ワンピース

ワンピースネタバレ1042話!”CP0″乱入!そして、ルフィの能力の真実とは!

アース
アース
こんにちは進撃のアースです
少年ジャンプ14号掲載分ワンピースです。断片的に明らかとなっていく「ルフィの能力」!ルフィvsカイドウの行方や如何に!

前回は、ヤマトとモモの助の会話から始まりました。

象主の声を聞き、近くにいることを知ったモモの助。

象主の正体についても知ったようですね!

ですが、この現状で中々”最善”の答えを出せずにいるモモの助でした。

ヤマトはこれからモモの助と共に「ワノ国」の”最善”を出す事ができるのでしょうか?

「ワノ国」で起こっていること、象主が近くにいることを知り、父親である「光月おでんの航海日誌」を読んだモモの助。

自身の重要性について理解したようですね。

ですが、現在のこの惨状を見ておでんはそれでも「開国」を謳うのかと疑問に思います。

モモの助は「まだ見ぬ未来の世界の為の答え」か「現状のワノ国の民の笑顔を守る答え」の狭間で葛藤しているようでした。

どちらの答えも正解だと思いますし、モモの助は子供ながら難しい局面に立たされていますよね・・・!

一方、地下では忍者対決が終結し、オロチを迎えるはずの福ロクジュは敗れました。

いつまで経っても迎えに来ない福ロクジュにイラつきながら、三味線を弾くのを止めない小紫に当たります。

月姫」と言う曲を弾くの小紫は「いつもの面」を付けていました。

オロチが好きなこの曲は、くしくも亡き父”光月おでんが愛した曲だった」と明かします。

父を陥れた張本人が、父が愛した曲を聞き喜んでいるのを見て「笑顔になんてなれない」から面を付けていた。

それが面を付けていた理由だったのです。

その事実を聞いたオロチは、驚愕していましたね!

その頃、”CP0″を食い止めていたイゾウが、なんと”CP0″の1人を倒したのです!

結果的に相打ちになってしまいましたが、世界政府側からすれば一気に戦力ダウンですよね。

そんな中、新たに五老星からの”勅令”が入ったと連絡が入り、「あの一味がなんだと言うのだ」と苛立ちを隠しきれない”CP0″。

五老星が「ルフィの抹殺」を命じたということは、ルフィの能力と「新たに名を与えた”悪魔の実”」との関係は深いようですね!

屋上では、相変わらずルフィとカイドウが激しい戦闘を繰り広げていました。

ビック・マムの陥落で苛立つカイドウは、ルフィへの攻撃を強めていきます。

そんなルフィも負けじと「ギア4」で対抗するのでした。

これが最後のギア4だ!!!」と最後の力を振り絞り、ルフィはカイドウに立ち向かいます!

1042話「枕詞は”勝者”にゃつかねェ」。

ビック・マムの陥落で激変する戦況

「vs四皇」の戦いで死力を尽くしたキッドとローは動けずにいました。

そして、モモの助と象主、ヤマトのこれからの動きも気になります!

ルフィvsカイドウの「最終局面」が始まります!

ワンピースネタバレ1041話!モモの助の為に駆けつけた象主!分からない重要な部分とは!? 「四皇狩り」を果たさんとするユースタス・"キャプテン"・キッド&"死の外科医"トラファルガー・ロー。 ビック・マムも大技が...

ワンピースネタバレ考察|1042話あらすじ

「おれの正義」

今回は、「麦わらのルフィの”抹殺”」の勅令を受けた”CP0″が背後からドレークに刺された場面から始まります。

結果的に「海賊を助ける」行為を取ったドレーク。

そんなドレークに”CP0″は「理由を言え・・・」と問いただします。

ドレークはその問いに「おれの正義だ・・・!!」と短く答え、”CP0″は意味深に「うらやましいよ」と呟くのでした。

お祭りも終盤

その頃、「花の都」では火祭りも終盤に差し掛かり、”空船“に願いを書き空へ飛ばしていました。

その願いは「水が飲みたい」だったり、「親に会いたい」だったりと悲しい願いばかり。

祭りに参加したワノ国の民たちは”空船”に願いを乗せて楽しんでいました。

そこには、おトコの姿も。

ワノ国が良い国になることを祈ってしまいますね・・・。

ゴムの”性質上”

一方、「鬼ヶ島屋上」では、ワノ国の命運を賭けたルフィvsカイドウの戦いが繰り広げられていました。

満身創痍のルフィは”最後のギア4″で必死にカイドウを倒しにかかります。

一方的に殴られ続けるカイドウは、ある事に疑問を抱きました。

ルフィの”ギア4″から放たれる攻撃の軌道が変わっている事についてです。

攻撃の軌道を曲げている・・・!?有り得ねェだろゴムの性質上・・・!!

これまであまり不思議に思いませんでしたが、縮むこと無く拳が曲がるのは”ゴム”としては「有り得ない」現象ですね!

この現象は、五老星が言っていた「新しい名を与えた”悪魔の実”」の本質に関わることだと考えられます。

ルフィの「悪魔の実」には何が隠されているのでしょうか・・・!?

盗人上戸

酔っ払いながら戦うカイドウに「まだ酔ってんのかァ!!!」と怒りながら攻撃の手を止めないルフィ。

そんなルフィに「”未来”が見えてるのがてめェだけだと思うなよ!!!」と言いながらカイドウの様子がまた変化します。

あたかもルフィの真似をするかの如く、「こうか?」と“未来を見る見聞色の覇気”を再現するカイドウ。

この「盗人上戸」というのは、使いようによってはかなり脅威になりますね・・・!

鬼ヶ島を劈く「熱息(ボロブレス)」

龍の形態でルフィの攻撃を「盗人上戸」で避けたカイドウはそのままルフィに噛みつきます。

そして、「バキバキ」と音を立てながらルフィはカイドウに天高くへと連れていかれたのです。

口の中から解放されたと思ったら、続け様にカイドウの口から放たれる「熱息(ボロブレス)」がルフィを襲います。

丸焦げになりながらも何とか「熱息(ボロブレス)」から逃れ、ルフィは”弾む男(バウンドマン)”で再びカイドウへ向かっていきました。

枕詞は”勝者”にゃつかねェ

「ギア4」が制限時間付きの形態だと言うことに気づいたカイドウ。

ですが、必死に向かってくるルフィに戦いの手を緩めることはありませんでした。

そして、ルフィが誰に味方しても構わないが、ワノ国の侍たちは敗北したと、更に言い訳つきの”弱者”を腐るほど見てきたとカイドウは言います。

カイドウが改めてルフィに問いました。

強ェのか!?強がりか!?枕詞は”勝者”にゃつかねェ!!お前はどっちだ!!?

その問いにルフィは「覇猿王銃(オーバーコングガン)」をカイドウにこれが答えだと言わんばかりに放ちました!

“咆雷八卦”

強烈な一撃を与えたルフィですが、確実にのしてしまうまで攻撃を与えようと追撃します。

その時、カイドウが倒れた土煙の中から声が聞こえました。

“咆雷八卦”

“雷鳴八卦”の上位互換であろう技を繰り出され、あまりの速さに避けきれず直撃してしまうルフィ。

ダメージは相当なもののようで、少し”力”が抜けてしまいました。

そんなルフィの姿を見るカイドウは「ウォロロロ・・・」と静かに笑い、「殺戮上戸」の狂気の笑みを浮かべるのでした。

頭を過ぎる”おでんとの戦い”

ここで「ギア4」が解けてしまうと敗北が確定してしまうルフィは、必死に”力”が抜けないように抑えました。

そして、再びカイドウに向かって行くのです。

カイドウもその心意気や良しと「”咆雷八卦”」で迎え撃つ体勢に入ります。

ここでルフィとカイドウの最後の決め手となるであろう「”覇猿王銃”」と「”咆雷八卦”」がぶつかると思われたその時。

何とドレークに不意打ちを喰らったにも関わらず、ドレークを倒し、この場に乱入してきた”CP0″の妨害によってルフィの技は止められてしまいます。

「”咆雷八卦”」を止めることができないカイドウは、”光月おでんとの戦い”が頭を過ぎりながらルフィにトドメを刺してしまうのでした。

はたして、ルフィはこのまま倒れてしまうのでしょうか・・・!?

第1043話へ続きます。

ワンピースネタバレ考察|1042話感想まとめ!

今回は、「ワンピース」第1042話のあらすじをまとめて紹介しました!

ルフィとカイドウの戦いも「最終段階」へ差し掛かり、2人とも一進一退の攻防を続けていました。

ルフィの軌道が曲がる攻撃を見たカイドウが言った「ゴムの性質上有り得ない」という発言。

そして、最後の最後で乱入してきた“CP0″。

カイドウの本気の「”咆雷八卦”」が直撃してしまったルフィはどうなってしまうのでしょうか・・・?

このまま再起不能になることだけは想像したくありませんよね!

ワンピースネタバレ
ワンピースネタバレ考察!全ストーリーあらすじと重要伏線、簡単まとめ解説!ワンピースネタバレ考察...
ワンピースネタバレ1043話!静かに笑う男の正体はジョイボーイ!? 前回は、「このままでは終われない」と"CP0"の隙を突き、ドレークが致命傷を負わせた場面から始まります。 満身創痍のドレー...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。