最新話考察

進撃の巨人地鳴らし止まったのにアルミンがエレンを殺す理由を検証!【137話】

30巻122話にて発動した地鳴らし。

最終巻34巻137話にてジークが死亡し、とうとうストップする展開となりました。

リアルでは実に一年以上地鳴らしが展開していた訳ですが、作中では4,5日程度でした。

しかしその4日間は血の4日間であり、世界を震撼させるには十分な期間でしたが、エレン・ストッパーズの活躍により、コンプする前にストップする事ができました。

さて、ここで気になるのはその後に起こった展開です。

もともと地鳴らしを止める為にエレンを殺す苦渋の選択をしたストッパーズが、地鳴らしが止まったにも関わらずエレンを殺す為に動きました。

なぜ、地鳴らしが止まったのにエレンを殺そうとしているのでしょうか?

地鳴らしは止まっているのに、なぜジャンは泣きながらスイッチを押したのか?

地鳴らしは止まっているのに、なぜアルミンは超大型巨人化しエレンを殺そうとしているのか?

検証してみましょう!

◆進撃の巨人地鳴らしが止まったのにエレンを殺す理由とは?

地鳴らしは止まっていてもエレンは止まらなかったから?

Twitterで「地鳴らしが止まっているのにエレンを殺すのは、光るムカデを殺すためでOK?」とつぶやいたところ、いくつかの返答をいただきました。

もっとも多かったのは、「エレンは止まってないから」という答えです。

これ、Twitterで教えていただくまで全く思い付きませんでした。

「なるほど!」と、頷きましたよ!

読み返すと、たしかに地鳴らし巨人が止まった後でもエレン巨人の背景に砂ぼこりが舞っています。

ここから、もしかしたら地鳴らし巨人が止まってもエレン巨人だけは止まらずスラトア要塞に突き進みそうだったので、ジャンやアルミン達は止めようと考え「殺す決断」をしたとも考えられます。

地鳴らしが止まっても止まらないところも、「進撃の巨人」らしいですよね!(泣)

これはあり得るな、と感じました。

ヒストリアと接触することを恐れたため?

ジークを殺した事で地鳴らしが止まったことから、地鳴らしには王家血統がマストだと証明されました。

ということは、ジークと同じく王家血統であるヒストリアがいる以上、今後地鳴らしを発動させる可能性は十分にあります。

ここから二度とエレンが地鳴らしを起こさないように、エレンを殺す決断をしたのかもしれませんね。

これも十分に可能性がある予想だな、と感じました。

どんな理由があろうと虐殺だけは許さない、というハンジさんの考えを継承した調査兵団らしい決断とも受け取れます。


巨人の力の根源である光るムカデ=ハルキゲニアを消滅させるため?

真っ先にアースが考えたのが、この理由です。

光るムカデ=ハルキゲニアが巨人の力を生んだ正体ではとガビから聞いたジャン、ライナー達は、それを消滅させようと考えたのではないでしょうか?

進撃の巨人ネタバレ「光るムカデ」考察!ハルキゲニアと有機生物の起源はガビとファルコに倒される?【136話】「進撃の巨人考察!『トビアスと三大天使』から展開を予想!」を追加しました! ファルコ鳥巨人会議で、突然登場したガビの説明。...

その為に、まずエレン巨人の首を落とし登場させなければいけない。

そして登場したところをアルミンの超大型巨人化爆発で、エレンもろとも消滅させるしかない…

こう考え実行したのかな、とアースは考えました。

この辺りの予想は、獣の赤子継承考察でもしています。

進撃の巨人獣の赤子継承を検証!ヒストリア子か消滅か猿酉干支順から犬の巨人に?【137話】 137話でジークが死亡し、止まった地鳴らし。 ハンジさんの予想が正しかった事が証明されると同時に、間違いなく今回でジークは...

ここまでの考察で、エレンを殺そうとしている理由を以下のように予想できました。

  • エレン巨人が止まらなかったから
  • 二度と地鳴らしを起こさないようにするため
  • 巨人の力自体を消滅させるため

どれかかもしれないですし、全てが理由にも考えられますよね。

ただアルミン達の苦渋の決断は、どうしようも無く避けられなかったのではと感じられますよ(泣)



◆最後のアルミン巨人化でエレンは死んだのか?

「進撃の巨人」第137話「巨人」より

では、最後のアルミンの巨人化爆発でエレンは死亡するのでしょうか?

おそらくは、するでしょう。

それはエレンがと言うか、ハルキゲニア=光るムカデが死亡するのでは、という意味です。

始祖ユミルは必死に歴代巨人を使って、ジャンやピーク、ライナー達を止めていました。

例えば、ピークが爆薬マフラーを巻きスイッチを押そうとした時には、戦鎚が登場し止めていました。

ここから「首を落とされたら致命的」と感じますし、それはそこから登場せざるを得なくなるハルキゲニアが彼らの力で死亡する可能性があることを示していると考えられます。

となれば、その力とはアルミンの巨人化爆発しか無いでしょう!

つまり、ハルキゲニアはアルミンの超大型巨人化爆発で死亡する、と予想されます。

そしてエレンは現在、首と胴体が離れた状態となっています。

「進撃の巨人」第131話「地鳴らし」より

首と胴体を切り離されたら巨人化能力者でも死亡することは137話ジークの展開で分かっていますし、ハルキゲニアが消滅したらエレンもそうなります。

つまり、「ハルキゲニア消滅=エレン死亡になる」ということです。

この辺りはエレンが死亡する展開を予想!にて予想していますので、見てみてください!

ここから、アルミンの超大型巨人化爆発でエレンが死亡すると予想できます!

正直、最近こんな考察ばかりでキツイのですが…

しかしこの考察を避けていると138話を読む時にもっとキツくなりそうなので、最後まで考察し続けますよ!

138話では「エレン死亡」という、辛い厳しい展開が待っているのか?

覚悟を持って読まなければですね!(泣)

進撃の巨人ネタバレ138話予想!エレンと始祖ユミル登場からキヨミ様展開か「進撃の巨人始祖ユミルの未練回収から巨人は駆逐される?」を追加しました。 137話では「地鳴らし」が止まり「リヴァイ兵長の目的ジー...
進撃の巨人最新話ネタバレ考察!全伏線を完全網羅【全話】 伏線や謎が多く張り巡らされた作品である進撃の巨人。 進撃の巨人を楽しむためには、あらゆる角度から伏線を考察したりするのが欠...
アニメやマンガが見放題
進撃の巨人を無料で楽しむ方法

進撃の巨人のアニメやマンガを楽しむならU-NEXTがおすすめです!

今だけ31日間の無料トライアルがあるので、進撃の巨人のシーズン1、シーズン2、シーズン3、劇場版が見放題です!

初回特典でU-NEXTで「600ポイント」が無料でもらえるので、進撃の巨人の最新刊も無料で見ることができますよ!

U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

\無料キャンペーンあり/

U-NEXT公式ページ

↑タップでコスパ比較↑

POSTED COMMENT

  1. ユミル・イェーガー より:

    こんばんわ。

    東大生が選ぶ勉強になる漫画の第6位に「進撃の巨人」が入りましたね(笑)
    現実世界が内包している民族問題・人権問題などを深く見つめ直すためのバイブルになるとか。

    お題のエレンを何故殺すのか?

    最終話までエレンの生死はまだまだわからないと踏んでます。

    圧倒的加害者である巨人に立ち向かう主人公のエレンが描かれる物語前半。
    後半はその主人公のエレンが「地ならし」という絶対的な加害者となる。

    立場が変われば「正義と悪」が入れ替わる。
    目的が変われば「敵と味方」が入れ替わる。

    ハンジさん曰く「理解する気持ちを諦めない」
    聖書曰く「罪を憎んで人を憎まず」

    もしも諌山先生が、作中の人類たちに「罪を憎んで人を憎まず」というものを描き切るとするなら…始祖ユミルは転生し、エレンは生きる。

    もしも諌山先生が、作中の人類たちに「残酷な世界」と「人の闇」「人の性」、人間の愚かさとはかなさを突き付けるなら…始祖ユミルは座標と供に消滅し、エレンは死ぬ。

    もしも諌山先生がその両方を描き「答え」を作中の人類と読者に委ねるなら…始祖ユミルは転生し、エレンは死に、課題として「何か」を残す。
    「何か」は「希望」かもしれないし、「座標や道・巨人の力の源」かもしれない。

    失礼いたしました。

    • >最終話までエレンの生死はまだまだわからない
      たしかにですね。
      ただ生死を肉体の死と定義した場合、まず生き残る事は厳しいでしょう。
      タイムリープやパラレル、転生展開が起こればそちらの世界で生き残れるかもですが。

      >もしも諌山先生が
      本当にここですね。
      諫山先生が落とし所をどこにするか?
      最後まで見届けなきゃですよ!
      勉強になる漫画6位に選ばれた作品の落とし所、むちゃ注目です!\(^o^)/

      管理人アース

  2. おおぞらバード より:

    アルミンインパクトで決着!とはいかないと
    感じます。

    粉々に飛び散った骨の 巨人細胞が大気中を
    漂い、何年か後に巨人細胞が地上に降り注ぎ、
    再び巨人化の恐怖がやって来る可能性があり
    ます。

    また、骨は粉々にならず、爆発エネルギーが
    骨に吸収され 始祖は強大な完全体となって
    甦ることも考えられます。

    何れにせよ、この爆発で一気に片がつくとは
    考え難いと思います。

    • >この爆発で一気に片がつくとは考え難い
      アルミンの巨人化からどんな展開になるのか?
      残り2話なので…エピローグでミカサ関係が登場するとなるとここで…というイメージもあります。
      ただ本当に着地点が見えないので、目が離せませんね!

      管理人アース

  3. 蒼雪 より:

    ……うーむ、こうなるでしょうねぇ。エレンの死亡。
    と、なると、例の赤子継承が起こるのか、それとも、この闘いを契機に巨人自体がもう生まれなくなるのか……。はてさて。
    赤子継承によるエレンの転生体がヒストリアの子ども、なんて展開はあるのかなぁ……。
    何にしても先が読めませんよね。残りの連載回数を公表する漫画って初めてです。漫画の歴史的には例があったのかもしれませんけども。

  4. 井筒孝庵 より:

    こんにちは。

    > エレンを殺そうとしている理由を以下のように予想できました。
    > ● エレン巨人が止まらなかったから
    > ● 二度と地鳴らしを起こさないようにするため
    > ● 巨人の力自体を消滅させるため

    ハルキゲニア/巨人の力→エレンの意思→エレン巨人と壁内巨人群の行軍 という繋がりなので、どれもだろうと思いますが、作中のあの状況だと、歴代知性巨人の加勢に対するストッパーズの反応にも見られるように、??!な混乱した状況でもあるので、

    ズコチャンさんのご指摘にあるように、また団長のまとめの最初にあるように、まずは、

    進撃の巨人が止まらなかったからだろうと思います。シンプルに(*^ω^*)

    ーーーーーーーーーーーーーー

  5. ユミル・イェーガー より:

    アース団長、
    ぽんさん
    ともさん

    おはようございます!

    ぽんさんのコメント
    >エレンストッパーズに首を取らせるまでが、実はエレンが仕掛けたハルキゲニア駆逐作戦だったのでは?
    に1票!!!

    ここまでがエレンの言う「終わらせてやる!」作戦!!!

    ともさんのコメント
    >話し合いというのは暴力の対になる存在としてこれまでも描かれてきているので、物語の中で重要な展開として出てくるはず
    に1票!!!

    アニパパとミュラー長官サイドもこの展開ありそうですね。

    失礼いたしました。

  6. ぽん より:

    この考察を読んで、エレンストッパーズに首を取らせるまでが、実はエレンが仕掛けたハルキゲニア駆逐作戦だったのでは?なんて思いました。
    巨人を「駆逐してやる!この世から一匹残らず!」の執念はエレンの中に終始一貫してたのではないでしょうか?
    進撃の未来視能力でエレンは絶望したわけではなく、巨人を一匹残らず駆逐する終末へ向かって、ひたすら苦しい決断を独りで耐え続け、仲間を思いやり続けて来たのだとすれば、形式的にはバッドエンドだとしても、物語を読んだ人の心は消してネガティブにはならない…そんなハートフルな結末を諫山先生は用意してくれているんじゃないかな?と、ふと、考えるました。
    ラストシーンはエレンの未来を知ってなお、赤子エレンを抱きしめるグリシャ…説に一票です。

  7. とも より:

    初めてコメントさせていただきます。この先の展開ですが、ユミルとエレン(この場合、大地の悪魔は進撃の巨人)、もしくはユミルとアルミン達(この場合、大地の悪魔はクサヴァー巨人)の間で、何か契約を交わす場面があるのではないでしょうか。契約を交わすには話し合いをする事になるので、ここでこれまでの「まだ話し合っていない」や「話をしよう」といった発言の伏線が回収されます。話し合いというのは暴力の対になる存在としてこれまでも描かれてきているので、物語の中で重要な展開として出てくるはずです。ユミルが大地の悪魔と契約している様子が書物に描かれていましたが、あれは進撃の巨人の過去の継承者がこの場面をを見て書いたものだと予想します。それが巨人の起源だと人々が誤って解釈してしまったのかもしれません。

  8. 二度目の投稿 より:

    今晩は。団長!
    いろいろ、積み残された謎の回収を望みつつ、考察ファンの為に最後の最後には大きな謎を残して終わらせて欲しいと思ってます。
    そうすれば、進撃ロス後も盛り上がりますし、アニメで回収か?と賑わいますしね。

  9. 巴里の恋人@アース調査兵団分隊長 より:

    団長殿、いつも更新お疲れ様です。

    地鳴らしが停止したにもかかわらず、まさかこのタイミングでアルミンが光臨する展開は予想外でした。
    おそらくこの流れだと、エレンは助かりそうにないですね(涙)

    色々な要因が考えられますが、地鳴らしを望んでいたのはエレン本人だったので、エレンを殺さなければまた地鳴らしが起こる可能性がある言う解釈なんでしょうね。
    道で少年エレンから「オレを止めたいのなら、オレの息の根を止めてみろ」と言う確固たる信念を聞かされているのも理由になっていると思います。

    そんな中、アルミンが言っていた「始祖ユミルが繋がりを僕らに求めた」事は重要な事だと思います。
    始祖ユミルからしてみればジークの安楽死計画も、エレンの地鳴らしも賛同出来る事ではなかったはずです。

    ただ、ユミルの民の根絶は受け入れられないので、巨人の支配を終わらせたいエレンに加担してしまったのではないかと。
    その結果としてアルミンに助けを求めて、オカピ巨人に呑み込ませたのではないかと考えます。

    次回は始祖ユミルの求めていた「何か」の真相が、アルミンの口から語られるような気がしています。
    巨人による支配を終わらせたいと言う想いは、始祖ユミルも同じだったと考えたいですね。

    ただ、このままだと本当にエレンはおしまいDEATH。
    おまけに道にいたのが少年エレンだったのも謎のままです。

    個人的にはエレンの思考が子供のから変わっていなかったと言うオチは嫌ですが、エレンもまた森で迷子になっている子供なのかもしれません。
    アルミンの友情とミカサの愛が奇跡を起こしてくれる事に期待したいです。

    • >「オレを止めたいのなら、オレの息の根を止めてみろ
      ありましたね!
      これ、このままだとそのままの伏線になりそうですね。

      >このままだと本当にエレンはおしまいDEATH。
      ところどころに挟んでくるネタが笑えてたまらないDEATH(笑)
      アルミンとミカサの展開で奇跡を起こして欲しいですよ!
      最後まで期待を捨てず、読み進めたいです(泣)

      管理人アース

  10. ななみん より:

    エレン死亡展開となると例の最後のコマのエレンらしき人物は一体誰なんだと思いましたが、結局はどうなんでしょうか。グリシャではないかとも言われてますし、死後のエレンが記憶ツアー的な感じで現実世界に少しだけ干渉するということも考えられますかね。ここからどうなってあの最後のコマに辿り着くのか、ホントに最後の最後まで展開が読めないですね…

    • >エレン死亡展開となると例の最後のコマのエレンらしき人物は一体誰なんだ
      「おまえは自由だ」の人物ですね。
      記憶ツアーかもしれないですしループ発動からのパラレルかもしれません。
      この辺りは妄想しかできないですが…本当に最後の最後まで展開が読めないです(;´Д`)

      管理人アース

  11. ズコチャン より:

    「なぜエレンを殺そうとするのか」
    考察していただきありがとうござます!私もコメント欄で質問していたので、私の質問に答えてくれたみたいで嬉しいです!(そんなわけないけど…)
    納得できました。私は、エレンを殺そうとする理由は「進撃の巨人が止まらなかったから」だと思います。そして、エレンは爆発に巻き込まれて死んだとも思います。ファルコの巨人が始祖鳥そっくりだったので、「ファルコが始祖継承」という展開を予想していたのですが、なさそうです…
    次回、エレンとミカサの座標での展開はあるのでしょうか?楽しみです。

    • >私の質問に答えてくれたみたいで嬉しいです!
      ズコチャンさんの質問コメントも頭にありましたよ。
      「解決しました」と言われたのですが、自分でまとめたくなり…記事のキッカケをありがとうございます!

      >エレンとミカサの座標での展開はあるのでしょうか?
      これ、期待したいですよね!
      必ずどこかで会話があると思うので、やはり座標なのかな?
      楽しみですよね!(*^^*)

      管理人アース

  12. 二度目の投稿 より:

    おはようざいます。
    二度目の投稿です。
    少し捻りますが、お許し下さい。

    エレンを殺すというより、ハルギニアを吹き飛ばすことにより、現実世界でエレンを復活させられる可能性がなくなるので死亡確定になると思いました。
    それは、エレンが道世界で目を覚ました時に、ジークからエレンが事切れる直前に始祖の力を発動させる事ができたと説明してましたから、現実世界では既に死亡しており、生と死のない道の世界においてのみ存在できる状態だったと考えられます。
    アルミンが道の世界で全てを理解し(ひょっとしたら始祖のユミルと会話したかも)、ハルギニアに生かされている状態であることを皆に伝えたから、エレン抹殺に抵抗していたミカサも止められなかった。
    というところではないかと。

    • >ハルギニアに生かされている状態であることを皆に伝えたから、エレン抹殺に抵抗していたミカサも止められなかった。
      この展開もありそうですね!
      アルミンにそのタイミングは無かったかもですが…ガビがライフルで頭吹き飛ばした時に光るムカデが…の時点で「エレンは光るムカデに生かされているのかも」と皆察したかもです。
      この辺りがキチンと確定で描写されるかは分かりませんが、色々な可能性を考えておかなきゃですね!(*^^*)

      管理人アース

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です