ワンピースキャラクター&登場人物まとめ

【ワンピース考察】ワノ国の大名「霜月家」について!ゾロとの関係も徹底考察!

みなさん、ワノ国の大名の一家、「霜月家」をご存知かと思います!

現在登場している「霜月家」は「霜月康イエ」や「霜月牛丸」、「霜月コウ三郎」、そして「刀神」と呼ばれる大剣豪「霜月リューマ」ですよね!

霜月牛丸」はワノ国でも屈指の大剣豪の一角に数えられ、カイドウもその強さを警戒し天の岩戸に閉じ込めておくほど。

元白舞の大名で錦えもんたちの大恩人である「霜月康イエ」はSMILEを食べさせられ、昔の面影が無くなり、錦えもんたちも分からない程別人となってしまっていました。

ですが、ワノ国を思う心は変わっておらず、最後は勇ましくかっこいいシーンでしたね!

今回はそんな「霜月家」について解説していくと共に、ゾロとの関係性を深く考察していきたいと思います!

~ゾロの出身地「シモツキ村」~

ゾロの出身地である「シモツキ村」とワノ国の大名「霜月家」の関係が少しですが、明らかになりました。

明らかになったのは、単行本96巻のSBSです!

閻魔」と「和道一文字」を生んだ男、「霜月コウ三郎」は当時の光月家の将軍に跡取りへと「閻魔」を贈り、その後ワノ国の侍たちと「違法出国」します。

それが50年以上前、正確には55年前の話しだそうです。

違法出国した後、尾田栄一郎先生曰く、「大冒険」をした後に「東の海」のある島に辿り着きます。

その島で山賊に襲われていた人々を助け、自分自身や大切な人を守れる様に「剣」を教えている内に恋に落ち、「シモツキ村」を作ったそうです。

その後、ゾロの剣の師匠である「コウシロウ」が生まれ、孫の「くいな」が生まれたのですね!

このコウ三郎と一緒に違法出国した侍たちの中に「霜月牛丸」や「霜月リューマ」の血縁の者がいて、その者の子ども、もしくは孫にあたる人物が「ロロノア・ゾロ」だと考えると辻褄が合うような気がします!

~「霜月牛丸」と「ゾロ」~

まず、「霜月牛丸」とはどんな人物だったのか。

少しの描写しかないのですが、「The侍」って感じの人物で、オロチが将軍になる前は「鈴後」の大名としてワノ国を支えていました。

冒頭でも話した通り、大剣豪の一角に数えられ、カイドウも警戒する程の実力があったものと思われます!

ヤマトの回想に登場した「某」が霜月牛丸だと思われ、その背中には刀が交わる模様がありました!

ヒョウ五郎親分や河松曰く、ゾロと牛丸は「ウリ二つ」らしく、剣の所作までも一緒だそうです。

ヤマトが過去で天の岩戸に投獄された際に食事の奪い合いをさせるために刀が数本渡されました。

その刀の数は「5本」。

ヤマトは金棒を使っていたと考えられるので、剣豪3人に刀5本、どう考えても多いですよね!

ヤマトを助け、再びカイドウを討ち倒す為に攻め入る場面では「某」は二振りの刀を握っています。

他の2人の大剣豪は一振りづつ握っている所を見ると、「某」はどこかにもう一振りの刀を持っていたと考えられますね!

河松の「ゾロと牛丸の剣の所作が同じ」と言うセリフから、もしかすると牛丸も三刀流の独特な流派を使っていた可能性は大いにあると思います!

武器の所有を禁じられていた現在のワノ国で、「決戦」に向け、各地の刀や武器を集めていた牛丸の相棒の狐、「鬼丸」の謎も詳しく明らかとなっておりませんし、どんどんと牛丸とゾロの関係が明らかになってくるのを待ちましょう!

鬼丸がゾロに懐いて着いて来る、なんて事になれば面白いですね!

鬼丸は「牛鬼丸」と言う僧兵の姿に化ける事ができ、言葉も巧みに話す事が可能なので、「変化の能力」を持っていると考えられます。

その「変化の能力」でゾロの刀に化けるなんて展開もありですね!

~「ゾロ」と「霜月リューマ」~

刀神」と呼ばれる大剣豪「霜月リューマ」とゾロの間にも共通点があったのです!

霜月リューマ」は尾田栄一郎先生の作品、「MONSTERS」の主人公の侍ですね!

リューマは遠い昔、「空飛ぶ龍を切った」や「いかなる手合も一閃の内に切り伏せた」、「生涯無敗の大剣豪」など様々な伝説を残した人物であり、ゾロが所有していた「名刀秋水」の持ち主でした。

ゾンビとしての登場でしたが、スリラーバーク編にてブルックの影が入っての登場でした。

ゾロとの共通点として、まず「容姿」が酷似しています。

牛丸とゾロが「ウリ二つ」と言われており、更に「MONSTERS」の生前のリューマとも似ているとなると確実に関係性が深いと思われると同時に、やはり「血縁者」なのではないかと考えられます!

また、奇妙な事に「刀神」霜月リューマも「隻眼の侍」だったと言う情報が明らかとなったのです!

その時出てきたリューマのシルエットを見るに「左目」なのではないかと思われます。

シャボンディ諸島から2年後の物語がスタートした時にゾロの「右目」が閉じられていたのですが、すぐに「左目」に変わっていました。

わざわざ「左目」に直したのはこの伏線のためだったのかもしれませんね!

他にもまだまだ「左目」の伏線には隠された謎が多そうですが、「覇気との関係」など明らかとなる日は来るのでしょうか!?

共通点はまだあります!

それは、パンクハザードでゾロがドラゴンを切り落とした時のシーンが「MONSTERS」でリューマが龍を切り落としたシーンと似ていると言う点です!

それに、「龍巻」や「飛竜 火焔」など「」や「」が付いた技名が多いのも「空飛ぶ龍を切った」とされるリューマを思わせる部分なのかもしれませんね。

また、「刀におでんの気配がのっている」や「黒刀に成る」など「」や「覇気」に関する伏線も少しづつ明らかになっていくと思われますので、そこにも注目していきましょう!

~ゾロの「両親」について~

ここからはゾロの故郷「シモツキ村」の話をしていきたいと思います!

これまでの解説や考察から「霜月家とゾロは血縁関係にある」と仮定します。

一纏めに「霜月家」と言っても、正確には「霜月リューマ」の血縁者であり、「霜月康イエ」や「霜月コウ三郎」の血縁ではありません。

光月家」や他の大名はあまり多くの人物が登場しておらず、「親戚」や「血縁者」にあたる人物はいません。

ですが、「黒炭家」には何人か登場していますよね!

オロチを手助けした「黒炭ひぐらし」や「黒炭せみ丸」、そして赤鞘九人男とルフィたちを裏切った「黒炭カン十郎」など多数のキャラクターが登場しました!

このキャラクターたちは1本の血縁ではなく、「一族」としての括りでしたよね!

そんな感じで「霜月家」にも「霜月康イエ」や「霜月牛丸」などの「一族」の括りが存在します!

シモツキ村での「霜月コウ三郎」の息子にあたる「コウシロウ」の娘「くいな」はゾロと兄弟と言うのは考え難いので、ゾロは「霜月コウ三郎」の直系では無く、「霜月リューマ」の直系だと考えると無難ですよね。

では、まだ未登場のゾロの「両親」は今現在どこにいるのでしょうか?

これは私個人の考えなのですが、ゾロの両親は「革命軍」に所属していると考えています。

55年前にワノ国を違法出国した「霜月コウ三郎」率いる侍たちですが、「鎖国」していた国からの出航となるとちゃんとした航海術を持った「航海士」は居なかったのではないかと考えられます。

それなのに無事に「東の海」まで航海できたのには「侍たちが屈強だった」と言う事の他に理由があったのだとすれば、どんな理由が考えられるでしょう?

考えられる可能性はいくつかあります。

まず1つは、「他の海賊と航海をした」と言う理由が思い浮かびます。

ですが、海賊は皆「次の島」を目指して航海します。

シャンクスの様に何か目的があって「東の海」に滞在する者もいますが、本来の海賊の冒険とは違います。

なので、侍たちが海賊と一緒に航海したと言うのは考え難いのではないでしょうか!

もう1つは、「革命軍と共に航海をし、世界の情報を得ながら「東の海」に辿り着いた」と言う理由。

こちらの理由は、「世界政府」と敵対している「革命軍」が「世界政府非加盟国」であるワノ国を偵察、もしくは偵察するべく準備をしていた可能性は十分にあると考えられ、そこに「霜月コウ三郎」たちが現れ、ワノ国の情報を得たのではないでしょうか?

現在の「革命軍」はルフィの父親、モンキー・D・ドラゴンが総指揮官としてトップに立っていますが、当時は誰が指揮していたのでしょうね?

余談ですが、モンキー・D・ドラゴンが生まれたのも侍たちが違法出国したのと同じ、55年前だそうです!

こうして、「革命軍」共に旅をした「霜月コウ三郎」たちはたまたま通りかかった「東の海」のゴア王国で山賊に襲われていた人々を助けたのではないでしょうか?

そう考えるとコウシロウの道場に食料を貰いに行った「革命軍」にも頷けますよね!

55年前から「革命軍」と「シモツキ村」の付き合いがあったのではないでしょうか!

そして、その関わりからゾロの両親は「革命軍」に所属しており、打倒世界政府を掲げ「世界の夜明け」を目指しているのかもしれませんね!

シモツキ村の回想でコウシロウが「司法の島の事件」に驚いたと言っていましたが、ゾロは他にも数々の事件を起こしています。

両親と同じ打倒世界政府を掲げた「革命軍」の様に、世界政府直轄の「司法の島」を襲ったゾロに「血は争えない」と驚いたのかもしれません。

考えすぎなのかもしれませんが、これも小さな伏線の様に思います!

~ゾロと「霜月家」の関係についてまとめ~

今回は「麦わらの一味」の剣士、海賊王の両翼を担う男!

ゾロとワノ国の大名や大剣豪を多く排出している「霜月家」の関係について解説を交えながら考察していきましたが、いかがだったでしょうか!

最新話付近でより一層「霜月家」とゾロ、そしてゾロの故郷である「シモツキ村」との関係が深くなっていますので、ゾロの核心に迫るこの伏線には目を離す事ができませんね!

霜月リューマ」や「霜月牛丸」と血縁関係にあるのはほとんど確定していると思われますが、やはり気になるのは、「シモツキ村」を作った「霜月コウ三郎」と言う人物の核心部分や彼の打った「和道一文字」や「閻魔」などの刀に秘められた力が気になりますよね!

ゾロがやはり「霜月家」の血縁者だったので、「閻魔」が異様に手に馴染んだのかもしれません。

そして、ゾロの両親の謎。

これは明らかになる時が来るのかは不明ですが、これまでの物語でも「親」と言う要素は重要となっていますので、ゾロにもその要素がある可能性は十分に考えられます!

みなさんはゾロの両親は、どんな人物で、現在何をしていると思いますか?

既に亡くなっている」説や「革命軍」説など色々な考察ができるので、楽しくなりますよね!

もし、この考察でも紹介した「革命軍」説が本当だとすれば、ルフィやロビンに加えゾロまでも革命軍との関わりが深くなってきて、「麦わらの一味」と「革命軍」が協力する日も近づいている様に思います。

革命軍と麦わらの一味vs世界政府と黒ひげ海賊団」なんて最終展開に発展していくとこれまた面白い展開になってきそうです!

また、ワノ国ではまだまだ未回収となっている伏線が多数存在します。

私個人的に気になる伏線は、「鬼徹シリーズ」である「二代鬼徹」と「初代鬼徹」を打ったとされる「古徹」という人物の正体ですね。

初代鬼徹」はまだ登場しておりませんが、五老星の1人が持っている刀が「鬼徹シリーズ」に似ていると噂されており、もしかするとこの刀を持っている人物こそ「古徹」本人、もしくは血縁者なのかと考えております!

もし、「古徹」本人なら年齢はとんでもない事になっていそうですが、なにせ謎の多い「五老星」ですから、生き長らえる術を持っているように思ってなりませんね。

そんな感じで急展開を見せるワノ国での戦いもモモの助が28歳に成長し、カイドウが「青龍」となった姿と「瓜二つ」の「桃色の龍」になったりとピークに達しようとしています!

色々な伏線や情報が入り乱れておりますが、置いていかれないように、みなさんも注目していきましょう!

アニメやマンガが見放題
進撃の巨人を無料で楽しむ方法

進撃の巨人のアニメやマンガを楽しむならU-NEXTがおすすめです!

今だけ31日間の無料トライアルがあるので、進撃の巨人のシーズン1、シーズン2、シーズン3、劇場版が見放題です!

初回特典でU-NEXTで「600ポイント」が無料でもらえるので、進撃の巨人の最新刊も無料で見ることができますよ!

U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

\無料キャンペーンあり/

U-NEXT公式ページ

↑タップでコスパ比較↑

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です