キングダム

【キングダム725話ネタバレ】弱点を勝機に変える!桓騎の秘策とは?

キングダムネタバレ725話
アース
アース
2022年6月30日の木曜日に発売する週刊ヤングジャンプに掲載予定のキングダム第725話の最新ネタバレ確定速報をお届けします。

前回では、李牧が語った桓騎の弱点が明らかとなりました。

その弱点とは、「正攻法を知らない」というもの。

桓騎は、ずっと「変性的な攻め方」で戦って来て、勝利してきました。

なので、逆に李牧はそこを突きます。

「正攻法」である”数の暴力”。

それに対して、桓騎は余裕の表情で「十字形」の陣形にて反撃を開始するのでした!

桓騎がとった「十字陣形」はどのような展開を産むのでしょうか?

キングダムネタバレ724話
【キングダム724話ネタバレ】李牧が語る「桓騎の弱点」とは? 前回では、李牧が半年間かけて築き上げた包囲網を“飛信隊”と“楽華軍”は見事突破しました。 決して少ないとは言えない犠牲の上...

キングダムネタバレ考察|725話展開予想

では、気になるところで終了した前回から725話の展開を予想してみます。

キングダム725話ネタバレ考察|李牧の想定外にいる桓騎

前回、桓騎が突然編成した陣形。

十字に別れた兵士たちでどう攻めるのでしょうか?

一見、全方位を満遍なく見ることができる陣形なのですが、どうしても「守り」に徹しているように思います。

桓騎が「守り」に徹するとは思えないので、ここから李牧の想定を超える戦いを見せるのだと考えます!

キングダム725話ネタバレ考察|桓騎の思惑とは?

十字形に陣形を変えた桓騎。

彼はまだまだ余裕の表情をしています。

それは、桓騎にまだ勝機が残っているということ。

その勝機を掴むため、桓騎が瞬時に考え抜いた陣形が「十字陣形」なのでしょう。

「十字架」にも見えますが、きっとこの時代に十字架は無かったので、これは「風車」なのではないでしょうか?



キングダム725話ネタバレ考察|飛信隊が戦いの鍵になる?

この「十字陣形」に秘められたメッセージ。

それは「全方位を守り抜く」こともあるのでしょうが、先程も話した通り「風車」でもあると思います。

李牧の包囲網を抜けた飛信隊と楽華軍。

その2つの「小さな勝機」を燃え上がらせて、乱気流で「風車」を回す。

そう言ったメッセージが込められていると感じました!

なので、この戦いの鍵となるのはやはり、「飛信隊」なのではないでしょうか?

キングダム725話ネタバレ考察|結果的に桓騎は敗北する

結果的に、桓騎はこの戦いで敗れると考えます。

正確には、秦国が敗れるのでは無く、「桓騎が李牧に敗れる」のです。

そうして、史実通りなら、「桓騎は死亡する」と言うことになります。

桓騎の死亡を無駄にせず、李信たちは李牧を追い詰めるのでしょう。

それが最後の最後で「趙国に勝利する」ことに繋がるのではないでしょうか?



 

キングダム725話ネタバレ【最新確定】

最新話であるキングダムの第725話の内容をお届けいたします。

緊迫していく趙軍

今回は、前回の桓騎が取った「十字陣形」から始まります。

桓騎が自軍の兵士達に組ませた奇妙な十字陣形の全貌を捉えるには高い場所から見るしか方法がありません。

平地の前線で戦っている趙軍の兵士達や秦中央軍の壁達は陣形の全貌が見えていない状況。

それでも、桓騎が動き出したことは把握しています。

その陣形の正体を知る兵士は前線に一人もいないので、桓騎軍の異常な十字陣形を見た時誰もが驚いていました

陣形についての情報を持っていない上に、異様な策で数々な勝利を掴んだ桓騎を恐れています。

なので、現在の趙軍の兵士達は迂闊に動くことができませんでした。

前線にこの状況を対応できるほどの将軍はいないので、これからどう対処するのかは総大将李牧の判断に任せられています。

李牧は確実に桓騎の首を取ることを望んでいます。

ですが、十字陣形は李牧でも見たことがなかったため、兵士達を何も考えずに動かすことができませんでした。

桓騎を相手に、適当に兵を動かせば大きな損害を受ける可能性は非常に高いです。

李牧がどう分析しても桓騎軍が組み上げたこの十字陣形を理解することができませんでした。

桓騎の思惑

一方、十字陣形を組んでいた桓騎軍の兵士達でもこの陣形について何も知らされていません。

桓騎はいつも通り作戦についてのことを一切全ての部下に教えていなかったのです。

昔の戦いと同じ、桓騎は自分がいいと判断したタイミングで部下達に号令を発して、全軍を一気に動かせました。

今回の戦いがちょっと違うのは昔の戦いで桓騎軍が動き出す時、なんとなく作戦を理解できた部下はいました。

ですが、今回のこの陣形を理解できた部下は一人もいませんでした。

おそらくこれは趙の扈輒軍との戦いを繰り返さないように桓騎はわざと作戦について部下達に何も教えてなかったのでしょう。

扈輒軍との戦いの時、桓騎が自分の破天荒な作戦を幹部の一人、雷土に教えます。

そのせいで、雷土は作戦を成功させるために無茶をしましたね。

結果として桓騎は見事に勝利を手に入れましたが、雷土は死んだ上に死体が趙軍にバラバラにされてしまいました。

大事な幹部を二度と失わないように、部下達が二度と無理に戦わないように、桓騎はあえて何も言わなかったのでしょう。



十字陣形の意外な弱点

キングダムの李牧は知略を持つ男ですが、李牧はどんな時でも、どんな戦場でも慎重な戦い方で戦闘します。

これは史実上の李牧とほぼ同じです。

史実上の李牧の知略は後世にすごく評価されています。

それを模して、李牧は非常に慎重で、勝てると思った戦のみ軍隊を動かします。

今回の宜安の戦い、もし李牧が負けたとすれば、趙軍の兵士達の命を無駄にした上に、趙国の王は絶対に李牧を許さないのでしょう。

李牧は宜安の戦いに勝たなければなりません。

そのためにどれほどの時間をかけても桓騎の陣形を破れる方法を見つけ出す必要があったのです。

桓騎の陣形が完成したとしても、趙軍が圧倒的に有利な状態は変わっていません

有利な状態で時間をかけて考えた結果、李牧は突破口を見つけました

李牧の「正攻法」

桓騎が十字陣形の真ん中に指揮を取っている可能性は非常に高いのです。

李牧が趙軍の兵士達を動かせて、桓騎のいる真ん中を集中攻撃。

それにより、桓騎を討つことが可能になって、戦争を早く終わらせられます。

もし万が一桓騎を討てなかったとしても、真ん中に攻撃すれば桓騎軍を崩壊させることもできますよね。

桓騎軍が崩壊した途端に、圧倒的な兵力を持っている趙軍が斜めから中心部に突撃すれば、挟み撃ちの形になって、秦軍に大ダメージを与えることができます。

李牧や趙軍には進軍を急がせる必要は全くありません。

なので、ここで正攻法を選ぶのは正解だと李牧は考えました

奇策で桓騎の陣形に挑んでも、返り討ちにされる可能性はあります。

今の李牧や趙軍は自軍の被害を抑えつつ、急がずに進軍すれば、桓騎軍を倒すのは時間の問題です。

ですが、他人の心を自由自在に操られる桓騎は当然そんなこと知っています。

桓騎がこれから何をしても李牧や趙軍が動揺しなければ負ける要素はほぼありません。

ですが、桓騎がそれほどの時間を趙軍にくれるはずがありませんね。

李牧が対策を思いついた同時に、桓騎がこっそり用意した心理戦も始まりました。



時間稼ぎのための十字陣形

李牧が思いついた攻め方に従って、趙軍は十字陣形の先端を攻め始めました。

十字の陣形は確かに異常ですが、陣形の先端に配置されている兵が少なく、特に強い幹部もいません。

趙軍を止められる武力担当がいない結果、十字陣形の先端は簡単につぶされました。

李牧からすれば簡単に先端を潰すのは当然な結果でした。

先端に穴を開ければ、後は趙軍が大量の兵士を一気に中へ入らせればいいのです。

そして趙軍が十字陣形の真ん中まで進軍できた時、桓騎軍はいずれ全滅か逃げるかしか選択肢が残らないのです。

桓騎がそんなことが知らないわけがありません。

桓騎は再び誰もが驚くような行動を兵士達にさせました。

陣形の尖端が趙軍に潰されたので、他の場所から援軍を送るのは非常に当たり前なことですよね。

ですが、援軍になるはずの兵士達が先端に着いた途端、何もせずにすぐに引き返しました。

つまり援軍になる兵士達は現場へ行って、そして着いた途端にそのまま帰るという無意味でわけがわからないことをしたのです。

こんなわけのわからないことを絶体絶命なタイミングで部下にやらせるなんて、さすが桓騎将軍です。

この不思議な光景を見た大紳士の摩論も「え?」という疑問しかありません。

敵である李牧や趙軍も当然桓騎の意図がわかりませんでした。

一体桓騎は何をしたのか。

桓騎は何を狙っているのか。

李牧にとってわからないことが多いのですが、趙軍には進軍を続く必要があります。

たとえこの先に何が待っていても、敵が動きを自分に見せた以上、趙軍はそれに対応するしかありません。

桓騎が再び無意味な行動を見せた今、たとえ罠や奇襲が待っていても、李牧は瞬時に対応するしかないのです。

桓騎の動きには必ず意味があります。一体どんな意味があるのか、非常に楽しみです。



キングダムネタバレ考察|725話感想まとめ

今回は、「キングダム」第725話のあらすじをまとめて紹介しました!

桓騎が下した意味不明な戦術。

これがどう繋がってくるのでしょうか?

今回の感想を細かくしていきましょう!

桓騎の得意な心理戦

桓騎が無意味な行動を見せた今、今回の宜安の戦いは黒羊丘の時とすごく似ていると思います。

黒羊丘の時、桓騎は当時の趙軍総大将慶舎を動かすために、桓騎は何度も無駄な行動をしました。

その結果、慶舎は本当に戦場の後方から最前線まで移動したのです。

もし宜安の戦いに桓騎がしていた全ての行動に意味があるとすれば、桓騎の狙いは総大将である李牧を自分の射程範囲まで動かせることだと思います。

李牧は知略を持っている将軍の一人で、これまでの桓騎の戦い方を分析したことがある以上、李牧は簡単に動きません。

そんな用心深い李牧を誘導するために、桓騎はあえて自分の首を何度も趙軍に見せた可能性は高いです。

これからの趙軍

趙軍がこれからどう進軍するのかによって、この戦いの勝敗が決まります。

そんな時に桓騎の心理戦が始まりました。

ですが、李牧が焦らずに、ゆっくりで攻めることが徹底できれば、桓騎軍が全滅するのは時間の問題です。

もし李牧が少しでも前線に移動したら、戦況は大きく変わります

なぜならその瞬間を狙っていた桓騎はすぐに全軍を動かして、進軍するのでしょう。

どちらに展開が進んでも、物語に大きく関わってきそうですね!

十字陣形の変化

桓騎があの異様な十字陣形を組んだことに一体どんな狙いがあるのか、いまだに判明されていません。

ですがそこに必ず意味があります。

ただ時間稼ぎのために用意された陣形とは思えません。

おそらくこの陣形には攻めや防御を持っている陣形なので、趙軍の攻撃を耐えながら反撃することができます。

そこ以外にこの陣形には李牧を動かせる目的があると思います。

桓騎が意味不明な行動をすればするほど、李牧を油断させてる策を桓騎は張り巡らせているのではないでしょか。

十字陣形がこれから趙軍とどのような戦いをするのか、非常に楽しみです。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

キングダムネタバレ考察!全ストーリーあらすじと重要伏線、簡単まとめ解説キングダムネタバレ考察...
【キングダム】飛信隊はあったけぇんだ!メンバー全員紹介まとめ-死んだ仲間と実在した史実も考察! 百人将となった信の元に集まった特殊百人隊。 王騎将軍から名付けられた「飛信隊」は、天下の大将軍を目指す信と共にドンドンと大...
改悪?eBookJapanの評価を評判や口コミから検証!マンガ集めにおすすめのサービスってほんと? ebookjapanは電子書籍サービスとしておすすめしていいのかどうか。 結論からお伝えしてしまうと、ebookj...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です