【進撃の巨人 ネタバレ】94話95話あらすじ考察と展開予想!エレン登場を予想!

マーレ側の展開が続いていますが、前回93話は大変濃い内容となっていました。

多くの謎の回収、新たな展開が起こり、最後はマーレの戦士隊と軍幹部が列車に乗り、移動して終わりました。

リベリオ地区へ移動していると思われますが、次回はどのような展開となるのでしょうか?

そして、パラディ島側の展開は、94話に起こるのでしょうか?

23巻最終話となる94話を予想してみましょう!

Sponsored Link

◆94話展開予想!

2017-05-08_043019
「進撃の巨人」93話「闇夜の列車」より


列車は進み、明け方にマーレ国内にある、リベリオ本部に到着します。

そこはライナーやガビ、ファルコ、ウド、ゾフィアの出身地区であり、マーレ軍の本部も設置されている場所ともなっています。

久々に帰ってきたライナー達は、故郷であるリベリオ収容区に向かいます。

その間にも、マーレに虐げられるエルディア人達を見かけます。

慣れているとは言え、蹴られ、石を投げられる同志を見る事に辛い表情を見せるライナー、ガビ達。

そして、ガビは実家に帰ります。

久々に帰った実家で、両親と妹弟から喜ばれるカビ

それほど豊かではないが、普通に家族が食べていけるくらいの生活を送っているように見えます。

家族には、鎧の巨人の継承者に必ずなり、皆が名誉マーレ人になるんだと笑顔で語ります。

いっぽう、ライナーも久々に実家に帰ります。

名誉マーレ人となっているブラウン家は、ガビの実家に比べると豊かに見えますが、普通の家に見えます。

久々の実家の自分の部屋に入るライナーは、ゆっくりとベッドにて横になります。

部屋にある机の上には、ベルトルトとアニ、マルセルと写っている写真が。

そのままぐっすりと眠ります。

そして朝になり、目を覚ましたライナー

自分以外は誰もいないはずの部屋に、誰かがいます。

「よう、ライナー。4年ぶりだな」

そこには、右腕にエルディア人腕章を付け、かなり髪が伸びたエレンの姿が!
2017-05-08_182218
「進撃の巨人」第90話「壁の向こう側へ」より


信じられないという表情のライナーの描写があり、終わります。

このような展開を予想しています!


◆93話にて、ハンジ達がマーレに潜入している展開を予想!

2017-05-08_155119
「進撃の巨人」93話「闇夜の列車」より


93話のこのコマで、ライナーやガビ達を見つめているのが「いったい誰なのか?」というコメントをいくつかいただきました。

これがマーレ在住ではなく、パラディ島からの潜入者ではないかという予想が多々あり、管理人アースもそのように思いました。

やはり、本来は左腕に付けるべきエルディア人の腕章を右腕に付けている事から、潜入者である可能性が高いことが察せられます。

管理人アースは、このオッチョコチョイな感じからサシャではないかなとまずは思いました。

黒い長い髪からも、サシャっぽいなと。

ただ、展開としてはエレンであることが、一番面白いですよね!

ましてや、グリシャの記憶がある以上、マーレに潜入し、最も自然に振る舞えるのはエレンでしょう!

このような考察から、このコマでライナー達を見ているのは髪が伸びたエレンではないかと予想します!
2017-02-08_065303
「進撃の巨人」第91話「海の向こう側」より


そして、そのエレンが94話の最後でライナーの前に現れ終わるのではないかと予想をします!

そして、95話にてエレンがライナーに、シガンシナ区決戦後のパラディ島の4年間を語るのではないかなと思われます。

そのようにして、24巻第1話目となる95話からは、以前から予想している通りパラディ島の展開となるのではないかと思っています!

最後はこのように考察からの展開予想ですが、それまでは完全に妄想です(笑)

かすってくれたら、嬉しいです!\(^o^)/

93話ネタバレ「闇夜の列車」あらすじ考察と感想!
93話考察!車力@ピークを検証!考察まとめ!
93話考察!アニが王家血統なのかを考察!巨人のランクまとめ!
93話考察!ライナーが巨人化注射を隠している理由を検証!
93話考察!ファルコ・グライスからの展開を予想!
93話考察!右腕に腕章を付けている人物から展開を予想!
93話考察!ジークの真の目的を考察!
93話考察!アッカーマン一族の正体を検証!
アニメ31話動画ネタバレ「戦士」あらすじ考察と感想!


Sponsored Link

54 Responses to “【進撃の巨人 ネタバレ】94話95話あらすじ考察と展開予想!エレン登場を予想!”

  1. そもそも マーレ軍は、中東連合によって
    戦艦を半分以上も沈められ、その上に
    船団が32隻も パラディー島から帰って
    来ない。
    もう ボロボロではありませんか。

    この苦境にマーレは、巨人の力に頼らず、
    近代兵器に本腰を入る 方向転換をしてくる
    と思います。
    ので、ジークの作戦が成功しようが しまいが、
    もはや大きな問題ではない。
    ジークたちは、言わば 捨て石。
    その事を分かっている ジークやライナーは、
    玉砕覚悟で パラディー島に攻め入って来る
    と思います。

    ただここで、マーレの船団が 帰れない理由も
    あると思います。
    ヒストリア女王や調査兵団、壁内エルディア人
    たちの懐の深さに、感じ入った面もあるのかも
    しれない。
    ザックレーの芸術(笑)は この際無しで、マーレ
    兵たちは、寛大な処遇を受けているのかもしれ
    ない。
    もしそうだったら、ジークやライナーは どう思う
    のか?
    ライナーの心は、ここで激しく揺れ動くと思うの
    ですが、果たして…?

    • 管理人アース より:

      そういう展開もあるかもですね。
      ザックレーがしょぼんですが…(・_・;)

      またよろしくです!


      管理人アース

  2. 湿度45% より:

    この後ろ姿、かなりエレンにしか見えません〜、アルミんの大胆な作戦ですかね!

    ライナーの家はヨロイブラウン注射からレイスが壁に入る時点で、既に名誉マーレ人だったので結構良い暮らししてそうな気がします。

    ライナーの実家で、エレンとライナーが対面するのはありそうです。家で巨人化されたら家族が危ないので、ライナーも下手には動けないでしょうし。

    グライス一族が生きてたり、ジークが親を売ってまで拒んだ戦士になってたり、不自然な程のパラディ調査の雑さを見るとフクロウの計画は今も続いてるのかなと感じます。
    フクロウかフクロウの上かパートナー的な存在か。
    もし後ろ姿の男がエレンの場合、エレンが入国できるのもその手引きのおかげかなーと感じます。

    来月号はその辺に期待します!

    • 管理人アース より:

      むっちゃ妄想が広がりますよね!
      こちらは今日は雨で湿度45%を大きく超えています(・_・;)

      またよろしくです!


      管理人アース

  3. lesmills より:

    なるほど目的があってエレンが本国に入国してライナーを尾行してるとしたらライナーを説得してパラディ島に連れ帰る。
    もしくは奪還でしょうか

    • 管理人アース より:

      ここからはどこかの記事で書けたらな思っている内容ですが、エレンとアルミンはグリシャやクルーガー、ベルトルトの記憶をほぼ完全に思い出しているのではと思っています。
      で、事情を知ったエレン達は、まずアニを許しているのかなと。
      特にベルトルトの記憶が大きく作用して!(笑)
      別で32隻の船を沈める過程で、何隻かは確保しているのではとも妄想します。
      そこからマーレ人も何名か捕虜にし、操縦の仕方を覚え、マーレに行けるようになった。
      ハンジ、アルミンの作戦で、マーレに潜入操作し、そこからライナーと話をし、味方に…みたいな。
      こんな流れが起こったりしないかなと、妄想&希望です!(^^)
      上手く行き過ぎで、進撃っぽくないですが…
      ちょっとライナーに肩入れしすぎな管理人アースです(笑)


      管理人アース

  4. maiko より:

    後ろ姿の人がエレンだったら面白いですね!
    始祖の巨人を持ったエレンが潜入するとしたら、かなりリスクのある作戦かもしれませんね。船の捕虜はエルデイア人の兵隊かなと思っています。危ない事は全てエルデイア人にさせていますから。腕の腕章もその時入手したのかなと。
    ただ、右に付けているところが気になりますね。

    • 管理人アース より:

      右に付けている事が、「パラディ島から来た人物」の伏線かなと察せられます。
      ものすごく、94話が楽しみですよね!\(^o^)/

      またよろしくです!


      管理人アース

  5. ラカンカ より:

    まずはすごくどうでもイイことですが、今回初登場の元帥が、2006年の映画「007カジノ・ロワイヤル」のル・シッフルにそっくりです。
    進撃の巨人で、実在の人物をモデルにしたキャラは、初めてではないでしょうか?

    さて、それはさておき次回の予想ですが、リベリオ地区に戻ってもマーレの戦士候補者たちの訓練は続きます。

    そして次回は、第104期が訓練兵団だった頃のような、ファルコやガビたちの訓練の様子が展開されると予想します。
    ガビを守る為に、激しい訓練にも耐えるファルコ。

    そして、訓練はリベリオ区近郊で行われている為、合宿形式ではなく、候補者たちはみんな実家から通っています。
    今日もヘトヘトになるまで訓練をしたファルコに、建物の物陰から話しかける人物がいます。
    その名は、エレン・イェーガー。

    ですがジークでさえ、エレンのことを「顔の巨人化の跡」で認識したくらいですから、ファルコがエレンの顔を知るはずがありません。

    一般のエルディア人かのように話しけるエレン。
    そしてある人物の名を口にしたエレンに、驚きの表情とともにファルコがひとこと・・・

    「アニさん・・・」

    はたして、ファルコとアニの関係は!?

    なんて展開を予想してみました。
    また1ヶ月後が楽しみです!

  6. アルミンのともだち より:

    エレンに見せかけてのジャンかもしれません(笑)

  7. ギラ より:

    アースさん お疲れさまです

    つくづく思います。
    もしエルヴィン団長が生きていたら・・・
    この状況に目を輝かせている気がします。
    きっと 大バクチを打つでしょう(笑)

  8. 地下室の謎が知りたい より:

    後ろ姿の人物は、エレンだったらバカすぎてリヴァイから愛のムチのキックを食らうでしょう(笑)普通にマーレ兵士らに見つかったら始祖の巨人奪われる案件ですよ!!

    自分は、サシャか女装したコニーじゃないかと思います(笑)

    あとこのシーンって伏線ですよね?
    ガビが大きな声でリベリオ本部に帰れるとしゃべる。
    ライナーが声がでかいぞ!と注意する。
    大きな声で機密情報を聞いた後ろ姿人物がハンジらに報告する。
    マーレ軍幹部及びマーレ戦士が乗っている汽車か到着した本部に奇襲をかける。

    なんにしろヒストリア王家軍事政権にフクロウ的な組織及び支援国がいないと調査兵団も潜入できないでしょう。
    今となっては、東のマーレ敵対国と同盟は厳しいと思います。同盟でもしていたら、英雄の国マーレ終わった感間違いないので、協商が妥当なのでは?と思います。

    エレンが「よう。ライナー。4年ぶりだな。」は、間違いなくあると思ってワクワクしています!

  9. りゅう より:

    この展開だと うれしいですね!

    ライナーも本心は[このままでは闇夜(地獄)]と感じています。

    個人的感情としては、

    マーレ側の事情が分かるまでは、ジーク・ライナー側へは[憎し]でした。が、今は どちらかといえば[マーレ憎し]です。

    エレン・ライナー が話し合って、協力体制になったりして(笑)

    次号楽しみですね!

  10. 芋をふかした者 より:

    潜入してる人がエレンだったら本当に面白くなりそうです!エレンであることを望んでます。しかもシガンシナ決戦の時とは違って穏やかな再会にはどこか魅力があります。平穏だからこそ話せることを話して欲しいですね。
    でもエレンは2体巨人宿してますしマーレに顔割れてるのでリスク大きいと思いますよ

    「〇年振りだな」や超大型が突然目の前に現れる、建物との間の影からアルミンがアニを呼んだようにこそこそと潜入者がライナーを呼ぶというような場面の再利用がそのうちありそうな気がします。

  11. コンロガス より:

    私も最初はエレンかなと思ったのですが、エレンがマーレに捕まったらパラディ島はゲームオーバーなので、さすがにエレンはないかなぁと思っています。ここは個で切り抜けられるミカサか右腕に腕章を巻きそうなサシャかと。あと敵情視察は戦地の混乱に乗じたからこそできる術であり、さすがに敵の本部リベリオまで潜入するのはリスクを負いすぎではないですかね。。。

    私は、次回の舞台は、1か月ほどあとのリベリオ。ファルコが訓練でガビを凌駕する場面が出始める場面が描かれ、ライナーがマガトにファルコも引き続き鎧の候補として残すべき、パラディ島攻略戦で判断を、と進言。別の場面に転換し、「右腕に腕章をしたエルディア人」が偶然新聞などの写真に写って捜索が始まるも見つからず、捜索隊がライナーとガリアードに写真を見せて問い合わせたところで、ライナーとガリアードがその見覚えのある顔に気づく。で、パラディ島に場面が転換して、マーレの戦勝、次の矛先がパラディ島に向かうこと、マーレの戦闘方法などを報告するミカサorサシャ、という内容になるかなぁと妄想しています。

  12. 曲者 より:

    もしエレンの場合はジークに会ったらまずいんじゃ…

  13. コンロガス より:

    追記ですが、新聞に写るなら、ミカサよりもサシャの方が良さそうですね。パラディ島には無い美味いものを戦地で食べ歩いているところを激写されて、既に新聞を入手している104期の皆から「こんなに目立つスパイがいるか、この芋女」と罵倒されるサシャとか、104期のワチャワチャ感が久しぶりにみられたらいいなあと思います。

  14. 寸劇の個人 より:

    今後の展開予想ですが、マーレ側の描写が「敵勢力の顔見せ」なのか、「視点を転じれば別の正義」という演出なのかによって変わってくるように思いました。後者なら、もう数回はマーレ側が描かれるかなーと。そうであればもう、読者が壁内側を敵視してしまうくらい徹底的に描いてほしいと思います。作者は、少ない描写で登場人物の魅力を描くのが上手ですよね。

    作者の意図はさておき、今後の個人的な予想は・・。
    ・壁側は総攻撃の時期を遅らすために、エルディア人の内通者を確保しつつ、ゲリラ的に紛争を起こすべき。手始めにまずこの列車は爆破。(さすがにエレン本人は来てない気が)
    ・ヒストリアがアニを齧るべき。不戦の誓いにとらわれずプラスアルファの能力ゲット。しかもエレンとの合体攻撃で、もはや無敵。脊髄液はエレンから量産。
    ・ジーク達とは仲間にはならない気が。壁内の相当数の人間を殺した人間と手を組むのは倫理上問題が。
    ・何となくライナーは「出し尽くした感」が・・。数回のうちに死ぬ可能性も?

    なんにせよ、グリシャの生家やグライス家など、リベリオには興味あるイベント目白押しです。いくら長くなってもいいので、この世界を丁寧に描いてほしいなと思っています。。

  15. 角砂糖の女 より:

    いつも拝見しています!
    本当に、いつもありがとうございます(^◇^)

    疑問なんですが、次号になればわかるっていうのもあるんですが、

    巨人になれるのはエルディア人なのはわかるんですが
    って、
    戦士候補生は、継承が決まった他の子はみんなどうなるんですかね。
    若ければ、次の候補になるのは理解できるんですが、年齢がいった子達は、戦争中だと、玉砕候補なってしまうんですかね(・ε・` )

  16. 223巻!? アース殿、落ち着いて
    下され。(笑)
    しかし、この濃い内容なら、本当にそこ
    までいくのでは?(爆)

    ところで、謎の “後ろ姿の人物” について、
    可能性を考えてみました。
    1.この人物は 前を向いていて、髪で顔を
      隠している。
    2.描かれていない左腕に、本当の腕章を
      付けている。
    3.鏡写し(左右が逆)の、もう一つの
      世界から映り込んだ幻影。

    どれか かすっていれば 嬉しいです。(笑)

  17. knight より:

    あの後ろ姿って、距離感を出すためだけの、ただの通行人ってことはありませんかね?あの人影がないと、コマの中に小さな人がポツポツいるだけの物足りない絵になってしまうから、何気なく描いただけ、みたいな…。

    • 管理人アース より:

      他のエルディア人は皆腕章を左腕に付けていますが、この人物だけ右腕に付けているのは伏線かなと思いました。
      つまり、パラディ島からの潜入者かなと。

      またよろしくです!


      管理人アース

  18. 玉無しの巨人 より:

    マガトとピクシスのチェスが観たい!

    名誉マーレ人の暮らしとは!?
    また、アー様思い切った予想ですね?

    流石進撃の考察者!!♫(笑)

    エレンですかね?

    「始祖」を欲しがっているマーレにエレンの潜入って……

    よほどの成長が無ければ?でしょうし、ハンジ等壁内の仲間の反対がありそうですが… ( ミカサは特に…「私も行こう!」って言いそう… )

    実際アー様の予想通りだと面白いとおもうのですが(笑)

    アニ、ライナー、個人的に104期の友情は大好きなので、共闘出来たら良いとは思うのですが……正直有り得ないと思います…… ( ハズレてくれ!って想いですがね(笑))( ´△`)

  19. ゆっくり実況したい より:

    これはあくまで妄想ですが、ライナーは最終的に味方になるんじゃないかな、と思います。最後の、『真っ暗な未来からガビを救い出せ』が印象的で、意味深です。それはつまり、エルディア人を、マーレ人の迫害から救い出せ、という意味とも取れます。また、エレンら壁内人類もエルディア人だし。そして、ジークは血筋を隠している。これもまたエレンたちの味方になる伏線に思えます。

  20. 普通の東洋人。 より:

    アース様の予想とは違ってしまいますが、次号は23巻の最終話なので、もう1話マーレ側の展開があるのでは。
    ジークの内面や過去についてはまだほとんど描かれていません。 幼少の頃から他人に心のうちを明らかにしてこなかったジークが、どうしてエレンに対してはあのとき親愛の情のような素振りを見せたのかが、全くの謎のままなので…。
    もしジークの秘密が描かれるのなら、あの諫山先生の事、それまでの彼に対する印象が180度変わるようなエピソードが語られると思います。

    • 管理人アース より:

      一応この予想もマーレ展開だと管理人アースは考えていますよ。
      で、95話からパラディ島側の話になるために、最後にエレンが登場するかなと。

      ジークの秘密に関しては同感ですね。
      彼なりの理由と正義があり、それが明らかになった時は読者は味方がひっくり返るようなエピソードかなと。
      今からドキドキですよ!(^^)

      またよろしくです!


      管理人アース

  21. knight より:

    返信ありがとうございます。腕章の位置まで着目されるとはさすがですね。
    だとしても、その人物が腕章の位置という基本的なミスをするのかという疑問もまた出てきますね…。唯一登場人物の中でそんなミスをしたことがあるのがコニーですが(心臓を捧げよのポーズの左右を間違えてた)、まさか、コニーが髪を伸ばした姿ってことはないですよね(笑)。

    次話予想ですが、次話で23巻分が終了するということになりますよね。もしそこでエレンたちがまったく登場しないと、1巻まるごと主人公たちが登場しない単行本…ってことになってしまうので、エレンたちが登場するという予想は、可能性は高いと思います。

  22. アッカーミャン より:

    私も”地下室の秘密が知りたい”さんと同じくあの人物は変装したコニーと推測しました。
    理由は①後ろ姿なのは読者が知っている人物だから。②皆がつけてる腕章を逆にすることはアルミンやミカサ、エレンならまずない。③ライナーに顔を知られているなら変装をするはず。④サシャなら何か食ってるはず(笑)。
    というわけです。

    誰にしろいよいよおもしろくなってきて楽しみですね(^_^)

  23. 兵長大好き より:

    アースさん、いつも楽しみにしてます。
    今回も予期せぬ展開でドキドキして心臓が痛いです。

    腕章の人はエレンだと思ってます。そしてジークを食べて始祖の巨人の能力を発揮して全ての巨人従えていくのではと思ってます。
    ヒストリアではなく、ジークを食べて王家の血を取り入れるのではと思ってます。

    • 管理人アース より:

      もしレイス家も王家であったら、フリーダを捕食したグリシャを捕食しているため、既にエレンの中には王家の血が取り入れられていることになります。
      それでも座標は発動できないようなので、ジークを捕食しても無理かなと。
      ジークと「接触」すると発動するのではと考えています。

      またよろしくです!


      管理人アース

  24. 動物好きの巨人newlife11 より:

     どうも、最近若白髪増え気味の動物好きの巨人でございます。

    僕もアースさんの言うその人はエレンだと思います。同じように黒髪のミカサやハンジ、サシャよりも、長髪エレンは髪にウェーブがかかっていますもん。それに、91話のときのエレンの髪よりちょっと長くなった感じがしますが、艶の光の感じも似ています。それに、グリシャやクルーガーの記憶がある分最も自然に溶け込めそうですしね。

    それでも腕章が右なのは、他にもスパイがいて、情報交換の時なんかで仲間の目印として使っているのではないでしょうか。でも、そこでライナーと会ったら、計画失敗しないか?と心配してしまいます。
    それでもそんな展開だったら、面白そうですよね。それではまた。

  25. ☆REI より:

     お疲れ様です。いつもお世話になっております。目を通しているつもりですが既出でしたらスミマセン。

     93話のラストで「支配された世界から 少年は外に向かう!」とあり、ライナーがファルコに「ガビを超えるための」案を授けている場面を合わせて考えると・・・

     次週以降は、ファルコが単独でバラディ島に潜入して、ファルコの目線で物語が進行しそうですよね。そして調査兵団らと接触するのでしょう。「支配され」てない人種差別のない世界に入って、変化を見出すと予想してます。
     マーレ側は壁外の無垢巨人が駆逐されてるのを知らないので、ファルコを島に置き去りはせず、ライナーか他の知性巨人が壁内まで誘導するつもりで島まで同行するはずですが

    • 管理人アース より:

      面白い予想ですね❗
      カビを守るために銃撃の中に飛び込んだファルコならあり得そうです!

      またよろしくです!



      管理人アース

  26. xxmds488 より:

    何となく予想してみたのですが、ジークはエレンに捕食され、エレンは始祖の巨人の能力を使えるようになるのではないかと思います。
    捕食される方が王家の血を引いていても、捕食する方が王家の血を引いていない場合、今までのケースだと能力の継承は無いようになっていますが、エレンとジークの場合、父親が同じなので特別なことが起こるのではないでしょうか。
    そうなるとグリシアの存在も全く無意味ではなくなります。
    勝手な想像ですが。

    • 管理人アース より:

      父が同じグリシャだから補食すれば座標発動するという考察は面白いですね!
      ただ、エレンがジークを補食するのは大変そうですよね・・・( ̄▽ ̄;)



      管理人アース

  27. 進撃の子育て より:

    エレンって、訓練兵の時から、不思議な力あったなあ。エレンの演説で調査兵団へ思考を変換させたり。熱い想いや気持ちで、座標が発動するのかなあ。ッて思ったりします。

    • 管理人アース より:

      気持ちと座標発動には、関係がありそうですよね!

      またよろしくです!


      管理人アース

  28. ミカサが女型巨人になっていた?! より:

    巨人の話にもエンディングが必要ですね。
    アッカーマン一族をユミルの民と対局に置き、巨人の力を無に帰すラストがあるのではないでしょうか。今回はそのための伏線に見えます。

    誰も予想しなかった「エレン」VS「ミカサ」。悪魔に天使の構図はありきたりになるでしょうが、ミカサが巨人となるか、何かになるという最終章を予感しました。

    • 管理人アース より:

      ミカサが巨人になれるとしたら、リヴァイも巨人になれることになりますね。
      …まさに無敵だなと思いました(笑)

      またよろしくです!


      管理人アース

  29. 羽の生えた巨人 より:

    エレンがマーレに潜入していて、グリシャの記憶でスムーズに潜入できる。
    というのはとても納得出来るのですが、1つ疑問が。
    グリシャやクルーガーの記憶を覗けるならば腕章を右に付けちゃうなんてことはないのでは?
    エレンのおっちょこちょいなのかまだ完全には記憶を覗けないのかわかりませんが。
    ということはアルミンもベルトルトの記憶を完全には見る事が出来ないのではないかな?と思います。

    またアッカーマン家に関しては、マーレがエルディア人以外の種族に巨人の脊髄液を注入した結果巨人の運動能力が備わっているのかな…と。
    それだと9つの巨人より強い理由はわからないですが。

    • 管理人アース より:

      アッカーマンが9つの巨人と対等以上に渡り合えるのは立体機動装置があるおかげだと思います。
      この装置が無ければ、リヴァイ兵長でも厳しいのではないかなと思います。

      潜入者がエレンなのか、もしくは潜入者ですらないのかは分かりませんが、次回以降の展開で分かるかなと思います。
      楽しみですよ!
      またよろしくです!


      管理人アース

  30. そこら辺のイエーガー より:

    いつも見させてもらっています。

    自分はあの後ろ姿はコニーだと思います。エレンを敵地に送り込むというのは余りにもリスクが高すぎますし、顔もバレてるので。
    そこでいつも坊主のコニーがカツラを被ればライナーとかでも分からないのではないかなーと

  31. コロダイ より:

    フェイがリベリオと呼んでいるのは、86話の舞台、グリシャの故郷レベリオ収容区のことでしょうか?

    レとリの細かい違いですが..
    いまさらながら気になりました。

    (もしそうだとすると、エレンはグリシャの記憶から、レベリオ収容区の地理を把握していますね。アースさんの次回エレン潜入説の信憑性が増す気がします)

    コロダイ

    • 管理人アース より:

      そう、これ気になっていながら考察する事が多く忘れていました(笑)
      また誤植ですかね?( ̄▽ ̄;)

      もしそうなら、グリシャの記憶が活躍しそうですね!

      またよろしくです!



      管理人アース

  32. strikefreedom より:

    最近、「進撃の巨人」にハマり
    ようやく22巻まで読み終えました。
    最新話までの内容はこちらのサイトを
    拝見させていただいています。
    初投稿です。

    今後の展開ですが、
    しばらくパラディ島での展開は無いと
    思います。

    巨人の脅威が一掃されてから3年が経過し
    「世界」を敵と認識している壁内の人間は
    攻撃に備えて対策を講じているはずです。
    その結果が、マーレの調査船団32隻が
    一隻も帰ってこないことだと考えられます。

    推測ですが、32隻はパラディ島側に接収
    されたのではないでしょうか。
    マーレにとって、巨人は「味方」のはずが
    パラディ島上陸時には「敵」となって現れ
    しかも2体が挟み撃ちで立ち塞がった時
    果たして戦えたのか疑問だからです。
    そして、この状況ではマーレ側の巨人の力
    を使ってもパラディ島の上陸は困難だと
    思います。

    これに対し、マーレ側は4年を費やした
    戦争が終わったばかりで、パラディ島への
    対応はこれからという状態。
    さらに91~93話でマーレ側の人物像が
    細かく描写されているので、このまま話が
    進んでいくのではないでしょうか。

    私は93話の後ろ姿の人物はエレンだと
    思っています。
    そして、推測ですが調査兵団の主力も
    マーレに潜入しているでしょう。

    94話の予想は、個人的願望を込めて
    「突然、超大型巨人が現れる」です。

    845年の状況が立場を変えて再現
    されればめちゃくちゃ盛り上がります。

    最後に、既出かもしれませんが
    エルディア人の腕章には「星型九角形」が
    描かれていますね。

    長文になってすみません。

    • 管理人アース より:

      94話で超大型巨人@アルミンがいきなり登場したら、最高ですね!
      管理人アースは、ライナーとエレンが再会するのではと予想しています。
      ハンジ達は既にマーレに潜入しているのではないかと。

      またよろしくです!


      管理人アース

  33. 33tbt より:

    ファルコは91話で隼に手を伸ばしてましたよね。
    隼=ファルコン。
    これはもうファルコが「羽根の生えた巨人」を継承するしかないって感じですよね。

    • 管理人アース より:

      ファルコが鎧ではなく「羽根の巨人」を継承するという予想ですね!
      面白いです!
      ファルコのこれからには要注意ですよね。

      またよろしくです!


      管理人アース

  34. 1301 より:

    うーん…やっぱりあの後ろ姿の髪型からエレンとしか思えない…高度な変装をして。とか?ハイリスクだけどあの髪型はエレンと完全に一致してると思います。

    • 管理人アース より:

      ですよね!(笑)
      一度そう思い、そのように見るから余計そうなのかもですが、管理人アースもエレンにしか見えません。
      ハイリスクというのも分かるのですが…エレンですよね(・_・;)
      ここからの展開、早く知りたいですよ!

      またよろしくです!


      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ