キングダム

【キングダムネタバレ708話】桓騎「つまんねーな」信が叫び虎白公が生き延びる

アース
アース
2月3日発売ヤングジャンプ掲載の「キングダム708話」の内容と考察です。

708話「復讐心の度合い」。

これ、虎白公の気持ちを指しているタイトルに感じますよね。

イメージからすると、虎白公が舜水樹の言葉に影響され離脱することを決意するのか?

そんな気持ちで読み始めていくと、それ以上の熱い展開が今回起こりました!

信が熱い!

708話を順番に見ていきましょう!

キングダムネタバレ考察|708話あらすじ!

桓齮兵に信が叫ぶ!

龍白公を討った信。

形として桓齮を守ることになった信ですが、それでも黒桜の「殺すな!生け捕りにしろ」という指示を無視してあっさりと斬った信に、怒号が飛びます。

雷土兵から飛び交う怒号。

「てめぇ 何殺してやがる!」

「そいつは雷土さんよりもひどい目にあわせて…」

「ぶち殺すぞ てめぇ!」

アチラコチラから雷土兵が叫びます。

とうとう「馬から叩き落としてバラバラに…」と、信を殺すと言い出します。

そんな雷土兵達に、信が叫びます。

「ごちゃごちゃうるせぇんだよ!てめぇらは!」

叫んでくる雷土兵達に向かい、一喝する信。

辺り一帯をビリビリと震えさすほどの、一喝を吐きます。

さらに怒りに満ちた表情で、信が続けます。

「配置的に桓齮を守る位置にいたせいで、助けたくもねぇお前達も飛信隊が血を流して助けた」

「将軍が好き嫌いで動いてたら戦争に勝てる訳ねぇからだ」

「ありがたいと思いやがれバカヤロウ共」

「雷土の仇がなんだ」

「その前に、一人の怨念返しのために」

「去年何万人の無抵抗の人間をはねやがったんだ!」

信の指摘に黙り込む雷土兵。

「絶対にその事実を忘れない」と続け、最後に信は雷土兵に向け叫びます。

「俺は絶対に許さねぇからな」

おそらく桓齮の向けての言葉だと思われるセリフを吐く信。

離れたところで、羌瘣と羌礼が信の叫びを黙って聴いています。

「…」「へー」と何かを感じ取ったようにつぶやく羌礼。

次に信は、龍白兵に向けて話し出します。

龍白公兵に投降を促す

主を討ち取られ、涙を流している龍白公兵達。

信は、倒れた龍白公の亡骸を見つめながら言います。

決死の覚悟で出てきているのは分かるが、このままだと龍白公の亡骸は桓齮兵にむちゃくちゃにされ、晒し者にされてしまう。

投降して龍白の亡骸を国に返してやれ、とこのまま引き下がることを提案します。

しかし、目の前で隊長を討ち取られた龍白兵達は止まりません。

そのまま仇である信を討ち取ろうと、向かってきます。

そこに、羌瘣と羌礼が登。

龍白公兵の剣を受け止め、信を守ります。

「戦争が複雑だ、ってことが少し分かったよ」と信につぶやく羌礼。

そのまま龍白公兵達と羌瘣隊で、乱戦となります。

雷土を思い出す桓齮

丘の上から、飛信隊によって鎮められる龍白公隊を見つめる摩論と桓齮。

相変わらずうるさいガキだけれど助かりましたね、と摩論だ桓齮につぶやきます。

「つまんねーな」

「やっぱあいつがいねーと」

「盛り上がりに欠けるな」

と空を見ながらつぶやく桓齮。

雷土の死により、桓齮の中でも何かが欠けてしまっているよう。

閼与城を抜け出す舜水樹

いっぽう、王翦軍により攻め込まれ落ちつつある閼与城。

その前に、舜水樹が城内の地下通路から脱出します。

残る事になっている閼与兵たちに「桓齮と王翦を討った後必ず解放しに戻る」と言い残し、地下通路へと降りる舜水樹。

残る兵達は「ご武運を!」と舜水樹に向け合掌します。

迎えを信じているよう。

その後、閼与城は陥落し残った兵達は桓齮により捕らえられます。

閼与を落とした王翦ですが、決して良き結果ではありませんでした。

予想以上の士気の高さを誇る閼与兵に苦しめられ、予定の3倍の日数と想定の3倍の死傷者を出していたためです。

地図を見ながら、次なる戦場である「宜安」をジッと見つめる王翦の描写。

舜水樹と合流する虎白公

龍白公が討ち取られてからも奮戦していた虎白公。

そのまま決死の戦いをしていましたが、「桓齮を討ち取らなければ犬死だ」という舜水樹の言葉が頭から離れず離脱することを決意します。

閼与城の脱出口で、舜水樹を待つ虎白公。

出てきた舜水樹に向け「お前の言葉に乗せられて再び生き恥を晒したぞ」とつぶやきます。

「そんなもの」

「桓齮を討てば全てひっくり返る」

サラリと返す舜水樹。

虎白公が舜水樹と合流し、李牧の元へと向かい終わります。

709話につづく
708話につづく


キングダムネタバレ考察|708話の感想

冒頭から、むっちゃ熱い!

信の叫び、熱かったですね!

雷土兵に向けて叫ぶ信の言葉は、信の成長も感じさせていました。

以前の信だったら、桓齮を助けにもいかなかったんじゃないかなと。

感情を優先し、「なんであんなクソ野郎を助けなきゃなんねぇんだよ」と鼻くそをほじくっていたのではとイメージしますよ(笑)

そして昌文君に頭を叩かれる、みたいな展開だったろうな、と(笑)

そんな信が「好き嫌いで動いてたら戦争に勝てる訳ねぇ」なんて…(泣)

間違いなく将軍として成長し、嬴政の金剛の剣になっているなと感じました。

「好き嫌いでなく、全ては嬴政との夢のために」

そのためには、その時間違っているであろう桓齮でも助けなきゃいけないと理解している信が見えました。

そして想定の3倍の被害を出してしまった王翦軍。

ここから次の宜安では桓騎軍にバトンタッチするのでは、と予想しますよ!

生き残った虎白公が宜安でどのような回収を魅せるのか?

今回の展開で、本当に楽しみになりましたよ!(^^)

むちゃ熱く、次なる展開への期待がむっちゃ高まった708話でした!

続いて、今回の考察に移ります!


キングダムネタバレ708話の考察!

羌礼の成長

まだ幼く、以前の信のように「クソ野郎だったら助けなきゃいいのに」という考えだった羌礼。

今回の信の叫びを聞き「戦争の複雑さが少し分かった」とつぶやいていました。

冒頭での信の叫びは「信自身の成長」を描きながら、羌礼の成長も描写させていましたよね。

ここから、羌礼というキャラクターの成長がこれからも描かれるのではとイメージされました。

戦争の複雑さを察しつつある羌礼の描写が、後にどのような展開に繋がるのか。

具体的にはまだ全く想像もつきませんが、羌礼の成長には今後も注目していかなきゃなと感じましたよ。

おそらく原先生の中では最終着地点がイメージされているでしょう。

要チェックです!(^^)

想定の3倍の被害と李牧の「半分」

今回、想定の3倍の被害を出してしまった王翦軍。

もともと704話で、この閼与攻めで李牧は「王翦軍・桓騎軍を半分にする」と予言していました。

「想定の3倍」が「半分」なのかは確認できませんが、概ね李牧の予定通りなのだろうとイメージできますね。

撤退する舜水樹の反応から、おそらくは李牧の指示通りの展開だったのだろうと予想できます。

生き残った虎白公

今回龍白公は死亡してしまいましたが、生き恥を晒す決断をした虎白公は生き残りました。

ここから宜安で死亡することになるのであろう桓齮の首は、やはり虎白公が取るように思えますよね!

「桓齮を討ち取って全てをひっくり返す」虎白公がイメージできますよ。

次の「宜安の戦い」では、虎白公も要チェックです!(^^)

707話公開時点で、708話の展開を予想していました。

自己検証してみます!


キングダムネタバレ考察|708話展開予想を自己検証!

信が桓齮にぶつける言葉

桓齮を守るために龍白公を斬り伏せた信。

龍白公にとって、投降した仲間を斬り扈輒将軍を討った仇である桓齮。

命を捨てて討つ覚悟で出撃した龍白公の気持ちを痛いほどに分かる信は、無念な表情で俯いたまま動きません。

大将である龍白公を討たれ泣き崩れていた兵達は、決死の鬼のような表情に変わります。

剣を取り、再び叫びながら桓齮に向かって行きます。

そんな兵たちに向かい、叫ぶ信。

「止めろ!もう大将は討ち取られた。お前達の仇討ちは終わった」

「投降すれば殺しはしない!」

龍白公隊に向け叫ぶ信。

しかし止まらずに、龍白公隊兵が叫び返します。

投降した兵を全て斬ったのはお前たちだろう!信じれるものか!

俺たちは止まらない!

桓齮を道連れに扈輒様と龍白公様の元へ行く覚悟だ!

うおおお!と、桓齮がいる丘の上へ駆け上がろうとする兵たち。

そんな兵たちを信はギッと唇を噛み、斬り捨てていきます。

後ろに控えていた羌瘣と羌礼たち、さらに合流した飛信隊が龍白公隊の残兵を斬っていきます。

全ての龍白公隊を倒した飛信隊。

信は倒れた龍白公と兵たちの亡骸をジッと見据えながら立ちすくみます。

キッと目線を上げ、桓齮を睨みつけます。

「桓齮!」

「これがお前の虐殺が招いた結果だ!」

「まだ繰り返すつもりなのか!」

叫ぶ信を丘の上から見下ろしている桓齮将軍。

「フッ」と軽く笑い、言います。

「黒桜の生け捕りにしろという命令を無視して斬った事は見逃してやる」

「相変わらず甘い奴だな」

そのまま立ち去る桓齮。

桓齮がいなくなった後の丘の上をしばらく睨みつける信。

握っている矛からは、龍白公を斬った血が滴っています。

予想ここまで!

→かなり予想に近い展開でしたね!

龍白公の亡骸を国に返せ、というワードも予想したかったです(泣)

虎白公は生き残るのか?

龍白公が討ち取られ、扈輒将軍の仇討ちが失敗したと察する虎白公。

それでも虎白公隊は目の前の飛信隊と戦い続けています。

もともと決死隊として出陣した虎白公は、討ち取られる覚悟で戦い続けます。

ところが戦い続けている際に、思い出す舜水樹の言葉。

「犬死するな」

「生き延びて仇討ちを果たすのが本当だ」

突如思い出した言葉により、そのまま意識せず指示を出します。

「このまま仇討ちを達成せず死んでしまっては犬死だ!」

「何としても離脱するぞ!」

桓騎軍前から離脱し、全く違う方向へ移動し始める虎白公隊。

チラッと舜水樹がいる方向を向き、虎白公は空白地を縫いながら戦場から離脱します。

このような展開が来るのでは、と予想します!

同情する龍白公を斬った信の桓齮への叫び。

仇討ちが失敗に終わった虎白公が生き延びて離脱。

このような展開が登場するのでは、と予想しますよ!

予想ここまで!

→虎白公は予想通り生き残りましたね!

この予想も当たりましたよ!(^^)



キングダムネタバレ708話以降の展開予想

離脱し生き延びると予想した虎白公ですが、やはり舜水樹の言葉が伏線となっており何とか離脱し再び登場するのではと予想します。

桓齮の首を取るという彼の目的は、この後に展開するであろう宜安の戦いで達成されるのではと予想しますよ!

現在の閼与の戦いが終わった後、王翦軍と桓騎軍は宜安へ向かいます。

そこで李牧軍と直接対決し、秦軍は大敗。

負けた桓齮は討ち取られるか他国に逃亡した、と史実では記載されています。

おそらく「キングダム」では、李牧の策略により虎白公が手を降すことになるのではないでしょうか?

次の宜安の戦いで李牧の策略により虎白公が桓齮の首を斬る、と予想しますよ!

まずは、708話で虎白公が生き延びて離脱するのか?

今年が寅年なだけに、何とか生き延びて欲しい!(笑)

次回708話は要チェックですね!\(^o^)/

予想ここまで!

→この予想もイメージ通りになりそうな気がしますよ。

今回の予想は80点くらいでしょうか?

展開は当たっているので、次はもっと具体的なワードも当てたいです!

来週はお休みなので、次は2週間後の2月17日(木)となります。

ゆっくりと予想して次はもっと当てますよ!\(^o^)/

【キングダムネタバレ709話】王翦(おうせん)の「慎重にいけ」アドバイスは桓齮(かんき)死亡伏線かキングダムネタバレ709話王翦(おうせん)の「慎重にいけ」アドバイスは桓齮(かんき)死亡伏線か...
キングダム707話ネタバレ考察!信が龍白公を討つ表情がたまらない 707話「乗らない相手」。 桓齮本陣まっしぐらに突き進む龍白公隊の前に立ちはだかった飛信隊。 「悪いがここより先に行...
キングダムネタバレ
キングダムネタバレ考察!全ストーリーあらすじと重要伏線、簡単まとめ解説キングダムネタバレ考察...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。