ネタバレ考察

進撃の巨人ネタバレ65話の考察!「夢と呪い」の伏線ポイントまとめ!

この65話はケニーの真骨頂発揮の回となっています!

そこには、どのような伏線が仕掛けられているのでしょうか?

検証してみましょう!

◆第65話「夢と呪い」の見どころ!

2015-10-28_204358

「進撃の巨人」第65話「夢と呪い」より

ケニーの回想シーンから始まります。

ケニーの祖父がベッドで臥せっており、その祖父に、妹のクシェルの居所が見つかり身ごもっている事、分家がシガンシナ区におり貧しく暮らしている事を伝えます。

そして、かつては王側近の武家であったアッカーマン家が、なぜこれほど落ちぶれたのかを祖父に問います。
2015-10-28_203524

「進撃の巨人」第65話「夢と呪い」より

それを受け、ケニーの祖父は、初代王の記憶改ざんに影響を受けないアッカーマン家と東洋の一族が、共に初代王の人類の記憶を改竄する方針に反発して背を向けたために、迫害を受け続けていることを打ち明けます。
2015-10-28_203621

「進撃の巨人」第65話「夢と呪い」より

このアッカーマン一族と東洋の一族のエピソードは、たまらないですね!(;´∀`)

場面は現在に戻ります。
2015-10-28_203648

「進撃の巨人」第65話「夢と呪い」より

ケニーは、エレンの中にあるレイス家の巨人の力をエレンを捕食しても手に入れる事が出来ない事が分かり、ロッド・レイスに銃を向けます。

ロッド・レイスは弟ウーリがケニーを部下にした事を揶揄するとケニーは切れ、ロッド・レイスを撃とうとします!
2015-10-28_203712

「進撃の巨人」第65話「夢と呪い」より

それを止めようと、ヒストリアが父ロッド・レイスを助けようと銃に飛びつくのを見て、ヒストリアを哀れに思い、どれほどロッド・レイスが最低の男だったかを語ります。
2015-10-28_203808

「進撃の巨人」第65話「夢と呪い」より

しかし、ロッド・レイスは「まだ話していないことがある」と言い、ヒストリアにケニーの話を信用するなと言います。

そして、ケニーに夢を諦め、他の生きがいを見つけろと言うとケニーは「それじゃあ、つまんねえんだよ」と言いながらエレンの元へ行き、エレンを巨人化させるために額に傷を付けます!
2015-10-28_203928

「進撃の巨人」第65話「夢と呪い」より

それを見たロッド・レイスはヒストリアに巨人化してエレンを食えと言い、自らは場所を離れます!

エレンは巨人化せずにヒストリアに「俺を食って人類を救ってくれ」と泣きながら頼みます!
2015-10-28_204055

「進撃の巨人」第65話「夢と呪い」より

ヒストリアが腕に巨人化の注射を打ち巨人化したかのように見え、終わります。
2015-10-28_204459

「進撃の巨人」第65話「夢と呪い」より

◆第65話の伏線と「伏線らしき」ポイントまとめ!

第65話の伏線ポイントはこのようになっています。

  • ケニーの妹クシェルが身ごもっている
  • アッカーマン家の分家がシガンシナ区にいる
  • アッカーマン家と東洋の一族は王政に背を向けた
  • ウーリを侮辱すると切れるケニー
  • ロッド・レイスが話していない事
  • 「脊髄液を体内に入れればいい」
  • 「俺はいらなかったんだ」
  • それではそれぞれ見て行きましょう!

    ◆ポイントから見る伏線考察!

    2015-10-28_204326

    「進撃の巨人」第65話「夢と呪い」より

    ケニーは行方が分からなかった妹クシェルを王都の地下の娼館で見つけ、身ごもっていたと祖父に伝えます。

    客の子どもを身ごもったクシェルは産むと言って聞かないとも言っています。

    69話で明らかになりますが、この後にクシェルが産んだ子どもがリヴァイであり、このシーンはリヴァイの出生の伏線となっています!
    1283574_104054_9696

    「進撃の巨人」第69話「友人」より

    この客である父親がどのような人物かは分かっていませんが、今後も明らかにはならないかもしれませんね。

    ただ、王都の地下の娼館なので、王政の人間かもしれません。

    そしてケニーは続けて分家がシガンシナ区にいたとも言っています。

    これは間違いなくミカサの父親の事でしょう。

    つまりミカサの父親はアッカーマン家の分家だったのですね。

    これによりリヴァイとミカサは親戚関係だと分かります。

    このシガンシナ区の分家とは、ミカサの血統の伏線となっています!

    そして東洋の一族がアッカーマン家の同じように迫害されていた理由も明らかになりました。
    2015-10-28_203621

    「進撃の巨人」第65話「夢と呪い」より

    63話でミカサの母親が迫害を受けていた理由が東洋人の容貌にあるとミカサは言っていましたが、アッカーマン家も含め、王政に逆らったからだと分かりました。

    これは63話でミカサが分からないと言っていたアッカーマン家が迫害を受けていた理由も説明していますね。

    アッカーマン家と東洋の一族が王政に背を向けたという話は、63話のミカサが説明していたアッカーマン家と東洋の一族が迫害を受けていたという伏線の回収となっています!

    このエピソードは、ケニーの夢が生まれるきっかけにもなっており、ケニーの夢、大いなる目標の伏線回収ともなっています!

    ロッド・レイスがウーリの話をすると「それ以上ウーリを侮辱すれば てめぇの頭が半分減るぜ!?」とケニーはキレます。
    2015-10-28_203712

    「進撃の巨人」第65話「夢と呪い」より

    このシーンはケニーがロッド・レイスの弟ウーリの事を大事に思っている事を表しており、第69話「友人」の伏線となっていますね!

    そして、ケニーが、ロッド・レイスがいかにひどい男であるかをヒストリアに話をしているとロッド・レイスは「まだ話ししていないことがある」「私は巨人になるわけにはいかない」と言います。
    2015-10-28_203902

    「進撃の巨人」第65話「夢と呪い」より

    この話をしていないこととは何なのでしょう?

    そして「巨人になるわけにはいかない」理由とは何なのでしょう?

    この辺りは【ロッド・レイスが巨人になれないと言った理由を検証!】で考察しているので、見てみてください!

    そしてロッド・レイスはエレンの巨人を奪うためには「彼の背骨を噛み砕き 脊髄液を体内に入れればよいのだ」と言います。
    2015-10-28_204017

    「進撃の巨人」第65話「夢と呪い」より

    これは巨人化能力が脊髄液に関係しているということを說明しています。

    この辺りの考察は【巨人化する注射の中身を考察!巨人になれる能力は脊髄液?】でしていますので、見てみてください!

    この考察で分かるように、管理人アースは64話の時点で巨人化には脊髄液が関係していると考察していました!

    そして最後にエレンは巨人化せず、「オレはいらなかったんだ」と泣きながらヒストリアに「俺を食ってくれ」と頼みます。
    2015-10-28_204124

    「進撃の巨人」第65話「夢と呪い」より

    これはエレンが、ロッド・レイスの話から、父グリシャがフリーダを捕食した事により、壁内人類に多くの犠牲者が出たためであると分かり、自己存在理由を失くしたためだと思われます。

    この時から、エレンは当分の間、自己存在意義を見失う事になります。

    この場面は、この後からのエレンが自己存在意義を見失う伏線となっています!

    65話にも多くの伏線と伏線回収がありました!

    特にケニーの祖父との会話に登場する伏線、伏線回収シーンはスゴイですね!

    アッカーマン家と東洋の一族だと言った祖父のコマを初読した時はゾクッとしました!

    そしてケニーの夢も明らかとなり、カッコ良かったですね!
    2015-10-28_203951

    「進撃の巨人」第65話「夢と呪い」より

    66話の伏線考察も楽しみです!!

    【進撃の巨人ネタバレ66話の考察!「願い」の伏線ポイントまとめ!】
    【進撃の巨人ネタバレ64話の考察!「歓迎会」の伏線ポイントまとめ!】
    【進撃の巨人の現時点までの未回収となってる伏線まとめ!】

    アニメやマンガが見放題
    進撃の巨人を無料で楽しむ方法

    進撃の巨人のアニメやマンガを楽しむならU-NEXTがおすすめです!

    今だけ31日間の無料トライアルがあるので、進撃の巨人のシーズン1、シーズン2、シーズン3、劇場版が見放題です!

    初回特典でU-NEXTで「600ポイント」が無料でもらえるので、進撃の巨人の最新刊も無料で見ることができますよ!

    U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

    評判&口コミ公式ページ

    \無料キャンペーンあり/

    VODランキングはコチラ

    ↑タップでコスパ比較↑

    POSTED COMMENT

    1. じみ より:

      14~17巻を遅ればせながら読みました。
      あまり面白くないと聞いていたのですが(すみません)そんな事はなく、とても重く辛く泣いてしまいました。
      エレンもヒストリアも何て過酷な運命を背負っているのでしょう。リヴァイ兵長は本当に優しくて強い。もう何とも言えないです・・・。
      ただ、兵長が身長を気にしているとは。エルヴィン団長も画伯だったとは。それがある意味、救いでした。

      • 管理人アース より:

        面白いところに救いを感じており、面白いです(笑)
        兵長が身長を気にしている場面は笑えますよね(笑)
        あれだけの戦闘力と器を兼ね揃えていながら、身長を気にしているとは!
        そこがまた魅力なんですが(^^)

        またよろしくです!

        管理人アース

    2. より:

      今さらですが、63話でザックレーさんの芸術作品(?)に成り果てていた貴族達は、記憶改竄の影響を受けないということですから、アッカーマン家や東洋の一族と同じくエルディア人ではない血族ということですね。どういう経緯で初代王に従ったのか、気になります。壁外の記憶が受け継がれているなら、今後彼らの口から何かしら情報が得られることもあるのでしょうか。

      • 管理人アース より:

        薫さん!

        コメントありがとうございます!
        王政幹部達は、自分たちを高貴な血統と言っていました。
        ザックレー総統に「奴隷の血」とか。
        マーレ人っぽいですよね。
        なぜマーレ人が壁内の貴族、王政幹部だったのかは謎ですね。
        彼らが今後登場し、何か情報を出すことがあるかもですね。

        またよろしくです!

        管理人アース

    3. さすらいの河豚 より:

      この回を読んだ時から疑問に思っていたのですが、ケニーとクシェルの両親は一体どうなったんでしょうね。
      ケニーの祖父が話すということによって気憶改竄もろもろの話に説得力がありますが…

      ケニーの両親は迫害されて亡くなったのでしょうか…
      もしそんなに遠くない話だったら、会話にでてきたかもしれないので、かなり前に亡くなっているのかもしれませんね。
      あと、アッカーマンの分家、ミカサの父親の両親や兄弟も既に亡くなっていないのでしょうか?
      商売をする、ということは少なくとも二人以上必要だと思われますが。

      単純にそこまで登場人物を増やすと面倒なことになるからか…
      迫害というのも、具体的にどういう迫害なのか知りたいような知りたくないような…

      ケニーの両親のどちらがアッカーマン姓だったのか気になります。
      もしくは親戚同士結婚してどちらもアッカーマン姓だった可能性もありますが。
      ミカサは父由来で、リヴァイ兵長は(今のところ)母由来ですが、どちらもリミッター解除が可能なところがちょっと違和感があるのですが…

      ケニーの両親が健在であれば、クシェルが身を堕とすこともなかったかもしれませんね。
      ケニーも相当ワルなので、ケニー両親の死によってケニーとクシェルはグレていったのかもしれないと考えています。

    4. mady より:

      アース団長こんばんは。怒涛86話でしたが、誰がどこまでの真実を語っているのか難しい回でした。

      このケニー祖父の語ってる話は86話読了後に読み返すと、印象が変わる内容でした。1つの血縁=ユミルの民、ごく少数の独立した民族(非ユミル=マーレ?)、エルディア時代の話をなぞっているように思えます。

      • 管理人アース より:

        madyさん!

        コメントありがとうございます!

        そうですね!
        その中でアッカーマン家や東洋の一族はどのような位置づけになるのかなと。
        誰かが言っていまいしたが「ザックレー総統の芸術品にされた王政幹部は、マーレなのか?」とか…(・_・;)
        謎が解明されながら、また増えていくような…
        「進撃の巨人」らしい話でしたね!

        またコメントください!
        よろしくです!

        管理人アース

    5. mady より:

      アース団長今晩です。

      この所気になっているのですが、このケニーの祖父は亡くなっていると思いますか?壁に入って来た直後の世代って、まだ存命してるのか気になるんです。

      この世代の親って初代王に直接従って入って来た人達ですよね?

      • 管理人アース より:

        madyさん!

        コメントありがとうございます!

        >ケニーの祖父は亡くなっていると思いますか?
        65話時点で、ケニーの年齢はいくつくらいでしょうか?
        この時にリヴァイは生まれていませんでした。
        リヴァイの年齢は30歳以上であることは間違いないので、少なくとも65話からは30年以上経っていることになります。
        となると、ケニーの祖父存命は厳しいですよね。
        壁に入ってきたのが107年前なので、その世代が生きているということは厳しいかもです。

        >この世代の親って初代王に直接従って入って来た人達
        そうなると思います。
        どこまで改ざんされた歴史なのかが、気になるところですが…
        なので、ケニー祖父くらいの世代は、親が壁の外を経験していると思われますよね。
        で、記憶を改ざんされない一族は、本当の歴史を知っていると思われます。

        またコメントください!
        よろしくです!

        管理人アース

        • mady より:

          この時のケニーの年齢は、25前後?リヴァイの年を足すと(30代前半)、850年で58才くらいと違和感がありません。

          うちの曾祖母は105才で健在なので、壁に入って来た後の世代ならケニー祖父が生きててもありかも?と思いました。(壁に入ってきた10年後なら96才だし)

          万一生きていたら、ミカサとリヴァイ兵長も血族としてつながるし、インパクトありますよね~初代王にもっとも近い世代なので、生きてなかったとしても二人にも何か(アッカーマンの象徴みたいなもの)を残してくれてたらな。

          ケニーの家って王都にあるかもと思うので、これから入るだろう王政編で出てこないかなと期待します。グリシャノートに書かれてる事が必ずしも真実とは限らないので…

          • 管理人アース より:

            madyさん!

            コメントありがとうございます!

            >この時のケニーの年齢は、25前後?
            そうですね!
            管理人アースも、それくらいかなと思っています。

            >うちの曾祖母は105才で健在なので、壁に入って来た後の世代ならケニー祖父が生きててもありかも?
            マジすか?
            それならケニー祖父も健在かもです!(^^)
            管理人アースが、曽祖父は死亡していると思ったのは、この回に病気になって臥せっている描写だったので「このまま…」みたいに勝手に思い込んでいました。
            たしかに、もしかしたら健在という可能性もありますよね!

            >ケニーの家って王都にあるかもと思うので、
            この辺りも分かりませんよね。
            ミカサ父のようにシガンシナ区まで逃げてはいないでしょうが、王都はどうかなとも思います。
            迫害によって、王都からは離れているかもですよ。

            またコメントください!
            よろしくです!

            管理人アース

            • mady より:

              物語には出てきそうな気はしないのですが、ケニーは逃げ回ってる様に見えなかったし、家の周りに憲兵がうろついてたり、都の怪物と呼ばれたりしてた事からの想像です。(町を都とは呼ばないだろうし憲兵は基本王都にいると思うので)

              • 管理人アース より:

                madyさん!

                コメントありがとうございます!

                >都の怪物と呼ばれたりしてた事から
                おお!なるほど!
                呼び名からは、王都に住んでいたように思えますね!
                たしかに物語には出てきそうもないですが、こういう考察好きですよ!
                面白い考察、ありがとうございます!

                またコメントください!
                よろしくです!

                管理人アース

    6. この回を含む コミックス第16巻の感想というのは、
      とてもコメント蘭に書ききれるものではありません。 
      拙ブログに思いを書き連ねましたので、宜しければ
      ご覧になって下さい。

      さて、ヒストリアがとうとう 腕に注射針を刺しました。
      この後、針を刺したまま、ロッド・レイスと しばらくの間
      話をします。
      この時、液の 2、3滴は 体に入っています!
      となると、ヒストリアに “プチ巨人化”が起きる可能性が
      充分にあります。
      3メーター級くらいの、ヒストリア巨人が現れるやも
      しれません。
      (それにしても この注射器、相当太くて痛そうです。(笑))

      • 管理人アース より:

        おおぞらバードさん!

        コメントありがとうございます!

        ブログ拝見しました!
        深い考察ですね~。
        現実世界への反映、物語の考察…勉強になります!

        >3メーター級くらいの、ヒストリア巨人が現れるやもしれません
        もともと身長の低いヒストリアなので、あまり違和感ないかもですね!(笑)
        ちなみにアニもかなり身長は低かったですが、女型の巨人は14m級だったので人間時の身長は反映されないようです!
        だとすると、リヴァイ兵長が万が一巨人化しても、その身長は反映されないということですね!(笑)

        またコメントください!
        よろしくです!

        管理人アース

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です