呪術廻戦

呪術廻戦ネタバレ129話!真人が0.2秒の領域展開を発動!

呪術廻戦ネタバレ129話
アース
アース
少年ジャンプ呪術廻戦129話のあらすじ内容と考察です!

渋谷事変最後のピークとなるのであろう、真人と虎杖のバトル。

そこに東堂が参戦し、非常に大盛りあがりな展開となっております。

最強な助っ人東堂ですが、真人にはダメージを与えられません。

ここから一体どのように二人は真人を追い詰めていくのか?

129話の展開を見て行きましょう!\(^o^)/

虎杖・東堂・真人の全員が黒閃を決めて120%のポテンシャルを解放し、混戦状態に。

呪術廻戦ネタバレ128話
呪術廻戦ネタバレ128話!最後のメカ丸が三輪と再会! 東堂&新田の到着により生気を取り戻した虎杖。 新田の術式と東堂の叱咤激励で再び戦闘モードになり、二人の共闘が始まる! ...

呪術廻戦ネタバレ考察|129話あらすじ

真人分断!幾魂異性体(きこんいせいたい)発動!

虎杖との一騎打ちを望む真人。

ゾーンに入ったかのように「俺とオマエ、最後の呪い合いだ」とテンションを上げていきます。

しかし、そこで黙っていない東堂。

「俺は仲間外れかい?」と真人を掴み地面に叩きつけます。

そこに合わせ蹴りを入れようとする虎杖。

しかし首を自ら斬り飛ばし、回避する真人。

さらに切断面から首を生やし振り回し、虎杖と東堂を攻撃します。

そして自切された首が変形し、「幾魂異性体」を発動。

超攻撃的な人造人間として、東堂を攻撃します!

一発殴られただけで、ビルを突き破りふっ飛ばされる東堂。

さらに攻撃を仕掛けてくる人造人間を、ブギウギで躱します。

逆に攻撃し、一発で沈める東堂。

「超攻撃型改造人間」であるため、体力は少ないよう。

さらにもう2体の幾魂異性体が、東堂に向かってきます。

「許せ。憐れな魂達よ」

チュっとペンダントにキスをし、東堂は2体を迎え撃ちます。

0.2秒の領域展開

超攻撃型人造人間「幾魂異性体」を使い、虎杖から東堂を引き離した真人。

分断に成功したため、一気に虎杖に攻撃を仕掛けます。

それを躱す虎杖。

そのまま蹴りを放ち、攻撃します。

しかし逆に投げられる虎杖。

一進一退の攻防が続きます。

そこに2体の幾魂異性体を倒した東堂が戻り、虎杖の横に立ちます。

帰還した東堂を、かなり厄介な相手だと認識する真人。

そこで一か八かの「0.2秒の領域展開 自閉円頓裹」を真人が発動し、終わります。



呪術廻戦ネタバレ考察|129話の感想&考察

真人がまさかの領域展開発動!

しかも0.2秒の領域展開から、89話で五条が見せた領域展開と同じですね。

虎杖を含んだ領域展開は、真人にとって自殺行為となります。

宿儺の魂に触れてしまい、自分が致命傷を負いかねないからです。

これはまさに2020年年末に放送された、アニメ13話で登場した展開ですよね!

【呪術廻戦ネタバレ】アニメ13話あらすじ感想考察!OP涙改変と七海サラリー時代と最高なじゅじゅさんぽ ああ、出会えた。 もちろん、これまでにもいくつかの素晴らしいアニメ作品に出会ってきました。 進撃の巨人1期や鬼滅の刃...

しかし渋谷で五条が展開した0.2秒の領域展開なら大丈夫だと踏んだのか?

となると、真人は宿儺に殺されずに領域展開ができる!?

次回130話で、その答えが分かるでしょう。

要注目ですね!\(^o^)/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です