【進撃の巨人アニメ4期】Season4(シーズン4)

進撃の巨人アニメ13話(72話)感想解説!リヴァイが「森の子」?フロックの演技がスゴイ

アース
アース
3月7日(日)深夜放送の進撃の巨人FinalSeason第13話です。

原作では残り2話な「進撃の巨人」。

明日9日が本誌別冊マガジン発売日となり、ラスト1話となるまさに熱い時期となっていますが、アニメもかなり熱い展開となっていました。

サシャ父から明かされる「森の子ら」の名シーンは、いったいどのような演出だったのか?

そして気になっていたファルコが体をゴシゴシされる描写は、どのように描かれるのか?(笑)

さらに、森の子となったリヴァイも登場?

アニメ13話を見て行きましょう!

進撃の巨人アニメシーズン4【理解できない人向けにマーレ編のキャラと世界観を解説】 ついに進撃の巨人のアニメシーズン4(Final Season)が放送開始となりました! 2020年12月7日に...
【VOD】アニメ視聴におすすめの動画配信サービスを比較【評判&口コミ】 動画を視聴できるサービスは数多く存在していてどれを選べばいいのか悩みますよね。 しかし、多くの比較サイトでは広告報...

進撃の巨人アニメ13話(72話)のストーリーを解説

巨大樹ホテルで会話するリヴァイとジークの意味

ラガコ村を巨人化した方法と目的をリヴァイに語る、ジークの場面から始まりました。

ジークの脊髄液が混ざったジーク・ガスで巨人化した事が、明らかとなりましたよね。

これ、懐かしい話ですが9巻でウトガルド城を襲った巨人達の正体がコニーの出身村であるラガコ村の住民だった事の説明となっています。

それまでラガコ村の人々がどうやってジークに巨人化されたのかは、ずっと謎なままとなっていました。

巨人化には注射がマストだったことから、ジークとピークが医者に扮してラガコ村を訪れ一人ひとり注射したのか、とか。

もしくはラガコ村の井戸に脊髄液を投入したのか、とか様々な考察がされてきました。

ここで回収、という形になりましたね。

ジーク液ワインの目的は

兵団幹部に振る舞われていたワインにジーク脊髄液が混入されていた、と今回明らかとなりました。

そのワインをファルコが飲んでしまった、という展開はかなり驚きましたよね。

ただこれは物語の最終盤にまで繋がる大切な伏線にもなっているので、抑えておきたい展開です。

いっぽうでこのワインはイェレナが乗ってきた最初の調査船から積んできていた、とニコロから明らかと説明がありました。

つまりは最初からパラディ島をジークの脊髄液で支配しよう、と決めていた事になります。

やはり「エルディア、パラディ島のため」と話し合っても地鳴らし計画は受け入れてもらえないだろう、という為の保険と、安楽死計画という真の目的がバレた時の為に仕掛けていたとも考えられます。

ただどちらにしてもパラディ島内の兵団中枢はイェーガー派とイェレナに抑えられた、という事になるのでここは要チェックポイントとなりますね。


イェーガー派の目的とは

今回、イェーガー派がニコロを拘束し、さらにハンジ達調査兵団メンバーを拘束する展開となりました。

彼らの目的はエレンとジークを接触させ、地鳴らしで世界からパラディ島を救う事にあります。

その決断の強さは前回ザックレーを爆殺したことからも分かりますし、さらに今回ジーク脊髄液ワインを上官に飲ませていた事を容認していたことからも察せられます。

ハンジを含む兵団上官達から世界からパラディ島を守る上策が出ず、決断しないことへの不満が爆発したということが良く分かる展開だとう、と感じられます。

そう考えると悪魔に見えるフロックの笑顔も、パラディ島を想う気持ちの表れ、とも受け取れますね。


◆進撃の巨人アニメ13話(72話)感想考察!

「森の子ら」は「サシャ父の話とリヴァイ」でまとめた?

FINAL10話「正論」、11話「偽り者」、12話「導く者」、13話「森の子ら」は、タイトルは原作からそのまま使われていますが、相応する内容はかなり変わっていました。

特に前前回の「偽り者」は、原作の冒頭では今回のジークのラガコ村巨人化の説明でした。

「脊髄液を摂取すると体が硬直する」という「偽った情報」を語るジークにもかかったタイトルでしたし、ウソの説明をするイェレナにもかかったタイトルでした。

しかし、アニメでは違っていましたね。

前回の「導く者」も、原作ではエレンではなく、カヤを導いたサシャやルイーゼを導いたミカサが描かれていました。

しかしアニメでは「偽り者」が描かれ、エレンが「導く者」として描かれていました。

この辺り、「偽り者」というタイトルの意味を殺してでもエレンを「導く者」として描きたかった、という感じに受け取れましたよね。

そして今回「森の子ら」はサシャ父の名言そのままが登場しながら、途中途中でリヴァイ兵長が登場しました。

もしかして巨大樹にいるリヴァイ兵長をも「森の子ら」として描いているのか、とフカヨミしてしまうまとめ方。

MAPPAさん、ここに来て色々なところを攻めて改変して来てるな、と感じましたよ(笑)

そして次回の「暴悪」に登場するであろう原作そのままな部分、さらにエレンの「暴悪」もまとめたという形になりそうで、むちゃ期待です!(^^)

期待していたフロックの「シー」

サシャが殺されたのは憎しみの連鎖という森の中をさまよったからだ、という名演説がメインなアニメFINAL13話。

ある意味そこよりも今回見られるのを楽しみにしていたのが、フロックの「シー」です。

これ、アニメでは原作以上に「闇が深そう」に感じませんでしたか?

特に「店内ではお静かに」というセリフ、むっちゃ人を小馬鹿にしているような。

フロックの考え方、島を思ってのことというのを踏まえても「腹が立つな」と感じるシーンでした。

いや、そう魅せるフロック声優の小野賢章さんの演技が光るシーンだったな、と感じましたよ。

原作以上のフロックを感じる、アニメフロックでした!(^^)


◆進撃の巨人アニメ13話(72話)【現在公開可能な情報】

マーレ料理
魚やエビ、貝類などをメインとした
マーレの郷土料理。
揚げ物や酒蒸し、マリネや香味野菜での煮込みなど
様々な調理法があり、
国内外を問わず、多くの人々に親しまれている。
また、マーレ南部名産の赤ワインは、
食事の隠し味や、お供として欠かせない逸品。

ジーク脊髄液入りの赤ワインがマーレ南部名産品!?

ここ、思わずサシャ父のマーレ南方訛りと…と考えそうになりましたが、たぶん意味は無いとシャットアウトしました(笑)

アニメ72話の展開を予想していました。

自己検証してみます!


◆進撃の巨人アニメ13話(72話)あらすじ予想の自己検証!

ガビとファルコが、サシャファミリーとニコロレストランにやってきた場面から始まります。

ニコロの料理を美味しくいただくサシャファミリー。

そこに、ハンジ達調査兵団が到着します。

別室で待たされることになります。

食事の途中、ガビとファルコがニコロに接近。

自分たちがマーレの戦士候補生であり、サシャを殺したと明かします。

サシャが好きだったニコロは激昂し、ワインの瓶でファルコを殴りつけ、ガビをボコボコにします。

サシャ父の前にガビを突き出すニコロ。



ガビがサシャを殺した本人だと明かし、殺すと言い切ります。

しかし、サシャ父に諭され思い直すニコロ。

ガックリと力尽き、騒ぎを聞きつけやってきた調査兵団に拘束されます。

最後に、ワインの中にジークの脊髄液が入っている事を明かします。

そこにやって来るイェーガー派。

フロック達イェーガー派に、調査兵団とサシャファミリー、ニコロは拘束されます。

別室でエレンと話をするアルミンとミカサ。

暴言を吐くエレンにアルミンが切れ、エレンを殴りつけます。

しかし、逆にボコボコにされてしまいます。

拘束され、ハンジ達と共にシガンシナ区に連れて行かれます。

最後にジークを監視するリヴァイ兵長が登場し、終わります。

このような展開を予想しますよ!

原作28巻111話「森の子ら」と112話「無知」の前半と予想します。

タイトルは「森の子ら」と確定しています。

予想ここまで!

⇛「無知」前半は無かったですね。

ここはかなり混ざった編集となっていました。


◆進撃の巨人アニメ12話(71話)見どころを予想

見どころは2点あります。

1点目は、タイトル「森の子ら」を表すサシャ父のシーンでしょう。

命を奪い合う森から子どもだけでも出してやらないといけない、というサシャ父らしい名言をアニメで見られるのは本当に楽しみです!

2点目はエレンとアルミン、ミカサの話し合い場面ですね。

非常に辛い場面ですが、エレンがミカサに対し「お前が嫌いだった」と吐くシーンは間違いなく必見です。

ちなみに耳が赤くなるのかは要チェックだと巴里の恋人さんからコメントにていただいていおります(笑)

アニメ1話に登場したオリジナル設定「エレンはウソを付くと耳が赤くなる」がここで回収されるのかは、要チェックですよね!

WIT STUDIOさんが仕掛けたアニメオリジナル伏線が、MAPPAさんで回収されるのか?

サシャ父の名言と共に要注目ですね!\(^o^)/

予想ここまで!

⇛3人の話し合いは次回「暴悪」に回されましたね。

来週、エレンの耳は要チェックですよ!\(^o^)/

進撃の巨人アニメ14話(73話)感想解説!地震中断の3月21日2話連続放送でリヴァイ登場 とうとう来た「ずっとお前が嫌いだった」。 原作28巻112話「無知」で、原作派を地に落とした衝撃シーンがとうとうアニメでも...
進撃の巨人全シーズンのストーリー解説&重要キャラクターまとめ【伏線考察あり】進撃の巨人には二つの物語がある。 5年以上前に考察サイトを始めた当時、良く使っていた言葉でした。 その二つの物語を詳...
進撃の巨人アニメシーズン4【理解できない人向けにマーレ編のキャラと世界観を解説】 ついに進撃の巨人のアニメシーズン4(Final Season)が放送開始となりました! 2020年12月7日に...
アニメやマンガが見放題
進撃の巨人を無料で楽しむ方法

進撃の巨人のアニメやマンガを楽しむならU-NEXTがおすすめです!

今だけ31日間の無料トライアルがあるので、進撃の巨人のシーズン1、シーズン2、シーズン3、劇場版が見放題です!

初回特典でU-NEXTで「600ポイント」が無料でもらえるので、進撃の巨人の最新刊も無料で見ることができますよ!

U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

\無料キャンペーンあり/

U-NEXT公式ページ

↑タップでコスパ比較↑

POSTED COMMENT

  1. 名無しの巨人 より:

    今更かもですが、Twitterで見て感動したので・・・
    よく「メメント・モリ」とか言う「モリ」ですよね?

    >「森」が死を包括してるのはラテン語の「mori」が死を意味するからだと思いますね
    進撃ラテン語めちゃくちゃ使われてるんだよマーレ(mare)は「海」という意味です(ここもまた意味がわかるとより一層酷い)(海を見たかったエレンとアルミンにマーレを破壊させる所がもうエグすぎなんだよ)

    >進撃最新話読んだんですけど進撃ってサシャ父の「森を抜けろ」という強いメッセージが至る所に散りばめられてると思うんですよね。リヴァイの部下が死んだのも森 ハンジが戦うことを諦めかけたのも森 始祖ユミルが命を追われたのも森 

  2. おおぞらバード より:

    「森の子ら」に リヴァイがなぜ入って
    いるのか?
    それは リヴァイがジークを叱っていて
    「森のコラッ!」だからでしょう(笑)

  3. コダヌキオタヌ より:

     失礼致します。コダヌキでございます。

     記事作成お疲れ様です。

     ガビとニコロの言い争いからアルトゥルが話す場面。漫画を読んだ時は考えさせら
    えるだけでしたが、アニメと声優さん達の演技力に目が潤みました。楽園側とマーレ
    (収容区)側、双方の立場と言い分が分かるので聞いていて辛かったです。
     私は四十代ですが、ブラウス夫妻のような大人でいなければと痛感します。子供は
    おりませんが、なるべく未来の世代に負の遺産を残さぬよう、ブラウス夫妻のように
    生きたいと思います。そう思えるのは、【進撃の巨人】に出会えたお陰です。
     牧場の少年にアルトゥルが「父ちゃん」と呼ばれていた事にも、彼の人柄が現れて
    います。

     フロックが変わったのは髪形だけでなかった!小野さんの演技も凄いです!
     変化の振れ幅がエレン程ではなくとも、フロックの人格が豹変したのはマリア奪還
    作戦で生き地獄を味わった所為です。行動の良し悪しは別として、彼も戦争や社会の
    同調圧力による被害者です。今回のクーデターの責任は勿論フロックも負うべきです
    が、彼だけでなく壁内人類にもその責任はあります。
     フロックは104期兵とは話し辛いでしょうから、ロボフのような大人の先輩兵士
    に言い分や悩みを聞いて貰えれば、遠くても森の出口が見えたかもしれません。です
    が、それでは物語が展開しませんね。

     収容区の祭り場面から思っている事ですが、Finalseasonは深夜に食欲が刺激される
    ぐらい食べ物の画が美味しそうです。マーレ料理には白ワインも合いそうですね。

     失礼致しました。

    • >私は四十代ですが、ブラウス夫妻のような大人でいなければと痛感します
      アースも40代ですが、アルトゥルさんも同世代のはずです。
      云ってても50歳くらいでしょう(サシャの年齢から)
      とても敵いません。ホンとに深い人格者ですよね!
      フロックの演技、スゴかったですし原作よりも人間が感じられました。
      声優さんの演技が入ると、本当に臨場感が湧きますよね!
      マーレ料理の臨場感は…ホンと美味しそうでした(笑)
      来週の「無知」が怖いです(泣)

      管理人アース

  4. 巴里の恋人@アース調査兵団分隊長 より:

    団長殿、いつも更新お疲れ様です。

    初っ端のラガコ村でのガス散布ボンベを使用する場面が登場したりと随所に丁寧な改変が為されていましたね。
    闇落ちしたフロックの「シー」の表情が、原作をはるかに上回っていたのにも驚かされました。

    今回見ていて感じた事ですが、今にして思うと全ての責任は大人達にあり、迷子になっている子供達を森から出してやらなければならないと言うサシャパパの言葉は重いですね。
    原作を読んでいた時は自分はそこまで大人にはなれないと思っていましたが、ミュラー長官が迫り来る地鳴らし集団を目の当たりにして初めて「二度と同じ過ちは繰り返さない犯さない」と悟ったのに対し、サシャパパは既にこの時点でその境地に達していた事になります。

    final seasonは原作の91話からのスタートだったので、ここまでで20話進んだ事になります。
    原作だと2年近くかかったお話を、たったの3週間で消化しているので、まだ記憶に新しい場面がアニメ化されるのは感慨深いです。

    1クール目が16話で終了と言う事になると、キリのいいところで115話まで進むかもしれません。
    団長殿の予想はいかがでしょうか?

    • >1クール目が16話で終了と言う事になると、キリのいいところで115話まで進むかも
      115話までは間違いなく進むと予想します。
      もしかしたら117話くらいまで行くかも、とイメージしていますよ。
      116話でライナーとエレンが睨み合って終わるか、117話で獣が登場して終わるか。
      この辺りでは、とイメージしています(^^)

      管理人アース

  5. おおぞらバード より:

    「こんばんは、徳川家康です。
     少しおさらいをしてみましょう。」
    この大河ドラマ「青天を衝け」ですが、2つの
    別々のサイト、渋沢栄一サイトと 徳川慶喜サイト
    この2つが同時進行していきます。
    その各サイトでしっかりドラマを造り、2つを結ぶ
    「接点」を介して 両サイトを上手く繋いでいるのが
    分かりやすくて面白いと思います。
    その「接点」には、黒船来航や 跡継ぎ問題などを
    持ってきています。

    さて、今回のアニメでも レストランサイトとジーク
    ホテルサイトという 別々の場面が同時進行します。
    が、原作では飛び飛びだった話を 各サイトにしっかり
    まとめてあったのが良かったです。
    さらには「接点」となる「ジークワイン」。これで
    両サイトが繋がり、接点を介してサイトが移り変わる
    という展開が上手くいったと思います。

    これはやはり、徳川家康殿を見習って参考にされたの
    ではと思っております。(笑)

    • 上手い描かれ方がされていましたよね。
      次回もエレンとアルミン、ミカサ会談シーンとオレのホテルシーンと「二つの戦局」が描かれるでしょう。
      楽しみです!

      管理人アース

巴里の恋人@アース調査兵団分隊長 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です