キングダムネタバレ

キングダムネタバレ678話あらすじ感想考察!王賁死亡?死地影丘(えいきゅう)に信が到着!

アース
アース
5月6日発売ヤングジャンプの内容です。

678話「影丘」。

死地となっている影丘へ、とうとう信に出陣命令がくだされました。

先に戦闘に加わっている王賁を救えるのか?

いったいどのような状況となっているのか?

今回明らかとなります!

「キングダム」678話を見て行きましょう!

キングダムネタバレ677話あらすじ感想考察!王翦に叫ぶ蒙恬が熱い 677話「飛信隊の行方」。 死地となっている影丘に派兵された王賁の玉鳳隊。 その安否が気になるいっぽう、死地で戦う桓...

◆キングダムネタバレ678話あらすじ!

8日間の戦況が明らかに

伝令に引き連れられ、戦場に向かう飛信隊。

移動の間、信が参戦するまでの8日間の戦況が伝令の馬印より明らかとなります。

右翼の雷土軍2万。

中央軍の黒桜・リン玉軍4万。

左翼は寄せ集めと玉鳳隊。

このような形で始まった桓騎軍の戦いですが完全に劣勢になり昨日は中央軍が分断され本陣が危なかった、と説明されます。

さらに左翼は「やられ過ぎてどのようになっているのか分からない」とも。

王賁が生きているのかも分からない状態だと語られ、最後に桓騎軍参謀摩論(まろん)から言伝があります。

厳しい戦況だが覆す事ができるのは『絶対に抜かれることが無い』と敵が信じている左翼だけだ。

信は左翼に配置され、影丘を抜く事を厳命されます。

望むところだ、と受ける信。

死地「影丘(えいきゅう)」に到着します。

影丘(えいきゅう)の王賁(おうほん)が死亡?

影丘に到着した飛信隊。

秦兵はことごとく倒れており、趙兵が死体にトドメを刺しているところでした。

既に「終わっている」ように見える左翼。

しかし、戦地の奥の方に生き残っている秦兵に気付く信。

倒れている王賁をかばうように円陣を組んで戦っている玉鳳隊を、信が確認します。

「左奥に王賁がいる」

「行くぞ!」

王賁を助けに、馬で一気に向かう信。

679話につづく

◆キングダムネタバレ678話の感想考察!

とうとう影丘に到着した飛信隊。

しかし予想はしていたものの、死地影丘の状態はほぼ終わっていました。

それでも、何とかギリギリ王賁に間に合った信。

何とか飛信隊が助けられそうな感じですが、しかし桓齮の狙いは何なのでしょうか?

王賁を瀕死にして信を発奮させ、一気に勝ちに行くつもりなのでしょうか?

これ、まだまだ分からないんですよね!

桓齮の真の狙いとは、何なのでしょうか?

歴史的に見ても趙の総大将扈輒(こちょう)将軍を桓齮が打ち取るのは、間違いないのですが…

この戦い、最後まで見落とせないですね!\(^o^)/

キングダムネタバレ679話あらすじ感想考察!王賁救出は羌礼でボケから初からみ 679話「攻略の糸口」。 死地影丘に突っ込んだ信は、瀕死の王賁を救うことができるのか? さら...
キングダムネタバレ677話あらすじ感想考察!王翦に叫ぶ蒙恬が熱い 677話「飛信隊の行方」。 死地となっている影丘に派兵された王賁の玉鳳隊。 その安否が気になるいっぽう、死地で戦う桓...
情熱大陸で花江夏樹さんのキングダム出演が確定!傅抵(ふてい)役か?11月22日(日)午後11時より放送の「情熱大陸」に「鬼滅の刃」主演の声優 花江夏樹さんが登場しました。 「鬼滅の刃」の主人公 竈...
「キングダム」王賁(おうほん)死亡を史実から予想!父と信、蒙恬との関係は?声優も紹介!【実在】「キングダム」主人公・信のライバルであり、仲間でもある王賁。 蒙恬と共に信の良きライバルとして登場し、強さ、カッコ良さも持ち合わし...
キングダムネタバレ!全ストーリーあらすじ解説まとめ【最初から最新話までみどころ考察】キングダムの最新話「694話695話」の確定ネタバレあらすじ感想を毎週木曜日に更新!全話のストーリーとみどころ、伏線を網羅して解説しています。 アニメ4期は2022年4月放送決定!成蟜反乱編...
アニメやマンガが見放題
進撃の巨人を無料で楽しむ方法

進撃の巨人のアニメやマンガを楽しむならU-NEXTがおすすめです!

今だけ31日間の無料トライアルがあるので、進撃の巨人のシーズン1、シーズン2、シーズン3、劇場版が見放題です!

初回特典でU-NEXTで「600ポイント」が無料でもらえるので、進撃の巨人の最新刊も無料で見ることができますよ!

U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

\無料キャンペーンあり/

U-NEXT公式ページ

↑タップでコスパ比較↑

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です