ワンピースネタバレ

【ワンピースネタバレ考察1014話確定】ルフィはどうなる?鬼ヶ島決戦は絶望の連続

今週5月31日発売の週間少年ジャンプのワンピース1014話のあらすじと感想、考察です!

1014話のタイトルは「人生の大根役者」。

”役者”ということはまさかあの人物が登場するのか?

しかし大根役者ということは、彼にとって良い展開ではないのかもしれません…!

ワンピース 前回までのあらすじ

前回1013話では、カイドウと互角に渡り合っているかと思われていたルフィが突然の敗北をし、気絶した状態で鬼ヶ島から落下していってしまいました。

誰かしらが助けに来てくれるとは思うのですが、一体どうなってしまうのか?

またモモの助が「おでん漫遊記」を読んでいましたが、物語にはどのように関わってくるのか?

タイトルも含めて、見どころ満載な予感がプンプンしますね。

>>>前回のワンピースのネタバレ考察【1013話】

ワンピースネタバレ1014話「人生の大根役者」あらすじ

落ち行くルフィを見届けるカイドウ

前回のラストシーンで鬼ヶ島から落ちて行ったルフィ。

そう見えるだけかとも思いましたが、どうやら本当に海に落ちていたようです。

そのルフィを見つめながら、カイドウはぼやいています。

”覇王色”をまとってみせた…

だがその操作は

お粗末なものだったな……!!

”ゴムゴムの”……何だって?

ウォロロロロ…!!!

お前も…”ジョイボーイ”には……

なれなかったか……!!

そう言い終わると、ルフィはしぶきをたてて完全に海へと落ちました。

そして一人屋上に残ったカイドウのもとに、バオファンから「モモの助をみつけた」と通信が入ります。

すぐに向かうと伝えると同時に、カイドウはバオファンへ屋上決戦の結果を鬼ヶ島中へ報じるよう、命じました。

何者かの声を聞くモモの助

場面は三階。

モモの助たちと分かれたヤマトは、屋上を目指して突き進んでいます。

また一方のモモの助は、おでん漫遊記を読んだ感想をしのぶに聞かせていました。

しのぶ………

せっしゃは………

死んではならんようだ…!!

おでん漫遊記に何が書かれていたのでしょうか。

そして次の瞬間、モモの助は何者かの声を感知して驚いています。

わァ!!

何でござる!?

誰でござる!!?

「キィィン」と頭を抱えていますので、どうやら象主のときと同じ現象に見えます。

モンスターポイントで戦うチョッパー

場面変わってライブフロア。

前に描かれた際にはマルコがキング、クイーンの二人を同時に相手していましたが、今回はチョッパーがクイーンの相手をしています。

モンスターポイントになったチョッパーよりも遥かに巨大なクイーンのブラキオサウルスモードは、やはり一般人からしたら相当な脅威であることが伺えます。

チョッパーはクイーンの頭を掴んで投げ飛ばしていますが、様子としてはチョッパーの方が息が上がっていて苦しそうです。

ムハハハ

勝ってる者の息づかいじゃねェなァタヌキ!!

くくくっ…!!

いつまで耐えられるかペロリン♪

ペロスペローも同じ場にいて、アメの矢で遠くから攻撃してきているようです。

よく見るとチョッパーの背中にも矢がたくさん刺さっています。

そしてチョッパーのモンスターポイントはというと、どうやらシーザーの知恵により効果が30分持つようになっているようです。

”ランブルボール”!?

何だその構造式は

おれのいう薬品を揃えろ

巨大化時間を”30分”に伸ばせる!!

リスクは増えるが……

ビビりゃしねェよなァ?

しかし30分に伸ばした巨大化の時間も、残り10分を切っています。

クイーンとペロスペローを相手に一向に優勢にはならない戦況の中、タイムリミットだけが迫ってきます。

鬼ヶ島中に知らされるルフィの敗北

激闘のライブフロアにて、バオファンがメアリーズ達を”拡散モード”にして、ルフィの敗北を島中に伝えます。

鬼ヶ島全土へ報告~~~~!!

決着が~~~

ついたよ!!

敵の最高賞金首”麦わらのルフィ”は~~~~!!

敗けたよ~~~~!!

カイドウ様に息の根を止められて

”麦わらのルフィ”は

暗い夜の海の底に沈んでいった!!

”光月の侍”も”船長”も~~

敗けたよ!!!

次は誰!?

誰か勝てる!?

カイドウ様は下へ降りて”掃除”を始めるよ!!

カイドウ様はお前達の「降伏」を認めるよ!!

両手を上げて「降参」「服従」する者は!!

命を助け”部下”としてェ~~~~

迎えるよ!!!

これを聞いて各地での戦況が一瞬描かれました。

狼狽える者はおらず、少し驚いてはいましたが戦意は失っていません。

サンジ、ゾロはカイドウからの”降伏推奨”に対して、怒りをあらわにしていました。

カン十郎の再登場

場面は再び一階、天井裏への通路前。

そこにはカン十郎が不敵な笑みを浮かべながら立ち尽くしています。

天井裏にはモモの助、しのぶがいますが、そこに錦えもん、菊が合流していました。

彼らの近くにはカエルのメアリーズがおりしのぶがそれに気づいています。

これ”メアリーズ”よね……!!

ここにいるって事は…

マズイんじゃない!?

ねェ錦様!!

モモの助様

しかし錦えもんたちは様子のおかしいモモの助に気を取られており、しのぶの言葉を気に留めていません。

そこへ、天井裏へのハシゴを登っておでんが登場しました。

おーい!!

モモの助ェ~~!!!

久しぶりだなァ!!

既に一度同じ目に遭っている赤鞘達と違い、モモの助としのぶは初めてとなります。

当然信じて笑顔を見せますが、全てお見通しの錦えもん、菊によりすぐさま止められます。

呆れた……!!

ち父上…!!?

違いますっ!!!

下がれしのぶ!!ニセ者だ!!!

一度ならず二度までも!!

わかりきったウソを!!!

前回の宣言通り、菊が先陣を切って切りにかかりますが、その顔はおでんそのもの。

攻撃しようとしたその瞬間、おでんとの思い出がフラッシュバックし斬りかかる手が止まってしまいます。

そしてその隙を突いておでん、つまりカン十郎の刃が菊の体を貫きました。

すぐさま菊に駆け寄り、カン十郎を切り捨てた錦えもん。

菊は重症、カン十郎も倒れましたが、最後に涙を流していました。

カカカ…

そうだ…!!

おれの舞台の幕を引くなら……!!

お前がいい…!!

舞台上じゃあ……

親友だったもん…な…!!!

絶望の追い打ちをかけるカイドウ

カン十郎を討ち取り落ち着く間もなく、天井裏へカイドウがやってきました。

狙いは当然モモの助ですが、錦えもんが身を挺して守ります。

しのぶ!!

モモの助様を連れて逃げろ!!

カイドウの覇王色をまとった攻撃を、瀕死の錦えもんが防げるはずもなく、「グシャ」という音とともに錦えもんは潰されてしまいました。

そして鬼ヶ島はとうとう、ワノ国本土の上空へ到着。

本土での決戦へと向かっているように思います。

>>ワンピースネタバレ1014話につづく

ワンピースネタバレ1014話の感想と考察

今回の考察ポイントは、この様になっています。

◆ワンピース1014話のポイント

  • カイドウの「ジョイボーイ」発言
  • モモの助の聞いた声の主
  • チョッパーの抱える”リスク”
  • カン十郎の能力の使い方
  • ”黄泉の国”発言の真意
  • 鬼ヶ島決戦の行方

順番に見ていきましょう!

①カイドウの「ジョイボーイ」発言

今回の話で最も気になった方が多いのは、恐らくこの発言でしょう。

お前も…

”ジョイボーイ”には……

なれなかったか……!!

①「お前も」ということは、過去誰かが居たのか?

考えられる人物としてはやはり、カイドウが「強者」と認めている人物たちの誰かである可能性が高いと思います。

つまり、ロジャー、白ひげ、ロックス、シャンクス、おでんの中の誰かでしょう。

この中で”ジョイボーイ”と関係がありそうなのが、ロジャー、おでん、もしかしたらロックスです。

ひょっとしたらカイドウは、ロックス海賊団に入る前からジョイボーイやワンピースの存在を知っており、それらに近づくためにロックス海賊団に入ったのかもしれません。

そうなると、カイドウは自分ではジョイボーイになれないということを悟り、圧倒的な強者の存在を望んでいる可能性もありますね。

②ジョイボーイとは何なのか?

となると、何度目の考察に成るかわかりませんが、”ジョイボーイ”とは一体何なのかがますます重要になってきます。

これまでの話の中でも、歴史的に重要な人物であることは間違いなさそうで、何ならラフテルについた時のロジャーのセリフから「ワンピースというお宝を残した人物」であるということがわかりました。

そこに”強さ”が関係あるのかは全くわかっていませんでしたが今回のカイドウの発言を見るに、自分に破れたルフィには「ジョイボーイになれない」と言っていることから、ある程度の強さが必要であることが予想できます。

そして”ジョイボーイ”という名前からすると、少し前のカイドウの発言が重要になってきそうな気がしますね。

……

楽しそうだな……

窮地ほど笑い……

笑う程に………!!

…か

1011話 あんこの仁義

この発言がジョイボーイと関係していた可能性が、かなり高くなったのではないでしょうか。

とすると、「ジョイボーイ=笑うほどに強くなる」人物?

イマイチもやっとしていますが、「笑い」「強さ」あたりが関わってきそうですね!

②モモの助の聞いた声の主

モモの助が何者かの声を聞いて、悩まされていました。

現象としては象主の声に悩まされているときと同じように見えますが、どうなのでしょう?

タイミングとしてはルフィが海に落ちた直後のことですので、ルフィを助けにきた海王類の可能性が最も高いと思っています。

象主が来ていても不思議では有りませんが、最後に描かれた鬼ヶ島を俯瞰した描写には、周囲に象主のような影は描かれていませんでした。

ただ現在は夜で、暗い海と表現されていますから、実はすぐ近くに何者かが来ていてもおかしくはありませんね。

③チョッパーの抱える”リスク”

チョッパーのモンスターポイントが、まさかのシーザーによって強化されていたことが判明しましたね。

やはりSMILEの原料となる「SAD」を製造していただけあって、悪魔の実の能力に関する研究に関してはかなり詳しい様子です。

”ランブルボール”が悪魔の実の変形の波長を狂わせる薬なら、実はチョッパーも少しだけ悪魔の実の能力に関する研究をしていたことになりますね。

ということは、もしかしたら本当にSMILEの能力者を治せるのはチョッパーなのかもしれません。

そして大幅な効果アップと引き換えにシーザーの口から飛び出した「リスク」という言葉。

皆さんは何だと思いますか?

わざわざ「リスク」という言葉が出てきたということは、恐らくはチョッパーの身にこれから起こることなのでしょう。

これまでのランブルボールのリスクといえば、理性を失って命を削ってしまうことでしたが、もしかしたらそれと同じようなリスクをはらんでいるのかもしれません。

チョッパーが死んでしまうようなことはないでしょうが、エニエスロビー編のときのように、かなり体を張った戦いになる可能性はありますね。

④カン十郎の能力の使い方

今回もおでんに扮して一行の前に現れたカン十郎ですが、前回とは明らかに異なった能力の使い方をしていたことにお気づきになりましたでしょうか?

前回は「遠隔」とカン十郎自身も口にしていたとおり、おでんの絵を描いて、カン十郎は離れた場所からそれを操っていたようでした。

対して今回は、おでんの気ぐるみを着たかのように、カン十郎自身がおでんに扮していたことがわかります。

恐らくは「遠隔だと体力を使う」と言っていたことに理由があるのだとは思いますが、もしかしたらこの本体以外にもどこかに遠隔で操っているやつがいる可能性があるとしたら、面白いですよね。

まあ当の本人が錦えもんによって討ち取られてしまったので、もし遠隔が居たとしても消えてしまっている可能性もありますが…

⑤”黄泉の国”発言の真意

無念、カン十郎によって体を貫かれてしまった菊に対し、錦えもんはこんな発言をしています。

面目ございません…

しかし…

”残雪”溶けゆくならばきっと

”夜明け”は近うございます……!!

……バカなことを…!!

……!!

無論だ

ワノ国の”夜明け”は

黄泉の国にも届こうぞ…!!

ここでいう「黄泉の国」とは、菊が間もなく死んでしまうことを指しての発言だったのでしょうか?

それとも、既に亡くなっている”おでん”にもワノ国の夜明けが届くという意味での発言だったのでしょうか?

前者だとしたら非常に悲しいですが、やはり赤鞘達はほぼ全員、この戦いで命を落としてしまうのかもしれません。

生死がわかっていないアシュラに加え、イヌアラシ、ネコマムシなども強者へ挑みに行きました。

個人的にはぜひとも彼らにはモモの助とともにワノ国の復興を担ってほしい気持ちがありますが、彼らとしてはおでんの侍としてここを死に場所に決めているという覚悟もあるのでしょう。

読者としては非常に心が痛みますが、彼らの戦いを最後まで見届けましょう。

⑥鬼ヶ島決戦の行方

さあそしてついに、鬼ヶ島がワノ国本土の上空に到着しました。

一時的にでしょうがルフィも離脱をしてしまったため、ひとまずこのままワノ国本土へと戦いの場面が写っていくものだと思われます。

そうなるとルフィがワノ国の戦いに戻ってくるタイミングですが、やはり以前から予想している「明王」として登場する可能性が高いように思います。

ヒョウ爺はギア4の状態を明王のようだと言っていたので、十中八九ギア4で戦うことに成るのでしょう。

となると、ギア4の状態で覇王色をまとった段階が、ルフィの次のステージということになるでしょうか。

空を飛ぶカイドウに対して空中戦を繰り広げるのも、展開としてはありそうです。

一体誰がルフィを助けるのか、完全に海に落ちてしまったことで、全く先が読めない展開となってしまいました。

ワンピース1014話まとめ

いかがでしたでしょうか。

とうとうルフィが四皇と互角に渡り合うようになったかと思いきや、一瞬にして力の差を見せつけられての繰り返し。

読者としても読んでいてドキドキする反面、心が痛む展開もなかなか多いですね。

来週は休載ありませんので、次の展開も予想しながら楽しみに待ちましょう!

カイドウって強さだけで四皇の座についていると思っていたので、こういう世界の真実とかは知らなそうなイメージだったのですが、結構知っているものなんですね…!

ロックス海賊団の時に知ったのか、それともその後自分で海賊団を立ち上げてから知ったのか…

カイドウが世界の真実をある程度知った上でワノ国に居座っているのだとすれば、単に武器の製造に適しているからではなく、また意味合いが変わってきそうです。

さて、今回のカイドウの発言を受けて、個人的に気になるポイントは2つです。

①「お前も」ということは、過去誰かが居たのか?

考えられる人物としてはやはり、カイドウが「強者」と認めている人物たちの誰かである可能性が高いと思います。

つまり、ロジャー、白ひげ、ロックス、シャンクス、おでんの中の誰かでしょう。

この中で”ジョイボーイ”と関係がありそうなのが、ロジャー、おでん、もしかしたらロックスです。

ひょっとしたらカイドウは、ロックス海賊団に入る前からジョイボーイやワンピースの存在を知っており、それらに近づくためにロックス海賊団に入ったのかもしれません。

そうなると、カイドウは自分ではジョイボーイになれないということを悟り、圧倒的な強者の存在を望んでいる可能性もありますね。

②ジョイボーイとは何なのか?

となると、何度目の考察に成るかわかりませんが、”ジョイボーイ”とは一体何なのかがますます重要になってきます。

これまでの話の中でも、歴史的に重要な人物であることは間違いなさそうで、何ならラフテルについた時のロジャーのセリフから「ワンピースというお宝を残した人物」であるということがわかりました。

そこに”強さ”が関係あるのかは全くわかっていませんでしたが今回のカイドウの発言を見るに、自分に破れたルフィには「ジョイボーイになれない」と言っていることから、ある程度の強さが必要であることが予想できます。

そして”ジョイボーイ”という名前からすると、少し前のカイドウの発言が重要になってきそうな気がしますね。

……

楽しそうだな……

窮地ほど笑い……

笑う程に………!!

…か

1011話 あんこの仁義

この発言がジョイボーイと関係していた可能性が、かなり高くなったのではないでしょうか。

とすると、「ジョイボーイ=笑うほどに強くなる」人物?

イマイチもやっとしていますが、「笑い」「強さ」あたりが関わってきそうですね!

②モモの助の聞いた声の主

モモの助が何者かの声を聞いて、悩まされていました。

現象としては象主の声に悩まされているときと同じように見えますが、どうなのでしょう?

タイミングとしてはルフィが海に落ちた直後のことですので、ルフィを助けにきた海王類の可能性が最も高いと思っています。

象主が来ていても不思議では有りませんが、最後に描かれた鬼ヶ島を俯瞰した描写には、周囲に象主のような影は描かれていませんでした。

ただ現在は夜で、暗い海と表現されていますから、実はすぐ近くに何者かが来ていてもおかしくはありませんね。

③チョッパーの抱える”リスク”

チョッパーのモンスターポイントが、まさかのシーザーによって強化されていたことが判明しましたね。

やはりSMILEの原料となる「SAD」を製造していただけあって、悪魔の実の能力に関する研究に関してはかなり詳しい様子です。

”ランブルボール”が悪魔の実の変形の波長を狂わせる薬なら、実はチョッパーも少しだけ悪魔の実の能力に関する研究をしていたことになりますね。

ということは、もしかしたら本当にSMILEの能力者を治せるのはチョッパーなのかもしれません。

そして大幅な効果アップと引き換えにシーザーの口から飛び出した「リスク」という言葉。

皆さんは何だと思いますか?

わざわざ「リスク」という言葉が出てきたということは、恐らくはチョッパーの身にこれから起こることなのでしょう。

これまでのランブルボールのリスクといえば、理性を失って命を削ってしまうことでしたが、もしかしたらそれと同じようなリスクをはらんでいるのかもしれません。

チョッパーが死んでしまうようなことはないでしょうが、エニエスロビー編のときのように、かなり体を張った戦いになる可能性はありますね。

④カン十郎の能力の使い方

今回もおでんに扮して一行の前に現れたカン十郎ですが、前回とは明らかに異なった能力の使い方をしていたことにお気づきになりましたでしょうか?

前回は「遠隔」とカン十郎自身も口にしていたとおり、おでんの絵を描いて、カン十郎は離れた場所からそれを操っていたようでした。

対して今回は、おでんの気ぐるみを着たかのように、カン十郎自身がおでんに扮していたことがわかります。

恐らくは「遠隔だと体力を使う」と言っていたことに理由があるのだとは思いますが、もしかしたらこの本体以外にもどこかに遠隔で操っているやつがいる可能性があるとしたら、面白いですよね。

まあ当の本人が錦えもんによって討ち取られてしまったので、もし遠隔が居たとしても消えてしまっている可能性もありますが…

⑤”黄泉の国”発言の真意

無念、カン十郎によって体を貫かれてしまった菊に対し、錦えもんはこんな発言をしています。

面目ございません…

しかし…

”残雪”溶けゆくならばきっと

”夜明け”は近うございます……!!

……バカなことを…!!

……!!

無論だ

ワノ国の”夜明け”は

黄泉の国にも届こうぞ…!!

ここでいう「黄泉の国」とは、菊が間もなく死んでしまうことを指しての発言だったのでしょうか?

それとも、既に亡くなっている”おでん”にもワノ国の夜明けが届くという意味での発言だったのでしょうか?

前者だとしたら非常に悲しいですが、やはり赤鞘達はほぼ全員、この戦いで命を落としてしまうのかもしれません。

生死がわかっていないアシュラに加え、イヌアラシ、ネコマムシなども強者へ挑みに行きました。

個人的にはぜひとも彼らにはモモの助とともにワノ国の復興を担ってほしい気持ちがありますが、彼らとしてはおでんの侍としてここを死に場所に決めているという覚悟もあるのでしょう。

読者としては非常に心が痛みますが、彼らの戦いを最後まで見届けましょう。

⑥鬼ヶ島決戦の行方

さあそしてついに、鬼ヶ島がワノ国本土の上空に到着しました。

一時的にでしょうがルフィも離脱をしてしまったため、ひとまずこのままワノ国本土へと戦いの場面が写っていくものだと思われます。

そうなるとルフィがワノ国の戦いに戻ってくるタイミングですが、やはり以前から予想している「明王」として登場する可能性が高いように思います。

ヒョウ爺はギア4の状態を明王のようだと言っていたので、十中八九ギア4で戦うことに成るのでしょう。

となると、ギア4の状態で覇王色をまとった段階が、ルフィの次のステージということになるでしょうか。

空を飛ぶカイドウに対して空中戦を繰り広げるのも、展開としてはありそうです。

一体誰がルフィを助けるのか、完全に海に落ちてしまったことで、全く先が読めない展開となってしまいました。

ワンピース1014話まとめ

いかがでしたでしょうか。

とうとうルフィが四皇と互角に渡り合うようになったかと思いきや、一瞬にして力の差を見せつけられての繰り返し。

読者としても読んでいてドキドキする反面、心が痛む展開もなかなか多いですね。

来週は休載ありませんので、次の展開も予想しながら楽しみに待ちましょう!

ワンピースアニメ配信中

ワンピースアニメが配信中

現在U-NEXTでワンピースのアニメが配信されています!

劇場版なども配信されているのでファンには嬉しいサービスです。

U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

\無料キャンペーンあり/

U-NEXT公式ページ

↑タップでコスパ比較↑

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です