キングダムアニメ

キングダムアニメ3期18話あらすじ感想解説!心震える信と政の邂逅シーンに涙

アース
アース
8月22日深夜放送のキングダム3期18話の内容です。

麃公将軍が討たれ、ボロボロで咸陽へ敗走する飛信隊たち秦軍。

近く追いつくであろう李牧軍に打つ手はなく、未来に希望を見い出せないはまさにボロボロでした。

そんな絶望の状況で立ち寄った蕞の城での大王嬴政(えいせい)との邂逅シーンは、本当に光っていましたよね!

政の甲冑も黄金で光っていましたが(笑)、そこには希望があり光っていました。

さて、蕞の城に討って出た政ですが、果たしてこれはどこまでが史実なのでしょうか

実際に歴史的にも、蕞の城で戦いは起こったのか?

大王嬴政が討って出たのは、史実なのか?

検証してみましょう!

キングダムアニメ3期18話解説!

大王政が蕞(さい)に討って出たのは史実なのか?

紀元前241年に合従軍が起こり秦を攻めたのは史実である、アニメ3期1話記事にて解説しました。

趙の歴史書「趙世家」には「悼襄王4年、龐煖は趙・楚・魏・燕の4国の精鋭部隊を率いて秦の蕞を攻めた」とあります。

つまり、蕞の城で秦軍と合従軍がぶつかったのは、史実なのでしょう!

ただし合従軍を率いたのは李牧ではなく、龐煖(ほうけん)のようです。

では、ここに大王政が討って出たのは史実なのか?

これは、まずあり得ないですよね。

もし大王が討って出たのではあれば、史書にも書かれそうなものです。

そして実際は定かではないですが、実際に秦軍全軍を率いていたのは当時の権力者である呂不韋ではないか、と考えられているようです。(Wikipedia「呂不韋」より)

この歴史は逆に「キングダム」とは真逆過ぎて、面白いですよね(笑)

呂不韋の動きを警戒してのもあり討って出た「キングダム」嬴政とは、真逆過ぎで(笑)

実際の歴史と比べながら見る「キングダム」は、本当に面白いです(^^)

キングダムアニメ3期18話の感想!

前回から楽しみにしていた信と嬴政の再会。

原作でも最高なシーンでしたが、やはりアニメで黄金に光っている政にはオリジナルな輝きがあり最高でした!

そして信の「ちょっとだけ、つかまらせてもらっていいか…」が来たー!!!

政の「気にするな。俺はもう何度もお前につかまっている」はもう最高すぎて…

嬴政役の>福山潤さんの演技、最高でしたね!

「コードギアス」のルルーシュでも感じましたが、力強いクールな演技が最高でした。

正直、蕞で信が嬴政を見て涙を流した辺りから、アース自身の目にも涙が溢れて来ていました。

それくらいこのシーンが楽しみで期待していて、見たら期待通り以上のシーンで…

気付いたら、完全に号泣していました(泣)

しかし、次回にはさらに上を行くであろうシーンが待っています。

今回3期18話と次回19話は、「キングダム」屈指の名場面が続くという最高な回になります。

次回の展開は、間違いなく心震える名シーンになると、確信していますよ。

今回の嬴政役福山潤さんの演技を見て、再確信しました!\(^o^)/

次回の嬴政の名シーンは、必見です!

次回もハンカチ用意しなきゃと書きながら思っているアースでした(^^)

キングダムネタバレ690話あらすじ感想考察!飛信隊の影丘攻略から「桓齮祭り」か 690話「予定通り」。 信と岳白公(がくはくこう)との戦いが白熱する影丘攻略戦ですが、この一騎打ちにとうと...
キングダムアニメ3期17話あらすじ感想解説!麃公将軍が最期に残した伏線を検証 17話「本能型の極み」。 60巻を超える原作でも李牧をここまで追い詰めた本能型の将軍は、登場していないので...
キングダムネタバレ!全ストーリーあらすじ解説まとめ【最初から最新話までみどころ考察】キングダムの最新話「694話695話」の確定ネタバレあらすじ感想を毎週木曜日に更新!全話のストーリーとみどころ、伏線を網羅して解説しています。 アニメ4期は2022年4月放送決定!成蟜反乱編...
アニメやマンガが見放題
進撃の巨人を無料で楽しむ方法

進撃の巨人のアニメやマンガを楽しむならU-NEXTがおすすめです!

今だけ31日間の無料トライアルがあるので、進撃の巨人のシーズン1、シーズン2、シーズン3、劇場版が見放題です!

初回特典でU-NEXTで「600ポイント」が無料でもらえるので、進撃の巨人の最新刊も無料で見ることができますよ!

U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

\無料キャンペーンあり/

U-NEXT公式ページ

↑タップでコスパ比較↑

POSTED COMMENT

  1. ユミル・イェーガー より:

    >合従軍を率いたのは李牧ではなく、龐煖
    >実際に秦軍全軍を率いていたのは当時の権力者である呂不韋ではないか

    勉強になります。
    真逆のオリジナルフィクションストーリー・・・
    キングダムの最大の魅力ですね。

    • 管理人アース より:

      >オリジナルフィクションストーリー・・・
      李牧がまだ史実には登場していないので、李牧については全部フィクションになっちゃいますよね。
      原先生はホントスゴいです(^^)

      管理人アース

  2. 団長殿、いつも更新お疲れ様です。

    冒頭部分を見ていて感じた事ですが、これが呂不韋の偽らざる本音なんでしょうね。
    討ち取らなければならない敵は外だけではなく内にもいるわけで、政が自ら出撃せざるを得なくなる気持ちも理解出来ます。

    こんな時に誰よりも頼りになる信ですが、想像以上に憔悴していましたね。
    政とのやり取りは互いの深い信頼関係が垣間見られ、見ていて胸を熱くさせられる場面でした。

    ここまで見ただけでかなりお腹いっぱいなのですが、ここからさらにパワーアップしていくとは凄過ぎます。
    ちなみに自分は麃公将軍が天に召される事ぐらいしか予備知識が無いので、この先の展開を自分なりに予想しつつ、ハラハラドキドキしながら見守っていきたいと思います。

    • 管理人アース より:

      >ここからさらにパワーアップしていくとは凄過ぎます。
      いや、次回は本当に期待して良いと思います。
      今回で嬴政の演技が素晴らしいと個人的には感じました。
      演出も原作を踏まえてキチンと作られているので。
      次回と終盤にもう1シーン「絶対見なければ」というシーンがあります。
      そこは本当に楽しみにしていますよ!\(^o^)/

      管理人アース

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です