呪術廻戦

呪術廻戦ネタバレ139話あらすじ感想考察!禪院直哉に乙骨と虎杖出生の謎展開も

アース
アース
2月22日発売少年ジャンプ掲載の呪術廻戦139話のあらすじ内容と考察です!

禪院直毘人死亡により禪院家当主に選ばれるはずだった息子、禪院直哉(ぜんいんなおや)が登場。

五条悟しだいでは伏黒恵が禪院家当主となる遺言を聞きブチギレ、伏黒を殺すと言い切る。

139話「狩人」。

脹相とともに東京で呪霊を祓う虎杖ですが、そこに現れた人物とは?

新章の足音が聞こえる展開ですが、そのイベントとは何なのか?

虎杖の出生の謎が、明らかとなる!?

まずは「呪術廻戦」139話「狩人」の内容を見て行きましょう!

呪術廻戦ネタバレ138話あらすじ感想考察!禪院直毘人死亡!恵が当主に【新キャラ登場】 二週間ぶりの呪術廻戦。 作者 芥見先生の体調不良により二週間ぶりの最新話となりましたが、どのような展開が見られたのでしょう...

呪術廻戦ネタバレ考察|139話あらすじ

鬼神 虎杖悠二

パン

パン

手を叩き呪霊を呼ぶ虎杖悠二。

虎杖の誘い通りに、大量の呪霊が現れます。

登場した大量の呪霊を引き連れたままトンネルに入り、脹相が待つ出口へと向かいます。

脹相の「穿血」で、まとめて串刺しになる呪霊達。

その難を逃れた呪霊を、虎杖はパンチ一発で祓います。

それを見た脹相は「まさに鬼神」と感心。

「さすがオレの弟だ」と虎杖に話しかけます。

それに対し、「まだ言っている」と呆れる虎杖。

しかし脹相は「思い出せ。お前の父親にも額に縫い目があったはずだ」と引きません。

そこに、禪院直哉が現れます。

禪院直哉(ぜんいんなおや)登場

伏黒恵を狙いやって来た禪院直哉。

軽口を叩きながら「伏黒に何の用だ」という虎杖の問に、「死んでもらおうと思うて」と答えます。

それを聞き、完全に敵を見る目つきになる虎杖。

しかし圧倒的な速さを前に、翻弄されてしまいます。

さらに本気で戦うモードになる二人+脹相。

そこに「ぬるっ」っと、圧倒的な呪力を感じ、一時戦いはストップします。

乙骨憂太(おっこつゆうた)登場

刀を携えた乙骨が登場。

「あれ? ひとりじゃないんだ」

虎杖と脹相、禪院直哉を見て話す乙骨が登場し、終わります。

140話につづく



呪術廻戦ネタバレ考察|139話の感想&考察

いや~、展開が速い!

イメージとしては高専側が登場してからバトルと思ってたのに、もういきなり戦闘展開。

しかも禪院直哉と乙骨までがいきなりバッティングって、これは一気に話が進みました!

ということはこれ「新章のメインではない」という事でしょうか?

ここにさらに、裏梅とは呪霊側が絡んでくる?

いや、本当に先が読めない作品ですよ!

しかも今回、大きな伏線である「虎杖の正体」にも触れる場面もありました。

ここ、ちょっと考察しておきましょう。

虎杖の父親の額には縫い目があったのか

虎杖の正体は受胎九相図なのか?

この考察は、以前にも行っていました。

【呪術廻戦考察】虎杖悠仁の正体は?天与呪縛・加茂の受胎九相図から脹相の弟かを考察 呪術廻戦の主人公である虎杖悠仁。 普通の高校生っぽい彼ですが、異常な身体能力と宿儺の器という能力を持っています。 1...

その後、脹相の「虎杖が弟」ということからこの予想は当たっていたと感じたのですが、今回未だ虎杖が納得できていない感じからまだ未確定という感じかなと思っています。

ただニセ夏油の「我ながら」発言や「君には期待している」発言から、まずまず虎杖はニセ夏油が作った脹相と同じ受胎九相図の発展型なのかなとイメージしています。

脹相もそう思って「父親の額に縫い目があったはずだ」と聞いているのでしょう。

実際に縫い目があったのか?

この謎が今章で明らかになるのか、要注目ですね!(*^^*)

乙骨と禪院直哉がバッティングするという驚く展開を見せた139話。

次回にどのようなバトルが繰り広げられるのか?

それとも…!?

次回140話も必見ですよ!\(^o^)/

アース
アース
…釘崎の安否いつ…(;´Д`)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。