呪術廻戦

【呪術廻戦190話ネタバレ】勝者・秤金次!戦いは衝撃の展開へ?

呪術廻戦ネタバレ190話
アース
アース
7月4日発売の「週刊少年ジャンプ」呪術廻戦190話のあらすじ内容と考察です!

前回、体内に入った有毒ガスすら解毒させる「超高度な反転術式」を披露した秤。

鹿紫雲を海に落とし、術式を封じたと思われた矢先の「大爆発」。

はたして、秤は無事なのでしょうか?

呪術廻戦ネタバレ189話
【呪術廻戦189話ネタバレ】魅せた!秤の豪運! 前回、優勢に戦いを進めていたように思えた秤でしたが、まさかの一手で逆転。 秤はわき腹をえぐられてしまいました。 更に...

目次はこちら

呪術廻戦190話ネタバレ予想考察

海の中で「大爆発」を起こした鹿紫雲。

秤はまだ「不死身タイム」なので、きっと大丈夫でしょう。

ですが、鹿紫雲はそんな事百も承知なはず。

はたして、これからどんな展開になっていくのでしょうか?

190話やそれから先の展開を考えて行きましょう!

呪術廻戦190話ネタバレ考察|大爆発の原因が明らかになる?

前回のラストシーンで描かれた「大爆発」。

この大爆発は突然起こった物であり、なんの前触れもありませんでした。

魔法のようにも思えた鹿紫雲が起こした現象は、科学的な面が大きいと考えています。

理由は、前回披露した「電気分解」。

海水を分解して“塩素ガス”を発生させていましたね!

これと同時に“水素ガス”も発生させていたと考えるとどうでしょう。

高濃度の“水素ガス”に電気で着火。

「水素爆発」が起こってもおかしくありませんよね!

こんなこともできる400年前の術師なんているのでしょうか?

やはり、依り代となった人物の記憶を引き継ぐことができるのでしょうか。



呪術廻戦190話ネタバレ考察|秤は無事なのか?

海面から驚くほど高く水しぶきを起こしていた「大爆発」。

それを直近でまともに受けてしまった秤。

本当なら、体が吹き飛ぶほどの大爆発だったので、無傷では済みませんね。

ですが、秤はまだ「不死身タイム」の最中です。

なので、秤は無事なのではないでしょうか?

呪術廻戦190話ネタバレ考察|水中戦では分が悪い

このまま水中で戦うのは、秤にとっては分が悪いと考えます。

至近距離からでないと致命打を打てない秤に対し、水中では全方位に「稲妻」を展開できる鹿紫雲。

近寄れない時点で、秤に勝機はありません。

なので、秤はこの大爆発で一気に地上へ戻り、再び地上戦へもちこすのではないでしょうか?

呪術廻戦190話ネタバレ考察|いよいよ決着の時!

いよいよ決着の時が近いように思います。

理由は、2人とも出すべき能力を出し尽くしたと思われるからです。

これから先は、戦いが同じ光景になってしまい読者があきてしまいます。

なので、ここら辺で秤が“何かの秘策”を使って、鹿紫雲を倒す展開になっていくのではないでしょうか?



呪術廻戦190話ネタバレ考察|死滅回游で気になる伏線

死滅回游がスタートし、数々の戦いが繰り広げられました。

その中で、まだまだ回収されていない伏線や、今後の展開に大きく関わってきそうな伏線をまとめます。

皆さんも、気になる伏線があれば、コメントで教えて下さいね!

呪術廻戦190話ネタバレ考察 | 日車のその後

虎杖との戦いで、虎杖の「正義」に感動し、ポイントの譲渡をルールに追加した日車。

その日車ですが虎杖同様、その後が描かれておりません。

日車の「領域展開」も相当強力なものとなっていましたし、誰しもが「ずっと善」として生きていくなんてことは不可能です。

誰に対しても、この術式は有効であり、死滅回游に参加してポイントを得ている人物は確実に「死刑」のペナルティを負うことになります。

殺人を犯しているので、そうなりますよね。

呪力を封じてしまう術式は、これまた“最強の一角”に躍り出ると思われます。

今後、日車が虎杖と一緒に行動して、仲間として再登場を果たしてくれると個人的に大喜びです!

呪術廻戦190話ネタバレ考察 | 黄櫨のその後

レジィ・スターの死を知らされて、無気力になった黄櫨。

その後、突然戦うのを止め、その場を去りました。

レジィ一派として登場した黄櫨ですが、今後どのような役割を担っていくのでしょうか。

黄櫨のバックには、レジィ以上の大物が隠れているように思います。

その人物からレジィとともに行動し、レジィを監視及び誘導の役割だったとすると、レジィが死に無気力になるのも分かりますよね!

黄櫨は今後も、「敵」として登場すると予想されます。



呪術廻戦190話ネタバレ考察 | 髙羽のその後

伏黒がレジィと戦っている間、助っ人として突然登場して黄櫨と戦っていた髙羽。

「超人」というずば抜けた術式を有しており、この術式は五条悟に対抗できる唯一の術式として紹介されました。

このことから、五条悟の封印が解かれてからの対抗勢力として登場すると考えられます。

黄櫨とともに行ってしまったことから「敵」として再登場するのか。

はたまた五条悟が敵に回り、「味方」として共に戦うかは現在不明です。

ですが、五条悟が敵に回ることは考え難いので、なんらかの都合があり「敵」として再登場を果たすと考えられます!

呪術廻戦190話ネタバレ考察 | 烏鷺と「藤氏」の因縁

仙台結界にて、乙骨と戦った烏鷺享子。

過去に生きた術師で、平安時代の人物です。

元・藤氏直轄暗殺部隊日月隊隊長」と紹介され、藤原氏の末裔である乙骨にただならぬ怒りをぶつけていました。

ですが、この情報はこれといって触れることなく戦いは終了。

烏鷺と藤氏との因縁は不明のまま物語が進んでおります。

これについては、乙骨が更なる高みへ登る為に「先祖について知る」過程で、烏鷺が再登場。

烏鷺とともに「藤原氏」について知っていくという展開が予想されます。

これを機に乙骨が持っている「呪い」の素質が更に開花されるのではないでしょうか!



呪術廻戦190話ネタバレ考察 | 禪院真希の今後の動向

禪院家を壊滅に追い込んでから、行方が分かっていない禪院真希。

禪院家に呪具を取りに行ってすぐに死滅回游に合流すると言っていましたが、未だに合流する気配がありません。

必ず合流するのだと思いますが、先に結界外の問題をかたずけに行きそうですよね。

例えば、「上層部に囚われている狗巻の救出」や「上層部の壊滅」が考えられますね!

不必要なものは切り捨てるという考えにシフトしていった真希なら「上層部の壊滅」はやってのけそうです。

呪術廻戦190話ネタバレ考察 | 狗巻棘の腕は戻らない?

上層部に囚われている狗巻棘。

彼が再登場を果たした時は、腕がないという衝撃のシーンが描かれました。

切り落とされた狗巻の腕は、戻るのでしょうか?

結論から言うと「戻る」と思われます。

付け根に貼られた呪符は、何かを封印するためだけではなく、腕をどこかに転移させているとも考えられます。

そう考えると腕の再生は可能なのではないでしょうか?

「呪言師」という貴重な戦力なので、失いたくない人物です。

腕が無いと戦力として使えませんし、ぜひとも狗巻には腕を元に戻してもらって戦線復帰してほしいですね!



呪術廻戦190話ネタバレ考察 | 不穏な空気で彷徨う三輪霞

仙台結界での、乙骨たちの戦闘がひと段落ついた時に、目元に影を落として暗い雰囲気で歩く三輪霞の姿が描かれました。

この不穏な空気の理由を考えると、「京都校の仲間が殺された」か「過去の術師の依り代となっている」という可能性が高いと考えられます。

あの明るかった三輪の雰囲気が全く感じられなかった描写だったので、このワンシーンは、今後の展開に深く関わって来そうですね!

呪術廻戦190話ネタバレ考察 | 九十九と天元の因縁

なにやら因縁深そうな九十九由紀と天元の2人。

過去に何かがあったのでしょう。

そう考えると、その「過去」というのはいつの事なのでしょうね。

もしかすると、かなり以前の話だとしたら、九十九は現在死滅回游で猛威を振るっている「過去の術師」と同様の存在。

もしくは、羂索のような、「なんらかの方法で不死」の存在なのかもしれません。

天元と関係があるとなると、やはり「星將体」絡みか、「結界術」絡みな予感がしますね!

呪術廻戦190話ネタバレ考察 | 野薔薇は死んだのか?

渋谷事変の時に真人の手に触れてしまい、顔の半分が崩れてしまった釘崎野薔薇。

死滅回游が始まった時も虎杖が伏黒に野薔薇のことを聞くと、意味深な表情を浮かべていました。

虎杖はそれを汲み取り、「そうか」と一言呟いただけで、それから先このことに触れる事はなかったのです。

生死不明の状態となっている野薔薇は生きているのでしょうか?

結論から言うと「生存は難しい」と思われます。

重要キャラの1人なのは確実ですが、作者である芥見先生曰く「もっと前に死ぬ予定だった」とされています。

そんなキャラだった野薔薇は人気だったが故に殺せず、現在に至っています。

この「生死不明」を機に、芥見先生は苦渋の決断をしたのだと考えています!

190話の情報が確定し次第、追記していきます。



呪術廻戦190話ネタバレ【最新確定】

今週の呪術廻戦の情報が明らかとなりましたので、あらすじを紹介します!

呪術廻戦190話ネタバレ考察|ついに秤vs.鹿紫雲が決着

前回鹿紫雲が起こした大爆発は、予想通り「水素爆発」でした。

正確に言うと「水蒸気を爆発させていた」ので、威力的には少し劣るのかもしれません。

その爆発のせいで、秤は左腕を失ってしまいます

これも、左腕を犠牲にすることで、他の部分を守るという「制約」のようなものから来る防御だったのです。

海から飛んできた秤の左腕に息をのむパンダ先輩でしたが、その心配は杞憂に終わります。

呪力を使い切った鹿紫雲は、すでに秤に対抗する力は残っていません。

「なんで生きてんだよ。普通バラバラだろ。」

そんなセリフを吐いてしまうくらい、最後の爆発に全力を注いだのですね。

鹿紫雲はまだ「切り札」があるとのことでしたが、鹿紫雲の目的は「宿儺と戦うこと」です。

わざわざ、目的ではない人物に切り札を使うのも違うと考えたのでしょう。

これで、秤vs.鹿紫雲は「秤金次の勝利」で幕を閉じたのでした。

呪術廻戦190話ネタバレ考察|まさかの鹿紫雲仲間入り

ですが、秤は鹿紫雲にトドメを刺しませんでした。

先ほども話しましたが、あくまで鹿紫雲の目的は「宿儺と戦うこと」です。

そんな宿儺の正体と居場所を知っている秤やパンダ先輩は有益な存在ですね!

鹿紫雲はそのことを秤に伝え、秤は「ポイント」を有益に使えるようにと一時的にですが、鹿紫雲と手を組むことにしたのです。

秤たちは、平然とさっきまで殺し合いをしていたのにも関わらず帰ってきたので、パンダ先輩は驚きを隠せません。

しかも、「こいつ、仲間になったから」と秤から一言で、状況整理を済まされたのでした。

それにしても、パンダ先輩が小さくなっているとは言え、体も再生して、無事だったのには安心しました!



呪術廻戦190話ネタバレ考察|シャルルも合流!

そんなところに、秤と戦闘をしていたシャルル・ベルナールも合流。

秤に力の差を見せつけられたのか、戦う気はなさそうです。

それどころか、秤に殴られたり蹴られたりしていました。

そんなこんなで、秤の周りには強力すぎる仲間が集まったのでした。

秤は左腕のことを聞かれると「後で治す」と一言だけ言い、無くした左腕はしばらくそのままでいると決めている様子です。

そんな、あり得ないメンツで、戦闘後の団欒?をしている所に、ホウキに乗ったあの人物が登場しました!

呪術廻戦190話ネタバレ考察|死滅回游のルール追加

ホウキから舞い降りたのは、呪術高専京都校の「西宮桃」でした。

彼女は、秤たちに「死滅回游のルール追加」について説明しに来たのです。

1つ目に、「得点(ポイント)の譲渡」。

これは、虎杖が日車との戦闘で「死亡者を減らす」ことを目的に成し遂げました。

2つ目に、「100点を使用し、身代わりを立てて死滅回遊からの離脱」。

これは、無理やり死滅回游に参加させられている人たちへの救済処置ですね。

3つ目に、「各結界の電波遮断の解除」。

これを解除することによって結界を跨いでの連絡手段を確立させ、各結界の状況を把握することができます。

最後の4つ目に、「結界の出入りを可能にする」。

これによって、ピンチに陥った仲間への援軍や、効率的に得点を稼ぐことができますね!

この4つの「追加したいルール」を共有しに、西宮は秤たちの下に来たのでした。



呪術廻戦190話ネタバレ考察|禪院真希が参戦か?

ですが、西宮は「追加したいルール」の中で3つ目の「各結界の電波遮断の解除」を後回しにして欲しいと提案してきます。

その理由は、「禪院真希」にありました。

真希は、唯一「各結界を素通りできて、連絡手段を持った人物」なのです。

「結界を素通りできる」理由ですが、真希自身に“呪力が無いから”です。

なので、呪力を阻む結界を素通りできるのですね!

更に「連絡手段」ですが、冥冥の弟の能力で、結界外で伝言を伝え、真希に結界内に伝えてもらうことができます。

また、現在の真希は「完全体」と言っていい状態ですよね。

誰よりも早く移動できる真希が「連絡手段」として駆け回るのも不可能ではありません。

このことから、真希は1つの結界に留まって戦うのではなく、各結界を回って得点を稼いでいく形になりそうですね!

呪術廻戦190話ネタバレ考察|「真希編」が始まる!

秤と鹿紫雲の戦闘がひと段落したので、次回から「真希編」が始まると考えられます。

真希の手に持っていた真衣の形見の剣。

真希の圧倒的なフィジカルによって、並の呪術師を圧倒していき、各結界の現状を整理していき、助っ人として猛威を振るう展開が予想されます。

誰もが待ちに待った「真希編」楽しみですね!

第191話へ続きます。

呪術廻戦ネタバレ考察|190話感想まとめ

今回は「呪術海戦」第190話のあらすじをまとめて紹介しました。

まさかの鹿紫雲が仲間入りという熱い展開!

さらに、シャルルも加入し、なかなか豪勢な布陣となってきましたね。

また、西宮、加茂と動いていることが判明した「京都姉妹校」。

彼らの動きや、三輪ちゃんの動向にも注目していきたいですね!

そして、遂に動き出した「禪院真希」。

最強のフィジカルカルテットには期待せずには居られません!

呪術廻戦ネタバレと全ストーリーあらすじと重要伏線まとめ&簡単解説呪術廻戦ネタバレ...
【呪術廻戦考察】現在まで未回収伏線と未解明の謎まとめ【随時更新】呪術廻戦伏線考察...
改悪?eBookJapanの評価を評判や口コミから検証!マンガ集めにおすすめのサービスってほんと? ebookjapanは電子書籍サービスとしておすすめしていいのかどうか。 結論からお伝えしてしまうと、ebookj...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です