、キングに「剣術」でも圧されています

そしてゾロは不意に考えてしまいます。

「おれはコイツに・・・!!勝てねェ気がする・・・!!!」

キングに吹き飛ばされ転がるゾロの耳に何かの「音」が聞こえてきました。

「・・・?何の音だ・・・?」

聞こえる「三味線」暴走する「閻魔」

ゾロの耳に入ってきた「音」

「・・・?何の音だ・・・?」

「三味線・・・!?そんなわけねェよな・・・!!」

その時、右手に持つ“閻魔”が燃えるような

気を放つ様にも見える感じで揺らぎ始めたのです。

瞬間、「ボォ!!」と揺らぎは大きくなり、ゾロの“覇気”を勝手に吸い始めたのです!

「「閻魔」が!!!」

場面は変わりドーム内「宝物殿」。

オロチが身を潜めている場所ですね!

「ぺぺん♪ぺんぺん♪」と三味線の音が聞こえてきます。

「ん?こんな戦場で何の戯れ・・・隣からか・・・?」

オロチは不思議に思い隣の部屋を恐る恐る覗きます。

「まさか敵か!?ここがバレたか・・・!!?」

その部屋で三味線を奏でるのは、何と。

「小紫ィ〜〜!!?」

驚きの小紫の姿が!

「おお〜〜・・・ここはあの世か?はたまた夢か・・・!?」

嘘のような光景にオロチは震えながら小紫に近寄ります。

「わちきもでありんす!!殿・・・いつでもぬしのおそばにおりまする」

その言葉にオロチは涙を流しながら

「夢なら醒めんでくれェ〜〜!!!」

と叫ぶのでした。

第1033話へ続きます!



ワンピース1032話ネタバレ考察|「おでんの愛刀」感想まとめ!

今回は、ワンピース第1032話のあらすじをまとめて紹介しました!

別格と呼ばれるマスクを着けたCP0

そして、またまた謎が深まった「キング」の正体

ゾロが挫けてしまう程の「強さ」を誇るキングに勝利する事はできるのでしょうか!?

また、暴走する「閻魔」突如現れた「小紫」は関係しているでしょうか!?

謎が謎を呼ぶ展開となっている現状が楽しくて仕方がありません!

来週も楽しみですね!

ワンピースネタバレ1033話
ワンピースネタバレ1033話!ゾロの「覇王色」覚醒!霜月コウ三郎との過去も! 前話の話では、カイドウ率いる「百獣海賊団」とビック・マム率いる「ビック・マム海賊団」 ルフィたち「海賊侍ミンク同盟」以外の...
ワンピースネタバレ考察!全ストーリーあらすじと重要伏線、簡単まとめ解説!ワンピースネタバレ考察...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です