ワンピースネタバレ

【ワンピース】ネタバレ第1023話あらすじ感想考察!モモの助、光月おでんと親子なのか!?

【ワンピース】第1023話あらすじ、概要

今回は第1023話のあらすじや概要を見ていきたいと思います!

第1023話のタイトルは「瓜二つ」。

しのぶの能力で大人になったモモの助が「光月おでん」と親子ならではの瓜二つ。

というのが1番に思い浮かびそうなタイトルですよね!

そして、気になるのが前話で明らかとなりつつある「大看板”キング”」の種族についてです。

その様子も少しずつ明らかとなってきておりますので、楽しんでいきましょう!

~ゾロ&サンジvsキング&クイーン~

話は前話、ゾロとサンジがクイーンとキングに強烈な一撃を放った所から始まります。

「ゾロ十郎が復活したァ〜!!!」

「サン五郎さんやっちまえー!!!」

そんな味方の声援を受けながら、戦うゾロとサンジ。

そして、本当にゾロの怪我が治った事に驚くチョッパー。

その様子にミンク族の医者ミヤギは「後が怖いですが」と頻りに不安そうにしていますね。

「超回復薬」の副作用とはどのようなものなのでしょうか?

現場にはチョッパーやミヤギ、マルコもいますし、大丈夫だとは思いますが、やはり心配ですね。

キングとクイーンが倒れている描写が描かれた後、「百獣海賊団」の1人がゾロに向かって銃口を向けます。

銃弾が放たれるすんでのところで阻止したのが、「赤鞘九人男」の河松でした!

河松が参戦したおかげで、戦力は増し、キングとクイーンとの戦いも優位に持って行けると思ったのですが、

「敵も味方も全員あの戦いに近づけるな・・・」

ヒョウ五郎親分がゾロとサンジvsキングとクイーンの決闘に敵味方関係なく、近づけさせないように親分衆に言い聞かせていました!

この時のヒョウ五郎親分は、登場した時の親分の気弱な部分はなく、親分衆や他の侍たちの「親分」という感じで、小柄ながらみんなの先頭に立っている「大きな存在」に思えます!

この決闘はこのまま激化していきそうですね!

~キングの正体!?~

数コマですが、マルコの回想でキングの正体の片鱗が見えました!

昔、白ひげ健在のある日、酒を飲みながら話す白ひげは「ずっと昔」に「赤い土の大地」の上に「ある国」があったという伝説の話をしていました。

それは、マリージョアができる前「神の国」という国の存在があったという伝説でした!

現在天竜人が住んでいる「聖地マリージョア」ができる前という事は、「空白の100年」以前の話ですよね!

「空白の100年」の謎が少しずつですが、明らかとなっています!

真相に近づいて行っている気がして胸が踊ります!

そして、既に限界を超えていたマルコはその場で立っていることしか出来ません。

そこを元白ひげ海賊団の仲間であるイゾウがマルコを救出しました!

そして、イゾウとマルコの会話で、光月おでんについてきて、最初の頃は「おでん様」第一だったイゾウが白ひげ海賊団に残り、マルコたちと「仲間」になれた事が分かるシーンが描かれました!

そしてこの場面では、マルコとイゾウの信頼関係や、「酔った時の「オヤジ」かよ」というセリフから、白ひげがよく酔った時に「神」の話をしていた事が分かりました!

~再びゾロ&サンジvsキング&クイーン~

場面は再びゾロとサンジの戦いに戻ります。

前話にて、ゾロとサンジの強烈な技をくらったにも関わらず、ケロッと立っている2人。

そしてクイーンから、「お前たちの攻撃は全然効いていない」ということや、その他に気になる点が多い発言をしています。

それは、「自分だけが”人間”でやらせてもらっている」や「人間は発火しない、”ルナーリア族”じゃあるまいし」と言ったセリフでした。

このクイーンのセリフで「大看板」の他の2人は「人間」ではない事が確実となり、キングの種族が「ルナーリア族」という種族という事も明らかとなりました!

そして、クイーンのレーザーを避けた2人ですが、ゾロがサンジの違和感に気づきます。

「!?どうしたお前」

強敵との戦闘中に仲間の異変にいち早く気づける所が麦わらの一味の素敵な所ですよね!

サンジの「違和感」ですが、「ギシ・・・」という人間からはならないような音と共に、2度目のレイドスーツを着た後から体がおかしい事をあかします。

その「おかしい」という答えに対して「マユゲが?」、「体がつったよな!?」と激化する戦闘中とは思えない、ゾロとサンジのキャッチボールが描かれました。

お馴染みの2人のやり取りですが、サンジの体はどうなってしまうのでしょう?

そしてまたクイーンとサンジ、キングとゾロの戦いは激化していきます!

その頃、河松とヒョウ五郎親分との会話で、ある伏線が大きな進展を迎えます!

ワノ国が始まって以来謎のままだった「霜月家」の話です。

河松はモモの助の妹である日和がおでんの愛刀の1振り「閻魔」を譲ると言った時、止めきれなかった理由がある事をヒョウ五郎親分に話します。

そしてヒョウ五郎親分も河松と同じような考えを持っていたのです。

その理由というのが、ゾロが「鈴後」の大名であった「霜月牛丸」とウリ二つだという事。

もう1つが、「剣の所作」さえもゾロと似ているという事が「閻魔」を譲る際に止めきれなかった理由だと言いました。

「霜月牛丸」は「”刀神”霜月リューマ」の子孫であり、大剣豪と謳われた人物だそうです。

「霜月リューマ」の愛刀であった「秋水」をゾロがワノ国に返納した事も「運命」とさえ感じる程の何かを2人は感じ取り、

極めつけは「霜月リューマ」も「隻眼の侍」だった事も何かの「運命」であると話ています!

とうとう「ゾロ」と「霜月」の関係が明らかとなりそうですね!

~イヌアラシvsジャック~

場面は宝物殿2階。

イヌアラシとジャックとの戦闘が激化しておりました。

「ゼーゼー」と肩で息をしながら既に限界を超えている様に見えるイヌアラシ。

ですが、「目」は死んでいませんでした!

そして、あの日モコモ公国で雷ぞうを見殺しにしていれば、「自分たちは永遠にワノ国へは戻って来れなかった」と、そして「この20年間をどう思い過ごしたか」を語りました。

「おでん様の命日より一日一日がこの決戦の日への確認だった!!!」

そう言いながらイヌアラシはジャックの鼻を掴み庭へ投げ飛ばします。

天井の穴を利用し、再び”月の獅子”と化しました!

そしてジャックに啖呵を切ります!

「この戦いで誰が死のうと絶対に勝たなければならない」、そう言いながら自身の、そしておでの願いを込めて、言い放ちます。

「この戦いに勝つ事で、世界に”夜明け”はやってくる!!!」

この言葉でイヌアラシとジャックの戦いの場面は終わります。

やはり、「世界の夜明け」という言葉は物語に深く関係していそうですね!

~ネコマムシvsペロスペロー~

そしてまた場面は変わり、ドクロドーム正面入口。

ペロスペローが倒れている描写から始まります。

ネコマムシは「ペドロ」がどれ程大きな事を成し遂げたのかを話します。

「ペドロが居なかったらルフィたちはワノ国へ辿り着けなかった」、その言葉がペドロに対してどれ程の敬意を表しているのかが分かります。

そして、あの世にいるであろうペドロに対し、酒を飲みながら自分の戦いを見ておけといい、ペロスペローに向かって大きく叫びます!

「ゆガラの見る月は今宵限りぜよ!!!」

ネコマムシも”月の獅子”と化し、ペロスペローを仕留めに向かっていきます!

ネコマムシがどれほど部下の事を大切にしていたのかが分かるシーンでしたね!

~雷ぞうvs福ロクジュ~

前話同様の「忍者対決」!雷ぞうvs福ロクジュの戦いはより「忍者」らしい戦いとなっていました!

そして、雷ぞうは「これからのワノ国」について語っています!

福ロクジュに「おでんが死に、”亡霊”となったお前たちは今ガキに仕えている!滑稽なものだ」と雷ぞうに言い放ちます。

おでんに対してだけでなくモモの助に対しても侮辱の言葉を浴びせる福ロクジュに対して、

「黙れ若さを笑うな!!!」

そう一喝し、自分たちどうしようもない人間が、おでんのおかげで”侍”になれたように、人は必ず「成長」する!

だからこれから「モモの助」が将軍として治めるワノ国を奪わせないと福ロクジュに言い放つのでした!

この決戦で赤鞘九人男のみんながどれほど「光月おでん」を慕っていたのか、そして、「光月モモの助」を信じているのかが垣間見える戦いが多く、感動してしまいます!

~モモの助&ルフィ~

最後に場面は「兎丼」の常影港へ移り変わります。

そこにはルフィを助けた「ハートの海賊団」の船員たちが慌てふためいていました。

「なぜここに!!?」「カイドウがァ〜〜!!!」「やれるのか!?おれ達で!!!」

そこには巨大な「龍」が!

その「龍」に分け目も振らずに近づいて行くルフィが驚きの言葉を「龍」にかけます。

「モモか」

それに対して「龍」は、

「いかにも!!」

なんとこの「龍」はモモの助の希望により、28歳の姿となった「モモの助本人」だったのです!

そして、28歳の姿のモモの助を見たしのぶは、大泣きしていました。

しのぶは28歳のモモの助になにをみたのでしょう?

次回に明らかとなる事を楽しみにしましょう!

そして、ルフィとモモの助は、

「行くぞモモ!!ワノ国を取り返しに!!!」

「おう!!!」

と気合いと決意を爆発させ、最終決戦に向かうのでした!

~第1023話の重要点と感想~

第1023話はここまでとなっております!

今回も様々な重要ポイントが散りばめられていました!

タイトルの「瓜二つ」には「モモの助」「カイドウ」の「龍」の姿と、「ゾロ」「霜月牛丸」、そして「霜月リューマ」との姿が「瓜二つ」であるという意味が込められていました!

ですが、ゾロの時の表現は「瓜二つ」ではなく「ウリ二つ」と書かれていた点が引っかかる所ですね!

そしてもう1つの「瓜二つ」には「モモの助」の大人の姿と「おでん」の姿なのではないでしょうか!

次にかつて「赤い土の大地」にあったとされる「神の国」と、「ルナーリア族」という種族もこれから重要になってくるのではないかと考えられます!

いよいよ、ワノ国編が最終局面になって来ています!

それぞれ色々な場所で戦いを繰り広げておりますが、激化していく戦いや決着を迎える戦いなどますます目が離せない状況になってきました!

みなさん、それぞれの熱い戦いに注目していきましょう!!

ワンピースアニメ配信中
ワンピースアニメが配信中

現在U-NEXTでワンピースのアニメが配信されています!

劇場版なども配信されているのでファンには嬉しいサービスです。

U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

\無料キャンペーンあり/

U-NEXT公式ページ

↑タップでコスパ比較↑

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です