ワンピース

ワンピースネタバレ1040話!ビック・マム陥落!そして、迫り来る「象主」の正体!

アース
アース
こんにちは進撃のアースです
少年ジャンプ11号掲載分ワンピースです。
とうとう決する「vs四皇」!

前回では、キッドとローが「四皇」ビック・マム相手に「最後の大技」を繰り出しました!

どんな大技にも耐えてきたビック・マム。

ですが、どんな攻撃を加えても”ノーダメージ”なのではと思わせる身体も限界を迎えていました。

なんと、キッドとローの攻撃でビック・マムの腕が折れていたのです。

周囲の兵士たちもそれに驚いていましたね。

そんな現状を他所にキッドとローは言い争いを始めます。

その隙に、ビック・マムは自らのソウルを骨に宿し、自分の骨をホーミーズにして治療したのでした。

そんな言い争いの中、ローは「冗談抜きで次の攻撃が最後だ」とキッドに伝えます。

次の一手で仕留め損なえば、自分たちの敗北は確実となることを伝えられ、大一番に出る2人。

キッドは自分の”覚醒”した能力である「磁力の付与」を駆使し、ビック・マムに鉄の猛牛をぶつけます。

背中の金属の塔に張り付いているビック・マム。

この攻撃も直撃かと思いきや、塔をぶっ壊し、背中に張り付いた金属の壁で猛牛をガードしたのでした。

その光景にキッドは「めちゃくちゃだな・・・」とビック・マムの怪物度合いに度肝を抜かれていましたね。

その攻撃に激怒したビック・マムは「”母訪砲 三千里”」というこれまで見た事のない技を繰り出します。

ミザリーもソウルで出来ているものらしく、雷のような攻撃をしてきました。

恐らく、ヘラを使った技の1つなのではないでしょうか?

そんなミザリーを使ったビック・マムは肩で息をしていました。

この攻撃は相当な体力かソウルを消費するのでしょう。

ミザリーで攻撃するのに集中し、ローが落としていた巨大な瓦礫に気づく素振りはありません。

そしてそのまま、ビック・マムは巨大な瓦礫の下敷きになってしまったのでした。

その隙を見逃さず、ローはビック・マムの背中に飛び乗ります。

ローも”覚醒”した能力である「K・ROOM」で纏った刀で貫き、鬼ヶ島を超えてワノ国の地面に突き刺さっても、なお伸ばします。

その間、ビック・マムの攻撃に晒されているロー。

ロー自身に限界が来たのか、十分な深さまで貫いたのか、ローの”内部衝撃”の攻撃。

“穿刺波動(パンクチャーヴィレ)”」が炸裂したのでした。

渾身の攻撃にビック・マムものたうち回って苦しみます。

ですが、仕留めるまでいっていませんでした。

すかさず上空に飛んでいたキッドの「“電磁砲(ダムドパンク)”」が瀕死のビック・マムを捉えます。

相当な衝撃が走ったライブフロア。

その勢いで、ビック・マムを倒すことができるのでしょうか・・・!!

話は第1040話に続きます!

ワンピースネタバレ1039話!キッド&ローの最後の大技!ビック・マムを倒せるのか!? 1039話「大トリ」。 前回は、気になるシーンが多かった回だったように思います。 まずは、雷ぞうvs福ロクジュのニン...

ワンピースネタバレ考察|1040話あらすじ

LIFE orSLAVE

場面は、前回の続き「ライブフロアの戦い」から始まります。

キッドの「“電磁砲(ダムドパンク)”」に圧されるビック・マム。

ですが、そのまま耐えているではありませんか!

衝撃の展開にさすがのキッドとローでも四皇には勝てないのかと思った時。

「選びなァ!!!コイツを弾き返した瞬間のお前らの運命をなァ!!!」

ビック・マムはライブフロアにいる兵士たちに”50年分の寿命を渡す“か”生きてビック・マムの従者になる“かの2択を迫ります。

ソウルポーカスで恐怖した者の寿命を可視化し、周囲の者は例外無く怯えてしまうのでした。

そんな中、ロー率いる「ハートの海賊団」の船員たちは「キャプテン遠くへ逃げて・・・!!」とローの身を案じていました。

ですが、ローは「お前らそうしろ」と一言。

キッドとローの身体からは、寿命が出てきていなかったのです。

「死に損ないのババアの念仏に、どうビビれってんだよ」

そう言うように、2人は全くビック・マムに恐怖していなかったのです!

ホールケーキアイランドの時のジンベエと同じように恐怖しなければ、寿命は奪われないようですね。

それにしても、四皇相手に全く恐怖しないのは凄いですよね・・・!

“お前の影響で出る音は全て消えるの術”

ローは「K・ROOM」とはまた別の技である「R・ROOM」を展開します。

ローが「R・ROOM」をビック・マムに放った瞬間、ミザリーが後ろから攻撃を仕掛けます。

ですが「往生際の悪ィ「皇帝」だな・・・!!!」「おれの恩人ならこうしただろう」とこのことから分かるように2人とも余裕があります。

そして、ローの「R・ROOM」の能力で”“を発動し、同時に追加で”電磁砲”が炸裂したのでした。

強烈な”電磁砲”の威力でしたが、「全く音がしません」。

ローはコラさんから受け継いだ”お前の影響で出た音は全て消えるの術“をビック・マムにかけたのでした!

原理は分かりませんが、声が出なくなったビック・マム。

ヘラやナポレオン、プロメテウスに命令出来ずに、そのまま下の階まで落ちて行ってしまいます。

それと同時に、後ろから襲いかかって来ていたミザリーをローは両断したのでした!

終結!「ライブフロアの戦い」

地下に落ちてきたビック・マムに驚くヤマト。

ビック・マムは落下を止めようと無我夢中となり、氷漬けの爆弾に攻撃してしまいます。

そのまま爆発し、ヤマトは咄嗟に他の爆弾に引火し、誘爆しないように氷の壁でガードしていました。

すぐ近くでヤマトと戦っていた火前坊は爆風をまともに貰い、そのまま「オロチ・・・様・・・」と消えてしまったのでした。

それでもビック・マムの落下は止まりません。

鬼ヶ島から飛び出て、強烈な高さからの落下。

さすがのビック・マムもタダでは済まないでしょう。

落下する最中、ビック・マムはゴール・D・ロジャーに対して恨み言を言いました。

「お前何であんな事言い出しやがった!?」

ロジャーの一言で始まった「大海賊時代」。

その流れに乗って成長していく猛者たちを相手にするのはロジャーではありません。

現在を生きているビック・マムたちなのです。

そんな風に考えているビック・マム。

ビック・マムが落ちた衝撃は鬼ヶ島中に響きます。

小紫と戯れるオロチはバランスを崩し、雷ぞうと福ロクジュの戦いは雷ぞうが耐え抜いたようなシーンが描かれました。

「何がある!?」

「どこにある!!?」

「この国にもあるんだろ?ああ口惜しい!!」

ロジャーが隠した「ひとつなぎの大秘宝」の秘密

それにたどり着けなかった後悔やキッドとローに負けた悔しさが感じられましたね。

そのままワノ国に落ちていくと思いきや、追い討ちを言わんばかりにローの「”穿刺波動”」で空いた巨大な穴。

その中に更に落ちていき、地下室にあった爆弾の爆発で、花の都よりも高い爆風を立てます。

その爆音も、ローの”凪”で誰にも知られる事はないのでした。

「ドクロドーム内『ライブフロアの戦い』勝者」

ユースタス・”キャプテン”・キッド及び”死の外科医”トラファルガー・ロー!!!

ズニーシャの秘密とは・・・!?

キッドとローの勝利で一気に盛り上がるライブフロア。

その盛り上がりを他所に、地下室の壁に空いた穴からモモの助とヤマトが再会します。

モモの助は以前予断を許さない状況です。

そんなモモの助がヤマトに言います。

「拙者手が離せないゆえ!!そのまま聞いてくれ!!象主が・・・!!近くち来ておるのだ!!!」

モモの助にしか聞こえない”象主の声“。

その声を聞き、象主の存在を感じていたようです。

ヤマトもおでんの航海日誌を読んでいるので、象主の存在は知っているようでした。

そして、衝撃の事実がモモの助の口から語られます。

800年前罪を犯した、ジョイボーイの仲間でござる!!!

このセリフで第1040話は終わります。

モモの助から語られる真実とはいったい・・・!

ワンピースネタバレ考察|1040話感想まとめ!

今回は、「ワンピース」第1040話のあらすじをまとめて紹介しました!

今回の注目ポイント!

「四皇ビック・マムの陥落」

「時代が動き出した”新世代”」

「武器庫の死守成功」

「モモの助の語る”象主の正体とは”」

この辺りでしょうか!

今回は次の話に繋がる要素が多かったように感じる回でしたね。

次週は残念ながら休載です。

再来週を楽しみにしておきましょう!

ワンピースネタバレ考察
ワンピースネタバレ考察!全ストーリーあらすじと重要伏線、簡単まとめ解説!ワンピースネタバレ考察...
ワンピースネタバレ1041話!モモの助の為に駆けつけた象主!分からない重要な部分とは!? 「四皇狩り」を果たさんとするユースタス・"キャプテン"・キッド&"死の外科医"トラファルガー・ロー。 ビック・マムも大技が...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

error: このコンテンツのコピーは禁止されています