ワンピース

【ワンピース】ワプワプの実は最強?ヴァン・オーガーの強さや能力まとめ

ヴァン・オーガー

「音越」の異名を持ち、貴族の様な服装に右目のスコープ付きの眼鏡。

特徴的な帽子と意外と印象に残る見た目である『ヴァン・オーガー』。

黒ひげ海賊団の初期メンバーの1人であり、中でも謎の多い人物です。

更に、「それもまた運命である」と言うセリフを多用するため、運命論者だと考えられます。

今回は、そんな「音越・ヴァン・オーガー」について解説していこうと思います!

「音越」ヴァン・オーガーの能力について

本名ヴァン・オーガー
異名音超
年齢25歳→27歳
身長340cm
懸賞金6400万(現在高騰している可能性有り)
所属黒ひげ海賊団
武器愛銃「千陸」
悪魔の実なし→ワプワプの実
出身地東の海
誕生 日10月5日
CV高塚正也さん

黒ひげ海賊団の「十人の巨漢船長」の1人であり、黒ひげ海賊団の初期メンバーの1人。

「狙撃手」である事と、「運命論者」である事以外謎に包まれている人物でもあります。

戦闘シーンが一切なく、どれほどの実力者なのかなど、未だに分からない事だらけですよね!

ここからは、少ない情報からヴァン・オーガーの実力や悪魔の実の能力について解説していきます。

超越した狙撃能力の持ち主

「音越」の異名を持つヴァン・オーガーは『超越した狙撃能力の持ち主』です。

「音越」という異名は『音も届かない遠方から的確に急所を打ち抜く事ができる』事が由来となっていると考えられますね!

実際に、平穏な海の上で突然カモメが狙撃され、麦わらの一味の船に落ちてきました。

銃声も聞こえなかったため、チョッパーが摘出した銃弾を「どこかで撃たれてここで息絶えた」と考えていましたね。

実は、このカモメを狙撃したのが遠く離れた島にいたヴァン・オーガー。

更に、一気に複数羽を撃ち抜いていたので、早撃ちの技術も凄まじいと思われます!

「超人系」ワプワプの実の能力者

ヴァン・オーガーはバロナ諸島にて黒ひげことマーシャル・D・ティーチとエースが決闘をする際に意味深な発言をしています。

能力者と言うものはその能力にかまけて、それを奪われると脆いものかと思ったが

この発言から考えて、この時点ではまだ「無能力者」だったと思われます。

ですが、1064話にてトラファルガー・ローとの戦いで「超人(パラミシア)系」ワプワプの実の能力者である事が明らかとなりました!

「物」や「他人」、「自分自身」も『瞬間移動』させる事ができる能力で、単純に考えて「チート能力」と思われます。

その範囲は「座標」によるものなのか「視界」によるものなのかは定かではありませんが、もし「視界」ならとんでもない事になりますよね!

とてつもなく離れた位置で飛ぶカモメを撃ち抜くほどの視力を持っているので、その分「視界」も遠ざかります。

そう考えると『一瞬で見えない場所まで移動できる』という事になりますし、逆もまた然り。

確実に『先手が取れる』能力となる可能性がありますよね!

ヴァン・オーガーの技まとめ

ヴァン・オーガーは戦闘シーンが一切描かれておりません。

なので、攻撃技と言うものが判明しておらず『超遠距離狙撃』や『凄まじい速度の同時撃ち』としか言いようがないのです。

これからの戦闘に期待ですね!

ヴァン・オーガーのモデルは何?

ワンピースに登場する海賊の大半にモデルが存在します。

例えば「黒ひげ」マーシャル・D・ティーチは、実在した海賊「“黒髭”エドワード・ティーチ」がモデルです。

ヴァン・オーガーも例外では無く、モデルが存在しています。

印象的な服装のヴァン・オーガーのモデルとなった人物はだれなのでしょうか?

簡単に解説していきましょう!

モデルは映画「バロン」のアドルファス

ヴァン・オーガーのモデルとなったのはイギリスで制作された映画「バロン」に登場する狙撃手『アドルファス』だとされています。

アドルファスはヴァン・オーガーと同じく、貴族風の服装に、スコープ付きの眼鏡。

更に、ラッパ型の長銃を携えているのです。

そして、アドルファスの特殊能力である「千里眼」。

ヴァン・オーガーも「千里眼」とまではいきませんが、遥か遠くを見通せる「視力」を持っています。

これらの類似点から、ヴァン・オーガーのモデルは映画「バロン」の「アドルファス」とみて間違いなさそうですね!

担当声優様は「高塚正也」さん

ヴァン・オーガーの担当声優様は「高塚正也」さんです。

高塚さんはヴァン・オーガーの他に同作である『ワンピース』から「花剣のビスタ」や「CP-9のジャブラ」なども担当されておりますね。

更に「アバロ・ピサロ」を担当されていた「田中一成」さんが亡くなってしまったため、引き継ぐ形で担当されております。

ヴァン・オーガーの名言集

この世は全て 強い望みの赴くままに

掴み取った勝利も、全て「運命」として考えている「運命論者」であるヴァン・オーガーらしいセリフ。

そんなヴァン・オーガーは「死」をも運命と片付けます。

強い思いや望みに運命は引き寄せられ、出会う事や戦う事は必然である。

なんだかすごく深みのある考え方ですよね!

黒ひげ海賊団「3番船船長」ヴァン・オーガーまとめ

今回は、「黒ひげ海賊団3番船船長」である「音越」ヴァン・オーガーの解説をしていきました。

かなりクセのある人物ですが、実力は折り紙付き。

更に「チート能力」の可能性もある「ワプワプの実の能力者」となっております。

「麦わらの一味との決戦」の時は同じ狙撃手である事から「ウソップ」と戦う事になる可能性は高いですが、今現状ではあまりに荷が重いです。

なので、ここで登場するのが父親である「ヤソップ」。

ヤソップと共に親子で共闘となると熱い展開になりそうですね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です