キングダムのネタバレ考察

「キングダム」王賁(おうほん)死亡を史実から予想!父と信、蒙恬との関係は?声優も紹介!【実在】

「キングダム」主人公・信のライバルであり、仲間でもある王賁。

蒙恬と共に信の良きライバルとして登場し、強さ、カッコ良さも持ち合わしたイケメンキャラとなっています。

王家の嫡男としてプライドが高いながらも、父であり大将軍・王翦から冷たく扱われており、暗い一面も持ち合わしています。

そんな王賁ですが、史実にも登場する実在の人物となっています。

実際は、どのような人物だったのでしょうか?

やはりプライドが高く、父から冷たく扱われていたのでしょうか?

さらに、史実での信や王賁との関係は?

検証してみました!

◆キングダム王賁とは

「キングダム」580話より

主人公信との関係

王賁は、17巻で初登場しています。

信と同じく三百人将で登場し、将軍を目指すライバルとして登場します。

下僕出身の信とは真逆で王家の嫡男であり、当初はあまりに身分の低い集まりである飛信隊信をバカにしている描写も見受けられました。

しかしそれでもガムシャラに結果を出す信に、一目置くようになっていきます。

このライバル関係は、最新巻58巻現在でも続いてます。

槍の使い手としての王賁

王賁は、槍の使い手となっています。

父・王翦から直接槍の指導を受けた事がキッカケとなっています。

王翦の指示によりキチンとした指導者から教わることとなり、日々厳しい鍛錬を積み上げてきた王賁の槍は、若いながらも既に熟練の域に達しています。

その実力は、著雍攻略戦で中華最強と名高い槍の紫伯に一騎打ちで勝つほどとなっています。

父王翦との関係

王翦を父に持つ王賁は、王家の嫡男というポジションとなっています。

しかし王翦は自分の血を引いた息子ではなく、妻である朱景が他の男の子どもを身籠って嫁いできたのではないかと疑っている節があります。

王翦との結婚を前に好きな男がおり、王賁はその男との子ではないのかという疑いに対し朱景は答えず、王賁出産後そのまま死亡していることが53巻で明らかとなっています。

そのため王翦は王賁が自分の子ではなく、妻である朱景を死に追いやった子と思っている可能性があります。

実際、王翦は王賁に対し冷たく厳しく接している描写が多々登場しています。

この辺りの関係が今後どのように物語に影響してくるのかが、要注目となっています。

◆史実の王賁とは

王賁は、史実に登場する実在した人物です。

魏・燕・ 代・斉を滅ぼしており、秦の中華統一に大きく貢献した武将となっています。

この辺りを中心に、史実としていくつかのエピソードが登場しています。

中華統一までの王賁の史実を、ピックアップしてみました。

  • 紀元前226年に父の王翦と燕を攻め、燕都の薊を陥落します。楚を攻めて十余城を落としています。
  • 翌年紀元前225年に魏を攻め、黄河の水を魏都の大梁に引いて水攻めを行います。ここから魏王假を降伏させ、魏を滅ぼしています。
  • 紀元前222年に燕を攻めます。燕王喜を捕えて燕を滅ぼします。さらに代(趙の滅亡後に太子嘉が興した国)を攻め、代王嘉を捕え代を滅ぼします。
  • 紀元前221年に李信・蒙恬と共に燕を南下して斉を攻め、斉都の臨淄を包囲します。斉王建を降伏させ斉を滅ぼします。これで秦は中華統一を達成します。
  • かなり盛りだくさんとなっていますよね!

    現在最新話648話が紀元前235年の話となっているので、史実に登場する紀元前226年はこれから9年後の話となっています。

    ここで、父王翦と燕を攻める展開となっているようです。

    ここからも「父王翦と不仲」という設定は、キングダムオリジナルであると分かりますよね!

    史実としても王賁に王家を継がせていますし、そこにわだかまりがあったという記述は見当たりませんでした。

    おそらく、ここから物語を生むためにキングダムでは「不仲設定」にしたのでしょう。

    どのようなドラマが生まれるのか?

    予想してみましょう!

    王賁と父・王翦将軍との関係から生まれる物語とは

    キングダムの王賁を父王翦と不仲設定から、どのようなドラマが生まれるのか?

    紀元前226年の燕攻めは、王翦側から見ると「大いに援軍を得て」燕都を陥落しているとなっています。

    つまり、王翦が攻めていたところに王賁が援軍として助け、燕都陥落を達成したと読めます。

    おそらくここで王翦は苦戦していたところを王賁に助けられ、彼を認める展開となるのではないでしょうか?

    さらに自分の息子と認めるドラマがここで見られるのでは、と予想しますよ!

    この展開の為に不仲設定にしたのでは、とイメージできます。

    その伏線として、鄴攻めでの朱海平原の戦いで絶体絶命のピンチとなった王翦を、瀕死でフラフラな王賁が少数で助けに行った場面があります。

    ここで王翦は「理解に苦しむ」と王賁に言い放ってますが、紀元前226年の燕攻めでリベンジとなるのではないでしょうか?

    「キングダム」第616話より

    実際この場面でも王賁は王翦の首を狙うフテイを退かせており意味のある援護だったのですが、もっとハッキリと王翦を助ける展開が登場し王翦が王賁を認めざるを得なくなる展開が登場するのではないか?

    そんなドラマが待っているのでは、と予想します!

    王賁と信、蒙恬との関係から生まれる物語とは

    キングダム46巻より

    王賁と信、蒙恬は初期から切磋琢磨するライバル的な仲間として、ずっと描かれています。

    彼らの三者三様なキャラやライバル関係が実を結ぶ最大の見せ場は、紀元前221年の斉攻めでしょう。

    3人で斉を攻め滅ぼし、中華を統一するシーンが物語のクライマックスであり、3人が最も輝ける名場面になるのではとイメージできます。

    作者はここに至るまでの物語をイメージし、三人を同年代のライバルな設定にしたのかなと予想します。

    ほとんど最終回場面でしょうが、ここは本当に楽しみな場面ですよ!\(^o^)/

    王賁死亡を史実から予想!

    史実の王賁がどのように死亡したのか?

    その具体的な記述はありません。

    秦の二世皇帝の時、王翦と王賁は既に死んでいて秦はまた蒙氏まで滅ぼしてしまった。

    という記述のみとなっており、いつどのようにして死亡したのかは不明となっています。

    「キングダム」の物語自体が中華を統一して終わると思われるので、王賁の死亡までは描かれず3人が活躍した描写で終わるのかなとイメージしています。

    アニメ声優は細谷佳正さん!

    2017-05-01_204238

    家柄も血統も一流でイケメン、さらに戦闘も強い王賁のアニメ声優を担当しているのは、細谷佳正さんです。

    「進撃の巨人」ではライナー役を担当しており、かなりイメージは違いますよね(笑)

    細谷佳正さんについては、優細谷佳正さんのプロフィールまとめ!にてまとめていますので、見てみてください!

    ちはやふる」綿谷新役、「黒子のバスケ」の日向順平役なども担当している売れっ子声優さんです!

    王賁役にも、ピッタリな声優さんですよ!

    さて、今回はキングダム王賁について考察してみました。

    現在でも熱くカッコいい王賁ですが、見せ場はまだまだこれからもたくさん登場しそうですね!

    特に「王翦との燕攻め、信・蒙恬との斉攻め」は、むっちゃ楽しみです。

    最後まで見届けなきゃですね!\(^o^)/

    アース
    アース
    「行くぞ、玉鳳!」が、また見たい!
    【キングダムネタバレ考察】アースが伏線&未解明の謎を徹底研究!今一番アツい漫画「キングダム」のネタバレ考察をします!最新話の展開を史実を元に予想、キャラクターの伏線や史実からの予想、魅力的なキャラクターたちを深掘り考察していきます!...
    アニメやマンガが見放題
    進撃の巨人を無料で楽しむ方法

    進撃の巨人のアニメやマンガを楽しむならU-NEXTがおすすめです!

    今だけ31日間の無料トライアルがあるので、進撃の巨人のシーズン1、シーズン2、シーズン3、劇場版が見放題です!

    初回特典でU-NEXTで「600ポイント」が無料でもらえるので、進撃の巨人の最新刊も無料で見ることができますよ!

    U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

    評判&口コミ公式ページ

    \無料キャンペーンあり/

    VODランキングはコチラ

    ↑タップでコスパ比較↑

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です