ワンピース

【ワンピース】ラフテルは「通過点に過ぎない」?ラフテルに残された謎とは

ワンピースラフテルの謎

大人気漫画「ワンピース」。

その超大作の中には、読者を奮い立たせる伏線の数々が存在します。

そんな伏線の中でも、もっとも「物語の最深部」に関わっている伏線。

ラフテル」。

今回は、そんな「ラフテル」について考察していきます!

ワンピース考察|「ラフテル」とは

まず、「ラフテル」とは何か、を復習しておきましょう。

ワンピースの物語を象徴すると言っても過言ではないこの「ラフテル」。

伝説の島と呼ばれているのですが、いったい誰が発見し、誰が名付けたのでしょうか?

ワンピース考察|ロジャー海賊団が初めて到達した「最終目標」

「ラフテル」は“海賊王”ゴール・D・ロジャーの海賊団が初めて到達し、「世界の全て」を知った場所とされています。

この時、ロジャーは「何か」を見て、「何か」を知りました。

そして、ロジャーは「笑った」のです。

アニメでこのシーンが放送された時は、鳥肌が立ちました!

漫画だけではなく、アニメにも重要な伏線を残している作品です。

このシーンに「Memories」が使用されたのには何か意味があるのでしょうか・・・?

ワンピース考察|「ラフテル」と名付けたのはロジャーだった

ロジャーたちが辿り着くまで800年間誰も到達できなかった「ラフテル」。

「ラフテル」という名前が付いたのも、ロジャーが到達したこの時です。

ロジャーは「こんな宝を残しやがって・・・。とんだ笑い話だ!」と言っていました。

この「笑い話」から取って、ロジャーは「LaughTale」。

「ラフテル」と名付けたのでした!

ワンピース考察|ビンクスの酒に伏線があった?

スリラーバークでブルックが仲間に加入する時に、全員で歌った「ビンクスの酒」。

この歌詞に「果てなし あてなし 笑い話」という一節があります。

この一節こそが、「ラフテル」の伏線となっていたのではないでしょうか?

後述しますが、「ラフテル」の存在を知るには「行かなければならない島」があります。

そんな所まで到達しなければならないことを「果てなし」。

そして、「ラフテル」へ辿り着くには、”古代文字”を読み解く必要があります。

普通なら解読できない代物なので、「あてなし」。

「笑い話」へ辿り着くまで「果てしなく」、解読できずに「あてのない」旅を、続けなければならない。

そのメッセージとして、この一節を尾田栄一郎先生は描いたのではないでしょうか?



ワンピース考察|ラフテルに行くには「行かなければならない島」がある

先程話しましたが、「ラフテル」へ辿り着くには、「行かなければならない島」が存在します。

次に、この「行かなければならない島」と「ラフテル」の関係を考察していきます!

ワンピース考察|「行かなければならない島」=「水先星島(ロードスター島)」

「行かなければならない島」と言うのは「水先星島(ロードスター島)」という島です。

「偉大なる航路」に必要不可欠な”ログポース”が指し示す「最後の島」なのです。

ということは、「水先星島」の先には「赤い土の大地」がそびえ立っているということですね!

本当は、この「水先星島」に辿り着くことによって「ラフテル」の存在を知るそうです。

この「水先星島」には、何が隠されていたのでしょうか?

ワンピース考察|ロードスター島に隠された「謎」

「水先星島」に辿り着いて初めて「ラフテル」の存在を知る。

この言葉には、すごく重要なものが隠れているように思えて仕方ありません。

ルフィたちは、たまたまゾウに先に到達し、「ラフテル」への行き方を知ることで、「水先星島」を省略しています。

ですが、この「水先星島」に隠された謎はそれだけなのでしょうか?

この島には、ポーネグリフと「古代文字」の謎、ポーネグリフを作った文明と「ラフテル」の存在を知ることができます。

「ポーネグリフと古代文字の謎、ポーネグリフを生み出した文明」

この部分に大きな謎が隠されていそうですね!

この1文を見ると「ワノ国」が連想できます。

その中でも「光月家」が深く関わったいますよね!

この島には、「光月家の先祖」がいたのかも知れません。

その先祖は、ルナーリア族と深い関わりがあったのだと考えられます!

ワンピース考察|クロッカスはわざと「ウソの情報」を与えていた?

「双子岬」でラブーンと一緒にいた老人、クロッカス

驚くべきことに、彼もロジャー海賊団の一員だったのです!

ロジャーと共に「ラフテル」へ辿り着いた人物の1人なのにも関わらず、ルフィたちにした「偉大なる航路」の説明が違和感だらけなのです。

「ラフテル」の説明をした時に「ログポースが示す最終地点にラフテルがある」と言うニュアンスの説明でした。

実際には、ログポースが示す最終地点は「水先星島」であり、「ラフテル」ではありません。

クロッカスは、「ラフテル」への謎を全て解かせるために「水先星島」へルフィたちを向かわせたのだと思われます。

クロッカスの優しさなのか。

それとも「水先星島」に何か重要な秘密があるのか。

そこの所が重要な部分ですよね!

ワンピース考察|ラフテルはどこにある?

結局、「ラフテル」はどこにあるのでしょうか?

私の考察だと、「霧の中」。

フロリアントライアングルの中に存在していると思われます!

象主・ズニーシャが「霧の中から現れ、霧の中に消えていった」と話されていました。

その能力と同じ能力を持った島。

なので、ログポースにも引っかからず、普通のやり方なら辿り着けない島なのではないでしょうか?



ワンピース考察|ラフテルは最終目的への「通過点」に過ぎなかった

根本的な問題なのですが、「ラフテル」は本当に最終目標なのでしょうか?

ロジャーは「早すぎた」と言っていましたし、「次のジョイボーイに託す」とも言っていました。

このことから、「ラフテル」について更なる情報を引き出してみましょう!

ワンピース考察|ラフテルでの「最終目的」とは?

「ラフテル」はあくまでも「最終目標」です。

私は「ラフテル」にルフィたちが求める「全て」があるとは考えられません。

まず、ルフィたちは「ラフテル」で、最終目標を達成。

その後、「世界の全て」を知ったルフィたちが、諸悪の根源である「世界政府」と戦う

その流れが1番無難で、考えられる目的なのではないでしょうか?

「ラフテル」には、ロジャーに資格が無かったがために行くことが叶わなかった「その先」があると思います!

ワンピース考察|リヴァースマウンテンに関わっている

「ラフテル」が「ただの通過点」だと考えると、”本当の最終目的“はいったいなんなのでしょうか?

その最終目的に深く関わってくるのが、ルフィたちが「偉大なる航路」に入るために、登った「リヴァースマウンテン」。

この山が深く関わって来ると思われます!

“本当の最終目的”とは、「全世界を統一化すること」だと仮定します。

「赤い土の大地」や、「偉大なる航路」などの高低差や区別がない世界。

そんな世界へするための起点となる場所が「リ(Re)」「ヴァース(Earth)」マウンテン。

地球を世界に見立てて、世界を作り替える山と解釈することもできるのです!

そんな考えをしていくと、どんどんとスケールが大きくなってしまいますね。

ワンピース考察|“ニカ”の能力者でなければ成し得ない「何か」

前人未到の「ラフテル」到達を果たしたロジャーは”無能力者”だったことが分かっています。

そして、ロジャーの「早すぎた」というセリフや「次のジョイボーイが現れる」というセリフ。

このことから、ロジャーは「世界が待っているのは、自分ではなく次のジョイボーイ」だということを知ったのでしょう。

現在、ジョイボーイと言えば「800年前に実在したジョイボーイ」と「次のジョイボーイであろうルフィ」ですよね!

2人の共通点というと「ヒトヒトの実 幻獣種 モデル”ニカ”」の覚醒者だということです。

ということは、世界を作り替えるのに必要な能力が「ヒトヒトの実 幻獣種 モデル”ニカ”」の能力だと考えられます。

“ニカ”の能力からくる「自由すぎる発想力」こそ「ラフテル」で書かれていた”世界を変えるための絶対条件”だったのではないでしょうか!

ワンピース考察|“ヤミヤミ”の能力でも「何か」はできる?

逆の発想で、解放の戦士”ニカ”とは全く反対に位置する能力。

全てを取り込む”闇”である「ヤミヤミの実」にも、何か深い秘密が隠されていそうです。

持ち主である「黒ひげ」マーシャル・D・ティーチがどこまで知っているのかは不明ですが、「全てを取り込む”闇”だから」という理由だけで人生を懸けて探すとは思えません。

ここで考えられるのが、「ヤミヤミの実でも世界に影響を与えることができるが、”最悪の結果”へ向かう」ということです。

その”最悪の結果”がティーチの望む未来なのかもしれません。

そしてそんな未来が、かつてロックス・D・ジーベックが夢見た未来なのかもしれませんね!

それを実現するために、ティーチは「サーベル・オブ・ジーベック」。

ジーベックの剣」として、活動しているのではないでしょうか!

ワンピース考察|「ラフテル」についてまとめ

今回は「ワンピース」の中でも、最重要伏線で、物語の中枢に位置する「ラフテル」について考察しました!

「ラフテル」が実は「通過点」に過ぎず、ルフィには”その先の世界”を知る権利があると考えられます。

ロジャーは「無能力者」だったので、その資格がなかったのでしょう。

なので、ロジャーはかつてのジョイボーイが残した「次の世代」へ想いを託し、散っていったのかもしれませんね!

きっと、「ラフテル」に到達して物語が終わるのでは無く、「その先」があることは間違いないでしょう。

これからラストスパートがかかるので、その真相に注目ですね!

ワンピースネタバレ考察!全ストーリーあらすじと重要伏線、簡単まとめ解説!ワンピースネタバレ考察...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です