ワンピース

【ワンピース考察】Dr.ヒルルクはワノ国に訪れた事がある!?「奇跡の桜」とヒルルクの正体とは?

アース
アース
「全く良い人生だった」でお馴染みのヒルルクこ正体とは!?

麦わらの一味の船医、チョッパーの師の1人であり

親の様な存在でもある「Dr.ヒルルク」

彼の過去は詳しく描かれませんでしたが、様々な気になる情報が散りばめられていました!

はたして彼の正体とはどんな人物なのでしょうか?

ワンピース考察|ヒルルクは「ワノ国」と繋がりがある!?

チョッパーに「世界の広さ」を教え、「1人の男」として接した「Dr.ヒルルク」

そんな彼はドラム王国に来る前は名の知れた「大怪盗」だった事が分かっています。

他人に対して「余計なお世話」が焼けて、チョッパーにも「優しさ」を教えた人物は

チョッパーにとって「ヒーロー」の様な存在であり

「ドラム王国」の行く末までもを案じ、こんな言葉を残しています。

「この国は今”病気”なんだ。国民もそう王も政府もそうだ…。」

そんな「国の”病気”」までも治そうとした心優しい人物の過去はどんな人物だったのでしょう?

Dr.ヒルルクについて紹介!

元々「青鼻」で同じトナカイから蔑まれていたチョッパーが

誤って「ヒトヒトの実」を食べてしまい、半人半獣の怪物として

人間にも蔑まれてしまいます。

トナカイの群れにも帰る事ができず、人間の言葉も分からない

傷ついたチョッパーを雪が降りしきる「冬島」で素っ裸になり、「無害」を伝え

治療したのが、ヒルルクでしたね!

ヒルルクはチョッパーに「人間」を教え、「男としての信念と優しさ」も教えました。

ですが、ヒルルクが「不治の病」に蝕まれ、残り少ない人生なのを知り

チョッパーが蔑まれたトナカイの群れにも負けず

ボロボロになりながら「図鑑に”髑髏”が載っているキノコ」を採って来たシーンは感動しましたね。

ヒルルクはそれを「毒キノコ」と知りながらそれを食べて

チョッパーのせいでは死なぬと自ら命を絶つシーンは作中でも屈指の名シーンとなります!

「人は、いつ死ぬと思う…?

心臓を銃で撃ち抜かれた時……違う。

不治の病に犯された時……違う。

猛毒キノコのスープを飲んだ時……違う!!!

人に忘れられた時さ…!!!」

ドルトンも涙したこの言葉は、「受け継がれる”Dの意思”」にも繋がってくる重要な言葉です。

もしかすると、「政府」に関しても話していたヒルルクは

「空白の100年」の一端を知る者だったのかもしれません!

それで、Dr.クレハにその事を話したと考えると

Dr.クレハの「生きていたのかい・・・。”Dの意思”は・・・。」の言葉も説明が着きそうですよね!

Dr.ヒルルクの過去

ヒルルクはドラム王国に来る前は「大怪盗」と名を馳せたそうです。

そして、ある日「どんな医者でも治せない”不治の病”」を患ってしまい

人生のどん底に堕ちていってしまいます。

そんな中、ヒルルクに「奇跡」が起こったのです。

ある場所で観た、心が洗われる様な感動する程美しい「桜」

その桜を観た時、「不治の病」で余命が僅かだったにも関わらず

元気な姿に戻っていったのです!

“心の活力”となった桜を、ヒルルクは「奇跡の桜」と呼び、その日から

「病」に苦しむ人々に「奇跡」を起こそうと医学を学んだのでした!



ワンピース考察|ワノ国との時系列

カイドウvsルフィやビック・マムvsキッド&ローの「vs四皇」の戦いが繰り広げられる「ワノ国」

そのワノ国には、「国宝」という物が存在します。

その国宝こそが、“刀神 霜月リューマ”が愛用し”黒刀と成った”刀「名刀”秋水”」

現在は、ゾロが使用していたのですが、光月日和の強い願いを受けて

ワノ国へ返還されていますね!

なぜ、ワノ国の国宝がゾロの手に渡ったのか。

それは、ワノ国から何者かが「秋水」と「霜月リューマの死体」を盗み出し

後に、スリラーバークでの”霜月リューマ”のゾンビが所持していたのでした。

激戦の末譲り受けた形で、ゾロに渡ったのでしたね!

ワノ国から「誰かに盗まれ」スリラーバークへ渡った「秋水」

はたして誰に盗まれたのでしょうか?

Dr.ヒルルクが「秋水」を盗んだ

そこで1番に名前が挙がるのが「ゲッコー・モリア」

ワノ国でカイドウと戦っていた様ですね!

その時に盗んだのでは?

と言われていたのですが、時系列がバラバラになってしまいます。

その頃モリアはまだ生身の仲間と航海していたようですし

ゾンビに着目していないため、「秋水」と「リューマの死体」を盗む理由が見つかりません。

そして、次に疑わしいのが「大怪盗時代のヒルルク」です!

秋水が盗み出された頃とヒルルクが不治の病に倒れた時期が一致し

その時はまだ「医者」ではなく「怪盗」として活動していました。

その時に、「死者蘇生の研究」に明け暮れていたホグバックに依頼され

ワノ国の国宝を盗んだのではないでしょうか!

そう考えると、「ヒルルクが怪盗と説明された理由」「ワノ国の国宝が盗まれた理由」

辻褄が合うのではないでしょうか?

ワノ国へ訪れた際、「奇跡の桜」を観た

ヒルルクが話していた「奇跡の桜」。

実はワンピース作中で、桜が登場した島は「ワノ国だけ」となっています。

ヒルルクはワノ国から秋水とリューマの死体を盗み出す時に

心が洗われる様な”奇跡の桜”」に出会ったのかもしれません!

そして、自身に起こっ「奇跡」をみんなに起こそうと

「”医者の国”ドラム王国」に渡り、「医学」を学び悪戦苦闘したのかもしれませんね。



ワンピース考察|ヒルルクとワノ国の繋がりまとめ!

今回は、チョッパーの「師」の1人であり「親」であり、「原点」である

Dr.ヒルルクとワノ国の関係性について考察していきました!

ずっと謎に包まれていた「秋水」「霜月リューマのゾンビ」

その真実に繋がるピースの1つが「ヒルルク」なのではないかと思い

考察を紹介したのですが、「難攻不落のワノ国」に不法侵入し、国宝を奪ったヒルルクは

相当なやり手の怪盗だったのでしょうか?

いつかその詳細についても話して貰える日を心待ちにしましょう!

チョッパーに「人間」「男」そして「優しさ」を教えたヒルルク。

再び物語に深く関わって来そうな人物ですよね!

ワンピースネタバレ考察!全ストーリーあらすじと重要伏線、簡単まとめ解説!ワンピースネタバレ考察...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です