キングダム

キングダムネタバレ689話あらすじ感想考察!信の秘策が岳白を斬る

アース
アース
8月19日発売ヤングジャンプの内容です。

689話「最大の娯楽」。

白熱する「信VS岳白公」の戦いのタイトルとしては、ちょっと謎なネーミングですよね。

いったい、どのような意味から付けられたのでしょうか?

さらに王騎の槍から「嬴政⇛漂」から貰った剣に切り替え、岳白のスピードに付いていけるようになった信。

ここから一気に岳白を討ち取ることができるのか?

すると、まだまだ強敵な岳白の強さが明らかに!

キングダム689話のあらすじ内容を見ていきましょう!

キングダムネタバレ考察|689話あらすじ!

「キングダム」689話より

岳白の体術と岳白軍に苦しめられる信

槍から剣に切り替え、岳白と互角に斬り合う

五分五分となったように見えますが、徐々に押されていきます。

刃を交えた後に蹴りを入れる岳白。

さらに、拳で信を殴る場面も見られます。

剣で信の刃を受けた後、体術で攻撃を加える岳白公。

どうやら信の戦い方を踏まえ、剣術で守り体術で攻撃をするよう戦い方を変えてきたよう。

さらに岳白の攻撃により、動きが止まった信を狙い攻撃する岳白兵。

岳白と岳白軍の強さに、信は苦戦を強いられます。

戦争が最大の娯楽という岳白公の持論

戦いながら「戦争は最大の娯楽」と、持論を展開する岳白。

快楽を伴うから人々はずっと戦争をしてきたのだろう、と語ります。

それを受け反発する信。

「戦争をなくす為に戦っている」信にとって、岳白は薄っぺらく映ったよう。

お前みたいに能天気には戦ってねぇよと返します。

そして「勝った方が正しい」という意見だけが合致し、再び斬り合います。

信の秘策が炸裂か!?

剣術で守られているため、岳白に全く歯が立たない信。

岳白の剣の守りを抜く方法を考えます。

そこで、何かを思いついたよう。

そのまま一気に岳白へ向かいます。

刃を交えた後、蹴りに来た岳白の脚に刃を腕で固定し、刺します。

脚を斬られ、動きが止まった岳白。

ここだとばかりに信は「尾平!」と叫び、自分の方へ王騎の槍を投げさせて終わります。

690話につづく



キングダムネタバレ689話の感想考察!

「戦争は快楽であり最大の娯楽だ」という岳白の持論。

飛信隊を結びつけている友情や結束も含め快楽だと評し、だから人類は戦争を続けてきたのだろうと岳白は語りました。

たしかにそういう一面はあり、なのでキングダムの時代や日本の戦国時代は長く続いて来たのでしょう。

現在でも世界中で戦争は起こっており、武力による支配が続いている地域はたくさんあります。

たしかにそれは人類の真理のひとつです。

しかしその現実に抗い「このままではいけないし、終わらせるために戦う」人がいるのも事実です。

そのように戦争を無くすために戦っている信は、自分が侵略者であることも認め受け入れ戦っています。

それは王であり親友である嬴政の夢のためでしょうし、天下の大将軍になるという自分の夢のためでもあります。

これも快楽の内なのでしょうが、しかし自分のような戦争孤児を無くすために、この世から戦争を無くすために戦っている信は、快楽のためだけに戦っていないですよね。

友情や結束もモチベーションを保つひとつの要素ですが、そのために戦っている訳ではないです。

ここ、と岳白の考えは全く交わらないのが分かります。

現実に抗い、戦争を無くすために侵略者となり戦う信を、岳白は認めることはできないでしょう。

ぶつかり合う二人の結末を、次回見る事ができるのか?

次週、必見ですよ!(*^^*)

アース
アース

「戦争は快楽だ」と言いながらも悟っている感じの岳白は、けっこう歪んでいるように見える。それよりも雷土は…?(汗)

キングダムネタバレ690話あらすじ感想考察!飛信隊の影丘攻略から「桓齮祭り」か 690話「予定通り」。 信と岳白公(がくはくこう)との戦いが白熱する影丘攻略戦ですが、この一騎打ちにとうと...
キングダムネタバレ688話あらすじ感想考察!尾平が呼ばれた理由が判明 688話「動きの勝負」。 動きとはやはり趙将 岳白将軍の動きとの勝負を指すタイトルなのか? ...
キングダムネタバレ考察
キングダムネタバレ考察!全ストーリーあらすじと重要伏線、簡単まとめ解説キングダムネタバレ考察...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

error: このコンテンツのコピーは禁止されています