キングダム

【キングダムネタバレ717話】信のリーダーシップが熱い!蒙恬(もうてん)と突破口を見出すか

アース
アース
4月21日発売ヤングジャンプ掲載の「キングダム717話」の内容と考察です。

717話「優勢な場所」。

31万対14万という、完全に劣勢な形で始まった宜安の戦い。

李牧の盤面に乗せられ絶体絶命な展開の中で、信が「火の起こしどころ」を見つけて動き始めたのを最後に、716話は終わりました。

ここから数でも戦況でも絶体絶命な桓齮連合軍に、光は刺すのか?

信が、形勢逆転の火を起こすのか?

717話を見て行きましょう!

キングダムネタバレ考察|717話あらすじ!

信「俺の目を信じろ」

「右翼を捨てて移動する!」

前話716話最後の信の叫びシーンから始まります。

当然右翼を捨てて移動すれば、内側の桓騎軍に趙軍が直接なだれ込んで来てしまいます。

猛反対する河了貂。

しかし信は「李牧にハメられた形のままでは生き残れない」と返します。

それでも麃公将軍と同じ「本能型」である信の発想に付いていけない河了貂。

「…それは分かるけど…」と、右翼放棄を認められないよう。

そんな河了貂の顔を真っ直ぐに見て、信が言います。

「俺の目を信じろ」

二つ心の無い、綺麗な信の瞳の描写。

その目が、河了貂に言葉よりも説得力を与えます。

信の策を信じる事に決めた河了貂。

信に続き「移動する」と、各メンバーに指示を出します。

同時に沛浪や楚水たちに指示を出す信。

それでも場所を言わない信に、「どこに移動するんだ?」と聞く我呂。

「黙って俺に付いてこい」と叫び、飛信隊の大移動が始まります。

右翼を捨て大移動する飛信隊

高台で戦況を見守る李牧。

突然陣形が崩れた飛信隊に気付きます。

中央で四方の状況を見ていた摩論からは、突然陣形が崩れた飛信隊に「一気にやられて負けた」と感じます。

そんな摩論に「自分から崩してんだろ」と、解説する桓齮。

乱戦を解いて移動する飛信隊を見て、摩論は「逃げ出した!?」と驚きます。

たしかに一見逃げ出したかのように見える飛信隊。

しかしそのまま外側に行かず、隣の正面にいる壁軍側に駆けていきます。

騎馬の信を先頭に、駆け寄ってくる飛信隊。

突然の飛信隊の登場に、壁将軍は驚きます。

「し…」と声をかけようとする壁ですが、その前を信と飛信隊はスルーしていきます。

どうやら移動先は、壁軍ではないよう。

さらにそのまま駆け続ける飛信隊。

とうとう右翼とは真反対に位置する、蒙恬将軍がいる楽華隊の左翼に到着します。

真反対の左翼楽華隊と合流する飛信隊

楽華隊が守る左翼に到着した飛信隊は、そのまま楽華隊に襲いかかる趙軍を背面から攻撃して行きます。

突然の大軍の登場と、背面からの攻撃に趙軍は対応できず倒されていきます。

右翼の飛信隊の登場に驚く蒙恬。

そこに、信が駆け寄ります。

河了貂の発想ではないな、と語る信に「俺の独断だ」と答える信。

少し考えてから、蒙恬が語ります。

「全面劣勢の中、優勢な場所が生まれた」

「それは李牧の描いた局面にはないもののはずだ」

と、信の大移動を評価します。

たしかに左翼だけを考えれば軍は倍増した事になり、全面劣勢から唯一優勢な場所が生まれたこととなります。

しかし飛信隊がいなくなった右翼は、全くの無防備になっています。

信の大移動に「まるで麃公と戦っているようですよ」と評価する李牧。

しかしそれにより丸裸となった右翼から桓齮を討つよう指示を出し、終わります。

718話につづく



キングダムネタバレ考察|717話の感想と考察

絶体絶命の状況からも、諦めず突破口を見出し突き進む信。

一見ムチャクチャで頭脳派な河了貂はすぐには付いていけなかったですが、信への信頼が「付いていく」という選択をさせていました。

「黙って俺に付いてこい」という一言で、みんなを引き連れ大移動する飛信隊のシーンは、むちゃ熱いですよね!

河了貂から見たら、信の策はムチャクチャでしょう。

目の前の劣勢を逆転させるためだけの行動であり、その先は何も考えていません。

実際、丸裸になってしまう右翼の後の事は、何も考えていなかったですよね。

こんな策は、河了貂には理解できないし無謀そのものでしょう。

それでも皆を信じさせるのはこれまでの繋がりによる信頼でしょうし、さらに「リーダーシップ」だと感じます。

河了貂や蒙恬、李牧のような頭脳を持ち合わせていない信ですが、「絶対に勝つ」という勝ちへ真っ直ぐ突き進む諦めない心だけは誰にも負けません。

そんな信が「黙って付いてこい」と言えば、「こんな状況でも諦めていないんだな」と、飛信隊メンバーは付いていきます。

今回の我呂や麃公、楚水たちが絶体絶命の中でも黙って指示通りに動くのは、信のリーダーシップによるところが大きいでしょう。

このようなシーンはこれまでにもありましたが、「黙って付いてこい」だけで皆を引き連れるシーンは無かったような気がします。

李牧ではないですが、「まるで麃公」に見えるくらいまで信が成長している、という事でしょう。

麃公将軍のような本能型大将軍に、信が成長している事が分かるシーンだと分かりますね。

さて、次回飛信隊が放棄した右翼から桓騎軍がピンチになりそうですが、いったいどうなるのでしょうか?

おそらくですが、桓騎軍が右翼側を分厚くして対応することになるでしょう。

飛信隊よりも、桓騎軍は数倍大きい軍のはずです。

右翼側だけを分厚くすることは、全然可能だと考えられます。

問題は、右翼側を桓騎軍が耐えている間に逆転する展開を飛信隊と楽華隊が作れるのか、でしょう。

史実から桓齮はここで大敗北を喫するので、無理だということなのかもですが・・・

それでも信や蒙恬は生き残る展開となるので、新たな展開が登場すると予想できます。

そんな史実に繋がる展開が、次回718話で見られそうな気がしますよ。

次回、718話も要チェックです!\(^o^)/

キングダムネタバレ
キングダムネタバレ考察!全ストーリーあらすじと重要伏線、簡単まとめ解説キングダムネタバレ考察...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。