キングダム

【キングダム単行本】コミックス12巻あらすじ感想と考察まとめ!飛信隊が誕生

アース
アース
飛信隊誕生!

馬陽の城を攻める趙軍の前に登場した王騎軍。

両軍が睨み合って終わった11巻でしたが、とうとう12巻にて馬陽の戦いが開戦します!

さらに「飛信隊」という名の誕生も!

名が誕生したと同時に大活躍を魅せる飛信隊が描かれる12巻には、名場面も数多く登場します。

それはいったいどのような場面なのか?

さらに、押さえておかなければいけない考察ポイントも!

まずは、手に汗握る12巻の内容から順番に見て行きましょう!

キングダム12巻のあらすじ内容まとめ

馬陽の戦いを見学する河了貂と蒙毅たち

馬陽の戦いが開戦する直前。

蒙毅・河了貂たち昌平君の弟子たちが戦場を見学するため、離れた場所で秦と趙の両陣営を確認します。

先陣を切る蒙武を「父だ」と河了貂に教える蒙毅。

蒙武開戦と同時に大活躍します。

趙の将軍の攻撃力も凄まじく、まずは互角な戦いとなります。

善戦する蒙武中央軍とピンチとなる壁左軍

蒙武将軍の突出した攻撃力により、善戦する中央軍。

同時に左軍に入っている壁将軍の隊も善戦し、ドンドン深く敵陣営に入っていきます。

するといきなり重装備の兵が登場し、足を止められてしまいます。

いきなり先頭が止まったため、密集する壁隊。

そこに横側から雨のような弓矢が飛んできます!

善戦していた壁隊を襲う、弓矢の雨。

壁軍は善戦していたのではなく、罠に誘い込まれていたよう。

一気に大ピンチとなってしまいます。

飛信隊誕生!

いっぽう、善戦する蒙武軍を見て「俺たちはまだか!」とヤキモキしている信。

そこに王騎将軍が登場し、「百騎で本陣右側にこっそり移動しどさくさに紛れて右軍将軍馮忌(ふうき)を討って来なさい」と信に指示します。

2万の将軍を100騎で討てというとんでもない指令を、快諾する信。

そこで王騎将軍から信の100人隊に「飛信隊」という名が付けられます。

飛信隊は最初の任務「馮忌将軍を討つ」ため、こっそりと敵将馮忌将軍の右軍の横に移動します。

飛信隊の活躍で馮忌(ふうき)将軍を倒す

敵陣の右側近くまで、こっそりと移動した飛信隊。

目の前では壁軍が罠にかかり、弓矢の雨でボロボロにされています。

あそこに突入するのか、と怯む飛信隊メンバー。

しかし信の激励で、一気に士気が上がります!

勢いそのままで突入し、飛信隊は乱戦に持ち込みます。

死闘を繰り広げながらも馮忌将軍の元までたどり着き、信が馮忌将軍の首を取り終わります。


キングダム12巻名場面からの感想!

馬陽の戦いの序盤戦となる12巻ですが、戦闘シーンの中には熱い記憶として残る名場面がいくつも登場しています。

そんな名場面が、本当にたまらないかったです(泣)

信や飛信隊メンバーの名シーンを見ながら、感想をしていきたいと思います。

発奮する竜川シーン

敵陣の真横に移動し、突入前に怖気づいている伍長竜川。

先日第一子が生まれたばかりの竜川は、命が惜しくなり突入する作戦に気後れします。

その様子を見た他の隊員にも気持ちが伝染し、士気が下がっていきます。

隊員たちが突入前に命が惜しくなったことにより、最悪な突入になりそうな飛信隊。

そこで、信が呼びかけます。

「自分たちが失敗すれば全員死ぬ」

「そして帰りを待っている、お前らの村人も全員死ぬ」

「勝たなきゃお前の子供も殺されるんだ」

竜川や他の隊員にも向けて言う信。

「これは」

「そういう戦いなんだ」

信の言葉に表情が変わる飛信隊メンバー。

竜川は「ウオオ!」と叫び、頭を地面に叩きつけます。

「行こう 隊長」と腹が決まった表情で言う竜川。

そのままの士気で飛信隊は突入。

竜川の最高な活躍で、突入に成功することとなります。

ここ、たまんないですよね!

自分たちは何のために戦っているのか?

金や生活の為に戦っているのかもだけど、それだけではない。

国やひいては自分が最も大切にしている家族の為に戦っているんだ、ということを思い出させてくれる信の一言は、竜川だけでなく読者の気持ちも熱くさせてくれますよね!

「キングダム」らしい、素晴らしい名場面です!

澤圭の言葉で隊を二つに分ける信シーン

馮忌将軍の右軍に突入するも、分厚い守りに苦戦する飛信隊。

隊を半分に分け、精鋭部隊のみを突入させ馮忌将軍の首を取るよう淵副長が信に提案します。

しかしその提案は残る半分の隊を見捨てる事となり、信としては認められない提案となります。

そんな信に近くにいた信の元伍長澤圭が、背中を押します。

「我々も限界が近いですし、精鋭部隊が抜けたら我々も離脱します

「逃げるだけなら我々でも十分できますから」

「早く」

実際は逃げるのも難しい状況であり虚勢な澤圭の言葉ですが、これで信は隊を半分にして抜ける事を選びます。

そして馮忌将軍がいる中枢にまで信が到着します。

ここ、澤圭ならではの一言ですよね。

仲間を見捨てることができないであろう信。

しかしそれをしなければ、そもそもの目的である馮忌将軍の首が取れず全滅してしまいます。

「伍を一人も死なせたことがない信の伍長澤圭」からこれを言われれば、信は動く事ができますよね!

そしてこれを言う澤圭の気持ちを察すると、もうたまらなく熱いです!

先程の信や王騎将軍のようなカッコいい気持ちを奮い立たせられるセリフではないのですが、澤圭ならではの信の背中を押すセリフがたまらないですよ!

恩賞は生きてる奴も死んでる奴もキッチリ百等分

馮忌将軍の目の前まで来た飛信隊。

しかし干央(かんおう)将軍の第4軍、壁隊も到着し入り乱れる乱戦となります。

その乱戦に、唯一騎馬となっている信に「俺たちは良いから早く行って馮忌将軍の首を取れ」と歩兵の尾到が言います。

そんな尾到の言葉に他の飛信隊メンバーにも向け、信が叫びます。

「手柄はオレが貰うが恩賞は山分けにする」

「生きてる奴も死んでる奴も」

「全員まとめてキッチリ百等分だ!」

ここ、むっちゃ熱いですよね!

この言葉を受けた歩兵メンバーは、皆が涙を流し信を送り出します。

そして見事に馮忌将軍の首を取る事に成功します!

信がなぜ人に好かれ人望が厚いのかが分かる、素晴らしい名シーン・名言となっています。

12巻には「キングダム」らしい熱い名シーンが数多くありますよね!

読んでいるだけで気持ちが熱くなる巻だな、と感じました(^^)



キングダム12巻の伏線まとめと考察

蒙毅と蒙武は親子

蒙毅は呂不韋が初登場していますが、蒙武の息子とは明らかとなっていませんでした。

同じ名字ながらもあまりにもタイプが違う二人ですが、ここで蒙毅が蒙武の息子だと確定します。

ずっと登場し続ける二人の関係は要チェックですね!

田有・竜川・崇原・松左の活躍

11巻で登場している竜川や崇原、松左たち飛信隊メンバーですが、その実力がこの12巻で発揮されます。

竜川の爆発力。

崇原の剣術。

松左の槍術や頭脳・分析力。

田有や田永の人柄も描かれています。

今後も登場し続ける彼らの特徴、実力がこの12巻から発揮されていることが分かりますよね。

そういう意味で12巻は飛信隊という名前が生まれた巻ですが、飛信隊メンバーの実力が発揮された巻でもあると言えますよ!

ここ、要チェックですね!

今回は12巻を見てきましたが、数多くの名場面と飛信隊メンバーの活躍が登場する素晴らしい巻となっていました。

次の13巻では、そんなテンション高い展開が一変します。

いったいどのような展開となるのか?

13巻も必読ですよ!\(^o^)/

【キングダム単行本】コミックス13巻あらすじ感想と考察まとめ!蒙武・龐煖の活躍から羌瘣伏線も 馮忌(ふうき)将軍の首を取った信。 飛信隊としての初めての任務の達成に、隊は大いに沸きます。 さらにそこから趙軍を押...
【キングダム単行本】コミックス11巻あらすじ感想と考察まとめ!王騎将軍立つ とうとう王騎将軍が総大将となる戦い「馬陽の戦い」が始まります! 唯一の六大将軍であり、信の師匠でもある王騎将軍。 彼...
キングダムネタバレ考察!全ストーリーあらすじと重要伏線、簡単まとめ解説キングダムネタバレ考察...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です