呪術廻戦

呪術廻戦ネタバレ140話あらすじ感想考察!乙骨VS虎杖に脹相お兄ちゃん発動も

呪術廻戦ネタバレ140話
アース
アース
3月1日発売少年ジャンプ掲載の呪術廻戦140話のあらすじ内容と考察です!

タイトル「執行」。

高専の戻らず脹相と渋谷に留まり呪霊を祓い続ける虎杖。

死刑執行命令がくだされた虎杖に執行役で登場した乙骨と禪院直哉。

命を狙われた虎杖の展開は、いったいどうなるのでしょうか?

やはりお兄ちゃんが虎杖を守り、何とかしてくれる?(笑)

140話「執行」のあらすじから見て行きましょう!

呪術廻戦ネタバレ139話
呪術廻戦ネタバレ139話あらすじ感想考察!禪院直哉に乙骨と虎杖出生の謎展開も 禪院直毘人死亡により禪院家当主に選ばれるはずだった息子、禪院直哉(ぜんいんなおや)が登場。 五条悟しだいでは伏黒恵が禪院家...

呪術廻戦ネタバレ考察|140話あらすじ

お兄ちゃん発動!虎杖を逃がす脹相

虎杖と脹相の前に現れた乙骨。

誰だか分からないけれど、脹相は虎杖への死刑執行人だと目星を付けます。

乙骨のとんでもない呪力量を確認し、乙骨だと察する禪院直哉。

自分は味方であり禪院真希の従姉妹だと、説明します。

納得した乙骨は禪院直哉に脹相を任せ、自らは虎杖を狙います。

脹相と小声で打ち合わせをし、瞬時に逃げ出す虎杖。

しかしすぐさま、乙骨が襲いかかります。

援護しようとする脹相の前には禪院直哉が対峙します。

禪院直哉VS脹相

禪院家の嫡男である直哉は、同じ御三家である加茂家の「赤血操術」を知っています。

「穿血」以外は怖くないし発動時に大きなタメが必要なため、スピードタイプである自分を前には詰みだ、と語る禪院直哉。

しかし「オレの弟に手を出して生きて帰れると思っているのか?」と返す脹相。

直哉の上を行きそうな脹相が描かれ、場面は乙骨から逃げる虎杖に移ります。

乙骨VS虎杖

乙骨から逃げる虎杖。

しかし速い乙骨を前に、すぐに追いつかれます。

パワータイプではない乙骨ですが、車を投げ飛ばし虎杖の動きを止める場面も。

とんでもない呪力量を披露しながら「五条先生より呪力量は多い」と語り、さらに虎杖を驚かせます。

しかし「六眼」がある五条は術式発動時に呪力量ロスが無いため、パフォーマンスでは負けるが…と余裕で語る乙骨。

とうとう捕まってしまった虎杖は、思いっきり乙骨の攻撃を受けます。

しかしナナミンの「後は任せます」というセリフを思い出し、「悪いけどまだ死ねわけにはいかない」と呪力を漲らせる虎杖が描かれ、終わります。

141話につづく



呪術廻戦ネタバレ|140話の感想&考察

速い展開からのバトル展開。

乙骨と虎杖のバトルは、かなり面白いですよね!

しかし乙骨が死刑執行役の「フリをしている」ように思えて、しかたないのですが。

本気で虎杖を殺りに来ているのか?

ここはもう少し、注視したいですね。

さらに脹相のお兄ちゃん発動も、要注目です!

今回要チェックなポイントが二つありました。

それぞれ確認してみます!

禪院真希といとこ確定な直哉

禪院直哉の口から、直哉が禪院真希といとこだと確定しました。

直哉は死亡した禪院直毘人の息子なので、真希と真衣は直毘人の子ではなく姪であったということでしょう。

真希と真衣は、やはり禪院扇(ぜんいんおうぎ)の娘で扇は直毘人の兄弟ということで良さそうです。

五条の六眼について

五条の能力「六眼」は、これまで「呪力や術式が見える・精密な呪力操作ができる」と説明されてきました。

この「精密な呪力操作ができる」から「術式発動時に呪力量ロスが無い」となり「呪力切れが起こらない」までになっているようだと今回乙骨から明らかとなりました。

六眼と無下限呪術の抱き合わせな五条…

本当に無敵ですよね!\(^o^)/

今回は考察としても面白い内容が明らかとなった回でしたが、バトル展開も注目です。

乙骨VS虎杖、禪院直哉VS脹相。

141話も見逃せないですね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です